• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

にゃご o(^・x・^)oのブログ一覧

2018年10月15日 イイね!

ジムニーで楽しむ林道ツーリングから始まる古の廃村宿泊と

ジムニーで楽しむ林道ツーリングから始まる古の廃村宿泊と2018年も残すところ2ヶ月半、暖房便座の暖かさに秋の訪れを感じているにゃごです、こんばんは。

そんな秋の足音が聞こえる9月の某日、みんカラお友達のホーナー様と長野県は飯田市の『大平宿』という廃村の古民家に泊まろうという事で長野県の林道ツーリングに出掛けました♪


カメラを向けるとノリノリでカメラサービスして下さるホーナー様w
グラベル中毒だった事も幸い(むしろ災い?)してCX-5から新型ジムニーにお乗り換えをされていらっしゃいます 
(;゚⊿゚)ノウヒョー
alt






~・~・~・~・~・~・~・~・~






alt

当日は私もシエラでご一緒させて頂いたのですが、走破性もさることながら歴代ジムニーのSJ・JA系を彷彿とさせるスクエアなエクステリアがまた魅力的だなぁ。。。なんて思いながら向かったのがヒルクライム林道。

alt

結構な勾配だったと身体が記憶していた林道なのですが、それ以上のイカれた傾斜を体感・走破している所為でそこそこの勾配でも感覚がマヒしていくのはジムニー乗りが陥る負の連鎖なのでしょうか(負?
alt



林道脇の趣ある石仏、長い年月この林道・峠道を訪れる旅人たちを見守っているかの様な穏やかな表情で佇んでおります。
alt





距離はそれ程でもありませんが、高度差が良い塩梅 (*'-')b
alt






alt

四駆ローギアでゆっくり確実に砂利を捉えながら楽しく登り切ったら、林道をお散歩されているマダムにホーナー様がナンパされてました・・・って、それは冗談ですが老若男女問わず誰からも親しまれるホーナー様の人となりが垣間見える一コマです。
alt
ホーナー様モテ過ぎです(笑






~・~・~・~・~・~・~・~・~






alt


ヒルクライム林道を後にし、次に向かったのが『町道高嶺線』ダートが約15㌔程。林道ツーリングの一週間位前から台風や雨続きで路面はままマッディ。
alt
↑↑ホイールのオフセットが多分に影響していますが、ものの5分でこの有様です'`ィ(´∀`∩
ホーナー様は・・・慎重です♪
alt





alt

台風・雨の影響で倒木箇所も多かったのですが、久々のロングダート駆け抜けて今回の林道ツーリングの最終目的であります飯田市は「大平宿」へ向かいました(勿論、林道経由でw





alt
林道 鳩打線』(鳩打峠)、飯田ICから迂回ルートの県道を使う事無くショートカットもできるので非常に便利な林道でして、またマイナーながらも大平宿との関連性もあり随所に歴史をちりばめた林道。

alt
扉付き隧道を抜けたら約8㌔のダート区間が待っています。


前述しましたが、台風や雨の影響で通れるか一抹の不安を抱えながら中央アルプスから流れる清流を横目にジムニー二台は安全に楽しく進んで行くのです。
alt
んん~~・・・良い雰囲気♪


特に倒木や土砂の流出などいったイベントもなく総じてフラットなダート路。
中央アルプス界隈林道特有なのか「花崗岩」系の土質なので『洗い越し』が数か所、路面が小川みたいになっている部分もあったりと、そんなこんなで泥で見えずらくなったヘッドライトを洗うには好都合と停車すると娘が勇んで(裸足で)ヒャッハー!言っておりました(;'∀')
alt
路上河川を見ると(見つけると)、入らずにはいられない遺伝子を受け継いでいるのでしょうか・・・(そんな訳ないだろw)

alt





alt




林道鳩打線を軽快に走り抜けて目的地である「大平宿」に到着です。
alt



今回宿泊する家は勿論木造板葺きの囲炉裏・薪風呂がある古民家をお借りしました。
入った瞬間に鼻孔を擽る古い木造建築特有の匂いが堪りません・・・
(*´Д`)ハァハァ
alt



alt

大平宿に残る建造物の中では珍しい構造の二階建て、囲炉裏を囲んでホーナー様厳選の美味しいコーヒーを頂きながら忙しない日常からの逃避とでも言いましょうか・・・非常にゆったりとした時間を過ごしました。
ホーナー様も様々なアウトドアを嗜まれていらっしゃるので、この手のアクティビティは得意で色々と助けて下さいまして、本当に助かりました^^



