• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ChinaARTのブログ一覧

2018年09月23日 イイね!

フォグランプをカラー切換タイプに変更せよ!

フォグランプをカラー切換タイプに変更せよ!ファンレスのLEDバルブを長期に亘り使ってきましたが、最近目にするようになった黄色と白の切換タイプに浮気することにしました。
先日、ご近所のA60系セリカXXにも付けたLEDの構造と同じタイプですが、こちらのにはファンが付いていて、チューナーのノイズなどが出るかも・・・とドキドキですが、最近の新車に搭載されているようなレモンイエローのフォグが気になっているので、今の明るさに満足しているLEDバルブからの乗り換えです。
A60セリカの頁→https://minkara.carview.co.jp/userid/2220268/car/2606819/9286287/parts.aspx

今回の商品URLはここ→https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07DNQQ7SX

ブツはこれ。



では、先ずは現状のLEDを点灯した画像から。(9/19)

この子は明るすぎて回りにサチるので、光軸を1m先に落としていながらもこの明るさです。
このLEDはここで紹介して居ます。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2220268/blog/37680912/


ブツのクローズアップ。

白と黄色が光るので、片面に2チップずつ付いています。


後姿。



新旧比較。



おっと!!!!
指が切れてしまいました!!



筒状のタワーを、竹を斜めに切ったように加工されているのですが、そのカット面が処理されていなくてバリも凄くて鋭利で、結構ザックリ行きました…。



こういう場合は指にビニタイを巻いて止血しますが、それでも中々止まりません。



この日は作業を止めて、指が少しマシになってから作業することにしました。


でもって9月23日。
指の傷口に水分などがしみなくなったので、車に実装しました。

・・・ちょっと暗い。
前のが明るすぎたのでそう感じるのかな?
夜間に実走してから確認ですね。

光軸も上げて、走行中に道路などを照射して見えるようにしました。
前のは兎に角明るすぎて、リフレクターの反射ですら眩しかったので、光軸を下げて照射を捨ててました。


フォグスイッチを「OFF-ON」すると、黄色に変わります。
色は、この操作の繰り返しで変更できます。
キーを切って再投入した場合は、デフォルトの「白」で再スタートします。
最初に黄色でスタートしたい場合は、フォグ電源ラインにワンタイムスイッチリレーを組込む必要有り。

澄んだレモンイエローが綺麗♪


別角度で。
白。



黄色。


手のケガは余分でしたが、一応交換完了です。
光量は、夜間走行で確認するとして、当面はアクセサリーとして使っておきます。

同じLEDを導入される方は、あの切断面に指などが擦れないよう注意して下さい。
Posted at 2018/09/25 00:11:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年09月17日 イイね!

イタリーエンブレムの赤が剥げたので取り替えよう!

イタリーエンブレムの赤が剥げたので取り替えよう!自分の車の国旗ステッカーが色落ちしていたので交換することに。
4月23日に手配してブツを入手していたのですが、地震や台風の関係で中々自分の事が出来なくて…本日漸く出来ました。

赤だけ色がなくなるという状況。
同じ物が有るかどうか心配でしたが、流石amazon、有りました♪


入手してあった商品。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B077S8KBFB

パッケージが以前よりも遙かに立派ながら、エンブレムステッカーが2枚も入ってて600円でした♪
安い!
既に予備確保です。


作業前の様子。

赤だけ無くなっています。
最近ワックス掛けもしていなかったので気付きませんでしたが、ワックス掛けで一寸擦っただけで剥げました…(汗


結構惨めな状態かも…



養生を施し、カッターの刃を挿し込んで両面テープを剥がします。



残った両面テープの痕跡を、コンパウンドで軽く撫でて除去します。



綺麗に仕上げるためには、上のエンブレムをカバーして、コンパウンドの布を沢山回転させて磨きます。



コンパウンドの油脂成分をシリコンオフで脱脂したら、新しいエンブレムを貼り付けます。



貼り付け完了♪
今回は、キチンとエンブレム両端の尖った部分に、ボディのラウンドに合わせるためにアールを付けてから貼りました。

ワックスを掛けて完成です!・・・あ!


おっと!

保護シートを剥がしてませんでした。


エンブレムの間のワックス痕跡や埃などを、化粧用のバフで綺麗に除去します。

百均ので充分です。


今度こそ完成です♡



親バカショットも♪



エンブレムのアップ。



エンブレム周辺のアップ♪



エンブレム周辺のアップ♪

これ、気に入ったアングルの一つ。
FBのカバー画像にも使いました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1831275690254342

Posted at 2018/09/18 01:54:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月30日 イイね!

GE6フィットの黄ばんで傷だらけのヘッドライト復活術!

