• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

けむじそのブログ一覧

2020年03月26日 イイね!

初級系コースは沼だってばっちゃが言ってた

初級系コースは沼だってばっちゃが言ってた世にコロナウィルスは未だ尽きまじ。
相変わらずバイクがやたらと目立つ今日この頃であった。
まーこれ以上ないくらいのお独りさま趣味だし、
結局みんな考えることは同じなのだ。
冬からあったかかったしな、ワイもバイクあったら走りまくってるわ多分w

なもんでワイもお独りさま趣味全開、今回はスープラ。
しかし出たばかりの新型でわなし、80のほうのスープラだ。
やー、一回くらいは乗らなきゃねやっぱり。

さてこのスープラだが、一般的イメージはどうだろうか。
・でかい
・重い
・直線番長
・アメリカ人大好き
だいたいそんなモンだろう。だが実際どうなんよ?
バトギ3~4のスープラだと、止まらなさ過ぎて笑えてくるが
ドリフトしてからの高いコントロール性と
ぐいぐい前に出られる謎トラクションでタイムを詰めてくる
あなどれない強敵だった。
コミケで知り合った人のスープラをライバルゴーストに指名してみたが、
クッソ速くてFDでもぜんぜん追いつけなかったのだった。
自分で使ってみても、ブレーキこそアホみたいに早いが
乗れればけっこういいタイム出るんだよね…


でわ確かめてみようじゃないか。目の前にあるんだしな!
まず乗り込み、高くてぶ厚いサイドシル。
うわこれは乗りにくいw
この樹脂製スカッフプレート、踏んで乗り込んでも良いくらいかも。

そして操作系が全てドライバーに向いている運転席。
テンション上がるなあ~(野原ひろし)
でも思ったよりハマり込み感はなく、ヒザ周り・足元も広々としてる。
ステアリングは…Φ32のMOMO VELOCE(たぶん)。
スープラにこれって小さくないかw
まあ操作はらくらくパワステなのだったが。


サイドオロシー、見た目もちょっと長いけど実際もっと長いなこれ?
クラッチは…まあ重いけど思ったよりずいぶん軽い。
つうかFD(=前期エイト=GC8)より軽いよね。
後期エイトよりは重いかな?ちょっと感触がギコーだけどしばらく踏んでるとなじむ。
1速に入れて…メゴギッと。やっぱりこういう感触かねw
いざ発進…おっおっ、意外と気を遣うなこれ。らっくらく~とはいかない。
それにしてもこの直6サウンド…良き!

通りに出てさらに中の人の慣らし。
2速に入れて…バゴギッと。19万キロ走行でお疲れなんもあるけど
ご存じこのゲトラグの6MT、基本的に使いづらいミッションなんやなw
なおバックギヤは、ツマミをひっぱり上げて入れるルノー式。
1速でまず3000まで引っ張る。すでに40キロ近い?意外とハイギヤードなん。
シフトダウンで1200ヲチ、以下900、600、600、500ヲチ。
1~2わりと近くて2~3わりと離れてる?
まずはこんなとこか、つうか5速3000で100キロ超えるwww

さあて柏インターだ。吹かすぜ~超吹かすぜ~。
3速でアプローチをすい~と…2速でもいけるかこれ。
んで合流…ボァァアアアア!
うひぃw 変な声出たwww
なんと2速のまんまで115キロ出た。レブは7000でリミッターに当たり。
いまの加速、段差あったよね?
4速でもっかい試すと、3500に段差あり。
そういやスープラもシーケンシャルターボだったっけ?
なお6速100キロ巡行だと2300。それだと6900で300キロか…出そうだなこれ?
実際さほど頭打ちにならんしな。
安定性もさすがで、100キロも180キロもまるで変わったように感じない。
FK8でも165あたりから様子が違ってくるんだが。
なもんでまたしても谷和原インター通過。こんなんやめられんわw

