• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

キース・ハイブリッヂのブログ一覧

2017年01月07日 イイね!

走り初めサーキットクルーズ

オープンカー倶楽部関東 走り初めサーキットクルーズ に参加してきました。

オープンカーでサーキットを走るのは、気持ちの良いものですが、競技として走るには敷居が高いものでもあります。ロールバーが必要だったりとか。(自分の愛車には取り付けたくないです。)
そのため、競技ではないにしても、サーキットを走る機会はあるだけでありがたいものです。

往路は、守谷SAで皆さんと合流し、常磐道をひたすら北上。那珂ICで降りて、道の駅ひたちおおたで主催者のlucky@320さんや北関東の方々と合流。
その後、lucky@320さんらに付いていく形で、ツインリンクもてぎまでドライブ。SuperGT等のイベント以外でここに来るのは初めてです。



Z34のショートホイールベースっぷりがよくわかる一枚。このコンパクトさでも、幌の収納はトランクスペースを圧迫せず、130Lを悠々と使え、スポーツカーとしてのパフォーマンスもデートカーとしてのラグジュアリーさも申し分ないので、改めて良いクルマだと思います。



受付なうです。思ったより簡単でした。正面のピットあたりには、整備中のクルマや、マーシャルカーがあって、気分が盛り上がります。



今回、せっかくなので、手持ちのスマホを色々持ってきて、データのサンプリングもしています。
ナビの下にあるのが退役済みのiPhone 6で、ジャイロやGPSのデータを取っています。
その右上にあるのがAndroidスマホで、エンジン回転数やスピード、エンジンオイルの温度など、様々なOBD2の車両データをBluetooth経由で取得しています。
右上のダッシュボード上にあるのが、iPhone 6 Plusで、これは大画面を活かしてGPSから算出した速度をデカデカと表示しています。助手席後部にアクションカメラを取り付けていて、その動画に映り込むようにセッティングしています。
アクションカメラはSONY FDR-X1000Vで、高速なSDカードを使うことで、100MB/s, 60FPS, フルHDの動画を撮影することができます。形状的に、他のアクションカメラよりも風の抵抗が小さいので、こういう用途にもってこいです。
もちろん、ドラレコもオンにしていて、ドライバー目線での動画も撮影します。



いよいよスタート。
先導車は前の2台のシルビアヴァリエッタさんが追い回すとのことで、僕は適度に車間距離を取って加速したり、それなりのスピードでコーナーに突っ込んだりして楽しんでいました。

ただ、車間距離は、もっともっと、前のクルマが見えなくなるくらい、それこそスタッフや後続車の方に怒られるくらいに取った方が良かったと思いました。ちょっとアクセルを踏むと前のクルマに追いついてしまいますし、シフトは6MTなのに3速~4速で足りてしまい、クルマの性能を持て余した感が半端なかったです。
とはいえ、好天の中を景色を見ながらまったりと進むのも、それはそれで気持ちのよいものです。道中の風は冷たかったのですが、サーキット内は無風に近くて、日向ぼっこ状態でした。



2周走行したら、みんなで記念撮影。サーキットは楽しいですね!



大変お疲れ様でした。費用も高くないので、今回の反省(?)を活かして、また遊びに行きたいです!

# 復路の国道4号線と高速道路では、結構飛ばしたとか飛ばさなかったとか・・・
Posted at 2017/01/09 11:19:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2016年11月13日 イイね!

結婚式を挙げてきました

2016年11月吉日、目黒雅叙園にて結婚式と披露宴を執り行いました。
(私は六輝を気にする人間ではありませんが)日取りは大安の日曜日。天気は晴れで、気温も穏やか。

結婚式は二人の希望により神前式で、終始厳かな雰囲気の中、大神に結婚を誓いました。

披露宴の会場は122名のバンケット「シリウス」で、新婦は開始前から白無垢から色打掛に着替え、お色直しでウェディングドレスになり、その流れとうまくマッチした会場だったと思います。

中座している間、プロフィールビデオが上映されました。当初は自分で制作するつもりだったのですが、いかんせん公私共に多忙なので(入籍後にZを乗り換えられるほど働いていたり、結婚式1週間前に日本にいないとか。笑)、素直に会場のビデオ制作サービスを利用しました。
オープンカー倶楽部関東で撮った写真を2枚、使っています。ビデオのスクリーンショットを使って紹介しますね。



富士山での定例会ツーリングで、たいしょう@SLK350さんにカメラをお渡しして撮って頂いた写真です。



こちらはセルフィー。福島わっしょいのときの写真です。

それと、個人的に撮影した、クルマと夜景と僕らのショットで、ビデオのラストをキメました。



お色直しのため外していたので、上映中の様子はうかがい知れなかったのですが、聴く話によると、「おお〜っ!!」と、会場からどよめきが起きたそうです。さすがフェアレディZロードスターさんです(?)

