• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SUMIO.TOKYOのブログ一覧

2018年10月02日 イイね!

行き先決まりました!79万円!モータースポーツ軽トラお譲りします。

行き先決まりました!79万円!モータースポーツ軽トラお譲りします。譲り先決まりました〜
皆様ありがとうございました。


79万円
で軽トラ競技車両手放します。

平成28年式DA16T改 
alt
軽トラックでモータースポーツやってみたいなと思われている方にはお買い得かなと思います。
Kトラワールドシリーズやジムカーナならこのまま勝負できます。
ドリフト車両のベースとしてやカスタム軽トラのベース車両としてもありだと思います。
※この写真はサーキット走行の為荷台のアオリを外して走っていますが、引き渡しの際はもちろんアオリ付きでのお渡しとなります。

平成28年式キャリイ(DA16T改) 走行距離23000KM 車検は平成32年9月中旬まで
この車両自体はとても面白く、今でも気に入っているのですが、来シーズン別の競技車両に乗り換える予定の為手放します。11/18の軽トラワールドシリーズ最終戦が終わった後の引き渡しになります。

・ワタナベ マグネシウムホイール エイトスポーク F8F 14インチ 5.5J+クムホV720(8分山) 80,000円
・RAYS CE28ホイール+クムホV720(9分山)+TPMS 90,000円

上記2点のホイールセットは別売りとなります。
どちらか1点もでも良いのですが、2点とも同時購入されるようであれば1万円値引きで合計95万円とさせていただきます。

希望される方が同時期に複数いらっしゃった場合は都度調整いたしますが基本的には決めていただいた方優先です。
個人売買での取引になりますのでWebなどで調べてご自身で名義変更できる方に限ります。
みんカラのメッセージでもツイッターのDMでもメール(sumio.tokyoアットマークジーメールドットコム)でも結構ですのでご連絡お待ちしております。
車両の引き渡しは11月18日以降となります。
現車確認は都合さえ付けばいつでもOKです。
11/18以降はヤフオクやラクマ、メルカリなどへの出品も検討していきます。その場合、手数料分を上乗せしての出品となりますので、11/18までに直接の交渉を開始していただけるとお安く購入できると思います。

・オススメポイント
2年前の新車購入時に3000kmかけて丁寧に慣らし運転を行っております(みんカラ見てもらえるとわかると思います)
軽トラワールドシリーズやジムカーナならこのままの仕様で勝負できます。
ドリフト車両やカスタム軽トラのベースとしても良いと思います。
みんカラで新車購入時からの経緯見てもらえると思います。
構造変更を済ませていてDA16T改となっていますので、2年後の車検を町工場やガソリンスタンドなどでも通すことができます。
(通常軽トラックをカスタムするとリーフの交換が必須となり、軽自動車協会への構造変更の手続きを行わないと車検通りません。)

これまでみんカラで紹介しているものの中で別売りとするのはバケットシートとRAYSホイール&タイヤ、ワタナベホイール&タイヤです。
真贋不明のBBSホイール&タイヤとインターミラノホイール&タイヤはお付けいたします。


装着パーツ等紹介
(金額は定価ベース、工賃は含まずですが、目安として)

足回り
・GTcarプロデュース車高調forスポーツ ¥129,980
Swift直巻きスプリング12kg(GTCP車高調についていた9.5kgのスプリングも付けます。)\24,840
強化フロントスタビライザー(GTCP特注品)\50,000
・ブレーキパッドDixcel タイプZ \23,760
ブレーキシュー Dspeed ドリフトシュー \10,800
・リアリーフアンダーバーGTCP \16,480
・アルミホイール①INTER MILANO LCZ 010(14インチ×5.5J PCD:100 インセット:38)¥72,000
・タイヤATR-K SPORT165/55/R14 アルミホイール①とセット 8分山
・アルミホイール②真贋不明 BBS
・タイヤGOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02 165/55R14 アルミホイール②とセット 8分山
・標準ホイール&標準タイヤ 9分山
・車高調整式シャックルGTCP \12,980
・ノーマルのサスペンション関連部品ももちろんお付けします。

