• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もーるすのブログ一覧

2018年08月02日 イイね!

【散財日記】コーナーポール用ステーを手に入れたので、フラッグホルダーを買ってみた

【散財日記】コーナーポール用ステーを手に入れたので、フラッグホルダーを買ってみたコーナーポール、通称「下手くそ棒」とも呼ばれる車両の見切り性を高める装備ですが、この棒に旗を括りつける為の2つの輪っかが付くと、あら不思議!「下手くそ棒(笑)」から「フラッグホルダー」へと華麗にジョブチェンジするのです!

そうです!これはあくまで旗をたなびかせるための棒で、車両感覚が乏しいのを補助するための棒じゃないから恥ずかしくないもん!なのです!!(詭弁)


フラッグホルダーを装備したW108/W109

実際のところ、190Eはコンパクトな上に、車体形状からも見切り抜群なので、要らないっちゃ要らないのですが、黒塗りのセダンといえば旗棒なので、入手の機会があれば試しに付けてみたいとは思っていました。


W201用コーナポールステー

そんなコーナーポール用のステー、それも190E向けの新品を手に入れたので、フラッグホルダーを探していたのですが、どうも国内の角目メルセデスに付いていたポールって、メーカーの日本法人が独自に作らせていたもののようで、海外にはほぼ流通していません。

ステーに付属していた取説からもそれが伺えます。






この国内仕様のポール、中古品を手に入れてみたのは良いものの、あんまり見た目にピンと来ません。先端のスターがやたら大きい上に、そのスター自体も樹脂製のようで、どうにも安っぽいです。


W201用のフラッグホルダー

そこで、本国仕様のフラッグホルダーはないのかなと、試しに探してみたらあったので、とりあえず買ってみました!


お世話になってる部品商さん経由でドイツから取り寄せたホルダー

品番が120から始まっているので、元々はW120(通称ポントン)用だったみたいですね。ちなみに写真だと分かりにくいのですが、ポールが根本部分に対して若干傾斜しています。これは仕様なのか、傾きを調整可能なのかは、部品商さんに調べてもらっている最中です。


フラッグホルダーが取り付けられているポントン


本来は、台座を車体に直付けにするようです。


台座の方は既に供給終了で入手できませんでした。(写真は拝借してきた物です)


上から国内仕様のW126/W124用(多分)、W201用、本国仕様の120品番


ステーから、上に出る部分の長さ比較


120品番は先端のスターも随分と小さめ

国内品と比べると、かなり小ぶりではありますが、全体の造りや見栄えは120品番の方が良いです。

しかし、試しにステーにホルダーを取り付けてみようとしたところ、ホルダーをボルト止めする為の穴の径がM10なのに対して、ホルダーのネジ径がM8となっているおり、このままではキチンと固定出来ないと判明!

ちょうど良いアダプターは無いかといろいろと調べた結果、支柱のネジサイズや寸法などを細かく指定の上、一本から発注できるサイト見つけたので、M8→M10になるように指定して発注しました。

円形支柱 片端おねじ片端めねじ (直径20mm、円柱部分40mm、おねじM10、めねじM8)

ついでに樹脂製ワッシャーとゆるみ止め機能があるスカートナットも同じサイトで注文しました。

極薄樹脂ワッシャ(M8、直径20mm)

極薄樹脂ワッシャ(M10、直径20mm)

スカートナット(M10)


樹脂ワッシャが透明で見にくいですが、右からホルダー本体、樹脂ワッシャ(M8)、円形支柱、樹脂ワッシャ(M10)、スカートナット(M10)


円柱を組み合わせると、国内仕様のW201用ホルダーとちょうど同じくらいの全長になります。


ステーまで組み込んだら、こんな感じ


スカートナットは通常のM10ナットより、若干頭部分が小さいので、作業性もGoodです。


旗のサイズは、東京製旗の卓上旗が16×24cmで、ちょうど良い大きさでした。

車に取り付けたら、また写真をアップしてみたいと思います。





Posted at 2018/08/02 15:57:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | 190E | クルマ
2018年07月07日 イイね!

