• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HA36 ALTO Xのブログ一覧

2021年05月09日 イイね!

環境音が心地良い ~良い音響で視聴したくなるアニメ「スーパーカブ」

環境音が心地良い ~良い音響で視聴したくなるアニメ「スーパーカブ」話題のアニメ「スーパーカブ」を視聴してみましたので、その感想を書いてみたいと思います。

2021年4月から放送開始で全12話という事です。現時点では5話まで公開されています。

舞台は山梨県北杜市。両親いない・友達いない・お金もない・特に目標もない少女がホンダの最高傑作・原動機付き自転車「スーパーカブ」と出会う事で人生が広がるといった(まだ最後まで放映されていないので確定ではありませんが)内容の作品です。
alt

先ず第一印象は、”環境音が心地良い”という事です。
音響で世界観やキャラクターの状況などを説明する演出がされています。その割合は映像:音響=4:6位でしょうか?音響から得られる情報量がかなり多いと感じました。

ピアノを基調とした劇伴が流れる事もありますが、殆ど劇半は無くとても静かな日常から始まります。弁当箱にご飯を詰める音・シャワーの音・布が擦れる音・鳥の鳴き声・風の吹く音など環境音による演出が際立ちます。
alt

山梨県(の外れ)に住んでいたことがあるのですが、甲府市のような都市部以外の郊外は日中でも静かです。人工物が発する物音が殆どしません。歩いている人は殆ど見かけませんし、車の通りも殆どありません。
また、背景に登場する舞台が見たことのある場所や道・店舗だったりして、かなり親しみを感じます。
alt

音響関係のクレジットを見ると楽音舎が担当されていました。音響監修として鶴岡陽太さんの名前もあります。響け!ユーフォニアムでも音響監督をされていますが、繊細な音響による素晴らしい演出実績がある方です。なるほど、「スーパーカブ」の音響演出のすばらしさの理由がここにあると納得してしまいました。
alt


高校2年生の主人公・小熊は県道612号線を使って家と学校を自転車で通学していました。息を切らしながら自転車を漕ぐ横を楽々と登校するスクーターが横を追い抜いていきます。
alt

学校帰りにバイク屋に立ち寄ってみますが、新車は高価で手が出ません。
そこへ店主が現れ、スーパーカブを引っぱり出してきます。
alt
なんと1万円という破格で良いというではありませんか。但し、過去に3人死なせているといういわくつきでした。しかし小熊は入手する決意をします。

最初から暗いイメージで物語は進行しますが、スーパーカブと出会った瞬間、ピアノの音と同時に映像の彩度が上がり、運命的な出会いといった演出がされます。
altalt

バイクを手に入れたことで、燃料切れやオイル交換など新しい体験をすることになります。ちょっとした困難も小熊はどこか楽しんでいるようにも感じられます。嬉しそうにスーパーカブを磨く小熊の姿がありました。
alt

自分もバイクに乗りますが、初めて手にした時の事を思い起こさせる描写です。単なる道具では無く”相棒を手に入れた!”という喜びがよく表れています。

脚本は根元歳三さんという方が担当されているのですが、インタビュー記事で

 ・”ミニシアター”が似合う作品にしたい
 ・スーパーカブとの出会いは、小熊のラブストーリーである
 ・モノローグやセリフは必要最小限にし空気感を大事にしたい
 ・ゆっくりとした時間の流れを感じさせながら機微を描く
 ・日常を淡々を過ごす描写を基本にした
 ・小熊という人物から、直接的な感情表現を避けた

といった事を語っています。


例えば小熊が「わあっ!」と(内心)喜びたい表現をさせた場合、小熊に青空の下でカブで走ってもらう演出をします。寂しさを表現する時は雨に打たれるカブを映す演出をします。このようにセリフや表情で心情を表す演出はできるだけしないようにしたそうです。

また、
小熊がカブに乗る時、ヘルメットを着用しグローブをするという演出をします。通常は1回見せたら次回からは省くのがアニメーション(作画の労力を減らす為)によくある手法ですが、この作品は小熊がカブに乗るたびに同じ動作を何度も映します。これは小熊がカブに乗る時の一種の”儀式”みたいなものなので、出来るだけ省かないようにしたとも語っています。
alt


小熊はカブに乗った事で「礼子」という友達が出来ます。友達というより”カブ仲間”と言った方が正しいかもしれません。
alt

礼子は黒髪ロングで背がある美少女です。教室にいる時などクールな感じを醸し出していますが、カブの事となると熱くなるギャップが良いです。少々セクシーっぽい面を併せ持つキャラクターデザインですので、人気キャラになるのではないでしょうか?


