• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アルトFRくんのブログ一覧

2020年03月29日 イイね!

昨日は楽しめました。

昨日はトラブルも無くてガレージ山根走行イベントを楽しめました。昼からタイムアタックやドリフトコンテストをしました。良い結果に満足して帰りました。





Posted at 2020/03/30 00:05:39 | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年03月28日 イイね!

明日は

明日はガレージ山根走行会が備北サーキットであるみたいですね。
Posted at 2020/03/28 07:11:53 | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年03月27日 イイね!

桜咲く季節になりました。

Posted at 2020/03/27 01:35:09 | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年03月26日 イイね!

昼ラーメン

昨日は一風堂ラーメン行きました。





麺は細麺で汁は濃厚で美味しった。
Posted at 2020/03/26 07:13:23 | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年03月25日 イイね!

DAIHATSUリーザ記事。オプション

リーザターボOXY-R【ManiaxCars】
ショートホイールベースでよく曲がる。一代限りで消えた孤高の軽スポーツ!
 

ミラに似て、いえばTR-XXに匹敵するホットモデル。高回転域でターボパワーが炸裂する!

 

リーザは1986年に乗用5ナンバーL100Sと、商用4ナンバーL100Vが発売されたリーザは、前年登場した2代目L70系ミラベースのスペシャリティクーペ。
89年1月のマイチェンで、スポーティグレードとして550cc直3SOHCキャブターボ(EB20型50ps)を載せるTR-ZZと、電子制御インジェクション仕様(EB26型64ps)搭載のTR-ZZ EFIがラインナップされた。
90年3月、排気量アップ(550→660cc)や全長拡大(3195→3295mm)といった軽自動車の規格変更に伴い、ミラがL200系にフルモデルチェンジ。リーザは半年後の90年8月にベースがL70系ミラのまま、パワートレインのみL200系ミラのモノに一新され、メーカー純正ニコイチ仕様(笑)とも言えるL111Sに進化。同時に乗用5ナンバーモデルに一本化された。
そんな生い立ちを持つリーザに取材車両のOXY-R(オキシ―アール)なるグレードが追加されたのは91年1月のこと。そこで搭載されたのが64ps/9.4kgmを誇るEF-JL型エンジンだ。
L200系ミラTR-XX譲りとなるこのエンジン、SOHCターボにして4バルブヘッドを持ち、7500rpmで最高出力を発揮するかなりの高回転志向。後に登場するDOHCターボのEF-DETですら6400rpmで64psなのだから、いかにEF-JLが高回転高出力型か、わかるというものだ
ちなみにEF系エンジンは22種類もの展開を誇るが、EF-JLの7500rpmという最高出力発生回転数は、EF-VE(58ps)とEF-VD(60ps)の7600rpmに次ぐもの。NAのDOHCに肩を並べる回転数で最高出力を発揮するSOHCターボって、もうそれだけでワクワクしてくる。

 


 

タービンはIHI製VQ20・B3。もしかしてストーリアX4みたいに、アクチュエーターロッドが調整式でブーストアップ出来たりして…と思ったが、どうやらそうではないようだ…。

 

もはや見かけることがほとんどなくなったリーザを前にして、まず思ったのが「ボディ小さ!」ということ。さすが旧規格の軽自動車…というよりも、基本は前後バンパーを大型化することで帳尻を合わせた旧々規格のボディなのだから、そう思うのも当然だ。

 

タマゴのようなフォルムはスタイリッシュ。しかし、よく見るとBピラーまでは伸びやかなのに、それ以降は“寸詰まった感”を醸し出していて、実は真横から見ると微妙にバランスが崩壊しているあたりが堪らない。

 

と、外装を眺めながらアレコレ妄想を膨らませてるところで、あることに気がついた。「リーザって、もしかしてホイールベース短い?」と。調べてみるとリーザのそれは2140mm。ベースのL70系ミラが2250mmだから、まず110mmも短い。
さらに、その数値はバリバリのスポーツモデルであるビートの2280mmやAZ-1の2235mmはおろか、スバルR1の2195mmさえも上回る…いや、下回る(か?)もので、リーザより短いのはカプチーノの2060mmくらいなもの。
ダッシュボードのデザインを始め、フルドアトリムが採用されるなど、軽自動車にありがちなチープ感を払拭。助手席側はエアコン吹き出し口までを覆うパネルがコンソールボックスの蓋になっている。ステアリングは変更されていた。
黒に赤い文字がスポーティなメインメーター。タコメーターは1万rpmフルスケールで、8000rpmからがレッドゾーンとなっている。水温計が左下に、燃料計が右下に配置される。センターコンソールは上からエアコン吹き出し口、マニュアルエアコン操作パネル、1DINのオーディオスペース。良き古き時代の軽カー^_^

 


Posted at 2020/03/25 00:39:42 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「猫ちゃんかわいいですね。」
何シテル?   12/31 00:43
アルトFRくんです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

昨日のドライブ「プロバイル」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/03 00:00:07
"スズキ アルトワークス"の愛車アルバム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/28 12:16:30
スズキ(純正) サスティナステッカーボム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/27 09:32:16

愛車一覧

スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
エブリーワゴンに不満は無かったのですが…一目惚れして突然の衝動買いをしたアルトにドップリ ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
もう一台アルトワークスを購入しました。カラーは26Uのホワイトのエアロ付き。 RHF31 ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
アルトワークスを昨年11月18日に購入 タービン交換して100馬力仕様 2015年11月 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.