GE6フィットの黄ばんで傷だらけのヘッドライト復活術!以前ヘッドライトをHIDに交換した、ご近所さんのフィット。
その時から気になってたヘッドライトレンズの傷。
ご主人も、安ければ交換したいと言ってたのですが、一つ5000円くらいの程度の良さそうなものが無かったため、一旦保留になりました。(8000円なら有った)

最近ネットで、「お風呂磨きケミカル品」で綺麗になるワザを紹介しているのを見付けたので、試したくて挑戦!!


用意したもの
●お風呂ジフ
●ラピングコンパウンド
●Soft99液体コンパウンドお試しキット
●マイペット
●AZカーワックス・コーティング剤アクアシャイン・シルク
●2千円台の安物ポリッシャー


車を預かって来ました。

レンズ、結構キてますねぇ~😆


作業前のヘッドライトレンズの様子。

上の方が傷だらけ・・・。


特に左側(向かって右)の傷がとてつもないんです・・・。



基本はこのお風呂ジフで磨きますが、先の傷などは、車体補修用コンパウンドで頑張ります。



両目共にマスキングします。

レンズの内部へ挿し込むようにしておくと、ボディやバンパーをうっかり削ることは有りません。


右目から。

小傷と黄ばみが多めですが、左目よりは軽症です。


こんな感じで地道に気長に磨きます。

この手の道具は「回転」しているのではなく「偏心」しているので、当て方もコツが有ります。


一通り磨き終えたら、こびり付いた粉を綺麗に除去します。



一回目の作業終了。

お風呂ジフだけでここまで綺麗になりました♪


特に酷い部分が目立つ様になったので、そこを重点的にコンパウンドで磨きました。

結構良い感じに。
微妙なこびりつきなどが残っていたので、ポイント作業で数カ所加工しました。


右目研磨完了!(外光のハレーションで、左目は汚れて無くてもこんな風に白くなる)

グリルやバンパーの黒樹脂部分の白色染みも酷くなってますね・・・


左目作業開始の前に、酷さを再確認。

HIDランプ辺りの傷の様子。


ウインカーレンズ辺りの傷の様子。



余りの酷さに、角度を変えて撮ってみました。
ご主人曰く、洗車は手洗いのみだそうです・・・
なのに、なんでこんなに傷だらけになるンでしょう?



一通り磨き終えたら、こびり付いた粉を綺麗に除去します。



左目よりも効果が少なく気が滅入りますね。

ポジションランプの上部角にも凄い傷が!


傷の酷い部分を、コンパウンドとソフト99で重点的に作業します。

傷がかなり少なくなったので、、、(さっきのポジションの傷も無くなりました)


更に根気よく作業を続けます。

ポリッシャーのお陰で、疲れ具合が何十倍もマシです。


研磨の出来上がり。

やはり、左目にはハレーションが・・・。
作業した効果を残せず残念!


仕上げ剤はこれ。
AZのCCT-002:https://store.shopping.yahoo.co.jp/azoil/AW311.html

車体用ですが、ガラスとミラー以外、結構な範囲で使えます。


出来上がり!

深い傷だけは、単体の線で残りました。
これを解決する方法も有りますが、今回はお風呂ジフの効果が知りたかったので、グラインダーまでは出動させていません。


結果、お風呂ジフで黄ばみは完全に落とせましたが、長年のストレスで生じる傷までは対応出来ませんでした。
残った傷は、低回転グラインダー(5000回転以下)を使って、コンパウンドの番手を2000-3000-7500-9000と駆使して仕上げる必要が有ります。

程度の悪いレンズを磨く場合は、一つのケミカルで全て賄うって事は横着すぎるって事で。

ヘッドライトが輝くようになりました!

なので、フロントの黒樹脂部分の白色染みにワックス掛けしておきました。



比較用に、作業前の車輌も。
Posted at 2018/08/31 02:24:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月23日 イイね!

懐かしのGSS!

懐かしのGSS!部屋の作業台の片付けや整理をしていると、1984年(34年前)に起案した漫画のイラストカットが目に留まりました。

「そうそう、そこに登場させたマークⅡGSSの絵、あったよな!」

と思い出して引っ張り出してみました。

34年前に描いたものなので、寛容な目でみてやってください。


先ずはGSSの画像等から。

海外でチューンされたマークⅡGSS RX22-MQG。

(当方の乗っていたGSSのグリルはこのタイプじゃありません)
今も現役だそうです。


ネットで拾った1972年式マークⅡGSS。

当方のフロントグリルと同じタイプ。
RX22-MQG 18R-G DOHC (G-YAMAHA) 2000HT TWIN SOLEX(初期型。グリルで区別できます)。