小熊と礼子の出会いは、最初からいくつも伏線が張られていました。
altaltaltalt

カブで初登校するシーンでも後ろに親しくなる前の礼子が歩いています。
英語の授業の時、小熊の斜め前の席にいる礼子が音読しています。
(黒板に書かれている内容は「彼らはバイクでどこにでも行けるという事を知っている」と、これまた伏線です)

京アニ作品「けいおん!」でも唯が初登校(遅刻と勘違いして走る)シーンで後ろにこの先知り合う事になる澪・律がいたりする演出になっていました。伏線をいくつも張っておき後で回収するのは、物語進行上、大事な演出と思います。

ちなみに主人公の小熊は、窓際の後ろから2番目に座っています。学校ものアニメの定番の席順ですね。


小熊と礼子との距離感が縮まっていく様子も、お互いの心理描写が細かく見応えがあります。素っ気無いフリをして昼休みに小熊の手を引いてカブの所へ連れ出す礼子、イイですね。
altalt

夏休みには、礼子が小熊を自分の家に呼んでお泊りする位に親しくなります。
altaltalt



現在第5話までです。ポスターを見るともう一人登場人物がいるようですので、今後に期待です。
alt


カブはホンダが取材協力・監修をしているのもあって、かなり忠実な作画になっていますし、ヘルメット・グローブもメーカーが取材協力しています。世界観・美術背景は北杜市観光協会や学校なども協力していて、映像制作はかなりリアリティを追及しているように感じます。エンドクレジットにたくさん名前が出て来ますが、作品への作り手のこだわりはこういった所にも表れると私は思います。