吸排気
ヨシムラマフラー \92,880
・GTCPエアクリーナー ¥29,980
・ノーマルマフラー、ノーマルエアクリもちろん付けます。

外装
・純正オプション荷台マット3mm \8,640
・純正オプションゴムフロアーマット \7,120
・純正オプションツールケース(未装着) ¥9000
コートテクト フロントガラス(青く見えるフロントガラス) \51,200
ハイパーシーラント(ボディ剛性アップのウィンドウ接着剤) \11,000

内装
・1DINオーディオ CD,ラジオ、スマホ(iPhoneはUSB接続、AndroidはAUX接続) \8,000
・RIGID レーシングシフトノブ ¥3,996
・アクセルペダルカバー(ヒール&トゥがしやすくなります) \2,250 
・ナルディステアリング 真贋不明(標準のエアバックステアリングもお付けします)\0
・Pivotタコメーター\22,680
1DIN3連メーター AutoGage製(油温、油圧、水温計)\20,000
・ウィルズウィン フロントリップスポイラー \39,960
・ETC \6,300
・GTCarプロデュース運転席シートレール ¥11,980
→(シートレール単体でお渡しします。ご自身でお好きなバケットシートを取り付けてください。)

その他
CUSCO LSD GTCPスペシャルセッティング(これだけ工賃込み)\135,000
・エコオイルチェンジャー(純正のドレンボルトもお渡しします。) \4,370
レスポンスブースター \30,000
・TPチェッカー \45,360
・BLITZ RACING RADIATOR CAP \2,000

※ステッカー類はそのままのお渡しとなります。
気に入らないものはドライヤーやヒートガンを使ってご自身ではがしてください。

スプリングレートを上げて12kgにしています。フロントスタビライザーは強化型で特注品です。
ブレーキシューは通常時は強烈なブレーキとして機能しますがサイドブレーキを引けば簡単にロックしますのでジムカーナやドリフト向きです。ヨシムラマフラーは入手困難になっているようなのでこれもオススメです。
フロントガラスは割れたのをきっかけにオシャレガラスに変えました。しかもその接着剤にはボディ剛性がアップするというYOKOHAMAタイヤが開発した接着剤を使っています。
1DIN3連メーターもオススメですが、DIY取り付けがあまいのは許してください。
LSDはGTCPで特別にイニシャルを上げる設定をしてもらっています。
レスポンスブースターはボタン一つで劇的に電スロ特性が変わりますので、これもおすすめです。


ワタナベとRAYSも本当は一緒に売りたいのですが、販売価格が大きくなってしまうためオプション売りとします。
このRAYSホイールとこちらの車両の組み合わせだとTPMSといって運転席より空気圧とタイヤ温度が確認できますし、購入してから一般道をほとんど走っていないのでほぼ新品ということで超オススメ。
ホイールを買う予定があるなら本当に超オススメです。

メンテナンスについて
年間走行距離は約1万キロ程度の使い方です。最初の慣らし運転3000km+初年度1万キロ、次年度1万キロで車検の時は23,000km前後でした。
車両引き渡しまで走行距離はこのペースで伸びると思ってください。
オイル交換は3000kmどころか1000km未満でもよく行っていました。
エンジンオイルだけでなく、デフオイル、ミッションオイルも競技のたびに変えていましたのでまず問題ないと思います。

ちなみに事故歴などありません。
走行中についてしまう飛び石などの小さな傷とちょっとしたひっかき傷のようなものはあります。
現車確認の際にご確認ください。

ながながと書いてしまい読みにくかったかと思いますが、是非ご検討ください。
質問も受け付けます。

SUMIO
Posted at 2018/10/02 15:10:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2018年05月11日 イイね!

渋滞無で富士スピードウェイに!

