• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てシがわらのブログ一覧

2018年05月20日 イイね!

津軽で車中泊三昧⑦【5月12日前編】

津軽で車中泊三昧⑦【5月12日前編】
 
車中泊者の朝は早い。
4:50頃に目が覚めました。
 
お湯を沸かしてコーヒーを飲んで、
パンで朝めしを済ませると朝湯の準備です。
 
 
 
おはようございます。本日は5月12日曜日です。世間様もお休みの方が多いのでしょうかね。
6:00openの朝湯は次々に来る地元人で混雑しておりました。
津軽言葉、ちょっとなにいってるかわからなかったです(´;ω;`)
 
今日は早くスタートしました。7時にはもうアップルロード(県道?)を走ってます。
 
alt
 
左右がすーっとリンゴ畑で、こんな状態です。
別に観光用にそうしているわけではなくの状態だそうですね。
 
なので、関東者の目に慣れぬ、農薬散布用の変わった作業車も行き交ってました。
 
alt
 
 
 
弘前リンゴ公園に寄り道。もちろんこんな早朝から開いているはずもないのですがそれは構わない。
無駄遣いせずに済むというもんですw
朝も早よからイベント準備に忙しそうで、開店前の公園にマイクのテスト音が津軽イントネーションふうの声を盛大に響かせてました。関東じゃないとこに来てるって感じでいいなあ。
僕も口語では群馬弁バリバリなのですが、他人様のお国言葉も大好きです。
方言にはアイデンティティがあると思う!
 
閑話休題…
alt
 
開園前でも、立ち入り自由な屋外公園のこととて摺鉢山に登れば辺り一面の様子が手に取るようで、ぐるりをリンゴ畑に囲まれた様子がよくわかりますね。
 
alt
 
こっちは反対側で、ここでも岩木山が見えますね。
津軽平野の大きすぎるランドマーク。
それにしてもイイ山です。。(*ノωノ)
 
alt
 
園内は世界各地のリンゴがタップリ植えられていて、それぞれにどこの、どんなリンゴの仲間なのかが書いてありました。
おまけにリンゴ農家まで移築してあるとは…。
実は、十二湖で話した旅のご夫婦に『リンゴ公園はたいしたことない。アップルロードが凄いよ!』
と言われて『そんならどれくらいつまらんか観に行こう!』
と思っていたのですが、僕にとっては期待にそぐわず上出来な場所でした♡
…人それぞれの感じ方は違って当たり前なので、やっぱ自分の目で見ないといかんですねッ
( *´艸`)
 
alt
 
 
こちらは世界のリンゴの40%を占めるというフジの原木!…から接木した準原木?
フジってそんなにすげえんだね!!
 
さらに、リンゴの改良などに尽力した津軽の偉人齋藤昌美氏についても解説してあり、僕的にはこれがイチバン
ここにきて見て良かったモノでした。
 
alt
 
 
さ、公園は終わりにして先へ行きましょう。急ぐ旅ではないけれど、あんまりぐづってても、ね。
 
リンゴ公園から出て、r28に出ようと一時停止すると…
『おッ!カーブミラーリンゴになってるじゃないかww』
 
alt
 
 
r28もたいがいなアップルロードで、ここら辺はリンゴ一色なのだと知れます。
その快適な道をグングンさかのぼり、西目屋村に入り村役場の手前あたりにピカピカに新しい道の駅が出来てました。
 
【道の駅津軽白神】
 
白神山地ビジターセンターも目の前です。村の観光拠点ってとこでしょうね。
 
alt
 
道の駅は開店前だったのですでに開店しているビジターセンターに攻め込みました。
ホントは十二湖に行く前にこっちに先に来た方が白神山地のことがわかりそうだったのですけれど、
気まぐれと道順で今に至る
 
alt
 
何故、ブナの森がここにあるのか、とか、それに至る気候や地形の動きとか、ブナとはどんな木なのかを比較対象をあげたりして素人にもよくわかるよう解説してあります。
 
森や山の四季の展示もなかなかよかったですよ~(*´▽`*)
 
横倒しのブナを使って、の様子まで見られました。
 
alt 
 
 
学問は終わりにして実践したいので森を歩きに行こうと思います。
暗門の滝に行くには装備とガイドが必要げで、散策遊歩道も小回りしか開通していないのですが、
自然相手だもの仕方がない。
と、愛車を駆って走り始めると …
道の駅から約1㎞、乳穂ヶ滝におがたき)ってのを見つけてストップ。
お不動さんが祀ってあるげな。
alt
 
