• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ルネッサンスのブログ一覧

2018年10月18日 イイね!

GB250クラブマンVS SRV250(4DN) ?

GB250クラブマンVS SRV250(4DN)  ?
 
 知恵袋でよくある質問でGB250クラブマンSRV250のどちらが○○でしょう。という質問
そんなもの自分の好みで決めたら良いと思うし2気筒、単気筒の差もあるし、あまりに安直に人に頼り過ぎでどうかと思う。まず両車のブログ、レビューを徹底的にチェックするのが筋。  タイトル写真はCBX250RS
alt
ホンダ GB250クラブマン

alt
ヤマハ SRV250


 エンジンなどはまるで、成り立ちが違う、SRV はピラーゴ250のエンジンをリファインして出力を若干上げたものを使用。もともとアメリカンバイクの仕様のためV型エンジンの挟み角を狭めて(60゜)振動を出しているエンジンだ。
 片やクラブマンのエンジンは単気筒ながら始めから高回転高出力を狙ってヘッドはDOHC 4バルブ、しかもRFVCと凝ったメカを採用、振動が多いのは振動対策用のバランサーを入れる事による出力低下を嫌ったものと思える。

 自分が思うに、より高回転までブン回したい人はスパルタンなクラブマンが良いだろうし、街乗り、峠、高速、全ての環境で安心して乗りたいならSRVか。    
 
 どちらも振動の多いバイクだがSRV は高回転になると不思議と振動が減る。どちらを選んでも大きな失敗はなさそうだが、2車で迷うなら外観の好みで選ぶのが1番だと思う。但しクラブマンの初期型は単気筒でもキャブが2つあり、シングルの割にメンテが面倒そうだ。

 何より1番大切なのは中古の程度だ。その点では高回転まで回るクラブマンはエンジンを酷使されてコンディションを崩した個体も多い気がする。

 ところで、両車の見た目だが個人的にはクラブマンが好みだ80年代にこいつが出て来た時は、旧英車のデザインを持って来たなとピンと感じたものである。
 ベロセット・スラクストン、マチレス、BSA等にどことなく似た部分があった。
それというのも先の中沖満さん等の影響で旧車ファンになり、わりかし詳しくなっていたからだ。
alt

alt

alt



 それにしても、ホンダは「知らない人が見たらビジネスバイク並のデザインで出して博打を打ったな」そんな風に当時は思ったが、これが見事に当たり人気を博した。その煽りを受けたのが本家本元のCBX250RS。 そもそもクラブマンはCBX250RSのバリエーション・モデルとして、外装を古めかしくして古き良き時代を偲ばせるマシンとして販売された物。それがなぜか本家を差し置いて、クラブマンの方が売れるという皮肉な結果になった。

 そして本家のCBX250RSは過去のベストセラー・マシンを更に改良し、エンジンにもハイメカをおごり、車名はあの栄えあるCBX400F、CBX1000と同じ名を冠し満を持してデビューさせたにも拘わらず、人気は前身のCB250RSにも及ばず、果てはバリエーション・モデルのクラブマンの行く末を見る事もなく静かに身を引くのだった。
尚、クラブマンは大変なロングセラーモデルになり、小変更を繰り返しながらも14年間も販売される長寿モデルとなった。

 それに引き替えSRV はマイナーチェンジも含め4年間を経て、装いも新たにルネッサとして再チャレンジするも僅か2年で消滅。
ヤマハの思惑であった250のSR版とはならなかった。
ホンダは明暗を分け、ヤマハは思惑が見事外れた結果になった。


Posted at 2018/10/18 21:02:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月17日 イイね!

仙石由人さん死去

仙石由人さん死去


へえー !
Posted at 2018/10/17 09:04:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 社会 | 日記
2018年10月16日 イイね!

秋深し・・・。

秋深し・・・。
 今日もまだ天気はよさそうなので、昨日のハーレーとのツーリングでさほどエンジンが回せなかったので給油がてら、ひとっ走りしてこよう。

 JA給油所安来みなみでガソリンと所定のフューエル1を入れて県道9号に乗って上流へとぶっ飛びました。
ど田舎のこととても人もクルマも少なくその上家も少ない環境なので、この辺りは走り屋にとっては好都合の場所。
見通しが良いのでスピード出しても怖くないし適度なワインディングが飽きさせません。

 そこから走って赤屋を過ぎて下十年畑辺りまで行ったところで、こりゃキリがないやと引き返し、途中「上の台緑の村」の看板があったのでそれに従い右折して山道をグルグル上りました。駐車場に着くと駐車場には当然のように車が止まっていません。もうシーズンオフです。来るのは私のような変人だけです(笑)

alt
だだっ広い駐車場にはルネッサがぼっち状態です。

さてそこから登って行くと・・・。
alt
まず入り口に施設の案内看板

alt
あー よか環境ですバイ なんて景色を堪能していますと何やら匂います。田舎独特のこれは・・・。糞の匂い !