この純正サイドストライプは、テールエンドの処理がダサくてイマイチ。
当方のには付いてなかったので良かったです。


エンスー中古車販売の頁で拾った1972年式マークⅡGSS。

メッキバンパーが、上の海外版と同様に、ブラック塗装されています。


でもってこれが、34年前に描いたラフイラスト。

カスタマイズしたGSSを漫画に登場させようとして下書きした絵。
これをエアロパーツなどでチューニングすると、、、


旧ポルシェ風に(描いた当時は「旧」じゃなかった)。

自分のをこんな風にしてみたかったです。


フロントとリアも。

ノーマルとチューンドの具合を半々で紹介。


でもってこちらが、当方が乗ってた頃のGSS。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2220268/car/1883808/profile.aspx

買って2年目の頃。
河川敷でダートラしての帰りなので、全体的に砂埃だらけです。
暫くしてドアミラーにしました。

素敵な70タイヤ・・・😅😅😅
これでも、純正よりインチアップしています。


名古屋のトヨタ博物館の前にて。

乗ってから5年目の頃で、ボディカラーは純正のモスグリーンからブラックメタリックに、ミラーはビタローニのドアミラーに変えてありました。


中国赴任が無ければ、処分せずに保ってたのになぁ・・・。
まぁ、色々複雑な気分です。
Posted at 2018/08/23 22:46:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月17日 イイね!

となりのデミちゃん、バッテリー危機回避!

となりのデミちゃん、バッテリー危機回避!隣ので見ちゃんのバッテリー、先日オイル交換した際に「弱ってる…」と思ってご主人にも報告していた。
でも、冬まで保ってくれると思って手つかずでした。


しかし、15日の朝に電話が!
京都駅に出迎えがあって家を出て、横大路のローソンで水買ったら、エンジンがかからなくなったと!
寝ているところを起こされたのですが、バッテリー交換タイミングを延ばした自分もアカンかったので、すぐに現場へ駆けつけ、チャージして一緒に帰宅しました。
出迎え作業は、弟さんに頼んで無事終了しましたし。

車を預かりチェックするも、とうとう限界に至った感じで、クランキングは最悪。
このままでは使うには不安があるので、早速パナのカオスを注文しました。
46B24Lだったので、グレードアップ交換の推奨品、80B24Lにしました。
「https://store.shopping.yahoo.co.jp/gekicar/3100722.html」


16日にダメ元で充電してみる。

液面に泡が活性化していました。


電極の活性化もやってみました。


結構元気なクランキングになったのですが、ご主人は不安とのことで、バッテリー交換が済むまで電車出勤されてます。



京都は「明日着く」サービスの該当都市じゃなかったので、二日後の本日午前中に到着しました。
交換前に、メモリーを保持するために、チャージャーをバッテリー端子の根っこ部分にかませて、、、



到着したカオスを準備して、、、



ホット電極には絶縁して、古いバッテリーから端子を外します。



おおお!

潮吹き過ぎ!!
これ、この2年の間に、どこかで強力充電作業されていますね。
ガソリンスタンドでは、めったやたらとボンネットを開けさせてはいけません!
下のトレーにも、粉がどっさり溜まっていました。
この様子だと、電極やられてます。


湯浅、2年で限界か…。

デミちゃんは電気部品がほとんど追加されていませんので、5年で4万キロの車なら、冬まで保ってもおかしくなかったのですが、この粉を見て、想定外時期に上がった理由が判明。


新しいカオスをマウントして終了です。



カオス、格好もよい!



速攻で始動しました!



純正のバッテリーカバー、外した方がよかったかな?



でもこの車、エンジンルーム内に砂埃がよく入るんですね…。

オイル交換から一ヶ月も経過してないのに、もうほこりっぽいです。



この後、昨日から始めた、家の前の川の土手を草抜きの続きをしました。



全部で100mほどあるので、明日で終了かな。
Posted at 2018/08/25 03:37:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「フォグランプをカラー切換タイプに変更せよ! http://cvw.jp/b/2220268/41987282/
何シテル?   09/25 00:11
わしゃ昔から好きで車弄りしとる爺さんじゃ。 そんな老いぼれじゃが、宜しゅうお願いしますぞ。 画像に出とる車のナンバープレートは、全て数字を加工済みじゃで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

パーソナルCARパーツ キーレス連動ドアミラー格納装置 タイプA 取り付け  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/16 23:16:00
純正 改 エーモン スピーカーコード 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/02 21:48:48
サバンナデビュー マツダファンフェスタ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/16 00:48:33

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ワゴンRスティングレー スティング (スズキ ワゴンRスティングレー)
スズキ MH23S ワゴンR スティングレー T(CVT) (ナンバーの文字はフェイクで ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
初の軽車両。 新古車購入時に、RRのシールをMH22S・DI系-RRのバッヂエンブレム ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
中国出張中のグロリア盗難で、帰国時に楽しそうな車が欲しくて購入。 Tバールーフ クルー ...
日産 グロリア 日産 グロリア
2005年東大阪在住時、自宅マンションの駐車場で盗難に遭った、かなりお気に入りだったY3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.