そうでした、今回は(も)カマドウマ(虫)耐性のある妻と次女も行きたいという事で同行。
alt
敢えて田舎臭い服装を纏い完全に廃村の住民と化している次女。
諸々の不便さや現代生活における清潔さは皆無な場所ではあるのですが、「そんな部分」をも率先して楽しんでいるのが印象的でもありました♪




翌日は大平宿から中央アルプスの南端にあたる「摺古木山(すりこぎやま)」登山口まで伸びる『林道東沢線』へドライブに出掛けました。
標高1100㍍付近から1800㍍辺りまでの約8㌔ダート路。
alt
道幅は決して広いわけでもなくピストンではあるのですが、こちらも花崗岩の岩肌・灰色の路面、澄んだ清流といった山岳林道らしい風景は非常に気持ちの良いものがありましたし、何年も前から大平宿に訪れる度に行ってみたい林道でもありましたので、今回念願叶って感無量でもありました^^



林道東沢線から帰投しまして、娘のガイドの下少しだけ廃村散策。
alt
「藪漕ぎ娘」。。逞しくなったなぁ(ぉい

alt





alt

大平宿の様に「昔」な風景を色濃く残す宿場町を色々な方に利用して頂くという形で古民家を保存していくスタイルは非常に稀で好感が持てますし、現代の便利さを追い求めた生活から少し距離を置くことで今の生活の有難味を体感できる場所。
何よりも廃集落らしい静寂さと何処か虚しさ漂う雰囲気は本当に癒されました。


ゃ、気付いたら随分と長くなってしまいましたが当日は新型ジムニーとご一緒できた事も感無量でしたし、ホーナー様との林道ツーリングも然り囲炉裏を囲んでお酒を飲みながらのんびり過ごす至高の一時でありました。
この場をお借りしまして当日は遠方から本当にありがとうございました~m(__)m







お別れは大好きな超広角アングルで切り取る、ジムニーならではの走破性を存分に満喫した林道風景の2カットで
alt






alt
シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
Distagon T* 24mm F2 ZA SSM SAL24F20Z

Posted at 2018/10/15 21:19:04 | コメント(4) | 《2018年》 | 日記
2018年09月11日 イイね!

パジェロと駆け抜けた夏の思い出と

パジェロと駆け抜けた夏の思い出と絶賛放送中のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
「8頭身・ツンデレ」ねこ娘がツボ過ぎるにゃごです、こんばんは唐突に私のネコ好き補正が炸裂してすみません
alt
色々な意味で時代の流れ・・なのでしょうかねw


夏の暑さで頭がおかしくなったとお思いでしょうが、元からおかしいのでご安心下さい。
さて平成最後の夏となった今夏、各地で「暑さ」が猛威を振るいましたが皆様如何お過ごしでしょうか。
私はその暑さの御蔭で娘達と家でのんびり過ごしていたのが多かった気がしますが、それでもみんカラお友達様と遠征したりと、自身のカーライフ的には楽しい夏でした。


そんな酷暑であった夏の一コマを抜粋してしたためようと思います。
alt

例年ですと積極的に「山場」もとい「林道」に撮影ドライブも兼ねて涼みに行っていましたが、前述しました「暑さ」が異常だった事もあり少し自重気味。


alt

とは言え、子供達にとってはそんな「暑さ」など気にも留めず果敢に屋外アクティビティ(主にイカダを←ぉぃ)に励んでおりました。





~・~・~・~・~・~・~・~





とある日、予てから行ってみたいと思っていたシュールスポットの宮城県は白石市にある「宮城蔵王キツネ村」にみん友様の知多どくお様とパジェロに同乗して頂き、一泊二日の男子旅に出掛けました(´∀`∩
alt



alt

そして目的地であるキツネ村に到着。
キツネフェチな知多様は何度もこちらに来られていますが、入場時の説明やそこら中に貼られている注意文言などを見ると初見の私にとってはかなり鮮烈でした(笑