渋滞無で富士スピードウェイに!投稿遅れましたが、ゴールデンウィークに富士スピードウェイに行ってきました。

平日休みのカミさんと唯一お休みを合わせて一緒にいけるのがGWのSuperGTなので、滅茶混みとわかっていながら毎年行っています。
毎年渋滞を避ける術を試し、その知識も蓄積されていきましたがその甲斐あってか今年はほとんど渋滞とは無縁で行くことができました。

なぜにゃらば自転車を使ったから^^;

自転車はこんな感じで積みました。

行きは大井松田ICで降りてコインパーキングに軽トラを停め、そこから自転車での富士登山です。
帰りは渋滞の横をスイスイと自転車で下って大井松田まで行き、そこから小田原厚木道路で厚木までスイスイ。
厚木から横浜町田まではあきらめるしかない渋滞、GWとか関係無に日曜日の夜は毎週混みますしね。

普通のママチャリではきついと思いますが、電動自転車なら行けると思います。

天気が晴れなら毎年この方法で行きたいな~と思うくらいお気に入りの行き方になりました。





以下は本気で富士スピードウェイに自転車で行ってみたい人向けの詳細情報です。
特に興味ない人は読む必要なしです。

具体的にはこんな感じでした。
・予選日、自宅で予選を見終わってから16時頃出発(予選日午前中は雨の予報だったため避けましたが、本当は予選日はクルマでサーキットに行って、翌日の決勝日だけ自転車で登る予定でした)
・17時半、大井松田ICで降り、食事をとってから宿にチェックイン
・朝9時宿を出てタイムズ開成町役場前に駐車(24時間300円)
・荷台から自転車を下ろし主に国道246を使って富士スピードウェイに向けて出発
・12時頃富士スピードウェイに到着(本当は11時過ぎくらいに到着の予定だったんだけど・・・)
・自転車なので当然サーキットの駐車料金はゼロ
・レース観戦
・タイムズ開成町役場前に向けて自転車で山を下る。ほとんど下りなので帰りはらくらく2時間弱
・タイムズ開成町役場前から小田原厚木道路の小田原東インターから高速道路に乗る
・厚木までは渋滞無
・厚木-横浜町田間だけは仕方ないノロノロ渋滞

詳細
我々は今年スポーツチャリンコ(ロードレーサー)を買ったばかりの初心者ですが、無事往復できました。
後述しますが、普通のママチャリでは最後の登りが大変で押して歩くことになると思いますが、電動ママチャリならいけると思います。

国道246沿いを自転車で走るのはバイクのすり抜けなどができる人であれば余裕。
路肩に蓋のない大きなU字溝があったりする場所もあるのでそこは要注意
お子様連れはやめた方がいいと思います。

今回はお天気よかったのでとても気持ちよく上ることができましたが、やはり雨の日はやめた方がいいと思います。
あと富士山なので寒いです。自転車こいでいるときは暑いですが、サーキットでは寒さ対策が必要です。


サーキットまで残り5kmを切ったところできつい坂が現れました。
富士の裾野なので当たり前といえば当たり前。
私は大丈夫だったのですが、カミさんがギブアップ。
2.3kmは自転車を押して一緒に歩きました。
このため2時間半もあれば余裕で到着する予定だったのが3時間かかりました。

サーキット内でも自転車で移動できるなんて最高!と思っていましたが
ゲートをくぐってからはずっと登りなので(当たり前ですが)既に登りでくたびれていたカミさんはさらなる登りを拒否^^;トイレのある駐車場近くに自転車を止めてそこからはシャトルバスでグランドスタンドに向かいました。

レースが終わってから帰ると夜間走行になります。
都心では車に認識してもらうだけのフロントライトですが、光量の大きいライトじゃないと不安になります。街灯などない山道を走ることもありますので、真っ暗です。
調子こいてすり抜けしているとU字溝に落ちることもありえます。

タイムズの駐車場は役場前ということで周辺相場からすると破格の安さでした。
我々と同じような利用目的のクルマはいなかったので空車だらけでしたよ。

大井松田ICから東名に乗って帰ってはいけません。
渋滞の中に突っ込んでいくようなものです。
小田原厚木道路で厚木まで向かってください。
平塚で降りて一般道で帰るとか、厚木西で降りて一般道で帰る方法もありますが、厚木から横浜町田の渋滞はノロノロと進む渋滞なので事故渋滞になっていない限りは厚木から東名に合流したほうが速く都内に帰れます。

横浜町田名物、お舟のラブホが見えるころにはもうクルマはスイスイと動いていると思います。
Posted at 2018/05/11 11:36:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月16日 イイね!

