• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GTa郎(ただし爺いっ)のブログ一覧

2016年04月15日 イイね!

【 その時は突然やって来た 】 ~ GTa郎 編 ~

【 その時は突然やって来た 】 ~ GTa郎 編 ~その時は

突然 やって 来ました。。。



ビーナスライン
白樺湖まで 進行、
ココから 気持ち いい
昇り勾配で 車山 →
霧ヶ峰 へ となります。

昇り勾配に 入り スグ、
ここまで 牽引役で 先頭だったので
くろいいろ さん に バトンタッチ、
しんがり を 希望し 走り出しました。


・ 写真は 過去の モノ です。

グイグイ 行く 先行 3台に 追従、
昇り勾配 GTa郎号に 鞭を 入れます。

※ 下の写真 右上の 稜線 付近

・ 写真は 過去の モノ です。

と その瞬間 ガクっと 失速しました。
? ? ? 、
もっとも 簡単な 説明なら、
『 ターボが効かない 』 です。

エンジンが 吹き上がらない 状態で
なんとか ココ(霧ヶ峰)に 着き、

・ 写真は 過去の モノ です。

この場所で、こういう際の セオリー、
再起動で 症状の改善を 図りますが、
改善されません。

霧ヶ峰から 諏訪市内への 県道は 下り、
ターボが 効かない
= アクセルを 踏んでも 吹けない
 なので
下りは なんとか なります。

途中で くろいいろ さん,せ~ さん,GJ さん
が 心配し 待ってて くれました
(ありがとう ございました)

とりあえず おぎのや 諏訪IC 店 に
向かう(集合する)コトに しました。

ここで 主治医に 電話、お休みでした。
続いて 厩舎に 電話し 相談っ、
助言を いただきました。
① 警告灯は 点灯して ナイ
② アイドル時を含め エンジン等 異音ナシ
③ アクセルを ガバちょ と 踏んでも
エンジン 吹き上がらない
 以外 異常ナシ

なんとか おぎのや に 到達、
自走し 帰路には つけそう ですが
予定 最後の 高遠へは 杖突峠の 昇り、
足手まとい に なるので、GTa郎 は
ココで 今日の ツーリングを 辞するコト
にしました(大正解)。

そして おぎのや に 来る 途中の R20号
沿いの トヨタの お店で 【VW Service】
看板を 発見し、SOS で 立ち寄りました。

長野トヨタ 諏訪店 さん です。
ちょうど VWが 診られる 整備士さん が
いま 作業中の VW車が 終わったら
診てくれるとのコト、旅先 故障の 不安
が 少し 緩和されました(ありがたや)。

診断機(テスター)を あてて もらうと


写真 50の値が 必要なのに
7 の値しか ナイので 燃圧が 足りない
状況が わかりました。

燃料ポンプ そのモノの故障 もしくは
そのセンサーが 故障して 正しい燃圧が
確保されてナイと 車両が 判断してる
のではないかとの 診たて でした。

アクセルを カバちょ 踏まない限り
なんとか 走れるので、脱兎のごとく
中央道に 乗り、帰路につきました。

DSG の 自動変速 高いギアで 走ろうと
すると ターボに頼るので、5速に 固定、
高いと 回転させるための燃圧
低いと ターボ過給のための燃圧 を
必要とするので 3,000回転 を 維持、
ブースト計 0.25 までは 過給可能 との
状況で いい 走行法を 編み出しました。


クルコン を活用し じわじわ加速すれば
追い越し車線で 流れを リード出来る 位
の 速度まで 到達 出来ます。

ただし 先行車で つっかえると 元の
速度まで 復帰するのが 大変 ですが・・・、


自走し 帰着 出来
ありがとう GTa郎号っ !



しばし 戦士に 休息を、

ZZZzzz...

オヤスミ。。。
Posted at 2018/03/01 22:55:05 | クルマ
2016年04月13日 イイね!

