• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゴン太GTのブログ一覧

2018年06月07日 イイね!

NX300とセレナ、アイドリングストップからの復帰比較


たいしたことではない。

同じ2Lガソリンエンジンで、共にアイドリングストップ車。

NXはターボ車、セレナはマイルドハイブリッド車。

NXはバッテリー1個、セレナは2個搭載。

NXは高級車の一角、セレナは普及車の範疇。

属性として考えられるのは、そんなところかな。



 =強い陽光下で。ホワイトやブラックでは出ないコントラストがお気に入りです=


ターボエンジンでアイドリングストップですか。時代が変わったものだ。
ボクが初めて乗ったターボ車は、初代パジェロミニのVR-Ⅱ。

時速100km/hで5800rpmだったかな、軽だとしてもかなり高回転型。
ローギアードなクロカン系四駆だからね。

間違っても高速のSAに入ってすぐにエンジンを切る訳にはいかない。
ターボタイマー必須な車両とも言えた。

それが、ですよ。時代は進んだなぁ。
ターボタイマーなんて商品群、まだ生き残ってるのだろうか。



・・・話が逸れた。

NXの2Lターボは、穏やかに踏み込めばたおやかな加速を見せ、しっかりと踏み込めば、V6というよりもV8に近いドゥロロロという咆哮を聞かせる。
この音が高級さを演出しているかどうかは賛否があろうけれど、まあ、味わいとしては、安っぽくはない。


NXに慣れたカラダでセレナに乗ると、シートクッションの軽やかさ(良い意味で)と同じように、軽やかなエンジン始動音(これは、安っぽいという意味も込み)を聞かせる。
あと、明確に遮音性能がNXよりも低いので、まあ、うるさい。


普通に乗っていると、そんな感じであるが、表題の件、アイドリングストップからの復帰にこの辺が絡んできているように思う。


すなわち、NXは試乗したときから「ただ1点、アイドリングストップからの復帰が、ターボ車はガサツかな。ブルルン感が気になった。」

そう、必ず車体を大げさに震わせてから動きやがるのだ。



それに対して、セレナの場合は極めて軽やか。サラッとエンジンが掛かる。音も軽いがクランクの回りも軽い。どういうことよ、これ。こんなところに「技術の日産」なのか?


まあ、それを元にクレームを入れるほどのものでは、当然ないのだけれど、苦笑いせざるを得ないですな。


セレナ、案外いいですよ。走りが物足りないという意見は多いけれど、常識的な速度域で転がすには、実にいい。

NXの方がむしろ、足回りが変に締まっていて、悪い路面に変な周波数に合った速度で突っ込んだ時なんか、頭がブンブン上下に振られて気分が悪くなる。

一見の当たりは、もちろん素晴らしいのだけれど、無理やりアンギュレーションを押さえつけている足回りの悪い面、といったところか。


トータルでは気に入っているので、長く乗りたいとは思っているんだけれど。

ジュークにはジュークの面白さがあったなぁ、手足のように安心してぶん回せる楽しさ。安っぽかったけど。

NXにはそういう面白さが、ちょっと希薄かな。ちょっと高級で気分良く乗れる方向ではあるのだけれどね。
その方向なのに、エンジン再始動時の振動とか、低周波のアンギュレーションをいなせない足回りとか、興醒めですわなぁ。


なやましい。ボクが贅沢なのかな?面倒くさいヤツなのかな?そんなことを思ったり。




そうそう、ヤフオクで樹脂チェーン、バイアスロンの新古品を手に入れました。NXにジャストサイズ。
Mopで225/60R18を入れているので、スタッドレスを買う時は安価な純正サイズ225/65R17のタイヤホイールセットを買うつもりだけれど、これらどちらにも使える品番。

そのチェーンが、1000円+送料。
さすがの時期外れマジック。ちょっと嬉しいですね。

Posted at 2018/06/07 14:01:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月04日 イイね!