グリルバッジのすゝめ

グリルバッジのすゝめ一昔(というか、もはや二昔くらい前かもしれません)までは、JAFのバッジを付けた車を結構見かけたものですが、近頃はグリルバッジを付けている車をすっかり見なくなってしまいました。

オリジナルの雰囲気は壊したくないけれど、一方で外観に差別化を持たせたい自分にとってグリルバッジは愛車に華を添える大事なアイテムです。またネットオークションでいろんな意匠のバッジを見ているだけでも結構楽しいです。

そんな訳で、今回は愛車にグリルバッジを付ける人が増えるよう、少ないながらも手持ちのコレクションをご紹介してみたいと思います。

まず、メルセデスといえば、オーナー表彰制度で贈呈されるマイレージバッジです。



10万キロ表彰バッジ

このバッジは、ひと世代前のバッジで、現行のバッジとはデザインが異なります。


現行のバッジはこんな感じ

二つ目は、時期は不明(90年台初頭?)ですが、恐らく本国向けの表彰バッジです。


同じく10万キロ表彰バッジ


MADE IN GERMANYの刻印あり

日本向けの表彰バッジと比べると結構大きさが違います。


日本向けの直径は60mm


本国品の直径は74mm


日独比較

エナメルの質も含めて外観は本国品のほうが立派ですが、自分の190Eに取り付ける場合は、車体色が黒であることやグリルが小さめであることを考えると日本向けのバッジのほうが似合っているかなと思います。

三つ目は、イギリス王立自動車クラブ(Royal Automobile Club、略称:RAC)の創立100周年記念バッジです。



バッジの中央にはエリザベス2世陛下の肖像付き


製造元は英国王室御用達のToye, Kenning & Spencer

メルセデスよりは、むしろデイムラーやジャガーにお似合いのバッジですが、デザインに惹かれたので、入手してしまいました。


横幅は71mm

四つ目は、ザルツブルク自動車クラブ(Salzburger Automobil-, Motorrad und Touring Club 略称:SAMTC)のバッジです。



多色のエナメルで飾り立てられていて、大変華やか


直径は83mm

このバッジは、以前に280CEに乗っていた際に白いクーペボディに映えるものをと思って手に入れました。


W123の大きめのグリルであれば、大振りなバッジもよく似合います

なお、グリルバッジは取り付け位置の都合上、飛び石を貰う可能性が非常に高いので、プロテクションシールを両面に貼り付けてから、グリルに取り付けるようにしています。


自分が使っているDAYTONAのハイプロテクションシール

五つ目は、ブレーメン自動車クラブ?(詳細不明)のバッジです。


バッジ中央はブレーメンの紋章

直径は小ぶりで55mmくらいです。前出のSAMTCのバッジだと、190Eには少し大きく感じられたので、小さめのものを探していたところ、ちょうどブレーメン工場製である我が愛車にピッタリのバッジを見つけたので購入しました。



もう少しバッジが大きくても良いかなと思わなくもないですが、これはこれで控えめでよろしいかなと

どうだったでしょうか?グリルバッジはお手軽に交換可能な上に、愛車の外観におけるワンポイントになるので大変オススメです。

気になった方は、ヤフオクにJAFや各国のバッジが数多く出品されていますし、ebayでも「RAC Badge」や、「ADAC badge」(※ADACはドイツ自動車連盟の略称)などで検索すると大量にヒットするので、ぜひ愛車にお似合いの一品を探してみてください。


最後に手持ち4枚のバッジ
Posted at 2018/07/07 19:09:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2018年07月03日 イイね!

【散財日記】純正リアサンシェードを海外転送サービスを使って個人輸入してみた

【散財日記】純正リアサンシェードを海外転送サービスを使って個人輸入してみたここのところ、長期入庫の影響で愛車でのドライブが出来ていないストレスをネットオークションで発散しがちになっており、少々まずい傾向にあります(苦笑)

さて、海外オークションサイトでお買い物をする際に困るのが、欲しい商品に限って日本向けに発送してくれないという問題です。以前にはebayでの出品物を代理購入してくれるセカイモンを使ってみました。

しかしながら、このセカイモン、お手軽に購入できるのは大変なメリットなのですが、購入代金に一定のパーセンテージ(通常15%!)で手数料を取られてしまうので、安価なものならともかく、高価格品の際には手数料がバカになりません。

そこで、手数料が割高になりがちな完全おまかせの購入代行業者ではなく、荷物を現地の配送センターに送れば、日本へ転送してくれる海外転送サービスを探してみたところ、『malltail』が日本語対応でホームページも見やすかったので、使ってみることにしました。


https://jp.malltail.com/

細かい流れはmalltaillのホームページで確認いただくとして、大まかな流れとしては以下のような感じです。

・海外サイトでの購入品の配達先をmalltailから指定された住所(現地の配送センター)に設定する

・malltailのサイト上で所定の手続き(商品情報、日本での配送先などの入力)をする

・商品が配送センターにつくと検品の上、送料が計算されて支払い請求がおこなわれる

・クレジットカード等で決済が完了次第、荷物が日本向けに発送される


セカイモンと比べれば煩雑ではありますが、高額品を購入する際には、トータルで見ると手数料が数千円単位で変わってくるので、安価なものでなければ個人的には海外転送サービスの方が良いかなと思っています。

