• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徒歩7分1000歩のブログ一覧

2018年09月16日 イイね!

福島県の道の駅2駅。

福島県の道の駅2駅。

予定では今日は岩手県盛岡市へ行こうと思っていたのですが、早起きしたのにまさかの2度寝により近場の道の駅へ変更になりました(笑)

最近は涼しくなってきて、布団からなかなか出られないんですよね😪

とりあえず道の駅カードを入手していない所へ行こうと考えまして…まずは、

alt

福島県福島市にある『道の駅 つちゆ』です。

北に行けば土湯温泉、西に行けば猪苗代方面へ通じる道での休憩場所ですね。

alt

ここからは結構離れていますが、『吾妻山』の噴火警戒レベルが2に先日上がりましたから、浄土平へのドライブは当分お預け。

10年近く行っていなかったので久しぶりに行ってみようかなぁと思っていたんですが、自然相手ですから仕方ないですね。

alt

あいにくの曇り空ですが、眺めは良かったです。

ここへ来る時にカーナビを設定して出発したんですが、指示通りに走ると『目的地付近に到着しました、運転お疲れさまでした♪』といつものアナウンス。

ですが、目の前には階段しかないんですよね(笑)

ゴメンよ、私の車はジムニーじゃないんだと思いながら道の駅周辺を1周して到着しました。

alt

バイク乗りの方が多かったです。

平均年齢は高めのようでしたが、ツーリングに良い道なんでしょうね(^^)

こういう歳の重ね方、素敵だと思いました。

alt

雨がポツポツと落ち始めたし、次の目的地で昼食をとるつもりだったので早めの退散。

alt

ちょっと腹ごしらえにと買ったパン。

サンドリヨン…フランス語でシンデレラですね。

製造者が秋田県北秋田市とあり…、何故にここで秋田?と思いつつちょっと調べてみると、ライ麦を使った少々マニアックなパンを作ってるみたいで。

ちなみにこのパンの名前は『シンデレラスライス』。

スライスしちゃダメでしょう(笑)

でも好きな人は好きそうな風味のパンでした。

『ロシア黒パン』も食べましたが、硬くて酸味がちょっとあって腹ごしらえよりはお酒🍷と一緒に食べたくなる感じでした。

alt

次の目的地はこちら。『道の駅 伊達の郷りょうぜん』です。

りょうぜんを漢字で書くと『霊山』。

標高825mの山が近くにありまして、名前からするとちょっと怖そうな印象を抱きますが日本史で出てくる南北朝時代由来の遺構があるんだそうです。

alt

駐車場を探してグルグルしたものの空いておらず…

altalt

臨時駐車場として開放されていた国交省の施設内へ駐車。

少し歩くことになるので、こちらに止める人はいないようでしたw

alt

今年の3月にオープンしたばかりなのできれいですね。

この写真は帰る時に撮ったものなので駐車場が空き始めています。

ジェラート屋さんが長蛇の列でした。

alt

トイレの占める割合が大きいように見えますが…実際間違ってはいないかも。

alt

ここの売りになっている『伊達鶏バーガー』は残念ながら売り切れ。

お土産の方を見ると、美味しそうな桃がたくさん並んでいました😋

それから…

alt

休憩スペースにはこの像が。

平安末期から鎌倉時代を生きた伊達朝宗だそうです。

会津へ行った時もキャラクターを作っていましたから、観光需要の掘り起こしには効果がある方法なのかな?

alt

言われてみれば伊達市、名前の通り『伊達家』に由来があるんですよね。

北海道にも伊達市がありますから、後世に名を残したという点では伊達家は上手くいった方なのかもしれません。

このアニメの制作は『福島ガイナックス』とあり…ちょっと調べてみますと親会社が変わって社名が変わったようなんですが、拠点はというと『福島県田村郡三春町』……………ふむ(笑)

alt

ガイドマップも徹底してますね。

今回のタイトル画像に使ったのは、ここで買い物をすると入れてもらえるビニール袋です。

お土産でもこの『政宗ダテニクル』のスペースがありましたから、人気があるのかな😊

まぁ私の場合は信長の野望をやる時に伊達家を選んで、近隣の相馬・南部の両家に勝てずに終わるパターンです(笑)

alt

道の駅のガイドブックもありました。

福島県では33番目の道の駅で、現時点では最後発だけに気合が入ってますね!

