• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

PROJECTIONのブログ一覧

2008年02月29日 イイね!

SUPER GT合同テスト

SUPER GT合同テスト鈴鹿サーキットで今日から行われているSUPER GT合同テストに来ています。

朝の気温は低めですが、天気は快晴!これから気温があがって良いテスト日和になりそうです。

まだ、フルカラーの車両は少ないのでこれからシーズンに向け動きだしているなぁという雰囲気です。
Posted at 2008/02/29 10:00:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2008年02月27日 イイね!

水素・燃料電池展

水素・燃料電池展東京ビックサイトで今日から開催している水素・燃料電池展に行きました。

数年前は燃料電池自動車の話題が沢山のメディアで話題になりましたが、最近は一段落していますね。

しかし、展示会には多くの人が来場していてこれからどんどん発展していく技術たなぁと感じました。

燃料電池のデモカーも展示してありますが、燃料電池の他に通常の自動車用バッテリーも乗っているので、ニーズはまだありそうのでちょっと安心しました。

同時に開催されている太陽電池展も見てきました。

シャープや京セラは太陽電池で有名ですが、ホンダも作っているのを知っていますか?

う~ん勉強になります。
Posted at 2008/02/27 17:08:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 情報 | ビジネス/学習
2008年02月20日 イイね!

バッテリーの電圧測定方法

バッテリーの電圧を測定されたことがありますか?

ODYSSEYバッテリーを含む密閉タイプのバッテリーは
充電状態を把握するためには、
電解液を測定することができないために、
バッテリーの電圧からおおまかな状態を把握することとなります。

バッテリー単体の電圧を、開放端子電圧といいます。

電圧を測定する場合、バッテリーになにも接続されず、
かつ、充電や放電が30分以上(できれば2時間程度)
おこなっていない状態で、測定することが重要です。

走行直後や充電直後は、バッテリーの電圧が高く表示されます。
これは、充電電圧の値から、本来のバッテリーの電圧値まで
ゆっくりと、値が下がっていくためです。

また、車両側のケーブルを接続していると暗電流が流れていますので、
バッテリーに負荷が掛かっているので、本来よりも低い値を示します。

マルチテスターで測定する場合は、直流電圧モード(DCV)で測定してください。
交流電圧(ACV)測定モードでは、数値が表示されないので注意ですよ。

正確なバッテリーの電圧測定は、すこし手間が掛かりますが、
一度測定してみてください。

測定するとバッテリーの電圧が低かったりしますので、
バッテリーあがりを予防することができますよ。
Posted at 2008/02/20 12:34:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 情報 | 日記
2008年02月16日 イイね!

オートサロン福岡2008

オートサロン福岡2008ヤフードームで開催されているオートサロン福岡を見に来ています。

ドームのグランド部分が会場なので規模はあまり大きくありませんが、九州地区の動向を示す重要なイベントです。

全体的にみて地元ショップや業者のブースが大きくなり、小さい小間(ブース)が少なくなった気がします。
共同出展で大きなブースにデモカーだけ展示しているところも有りますが…

残念ながら特に目立ってこのジャンルが流行っているというのは感じることができなかったです。(~_~;)

趣味の多様化と景気動向(収入)の関連があるのかなぁ
Posted at 2008/02/16 12:27:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 情報 | 日記
2008年02月05日 イイね!

暗電流をご存知ですか?

「暗電流」という言葉がありますが、耳にした事はありますか?

自動車用語としては、車のキーをOFFにしても流れている電流のことです。
イメージとしては、テレビのリモコンで電源をOFFにしてもテレビには待機電流が流れている状態やビデオデッキ(今やHDDレコーダー等ですね)の電源をOFFにしていてもデッキの時計が動いている状態と同じです。

自動車の場合は、時計、電装品のバックアップ、セキュリティなど、キーをOFFにしても電気が流れていることを「暗電流」といいます。

この暗電流は、車の装備品や車種ごとに違いますが、おおむね数mA~50mA位が標準的に流れている値です。

暗電流50mA 流れている車両は、A表示に直すと0.05Aとなるので
1時間に消費する電気の容量は、0.05Ah(アンペアアワー)となります。
では、1日で消費する電気容量は、1.2Ah(0.05Ah×24時間)となります。
1週間(7日間)で8.4Ah(1.2Ah×7日)の容量を消費する事となります。

最近の日本車に多く採用されている、品番の46B24は、容量は36Ah(5時間率)となりますので、おおざっぱに計算すると4週間強(約1ヶ月)でほぼ100%放電してしまう計算となります。(実際には、バッテリーの充電状況や容量の計算で前後します)

案外、電気を消費しているのがご理解いただけると思います。

少し旧い車などで、バッテリーを新品に交換してもすぐにあがるケースは、スイッチやリレーのトラブルで多くの暗電流が流れ、電気を消費していることもあります。これは、部品を交換すれば直りますね。

また、いろいろな電装品をつけて、きらびやかに車をカスタマイズしても、消費電力や暗電流のことを気にしないがために、バッテリーがすぐあがるケースもあります。これは、バッテリーの容量を考慮して、メンテナンス(補充電等)をする必要があります。

バッテリーの容量には限りがありますので、その車両に見合った容量を選択し、定期的な補充電をすると、バッテリーあがりや充電不足による早期劣化を避ける事ができますよ。
Posted at 2008/02/05 16:07:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | バッテリー | クルマ

プロフィール

"高性能主義"として、ドライセルバッテリー「ODYSSEY」の総販売である株式会社プロジェクションです。 バッテリーの話から、厳選した商品、ちょっとしたことな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

リンク・クリップ

プロジェクション ダイレクトストア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/03 19:18:16
 
PROJECTION 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/03 19:15:46
 

ファン

5 人のファンがいます

過去のブログ

2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.