• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TKG4410のブログ一覧

2021年10月21日 イイね!

この冬の電力がぁゃιぃらしい(笑)

この冬の電力がぁゃιぃらしい(笑)緊急事態宣言が明けて急に仕事が忙しくなってきて更新が滞りました(´・ω・)

岸田政権が発足し解散総選挙となりました。

そんな中、何やら既視感のあるニュースが流れてきました。

冬の電力需給「過去10年で最も厳しい見通し」経産省|テレ朝news
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000232604.html


日本のみならず先進国のコロナワクチン接種が進み、デルタ株による流行が世界的に鎮静化しつつある状況下ですが、石油や天然ガスなどエネルギー資源の需給バランスが崩れて供給不足に陥り、原油等の市場価格が高騰しているのはご存知のことと思います。

世界が突然脱炭素に向かって暴走を始めた事も当然影響しております。あれだけ脱化石燃料キャンペーンを張られたら、その方面への投資は渋ります。米国のシェールだってなかなか増産できないでしょう。

ぼちぼちOPECプラスが増産枠を増やし始めるだろうとは思いますがどうなる事やら…

火力発電に関しては石油ではなく天然ガスと石炭がメインですが、石炭火力が環境活動家の槍玉に挙げられ縮小を余儀なくされ、天然ガスが供給不足に陥り高騰した挙げ句、結果として電力の供給不安となってしまうとなれば、既に「持続不可能で発展できない」エネルギー政策と言わざるを得ません。

最初に「既視感のあるニュース」と書きましたが、今年の夏前にも同様のニュースが流れてこのブログでもネタにさせてもらいました。

夏の電力需給 “数年で最も厳しく 効率的な使用を” 経産省 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210525/k10013050091000.html




「今年の夏の電力がぁゃιぃらしい(´・ω・)」TKG4410のブログ | みんカラ
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/3311343/blog/45142049/


5月26日にアップした記事ですが、この時に問題にした件につきこの5ヶ月間、日本国内でどれだけ真面目に議論されてきたでしょうか?

SDGsなどとアルファベットの略語で語ればなんかかっこいいっていうレベルの話ではなく、将来の日本のエネルギー政策について、政治家もメディアももっと真剣に議論すべきです。

今回の総選挙でもこの件に関する議論が大して聞こえてきません。正直、この国は大丈夫なんでしょうか?心配です。

とはいえ経産省が5月に続いて今回再びこのようなニュースを流したことに関してもぁゃιさを感じずにいられません。定期的に電力供給不安を煽ることに何らかの意図があるのではないかと勘ぐってしまいます。

まさかとは思いますが、経産省が原発再稼働に向けての世論作りの為にこのような情報を流しているのだとしたら大問題です。

このような情報を流布するなら現在の電力の需給の状況やこの夏の状況がどうだったのか、そして今冬の需給見込みがどうなっているのか、具体的な数値を明示すべきでしょう。

メディアも大本営発表をそのまま垂れ流すのではなく、経産省に突っ込みを入れるべきです。

このブログでは財務事務次官や環境事務次官に対しての批判も書かせてもらっていますが、どうも近年の中央省庁の官僚達の仕事にはぁゃιさが付き纏います。

メディアがアレなのは今に始まった話ではないですが、コロナ対策同様、なんか国民が官僚や政治家達に舐められてる感じがします。

野党やジャーナリズムが駄目過ぎて与党や官僚が好き放題やれる状況が続いているのが根本原因なんですが、そろそろ色々な弊害が目立つようになってきました。

そんな中、総選挙ではどのような意思表示をしましょうか?
なかなか難しい選択です。
Posted at 2021/10/21 19:59:50 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年10月15日 イイね!