インカムのマイクを破損していたので、再生術。


先日の1365kmツーリングの際、インカムのマイクユニットを引きちぎる愚を犯してしまっていた。

インカムとは、こんなヤツ。



破損したマイクユニットは、細線の方。引きちぎってしまったんだ、勢い余って。

部品としても売っているのだけれど、価格が1800円だったかな、高い。
モノとしては大したことないはずなのに、ちょっとね。
確かにロットも出ない商品だろうけれど。


ということで、自作。というか、流用。


今どきの100円ショップには、こんな物が売っているんだよねぇ。すごいねぇ。品質はともかく。



これのマイク部分をぶち切って使おうか。


これね。マイクユニット。この先に付いていたヘッドホンは、さよなら。





さてさて、3.5mmミニプラグでも4極なんだよね。
普通のステレオヘッドホンだと3極。

なので、極性を調べておかないと。特に、マイク信号線。

このあたりも、ネット上で簡単に情報を取れる。実際に分解して配線を追った結果も、全く一致。
こんな感じだ。





ちなみに、こういう安価で極細な配線は、わざわざチューブ加工していない様子。エナメル線として絶縁しているみたいだ。

なので、半田を載せるにはサンドペーパーでしっかりと地金を出しておく必要がある。

純然たるエナメルであれば、酢エチなどの有機溶媒で溶けるかな?と思って、ネイルの除光液で処理してみたけれど、どうも溶ける様子がなかったので、やはりヤスリがけですな。



で、半田作業。


ああ、なんて下手くそな。
まあ、でも良いのです。この辺りは絶縁テープで巻いて補強して、メットの裏側にしっかりと隠れますので。


ということで、1800円掛かるところを100円で済ませました。浮いたお金で、中学生の息子と星野珈琲のモーニング+スフレパンケーキ、ダブル!


まあ、二人で1枚ずつ分けたけどね。



あとは、少しバイクを引っ張り出して転がしてみたりと、派手さのない1日でした。




そうそう。



ウチに来てまだ1年も経たないニューカマー3台、まとめて撮ったことなかったなぁ、と思い出し、撮ってみた。

この奥にウォンイットくんが鎮座しているのだけれど、ちょっと不良です、アイツは。更生施設に出さなきゃね。

Posted at 2018/06/04 21:40:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月28日 イイね!

ハードツーリング


バードツーリングではありません。
2日間で、これだけ走ってきました。




1356kmって・・・。1日経って、まだ両手の握力が戻りません。


神戸~富士山西側から完全に一周~沼津~伊豆半島ほぼ一周~熱海~ターンパイク~芦ノ湖~御殿場~神戸




湿度が高めな土日だったので、抜けるような富士山はまたの機会におあずけとなりました。








少々の画像処理をして、この程度。




ここ、有名なスポットだそうで。

こんなところ。↓







伊豆半島は雲見温泉、鄙びた民宿で豪華海鮮を。

民宿パワー、安かったですよ。





今回のツーリングは、この4台。

手前から、
・ボクのMT-25 250cc
・トライアンフ タイガースポーツ 1050cc
・ドゥカティ ディアベル 1200cc
・弟のトライアンフ サンダーバード 1600cc


弩級のリッターバイク、しかも高級海外勢に混じって、ヤマハのエントリーなMT-25がついていけるのか?しかも、若葉マーク(笑)


結論から言えば、なんとか頑張れた。MT-25あるいはR25に搭載されるヤマハの元気なエンジン、9000rpmからのひと伸びのおかげです。さすがクオーター最高クラスの出力。

高速巡航でも、メーターの読みで110-120km/hでも大丈夫。新東名の試行区間ですね。
110km/hで6速8000rpm。そこからの加速もかったるいレベルではない。もっとも1段落として加速する方がキビキビできましたけど。

山道ではむしろ車体の軽さが有利なのだろう、ライダーの力量不足を補ってくれたというべきだろうか。他のリッターバイクの気持ち良いペースで走っている中に、なんとかついていけた。ターンパイクのような高速ステージだとさすがに差が開くが、彼らが四輪車に追いつくたびにボクも追いつく。

追い越しも、3速12000rpmのパワーでリッターバイクにもどかしさを感じさせることはなかった様子。



ただし、四輪車ほどミスに対して寛容ではないことも、改めて痛感。
一つのミスが大破~重傷につながるだろうことを、嫌でも意識されました。
技量とマインドの両方を磨かねばならないでしょう。


ともあれ、いろいろと経験値を積ませてもらえたツーリングとなりました。
あと、自分の体力をつけましょうか。


さあ、いよいよバイクが楽しくなってきました。

Posted at 2018/05/28 21:48:41 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月23日 イイね!