この滝、口コミに寄れば冬は氷結して太いはしらを形成するそうですが、春の今は清冽な水が落ちる
滝の裏側を眺めながら、お参りできます。
 
津軽なんとか霊場の札所にもなっているらしく、四国遍路で使う納札によく似た紙のお札がたくさん
掛けてありました。
 
alt
 
足元はそんなに良くはないけど、そのほうがいいね。
こういうとこは整えられすぎると雰囲気が壊れます。
 
 
お参りもして、r28を西へ。津軽白神湖に出ました。
見ればわかるかもですが、津軽ダムによってできた人造湖で結構な大きさ。
 
行楽シーズンは先週でひと段落しているので静かでいいとこです。


alt 
 
 
と、橋を渡っているとこんな異様な光景が目に飛び込んできて、後部確認後、強めのブレーキで
止まりました。『うっほー。なんじゃこれ。』
立木が水没して枯れただけなんでしょうけど、色合いとかその数とか、なんか異様な雰囲気がありました。
 
こういう光景はこの後、数か所で見られましたよ☆彡
 
alt 
 
その橋上で記念撮影。空いてていーなー(*'▽')
 
alt
 
r28は途中から世界遺産の緩衝地域に入るのか、道幅が狭くなりますが、大型バスでも来ない限りは酷道好きのドライバーならずともすれ違いもよゆーでOK
 
怪しげな橋が見えると、いよいよ暗門の滝ベースに到着します。
 
 
ちなみに、は駐車場並びに開通していれば日本海側まで抜けられる林道ですが、は車両進入禁止。
alt 
 
この橋の下も良い感じの川が流れてました。
 
到着。何故ANMONとローマ字にしたのか…解せぬ
 
alt
 
一応敬意を表して売店にも寄ってみましたが特に気を惹かれるものはなく、道の駅で見た小回りコース以外行けませんよ、という情報を再確認したに留まりました。
 
さ、小回りでも歩けるとこを歩こうじゃないか!
案内所までの道は一部舗装して一応足の弱そうな人でもどうにかなるようになってましたね。
 
ほんとは自然の道がいいけれど、ぜいたくは言えぬ。色々考えた結果なんでしょうし(*´▽`*)
 
alt
 
最終トイレ。これより先ではお花摘みも雉打ちも止だそう。
 
第二関門。閉鎖中の案内所。暗門の滝コースはここから川伝いに行くみたいですが、
僕が行く小回りコースは左上に階段で登って行きます。

alt
 
 
 
案内所横の水飲み場には冷たくてうんまい水があふれてました。
もちろん僕はがぶ飲みしましたが、生水…だよなきっと。

alt
 
 
階段を上ると右、大回りコース。左、小回りコースに分かれます。
あ、あやふやなので行く方は要確認。
 
alt
 
適度なアップダウンがあるコース。
 
樹間の道は木漏れ日でいっぱいで、まことに気持ちが良いです(*'▽')
 
alt
 
ここら辺は今が春なのでしょうね。
あちこちにいろんな花が咲いてました。
 
…が、名はわからず(;´д`)

alt
 
 
黄色いのように九十九折れに降りていきます。
 降りると小さな橋がある。
 
alt
 
 
 
 
お分かりいただけるだろうか…
青い丸の中をご覧いただきたい…
 
…残雪もありました。
 
 朝晩は寒いわけです(´;ω;`)
alt
 
 
もう、周りは全部森の木で、森林浴好きにはたまらんですねッ
 
alt
 
 
写真だとよく陽が当たるところは黄緑色というか若葉の緑で
そうでもないところは濃い緑色に見えますが、実際はもっと複雑な緑色でした。
 
alt
 
 
さ、第二関門まで戻ってきました。
 
こんな階段はここだけでしたね。あとはぬかるんでいるところが木道になってます。
 
alt
 
 
帰って来てから気付いた案内板。
そうか…ふれあいコースだったわけか。
 
次はせめてブナの森コースを歩きたいなあ(;^ω^)
 
alt
 
 
案内所前の河原に降りて山中を望むの図(=゚ω゚)ノ
 
alt
 
 
そしてANMONまで戻ってきました。
この先のr28(砂利道区間)は…通れない‥Σ(゚д゚lll)ガーン
 
あと1ヶ月遅かったらなあ。峠まで行ってmotherツリーに会いたかった。。。
 
…林道ドライブもここならなおさら楽しいだろうし。
 
必ずまたここに来る!と密かに決しました。
alt
 
さ、腹減った。ANMON内のレストランは休業していたので、お向かいにあるプレハブ風の茶店で
なんか所望しようと思います。
 
山の人げな店主が、イイ感じのお店がありますん( *´艸`)グフ
 
 
(後編に)続く
.