矢野問題続報

矢野問題続報先日からこのブログのネタにさせてもらっている財務事務次官矢野康治氏の問題の続報です。

週刊ポストにスクープされた「ポリ袋ハンター問題」はマナーの問題であり「お笑いネタ」程度のお話なんですが…

財務省の事務次官がスーパーで「ポリ袋ハンター」になっていた!|NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20210928_1694377.html?DETAIL


自民党総裁選挙の際の「バラマキ合戦」批判をされた文藝春秋への寄稿は完全にアウトです。

「このままでは国家財政は破綻する」矢野康治財務事務次官が“バラマキ政策”を徹底批判 | 文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/amp/49082


自分は「既に破綻しているZ理論」と書きましたが、経済同友会の櫻田謙悟代表幹事が「矢野論文(笑)」を支持する旨の声明を出しました。

“バラマキ合戦”懸念寄稿「100%賛成」|日テレNEWS24
https://www.news24.jp/sp/articles/2021/10/12/06955662.html




ここまでが「矢野問題」に関する前回までの纏めです。

経済評論家の上念司氏が14日、この件の解説動画を自身のYoutubeチャンネルに上げていましたので紹介します。

"矢野財務次官のトンデモ論文に「100%賛成」言いつつ、利権団体「経済同友会」の櫻田代表幹事が陰でやってること|上念司チャンネル ニュースの虎側"
https://youtu.be/WHigrdRagaA


私が「Z理論」と馬鹿にしている矢野氏の論文寄稿」に関して瞬殺で否定して論破した後、これを「100%賛成」と評した櫻田代表幹事をフルボッコで批判されています。

財政悪化で「円が売られ、金利が暴騰し、あっという間に経済が破綻する」「そうしたことが起きてから考えよう、では無責任だ」と述べました。
との事ですが、櫻田代表幹事が取締役を務めているSOMPOジャパンでは日本国債を3000億円分も購入して運用しているとの事です(爆)。


もうね…(´・ω・`)


先日、法人税の最低税率を15%とするよう国際的な合意がなされました。

法人税最低税率15%など新たな国際課税ルール 最終合意達する | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211009/amp/k10013299241000.html


法人税は高い税率にしてしまうと企業が海外に出ていってしまう事になるため、激しい減税競争という国際競争に晒されていて、それに歯止めをかけるべく世界各国が最低税率を定めたのです。

今後日本でも法人税はこの水準まで下げていく事が必要になるのですが、法人税減税をするためにはその「財源」が必要になる…というのが「Z理論」です。

その「財源」とは…
「消費税」です。


今回の櫻田発言も法人税減税を達成させるために消費税増税を国民に呑ませる事を目的とした方便です。

経団連や経済同友会等の財界の方々はこれまで法人税減税を求めて消費税増税に積極的に賛成し、結果として日本経済の足を引っ張り自分達の首を絞めてきました。

ブーメランが突き刺さっているのにも気付いていません。少なくとも今回の櫻田氏の発言を見る限り、当人は何もまるでわかっていらっしゃらないようです。

「矢野寄稿」で「バラマキ」と批判された当事者でもある高市早苗政調会長は13日、企業の現預金に課税…などと意味不明な事を言い始めました。

高市早苗氏、企業の現預金への課税を検討 法人税巡り(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/037d2ee7caea61ce217f91769e87611b3a2b50c9




リフレ派と目されていた高市氏でもこのザマです。前回書いたように、政治家達も日本経済の再生ではなく増税する事しか考えていません。

このようにかなり根の深い問題なのですが、総選挙になりますし、今回の「矢野問題」はもっと騒ぎを大きくして炎上させ、財政問題を含めて国民的議論を深めた方が良いと思います。
本当はその役目を野党の方々やメディアに求めたいんですけどねぇ…(´Д`;)ハア…


前回も書きましたが、我々一般庶民は「すべての税金に反対し減税を求めていく」べきでしょう。
Posted at 2021/10/15 01:15:25 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年10月13日 イイね!

矢野康治財務事務次官の辞職を求めます

矢野康治財務事務次官の辞職を求めます冒頭画像は10日ほど前に東名の海老名SAを訪れた際に、あまりの値段の高さに吹いてしまって思わず撮影した燃料油価格です。圏央厚木IC近くのGSでハイオクを¥159/Lで入れたばかりだったのでかなり驚きました。

この後さらに円安・原油高が進みましたので今はもっと高いんじゃないでしょうか?