もしかしたら環境音も、現地で録音して使っているのかもしれません。
altaltaltalt


という事で、環境音をはじめとする音響のリアリティが際立っている作品という印象を持ちました。

もし劇場版が制作されたとしたら、映画館はチネチッタのような音響設備の良い所で鑑賞しくなるような作品と思いました。

~~~

アニメのエンディングなんか見ないという方、結構多いと思います。が、私は気に入った作品は見るようにしています。その理由は、

例えば、車好きの人は「どのメーカーの車?」って気になりませんか?
もっと拘れば、「このエンジンは○○というエンジニアが作った」と話題にしませんか?
もっともっと追及すれば、そのエンジンを設計するにあたりどのようなバックグラウンドで構想が練られたか?とか、開発者インタビューとか、その車種が生まれるまでに至った歴史とか、そういった事が気になりませんか?

それと同じなのです。
アニメーションも日本が世界に誇る”モノづくり”です。
どのメーカーが作り、監督は誰で、誰が脚本を書き、誰がキャラクターデザインをし音響を担当しているのか? とても気になるのです。
そういった情報がエンドクレジットに出ているのです。

またアニメーションは複数話をチームに分けて同時に制作する事も多いですので、同じ作品でも各話毎に演出・作画監督が違ったりします。そこをチェックするのも作品を楽しむ要素の1つにもなります。

更にオープニング・エンディングの映像や音楽の歌詞にも意味を持たせる傾向にありますので、これらを含めて全部がアニメ作品と認識して、気に入った作品はチェックするようにしています。



※当ブログで引用している画像・その他データの権利は ©Tone Koken,hiro/ベアモータース に帰属します。
Posted at 2021/05/09 03:27:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記 | 音楽/映画/テレビ
2021年05月01日 イイね!

6回目だよ!「宇治でお祭りフェスティバル」(振替公演) またしても開催延期、チケット払い戻し

6回目だよ!「宇治でお祭りフェスティバル」(振替公演) またしても開催延期、チケット払い戻し毎年開催されている「響け!ユーフォニアム」宇治でお祭りフェスティバル

去年はコロナで1年間延期となってしまいましたが、またしても振替公演が延期になってしまいました。2年連続で開催延期です。

チケットは全額払い戻しになるようですが、次開催時はチケットを優先的に販売してくれるようです。


皆が安心してイベントに参加できる状況になって欲しいです。



  (↓ 去年開催予定だったイベントが再延期に)
alt
Posted at 2021/05/01 15:17:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | 響け! ~イベント | 音楽/映画/テレビ
2021年05月01日 イイね!

ヤマハミュージックジャパン「新入部員募集フェスティバル2021」と「響け!ユーフォニアム」のタイアップ

ヤマハミュージックジャパン「新入部員募集フェスティバル2021」と「響け!ユーフォニアム」のタイアップ
ヤマハミュージックジャパンは、吹奏楽・マーチングバンド・管弦楽などの活動をしている部活動を応援するため、ヤマハ「新入部員募集フェスティバル2021」を実施するようです。


ヤマハと「響け!ユーフォニアム」のタイアップ企画として、全エントリー校を対象に描き下ろしデザインのポスターが進呈されます。


alt


対象は、中学校・高等学校・義務教育学校・中等教育学校・高等専門学校における、吹奏楽・管弦楽・弦楽合奏・マーチングバンドの活動をしている部活動です。
alt


部員数や部員募集活動のアイデア、新入部員に対する熱いメッセージをエントリーシートに記入して応募すると、エントリー校の中から抽選で賞品が貰えるとの事です。

alt


MUSIC PAL - 学校音楽教育支援サイト - ⇒ リンク
Posted at 2021/05/01 15:07:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 響け! ~情報・その他 | 音楽/映画/テレビ
2021年05月01日 イイね!

2週間ぶりに洗車&給油

2週間ぶりに洗車&給油先々週の名古屋遠征以来、2週間ぶりの洗車&給油です。

思ったほど汚れているようには見えなかったのは(実際は汚れてますが)、光沢ポリマー+プレクサス施工のおかげと思います。


今日は水洗い+プレクサス+鏡面仕上げクロスで洗車しました。


alt
Posted at 2021/05/01 10:36:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ&バイク | クルマ
2021年04月24日 イイね!

響け!ユーフォニアム 公式吹奏楽コンサート 北宇治高校吹奏楽部 第5回定期演奏会 ~5周年記念公演~ を鑑賞してきました

響け!ユーフォニアム 公式吹奏楽コンサート 北宇治高校吹奏楽部 第5回定期演奏会 ~5周年記念公演~ を鑑賞してきました
2021年4月17日(土曜日)

響け!ユーフォニアム 公式吹奏楽コンサート
 北宇治高校吹奏楽部 第5回定期演奏会
 ~5周年記念公演~
』に行ってきました。


alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


場所は実際の吹奏楽コンクール全国大会の会場でもある
「名古屋国際会議場 センチュリーホール」です。

alt

私は昼の部・夜の部の2公演鑑賞しました。

alt

コロナ感染拡大防止の観点から物販が無かった為にパンフレットを入手出来ず、演目は本番のお楽しみという状態でした。


今回の定期演奏会は5回目。私が北宇治吹部の定演に参戦し始めたのは3回目からでしたので、初期の定演でしかやっていなかった「地獄のオルフェ」などの曲を生で聴いたことが無く、一度聴きたいと思っていました。

ところがなんと!
5周年記念公演という事で「響け!ユーフォニアム」のストーリーで登場する曲を振り返るという形で、ほぼ登場順に最初から演奏してくれるというユーフォの世界観いっぱいの演出でした。




【1曲目 地獄のオルフェ】
スクリーンに久美子が中学時代の映像が映し出され演奏が始まります。
alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


【2曲目 DREAM SOLISTER】

TRUEさん登場。オープニングテーマ曲「DREAM SOLISTER」を熱唱してくれました。
劇場版「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」のエンディングの再現でもあります。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   

演奏が終わると
進行役の北宇治カルテットCV4名登壇。挨拶がありました。

またこの作品は「中の人が複数いる」という記事(リンク)で書いた通り、楽器演奏を担当している洗足音楽大学フレッシュマン・ウインド・オーケストラ2021の皆さんと指揮の大和田先生の紹介がありました。




【3曲目 暴れん坊将軍のテーマ】

久美子が北宇治高校に初登校した時の映像が映し出されます。
生まれ変わる前の北宇治のサウンドに初めて触れたシーンですが、演奏された曲は劇中にあるようなヘタクソ(という演出の)演奏では無く、洗練された演奏でした。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


【4曲目 ライディーン】

新顧問の滝先生になって生まれ変わろうとしている吹部を象徴するサンフェスの場面が映し出されます。

劇中のライディーンは行進しながら演奏しているのでテンポがゆっくり目ですが、演奏はほぼ原曲のテンポでした。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


【5曲目 愛を見つけた場所】

大吉山での、久美子と麗奈のシーンが映し出されます。
ユーフォニアムとトランペットの二重奏から演奏が始まり、フル編成バージョンへ変化していきました。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


ここでCVによるフリートークコーナー(演奏者の休憩時間確保も兼ねて)
5周年を迎えて(実際は6年)CVの方々の想い・心境を語ってくれました。

「ユーフォニアム」という楽器の認知に貢献したといっても過言では無い作品にまで育ったというお話がありました。

劇中に、ここセンチュリーホールで2階席にいる麗奈が壇上の滝先生に告白してしまうシーンがあるのですが、夜の部で麗奈のCVを担当している安済さんが実声で麗奈の叫びを再現してくれました。

先生、好きです!