関連情報URL : http://yaplog.jp/oniithi88/
Posted at 2018/05/21 22:24:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | えぶちゃん | 旅行/地域
2018年05月20日 イイね!

津軽で車中泊三昧⑥【5月11日】

津軽で車中泊三昧⑥【5月11日】
  
本日は岩木山を2/3周ほどして弘前に向かいます。
寝しなに恐山のことを考えてたらザワザワした気分で
落ち着かなくなったので止めにしました(;^ω^)
 
 
 
 
明けて5/11。本日からはそこそこの気温に戻ると予想されていますが、曇り空の模様。
いかが相成りますことやら…
  
 
ビジホの楽しみはゆっくり寝て電子機器類を充電できることのみにあらず。
そう、庶民の味方朝食バイキング
わーい(∩´∀`)∩ こんなに豊富なバイキング、ビジホだと珍しいかも。
 
しかもココ、¥3600の激安だし♥
…朝イチ06:30に行ったのでまだ誰もいないw
alt
 
八戸方面の名物、せんべい汁もあるしその他のメニューも実に豊富。
おかゆもあるしパンもご飯も。朝なのにデザートまでありました。
 
alt
 
とりあえずはこんだけ取ってきました。
数年前ならこの後2回くらいお替りしてるんですけども、寄る年波…これでお仕舞( ノД`)シクシク…
 
alt
 これ、りんごプリンなんですけどね、美味しいんだけどくっつけなくても良かったかな
 …(´ε`;)ウーン…
 
 
でも、総じて美味しい朝食バイキングでした。某全国チェーンの〇横インなんかよりぜんぜん美味い。
 と、思ったら、ちゃんとした料理人がやってんのね。お見それ致しました↓
alt
 
 
ゆっくりホテルを出たのが07:30くらい。
とりあえずえぶちゃんを洗ってやりたい。なんせ汚い。
 
泥や水垢ならともかく、虫がブッ潰れてこびりついて酷い有様。
R7沿いのGSに入って給油の後、キッチリ洗って出直しました!
 
 
青森市浪岡ってとこからR101に入ります。
あちこち見たいものがある本日の1発目はつがる市の縄文住居展示資料館 カルコ
 
alt
 
展示の質はけっこう良かった。小さな資料館ですけども上手くまとめてあって人形が当時の言葉(と思われる)をしゃべったりするし、複製ながら遮光式土偶もあるし…
 
alt 
 
教科書で見た土偶♡↓
 
alt
 
充実した時間を過ごしました。
 
晴れたな~
お岩木山がよう見えるヾ(o´∀`o)ノ
 
alt
 
道の駅もりたアーストップ?ってのがあったので不期遭遇戦。
意外にも物産館が充実していてお昼用のモノから軽いお土産まで、色々買いこんでしまいました(;^ω^)
 
 これは謎のまんじゅう。甘いものが食べたかったので‥両面を軽く焼いてあり美味かったな。
alt
 
津軽平野はまさに春で、大げさに言えば辺り一面がお花畑状態
↓の写真には桜、菜の花、リンゴの花と写ってますが、他にも桃の花やら名の知れぬ野草やら花咲くみちをあちこち止まって堪能しながら岩木山を回り込んで行きます。
 
alt
 
 
 
本日2発目の目的地。菜の花がきれいだと口コミに出ていたので寄ったのですが…
もう、絶景
 
来てるヒトみんなはしゃいでいました。
 
alt
 
 
 
↓相棒と菜の花のコラボ。
全国にあるんでしょうけど、僕は初めてこんだけデカい菜の花畑なるものを眺めたので最♡高でした。
 
alt 
 
 
行く先々に花がある。
これはリンゴの花なんですけど、近くで見ると白じゃあなくて若干ピンクがかっていてとてもきれいです。
 
alt 
 
 
そんな桃源郷にも浮世の風が吹きよりましたΣ(゚д゚lll)ガーン
良くニュースでやってますけどね、許しがたい極悪人が出没している様子。
 
他人が精魂込めて生活のために育てたものを根こそぎ奪っていくなぞ、ヒトのクズがやることですよ。
 
alt
 
……
 
 
 