谷田部から下道を少しのんびり。
エンジン音は、3000くらいまではポィイイイ~ンwといかにもな直6なんだが
セカンダリータービンが開いてからはゴバァアアア!と野蛮な吠え声に変わる。
プライマリータービンはというと、こっちもかなり自己主張があり
2000回転以上で少し踏むと、負圧のうちからチュィィイイイ~ンwと言い出すし
そこでぱっとアクセルを離すと、ヒュポポポポポwとバックタービン音立てる。
でもしっかり正圧かけてからアクセル離すと、プスーと控えめに抜くだけ。
たのしいなこやつwww
発進加速は、起動トルクは意外とないしフライホイールも真っ当な重さで
上述した通り楽チンとは言えない。そのぶん上も不得意ではないけど。
アイドリング発進もそりゃ難しくはないけど、無造作にはできない。
なんか覚えがあるなこの感覚…
あ、スカクー。スカイラインクーペ350GTだ。あれに似てる、つかほぼ同じ。
たださすがに負圧領域では、排気量が小さい分スープラのほうが線が細い。

車体は幅1810mmと、当時は「アメ車かwww」と言われたものだが
今となってはねえ。FK8よりだいぶ小さいので気も楽だ。
ただFRゆえか車線の中で少しはふらふらするので、横幅キニナル度は
クソ安定でぜんぜん揺るがないFK8と同じくらい。
ハンドリングも、フロントタイヤがドライバーから近いせいか
小気味良くクイクイ曲がる。あんなに安定性あるのに。
うむむ、乗りやすいぞこいつ…!
ロールも自然に、すっと外側に荷重がかかって
ハンドルを戻せばすっと元に戻る。うーん、理想的に普通。
ピッチングはほぼ無し、ブレーキでつんのめる感じもない。
踏むとリヤが沈む感はあるけど、じわっと沈んでくように感じる。
ブレーキは踏みしろで調整するタイプで、ヨタ車とは思えないスポンジー。
ブレーキだけマツダなんか?でもキャリパーに”Supra”て書いてるし。
だが俺によし!ますます好みだw

ほんで今回も来てみた吾国山。
てきとーに2速いれっぱで登る。ゴバァアアア!と本領発揮なスープラさん
重さも狭さもなんのそのだ。速いぜ!速すぎるぜ!
ただトラクションコントロールがしょっちゅう入るw
タイヤはケンダのKR20Aだが、2JZのパワーには残念ながら全然足りてないw
ふー(すっきり)
吾国山だけならEK9より楽しかったな。もとより北側の下りは走れんし
キャッツアイだらけでなあ。。。
それなら今回もビーフラインだ、でも今度は流していった。
80~100キロで流すのが何とも楽しいんだこのクルマ。

R349~R461を経て、いよいよ本格的山道のグリーンふるさとライン。
2速で登る!登る!でも加速は3速で中を使うほうが良いか?
コーナーのうちは2速で回転高めキープしてタイヤの感触を探り、
そこから115まで加速もできるけど、も少し手前で3速に入れて加速した
ほうが速そうな気もする。まあ上のマージンと考えればいいか。
峠仕様であっても、変にローギヤード化しないほうが良いかも。
路面荒れ区間ではどうか…跳ねない!
けどフラフラマークは出まくるしそのたびにブーストも落ちるw

20年前のトラクションコントロールだが、制御自体はかなり賢くて
ド素人のワイには十分ありがたい存在。
(アテーサE-TSだって、もう30年前の機構なんだしな)
何のためってアクセルを踏みっぱなしにするための機構なので
チョーシこいてカットしたらば、たちまちタコ踊りすることうけあいだろう。
RE71あたり履かせればフルパワーのヤバイ級加速が延々続くだろうが
味わうだけならケンダでも十分だったよ。

山の中でボンネット開けてちょいチェック。ボンネットは重さからしてアルミ。

けどストライカーが2か所ある?こんなん見たことない。
300キロでもボンネット開かないようにするためか…!