それから、オープンカー倶楽部関東 KENTAROUさん名義で、祝電を頂きました!



本当にありがとうございました!!

「オープンカー倶楽部関東は、紳士淑女の集まりで、みんないい人だよ!」とは、妻と出会った頃に僕が言っていたのですが、まさにそれを感じます。皆さん、クルマも魅力的ですが、人としても魅力的な人ばかりです。

思えば、りえすぱさんの計らいにより、昨年11月の第3回定例会から参加させて頂いて、そのときに三峯神社で同年代っぽいろこ☆さんに付いて回り、(僕はその時は結婚なんて微塵も考えていなかったのですが)良い人と出会えるよう祈ることをオススメされ、とりあえずその通り祈ってみた、ということがありました。
このご縁も、そこからつながっているのかも!?

そんな感じで、クルマ関係の視点から、自身の結婚式の記事をポストしてみました。それなりのクルマが買える額のポケットマネーが一瞬で吹き飛びましたが、僕も妻も、そしてゲストも親族も、結婚式と披露宴にはとても満足しています。

最近は特にイベントが無ければ二人でドライブに行くことが多いです。これはZ33に乗っていた時からそうですが、妻を気遣って幌をクローズにしていると、妻は「オープンにしないの?」と訊いてきます。逆に、僕から「オープンにしていい?」と訊いて、断られたことはありません。まさしく、理解ある妻なのです。
また、デパ地下や近所のスーパーへの買い物も、Zでこなしています。場違い感がハンパないのですが、妻曰く「荷物が沢山入る」と評判です。

イベントがある時は、可能な限り妻も一緒に参加したいなーと思っています。(特に、リーデンブロックさんのアヴェンタドールロードスターに関して、妻曰く「助手席に乗せてもらいたい」とのことでした。笑)
夫婦ともども、今後ともどうぞよろしくお願いします。

Posted at 2016/11/16 04:04:15 | コメント(5) | ライフイベント | 日記
2016年09月27日 イイね!

オープンカー倶楽部関東 第8回定例会

オープンカー倶楽部関東 第8回定例会2016年9月25日、オープンカー倶楽部関東第8回定例会でした。
行き先は美ヶ原高原ということで、実は僕は毎年お盆の前の週あたりにここへ行って、日の出と雲海を堪能するのですが、それくらい大好きな場所です。何度行っても良いですね。


自宅からだと関越道を使った方が若干早いのですが、メンバーの皆さんの動きを見て、中央道ルートで行きました。双葉SAまでの道中で皆さんに追いつき、サービスエリアにイン。

san036さんのG37S Convertibleの隣をゲット。





Z34とボリューム感がそっくりで、比べてみると面白いです。san036さんによれば、G37Sのリアは、どうやらZ34のそれと共通仕様で、スカイラインのアフターパーツが付かないそうです。


その後、一般道に降りて、途中で休憩。



向かいのおうちの子供たちが、オープンカーの台数を数えて大興奮していました。

道端には、きれいな花が咲いています。



Zが花にチュってしている風の図。


ここから、ウインドディフレクターに取り付けたiPod touch で録画した動画があります。



音楽を流していたのですが、ほとんど風切音しか入っていません・・・


ビーナスラインに入り、途中でまた休憩。











空、雲、太陽、緑がとてもさわやかで美しいです。











特に雲との距離が近く、雲の立体感が印象的でした。











皆さん写真を撮っています。僕もたくさん写真を撮ってしまいました。


ビーナスライン、美しいですね。




霧の駅霧ケ峰から、目的地へ。



こちらの駐車場に入ったのは初めてです。



山、空、雲がとても美しく、壮観な場所です。













今回も、たくさんのオープンカーが集まりましたよ。



今回はTRGは無しということで、食事と懇親会でした。自己紹介タイムはなかなか良かったと思います。ハンドルネームとクルマと人物を、しっかりリンクすることができました。


この後、僕は用事があるため、早々とおいとましました。


帰りは関越道で帰ったのですが、国道142号線へ出るちょっと手前の県道178号線、ここで農家が落としたまま放置している大量の牛糞を踏んでしまいました。避けようとはしたのですが、ブラインドコーナーのある対向車線を走るのは危険と判断し、牛糞をよけつつ踏みつつ安全運転。

そして、関越道は、3箇所の交通事故渋滞(なぜ交通安全運動期間中に限って、あちこちで事故っているんだ・・・)と、プラス1箇所、練馬出口での渋滞。
徐行中に車内に漂う牛糞の臭いで、泣きそうでした。

用事は後回しにして、日比谷駐車場に行き、超入念に手洗い洗車。臭いも精神的ダメージも、ほんときついものがありました。


というわけで、帰りは本当にひどかったのですが、行きと定例会はとっても楽しめました。
皆様、ありがとうございました。

Posted at 2016/09/28 00:20:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2016年05月06日 イイね!

