• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

j-hagiのブログ一覧

2018年11月13日 イイね!

紅葉の金沢

紅葉の金沢週末は金沢で講演のために行ってきました。




土曜日は、とある合宿に呼ばれて4時間みっちり話した後、懇親会12時まで浴衣姿で語り合い、楽しいひとときでした。

そして日曜日は兼六園など金沢の名所を案内してもらいました。



兼六園は実は初めてでしたので、3時間じっくりと紅葉を🍁楽しみました。









庭を見ながら抹茶をいただきました。








21世紀美術館で、大好きなタレルの部屋へ。
ここで天井の空を見ながらゆっくりするのが好きなんですよね。時間と共に全体の色がどんどん変化します。







このプールも面白いですね。


外からは無料、またタレルの部屋も無料で観られるところが21世紀の素晴らしい所です。


武家屋敷、野村家。この庭最高です。特に段差のある池は、立体感があり素晴らしい。

金沢は何度行っても素敵な街ですね。

自宅に着いたのは21時過ぎ、少しドライブしたくなり、旧山手通りの蔦屋まで!


コーヒーと本を買って帰りました。とても気持ちの良いドライブでした。


駐車場でホッと一息。
今週も無事に終わりました。




















Posted at 2018/11/13 09:41:19 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月09日 イイね!

ラヴァリナレザーの半年後の感想、まとめ

ラヴァリナレザーの半年後の感想、まとめALPINAのラヴァリナレザーオプションを検討されている方に参考になればと思いまとめました。なにせ、ALPINAの情報も少ないですがラヴァリナレザーの使用感の詳細などはありませんから。

良いものは広がると嬉しいです。

ALPINAのラヴァリナレザーオプションは、未加工の天然皮革で、南ドイツ産の最高品質の牛革だけを使用し、特別な染料により仕上げられるそうです。


青山にあるショールームでラヴァリナレザーで作られた下記のソファに座った途端に、その質感とシルクのように滑らかな手触りに魅了されました。




しかし、材質的には他のレザーよりも神経質らしいので、少し悩みましたが、このソファもかなり年月が経っていると聞き、材質的にこのソファと同じなら、大丈夫かなと思いました。

6月末にB3に試乗した際に購入を決断した際に、営業さんにラヴァリナレザーにしますと話しました。

どうしても気になる2018年にデビューしたB4カブリオレのパンフに映るバイカラー(2色カラー)のデザインにしたかったので、思い切ってラヴァリナレザーにすることにしました。

B4カブリオレのパンフ


僕の中では、購入を決めた日には、このB4カブリオレ一号車のデザインオマージュにしようと思い始めていました。


注文してから最終確定しなければならない頃に、ラヴァリナレザーの記事を読んだりして、不安が少し広がりました。
ALPINA社のラヴァリナレザーの紹介サイトでは良いことばかりが書かれていますが、【BMWアルピナ ラバリナレザーコレクション】では、ネガな部分も出ています。


まあ、少し傷んでもラヴァリナレザーに乗ってみたい、傷んだシートもなかなか味があるかなと...

デザインもバイ(2色)カラーなどを相談しながら細かく決めることができるのですが、細かすぎて、日本のALPINA輸入代理店のニコルの営業さんと学びながらの選択、後で知りましたが、ドイツALPINA社に何度も確認してもらったそうです。

その中で、全席から後部座席にはしるホワイトのアクセントライン、


下記のブルーの部分、


下記の助手席後ろのロールバーのブルーなどは、LAVALINA IIオプションには含まれていないことが判明し、慌てて追加し、他に何か漏れがないか少し不安になりました。



また、ホワイトのシートにブルーのステッチを入れようと考えていたのですが、最終的にニコルのデザイナーさんも異なる色のステッチはしつこくなるので入れない方が良いなどの意見をもらいました。僕もB4パンフの再現ということを考えたのだから、あまり変更を加えない方が良いかなと思いました。悩ましくもあり楽しくもある作業しでした。

結構ドイツ本社が情報を持っていて詳細が分からないということが多くありました。
ALPINA公式サイトのモデルメニューからモデルを選んでConfigureを選びインテリアを選ぶと内装の所にラヴァリナ・インテリアがあるのですが、選んだとしてもシミュレートできませんし、そもそも上記の特別オプションはどこにも掲載されていません。