毒キノコ生えてるものの、タービンは見た目ノーマルに見える。
それでもあんなヒュポポポポポポwとか言うもんなのかw

んで今回は、いわきからのR289からいったん逸れてR349へ。
ジクサーじゃなきゃ楽しめなかったとこだ。駄菓子菓子?
矢祭町内のクッソ狭い区間をゆっくり下る。
NAロドスタが楽しそうに登ってきたが、狭くなかった…?
あZでも狭かったんだけどココ。
しかーしスープラ…ガマンの下りになるかと思いきや、楽しかったよ。
エンブレ効かせながら気楽にくいくい。でかさも重さも気にならない。
なるほどなー、次はビートで下ってみよっと。
んでココだ、滝川渓谷入り口から宝坂峠までイッキに登る。町道?いや農道かも。
けっこうな急坂だが、ものともせず登る登る登る!これは愉快痛快w

いやー遊んだ遊んだ、もう帰路につくとしよう。
走ってみて感じたことは、でかいだの重いだの言われたスープラも
日本の道に合わせて作られたクルマだって事だった。
FK8はやっぱり育ちが大陸なんだなあ、日本でもまあ走れるが。
アメリカ人にとってスープラってどんなクルマか?
たぶん「ハイテクでインテリジェンス、小さいのにそこそこマッシブ」
じゃないだろうか。
日本人にとってのランエボみたいなモンだろうか。
少なくとも直線番長はない。ガチ勢かも知れんが大抵エアプだろそんなん言う奴。


さて返却前の給油。415.7km走って…37.8L。
11.0km/L
マジかよエコカーじゃねえかwwwww
無給油で700キロは走れるのだ、そりゃアメリカ人惚れるわ。
Posted at 2020/03/26 19:09:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2020年03月11日 イイね!

まだまだいくよ~(ミコミコナース

まだまだいくよ~(ミコミコナース楽しさのあまり、推敲もせず書きなぐってそのままうpしたEK9試乗。
コメント返信時に見返すと、いろいろ書き忘れてるなってことで補足なのでした。
忘れないうちにね~

シートはレカロ、あいにく写真は無し。でもたぶん純正レカロだと思う。
ややホールド性重視だけど、乗り心地も十分良くて3時間乗りっぱなしでもへーき。
もしかしたら、FK8の次に快適なんでねーの?という疑惑。
EP3のシートとかもうほとんど覚えてないが、「さすがはレカロだ、長距離乗ってもなんともないぜ!」とはならなかった希ガスる。
ドラポジはちょい曲がり気味、シートに対してペダルが右に寄ってる感じ。
ハンドルもちょっとだけ右寄りだったような。
それともシートの座面が少し左に傾いてるんだろうか?

シフトノブは純正のチタンではなくジュラコン(多分)製。
ジュラコンって言われるもののうち、ポリプラスチックス(株)製のPOM樹脂
なのは果たしてどれだけあるんだろうか(クソリプ
ショートシフトは入ってるんだろうか?でもEK9のシフトって油圧だし
シフトレバー切るしかないんじゃなかろうか。
まあ純正の状態を知らないのでそこは何とも言えない。

パワー系で言い忘れてた事だけど、
フライホイールは純正っぽい感じする。軽量フライホイールのメリットは
EK9だと少ないのだろうか。それともさすがに発進がしにくくなるからか。
ATSのクロスミッションについて少し調べてみたけど、レンタル車の仕様は
たぶんノーマルパワー車用ミッション+純正4.4ファイナルなので
1速がハイギヤードになるから、これで軽量フライホイール入れると
ちょっとカンベンしてほしいかも。
あとまあ、ATSのミッションは2速だけ純正流用なので
つまり2速だけはレンタル車も純正のままって事だよね。
やっぱり吾国山だとハイギヤードすぎるような気が。
峠よりサーキット向けの仕様なのかな、純正2速。
TC2000あたり想定なんだろうか、TC1000とかミニサとかだったら
4.9ファイナルにするだろうし。

内装関係も少し。
マップランプがないのはすでに述べた通り。
ガソリン警告灯もたぶん無さそうw
ライト/ワイパースイッチは、なんとビートと同じ。
いや、正確にはトゥデイと同じ、と言うべきか。ビート用はレバーが
きつめに後退しているのだ。
ただ、スイッチのカチカチ具合はEK9のほうが節度が良い感じ。
中身変わるの?これ。

安っぽいところもちらほら見られる。けどそれも程ほどにオモチャ感あって
イイ感じだし、安くてもその分走りに金をかけてるクルマなんだと実感。
予想してなかったけど正直、このクルマはどツボだわワイ的に。
Posted at 2020/03/12 01:08:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月08日 イイね!