「突発・早朝健康ツーリング@臨海副都心」の *テスト走行*

オープンカー倶楽部関東突発OFFとして、こんなのを実施しました。

https://minkara.carview.co.jp/group/opencarkanto/bbs/10946234/429/

そもそもの経緯としては、前日5月5日(祝)に夜中目が覚めて、眠れず、ちょっとドライブに行ったのがきっかけです。
ガソリンを入れて、汐留駐車場で洗車をして、ふらっと下道でお台場方面へ出たところ、朝日が美しく、風も心地よく、交通量も皆無に近く、広い道路を我が物顔で走ることができ、非常〜〜〜〜〜に!気持ちがよかったのです。ゆっくりマイペースに走れる、そしてゆっくりでも楽しい、早朝のお台場でのオープンカーは最高だ!と心底思いました。

これはオープンカーでないと味わえない喜びだと思い、ぜひ倶楽部の皆さんにも共有できればと、ツーリングのコースとして仕立てあげて、突発OFFとして募ってみました。出発が午前4時40分なのに対して、掲示したのは前日午後10時。結構な突発だと思いますよ?



うわー、りえすぱさん、ごめんなさい!

何分、僕が適当に走って感銘を受けて、エイヤッで仕立てたコースです。ツーリング用としてどうなの?ということもあり、「テスト走行」ということにしました。ここで得られたフィードバックを元に、しっかり仕上げていきたいと思ったからです。りえすぱさんとは、本チャンでご一緒できれば・・・!

コースはこんな感じ。



4:25AM頃 イタリア街集合
※首都高からはC1新橋又は汐留出口が最寄り。
4:40AM イタリア街出発
(4:45AM 日の出)
4:48AM レインボーブリッジ
5:06AM 東京ゲートブリッジUターン
5:32AM 羽田空港国際線ターミナル駐車場最上階到着・一旦解散
6:30AM 有志で朝食・談笑後、解散

というスケジュールです。あまりガッツリ走らず、ゆっくり適度に走って、ドライブを満喫して、朝食を摂るという、健康的な感じです。

「最少催行人数 1名」とある通り、ぶっちゃけ、誰も来ると思っていませんでした。しかし・・・



会長さん!

そして・・・



KENTAROUさんからも(不参加ですが)熱いメッセージが!

これは、エンゼル♂さんと2人かなーと思っていたら・・・







M2さん「来ちゃいました」

ということで、3名でイタリア街を出発です。



当然僕が先導車です。竹芝駅までは近いけど、ナビに任せるつもりでした。

ナビ「右方向です」



右、右・・・ファッ!?

左折しました。そこから先は、僕の苦手な汐留です。



(いつも思いますが、)なんなのコレ・・・

おかげで、余計にぐるぐる周ってしまいました。お二方、スミマセン・・・



ここを右折すれば、竹芝駅です。ここまで来れば安心。左クランクが1回あることを除き、直進すればレインボーブリッジです。



この先レインボーブリッジ。下道だと-270度方向を転換するためのループがあるのが楽しいです。



直進して東京臨海アンダーに入ります。



突き当りを右折で、羽田空港方面へ。前方にはC5 Corvetteが!カッコいい!!!!



東京ゲートブリッジへ行くので、青海トンネルをくぐります。



不安的中。ゴールデンウィークですが、一応平日。こんな早朝から大型トラックが走っています。



この先も直進して、トンネルで運河?を越えます。



Corvetteカッコいい!!!







マツダ FD3Sと同じくらいカッコいい!!!