会場が大きな拍手に包まれました。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


また作品公開から5年経ちフレッシュマン・ウインド・オーケストラのメンバーも入れ替わり、今回の2021のメンバーで「響け!ユーフォニアムを見てました」という方もいるというお話もしてくれました。




【6曲目 サウンドスケープ】

TVシリーズ2期オープニング曲で、劇場版「届けたいメロディ」のエンディング曲でもあります。2期TVシリーズを振り返る形の映像が流れます。
TRUEさんの歌声のパワーに圧倒されました。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


【7曲目 宝島】

京都えきびるコンサートで登場する曲。
新メンバー2021によるアレンジになっていました。

アルトサックスのソロ・岡本来夢ちゃん役と、この作品ならではのバリトンサックスのソロ・小笠原晴香部長役の方々は、今回から男性の方の力強く格好良い演奏でした。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


【8曲目 響け!ユーフォニアム】

あすか先輩の父親が作曲し娘に贈り、そしてあすかから久美子へ受け継がれていくという、題名にもなっているこの作品を象徴する曲です。
ユーフォニアムソロをはじめとするウインドオーケストラバージョンでの演奏でした。ユーフォニアムの音色がセンチュリーホールいっぱいに響き渡ります。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   



再び北宇治カルテットCVの登場。
黒沢ともよさん「ユーフォニアムの音色が胸にささってグッときた」とお話されていました。




~吹奏楽コンクールシーンの完全再現~
【9曲目 課題曲:プロヴァンスの風】
【10曲目 自由曲:三日月の舞】

劇中で登場した名古屋国際会議場・リハーサル室・本番前のシーンが映像で流れます
alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


なんてことでしょう!!
アナウンスまで生で完全再現するという凝り様です。
【課題曲 プロヴァンスの風】の演奏が始まります。
alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


センチュリーホールで聴くこの曲は格別です。
キレッキレのグロッケン&シロフォンの演奏が印象的でした。
雑賀頼子さんのピッコロの響きも綺麗でした。

altalt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


そしていよいよ…夢にまでみたセンチュリーホールでの【自由曲 三日月の舞

おそらく会場にいる全員がこの曲を聴きに来たと言っても過言では無いと思います。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


ウインドオーケストラ2021の皆さんによる渾身の演奏、完璧なトランペットソロ…感動で涙が出ました。

「三日月の舞」のトランペットソロは本当に難しく、これまでも完璧な演奏は数えるほどしかありません。

指揮の大和田先生より「今回オーディションを行いソロ担当を決めた」とお話がありました。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


ウインド・オーケストラ2021は3年生が主の構成になっているそうです。パートリーダーやインスペクターの紹介もありました。
(部長は誰ですか?というカルテットの問いに「部長とは呼ばずインスペクターと呼ぶんです」という解説付きでした)

センチュリーホールでしか成し得ない演出…企画してくれたスタッフの方々の粋な計らいに感謝感激でした。



【11曲目 Songbirds】

「リズと青い鳥」のエンディング曲。

フルートとオーボエの二重奏で、生演奏は初めて聴きました。
パンフレットが手元に無いのでフルートの方のお名前は分かりませんが、オーボエは大久保さんだったと思います。
フルート・オーボエの美しい音色が良く響いていました。




【12曲目 リズと青い鳥】
劇中ではロームシアター京都で演奏され、関西大会で金賞をとったものの全国大会へは進めず涙を飲みましたが、今日はセンチュリーホールでの演奏です。
alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


優子・夏紀率いる北宇治はここで演奏する事を目標に頑張ってきました。劇中では実現する事が出来ませんでしたが、今回の定期演奏会でセンチュリーホールに北宇治のリズと青い鳥を響かせる事ができました。

心子ちゃんファンとしてはやっぱり第2楽章・第4楽章のティンパニに目が行きます。新メンバーのティンパニ・東浦心子ちゃん役は男性の方で、力強い演奏が印象深かったです。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


第3楽章・オーボエとフルートの掛け合いは技有りの素晴らしい演奏でした。
altalt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


映像では劇中コンクールシーンがずっと流れていましたが、生演奏とのシンクロ率が凄かったです。
優子部長・夏紀副部長…ありがとう!

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


【13曲目 トランペット吹きの休日】

先日発売された5周年記念ドラマCD「きらめきパッセージ」で登場した曲で、定期演奏会では初登場。早速演奏してくれました。



~アンコール~
【14曲目 Tutti】
【15曲目 ヴィヴァーチェ】

これまで行われた「響け!ユーフォニアム」イベント全ての映像を、北宇治カルテットのメンバーと一緒にスライドショー形式で見ながらの演奏でした。

ラストの1コマは昼の部の写真が夜の部で既に挿入されていて、”響け!イベントに新たな1ページが刻まれた”という演出がされました。



そして夜の部はサプライズで、
「響け!ユーフォニアム」を制作する京都アニメーション・石原監督の登壇がありました。

今回は響け!ユーフォニアム5周年を振り返るという形の特別記念公演でした。

石原監督より「5周年…ずっとやってきて、北宇治の演奏する曲目が随分増えたなぁと思いました。」というお話が。そして

「響け!ユーフォニアム、まだまだ続きます!応援よろしくお願いします」
という言葉がありました。

”もう続編制作を諦めなければならないのか”と思われる事態まで追い込まれましたが、監督から「続けます!」という力強い信念が伝わってきました。改めて、これからも響け!を応援していこうと思いました。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   



久美子役の黒沢ともよさんからの挨拶より。
名古屋国際会議場・センチュリーホールでの響け!吹奏楽定期演奏会は、当初から「いつか実現できたらいいね」という話が出ていたそうです。

「皆さん、絶対、元気でまた会いましょう!」という涙ながらに語った言葉から、もう二度と続編制作に携わる事が出来なくなってしまったスタッフさん達の事を思うと目が潤んでしまいました。



最後に、この作品の音楽監修を務める指揮の大和田先生からお話がありました。

5周年記念公演に向けて準備をしてきたフレッシュマン・ウインド・オーケストラのメンバーについて、リニューアルをし今回が初公演という事でした。演奏全般を通してこれまで以上にクオリティが上がっていました。久美子3年生編ではハイクオリティの演奏を要求されると思われますので、それに対応したという事と思いました。

「『三日月の舞』・『リズと青い鳥』は二度同じ演奏が出来ないとても芸術性の高い曲で、それを演奏させてもらいました。そしてそれは新メンバーに受け継がれていきます。」というお話をされていました。




【16曲目 Blast!】
「誓いのフィナーレ」エンディング曲のBlast!。
TRUEさんの生歌&生演奏は初めて聴きました。
「誓いのフィナーレ」は38回劇場へ観に行ったという事もあって、とても思い入れがあります。
alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   



以上16曲×2公演で5周年記念公演は締めとなりました。
alt


響け!ユーフォニアムは久美子部長率いる続編が決まっています。
これからの音楽演奏担当は新メンバーにお任せするという事になります。
頑張って良い演奏をして、良い作品にしてくれる事を願っています。
応援しています。

alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