グネグネの峠道みたいなとこを下ると、里山げな場所に出たのでヘキサと記念撮影☆彡
 
alt
 
 
30号と3号の交点付近にあった沢。
写真だとなんつーこたぁないですけども、実物は苔の付き具合なんかとてもきれいでした。
 
alt
 
 
今度は県道3号に入って道も広くなり、いい具合の山里を抜けていきます。 
 
alt
 
 
岩木山スカイラインの取り付け部に到着したころはかなり雲が出てきていましたが、登る予定はないので構わない。
alt
 
 
ちょうどこの辺でお昼なので、さっき買った弁当を食うことに。
ついでにアップルパイも。
 
alt
 
あ、アップルパイは既にこの度の旅で5個目ですん。
アチコチでこれでもかってくらい売ってて、アップルパイ好きの僕としては食べ比べざるを得ませんw
どれも美味しくてお手頃価格でした 
 
 
さらにr30を進み…
寒くはないので嶽温泉は割愛し、岩木山神社へやって来ました。
 
alt
 
手水鉢が変わってる
 
龍が水吐いてるのを長ーい柄杓で汲んでお浄めするタイプですね。
 
alt
 
 
参道の狛犬。↓
これも変わってる!
柱を上下してる生き生きとした造形で良かったです。
 
alt
 
 
さらに行程は進み…
 
一面のリンゴ畑の中を通り、弘前市街地に入ってほどなく、弘前城址に来てみました。
花見の時期は過ぎてしまったけれども、弘前城は全国でも数少ない現存天守閣
 
alt
 
↑城門はどこの城も守りの要なのでいかめしいですね。
 
 
↓本丸石垣は平成の大修築とかで、いったん取り崩して修復中でしたが、それをうまい具合に見せてくれていて興味深かったですね~
石の一つ一つに番号がふってあって、それを積み直すなんぞは僕のようなおおざっぱなニンゲンには気が遠くなるように感じました。
なんせ、天守閣を曳家で移動させての大修理ですもん…
 
alt
 
 
おお!ここにも咲き残りの桜が!
 
イイ感じに撮れました(((o(*゚▽゚*)o)))
 
alt
 
車を止めたのは弘前市立観光館の地下駐車場だったので、帰りがけに中に入るとねぶた祭りのアレが飾ってありました。
すげえ迫力!
 
 
alt
 
その横の階段を上がると、津軽塗の工程が展示してあり、これもめっちゃ勉強になりました。
こんなに手間がかかるの?という数十工程が全部展示してあって僕的には必見でした♥
  
なるほど…だがこのお値段はすごいな……
 
alt
 
さあ、本日の観光はもう終わり。
 
今夜からまた車中泊に戻ります。
 
【道の駅ひろさき】に到着。16:30
中にある飯屋で煮干しラーメンを食ってみた。どこにでもありそうで、なかなか出会えなそうな懐かしい味の美味しいラーメンでした。
隣には日帰り湯もあって、ここも車中泊勢で大盛況。
10台は超えてたかな~…
 
ここも宴会など始めちゃう迷惑な人は皆無だったので、ゆっくり寝られました。
 
alt
 
明日の朝は早起き(いつものことですが)して朝湯に行こうと思います。
 
それでは、おやすみなさい(ノД`)・゜・。





Posted at 2018/05/20 18:41:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | えぶちゃん | 旅行/地域
2018年05月20日 イイね!

津軽で車中泊三昧⑤【5月10日後編】

津軽で車中泊三昧⑤【5月10日後編】
タイトル画像はこの日泊まったビジホのロビー。
 
 
落ち着ける良い空間。
ウエルカムドリンクのリンゴ酢でした。
 
 
 
 
 
観眺台から岬へ行こうとすると次々に猿が道を横切ります。
車を止めるとなにかを強請るが如くこちらを見ているヤツも‥
 
腹減ってんのかな、と思いはしましたが食いモンなど与えてはいけないのでさよなら。
 
alt
 
 
 
龍飛崎灯台へやってきました。
ついに来たなぁ、やっと来れたんだなあ~ヾ(o´∀`o)ノ♪
  
alt
 
 
いつか、いつか行ってみたいと思っていたところに今俺はいるんだぞー
 
一人旅なので叫んだりはしないけれど、高揚した気分を反映してくれたのか、空も晴れ渡って対岸?の北海道も肉眼では良く見えました。
写真でもうっすらと雲の下に陸地が写ってます♡
 
alt
 
 
図解するとこうなるそうな。↓
 
alt
 
 
あまり自分を撮らない僕も、さすがにここではちゃんと気合い入れて自撮りしてきました。
 
 
もちろん、相棒も(^_-)-☆
 
alt 
 
3軒ある売店は3軒とも開いていましたが、それほど客引きすることもなく、左端のお店にすんなり入って一夜干しのイカを焼いた奴を買って食いましたがうまかったです。
 
車内で食べるには生イカ焼いた奴より液だれしなくて始末が良い。
 
 
 