東京ゲートブリッジは、この先を左折。



この広大な道路、土地、大量の山積みコンテナ、交差点の形状、交差する道路との間の金網、ここにアメリカ西海岸を感じます。



下道からしか行けない名所、東京ゲートブリッジに登ります。





結構高い所を走っています。カメラには映っていませんが、左手を見ると臨海副都心を一望できます。夜景も素敵ですが、朝焼けに染まる臨海副都心も格別ですよ。



東京ゲートブリッジ下り坂。正面に、葛西臨海公園の観覧車が見えます。



東京ゲートブリッジを下りたところで、羽田空港に向かってUターン。東京ゲートブリッジにはもう一度上ります。
M2さんは、ここで直進して帰られました。オープンカーだと大きく手を振ることができて、良いですよね。

左手に見える広大な土地は、廃棄物処理場のようです。



この風景にも、アメリカ西海岸を感じます。



ちなみに、ここを左の側道へ逸れて、臨海副都心方面へ右折する際の風景も、アメリカ西海岸風で良いです。ちなみに、こんな感じ。(帰りの映像から。)



ものすんごく、アメリカ西海岸!!

さて、トンネルを抜けて、大田市場前。バックで前進するフォークリフトが斬新でした。



大田市場の先を左折。その先しばらく道なりの後、最終目的地である国際線ターミナルに向かって右折します。



到着〜!





背徳感ゼロの、健康的な朝ラーメン!@せたがや



この後、駐車場にて解散しました。

天気予報は晴れだったのに、雲が厚く、朝日が出てこなかったこと、平日のせいか、交通量が多かったことが、バッドシナリオだったと反省しています。

これらも踏まえ、このテスト走行から本チャンに向けての改善点としては、以下の通りで考えています。

◎より高い確率で晴れる日に開催する。梅雨明けあたりで。
◎はたらくくるまが居ない日を選ぶ。日曜・祝日。
◎お台場スルーは少し味気ないかも。レインボーブリッジ通過後、東京臨海アンダーを通らず、フジテレビ横〜テレコムセンターをぐるっと周ってもよいかも。
◎イタリア街はオシャレでいいけど、集合場所とすると気を遣うし、台数が多くなるとチトきつい。芝浦埠頭あたりの集合の方がベターかも。
◎国際線ターミナルをトンネルで横切るにあたり、羽田トンネルはニオイがきつい。Uターンして北側のトンネルを使った方が良い。



とはいえ、臨海副都心での朝ドラ自体、とても気持ちが良いもので、今回もそれなりに満足度が高いです。天気と交通量が5月5日並だったらパーフェクトでした。

突発、しかも早朝でしたが、お付き合い頂きましたエンゼル♂さんとM2さん、本当にありがとうございました!
Posted at 2016/05/06 21:03:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2016年04月04日 イイね!

本当にやるべきことをやるために、やらないことを決める、ということ。

僕はフェアレディZロードスターを愛しています。Zは昔から僕にとって特別なクルマで、思い入れがいっぱいあります。
ツーリングでたくさんのクルマと並べても、「やはりウチのZはサイコーだな」とか内心思っています。いや、顔に書いてあると思います。すみません。それくらい好きなのです。Zバカです。人生で最も愛したクルマになる可能性が非常に高いです。
(親の気持ちって、こうなんだろうなぁ。)





で、

まさに愛車であるフェアレディZですが、手離すことにしました。


大事なことなので、もう一度言います。


愛車フェアレディZを、手離すことにしました。



昨日300円で首都高を 板橋本町入口->5->C1->11->B->9->6->C2->B->大黒PA->K5->K1->1->C1->1->B->C2->西池袋出口 と120km、単身走ってきたのも、最後にふさわしいドライブを、という思いです。





手離す理由は、環境の変化ですね。
Zは僕にとって、とてもとても大切なクルマです。
しかし、それよりも大切な人ができました。


今度、引っ越す予定です。
契約したのは東京23区内の新築・最上階・南向き・角部屋・2LDKの物件。現在住んでいるマンションと同じ駅が利用可能な比較的近所で、彼女の実家にも徒歩圏内な場所を選びました。
その中の一番狭い部屋に、僕の持ち物は全部収めるつもりです。
現在住んでいる物件は、単身向けとしては広めなので、新居で収納を頑張るには、相当断捨離をしないといけません。

そうやって、自分のエゴを抑えて、相手を思い遣ること。これが、僕が今本当にやるべきことなのだろうと、思っています。



人ひとりが出来ることというものは有限です。なので、僕は、やるべきことをやるために必要なことは、やらないことを決めることだと考えています。

Zの維持費は、燃料、洗車、コインパーキング、高速道路など、変動費が月4万円。僕は平日は電車通勤だし、朝から晩まで仕事なことが多いので、週末に月4〜6回乗れれば良いかなというところ。そして、乗ろうと乗るまいと、自動車税と月極駐車場代と任意保険料が固定費として別途かかってきます。
3ヶ月で5,000km走っているので、1年半もすればタイヤ交換でまた20+万円。
ざっと計算すると、年間で60回ほど運転して、コストは81万円です。駐車場代は結構ケチっているのですが、それでもコレ。 