alt

昼食をここのレストランでとりました。『伊達鶏ラーメン(700円)』

昔ながらの醤油ラーメンといった感じで、優しいお味でした😋

alt

お土産に買った『福島りょうぜん漬』

キュウリがメインの漬物ですが、醤油やエゴマ、リンゴ果汁等で味付けされています。

どことなくザーサイっぽい風味があって、ご飯🍚が進みます😋

alt

今回買えた道の駅カードは1枚だけ。

『りょうぜん』ではまだ無いそうなので、また来て入手したいですね。

帰りは道の駅の目の前にある『霊山IC(まだ仮の状態)』から東北中央自動車道を使って相馬方面へ抜け(約45kmの自動車専用道路ですが無料(゚д゚)!)、そこから常磐自動車道で北上して帰宅しました。

今度は2度寝しないように気をつけます(笑)

Posted at 2018/09/17 03:08:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 道の駅 | 日記
2018年09月09日 イイね!

化女沼。

化女沼。

土器と陶磁器を楽しんだ後は、『化女沼』です!

と言いますのも今年の5月末、『伊豆沼』へ行ったというブログにて…「話題になった沼が宮城県には1つある」と記していました。

いつか行ければ、と思っていた場所でしたので、天気が悪いなか(むしろこれが良いのかもしれませんが)行ってみました。

宮城県加美郡から大崎市まで約40分くらいのドライブです。

alt

到着しました。

車は数台止まっているものの、非常にひっそりしています。

『化女』という名の付くくらいですから、何か由来があるのかというと…

alt

こういうお話。

化けて出てくるといった話ではないので、それなりに安心して沼見物ができますε-(´∀`*)ホッ

alt

話の中に出てくる長者の娘というのが照夜姫。

できれば『化粧沼』説の方であっていただけるとありがたいです。

ダム湖はというと…

altalt

蓮の花が見頃を終えて、水は濁り気味。

伊豆沼もそうでしたが蓮の花が満開の頃に来ると、「極楽浄土にいるみたい」とか思うんだそうですね。

alt

川の水源でもあり、治水ダムでもあり。

ダム自体は『ラムサール条約』登録の湿地になっています。

歩道を進むと…

alt

蓮の葉がまだ残っています。

葉だけかと思ったら…

altaltaltalt

数本咲いてました(´▽`)

水面からちょっとだけ顔を出しているようにも見える蓮の花…これを見た時、私はターミネーターの『I'll be back』を思い出していました(笑)

蓮の花が満開になると見に訪れる方が増えるわけですが、実は蓮は水中の生態系を変えたり水質を悪くしたりすることもある植物で、沼の管理をする側にとっては素直に喜べないものなんだそうですね。

黄緑に染まった沼を見ていると分かるような気もします。

でも満開の蓮の花も見たい…悩ましいところですね((+_+))

alt

『化女沼龍神』という神社があったので参拝しました。

小さいですが、とてもきれいに管理されています。

来た道を引き返し…

altalt

ダムの管理事務所を兼ねた、『観光資料館』を見学。

入ってみると例のごとく貸し切り状態。

alt

車を数台止められるくらいのスペースはあります。

ガラコのせいか、フロントガラスが青っぽく見えるのは気のせいかな?

雨粒がそれなりの大きさだと走っているだけで「ツーッ」と流れていくのが楽しいです。

それからミラーに塗った方のガラコはびっくりですねΣ(゚Д゚)

全然濡れてないので雨でもクッキリハッキリ見えます。

もっと早くにするべきでした。

altalt

伊豆沼の資料館に比べますとこぢんまりとしていますが、展示物の手作り感が良いですね。

決して予算が潤沢には無かったんだろうなぁと、ひねくれた見方をしてしまいますが、そこを努力でカバー。

書いててスズキ車を思い浮かべる(笑)