が・・・早朝と暑さの御蔭なのか殆どのキツネは就寝中でそこそこに近づいて写真を撮れたりと・・・やる気の無さも含めてすっごい癒されるのです
(*´Д`)ハァハァ
alt




alt

冬毛のモコモコ丸々した感じはなくジャッカル的?な夏毛らしい精悍なフォルムもまた素敵なキツネ達。
園内そこら中にキツネが居るのは勿論なのですが、リアル稲荷神社もあったりとフォトジェニックな場所でありながらもキツネの生態について勉強になる面白いシュールスポットでもありました♪

alt








alt

冬毛のモフモフ姿もカメラに収めたい被写体だなぁ。。。と、機会があれば寒い時期にまた訪れてみたい衝動にも駆られたキツネ村探訪でした♪






~・~・~・~・~・~・~・~





もう少しネタ的な事を書きたい所ではあるのですが、長くなりそうなので最後はみんカラのクラブメンバー様もといけもの道フレンズと長野県は大鹿村の『天空の池』での一コマで。 
載せきれないのでフォトギャラリーも宜しければ

alt



alt









alt
↑↑これで見納めとなる知多どくお様のCX-5と結構な事故から無事に完全復活した美味しいカレー様のCX-5↓↓
手放してから実感しますが、景観の良いシチュエーションの下ファインダーから覗くCX-5はやっぱり格好いいですね(遠い目
alt











alt

何度訪れても見飽きない景色。
パジェロで訪れたのは初めてでしたがやはりこういった類のクルマは画になるなぁ・・・なんてシミジミ感じた下界の暑さが嘘の様な爽やかな風が吹き抜ける標高2000㍍の畔での夏の一コマでした。







alt
シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
Posted at 2018/09/11 21:46:15 | コメント(6) | 《2018年》 | 日記
2018年07月05日 イイね!

水無月の「挑戦」とプチオフと

水無月の「挑戦」とプチオフと超人気車としての地位を確立しているクロカン四駆「ジムニー」
その人気車故にあの構造とトランスファーを活かせる機会が無いまま役目を終えたジムニーがどれだけいるのだろう・・・ぁ!いよいよ20年ぶりに新型ジムニー(シエラもねw)が世に出ますね!!

不意にそんな思いを巡らせながら、クルマ好きとしては例え日常生活におよそ必要のない機構でも使用可能な範囲内でそのクルマの持つポテンシャルや長所にほんの少しでも触れたい思っているにゃごです、こんばんは。
alt

さて、そんな私の偏見はその辺に捨てて置きまして6月の中頃みんカラお友達の知多どくお様と群馬・長野県境の毛無峠と林道湯沢線にお出掛けしてきました♪

alt

alt

当日は終始「雲の中」という如何にも高地らしい天候ではありましたが、時折覗く青空と陽光が眩しくも何処か幻想的な雰囲気を醸しておりました。
 
alt
改めて写真でみるとタイヤの大径化も手伝ってパジェロの車高ってなかなかどうしてそそるモノがありますね・・・(*´Д`)




私はノンビリとパジェロと戯れながら知多様は嘗ての鉱山跡地を散策。
alt

各々が其々にヤマの空虚感に黄昏を頂きつつ、林道湯沢線に向かいました。
天候は変わらず折角の美観林道も雲の中ではありましたが湧き水のあるセーブポイントでチキンラーメンを肴に3~4時間くらい居たのでしょうか?
クルマ談義と80年代のロボットアニメネタで盛り上がり、そのお陰で翌日は腹筋が痛かったですが、こういった何もしない林道ドライブも凄く楽しいのです♪
alt

林道での写真はありませんが、視界不良な湯沢線をお互いに無事走破してチキンラーメンプチオフ(違)は幕を閉じました。
またチキンラーメン食べに林道へ行きましょうね~(ぉぃぉぃ