なんだか相場が色々と荒れてます。自分は今投資の類を全然やってないので他人事ですが、ガソリン価格の高騰は勘弁願いたいものです。

中国の「恒大集団」問題
米国のインフレとテーパリング・利上げ予測
日本の政治要因
米国のハリケーン被害による石油供給不足とOPECの減産継続

等の要因が重なっての動きと思いますが、ちょっと先が読めません。

米国の「債務上限法」問題も言われていますが、これは毎年恒例の「プロレス」ですので時期が来れば解決するでしょう。

日本の政治要因ですが、このコロナ禍においてワクチン接種がようやく進み、さてこれから経済を加速させていこう…という時になって早速その足を引っ張る話が出てきています。金融所得課税だの金融資産課税だのという増税話です。

そもそも菅さんが退陣を表明したら日本株が値上がりし、岸田内閣が発足したら「岸田ショック」で株が暴落するとか意味不明な話ですが、日本政治に疎い海外投資家も市場参加してますのでやむを得ません。

そんな中、前回「ポリ袋ハンター」ネタを提供してくれた事務方トップの矢野事務次官がまたやらかしました。

「このままでは国家財政は破綻する」矢野康治財務事務次官が“バラマキ政策”を徹底批判 | 文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/amp/49082


これまで増税の口実として国民を騙す為に頻用された「Z(財務省)理論」の寄稿です。

既に多数報道されていますのでご存知の方も多いかと思いますが、自民党の高市早苗総務会長から一蹴され、岸田総理からも苦言を呈されてしまっております。

私を含め多くの国民がこの「Z理論」のイカサマに既に気付いています。当然厳しい批判が噴出しております。

【田中秀臣の超経済学】なめられる政治家と国民 財務次官のバラマキ批判は「倒閣運動」か - SankeiBiz(サンケイビズ):
https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/211012/mca2110120600002-s1.htm


財務省に限らず中央省庁の役人や政治家というのは元来増税をやりたがる人種だという事を国民は覚えておくべきでしょう。

リーマンショックで世界経済が混乱していた時でも当時の麻生首相は「経済が回復したら消費税増税」と口にしていましたし、東日本大震災直後の参議院選でも当時の菅直人首相は「復興増税」とか「消費税増税して景気回復」等と意味不明な事を口走っていました。

なぜそんなにも増税したがるのかと言うと、増税すれば新たな政策に予算を付ける際の「財源」とすることが可能になるからです。政治家は支持者に約束した政策を実施しやすくなりますし、そこに新たな利権が生じて政治家や役人が群がるという構図になっています。

安部政権は消費税増税を公約して選挙に勝ち、消費税は10%に上げられてしまいました。旧来の自民党政権の悪い面が顕在化した形ですが、野党が無能過ぎて選挙が楽勝だったのがその原因です。

増税後も「まだまだ足りない」とばかりに「将来的に消費税は25%まで増税する必要がある」とかっていうとんでもない話が出てきますが、財政再建の為に増税してるのではなく新たな利権に群がる為に増税してるだけですので、いくら増税したって意味がありません。

岸田政権は「当面」消費税増税しないと言ってますが、リフレ派と目される高市政調会長にしても岸田総理にしても「金融所得課税」を口走ってみたりしてますので油断なりません。

選挙前の今ですらこの状況ですから、来年の参議院選以降のしばらく選挙がない期間になればどうなるか、厳しく監視していく必要があります。

一般国民としては「すべての税金に反対し減税を求めていく」くらいでちょうどバランスが取れます。

前回紹介した下記記事の中で、主税局長時代の矢野氏の次の発言が取り上げられています。

我々は野蛮人を目にした。中井徳太郎環境事務次官と石原宏高副大臣だ/倉山満 –日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1687794


「憲法上の三大義務である納税は租税法律主義、国権の最高機関である国会でお決めになられること。事務屋として、あるいは政府の一部として財務省主税局が口にすること自体が僭越」

「租税法律主義」を理解されているのであれば、財務事務次官の立場で今回の寄稿をした事の意味を理解されているはずです。

予算案を作るのは財務省ですが、予算を成立させるのは国会の仕事です。国会審議・議決を経なければ予算は成立しません。

首相を指名するのも国会です。選挙によって選ばれた国会議員によって指名された首相の政策にイチャモンを付けるなら、潔くその職を辞するべきでしょう。

矢野康治財務事務次官は
即刻辞職すべきです。


そんな中、驚くことに矢野氏を支持する言論も一部で出てきました。

“バラマキ合戦”懸念寄稿「100%賛成」|日テレNEWS24
https://www.news24.jp/sp/articles/2021/10/12/06955662.html


