• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mon-chanのブログ一覧

2018年04月08日 イイね!

天気には恵まれなかったけど…

天気には恵まれなかったけど…間瀬サーキット、ゴキミ第20戦にお邪魔してきました。
前日からあられが降ったり、場所によっては降雪もあったりな中で、

当日も運に恵まれたらたまに実現する、間瀬だけ晴れてる状態、とも行かず

陽が出たと思ったら、流れてくる雨雲次第でパドックに設営したテントが崩壊するような風雨にも見舞われる中…



晴れ間をぬってアタックも…




路面のコンディション回復には至らず、
黄緑号のひとりスーパーラップも残念ながら不発に…



でも、以前は最終コーナーポンポン跳ねてて正直、間瀬には合わない印象だったのが、今回アタック以前の状態とは言え、ちゃんと路面にくっ付いてるしっとり感が出てました。
またアタックに来られる事があったら仕事休んで見に行きたい、そんな気にもさせる雰囲気のある佇まいでした(^^)

主催者さま、参加者のみなさまお疲れさまでした!


秋にはコースの中にいたい…(^^;
Posted at 2018/04/08 21:06:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 間瀬サーキット | クルマ
2018年04月07日 イイね!

間瀬サーキットの7番を考えてみる

間瀬サーキットの7番を考えてみるきっかけは先日のゴキミでアラジンさんがお話されてた7番進入での不安定感と言うテーマ。

7番ポスト前左コーナー、通称Zコーナー…自分のイメージできる範囲だと、おおまかに言って160㎞で進入して80㎞強まで減速して2ヘアまでの短い距離を踏んで曲がる感じになりますね。

俺のクルマはバックストレート170以上余裕なんだけど…と言う人はここで帰ってください(^^;


かなり下りのストレートですから…下り勾配が変化するし曲がってるし…ストレートだけど…


だからストレートと左コーナー!


アラジンさんがRX-8での動画を公開されていたのを思い出しまして…
16年のものだから練習熱心なアラジンさんのこと、今のレベルでは無いよと言われるかもですが

https://www.youtube.com/watch?v=wp1Dz_-1zaw

間瀬のコースを走り込んでるドライバーだから、
バックストレートのライン取りとか見てみても、自分の目からはダメだと感じる所は無い

縁石を踏んだ時の車の揺れ方なんかは、
何となくバックストレートエンドが怖そうな感じではある…

せっかくロガーのデータ付きの車載映像があるのでちょっと細かく見てみましょう


まずは登りのホームストレートを使って体力測定
ノーマルから大きくは外れないライトな仕様、
エンジンはマフラー交換くらい?
タイヤは265の71R
最終コーナーから上手くスピードに乗せて…

赤丸の数字が前後Gで、それが0、つまり最高速と言うか、ホームストレートでの最高到達速ですが
166㎞/hはかなり立派だと思います。

比較対象として、エイトで8秒台目前!なNaru☆さんにご登場願って…
https://www.youtube.com/watch?v=EGGIcl9e6hE

タイヤは285!の07RS、アンダーパワーなNAでも太いタイヤを履きこなすのが現代風か
同じくホームストレートの最高速は…

かな~り奥まで踏んでいっての165㎞/h

ちょっと気になってタイヤサイズ265でのベスト動画(9秒フラット)を調べたら168㎞まで伸びてますね…285/35は外径大きいけど、その影響か…それとも最終フルアタックならもう少しのびそうかな?

参考までに僕のAP1.…タイヤはフロント225リア255の052

Naru☆さんよりはかなり手前でブレーキング開始でも174㎞、エンジンに悩んでてもAP1の底力

さて、ホームストレートからシケインも興味は尽きませんけど
バックストレートから7番に話を戻しましょう

まずはアラジンさん、
姿勢の乱れやすい7番手前の右へのアプローチでしっかり車を安定させる
これはこれで完全に正解

Naru☆さんはここまで加速

ホームストレートとの到達速度の差が僅か3㎞/hは凄い、タイヤが265の時でも差は7㎞/hほどで凄さは変わらず

僕はここでギブアップ



ここからそれぞれブレーキングに入ります
まず減速Gが最大になるポイントを見てみましょう

アラジンさん、

1.14Gは悪くない、姿勢もしっかり安定感あるし
黄色で囲ったGサークルの軌跡にも注目

Nuru☆さん

短く強いブレーキング、130㎞/hから曲げにはいります

僕はここまでブレーキかけながら寄って行きます

横Gが0なのは偶然ですが意識はしてるかも
ブレーキング時のキャパ自体は当たり前だけど265や285に比べると少々辛い部分はありますね

さて、ブレーキをリリースしながらコーナリングに入って行きます
まず最も速度が落ちる地点、今風に言えばボトム?

アラジンさん

82㎞/h、この位置、姿勢、「悪くない」
不安定な区間を無理に踏んでないだけで、後は全部「ちゃんとしてる」感じです

Naru☆さん

86㎞/hも少し舵角が…

僕は85㎞/h

もうあと気持ち、気持ちだけ左に寄りたい、寄りたいけど…


横Gが最大になるポイントを見てみましょう、なんの事は無い、ボトムの直後なんですが

アラジンさん、1.26G、

加速Gが0.11G出てる所に注目



Naru☆さん、1.33G

前述の130㎞/hからの高G旋回も、それ故になかなか加速Gを出せず少々もどかしい感じ

僕の1.45Gは縁石での動きの影響あるかも?

