• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

851ぴんの愛車 [シトロエン C3]

整備手帳

作業日:2021年4月11日

バッ直とサブウーファーの導入、タイムアライメントとクロスポイント設定などを実行

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 1時間以内
1
さて今回はバッテリー直引き電源を施工しました。同時にサブウーファーの設置を行い、最終的にはタイムアライメントと
イコライザーチューニングも行いましたが、それぞれの単体の効果を検証するため3段階で試聴してみました。
1:バッ直しただけで試聴(セッティングそのまま)
2:サブウーファー接続し簡単チューニングで試聴(クロスポイントだけ設定してそのまま)
3:タイムアライメント取り直し、クロスポイント取り直し、イコライザー調整を実行後試聴
2
1:バッ直しただけで試聴(セッティングそのまま)
まず驚いたのが、音量が上がったこと。ハンドルの音量ボタンで1.5~2くらい音量が大きくなりました。単純すぎて笑っちゃいましたけど。
それから、楽器やボーカルがより目立つ様になりました。情報量が多く楽器の鳴り方も複雑な音色が聞こえる感じになりました。
立ち上がりが良いというか、発声前の口を開いた唇の音が聞こえるような繊細な音が再現されるようになりました。
それから気のせいかもしれませんが、暗騒音が下がった気がします。静かさがより静かになった。
プレイヤーもアンプも変わっていないんですよ。なのにこの変化、おそるべし。
車両のプレーヤーでも再生音のクオリティが上がったのでとても喜ばしいです。
3
2:サブウーファー接続し簡単チューニングで試聴(クロスポイントだけ設定してイコライザーはそのまま)
音質の感想ですが、カーオーディオっぽい鳴り方から、ホームオーディオっぽい鳴り方に変わった感じです。
くどさがなくなり、濃い味付けが素材を活かした感じになった。
音域バランスを整える為のこれまでのイコライザーは、サブウーファーなしを前提に行っていたため
低域ボリュームを確保しつつなるべくビビり音が鳴らない様なセッティングでした。
このイコライザーのままサブウーファーを導入しミッドバスとのクロスオーバーを入れ替えた単純な置き換えでも、
ドアに設置したミッドバスがビリビリ言わなくなり、中低域がスッとクリアになりました。
4
3:タイムアライメント取り直し、クロスポイント取り直し、イコライザー調整を実行後試聴
サブウーファー導入前は低音域の音量バランスをとるには、イコライザーで低音域をブーストしていましたが、
ドアの箱鳴りやドアポケットのビビりに多少目をつぶる必要がありました。写真はSW導入前のイコライザーカーブ
(13バンド強制切り替えを意識したセッティング)
しかし,100hz以下をサブウーファーに振り分け、ミッドバスの担当音域を中低音に絞ったところクリアさが確保され、
鳴り方が劇的に変わりました。音はコネクテッドカムの下あたりに定位するのですが、今までより自然音に近い鳴り方、
リアルな鳴り方に近づきました。
5
また、サブウーファーのタイムアライメントを取る前に位相切り替え(フェーズ)をオンオフしてみたのですが、
あんまり違いが判らずにいました。(効果ないなあ~と思ってました。)
しかし次にタイムアライメントを設定し、そのあとフェーズ切り替えしてみたところ、明らかに低音を打ち消して
いるか増幅しているかという違いが出ました。この現象も記事等で見て頭では理解していたことですが、タイム
アライメント取っていない状態では、違いを感じられず記事内容に疑問を持っていました。
でも、私は実際に効果を得られたので良かったです。アマチュアにはこのような経験の積み重ねがないので、
プロセッサーを導入しても、何をどうすればよいのか見当がつかず途方に暮れる事も多かろうと存じます。
それらのノウハウはお金で買うこともできますから、チューニングをプロショップに頼む事は有用であると思います。
6
今回はバッ直だけでかなりの音質向上が見られましたので、その効果をちょっと甘く見ていたのを反省しました。
これならば、プロセッサー内臓アンプから外部アンプ導入に切り替えてもまだ伸びしろが残っていると確信しました。
また車両のソースユニットの取り換えはできませんが、アイフォンを用意してUSB端子に差し込めばプロセッサーに
直にデジタルデータを送り込めるので、ソースのクオリティアップも実現できそうです。
7
そういうクオリティアップをしっかりと反映してくれるのも、フォーカルのPS165VとパイオニアDEQー1000A
のポテンシャルあっての事だと改めて感謝します。これからの進化も楽しみです。
8
追加外部アンプの置き場所は、配線の都合上運転席下にせざるを得ないので、サブウーファーさんは助手席に移動してもらうことになりそうです。
外部アンプはRCAケーブルもスピーカーケーブルも伸びてくるので、センターコンソールをまた通すことになりそうです。
うーん、どんどん拡張されていくなあ。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

4CHアンプ配線とスピーカー結線

難易度: ★★

センターコンソール取り外し その2

難易度:

再生音まとめの難しさとカーオーディオの行く末

難易度: ★★★

C3Ⅲ車検

難易度:

分電盤2の設置とアンプ増設その1

難易度: ★★

リアスペーサー取付

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #C3 ユーザー車検 その2 書類作成と持ち物準備 https://minkara.carview.co.jp/userid/3088615/car/2706384/6539600/note.aspx
何シテル?   09/11 20:29
851ぴんです。皆様の情報を拝見して 自分でできそうなことをDIYしています。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

glaco 専用替えゴム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/01 12:51:10
iPod 2?! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/07 13:37:36
自作ダッシュボードマット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/27 12:26:20

愛車一覧

シトロエン C3 シトロエン C3
シトロエン C3を楽しんでます。この車が走ってたら、車に興味を持ってくれる人が増えればい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.