alt
横に回ると執事舎いや、ひつじ舎。
alt

中を覗くと、    ぬわんと
alt
綿羊がいたなりー、これは面妖な←ダジャレはいらん
これは始めて見ました、いつごろから飼っているのでしょう。おそらくバーベキューのシーズンにはラムとかマトンの肉として上の施設で振る舞われるのでしょう。ここを見てしまったら何となく可哀そうに思えますね。

alt
下界を見下ろします。

そこから少し上ると
alt
「上の台緑の村」の管理棟です。


alt
alt

遠くを見ますとここの遊戯施設も見えます。
alt
コテージもいくつか備えていてアウトドアのレジャー客に対処しています。




 そして管理棟の横にある建物、シーズンになると、この前がステージになり各種の催しが行われ、それを見ながらお客さんはビール、バーベキュー等楽しむのです。
とても懐かしいです。昔ここの前でバンド演奏した事があるんですよ、証拠写真もあります。
いやーのどかですね、こんな場所で。 親父バンドでヘタですけどね(笑)
alt

alt
今やこの内2人が故人です。時の移ろいを、ひしひしと感じます。


 さて、そこから駐車場に帰って山を下ります。来た時と別のルートを使うと、恐るべきことに下りの舗装路の上に土砂が流出してそれが乾いており、それに乗っかると滑るのは確実なので、それを避けながらの走行です。
少し下がると路面は正常に戻りましたが今度はクリの皮が一杯落ちてて、今度はパンクの恐れかーい。
ひょっとして次はバナナの皮か(笑)
alt

alt
秋もすっかり深まりましたね  田舎の四季を感じます。

 
 待てよ、これは栗拾いが可能かもと、そこにバイクを止め、暫く栗の実を探しますといくつか拾いまして、結構得した気分で、そこからはバイクのエンジンをかけずに自転車状態で下りクリの皮を発見する度下りて栗拾いしました。
alt

そしてその後、平地に降りた場所のある一角   クリの実が拾い放題です。もうポケットはパンパン !!
alt
本日は予想だにしない栗拾いツーリングになりました。通勤でもないのに3日間連続で乗りました(笑)
それにエンジンもしっかり回せて絶好調です。ちなみにハーレーとのツーリング燃費は自己最高の42.86km/lでした。
ドライブ・スプロケット変更効果が出ていますかね。
気温22℃    無風    走行距離   56.3キロ




alt

PS  栗ごはんにした余りがまだこれだけありました。



Posted at 2018/10/17 12:31:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月15日 イイね!

まだ走り足りない !?


 朝、昨日一緒に走った近所の省吾さんから着信があるので出ると、今どこ ? と  「家ですけど」今家に来てるけど「えーー、今すぐ出ます」 あーうっかりしてた (汗) 

 話の内容は昨日のメンバーの1人、島田さんから朝電話があり、まだ走り足りないので出来たら今日も一緒に走らないかというお誘いがあって、出る事になったらしく私にも声をかけたとの事。

 それはそれはと快諾し、約束の時間に省吾さん宅へ行くと昨日と全く同じメンバーが揃っていて笑いました。 あんたら好きにも程があるわ、呆れるわ。     俺もだけど(笑)

 今日はR180から日南を経由してその後右折してR183に乗り生山の道の駅にちなん日野川の郷で小休止。
丁度12時だったけどコーヒーブレイクのみにとどめ、今度は裏道の県道8号線で新見までワープ。

 新見市内から新見駅のすぐ近くの県道32号線に乗ります。 うわーこんな道ばかりです、とてもハーレー乗りが選ぶ道とも思えぬワインディンク゛続きの道です。そもそも先導の省吾さんが生粋のハーレー乗りではなく、息子が買ったハーレーに本人が多忙で乗れないのをいい事にずっと乗り回しているというチョイ悪親父なのです。

 最近は町内で飲み会があると2人で必ずバイク談義が始まって長いのです。ホンの数年前までは、さほど交流はなかったのですが(笑)    同じ趣味という事で急接近した仲であります。

 さて県道32号線に乗って目指すは真庭。やっと昼飯にあり付けたのが、およそ午後2時、場所は勝山の木の駅近くの「一心庵」 蕎麦屋さんです。
alt
これで10割そばだと言います。皮を全部剥いてしまったら蕎麦っぽくなく今一ですね、見た目からして。
しかも北海道産のそば粉なのだそうで・・・。食べてもパッとしないのでした。4人とも同意見。これで\1000は高い気がしました。まあ我々が蕎麦通でないのが1番の原因かも・・・。



alt

alt
ルネと自衛隊の、おやっさんは(笑)こっちに止め

alt
カワサキバルカンの島田さんとハーレーウルトラ~のお二人は別な場所に止め知らない方と談笑中。



alt



 さてそこからはR313でまたコーナーをひたすら楽しみ、ナイス・クルージング。ところで今日私は偶然、あの達人ネモケン氏のいうコーナーに入る手前できっかけ作りに反対方向にハンドルを切ると、あーら不思議マシンが進行方向にスパッと倒れ上手く行くと言うのを何となくやっていました。これは理屈は分かっていましたが何となく抵抗があって今まで出来なかったのです。そういえばこの方法は以前から省吾さんがやっていたのを見ていました。とりあえず出来たのでこれから、よりスムーズに自然に出来るようにしたいと思います。
 ずっと走っていくつかの温泉を通り過ぎます、真賀温泉、足 (たる) 温泉、湯原温泉を過ぎどんどん走って蒜山の道の駅風の家 で休憩。
alt

alt


alt

               またこの3人はカスタムの話に夢中です。 
 島田さん「この後ろに付いているメッキのボックス外してシングルシートにしたらフェンダーが直接見えてカッコ良くなるぞ !」    岸本さん「おい、省吾、気をつけろよ、こいつはそんな事薦めて外したボックスを貰って自分のバイクに付けようとしてるぞ」   省吾さん「ああーかなわんな(笑)」