~・~・~・~・~・~・~・~・~






alt

そして翌日はみんカラお友達のリヴァ様と長野県は大町市の「信州大町チャレンジフィールド」で走行会を楽しんで来ました♪

当日はシエラ一台でリヴァ様と同乗して向かうつもりだったのですが、折角なのでパジェロも色々と試したい事があり・・・現地までリヴァ様にパジェロを転がして頂きましていざ。
alt


alt




alt

「信州大町チャレンジフィールド」の名に相応しく??林間コースは私の様に林道+αを走る程度の経験値では補えないであろう「チャレンジ精神」が試されるエリアでリヴァ様と声を合わせて「コレ行けるの!?」って感じの路面をワイワイ楽しみました(悶絶しました)。

alt

こういったクロカン寄りな路面でこそジムニーのポテンシャルに触れる事が出来るとは言うものの・・・林間コースは粘土質の路面なので適宜ラインを選びながら絶対に嵌まる!」と分かっていてもちょっと冒険してみたら予想通りに「沼」の餌食にw ↑↑
路面的にパジェロで来れそうに無いのでスタッフさんのジムニーに引っ張って頂きました♪

スタッフさん:「余程魔改造していない限り此処は殆どのクルマが無理ですよw」←ぇ
そんなスタッフさん、親切にアドバイスやお手本を見せて頂いたりとても励みになりました~
m(__)m
alt
語弊があるかもしれませんが、こういった場所ですと安心してスタックできますし、何より普段経験できない「走り(クルマを壊さない程度の)」に挑めるのは凄くスキルアップに繋がるとも思いました。

そんなこんなでリヴァ様とジムニー・パジェロで乗り比べや同乗走行を楽しんでいるとみんカラお友達のえたる様も参戦して下さいました。


勿論車高短スイフトで(←マテ
alt





alt
北アルプスの麓に位置する「信州大町チャレンジフィールド」は廃業したスキー場を利用しているだけに坂が多く、中でも写真ではどうしてもお伝えできない斜度のヒルクライムを走破したりと二回目にみん友様のお二人を乗せて挑んだら登れなかったのがちょっと悔しい・・


何はともあれどこの路面も「基本的に」
alt
なスタンスで挑めば大概はクリアできるのですが、泥んこゾーンに突入したらオタマジャクシの群れがいらっしゃって変な所で止まったら案の定(ry
↓↓
alt

レスキュー時リヴァ様にパジェロで引っ張って頂いたのですが、さながら他人事の様にめちゃめちゃ逞しいパワーでしたが、それ以上にレスキューして下さったリヴァ様に惚れそうになりました
ヽ(´o`;オ-イ
この日だけでリヴァ様に何度助けられたか分かりませんが・・・こういったオフロードコースでは日常で行う機会がほぼ無い様な事が経験できるのも「ならでは」かと思います(ポジティブシンキングも程々に


alt
総じてジムニー有利なフィールドではあるものの、パジェロでもモーグルやら何やらもクリアできましたし、フィールド内のダートを豪快に砂煙を巻き上げながらそこそこの速度域+凸凹路面での「安定感」と「制動」は往年の名機たる所以を感じずにはいられない走行性能を味合わせてくれました。


alt

ちょっと長くなってしまったのでこの辺りでお暇させて頂きますが、日常生活ではおよそ遭遇しないであろうシチュエーションの中を走る面白さも然り、お互いのカメラで撮りつ撮られつつ…ハラハラ・ドキドキと砂埃・お天気にも恵まれたみん友様とのオフロードプチオフでした♪
この場をお借りしまして当日はご一緒させて頂きましてありがとうございました~m(__)m


話が逸れますが、デリカのCM(12:53~12:56の僅かなカット)でこちらのフィールドが登場しております。

と、そんな話から

スタッフさん:「パジェロでジャンプとかどうですか?」
中の人:「勘弁して下さい」←食い気味に










お別れはさながら水を得た魚なシエラと雲の中一瞬の晴れ間がパジェロを照らした鉄の巨人達との一コマで
alt






alt
シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
Posted at 2018/07/05 22:32:01 | コメント(6) | プチオフやオフ会 | 日記
2018年06月13日 イイね!