管理事務所のある所から少し車を走らせると…

altalt

下に行ける階段があったので車を止めます。

altalt

近くで見ると水質云々の話、やっぱり分かる気がします…。

でも蓮の花があることで出来上がった生態系もあるんでしょうから、否定もできないんですよね。

この階段の近くには…

alt

これがあります。

alt

廃墟の遊園地ですね。

雑草が生い茂り、朽ちた遊具に雨が打ち付ける。

かつて『化女沼レジャーランド』があった場所でして、見ての通り今は閉鎖中。

立ち入り禁止ですので、廃墟マニアだからといって入り込んだりしてはダメ🙅ですよ。

ダム湖を1周してみると、近くには公園やキャンプ場、ちょっと離れていますが遺跡(特に何かが残っているというわけではないですが…)があったりと、家族で訪れると案外楽しめる場所なのかもしれません。

altalt

お昼ご飯を食べずに散策していて、夕方にもなるとさすがに空腹。

『道の駅 三本木』に立ち寄り遅い昼食(ほぼ夕食)。

alt

『やまなみ丼ハーフ(600円)』

醤油味の餡が乗った中華丼。

野菜がたっぷりでご飯が進む味でした😋

お腹を満たしてこの日のドライブは終了~

いつもながらの安近短でしたが、なかなか充実した一日でした(^^♪

alt

最後にタッチブレインの画像でも。

タイヤをナノエナジー3PLUSに換えてから数値をリセットしたんですが、700kmくらい走った結果がこれ。

積算燃費、本当に??という数字になってますが…

天気予報でいう瞬間最大風速みたいなもんでしょうから期待はしていませんが、落とさずドライブを楽しみたいですね♪

Posted at 2018/09/12 02:27:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 観光 | 日記
2018年09月09日 イイね!

土器と陶磁器。

土器と陶磁器。先月下旬に宮城県加美郡にある『薬莱山』の近くまで行きまして、その時に観光マップみたいな物を頂いて帰ってきたんですが、それに載っていて気になった所へ行ってみました。
altaltalt
まずは『宗左近記念 縄文芸術館』です。
詩人の宗左近氏が寄贈した縄文土器等を展示しています。
行った時は貸し切り状態でした。
alt
こんな感じに土器や土偶等が展示されています。
子供のころ、社会科の授業で身体的特徴から自分は縄文系なのか弥生系なのかという話があり、それが妙に記憶に残っていました。
私はどちらかといえば、というよりはほぼ確実に縄文系に属するんですが、縄文時代と自分は何か接点があるかといえば思い当たるものは無く。。。
土器や土偶でも見れば何か思うことでもあるかなぁと、浅はかな考えで訪れたのでした(笑)
alt
有料なので写真は控えめに。
どこで出土していつ頃の物かといった解説は一切無し。
あるものと言えば…
alt
土器の横にはこういう詩人らしいお言葉のみ。
察しろ、感じ取れということでしょうか。
とはいえ1つ1つ見ていきますと、現代のセンスとは全く異なるものの、約1万年という長い間に育んだ精神面の成熟みたいなものはあったんじゃないのかなぁとか思ったりしました。
土偶に関しては異質そのもので、どういうわけか畏怖の念すら抱いてしまいます。
も今の日本人と結びつく要素が全く無いからと、縄文時代を旧世代の一言で終わらせてしまうのは惜しいとも思いました。
だからと言って縄文時代に何か惹かれるものがあるのかというと、不思議なことにそうでもないんですよね(-ω-;)ウーン。
解説文があったらまた違った見方をしたのかもしれませんが、頭をあれこれ使ったせいか疲れました(笑)
alt
バレーノさんに乗って走り出すと、どういうわけか色んなことが良い方にリセットできることが多い気が。
これも不思議といえば不思議かもしれないですね。
alt
続いて『芹沢長介記念 東北陶磁文化館』へ。
こちらも貸し切りでした。
alt
『縄文芸術館』とは近くて、共通入場券を買うとちょっとお得になります。
最初はこのことを知らなかったのですが、事情を話したら切り替えてくれました。
入場券2枚ともなんですが、合併前の旧町名である『中新田町』を『加美町』に手書きで修正してあります。
合併から15年経つんですが、作り過ぎたのか入場者が少ないのか…
altalt
こちらは東北大学と東北福祉大学の名誉教授であった、芹沢長介氏が寄贈した東北地方の陶磁器コレクションを展示しています。
縄文芸術館とは違って非常に丁寧な解説文がたくさんあり、私のような素人はもちろん、陶磁器好きな方が見ても喜びそう。
それに、解説文から芹沢氏の優しさが感じられそうなくらい、欠点のある作品であったとしても貶していません。
偏屈になりがちな芸術界において、こういう方がいらっしゃったことに少々驚きました。
alt
全体的に福島県と宮城県が多めですね。
東北の陶磁器は庶民の生活道具に徹していたり、偉い人への献上品となると有田焼の模倣品を望まれてしまって国内においてはあまり存在感が無いようで。
時代は違いますが、東北で有名な茶器が生まれなかったのも何となく分かるような気がしてきます。
それでも東北の風土を伝えるものとして貴重な文化財であることは確かで、ここを見たことで陶磁器に目覚める人もいるかもしれません(^^)
alt
芹沢長介氏の父である芹沢銈介(せりざわけいすけ)氏は、染色工芸家で人間国宝。
少しだけですが、銈介氏作の型絵染の作品が展示されています。
alt
お土産にポストカードを買いました(1枚50円)。
左側上下の青い陶磁器は『切込焼』で、東北においては異端児ともいえるくらい価値のあるもののようです。
トルコブルーが綺麗!
この後、前々から行こうと思っていた所へ行きました。
天気が雨だったのでどうしようかなぁと思いつつ、むしろ雰囲気があって良いかな、と思う場所。
そのお話は別立てで記そうと思います。
Posted at 2018/09/11 01:18:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 観光 | 日記
2018年09月06日 イイね!

