• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

osimaのブログ一覧

2018年12月02日 イイね!

炊飯器が壊れたので新しいのを購入

最近言うことを効かないんです。


炊飯器なんですけど・・

どのボタンを押しても反応が無くなりました・・


ボタンの物理的な故障か、ケーブルの断線、それともヒューズが飛んだのか・・
すべてのボタンがいきなり効かなくなったのでボタンは違うか・・

色々考えられますが、とりあえず分解しましょう。

p628.jpg
これが壊れたTIGERの炊飯器。購入1年目に壊れて修理したのですが、2年目にまた故障・・
安いやつだからか・・あたりが悪かったのか・・

とりあえず私の中ではTIGERの信頼度は下がってしまいました・・

p629.jpg
ひっくり返すとネジがいくつか見えますね。すべて外してしまいましょう。

p630.jpg
電源部分ですね。中に断熱材が見えます。

p631.jpg
後ろ側にもネジがあるので外します。これは取っ手のストッパーになってます。

p632.jpg
このストッパーを外すと、取っ手が後ろの方に下げられるようになります。

p633.jpg
すると引っ張るだけで取っ手が取れます。

p634.jpg
このあたりが開くようになってるので、隙間からこじ開けていくと・・

p635.jpg
釜の内部が取り外せました。

p636.jpg
問題のボタン部分です。

p637.jpg
ケーブルやボタンの接触などは問題なく通電しているようです。
ボタンの故障や断線ではなさそうです。

p638.jpg
ヒューズも大丈夫でした。
まあ、ヒューズが飛ぶようになったら、ヒューズだけ交換してもまたすぐ切れるので基盤ごと交換するしかありませんが・・

p639.jpg
釜がちゃんと入ってないと炊飯のスイッチが入らないようになっています。
そのためのスイッチが釜の底にあります。
このあたりがダメになったのならなんとかなるのですが・・

ここも正常に通電していました。残念。

p640.jpg
電池も問題ないようです。

マイコンチップがダメになったのかな?
これはもう基盤ごと交換するしかないようです。

元の値段を考えると、修理してまで使うのは・・


というわけで・・



p641.jpg
HITACHIの炊飯器を買ってきちゃいました。

1升炊くことがほとんどなかったので、5.5合にサイズダウン。


p642.jpg
黒鉄色な感じの色合いがカッコいいです。

嫁はもっと明るい色がよかったそうですが、これが一番安かったので・・

p643.jpg
圧力釜なので、フタががっしりと閉まる構造になっています。
開ける時のガシャコン音がまたカッコいい^^;

同じコメなのにおいしく感じます。
圧力の違いか、サイズの違いか、質の違いか・・

なんにしてもかなり満足の炊飯器でした。
Posted at 2018/12/03 00:40:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家電 | 日記
2018年10月28日 イイね!

スチームバギーで大掃除

年末にはまだ早いのですが、油汚れを12月の寒い時期に落とすというのは効率も悪いし、なにより手が冷たくて大変です。

まだ暖かいうちにキッチン周り等の汚れを落としてしまおうと思います。

汚れ落としにはやっぱりマジックリンとマイペットをよく使います。

そして、今回はスチームバギー。
ケルヒャーとかだとスチームクリーナーという名前ですね。

p594.jpg
スチームバギー本体。それと分かりにくいですが床の油汚れ。

本体上部、中央にあるのが電源スイッチ。その後ろにある黒いキャップが水を入れるところです。
本体内部にはそれなりの圧力がかかるため、キャップはしっかりとした頑丈そうな作りです。

この部分が後で大変なことに・・


まずはキッチンペーパーと洗剤でラップするように汚れを覆っていき、しばらくなじませます。
汚れが浮いてきたらウエスなどで拭いて大きな汚れを取り除いて、その後スチームでさらに油汚れを溶かしていきます。

p595.jpg
レンジフード、壁、IHクッキング、床という風に上からやっていきます。

洗剤だけでも汚れは十分落ちるのですが、スチームで汚れを落とした部分はなんかこう、一皮むけたような新品のフードのような手触りになりました。

ゆっくりやってたら、何かスチームの出が悪くなってきて・・。
水が切れてしまったようです。

電源を切って5~10分ほど冷ましてから水を入れます。
電源を入れてからスチームが出てくるまでは結構早いのですが、冷めるのを待つのが長く感じます・・。

そして、2回目のスチーム作業に取り掛かったのですが・・


なんか、スチームの出が・・悪くなった・・?