ガラスの重大

ガラスの重大♪輝きは飾りじゃない ガラスの十代~♪

軽トラワールドシリーズの前週に練習走行に行っていたのですが、その帰り道。
ついに私もその洗礼にあいました。

高速道路走行中に突然「バシッ!」という音。
なんだなんだとみてみると、フロントガラスにヒビ入っています。


アップにするとこんな感じ


車検が9月なので、このままというわけにもいきません。
修理見積を取ってみると安いお店で40,000円程度、標準で5万から6万円程度の出費になります。

ガラス屋さんに聞いてみたんだけど、割れるか割れないかは時の運との事。
高速道路を走らなかったとしても一般道で割れるときは割れる。
車間距離を開けていたとしても対向車線から飛んできて割れるときは割れる。
軽トラックや軽バンのようなクルマはガラスが比較的立っている、つまり寝ていないので他の車に比べるとさらにガラスが割れやすいのだそうです。

正に運。

軽トラ軽バンは乗っているだけでギャンブルというジャンキー向けの乗り物という事か。

♪こわれそうなものばかり あつめてしまうよ~♪
♪輝きは飾りじゃない ガラスの十代~♪

皆さんも気ぃつけなはれや!
気ぃつけても割れるときは割れるケドナー

せっかく交換するので少しグレードアップしたガラスに変えちゃおうかな。ムフフ
Posted at 2018/04/16 14:21:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月12日 イイね!

軽トラワールドシリーズ2018第1戦

軽トラワールドシリーズ2018第1戦軽トラワールドシリーズ2018の第1戦に行ってきました。

毎度おなじみの作手サーキットです。
今年は何故か朝早くなくてよかったので東京を6時出発で余裕でした。

今シーズンはNAチューンドクラス(旧NAエキスパート)に出ます。
キャリイを手に入れてからずっと入れたいと思っていた電スロとLSDの恩恵をやっと受けることができました。
クラスアップした今シーズンはいろいろと変更することができますが、この2点の影響が一番だと思います。電スロに関しては近日中にパーツ紹介します。LSDは先日書いたようにGTCPでつけてもらいました。

あ、あとNOSも付けました。ワイルドスピードのようにバルブをひねってボタンを押したら超加速

するわけありません。ただのクッションなので^^;
NOSクッション、この為に買いました。



今年はすっげー寒くて、なんと4月なのに雪が降りました。


こんなかわいいクルマも来てました。マヂCool!

雪降ってるからマ・サ・ニCool!


NAチューンドの参加台数は2台でさみしかったですが、なんとか午後にはセッティングが出せて優勝することができました。

1本目は余裕ぶっこいで妻を同乗走行で載せたりしていたのですが、どうにもセッティングが出せず、午前中は本当にダメダメでスピンしまくりだし転倒の恐怖と戦っているしでNAライトチューンのタイムも抜けないどころか、練習走行に来たときのタイムも去年の優勝タイムも出せませんでした。

最終的にはガンガン踏んでいけるようになってベストタイム更新できてよかったですが午前中からの流れでこのまま一日タイム出ないまま終わってしまうのかと恐怖との戦いでした。
※低い気温とタイヤと減衰力といろいろ悪いセッティングになっていましたがなんとか修正して走れました。


さて、帰り道、東京方面から来る軽トラッカー達はすれ違うのも大変な山道を行くしかないと思っていたのですが、何故か毎回フランクフランクと騒いでいる千葉のうどん先輩に聞いてみると、あえて逆側から帰ったほうが道が良くて空いているとの事。そして何より道の駅で極上フランクが食べられるんだぜ!との事。