まぁ、北米向けに開発されたZとて、国産車ですので、外国車のスポーツカーの維持費と比べたら、まだ安価だろうとは思いますが。

所得というものを大っぴらに語る行為は品がないと思いますが、本記事における説明の一環として補足しておきますと、僕は、同世代の中では、圧倒的に稼いでいる方です。僕は30代前半ですが、30代の男性の年収の分布において、ポジション的には上位5%のレンジに該当します。

なので、東京23区の駅近に住み、比較的不自由の無い(というか、どちらかと言うと自由気ままな)生活をしながら、クルマ2台を維持できます。
ただ、これは独身として出費をコントロールできているからだと、僕は思うのです。

これから新居の家賃やら生活費やら冠婚葬祭やらで、今後バースト的に出費が嵩むと睨んでいます。
しかし、相手には、心理的にも金銭的にも負担をかけたくありませんし、むしろ出来るだけお金をかけてあげたいとも思っています。



自分のエゴを抑えて、相手を思い遣るにあたり、僕はやらないことの一つとして、大好きなZに乗らないことにしました。
これで年間50万円くらい浮くと思われますが、これは相手のために使うなり取っておくなりしようと思います。

Zは、結果として中古買取相場の1.7倍程の値段が付きました。これは僕が業者さんとの駆け引きに勝ったというだけですが・・・
指輪を購入する際の足しにでもしようかなと思います。


OCCK第5回定例会にて。たいしょう@SLK350さんに撮影して頂きました!


以上は、全て自分の意思でやったことです。決断ではなくロジカルな判断なので、迷いや後悔などはありません。
彼女には事後報告しました。彼女もまた、とても驚いてはいたものの、僕の考えと行動の重みを感じてくれていました。

今後はオープンカーのミーティングにしても何にしても、彼女共々、もう一台のマイ・オープンカーである黄色いコペン・ローブSで現れます。
Zと違って加速でもたつくことがあるかも分かりませんし、惚れ惚れするほど美しい!!(と僕が勝手に思っている)Zに比べたらお目汚しになるかもわかりませんが、引き続き変わらぬお付き合いの程、どうぞ宜しくお願い致します。


写真は独りドライブの道中、クルマから離れる際に撮ったものなのでクローズドですが、ミーティングにはぜひオープンで!


最後に。日本を代表する、長い歴史と伝統をもつスポーツカーの一つであり、世界にファンをもつフェアレディZ。その希少なロードスターに乗ることができたことを、僕は誇りに思います。将来また僕の元に来るZに出会えることを、楽しみにしています。

Posted at 2016/04/05 01:05:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | 愛車 | 日記

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] 2018年07月22日03:58 - 17:58、メーター上の走行距離は521kmでした。ワインディングではオイルの温度が危険な感じに。あとコーナーでいちいち後輪のスキール音を立てていたのは僕です。」
何シテル?   07/22 20:49
キースです。スポーツカーのお尻を追いかけるのが好きです。(女性のそれは 一 切 追いかけません。きわめて健全・道徳的・模範的です。) 山手線ターミナル駅ま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

* 一緒にTRGしたことのある方
* オープンカーの方 -> オープンカー倶楽部関東へどうぞ
* フェアレディZロードスター乗りの方で、大黒や辰巳などでお会いしそうな方。
* 富士や茂木へSuper GTを観戦しに行かれる方
31 人のお友達がいます
kurobei3kurobei3 * KENTAROU.KENTAROU. *
シトちゃんシトちゃん ブレザー24ブレザー24
pan-daapan-daa ととちととち

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ ロードスター ONE of 798 (日産 フェアレディZ ロードスター)
舌の根も乾かぬうちにとはこのことかもしれません。 2009年から2013年の5年間生産 ...
メルセデス・ベンツ Bクラス Bクラスさん (メルセデス・ベンツ Bクラス)
ファミリーカーです(もうすぐ子供が生まれるので)。何の前触れもなく突然、義理の親が買って ...
日産 フェアレディZ ロードスター ぎんいろロードスターZ (日産 フェアレディZ ロードスター)
かねてより惚れ込んでいたクルマ。 今となってはZ33とZ34とで悩ましいフェアレディZ ...
ダイハツ コペン コペ太くん (ダイハツ コペン)
コペン・ローブS  ジョーヌ・イエロー。レカロ,モモステ,ビルサスは標準装備。 もう1 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.