さて、岬の高台から車で下りて、件の階段酷道を見物に。
R339の成れの果てですね。
 
と思ったら火事があったんですね。
登り口の家々が丸焼けになってました。酷い光景見ちゃったな…(´;ω;`)
 
alt 
 
 
階段はもちろん健在。
 
ココもついに来てヤッタぜ!という場所。
 
alt 
 
 
 少し上ると小さな漁村が一望でした。
 
alt 
 
 
階段酷道の階段部分の一番上。
こういうとこに一般観光客はあまり来ないのか、僕が行ったときは写真を撮ってる旅人が一人いただけで静かでした。
 
alt
 
 
んでもって、龍飛のさらに先っちょにくっついてる帯島の飯屋の裏の大岩によじ登って撮った津軽海峡。
 
alt
 
 
防波堤上から龍飛崎を望む。
 
alt 
 
そして、旧奥谷旅館。
太宰治などが泊り今は観光案内所だそうな。 
 
宿なら泊まってみたかったがな…
 
alt 
 
 
その向かい側の防波堤に待つ相棒。
 
alt 
 
 
さて。昨日今日と親しんできたR339も残りわずか。三厩の町まで一走りして、JR津軽線の終着駅、三厩駅に行こうと思います。 
 
てなわけで、三厩駅。
かつて我が町を通る寝台特急あけぼの号があったときは『あけぼのに乗って翌朝に津軽線に乗って…』と机上の旅に夢を膨らませたこともあったのですが新幹線ではどうも味気なくて行く気がせず、乗らぬまま足が遠のいてしまったローカル線の終着駅。
新幹線は快適なんですけどね。個人的には便利で早いってことより懐古趣味が大きいんでしょうね。
 
alt 
 
 
実物は写真で見たりネットで聞いたりした三厩駅よりきれいでしたが、当然ながら写真よりも終着駅あるいは終端駅の雰囲気は色濃くて、偶然止まっていた気動車も駅の雰囲気を良いものにしてくれました。
 
 
 
alt 
 
 
国鉄型の列車。車中は4人向かい合わせのシートで昔ながらの雰囲気でした。
 
alt
こんな列車内で駅弁食べながら景色眺めたあの頃が懐かしい。。。
 
今どきはなにかといちいちうるせえなもしくはしらんがなと言いたいほど五月蠅い世の中なので新幹線の中で何か飲み食いしてもネット上で叩かれたりするので、そんな旅はまっぴらごめんですww
 
 
alt
 
満足感の高い一日だな~、と旅の色々に感謝しつつ青森市へ向かいます。
三厩からはR280
 
 
ここからはしばらく、ほぼ青森湾に沿って走るコースが続きます。
 
alt 
 
 
や、~いいですよねこういう道。
R280イイネ♥
 
おにぎりと相棒。
 
alt
 
 
対岸には下北半島が見える平館海峡。
 
ちょうど青函航路のフェーリーが函館を目指してゆっくり進んでおりました。
 
alt
 
 
 
道の駅たいらだてにてトイレ休憩。
売店に寄ったら美味そうなホタテの炊き込みご飯が売っていたので買いこんでしまいました。
 
体調が万全なら海の幸を賞味しに繁華街へでも繰り出したいところですけど酷寒の朝(群馬比)を2日続けて車中泊の車内で迎えた後なので、大事をとって本夕は静養に努めたいと思います。
 
alt
 
 
17:00少し前にホテル到着。
 
昨晩に予約しましたが口コミ通りなかなかいい感じの建物、というか、エントランス。
アートホテルカラーあおもり
 

alt
 
 
部屋は4階の隅っこ。シングルで狭い部屋ですけど十分快適。
いや、車中泊から比べるととても広いのは自明ですw
 
100V電源で思うさま充電し、、、というのは僕のえぶちゃんにはシガーライター等の12V以外の電源はないのでそれですべて賄ってるからです。
長旅に頻繁に出られる環境ならいいけども、年に1.2回じゃあ使わないまま装備が劣化しそうで手が出せないでいます。
でもそのうち苦手な電気系統にも手ぇ出したいなとは思ってます。
 
alt
 
 
まあ、静養中とはいえ青森駅は十数年ぶりに見ておきたいので厚着してお散歩に。
…ほう、だいぶ変わった気がするなあ。
 
こんな駅ビル、昔はなかった気がするんだが…記憶違いかな…
 
alt
 
 
ホタテご飯だけでは足りなそうなので、立ち食いそばにもチャレンジ。 
あえて差の出づらいかき揚蕎麦にして比べてみましたが、安定の東日本標準味でした。
 
alt
 
そんで、ホテルに帰ってタイトル画のロビーで地元の本を漁りながら、ホテル内のコインランドリーでここまでの汚れ物洗濯し乾燥機にかけてリンゴ酢ドリンクをお替りし、部屋に戻ってホタテごはんうまうまー♡
alt
 