音もさっきと違う感じが・・


・・なんか、すごく嫌な予感がするんですけど・・


と、小脇に抱えたスチームバギーをじっと見ていると・・



突然、水を入れるキャップの所からすごい勢いでスチームが噴出


慌てて肩から外し床に置きました。


勢いよく置いたため転がって横倒しに。
そしてなおも本体からスチームを吹き出し続けるスチームバギー・・


電源スイッチは水を入れるキャップの近くにあるのでオフにできそうにありません・・

仕方なく、感電しないように手を拭いてからコンセントを抜きました。

困った・・しばらく使ってなかったから壊れたのか・・

配線やヒューズの問題で熱くならずにスチームが出ない、とかの故障ならありそうですが・・
スチームを出す仕組みはいたって単純なはず・・

冷えてからキャップを外して見てみると、キャップの方には圧力がかかるとそこからスチームを排出するような弁がついていました。

想像するに

スチームの出が悪くなった→どこかが詰まった→マシンの中の気圧が上昇→キャップから排出

という事のようです。

肩にかけれるようになってて、この緊急排出の位置はどうなんでしょうね・・もう少しでわきの下を火傷するところでした・・


ヘッドやホースには詰まるようなものも無さそうだし、本体の中にゴミでも詰まってたら厄介だなー・・

と、あちこちいじってると・・


ん・・なんか根本の見た目に違和感が・・

p596.jpg

こんな感じだったっけ?


ホースを押し込むと本体の中にグイグイ入っていくな・・


逆に引っ張ってもなんか引っかかってて・・ジャバラっぽいのが引っかかってる・・?


p597.jpg

出た。


もう一度試してダメだったらもう捨てようかな・・危ないし。

という事でまた水を入れなおしてスイッチオン。


お、今度はちゃんとヘッドからコポコポとちゃんと音が聞こえる・・

そして無事にヘッドからスチームが勢いよく出てきました。

よかったー

どうやら何かの拍子にホースが本体の内部に入ってしまい、中で折れ曲がってスチームが出なくなったのが原因のようでした。

次から気を付けよう・・

で、慌てたのでここから写真撮ってなかったのですが・・レンジフードと、壁、IHクッキングヒーターの汚れを落としました。

次は床の汚れ。

p598.jpg

ちょっとよく映りませんが、料理や皮脂の汚れで黒っぽい汚れがついてます。
床は面積が広いので、特に汚れのひどいところ以外はラップせず一面にマイペットを撒いて軽く雑巾でなじませる感じで。

スチームをかけて汚れが浮いたら拭きとって、またマイペットを撒いて・・を繰り返し・・

p599.jpg

床がピカピカに。

明らかにキッチンが明るくなりました(^^)Y。


さて、気を良くして次はお風呂の扉のレール。

ここの汚れもひどい・・



p600.jpg

扉やレールに、ホコリ、石鹸、皮脂、髪の毛、カビ等がこびりついて簡単には落ちない状態。

p601.jpg

これはひどい・・

p602.jpg

床のカビ・・

ここの汚れはもう一つ強力なカビキラーで。


流石に一度では落ちず、同じところを何度も何度もスチームをあてて汚れを吹き飛ばし・・

p603.jpg

p604.jpg

p605.jpg

完璧にとはいきませんでしたが、かなりきれいに明るい感じになりました。

いつも大掃除で時間がかかるところが終わったのでちょっと心が安らぎました(^^)
Posted at 2018/10/29 05:31:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家電 | 日記
2018年09月30日 イイね!

