• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cafe_racerのブログ一覧

2018年09月16日 イイね!

ゴールド剥奪されちゃいました(反省)

ゴールド剥奪されちゃいました(反省)今朝、青切符を切られちゃいました。しばらくゴールド免許でしたが、とうとうゴールド剥奪でブルーになってしまいます。

違反の名は「通行禁止違反」。

具体的には右折してはダメなところを右折してしまった、ということです。

反省のために、そして同様のことを繰り返さないためにも、あえてブログに記録しておきます。

現場は緩やかな左カーブの道。右手に分岐した道があります。進入禁止の標識はありません。その分岐している道から、こちら側に出て来ようとしているJeepの姿も見えます。
alt


私は普段、この道を使わないのですが、今日に限って、なんとなく、この右の道(Jeepの見える道)に入ろうと右折をしてしまいました・・・。

90mほど進むと、警察官2人が出てきて笛を鳴らし、私に停止するよう求めました。
「スピードも出していないし、シートベルトはしているし・・・なんだろう???」・・・と思って聞くと、
「通行禁止違反です」との回答。

「えっ!?通行禁止?」

確かに現場をよく見ると、左カーブの標識があります。矢印の道路標示もあります。

右手に見える分岐には進入禁止の表示はありませんが、こちらから右折して分岐の道には侵入できないのです。(逆方向から左折して分岐にはいることはできます。)



写真で示すとこんな感じです。
alt

うーーーーーー、正直全く認識できていませんでした。あそこが進入できない道だったとは・・・・。


「進入禁止」の標識があれば、絶対に進入しないと思うのですが、そういう表示のない「進入禁止」もあるのですね。油断してました。

進入禁止を積極的に表示する標識があればいいのに・・・と少し思いましたが、反省し、以後、注意しようと思いました。反則金も(額の問題でなく)痛いですし・・・・。

ちなみに、反則金の一覧はこちら。
皆さんは大丈夫と思いますが、私のような油断をせず、今日もご安全に走行ください。
Posted at 2018/09/16 21:26:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月17日 イイね!

四谷千枚田(2回目)

四谷千枚田(2回目)
3年くらい前の秋に行ったことのある四谷千枚田ですが、程よい距離のワインディングが楽しめるので、ふらっと行ってきました。



まずは駐車場で・・・。
alt



駐車場から車に乗って700mほど進むと展望台があります。こんな感じの道です。
alt





展望台スペースからもう一枚。
alt


展望台で、あまり意味なくイヴォークの撮影(笑)。
alt




再び駐車場に戻る途中で1枚。
alt





千枚田に徒歩で降りていって、ちょっとだけ撮影。
alt




こんなふうに千枚田の間に小道があります。
alt



緑が眩しい!
いや、夏の日差しが眩しいのか。
alt

alt

alt




道路からはこんなふうに見えます。
alt






途中の峠道でイヴォークを撮影。
alt

alt



alt


R337,363は道幅の狭い区間が少しあるものの、なかなかに快適な道です。

その道を走りながら思ったこと。

カプチーノに乗っていたときは「突っ込み重視」というか、できるだけブレーキングを遅らせ、車重の軽さを生かして速いペースでコーナーを曲がるのを楽しんでいました。・・・もっとも、私はブレーキングに思い切りが無く、フロントに荷重をかけるのが超絶ヘタクソだったので、車高を前傾気味にさせていたのは内緒です(笑)。

イヴォークではその時とは全く違うワインディングの楽しみ方をしています。イヴォークは、カプチーノに比べると超ヘビー級で、ロールセンターも相当に高いので、物理的に言って、コーナーを「スイスイ」というわけには行きません。
が、上りのコーナーでの4輪のトルクの蹴り出し感を一度体感してしまうと、これがけっこう病みつきになります。非常に爽快な気分になります。(あ、ランエボとかインプレッサのような高速コーナリングを想像しないでくださいね。ゆっくり目の「よいしょ」って感じのスピード域の話です。)

車の運転の楽しさの中には、人間の限界を遥かに超える動きを意のままに行う「身体拡張性」というものがあると思っているのですが、4輪トルクの力技で曲がる感は、この「身体拡張」を実感させてくれます。これがイヴォークのドライビングの楽しさの1つだと私は感じています。もちろん、SUVでも比較的クイックな挙動を示すイヴォークは、攻める走りでもそこそこ楽しめますが、カプチーノと明確に違う方向性の楽しみ方はコレに尽きます。

イヴォークはSUVなりのワインディングの楽しみをわかりやすく与えてくれます。SUVだからってワインディングの楽しみが無くなるわけじゃないんです。・・・これだからワインディング・ロードはやめられないんですよね。
Posted at 2018/08/17 18:06:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月09日 イイね!