武〇より愛を込めて(エッッ

武〇より愛を込めて(エッッだとよ?
仕方ないとはいえニュースは暗いのばかり。
しかも外出は控えろってさ?
でもそんなの関係ねえ!
コロナ菌なんかぶっとばせ!(菌ではない)

まあ不特定多数が集まらけりゃエエんじゃろ?
だったら乗り趣味には関係ねえってこったな。
って考えるのはワイだけではないようで、妙にバイクが目立った日だった。
天気もそんなに良くなかったがな。車が減って道路が空いてるってのは
どうやら全国的な傾向で、バイク乗りはなぜかそれを共有している気配。

前置きが長くなったけど、ひさびさの四輪レンタルだったのだ。

EK9、記念すべき初代であるな!最近は中古価格が恐ろしいことになってるが
お値打ち価格でレンタルできるのだ。
まぁ程度はお察しw

堂々の25万キロ超え、でも乗れるだけ感謝だこのご時世。
他にもいろいろお疲れなクルマではある。バンパーは写真でもわかるほど下がっちゃってるしボンネットのチリも合ってない。
小キズやらサビやらあっちこっちにあって…パッと見でわかるオンボロだ。
でもそんな事問題じゃないんだ。ちょっとだけでも味わえればそれで十分。


カップホルダーはなかなかのワザマエ。
小物トレイにちゃっかりお邪魔するあたりがなんともニクい。
コンビニコーヒーがぴったりなのは、偶然だろうけどすばら。

操作系もメーターまわりもシンプルそのもの。
古き良き20世紀のクルマだ。ギリギリな!
タコメーターはPIVOTのGEKKOかな?つけ方共々お約束装備。
純正メーターはどうなのか?そっちがいいんだが…しかしこれまたお約束で
タコ踊りしてたw
タコメーターだけにwwwってやかましいわwwwww

クラッチ踏まなくてもセル回るぜ!20世紀だからな!
セルの音は…なんかGC8とおんなじじゃない?
うはクラッチ重いw20世紀のクルマってこうだったなw
これもFDよりよっぽど軽かったはずなんだが。
ミッションはATSのクロスミッション、らしい。1速…入りづれえw
ゴギッと入れて出発。ステアリングの感覚も、古き良き油圧パワステの
ほどほどダイレクト感。FK8は白メーターにするとビビるほど軽いしな。
起動トルクうっすwこのミッション、1速はハイギヤードらしいが
にしても2000は回さないと前に出ない。
あZも意外と起動トルク薄かったけど、さすがにここまでじゃなかった。
通りに出てシフトうp。シフトレバー遠いなwめっちゃ下だわ。
3000まで引っ張ってからシフト…1000ヲチ、600、600、700。
1速はしっぶいし5速もいまいちだが、2~4は入りやすい。
1~2間も近いけど、これ1速使えるか?
5速は少し離れてて燃費ギヤ的位置づけなのか。5速60キロで…2400。
100キロなら4000かな、まあ純正のミッションじゃないしなあ。

柏インターまで来れば、そろそろエンジンもあったまって来た。
本線合流、3速で引っ張り、4000、5000…
ンバァァァアアアアw
キタ――(゚∀゚)――!!そうかこれが噂のンバァァァアアアアだ。確かにンバァァァアアアアだw
ええと切替ポイント…5500か?いやもうちっと下じゃないか?
5速で試せば簡単だな、5200だ。でもって130キロ。
おっと勢い余って谷和原インター過ぎちまったw谷田部で降りるぞな~
で、学園都市内をぐねぐねして朝日トンネルを抜け、行きつく先は吾国山。
さあて存分にンバァァァアアアアwするぞ~…んん?これは…
1速だけでなく2速もハイギヤードに思える。
いや2速50キロ4000だから、ふつーのエンジンなら普通にテンロクスポーツの
ギヤ比だろう、6500レブでざっくり80キロだから。
でもこれで8000吹かすと100キロ出るのだ。もうちっとローギヤードでいい。
じゃあ1速使うと?ギャンッと蹴り返される。やっぱり無理だわこれ。
ちょこちょこンバァァァアアアアwしたので気はよかったが、疑問アリで山を下りる。