中央フリーウェイのアンダーステア倶楽部

中央フリーウェイのアンダーステア倶楽部まいどっ、

GTa郎 です。


よく 出す ネタ ですが、
わたしは ユーミン
『 中央フリーウェイ 』 の 歌詞

> 中央フリーウェイ ~
> 調布基地を 追い越し ~
 を

中央フリーウェイ ~
血を 吹き 血を 流し ~
 と

ある時期まで 唄ってました(コワイ)。

『 中央フリーウェイ 』
を 聴き 育った GTa郎 青年、

免許を 取得し、中央道で 行く ドライブは
あんず色したソーダ水 の ごとく
甘く せつない 想い出 です(うるる)。。。

そんな 中央道 ですが、
生まれ育った 埼玉から アプローチする
のは 当時は 不便で、
・ 渋滞の 首都高を 経由する
・ 国立 府中 辺りまで 下道で アクセス

でした。

さて 昨日の ドライブ紀行にも あり
ましたが、いま住む 街から 新東名
新開通区間を 利用、御殿場IC まで
駆け抜け、須走IC から 河口湖線を
通り 大月JCT経由、笹子トンネル
手前の 初狩PA(慰霊碑ありました) で
みんトモさん達と 待ち合わせました。


ご存知の様に 笹子トンネルを抜けると
右手には 甲府盆地の甲府市街(夜は
宝石箱の様)、左手には 桃や 葡萄の
果樹園が 広がります。


昨日は 春の日の 晴天で 陽気も よく
果樹園を抱く 牧歌的な山裾 は
この季節 ・ このタイミング でしか
魅せてくれない 美しい 風景でした。



昨日 この日、
仲のよい みんトモさん達 と
すべるように 中央道を クルージング
出来たコトを ひとつの 奇跡であったと
美しい 想い出に 出来たと 想うのです。。。




NHK 銀河テレビ小説 幻のぶどう園
> 丘の上 銀河の降りるグランドに
> 子供の声は 犬の名を 繰り返し
> ふもとの町へ 還る ・・・







※ GTa郎号 Bピラー グロスブラックに 映り込む 桜
Posted at 2019/04/15 22:32:04 | クルマ
2016年04月12日 イイね!

【アンダーステア倶楽部 East】 くろい平日ツーリング

【アンダーステア倶楽部 East】 くろい平日ツーリング かつて(2010年)

オジ・R さん

黒板五郎 さん
と 催行した

平日 オフっ ! 現在(いま)再び・・・、

『 神(会社)をも恐れぬ所業 』
って、くろいいろ さん 平日休みのヒトでした。。。

4月12日、猛者(屁たれ)が 集結しました。


GTa郎 に とって 信州・八ヶ岳への アプローチ
といえば、これまで 中央道 利用が セオリー
でしたが、新東名・新区間 開通の 利便性向上
を 考慮、ハイペースで 新東名を 駆け抜け、
御殿場 IC 下車、富士・河口湖線を 経て 東京
神奈川から の メンバーと 中央道(笹子トンネル
大月JCT 間)初狩PA で 合流しました。



◆ みんなの 靴は、



◆ 韮崎IC → 穂坂路



◆ まきば公園 (清里)



◆ リゾートホテルの エントランス にて



◆ お昼ご飯は お蕎麦



◆ 蒸留所 にて





◆ ビーナス:白樺湖を 駆け上がる


◆ ビーナス:車山 → 霧ヶ峰

と ここで GTa郎号 に チョッとした トラブル発生っ !


写真に 撮りきれないほど

素敵な 季節の 景色の連続でした。

Posted at 2016/04/12 23:56:03 | クルマ

プロフィール

爺い です、よろしく お願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

SERVICEランプ消去 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/20 20:36:27
リペア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/13 23:04:54
 
フロントウインカーのシーケンシャル化(配線加工) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/20 15:23:30

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
『弾丸(だんまる)くん』、 Bullet [ビュレット] = ブロンズ色した弾丸っ。
フォルクスワーゲン ゴルフ R GTa郎 号 Mk.Ⅱ (フォルクスワーゲン ゴルフ R)
【 主な仕様 】 ・RECARO ・Haldex ・Eibach ・einsat ...
プジョー 308 (ハッチバック) 獅子丸くん (プジョー 308 (ハッチバック))
プジョー に 乗ってました。

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.