祝・開通🎊

祝・開通🎊

ようやく我が家にも光回線が開通しました!(^^)!

NTTの方から電話や訪問であれこれと『ADSLがもう少しで終わりますよ、モデムが壊れたらおしまいですよ』言われ続けていましたが、「まだ使えるしモデムも予備持ってるし(周りの人が光に切り替えて不要だからとくれましたw)」とのらりくらりやっていました。


職場の光回線がびっくりするほど遅い(時々アナログモデム時代を思い出す遅さに…)ので、どうしようかなぁというのもあったんですよね。

が、さすがに断り続けるのも面倒ですし、色々条件が良くなっていたのでついに申し込みです。


周りの人に話を聞くと、工事の時間は30~60分程度だったよという意見が多かったので我が家もそんなもんかなと思っていました。

ところが…1時間遅れで作業がスタートして、そこから2時間半かかりました(笑)

付近の電柱という電柱に作業車が横付けで作業。

途中、「見えなくなったけど、どこまで行ったんだろう??」な状態にもなりながら、作業は終了。


午前は職場の健康診断、午後は開通工事の立ち合いとまぁ、休みだけど休んだ気がしない一日でした(゜-゜)

胃カメラの検査で先生から『上手いね!』とお褒めの言葉を頂いたので、良しとしましょう(笑)

altalt

速度を測定してみたらこの結果ですが…ADSLの時に比べれば速いんですが、光回線としてみたらどんなもんなんでしょう(。´・ω・)?

YouTubeでバレーノの動画が快適に見られるようになったので満足ですけどね(*^^)v

Posted at 2018/09/08 00:22:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年09月02日 イイね!

蔵の郷土館 齋理屋敷。

蔵の郷土館 齋理屋敷。

今回はタイトルにある場所へ初めは行く予定ではなかったのですが、行って良かったというお話です。

と言いますのも、行き始めは『宮城県伊具郡丸森町』にある『いなか道の駅 やしまや』というお店へ向かったんです。

alt

晴れていれば良い景色のはず。

阿武隈川の舟下りも楽しめます。

alt

こんな感じに所々狭い道もありまして…

alt

ギャー(笑)

ミラーがあるにはあるんですが、運の方が大事だと思いたくなりましたw

alt

目的地に到着したのですが…車が1台もいない。。。

たまたま空いてるのかな?と思いつつ駐車。

alt

入口の貼り紙を見ると、臨時休業でした😢

ここでランチを食べる予定だったんですが、まさかねぇ…

alt

近くにあった『あがらいん伊達屋』で野菜を購入。

地味にこういうお店は穴場だったりします。

いなか道の駅が休みだったこともあり、続々と車が(笑)