毛無峠に聳える鉄の巨人とパジェロで楽しむキャンプ日和と


唐突にアレですがナスDの影響を受けて今月で丁度丸一年、髪の毛を伸ばしていたのですが妻や娘達からは「仮面ライダーローグみたいw」と言われ続けてそろそろ髪をバッサリ切ろうと心に決めているにゃごです、こんばんは(ぇ
alt



それはさておきまして、6月初旬に長野県は高山村の毛無峠(小串鉱山跡地)へようやく冬季閉鎖が解除された様ですので撮影ドライブに出掛けました♪
alt

嘗ての賑やかさを知らしめる遺構として標高1800㍍に哀愁を帯びたシルエットが印象的な鉄の巨人達もご健在。

alt




alt

AM4:30、何とも言えない旅情と哀愁を感じつつ鉱山跡地に広がる雲海と朝日に別れを惜しみ毛無峠と高山村とを結ぶ《林道湯沢線》に向かいました。



全長約17㎞、ダートが14㎞ほど。朱色に染まりつつある北アルプスを横目に高低差は約900㍍とまま勾配のキツイ路を麓まで一気に下ります。
alt


altalt

湯沢線、雨による影響なのか道が削げた箇所があったりとまた長期間の整備通行止めになりそうな予感が・・・


alt

まだ月が見える時間の林道ドライブ、些か怖いくらいの静寂さに包まれた林道に木霊するエキゾースト。
本当でしたらもっとノンビリとカメラで遊びながら休憩しつつ走りたいところではあるのですが、当日は娘達の運動会が控えておりましたので下見程度に大好きな湯沢線を満喫させて頂きました
'`ィ(´∀`∩




~・~・~・~・~・~・~・~



翌日。
娘達の振り替え休日を利用して長野県川上村の「五光牧場オートキャンプ場」にキャンプ▲を楽しんで来ました♪
alt

今年新たに延伸した中部横断自動車道が無料なのも有難いですし、快適に南下できるので今後は、長野・山梨県境の林道へのアクセスも具合が良く益々お世話になりそうです。

そんな便利になった道を利用させて頂き訪れた五光牧場オートキャンプ場。
元が牧場なのでほぼ傾斜地ばかりなのですが、芝生・林間サイトも広々としており、貸し切り状態だったことも幸い?して何処に設営しようか迷うくらいに広大なサイトでした。 
alt
↑場内を彷徨うパジェロw
前述した様に元が牧場なので場所によっては激しい凸凹が多いので車高にゆとりのある4WD車ですととても安心。
ぁ、それと初めて直結4WDのローギアをジムニーで登る様な凸凹激坂で使用しましたがリア側のストローク量の多さの恩恵もあるのか「何コレ凄く頼もしい・・・w」と一人車内でニヤニヤしていたの内緒です。


alt

芝生エリアからは八ヶ岳も見えたり一部分では眺望もそれなり。
宿泊される方は無料で入浴できたりと・・・何より炊事場の水が「天然水」で娘達がジュースよりも「その水」を飲んでいたのが印象的でした(笑
alt
↑マテ


alt

今回のキャンプでパジェロは初投入でしたが荷室もかなり余裕があり、これならにゃご家5人での遠征キャンプも大丈夫そうな・・・と、色々な妄想と構想を頂きながら就寝。
alt



alt

標高1300㍍程、開けたエリアでは星空が綺麗。。。

と、そんなこんなで誰も居ないキャンプ場に娘達の賑やかな声だけが響くお天気に恵まれたとある日のキャンプ日和でした。
alt
場所的にも近隣の林道ツーリングの際に利用できそうなので機会があればまた訪れてみようと思います♪






お別れはいつも孤独なシエラと見守るパジェロの一コマで

alt



alt
シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
Distagon T* 24mm F2 ZA SSM SAL24F20Z
シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE (コニカミノルタ用

Posted at 2018/06/13 22:24:17 | コメント(6) | 《2018年》 | 日記
2018年05月31日 イイね!

CX-5→パジェロへ

alt

愛車紹介の方で既に載っておりますが、この度CX-5からパジェロに乗り換えとなりました。
苦渋の決断でしたが、如何ともしがたい家の事情がCX-5と突然の分かれとなってしまいました。。。(車検や構造変更を済ませた事もありますし、まだ9万キロしか乗っていなかったのであと3~4年は乗るつもりだっただけに無念でもあります)


と、そんなこんなで「7~8人乗りのクルマ縛り」の中で時間は掛かりましたが各メーカー様の多種多様なクルマに試乗させて頂きまして・・・
CX-5→→CX-8とはならず結果「パジェロ(ロング)」になった訳ですが、勿論ログインボーナスやガチャでも無ければ某番組よろしくダーツが当った訳でもありません。
alt