 
21時くらいには寝ました。
やっぱ寒いと消耗するんですねぇ…
旅先で無理は禁物。
以前に四国でお遍路したときには無理して腹壊して往生いたしました
 
今回は明日からもたっぷりあちこち行きたいので一夜でリセットかけました。
 
さ、明日からはどこへ行こうかなぁ~ 
下北半島の恐山もあるけど津軽に未練たらたらだし…
悩みながらのおやすみなさいです(ノД`)・゜・。
 
.

Posted at 2018/05/20 14:39:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | えぶちゃん | 旅行/地域
2018年05月19日 イイね!

津軽で車中泊三昧④【5月10日前編】

津軽で車中泊三昧④【5月10日前編】
この日も異常低温注意報が出ておりまして
真に寒い朝でありました。
 
5度くらいだったのかな。関東との季節の差に
驚きましたΣ(・ω・ノ)ノ!
 …寝袋2枚重ね+毛布2枚で安眠♡
    備えあれば患いなし(*´▽`*)
 
 
 
朝起きても一人きりな状況は変わっておらず、シーンとした道の駅で湯を沸かし、寒いのでカップ麺と昨日買ったパンで朝めしを済ませ、津軽中里発08:30の列車に間に合わせるべく07:55、道の駅出発。
 
alt
 
 
通勤時間帯なのでそれなりにクルマの通るR339を流れに乗って走り、無事08:15に駅に着きました。
 
alt
 
割と近代的。左横に駐車場があったのでそこにえぶちゃんを停めさせていただき、鉄ちゃんモードに切り替えて駅構内の全体像をパチリ。
 
寂しいけど、 
イイ感じの終着駅ですねぇ!
alt
 
 
駅舎には物産コーナーと昼過ぎまでやっている軽食コーナーも併設されていますがこの時間はまだ営業時間外でした。
土地の言葉でのインフォメーション『開がねんず&押してけろ』がすてき。
 
alt
 
 
 
折り返し津軽五所川原行きになる列車が単コロで到着。
車両はローカル線でよく見るタイプのものでしたけど、なんか色がいいなあ♡
 
第4種踏切とかも多いんでしょうから、警戒色も兼ねてるんでしょうかね。
 
alt
 
発車は08:30、定発。
 
走行中は運転席真横のかぶりつきで津軽鉄道を堪能。
 『うおー!俺は今、ココにいるんだ!』
という旅の醍醐味も最高潮。
降りる客も乗る客もいないのは運転席から見れば一目瞭然なので、そういう駅での停車時間はとても短く、特に末端区間の金木⇔津軽中里間がいかにもローカル線って感じで良かったです。
 
途中の毘沙門駅とか、芦野公園駅なんかも雰囲気のある駅でした。
 
 
↓津軽飯詰駅も過去に交換駅だった名残もあって良かったかな。
 
alt
 
 
 
そして、JR五能線との接続駅、津軽五所川原に到着。
 
この日は国交省の検査かなんかが入っていたらしく、津鉄側の人も数人いて妙な緊張感がある駅ホーム上。
停止位置をCM単位で測ったり、帰り便は検査官も乗り込んで臨時の徐行区間を設けてメーターを隠しての速度計測とか物々しい雰囲気で運転士さんはさぞかし煩わしかろうと同情することしきりでした。
 
でもきっと、こういうことの積み重ねもあって安全運行が保たれてるのかな…
 
alt
 
あ、ストーブ列車の車両↓もホームにいましたよ!
 
僕は旅先の普段の姿が見たいので観光用の列車にはあんまり興味はないのですが、これは懐かしかったです。ガキの頃はまだ地元の国鉄路線にもこんなのが時折走ってたし乗ったこともありますし。
   …さすがにストーブ暖房ではなくスチームでしたけれど。
 
alt
 
 
折り返してきて津軽中里駅併設の物産コーナーにて
ねぶた祭りようでしょうか?
 
alt
 
 
↑寒いのでストーブ炊いてました。
 
寒いのでけの汁ってのを食べてみました。
青森辺りは塩気の強い味付けなのかとおもいきや、意外にも出汁の効いた優しい、どこか懐かしい味でとってもおいしく温まりました。
 
漬物はおばちゃんの自家製で、サービスしていただいちゃいましたヾ(o´∀`o)ノ♪
 
alt
 
さて、のんびりしたいのですが今日中に竜飛岬を回って青森市内まで出たいので先に行きます。
二日続けて低温注意報の寒い朝だったので、この日は駅前のホテルを予約済み。
 
 
 中泊町の名物、ウスメバルを使ったメバル善を食べるのも本日の目的の一つ。
地元の人で込み始めたお昼前、十三湖湖畔の奈良屋さんで頂きました。
 
alt
 
煮魚もお刺身も、十三湖名物のしじみを使ったしじみ汁も、それからイカソーメンも、めっちゃ美味かったデス!
 