さて、この海外転送サービスを使って、今回個人輸入したのがW201(190E)用の純正リアサンシェードです。


画像は借り物です


実際の荷姿はこんな感じ


オプションで再梱包を依頼してしていたこともあり、結構厳重な梱包でした

なお、今回のmalltailへの支払ですが、以下の通りとなりました。

 転送サービス料金: USD 54.70 ※DHL配送で重量2.0kg扱い(実測重量1.6kg)
 再梱包オプション: USD 3.00
 支 払 合 計: USD 57.70



品番はB66688308です


ようやくご開帳


同封の取扱説明書

我が愛車には同様のリアサンシェードが装備されているのですが、これが純正品なのか社外品なのか分からずモヤモヤしていたので、ebay上でデッドストック品が出ていたのを見つけてしまった結果、思わずポチってしまいました・・・。


リアサンシェード未展開時


リアサンシェード展開時


車内からの様子

届いたデッドストック品を確認したところ、愛車に着いているサンシェードと色は異なるものの同一形状であったので、愛車にはちゃんと純正品が装着されていることが分かり、スッキリしました♪

ただ、このブログを書きながら、これって別にデッドストック品を実際に買うまでしなくても、ディーラーの古株の方に聞いてみれば、それで判明したんじゃないかと思ってみたり・・・。

ま、まあ、今着いているサンシェードもいつ壊れるか分からないですし(震え声)、ひとまず予備品として大事に保管しておきたいと思います。
Posted at 2018/07/03 15:49:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | 190E | クルマ
2018年06月17日 イイね!

『メルセデス・ベンツ190E自動車専門誌レポート集』ウエスタン自動車(株) ~その3・完~

『メルセデス・ベンツ190E自動車専門誌レポート集』ウエスタン自動車(株) ~その3・完~さて、3回に渡ってご紹介してきたレポート集ですが、今回で最後となります。

レポート集のトリは、一回目のブログで触れたリバイバル記事と同じく徳大寺先生です。まあ、つまりこれがあったのでこのレポート集をブログのネタにする気になったわけです(笑)

一連の各社レポートでは、共通して「ハンドリング」と「乗り心地」をかなり高く評価しており、市販車として世界で初めてマルチリンクを採用した190Eとしては面目躍如といったところですね。

しかし、レポートとは全く関係ないのですが、プレイボーイの紙面に「SEXYパフォーマンス・クイズ」の当選者が実名で掲載されているのには時代を感じさせます。はたして一体どんな内容のクイズだったのやら・・・。

(Car and Driver)



(プレイボーイ)



(ベストカー)



(裏表紙)


おわり
Posted at 2018/06/17 15:58:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 190E | クルマ
2018年06月16日 イイね!

『メルセデス・ベンツ190E自動車専門誌レポート集』ウエスタン自動車(株) ~その2~

『メルセデス・ベンツ190E自動車専門誌レポート集』ウエスタン自動車(株) ~その2~さて、昨日の第一回に続いての第二回ですが、分量的に全三回となりそうです。

今回取り上げた範囲では、同クラスの他車種との比較が多く含まれているのが特徴的でした。今となっては5ナンバーサイズのセダンなんて完全に絶滅危惧種ですが、当時はこれだけあったんですねえ・・・。

やはり最近では需要がないということなんでしょうか、いまやトヨタとホンダから細々と供給があるくらいになってしまいました。

そして、なんとタイヤサイズが慎ましいことか(笑)軒並み14~15インチで扁平率も精々60くらいまでです。これを見ると当時の車と比べたら多少重たくなっている傾向があろうとはいえ、やはり最近の普及帯にある車のタイヤサイズはどうにも過剰な気がしてなりません。

(GORO)


(モーターファン 1985.2)


(オートクラブ)


(月刊自家用車DELUXE)


(モーターファン 1985.1)


つづく
Posted at 2018/06/16 13:53:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 190E | クルマ

プロフィール

「[パーツ] #190シリーズ シリンダーヘッドカバー https://minkara.carview.co.jp/userid/2630432/car/2196562/9444795/parts.aspx
何シテル?   09/22 10:45
小ベンツに首ったけ。it's a small mercedes!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

W124カブリオレにオートライトを付けてみた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/30 11:07:24
室内収納 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/11 16:46:24
ドア上部異音その後! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/22 13:42:25

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ 190シリーズ メルセデス・ベンツ 190シリーズ
5ナンバーサイズながら剛性感たっぷりのソリッドなボディに、直6エンジンをFRで積み込んだ ...
メルセデス・ベンツ ミディアムクラス クーペ 280CE (メルセデス・ベンツ ミディアムクラス クーペ)
昭和59年初登録の280CEです。 今どきの車とは明らかに違う濃厚な機械を操縦している ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.