今後法人税減税を求めていかなければならない立場の人の発言とは思えません。

「経営」のプロが「経済」にも精通しているかというと必ずしもそうとは限らないとも言われますが、本当にそのようです。

日本の財政問題については自分も以前何回かこのブログで触れてきましたが、何が正しいのか、いわゆる「専門家」と呼ばれる方々にも未知の領域のようです。

「経済、財政、金融…」
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/3311343/blog/45302156/


一定水準以上の債務となればインフレになるのでしょうが、その具体的な限界は示されていません。

個人的にはコロナ禍における経済対策・財政政策としては、バラマキよりも減税、特に消費税減税がベターだと考えますが、矢野氏のような意見には全く賛同できません。

それはともかく今回の件がきっかけになって、総選挙を通じて日本の財政問題についてより深い、活発な議論が行なわれる事を望みます。
Posted at 2021/10/13 18:59:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年10月08日 イイね!

気候変動問題に纏わる欺瞞とエリート官僚

気候変動問題に纏わる欺瞞とエリート官僚この所コロナネタばかりでしたが、だいぶ鎮静化しましたので、このネタから…

財務省の事務次官がスーパーで「ポリ袋ハンター」になっていた!|NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20210928_1694377.html?DETAIL


典型的な日本のエリートコースと言えば東大法学部→財務省ですが、ここで話題になっている矢野康治氏(冒頭写真)は一橋大学卒業という学歴であるにもかかわらず財務官僚の頂点である事務次官にまで登りつめたエリートの中のエリートです。

そんな超エリートともなれば「上級国民」としてさぞかし…などと思ってしまいますが、そんな事はないようです。

「プライマリバランス均衡化」「財政再建」と称して消費税増税などの増税政策に邁進してきた財務省のトップ官僚が休日にスーパーで「ポリ袋ハンター」をやっていたとか、ちょっと笑えません。
財務事務次官ともあろう人がこのような「反エコ的」で「マナー違反」な行為をしてるとか信じ難い話です。

次官のこの行動と直接関係あるのかどうかわかりませんが、レジ袋有料化義務付けから1年3ヶ月が経過しました。
最近になってこの政策を止めるべきだという議論がようやく活発になってきました。

意外に大きかったレジ袋の恨み…小泉進次郎氏を涙の退庁に追いやった “トンデモ失策” の代償(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/41f3a473851a34c95763d7d18cb2dbe40d0a6a82


増税にも匹敵するようなこのような政策が、国会審議を経るでもなく「省令」という形で一方的に決められて実施された事自体がそもそも大間違いです。

「エコの為と言えば国民は黙って金を出す」と、官僚や政治家達が思っているのでしょうか?ちなみに「レジ袋有料化義務付け」によってどの程度CO₂排出が抑制され、地球温暖化予防に貢献したのかといえば…皆無です。

レジ袋メーカーである清水化学工業さんのサイトを紹介します。

脱プラ、脱ポリ、紙袋へ切り替えをご検討のお客様へ | 1958年創業のオリジナルビニール袋・ポリ袋・紙袋の印刷はSk 清水化学工業
http://www.shimizu-chem.co.jp/message.html


本来であればこのような「反対意見」も主張できる議論の場が設けられ、吟味されてから実施されるべき政策です。反対意見を述べる場を封印し、一方的に決められるのでしたら民主主義国家の看板を取り下げなければなりません。

現在の環境省の官僚のトップである環境事務次官の中井徳太郎氏は元々財務官僚で、財務事務次官の矢野康治氏と同じ昭和60年大蔵省入省です。



昨年の事務次官就任会見で、中井氏は「炭素税」導入に前向きに取り組む旨表明しました。

環境省の新次官、就任会見で炭素税の必要性強調:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN7Q74NRN7QULBJ00G.html


税制を決めるのは国民から選挙で選ばれた国会議員の仕事で、官僚は国会で決められた政策を実行する事務方です。それなのに官僚のトップが自分達の利権に関わる新税の導入について意見を述べるというのは不適切な越権行為です。

この事が一部界隈で大きく話題になりましたが、当時の小泉進次郎環境大臣はノーコメントを貫く一方、石原宏高環境副大臣がツイッターなどで次官を擁護するような書き込みをし火に油を注ぐ形になりました。

我々は野蛮人を目にした。中井徳太郎環境事務次官と石原宏高副大臣だ/倉山満 – 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1687794