このような経験から、もし詳細なラヴァリナデザインをされるならば青山か世田谷にあるALPINAショールームで購入されることをお勧めします。その方が情報量が多いからです。

もちろんBMWニコルのディラーでも可能です。しかし、このような詳細なカスタムデザインについては、結局のところ、青山、世田谷の営業さんとの打ち合わせとなるようです。
僕は、試乗しようと思った日に世田谷ショールームにB3の試乗車がなく、たまたま青山にあったので、青山にお世話になることになりました。

購入後の心配も必要ありませんでした。今は近所にあるニコルBMWにお世話になっていますが、とても親切に対応していただいています。

ラヴァリナレザーに話を戻します。
このレザーはALPINAのたった4〜5名の職人で仕上げるそうで、エンジンやサス等の組み替え後に革工房の仕事となるそうです。だから発注して一年かかるのでしよう。のんびり待ちました。

こちらで悩み悩んで決定したデザインを、革工房の職人さんが「こっちの方が良いだろう」と前席の足元のブルーを 勝っ手に変えて納車の際に発見するというのも驚きでした。


この変更に合わせて、後部座席のドアの最下部もブルーになり後部座席のドアもブルーの面積が多くなっています。


違いは下記の写真見れば一目瞭然。
左下が、2014年のB4カブリオレ一号車パンフの写真。右下と上が僕のB4Sカブリオレの写真。よく見るとドアの下の小物入れの部分がホワイトからブルーに変わっていますよね。




下記二枚は2014にデビューしたB4カブリオレのパンフレットより。





こちらのデザインも素敵です。
比べると、職人が変更してくれたデザインは全体的に引き締まりがありスポーティ路線ですね。
僕的には気に入りましたが、考えてみると結構な機能美的進化であることも敬服しました。

なぜなら、手や腕や靴で汚れやすい所がブルーなのです。手垢も意外に汚れるんですよね。狭いところではどうしても足がドアに当たります。しかし、このブルーは汚れがほとんど目立ちません。

435カブリオレの時はベースとなるクルマがベージュでしたので、床も窓を操作するパネルやボタンもシートベルトもベージュで結構汚れが気になりました。
下記の写真でも分かりますが、ベージュのはずのシートベルトが...(汗)。また、窓の操作パネルのボタンの周辺や床の足元なども汚れが目立ってしまい気になりました。


今回はベースとなるクルマがブラックなので床はブラック、シートベルトもブラックで汚れが目立たず、パネルやボタンもブルー、またドアの下部の小物入れも職人の考えでブルーにされてドアの下部全体として汚れが目立たなくなりました。


また、これはB4パンフのデザインもそうですが、シートもそうですね。乗り降りする際にシートに身体が触れる時にどうしても汚れたり傷がついたりして困りましたが、ブルーなので気になりません。傷つかないようにするのは435カブリオレの反省から十分気を使っていますけれどね。

気のせいかもしれませんが、ホワイトのラヴァリナレザーよりもブルーの方が材質が硬いように感じます。シートの身体が触れる部分はしっとり柔らかめに作っているのかもしれませんね。



また、オマケで、カップホルダーの通常ブラックの部分をブルーに塗ってくれたのは嬉しいサービス。


そして、後部座席のヘッドレストにアルピナ刻印サービス。僕がお願いしたのは前席だけでしたが、そもそも後部はオプションにないような😅


粋なことやるねー、アルピナの職人さん。と思わず嬉しくなりました。

マイスターが強いお国柄なんだと微笑ましく思いました。もちろん出来上がった内装デザインは僕の中では最高のものとなりましました。

毎日乗る度に、内装からは職人の息遣いが聞こえて来そうな仕上がりで、この匠の技から伝わる感覚を得たかったのです。

ただ、ちょっと汚れがつきやすく困りました。そこで、購入したのはアルピナ・レザーケアセット!