LSMini ダウンライトの設定

LSMiniのおかげで色々なものが操作できるようになってきました。

しかし、さすがに赤外線リモコンで操作できないものを操作することはできません。

うちのダウンライトもその一つでした。


やっぱり操作したい・・


で、これ。
p486.jpgp487.jpg
電球色でリモコン操作可能。
これならLSMiniでも操作が可能になります。

p488.jpg
中には電球とリモコン、簡単なマニュアル。

p489.jpg
マニュアルはこんな感じです。
ちゃんと日本語に対応していました。

OFFした時に現在の調光、調色を記憶しているので、ONで前回の設定で点灯します。
電球色には、全灯(メモリー)、常夜灯があり、全灯(メモリー)には好きな明るさを設定することができます。

それとは別にユーザー設定が3つあり、好きなRGB設定を記憶させることができます。

p490.jpg
全灯。60W相当なのでかなり明るいです。
これまで使っていたLED電球より明るくなりました。


p491.jpg
明るさを変えた後に全灯を押すと現在の明るさを全灯として記憶します。

p492.jpg
常夜灯。
写真ではわかりにくいですが、結構暗いですね。
足元は何とか見えます。

p493.jpg
p495.jpg
赤。

p494.jpg
p496.jpg
青。
お化け屋敷のようになりました・・
また、RGBには色を時間で切り替えたり、スムーズに色を変えたりする機能もあります。

さながらカラオケルームのようになりました。
Switchカラオケでぜひ利用したいと思います。

1つのリモコンですべての操作が可能ですが、リモコンがあまり強力ではないので向きによっては反応しない電球も。
LSMiniは強力なので、陰にならないように気を付ければすべて操作できます。


と、ここでちょっと問題が・・

この電球、全灯にしようと思ったら、ON、全灯とボタンを2回押さないとダメなんですよね。
しかしLSMiniのルールは1デバイス1ボタンしか押せない・・

ということは、ダウンライトを2つのデバイスで登録すれば行けそうな気がします。

通常、電気をつけたり消したりするだけであれば、
p497.png
通常のシーリングライトの設定の
消灯→OFF
全灯→ON
で設定しておけば、「ダウンライトつけて、消して」で操作することができます。

で、次に

p498.png
全操作を可能にするリモコンを追加しました。

こうすると、ダウンライトとダウンライトリモコンという2つのデバイスとなります。

そして

p499.png

と言うルールを作成。
ダウンライト全灯(ON)、ダウンライトリモコンの全灯の2つを登録することで、前回常夜灯だった場合でもこのルールを実行すれば常に全灯で点灯させることができます。
これらのルールは今後Google HomeとLSMiniの連携で活きてきます。

これでリビングの明かりがすべてLSMiniで操作できるようになりました。

Posted at 2018/09/30 14:50:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家電 | 日記
2018年09月11日 イイね!

LSMini エアコンの設定

では、今回はエアコンを設定してみます。

p443.png
手動でデバイスを追加するを選択します。

p444.png
エアコンを選びます。

p457.png
メーカーを選ぶか、リモコンを使ってメーカーを特定します。
今回はリモコンを使ってみます。
電源ボタンを押してくださいをタップ。

p458.png
赤色LEDが点灯したらそこに向かってエアコンの電源ボタンを押します。

p459.png
メーカーが特定されました。
スマホの画面の赤い丸。電源ボタンを押してエアコンの電源が入るかどうか試します。

p460.png
エアコンの電源が入ったらはいをタップ。
いいえを選ぶと別のリモコン設定になるので、また電源ボタンをタップ。
エアコンの電源が入るまで繰り返します。

p461.png
+ボタンをタップして温度設定の温度が上がるかどうか試します。

p462.png
正しく温度が上がっていたらはいをタップ。

p463.png
-ボタンをタップして温度が下がるか試します。

p464.png
温度が下がったらはいをタップ。

p465.png
エアコンの種類が特定できました。

p466.png
その他の機能を試してみます。

p467.png
風の強さやスイングオン、オフなどが機能するか試しましょう。

p468.png
正しく動いていたら、デバイスに分かりやすい名前を付けて終了です。
比較的簡単でした。
Posted at 2018/09/11 22:47:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家電 | 日記
2018年09月09日 イイね!