 
GW明けのR339は車も少なく快調で、予定より少し早い12:30に道の駅ポントマリこどまりに到着。
暫しのトイレ休憩です。
 
食堂のメニュー表にマグロうに丼があってめっちゃ食欲をそそられたのですが、さすがに腹いっぱいでもう食べられず断念。無念。
 
alt
 
 
 
道の駅からそう遠くない(Google先生によると4.4km。車6分)ところにある七つ滝
こんなに海の近くにある滝って内陸育ちの僕には珍しかったので思わず止まって見物しました。
 
間近で見上げると結構な迫力と流量です。
 
alt
 
相棒と記念撮影♡
こんなとこまで来られるのもコイツがいればこそ。
 
alt
 
 
海沿いのR339。快適な道を走るのは前のエブリイと僕のえぶちゃんだけで、果てに来たなあ!感満点。
 
alt
 
 
峠っぽいところにあった眺観台の駐車場。
これから行く龍飛岬までよーく見えました。
 
alt 
 
こんなに登って降りるのですねぇ。
 
alt
 
 
alt

台風なんぞ来ているときは軽い軽ッパコなんぞ飛ばされて転がりそうな、風の強い素寒貧としたところでした。
 
 
…後編に続く。
 
.











Posted at 2018/05/20 10:16:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | えぶちゃん | 旅行/地域
2018年05月18日 イイね!

津軽で車中泊三昧③【5月9日後編】

津軽で車中泊三昧③【5月9日後編】


←こちらは本日の到達地点。

【道の駅 十三湖高原】

ここまで行きます(*´▽`*)



ということで、後編はブナの森を歩き始めます。
関東ではとっくに新緑は過ぎましたが、こちら白神山地山麓では今が新緑のピーク。
ハラワタまで緑色に染まりそうな木漏れ日の中を歩くのが楽しくないはずはなく、いい年こいてスキップでもしちまいそうでした。

alt



とりわけ太い幹を見つけて顔をくっつけながら樹冠を撮ってみたり…

alt


このような道を歩いて森林浴満喫です。
まっことキモチがいい。
 
慢性鼻炎が治りそうなくらい空気が清々しくてスッキリしました。

alt


大木の根元には赤い実をつけた草?が生えていたり…
『う~ん…いい色合いだなあ★』

alt


そして、コース内のお目当て、沸壺の池
『なんなのなんなの…青池だけが青いんじゃないじゃない!なにこのキレイな色は~』

alt

透明感がすごくて、青色はグラデーションで、鳥の声が降ってくるようで、
ほんとに気持ちいい場所でした。
…なにより団体客は青池とキョロロ以外には行かないのか静かなのが良い( *´艸`)

alt

池の大きさ的にも、ロケーション的にも、こっちの方が青池よりいいかもしれない。
騒がしいのを望まないヒトはぜひ行ってみてください。
モデルコースからちょっと外れるだけで行けた気がします…
 
 
高低差のある部分はこんな感じ↓で木の階段が作ってあり、写真写りはイイのですが…

alt


『気を使ってくれてるのに申し訳ないんだけど、これ、歩きづらいんだよね。』
他の方々も同じ思いと見えて遊歩道の階段の横はたいていこんな坂ができちゃってます。
これは全国共通

alt

自然保護の観点からは階段を歩かんといかんのでしょうね。むやみに道幅を広げるのはよろしくないわけで…
歩きづらいが仕方ない…階段を歩かねばなるまい
 
…そんなこんなで楽しい森林浴はそろそろ切り上げて駐車場に戻ろうと思います。
再び舗装路に戻り…

alt

養鱒場っぽいものが十二湖ビジターセンター裏にあったようなので、帰路に見学してみました。
『ほう。幻の大型淡水魚イトウがいるのか。』

↓あなたがイトウさんですか…ヒレが小さいんですね
ゆったりした動きの鯉より大きくてのめーッとした体型のサカナでした。
 
alt


湖沼群をめぐる道沿いには、咲き残り?の桜も咲いていました。
 
『はぁ~癒される。一昨日まで職場にいたのがウソのようだ。』

alt


えぶちゃんに乗って十二湖駅前まで来てみると、ちょうどJRの観光列車が到着するところでしたのでパチリ。
快速しらかみって言うんでしたっけ?
 