使ってみても、あまり汚れは取れず。ガックリ。

やはり、コーティングが必要かなと思い、レザーコーティングを依頼しました。これまでの汚れも取り去っていただきコーティングしてもらいました。

手触りが異なるかなと思い少し心配しましたが、大丈夫でした。ただ、乗る際に少し滑りやすくなったようにも思います。

それからというもの汚れがつきにくくなりました😊

これまでの悩みは何だったのだろうかと思うくらいです。

そして、先に紹介したアルピナのレザーケアセットはコーティング後は効果絶大となりました!

その後ほとんど掃除していませんが、汚れがついた部分だけクリーニング液でさっと拭き取る。

これで安心です。

アルピナ、ラヴァリナレザーは、見た目だけではなく、手触りは素晴らしく、しっとりと身体を包み込むような素晴らしい座り心地だと思います。
半年乗って思ったことは、ラヴァリナレザーの選択は間違ってなかったと思います。

まあ、こういうものは冒険してみるものだなと😅

これからも、神経質にならずに、楽しく付き合って行きたいと思います。





Posted at 2018/11/09 09:13:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月09日 イイね!

駐車場でのひと時

駐車場でのひと時今日は体調があまり良くなくクルマで通勤しました。夜のイベントのその後の懇親会も欠席し、早めに帰ってきたのですが、それでも11時となりました。

駐車場にクルマを入れる。この時間になると、誰もいないので、オープンのまま、ゆっくりしました。

今日も安全に到着して、一日が終わり、ふうーっと一息、この瞬間大好きですが、クルマから降りたくないという気持ちもあり...



少しだけ撮影タイム。
BMWはメーターのデザインがシンプルで大好きです。


また、ALPINAのブルーも似合います。



LCI後のセンターパネルはオレンジに怪しく光っていて素敵です。




助手席側、
iDriveのデザインは、335カブリオレ(E93)の時のものの方が好みでした。夜に綺麗なデザインでした。


その時バイクの音が、おっ、息子が帰ってきたかな?、駐車場の入り口にあるバイク駐車スペース🛵のところで音が聞こえます。

一緒に我が家に行こうと、

クルマから降りて、



くるりと周り後部座席から荷物を取り出した後にクローズ。




そして、息子を待っていてもなかなか彼が来ません?

アレッ、何してんの?と見に行くと、彼はカブを撮影中!。同じカブですがホンダのイエローカブ🛵ですけどね。

親も親なら子も子だなぁと大笑い😅





Posted at 2018/11/09 07:28:35 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年11月04日 イイね!

これからオープンの季節

これからオープンの季節いよいよオープンの季節がやってきました。

今日は夕方から近くのスタバに出かけましたが、今日もオープン、とても気持ちいい。

日中は雨が降っていましたが、夕方には止んでいたのでラッキー。

途中から後ろにいるバイクが気になり始め、どうも後をついてきているような?

スタバに到着すると、そのバイクもやってくるではありませんか😅😅

僕がクローズしている間も、ヘルメットを取って、こちらに接近。

すると小柄な外人さんで、ニッコリ笑って話しかけてきました。少し安心。

いま出張で東京に滞在しているが、故郷のクルマにデザインが似ていると...

その方のクルマは、ALPINA Z8でした😊

アルピナブルーに内装がブルーとベージュなんだとか。とても喜んでくれて内装見せてくれ!とか、いつ買ったのとか、質問ぜめ!

イギリス人だったのですが、とても陽気な人で、一緒にコーヒー買って来て、2年前にイギリスに会議に行った時のことや、Z8のことやB4Sのことを楽しく話しました。

いゃあ、アルピナファンは即友達に、、良いですね〜😊

家に帰って、早速検索すると、ありました、ありました。
これですね!


んー、なんとなく似ているけれどZ8の方は少しブルーの色が薄いような?