ツーリング前夜

ちょっと忙しい日々が、明日にて一段落する予定です。

タイミングの良いことに、今週末の土日、関西から伊豆半島までバイクでツーリングの誘いを受けていて。
今、それがワクワクの源泉。あと一息、がんばります。



ツーリングと言えば、GWにはリッター級バイク5台と日帰りツーリングに行ってきまして。
紀伊山地の縦断を往復するような、250バイクには過酷とも言える道程をなんとかこなし、全身の筋肉が悲鳴をあげる後日はあったものの、高速走行や山道走行にはかなり自信が付いた。
さすがのMT-25、クラス最高レベルの出力を誇るだけある。9000rpm以上の頼もしいこと!
登りの追い越しも、違和感ないレベルで可能でした。


さて、暑い日が増えてきたこの頃なので、バイク用の靴を考えてみた。
今持っているのが、ハイカットな防水性能の高いブーツ。これが、暑いしムレムレ。

なので、メッシュブーツを手に入れることに。





elfとあるが、広島化成の日本製だという。いいじゃない。

実際に爽やかに走れるのかどうかまだ分からないけれど、この土日、天候は良さそうだ。安心して履いていこう。


さあ、もうひと頑張り!
Posted at 2018/05/23 17:50:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月18日 イイね!

LEXUS MEETS . . .


先日、出張で東京に。帝国ホテル。営業系の全国大会。

終わったあと、東京駅にてくてく歩く。歩く。毎年のコレが終わったあと、ちょっとした楽しみにしているベルギービールの店に行くために。
今回は、東京にいる旧友と待ち合わせ。



ということで、帝国ホテルを出て宝塚劇場の前を通り抜け(出待ちのおばちゃんがすごい(笑))、すぐとなりにこんなものが。



え、LEXUS MEETS . . . ??
知らんがな。でもまあ、レクサスの店だ。


エヘン!
オーナーとして堂々と入ってみようか(笑)









こんな感じで、レクサス車2台と雑貨が、ステキな空間の中で並んでいる。
店舗のお姉さん(というよりはマダムかな、でもものすごく品の良い!)と話をしてみると、
こういうことだった。

・レクサス車を展示、試乗も。全車種用意。予約してもらえればどなたでも1時間単独走行可
・グッズはレクサスコレクションではなく、大手百貨店がレクサスに合うものをセレクトして陳列
・レクサス全店舗改装中、このイメージになっていきます
・壁にあるレクサスロゴも、このように少しトーンを抑えたものになります


ということで。なるほど。ブランディングですなぁ。





奥に行くと、こんな床も。







飲食スペースだ。かなりオシャレなカフェスタイル。

すごいやね。
この空間に似合わない自分に苦笑いをしてしまいました。


東京ミッドタウン日比谷、ということでした。






Posted at 2018/05/18 19:46:41 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「NX300とセレナ、アイドリングストップからの復帰比較 http://cvw.jp/b/409304/41574484/
何シテル?   06/07 14:01
★クルマ遍歴 プレリュード Si 4WS パジェロミニ VRⅡ レーザー レビン SJ ステージア 25G プレジデント J's インプレッサ 2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

東京出張してきました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/19 01:34:19
マイナーチェンジ後 NX300/NX300h TV/ナビキャンセラー適合確認 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/12 18:15:53
レクサス NX200t/NX300h TV/ナビキャンセラー分解手順 【LEXUS】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/12 17:38:12

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス NX MGMレクサス (レクサス NX)
希少色、マーキュリーグレーマイカのNX300です。 色味の名称から、MGMレクサスと呼 ...
トライクファクトリー ウォンイット トライクファクトリー ウォンイット
屋根のないクルマとスキー用クルマの両立が難しいなら、思いっきり振り切れてしまうのも良いと ...
ヤマハ MT-25 ヤマハ MT-25
人生初バイクに選んだMT-25。これからのバイク人生、コケずに行きたいところです。
日産 ジューク ゴン太くん (日産 ジューク)
ゴン太なジュークをお許し下さい。運転はゴン太ではありません。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.