信頼しているカーナビとは真逆の方向に帰るだなんてと半信半疑でしたが、結果的には大正解!
道は通りやすいし道の駅は最高だしでもう絶対こちらがわからしか来ない!と思いましたね。
道の駅つくで手作り村
うどん先輩はお目当てのフランクが売り切れで意気消沈されていましたが、私たち夫婦は奥の五平餅を食べに行きました。意気消沈した先輩にも五平餅を持っていこうと思って3本買いましたが・・・
駐車場に戻った時にはすでに先輩の姿はありませんでしたw

五平餅を老婆が焼いている間われら夫婦は猫をずっとモフモフしていましたし、のんびりした雰囲気の大変良い道の駅でした。
来シーズン以降も絶対にまた寄ります。

さて、次戦は鈴鹿ツインです。
が、そのまえに特別戦のジムカーナがありましたね。
私はまだこのクルマでスピンターンしたことないけどどうなることやら^^;
Posted at 2018/04/12 13:34:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月15日 イイね!

全ての軽トラ乗りの方へ!

全ての軽トラ乗りの方へ!軽トラ乗りの皆さん
軽トラックでサーキットを走ってみませんか?


今シーズンの軽トラワールドシリーズ、第1戦の申し込みがはじまりました。

http://www.gt-produce.com/kcar/2018/03/312.html

軽トラックで堂々とサーキットを走れるイベントはここだけ!
今年は「お試し走行」が第3戦と第4戦にしかありませんので、こうなったらもうシリーズ参戦しちゃいましょう!

あなたの家から遠いとか近いとかは関係ありません。軽トラでの遠出もいいものですよ。

特にF1やスーパーGTのように毎戦違うサーキットで戦うというのは本当に楽しいです。


参加を戸惑っているあなた!
いきなり出て大活躍できる人は少ないので、やはり最初はビリ覚悟で参加して、徐々にうまくなっていきましょう!

各クラス1位2位あたりを走っている人たちはちゃんとクルマもレギュレーション一杯にいじってあるし、ドライビングの技術も知識もある人たちです。

まずは様子伺いでレースに参加してみてその人たちからノウハウを盗みましょう!
どうせそのうちにその人たちはクラスアップしていなくなります。
その時に初勝利を狙っていきましょう!


私も今年はクラスアップしましたが、最初はやはり様子見です。
いきなりパンパンにクルマをいじるお金もないし、ライバルがどんな人たちかもわかりませんしね。


そんなわけでまずは動いてみましょう!
まずは申し込み。
そのあとの事はその後考えましょう!

ちなみにもし参加を悩まれている方いらっしゃいましたらドシドシとコメントやメッセージくださいな。
不安を取り除くお手伝いができるかもしれません。

Posted at 2018/03/15 14:39:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「Kトラワールドシリーズ最終戦、仕事で参戦できず。
シリーズチャンピオン目指してたんだけどなー」
何シテル?   11/16 09:45
SUMIOです。 2014年:BMWZ3で走行会初参加でモータースポーツに目覚め 2015年:MR2でジムカーナにハマる 2016年:軽トラでモータースポ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

K&amp;N HIGH-FLOW AIR FILTER 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/17 21:48:14
NDロードスターS 社外ナビ自作ステー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/30 11:41:33
Panasonic Blue Battery caos N-60B19L/C7 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/28 01:26:24

愛車一覧

スズキ キャリイトラック キャリイちゃん (スズキ キャリイトラック)
貰い手が決まりました〜 名残惜しいですか新しいオーナーさんも遊び倒せるクルマだと思います ...
カワサキ Ninja250SL 服部虫蔵 (カワサキ Ninja250SL)
2016年モデルにはライムグリーンが無いと知って切り替わる前に急いで2015年モデルを新 ...
BMW Z3 ロードスター そらお (BMW Z3 ロードスター)
BMW Z3に乗っています。 2012年初夏に入手して2年、普通に乗ってそろそろ乗り換え ...
トヨタ MR2 ダボ雄 (トヨタ MR2)
ジムカーナに興味を持ち、お気に入りの前車を手放してジムカーナ仕様のJAF登録車両を入手し ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.