ムービーも見つけました。あれ、同じカラーですかね。
これです。



ゆっくり話をした後、お別れして、僕はスタバに行き用事を済ませました。その後は、渋谷までゆっくりドライブ。

小雨になりましたが、上が高速なので窓だけ全開で走りました。

B4Sオープンモデルはクーペに比べて後部座席が少し立っているなどの制約がありますが、逆に嬉しいこともあります。それは写真のように窓のBピラーがないことです。
このおかげで、とてもクローズ時も開放的なのです。また、後部座席の窓も空きます(当たり前か^_^)。これはオープンモデルのクローズ時の最大のメリットだ思っています。


また、もう一つ嬉しいことは、写真のようにシートベルトがシートに取り付けられていることです。クーペは自動でシートベルトをハイヨと渡してくれる仕組みが付いていますが、少し使いづらいかなと^_^


これから冬になると少し寒くなりますが、シートヒーターと写真のエアブリーザー(頭の下からの温風)があれば大丈夫。また、それでも寒い時はウインドウディフレクター装着ですかね。



これを取り付けると風がほぼ入りません。
まるで露天風呂気分、頭だけは涼しくて、体はポカポカといった感じです。

335カブリオレ時代から真冬でもオープンで走っていた僕からすると、ウインドディフレクターさえあれば楽勝かな。
しかし、風が入らないからと取り外しちゃうかもしれないですけどね〜

色々脱線しましたが、いま書斎でこれを書いているのですが、テーブルの上の郵便物を見てたらこんなのが...

なんと世田谷ショールームにこの3台がやってくるそうです。

僕の憧れの初代Z4、そして今日話題となったZ8。また、超珍しいZ1も...

すべてALPINAモデルなんですよね。


これは、なんとかして行かなければなりませんね。


















Posted at 2018/11/05 00:55:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月02日 イイね!

秋の一瞬、陽だまりのカブリオレ

秋の一瞬、陽だまりのカブリオレ今日はクルマで出かけることにした

外に出ると気温は低いがポカポカ天気




この季節はアッという間に過ぎ去るけれど、だからこそ貴重な瞬間かもしれないと思う

病院に行った後、明日clubF30もあるし、クルマを洗いに...

平日なので洗車も空いてて良かった。こんな日は、車内も明るく、オープン最高だ

その後、景色の良い道を途中寄り道、広い公園があるので


ここで、綺麗になったクルマを撮影


ポカポカ天気の日は、内装も輝いてみえる




クマモンとアルピナ

これ、故郷の母の実家のホテルで買ったレアもの
結構これ着てると店員さんから「あ、くまモンが覗いてますね」と声をかけられる 😊



ALPINAの内装は最高だ😊






少しだけ紅葉🍁、塩害が気になるがこの辺は大丈夫なようだ



これから、僕のワーキングスペース(スタバ😅)に向かい、今日の資料確認と来週から始まる大学授業の資料を2018年版にアップデートする

僕は、趣味レベルであるが夏と秋にK大学院とW大学の授業を8コマと6コマ受け持っているけれど、この歳になると若い人たちとの触れ合いは楽しい

企業の慣習に侵されてない人たちの自由な発想には驚かされることもある

来週も新たな出会いが楽しみ!

3時から、かなり緊張するプロジェクトがあるだけに、気持を自由にしていられる今の時間を楽めた

さあ、スタバに到着。とりあえずアルピナとのしばしのお別れ😂




2時間後に会おう😅😅























Posted at 2018/11/02 11:51:18 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@まあちゃ55 今日はありがとうございました。」
何シテル?   11/03 18:19
j-hagiです。 みんカラ復活組です(^^ 少しずつ昔を思い出してページを作成していきます。 昔のお友達も含めてお友達大歓迎です。しかしレス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

アルピナのイロイロ(その5:ALPINAを所有する価値とは) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/16 06:35:22
クルマにボーッと生きてんじゃねーよーと叱られる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/30 21:11:57
熱中症は突然に・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/17 20:46:31

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ B4 BiTurbo カブリオ BMWアルピナ B4 BiTurbo カブリオ
2017年7月に予約しました。11月からBMWで製造開始。 来年の2月にALPINAの ...
BMW 4シリーズ カブリオレ BMW 4シリーズ カブリオレ
アメリカのサイトでホワイトのシートとコクピットを走るレッドのアクセントラインを見て、営業 ...
BMW 3シリーズカブリオレ BMW 3シリーズカブリオレ
330セダンに乗っていた時、カブリオレいいなあと思っていたのですが幌タイプは躊躇していま ...
BMW 3シリーズカブリオレ BMW 3シリーズカブリオレ
DCT(デュアルクラッチトランスミッション)タイプが出たと聞き、どうしても一度乗りたいと ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.