祝・みんカラ歴4年!

祝・みんカラ歴4年!8月16日でみんカラを始めて4年が経ちます!

もう4年も経過したんですねえ。早いもんです。歳とったなあ(笑)。

程よく緩いみんカラつながりを保ちつつ、車計簿代わりに記録を残し、おっ!と思うみん友さんのブログから有益な情報を仕入れる…そんなみんカラの使い方ですが、これからもきっとそんな使い方を続けるのだと思います。

カプチーノに乗っていたときに付けたハンドルネームですが、もう少し短めに、SUV乗りっぽくわかりやすくしようかと思ったこともありましたが、まあ、緩くこのままでいこうかと思います。

こんなグダグダな私ですが、これからも、よろしくお願いします!
Posted at 2018/08/09 21:20:22 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年07月18日 イイね!

日本自動車博物館

ずっと行きたいと思っていた日本自動車博物館にやっと行くことが出来ました。

平日だからか、あるいは連日の暑さのせいか、とても空いていました。



ランドローバーのご先祖さま。



バブル世代なら皆知っている、ワコール社のバブル狂想曲?、暴走?、幻の国産スーパースポーツ、ジオットキャスピタ。
シルエットは綺麗ですが、顔つきがとてもキュート(笑)。

確か、このクルマのマフラーエンドはセラミック製で、一つ75万円。4つあるからマフラーエンドだけで300万円。バブリー(笑)。



お昼は博物館からちょっと離れたところにある、ややマニアックな趣味のお店でランチ。



帰り道、一面の田んぼの風景に魅せられて、ちょっと記念撮影。




日本自動車博物館は美術館的な趣のあるトヨタ博物館とは全然違って、ガレージという感じでした。クルマの素性を知っているとかなり楽しめますが、構成が学芸員不在な感じで、あまり知識が無いと充分には楽しめないかも…と書くと、面白くなかったみたいに思われますが、実はそんなことはなくて、もともと学芸員説明が不要ならば、ディスカウントショップのドン・キホーテ的陳列は、それはそれで楽しめます。実際、珍車、レア車も多く、トヨタ博物館の蔵車には無いクルマが何台もありましたし、トヨタ博物館とは違う楽しみ方ができます。仮にハシゴをしたとしても、各々でwow感があると思います。
Posted at 2018/07/18 23:41:52 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年06月30日 イイね!

みんカラ:週末モニタープレゼント!【キイロビンゴールド】

Q1. キイロビンについて「使ったことがある・使ったことがない・知らなかった」
回答:使ったことがある

Q2. 今回の使用目的は?「汚れ取り・撥水剤の前処理・決めていない」
回答:汚れ取り

この記事は みんカラ:週末モニタープレゼント!【キイロビンゴールド】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/06/30 06:00:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用

プロフィール

「久しぶりにフロランタン作りました。」
何シテル?   09/09 18:00
cafe_racerです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

金曜倶楽部〜(流し素麺)せせらぎ街道ツーリング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/24 16:36:06
伊豆半島への旅〜西伊豆へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/30 13:14:35
FALKEN AZENIS FK510 245/45-20 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/11 20:14:52

お友達

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

ランドローバー レンジローバーイヴォーク ランドローバー レンジローバーイヴォーク
15年モデル 5door dynamic ・キーレスエントリー ・パワーテールゲート ・ ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
F6Aエンジンを搭載した11R(前期)最終型のスズキ カプチーノに乗っていました。 約2 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
初めてのストレート6、FR。ターボ仕様のGTS-tが普通だった中、敢えて「スカイラインは ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
本当はCR-Xが欲しかったんですが、兄貴と共有という形でプレリュード。当時はソアラと双璧 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.