コロナ禍やSDGsブームの中、これまで大手メディアがこの件について取り上げる事がほとんどありませんでしたが、ここにきて風向きが変わり始めたように感じます。

世界中で「2050年迄にカーボンニュートラル」等と大風呂敷を広げ合っていますが、とても実現可能な政策とは思えません。実現の為に何が必要なのか?具体的な政策議論が行われていないまま、口から出任せの無責任な公約を世界中の政治指導者が競って言い合っています。

「脱炭素」「脱原発」を公約しながらロシアからの石油パイプラインを完成させたドイツをはじめ、この問題に関しては世界中で欺瞞に満ちています。

それを見抜いているのか、OPECは最近こんな事を言っています。

石油、45年でも最大エネと予測 OPEC「大規模投資を」 | 共同通信
https://nordot.app/815759003610169344


上で紹介したポリ袋メーカーもそうですし自動車メーカーや石油エネルギー関連企業、鉄鋼その他の多くの企業・経済活動にとって死活問題だと思うのですが、SDGs関連の話題は随分と軽いノリで語られてしまっているように感じます。

「実現可能性」のない政策を「持続可能(サスティナブル)」などと称する出鱈目はいい加減止めてもらいたいものです。

気候変動・地球環境問題については政治的下心、野心とは別にもっと科学的・現実的・建設的な議論を望みます。
Posted at 2021/10/08 05:39:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年10月02日 イイね!

成人のワクチン接種率

成人のワクチン接種率10月に入り緊急事態宣言やマンボウが解除されましたが、1日の夜の神奈川県は台風の影響もあってひっそりとしてましたね。自宅近くの幸楽苑の前を20時過ぎに通った時には既に閉店してました。

過去2回のこのブログ記事で、宣言解除後も飲食店の時短営業や酒類提供停止を強要要請するのは如何なものなのかと問題提起しましたが、あまり問題視されていないようです。

こんなんでホント良いのでしょうか…(´・ω・)?

それはともかく、前回記事に思わず書いてしまった件を検証します。

何を書いたかというと

1回目のワクチン接種を終えた人の割合は70%に迫りました。2回目の接種を完了した人の割合も60%に迫っています。

「20歳以上の成人のワクチン接種率」というデータは見たことがありませんが、年長者からワクチン接種を進めている現状、人口構成を考えれば
未接種なのは「酒類提供停止」とは無関係の20歳未満の若年層、小児が大半です。

現時点で成人の7割前後が2回のワクチン接種を済ませているはずです。


こんな事を書いてしまった以上、ちゃんと年齢階層別のワクチン接種率を検証しなければなりません。

まずは全国の状況ですが、首相官邸ホームページからEXELファイルかPDFファイルがダウンロードできます。



なんか、50歳未満はまだまだ全然…ですね。
これが我が神奈川県となると、9/26現在ですが



と更に低いレベルです。

ちょっと高齢化社会を舐めてましたね…
さすがに酒類提供をともなう飲食店の利用者の70%が2回のワクチン接種を完了している…ということはなさそうです。

お詫びして訂正しないといけません。

そして、首相官邸のツィッターからはこんな情報も発信されました‥

【自治体の皆様へ】
ワクチンの配分については、ファイザー社製とモデルナ社製とで、10月10日までに全国の対象人口のおよそ9割が2回接種を受けられる数量を配分します。
予約が取りづらい市町村がある場合は、都道府県において管内市町村間のワクチンの偏在調整などの対応を改めてお願いします。


ワクチン接種が進んでいないのは、現状では反ワクチン連中の影響でもワクチン供給の問題でもなく、自治体の集団接種体制の問題のようです。
供給の見込みの情報がないまま突然ワクチンが届いたりするなど供給側の問題も大きいのは確かですが、各自治体はもっと頑張らないといけません。
Posted at 2021/10/02 04:29:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

TKG4410です。よろしくお願いします。 トゥインゴSリミテ(Sの2020年秋の内外装特別仕様車)に乗っております。 このクルマに関するブログを好き放題書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     1 2
34567 89
101112 1314 1516
17181920 212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ボンネットを外してバッテリー交換(その1) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/09 13:42:21
K&N HIGH-FLOW AIR FILTER 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/31 20:56:33
BRISK Premium MOR12LGS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/30 16:17:04

愛車一覧

ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
限定の「Sリミテ」です。 デカールは納車前に剥がしてもらってからコーティングしてます。 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.