こちらのお店では土日限定でピザを焼いているようです。

天気が良ければテラス席から阿武隈川を見ながらホッと一息、なんて休日もいいかもしれませんね(^^♪

予定ではこの2店で買い物をしてお昼ご飯を食べて帰るつもりだったんですが、急遽『齋理屋敷』へ行くことにしました。

altaltalt

右側の建物では土産物の購入と食事ができ、真ん中は『齋理屋敷』入口、左側はジェラート屋さんです。

alt

駐車場の方には『八雄館』という農産物直売所やパン店等があります。

京野菜の『万願寺とうがらし』が売ってました。

『齋理屋敷』は有料(610円)の施設なので画像を載せにくいですが、まぁあんまり影響無さそうなものをいくつか。

alt

「敷地が2000坪ありますのでこれを見ながら見学を」と渡された簡単な解説が書かれた紙。

もともとは江戸時代後期からこの地で豪商だった齋藤家の屋敷なんですが、7代目当主が丸森町へ寄贈。

現在は資料館として運営されています。

alt

入ってすぐの所で、ここに関してはお金を払わなくても見えます。

alt

alt

alt

豪商ってどこにでもいたんだなぁ。

alt

今年で開館30周年で、来場者数が100万人を突破したそうです。

alt

ウーリッツァー製のジュークボックス。

エレクトリックピアノのイメージが強いブランドですが、ジュークボックスも作っていたんですね。

alt

ヤマハのアンティークなオルガン。

「HAMAMATSU」とありますが…スズキも本社が浜松でしたね。

alt

新館は平成に入ってからの建築なので周りと比べると異質な感じですが、他の建物は階段が急で梁が太かったりと、いかにも昔の建築物だなぁという感じでした。

全て見ていると結構な運動になります。

見終えたので昼食をとることにしました。

alt

『大正ロマン喫茶』にておすすめランチを食べました。

ここの存在を知ったのは『三戸さん』のブログのおかげ(ありがとうございます!)。

非常に丁寧に作られているのが伝わってくる、とても美味しいランチでした😋

また食べたいと思いました(^^)

altalt

『いなか道の駅』で買うつもりだった、たけのこ商品がここでも売っていたのでお買い上げ。

レトルトカレーですが、値段が480円なのでどんな味なんでしょうねぇ。

食べるのが楽しみです♪

美味しいランチでお腹を満たしたところで…

alt

踏みたくなる衝動を我慢我慢、ですよ(笑)

altalt

角田市内に入って農産物直売所『あぐりっと』でお買い物。

altalt

ヤギ🐐がいました。

農産物直売所にヤギがいることが案外多い気がするのですが、人懐っこいからかな。

alt

今回唯一撮ったバレーノさん。

大雨にはあたらずそれなりに乾燥路面での走行が多かったですが、とにかくガラスが曇るのでデフロスターをONにしていることが多かったです。

時々冷気が目に見えるのでインド凄いなと思いました(笑)

alt

約150km走行しての燃費。

割と加減速が多く、一定速運転があまりできなくて燃費は伸びず。

伸びはしませんでしたが落ちもしませんでしたから、安定してこの燃費で走れていたのかもしれないですね。

Posted at 2018/09/04 02:14:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 観光 | 日記

プロフィール

「福島県の道の駅2駅。 http://cvw.jp/b/2691029/41954184/
何シテル?   09/17 03:08
徒歩7分1000歩と申します。現実は徒歩8分1000歩に後退中。 ひねくれ者ですが、よろしくお願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

後方へのドラレコ取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 14:15:31
ハンコを押す前に見直し!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/14 13:40:33
道の駅制覇へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/27 18:10:58

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ バレーノ スズキ バレーノ
博打な気もしたんですが、インド製の車はどんな感じ?という興味に負けて発売前に購入しました ...
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
デザインが好きでどうしても乗りたかった車。 とても良い車でした。
マツダ AZ-ワゴン マツダ AZ-ワゴン
乗り潰すつもりでいたものの、不可抗力で突然のお別れ。
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
初めて購入した車。よく見かけるからこれ買っとけば大丈夫だろうと選んだが、今思うと故障やト ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.