笠間から城里へ抜けるルートかな、と思いつつぼんやり思考。
ATSのクロスミッション?これどう使うんだろ。
1速がこうも渋いとジムカにも使えない。となればグルグル用途で
ほぼ間違いないと思うんだが。
…ん、ギヤひとつ封印か?1>2>4>5シフトして、なんとなく思った。
4速だと4000で80キロになるから、9000回すと180。
ああ、これ2~4速だけで筑波あたりを走る仕様か。
そう考えるとなんだか腑に落ちた感覚。まあグルグル本気組の人たちと
お話ができたら聞いてみたい。

さて笠間。右折して50号へ…いや、直進してビーフラインへ向かう。
ンバァァァアアアアw

イヤッホゥ最高だぜぇ!
これは実に痛快w思った通りこっちのほうがクルマの仕様に合ってる。
好き放題ヒャッハーしてると何だかんだでR349に到着。
前半はあえてR461 で登っていく。
思ったんだけど、このクルマ高速コーナーの具合もかなりイイ感じ。
いよいよメインステージのグリーンふるさとラインへ。
いや…跳ねねえな、粘るわこの足。
レンタル試乗だけでなく、あzやビートでここを走ってた事もたまには。
んで震災でできたギャップで、リヤがいちいちワープするんだわさ。
それが楽しかったりもするんだが、
でもEK9はワープしないよ?
これ…FK8でもそう思ったな。つうか「シビックタイプR」で
グリーンふるさとラインを初めて走ったのがFK8(レンタル)だった。
EP3では猪苗代とか逝ってきたからね…

改めて各部チェック。
車内は実ににぎやかで、カーステ用のUSBメモリを忘れてしまた事も
何ら問題ではなかった。後ろからゴトゴトどすん、内装キチキチかたかた、
ミッションからキュキュキュイィ~ンwエンジンも4000から吠えだし、ついには
ンバァァァアアアアw
なにこれ最高かよ。
ステアリングも安定で軽快、どっしりシャープ。
どっちつかずではなく、どっちも有り。
ボディも事故車だと思うわりにはガッチリで、直進ではゴトゴトみしみし
なのにコーナーで荷重をかけると妙に頼もしくなったりしてて。
ブレーキングも、なんとも印象に残らない…理想的に普通。
エンジンフィールは今更言うまでもなし。
ワイ的ンバァァァアアアアwランクでは
B16B>>K20A>>>F20C くらい。B18Cはもっとすごいってホントに?
いま33スイスポがその圧倒的コスパでキモヲタの支持を集めているが
EK9それどころじゃない。
これが200マソって、当時のホンダはどうかしてたとしか思えない。

いわきのスーパーでちょっと休んだらR289を西へ。
【悲報】R289さん、生まれ変わる
いわき市内の高規格区間を抜けたら鮫川村へ、ここからがお楽しみ…
あれ?何だろうこの高規格道路…トレーラーも楽々じゃね?
前後区間が狭溢なままだから実際まだ居らんけど。ああ。
あのほどほどに狭くて楽しかったR289が。
震災もしれっと無傷で生き延びたR289が。
ワイのR289が…(´;ω;`)
仕方ない、ままあることだ。山形県道5号小滝街道も既に記憶の中にのみ。
R289も、今の姿のほうがきっと皆喜んでるのだ。道ってそういうもんだよ。

さて、矢祭町の珈琲工房も久々の訪問。去年のGW以来じゃなイカ?
八溝山ブレンド!たしかに焦げ風味がキツい。カッコつけて言うと
スモーキーフレーバーとか?でもこれスッキリしててなかなか良い。
お楽しみの締めくくりにはちょうど良いじゃないか。

帰り道、流山から事故渋滞…そういや週末にはサンドラが居るんだったな。
仕方ねーので谷和原で降りて迂回路、芽吹大橋を通る。
道は知ってるがいちおう確認、地図を見て…
マップランプ無いwwwww
そういやそんなクルマだったろうねw
マイカーだったらサクッと後付けしたろう。ワイそのテのイジり好きだし。
まあ、何とかなったよ…。


給油量34.16Lだからええと、12.15km/L!
隙あらばンバァァァアアアアwしてた割にはよく走ったじゃないか。
実際、5速でのんびり走ってる間は燃料計ほとんど落ちなかったのだ。
Posted at 2020/03/08 03:26:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2020年03月05日 イイね!