ほぼ同じタイプですとランクルプラドがありますがこちらはあまりに自分のキャラと身の丈に合わない超高級車で「試乗だけ」で。
ぃゃ、本当マジすみませんな感じだったのは内緒です(;'∀')

やはり決定打は数多有る7~8人乗りのクルマの中では色々な意味でかなり尖がっていた事が決め手でしょうか(ぇ)
alt

そんな縛りのある中でも、個人的にですがパジェロのボディ構造の恩恵からくる「オン・特にオフロードの走行性能」は刺激的でしたし、安定感しかないバイク戦艦並みの巨大タイヤ然り(ぉぃ)、やたら重い車重を忘れさせてくれる対向4ポットも非常に具合が良くスーパーセレクト4WD が様々な路面を安全・安心に走らせる楽しさを齎してくれたりと・・・


今時の豪華で快適な先進装備満載のユーティリティが売りのユーザー目線且つ、精悍なクルマも非常に惹かれる部分ではあるのですが、ジムニーシエラも同様に現行車らしからぬロートル感とアナログさや家族でのアウトドア然り、好んで悪路を走る私にとっては走行・走破能力は先進技術や快適性よりもやはり魅力的でした '`ィ(´∀`∩

CX-5のディーゼルで慣れてしまっているのでパジェロのディーゼルエンジンはトラックかと思わせてくれる所はむしろ「好き」なのでそれは別としましても、世間で言われるネガ要素も私には「ネタ」程度だったり・・(←マテ

alt

実は予てからノーマルorカスタムされたエスクード(三代目←ここ重要)に何度か試乗させて頂き、オン・オフロードの走行性能に惚れておりましてほぼ同じボディ構造とトランスファーを備えた車がパジェロだけだった事も一因かもしれませんが^^;



alt

何はともあれ、三菱さんのカーラインナップの中でもユーザーに媚びないちょっと時代に置いて行かれた感を内包した屈指の孤高さを誇るクルマではあるかと思いますが、諸々含めて嘗ての栄光の名残は消え失せてはいない気がします・・・

ほぼほぼ取り留めのない内容ですが、パジェロ共々今後とも宜しくお願い致しますm(__)m





ぁ、どうでも良い話なのですが私が高校生だった時に母がパジェロミニに乗っておりまして、仮免許を取ってから河川敷で母親同乗でマニュアルの練習をした思い出が甦ります(何
Posted at 2018/05/31 21:38:53 | コメント(8) | トラックバック(0) | 《2018年》 | 日記

プロフィール

「ジムニーで楽しむ林道ツーリングから始まる古の廃村宿泊と http://cvw.jp/b/675059/42067907/
何シテル?   10/15 21:27
辺鄙なページに訪問ありがとうございます。 写真を撮るのが好きで、その為のドライブがもっと好きです。カメラも技術も大した事はないですが楽しく適当に色々撮影し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ホワイトレターの黒ずみ落とし 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/11 21:15:10
アピオTSジムニーのトリセツ[vol.5]サスペンションとチューニング前編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/26 23:33:15
 
オイル交換後のリセット&燃料噴射量調整と足回りの微調整(忘備録) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/04 19:24:29

お友達

お友達のお誘いは大変有難い事なのですが「お友達の人数やイイね・PVを増やすのが目的です」という方はご遠慮させて頂きたく思います。
33 人のお友達がいます
kamosikakamosika * ROADHOUSEROADHOUSE *みんカラ公認
ディーゴ☆ディーゴ☆ * axispartsaxisparts *みんカラ公認
YASUBEEYASUBEE * CITYオフローダーCITYオフローダー *

ファン

209 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ
ジムニーの影にひっそりと隠れるシエラ。 「不人気車」故の宿命か近所の中古車販売店でいつも ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
家の諸事情により7人乗り以上のクルマを探していたら、脳と身体が勝手に本格派オフロード四駆 ...
スズキ スイフトスポーツ にゃご粋 (スズキ スイフトスポーツ)
身体上の都合により泣く泣くATになりましたが、それでもゲート式シフトレバーなのでシフトチ ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
娘の通学、通院用に購入。妻と娘がラップシール貼ってくれたおかげ?でなんともダッサイ車にな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.