~~~


名古屋国際会議場 センチュリーホールで演奏を聴いた感想も記しておきます。

昼公演は1階後方センター付近の席、夜講演は2階席前方センター付近の席でした。
altalt


舞台上に音響反射板(反響板)が設置されていますが、1階席後方は頭上低めに2階席がきています。また各列は傾斜がついていて、前の人の頭で舞台がケラれるという事は無い作りになっています。そういうこともあってか、上方からの音があまり届かなく、ほぼ前方からのみの音の響きでした。
alt


一方、夜の部の2階席前方は3階席との間に余裕があり、上方からの音響も良く飛んできて、昼の部の1階後方よりはるかに良い音で鑑賞できました。

やはり生演奏は良いですね。当然ですが楽器1つ1つの音が良く聞こえるのと同時に楽器同士が共鳴しあうのか、普段自分のオーディオで聴いている音とは響きが全く違います。

大好きな作品の大好きな曲を生演奏で聴く…これ以上の贅沢は無いですね。


フレッシュマン・ウインド・オーケストラ2021の皆さん、素晴らしいサウンドと感動をありがとうございました!
alt
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会   


※夜公演の模様は有料(4,400円)になってしまいますが、5月5日までストリーミング配信されています。
リンク
Posted at 2021/04/24 13:47:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 響け! ~イベント | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「響け!ユーフォニアム」シリーズが大好きです。京都アニメーションを応援しています。 訪問していただきありがとうございます。 コメント頂けると嬉しいです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

愛車一覧

スズキ アルト スズキ アルト
HA36 ALTO Xグレードです。 新車購入から6年、22万km超えました。
スズキ GSR250F スズキ GSR250F
憧れのフルパニア仕様にしました。 1年のうち、暖かくなった5月頃と涼しくなった10月頃の ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
13年間BNR34GTRに乗っていました。新車で購入し19万キロ走りました。これ以上無い ...
スズキ GSF1200 スズキ GSF1200
GSF1200に乗ってました。 スズキヴェクスター150からの乗り換えでした。九州阿蘇や ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.