この仲間のやり取りって漫才みたいで結構楽しめますね(笑)

 今日は月曜日という事もあってバイクは少な目だけど昨日はとっても多かったですよ、挨拶はかわし放題で、とあるグループなんか超ロングヘアーの素敵な尾根遺産がおり、手を大きく振ってくれました。
「ビンビンだぜー !」  なんて返したりなんかしてね(笑)
 
 あんなグループが羨ましい、ツーリングとまでは望みませんから
                    せめて夜だけでもご一緒してみたい。
                     ↑         
  バカヤローそれがいちばん贅沢だ !!
とうとう壊れ始めたぞ ! ←もともとな !

 本日はそんな楽しみもなく走りながら道路わきのコンビニの外でコーヒーブレイクなさっている大型SS乗りのお兄さんに手を振ったら返してくれて嬉しかったです。
これはこれでいいかも(笑)
 
 そして4人とも何事もなく無事に帰り、本日も満足なツーリングでした。  かしこ

気温22℃   微風    走行距離 215キロ
Posted at 2018/10/16 21:12:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2018年10月14日 イイね!

例によってハーレーとツーリング。

例によってハーレーとツーリング。

 前回は体育の日(10/8月)に久々に松江の大橋川を渡った友人宅(早々に会社を辞めシジミかき)へ行って来ました。幸い本人在宅で随分長らく会話してから今度はやはり、会社の時の先輩宅へ行くと、お留守。

 暫くその辺りをウロウロしていると、不審に思ったのか近くの畑にいた女性が近づいて来られたのでフルネームを告げ挨拶すると
「あらー懐かし―、どげしちょーかね」
「いや退職して家で遊んじょーわね」
「何年振り、私が退職してからだけん30何年経つねー」
「あげだねー、その後1回も会っちょらんもんで」
「さっき見ちょったらバイクが止まって、えらい、ウロウロしちょーけん物売りかいなと思って」~外人の会話?
いえ、こちらの方言です。
 そこで大分盛り上がって暫く話した後、ダンナの居場所を聞くと近くで稲刈りの下手間をしてるとの事で、教えられた場所に行って、歩いて恐るおそる近寄って確認すると先輩と周辺の稲刈りを一手に請け負っておられるご夫婦のようでした。
その奥さんがお茶にしようと言われ図々しくも突然来てお茶まで、ゴチになり、農業の話で大いに盛り上がりまた。
どうもこのコンバイン(乗用稲刈機)上のエントツが途中で動かなくなったとかでカバーを外してみるとセンサーが緩んでガタガタだ。   「ああ面倒くさ !」現地で調整修理、農業も大変だ。

 田んぼは地下水があるらしく恐ろしくコンバインがはまってるしね。経験者の私は昔の事を思い出しちゃいますよ。
とかなんとかで目的の2人とも会えまして良かった、良かった。
alt

alt

毎日この仕事も嫌になるでしょうね (>_<) どんなんでしょう。





変則バイクツーリング

 本日昼近くから晴れると言うので、いつものハーレーさん達と走って来ました。1500cc、1500cc、250cc、1500ccこんな凸凹グループが走っていると皆が注目するかも。ギャグ好きな私にとってはとっても美味しいツーリングです。行先は行き当たりばったりで、高速で「道の駅はわい」まで行って昼食、その後、倉吉、真庭、蒜山、大山~帰りました。蒜山ではバイクが単独で事故してましたね、同行者はお世話が大変そうでした。速くより無事に帰るのが上手なライダーですよ。
alt
いつもの親父or爺です(笑) 今回4人大山にて


alt
前回のハーレーウルトラ~の岸本さんに加え今回はバルカンの島田さんも参加。私とは初顔合わせです。
そしてもう一人はいつもの自衛隊仕様 (笑) のハーレーで近所の省吾さん。

気温18℃  無風  206キロ走りました。


 

 
Posted at 2018/10/14 19:15:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | プチツーリング | 日記

プロフィール

ルネッサに一目惚れから短く、「ルネッサンス」に改名致しました。今後とも引き続きよろしくお願いします。 趣味はバイクでツーリングですが基本ソロ、下道トコトコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

ヤマハ ルネッサ ヤマハ ルネッサ (ヤマハ ルネッサ)
 2013年11月にヤマハ ルネッサでリターンライダーになりました。30700kmと過走 ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2015年に新車で購入。遅ればせながら燃費のチェックのために登録させてもらいました。 S ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.