LSMini シーリングライトの設定

前回、LSMiniの基本設定をやったので、今回はシーリングライトを設定してみたいと思います。

LSMiniの設定の中にもプリセットのものがあるのですが、有名どころのライトじゃなかったり、新しい、古いと言った理由でよい設定が見つからないことも多いと思います。

p442.jpg
うちのシーリングライトもアイリスオーヤマのちょっと古いタイプで、CL12DL-U1という型番はプリセットにはありませんでした。
なので設定を作っていきたいと思います。

LSMiniに登録されるものはすべて「デバイス」と呼ばれます。

p443.png
手動でデバイスを追加するを選択します。

p444.png
今回はライトを追加します。

p445.png
赤外線リモコンで操作するタイプなのでシーリングライトを選びます。

p446.png
プリセットにはなかったので、今回は自分でリモコンを作るを選択します。

p447.png
ライトのリモコンで登録できるのは、点灯、消灯、常夜灯、調光、調色になります。
カラースケールはたぶんどちらでもいい気がします。見た目が変わるだけ。

CL12DL-U1では調光10段階、調色11段階の設定ができるので、それぞれ10、11を選択。

p448.png
各ボタンを学習させる必要があります。
とりあえずOKをタップ。

p449.png
まずは消灯ボタンを記憶させたいので、消灯をタップします。

p450.png
キーを記憶させるやり方は画像のようにLSMiniの赤いLEDに向かってリモコンのボタンを押します。
が、この画面ではまだ赤色LEDは点灯してないので、とりあえずOKをタップします。

p452.png
この状態になるとLSMini本体に赤色LEDが点灯します。
そこに向けてリモコンの送信部(リモコンの先についている赤外線LED、あるいはその窓部分)をぴったりつけてリモコンのオフボタンをかるく1回押します。
長く押したり、リモコンが動いたりすると失敗することが多いです。



p451.png
正しく記憶できました。

p453.png
もしこのように失敗したとしても、繰り返し何度もやるとうまくいきます。

p454.png

消灯ボタンが使えるようになりました。

同じように全灯、常夜灯、明るさ調整、色調調整のボタンを記憶させていきます。

p455.png
最後に名前を付けます。
リビングと和室のライトをそれぞれ設定したいので、とりあえずリビングライトにしました。
後で変えることもできますが、Google Home等と連携した後に変更するとちょっと面倒なので今のうちに名前はちゃんと考えておきましょう。

p456.png
リビングのライトが設定できました。

これでリモコンを探さなくてもスマホでライトの操作ができるようになります。

次回はその他のデバイスを登録していきます。
Posted at 2018/09/09 05:19:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家電 | 日記

プロフィール

「Dio110ガス欠で・・ http://cvw.jp/b/2817893/42284789/
何シテル?   12/11 09:31
osimasanです。よろしくお願いします。 普段は http://osimasan1515.blog.fc2.com/ の方でブログやってますが、整備関...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

1 人のお友達がいます
赤坂ジャンガリアン赤坂ジャンガリアン

愛車一覧

マツダ プレマシー マツダ プレマシー
マツダ プレマシーに乗っています。 傷の目立たない方向から撮影・・
マツダ デミオ マツダ デミオ
デミオに乗っていました。 いくつか試乗した中で足回りの快適さにほれ込んで購入を決意。 こ ...
ホンダ Dio 110 (ディオ110) ホンダ Dio 110 (ディオ110)
ホンダ Dio110に乗っています。 前に乗っていたアドレスv100が追突されて廃車に。 ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
ホンダ トゥデイに乗っています。 メタリックな水色で色が気に入ってたのですが、一年目の冬 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.