節目。

節目。これちょっと前の話だけど。

意外と早かったな、一年弱でこうか。
長距離乗った試しないんだが。この冬あったかかったから
晴れればちょっとくらい寒くてもビートだし。
むしろビートのほうがあんまり距離伸びてない印象。
通勤で無駄に乗りつぶすのは避けたいのだけど、
まあつまらなくは無いからいいのか…

これはついこないだの話。

急制動も間に合わずボゴギッ…とヤな感触して(;´Д`)
でも視界の端で腰抜かしてたネッコ。
これならクルマのダメージもほぼないか?と思ってたらバンパーぱっくり。
ネッコつよい(´・ω・)
また板金4万コースか…

せっかくだからもひとつ。
ヤリスGR、ひさびさにアツいのktkr!
3気筒ってのがワイ的にツボ。ハナ軽そうだな、これ峠マシン最強じゃないかね。
燃費も良いかもな期待、でも航続距離はなさそうじゃな。
タンク容量ハンデは覆せまい。GRのタンクがいくつかは判らんが
ベースのヤリスが36リットルだし。これで50リットルあったらマジネ申
何にせよ、FK8なかったら夏にはトヨタ乗りだったなあほんと。
Posted at 2020/03/05 00:56:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2020年02月12日 イイね!

伝説の五人(マジカルファイブ)

伝説の五人(マジカルファイブ)わほーからのお報せ。
「PayPayの未提携残高がもうじき無くなるでよ!」
んー、キャッシュレス決済とかSuicaとTマネーで十分なんだが。んで残高なんぼだって…
「あと10日で¥9200ぶん消えるんだが?」
マジか、しゃあねえ釣られてやるか。
つう訳でちょい調べてみたらば、生憎ワイのAndroidガラホではペイペイたんは無理なんだと。
大人しくスマホにしなさい、みたいな意見が大多数。

しっかし何で1マソ近くも残高あるのん…
わほーショッピングでホイール買ったからだった。
オートウェーイがやらかしてなければ、スタッドレスもわほーで買ってたはず
なのでもうちょっと多かった可能性もあるやも。

で、携帯屋に逝ってちょっと聞いてみる。
オ〇ホの費用が数千円なら、ゲットできる9200ペイペイのほうが美味いんやな。
時代の流れとはいえ、遂にワイも〇ナホ使いなんやな…
「おっちゃん、ガラホの分割払いがまだあるやろ?先にそっち払ってもらうで」
ワイ「おおそうやったな。で、それなんぼなんや?」
「¥9226頼むやで」
ワイ「」

つかの間の夢やったんやな。
ワイにペイペイたんはまだ早かったんやな。
9200ペイペイはちいと惜しいが、まあ次のタイヤもわほー使うつもりなんで
そうなりゃすぐ増えるじゃろ。
インチダウンの予定はいまのとこ無いので、Pilot Sport4Sあたりかな
4本17マソなんやな。
あいぽんSE2の噂もあるし、今は待ちかな…
Posted at 2020/02/12 01:02:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「初級系コースは沼だってばっちゃが言ってた http://cvw.jp/b/458275/43850569/
何シテル?   03/26 19:09
2次元に生き、3次元に暮らす人間ぎみなナニカ。 このごろはレンタカー乗り回しでわりと満足ぎみ イヤいいサービスが出来たモンです。 それでクルマいじりがやや...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ゆーのすぷれっそ (ホンダ シビックタイプR)
住宅ローンが闇に滅したのでゼータクしたくなった! まあ3台維持にウンザリしてたのもある。 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
2009年8月のブログに出たアレ。 後輩にはイマイチ肌に合わなかたよーですねむう 現在 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
レンタル試乗からずっと気になってた一台、でも 乗り換えまでは考えてなかったよなあ 駄菓子 ...
マツダ AZ-3 マツダ AZ-3
元々はhuさんのクルマでつた。 オフ会でよく見た、よく知ってるクルマなので ほぼ同車種乗 ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.