   ★調べてみたら【リゾートしらかみ1号】と出くわしたようです。

alt

駅舎内には小さいながら売店もあり、ソフトクリームも青池仕様の青があったのでミックスを購入。
爽やかなヨーグルト系の味で美味しかったデス。
他に、笹餅なる郷土菓子を食ったのですが、『なにこれ?』的なルックスなのにうまかったです☆彡
 
alt


んで、再び三度のR101を北上。
 
行合岬に立ち寄ってみました。

alt

なんか最果て感のある場所でした。先っちょの方まで行くと、枯れ草が一面に広がっていて、その中に幾筋かのみちが伸びていて、風がめちゃ強くて…キャンプ場もあるのだけれど駐車場から海岸べりのテン場まで荷物運びがオオゴトそうでしたね。…でもその分利用者が少なければ景色を独占できそうな気もします。
 
 
寄り道ばっかですが、鉄分補給にローカル駅探訪。
五能線驫木駅(とどろき-えき)
、とか、等々力ならすぐ読めますがこの漢字は当用漢字ではないですよねきっと。
 
alt


信越本線の新潟県にある青海川駅なんかもホームの下が海!的な駅ですが、こっちの方がソレっぽく見えるのはあまりにもローカルな環境のせいなんでしょうか…
 
ね?!
 
alt


そして、【道の駅ふかうら風合瀬】↓
鮮魚売り場のオニイサンなんかイイ感じに声かけてくれたんですけど旅先で生魚一匹買ってもさばけなきゃどうにもならんし…刺身にでもしてくれるならともかく…残念無念! 美味そうな魚がお安く並んでました。

ちなみに僕は車内調理はしない派ですん(´;ω;`)
旅先のこととて汚水も生ごみも捨て場に困りますもん。

alt



途中鰺ヶ沢町の入浴施設、海のしずくでゆっくり湯につかって今日の汗を流し…
(海のしずくは安くて昭和風のいいお風呂でした!)
 
 
…左折してr12へ入って北上。十三湖を目指します。

alt

時折カーブや狭い箇所はあるもののr12も走りやすい良い道。沿線には亀ヶ岡遺跡なんかもあるみたいですが時間の関係で割愛しました。

↓17:30ごろ、本日の宿営地【道の駅十三湖高原】に到着。

alt

ここにも展望タワーがあったので、強風に翻弄されつつ登ってみました。
暮れなずむ十三湖が見える…なんと寂しげな景色だろう…

alt


駐車場に止まっていた車が1台去り、2台減り、従業員さんもいなくなってえぶちゃんとワタシだけの道の駅…
孤独感満点♡

日が暮れて暗くなって、帰宅するクルマがR339を突っ走っていきますが全く入っては来ず、この晩はほんとに孤独な車中泊となりました。
 
でも、駐車場は真っ平ですし、風の音以外は音がしなかったし、まじ良く寝られましたよ~!
さ、明日は午前中は鉄ちゃんに戻り、そのあとで津軽半島の北端、龍飛岬を目指します。
 
 
おやすみなさい(ノД`)・゜・。
 
.
Posted at 2018/05/19 21:20:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | えぶちゃん | 旅行/地域

プロフィール

「津軽で車中泊三昧⑦【5月12日前編】 http://cvw.jp/b/2707764/41506071/
何シテル?   05/21 22:24
なかなかとれない休みを無理にとって旅に出たり …狂って仕事を辞めて徒歩旅に出ちゃったり 気が向けばDIYに勤しんだり 昔はトヨタの営業マンでしたが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

主に軽箱バンを車中泊仕様にしてる方、オトモダチになってくださいませ(人''▽`)
6 人のお友達がいます
kすいかkすいか きよきよ08きよきよ08
急行カムイ急行カムイ ☆ギブソン☆☆ギブソン☆
はらたろうはらたろう moto_bbmoto_bb

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エブリイ えぶちゃん (スズキ エブリイ)
色々と予想以上でとても気に入っています。 …軽をバカにし過ぎてたw 通勤、買い物 ~  ...
トヨタ bB びびスケ (トヨタ bB)
平成20年2月に30000㎞弱で買って、早8年。139000㎞となりました。
トヨタ クラウン トヨタ クラウン
確か、8年落ち10万キロ走行で後期型のタマを30万くらいで見っけてきて4年ちょいで7万㎞ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.