何とか加速態勢に入れてるかな?位置や姿勢には満足はしないけど及第点か…

最後に2ヘアまでの到達速度を…ステアリングの位置もそれぞれで…
アラジンさん


Naru☆さん


僕は…


ここまで見てきて、アラジンさんが7番進入を踏まない事で失ってるタイムは、スピードメーターの印象よりは少ない事が、何となく伝わってると良いのだけど
それでも踏んでいくなら、不安定なまま強いブレーキで右巻きコースアウトは避けたいので、フルブレーキはリアが落ち着くのを待ってから、それでもし間に合わないと感じたら左に曲がるのを諦めて真っ直ぐコース幅使って減速したら意外と止まれるものです(^^;

Naru☆さんのターンインは細いフロントタイヤでは出来ない領域に踏み込んでますね…もうあと少しずつ精度が上がってくれば…

自分では拘ってフロントタイヤ225でやってますけど、なかなか煮詰まってきてるかな…まだ引き出しはあるかなあ?























Posted at 2018/04/07 07:47:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 間瀬サーキット | クルマ
2018年03月21日 イイね!

ゴキミスーパーラップ

ゴキミスーパーラップ18日のゴキミでは2本の通常走行枠の間にスーパーラップ形式での走行がありました。

アタック2周を完全に単独で行う贅沢な企画

本来ならソフトなコンパウンドのセミレーシングをタイヤウォーマーで温めて…なのでしょうが
間瀬のピットに発電機とウォーマーが並ぶには、
全国から猛者が集まって来るくらいにならないとね(^^;

それでも
アタックイベントの緊張感と楽しさを経験して欲しいと言う主催者の熱意もあって実現したこの企画、


ウォーマーなしでも050のGSなら2周アタックでベスト更新を狙う事も可能だろうし
ラジアルであってもドライバーとマシンのウォームさえ完全なら、
アウトラップ全開に2周アタックでベストに持っていくのは、
71Rや052級であればチャレンジの価値はありますね。

そんなわけで、
ゴキミアタッカー気合一閃のアタックをアウトラップからの3周分ご紹介

今回、唯一スーパーラップでベストタイム更新となったT-SPROT黒FCさん
アウトラップの最終進入からしっかり全開で、1周目が5秒7で2周目が5秒5
050のGSのキャパをしっかり引き出すお手本的なアタックでした



コルト選手FDはタイムアタック一番手だったのでアウトトラップ撮り損ね…
ハンコックTDの熱の入りはどうなんだろう?



同じくハンコックTDで、コルトFDとランデブーでレベルアップしていく黄FDさん
通常走行枠では過去ベストを1秒短縮


エンジンならしからの復帰戦はT-SPORTキング選手のFD
1260㎏300psの申告より軽快パワフルに感じる思い切りの良さ
ゼスティノ07RSでまずはラジアルベスト更新


ゴキミ常連の中でも、マシンのしなやかさとドライバーの引き出しの多さが一際光る
のんべーオヤジことT-SPORT1号車さん。まとめるだけならどうとでも出来るのだろうけど
タイム特化ではないZ3でいろいろやっての…


素のカレラSであんまり速く走られると国産NAの立場が…(^^;
でも好タイムを支えるのは305のミシュランではなくドライバーの練習量なのが凄い所


ゴキミ名物、岩本商会Y会長のロードスター
通常走行枠では過去ベストをコンマ単位で削り取る8秒267でベスト更新


Sタイヤとは言え少しばかり年季の入った050と11SのミックスなJINさんのAP1
グリップを生かして振り回すのも様になってきてる感じで、ニュータイヤになった時が楽しみ
通常走行枠で8秒274は僅かにベスト更新もY会長に及ばず。。次回リベンジ?


四駆らしからぬ回頭性を見せる星板金さんGRBは
ハンコックのラジアルR-S4が今一つコンディションにマッチせずタイム的にはやや不本意か


71R投入後順調にタイムを縮めている赤8さん
通常走行枠1本目で最終の縁石飛びながら自己ベスト11秒2
10秒台を目指したスーパーラップでは残念ながらフルアタックとはいかず
敢えて2回目の走行枠は走らず温存…これも一つの本気の形かな


今回のFF代表、DC2にはサーキットが似合います
VTECの快音を響かせてタイムも11秒台へ


惜しくも16秒には届かず…Z3のコントロール性はどうか?
ドライバーの引き出しを増やす楽しさがタイムにも繋がればサイコーだけど(^^;


まだまだ高速ナラシ中
でもだんだんと全開率も上がってきて最終コーナーの佇まいも雰囲気出てきました
NAレコードはレベルが上がってるけど名機13Bペリのパワーを侮ってはいけない…かもね(^^;


以下自分のメモで~

好きな動きなんだよね…S2000だと出せない感じで……


間瀬だとアンパネのサイズや固定法も難しそう…



S2000の前脚ってさあ…こう…ゴニョゴニョ……


固い脚だと触るのもロスだとは思う
でも、色々やってはみるべきだよね

Posted at 2018/03/21 19:41:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 間瀬サーキット | クルマ
2018年03月18日 イイね!

3月18日ゴキミ間瀬最終コーナー観察日記2018

3月18日ゴキミ間瀬最終コーナー観察日記2018間瀬サーキット、春のゴキミその①に行ってきました。
今回も残念ながら観戦で…(T_T)

まあ、走れない自分の事なんて置いておいて

気温、湿度、路面温度など、ほどほどに良さそうな雰囲気の好天に恵まれて
更にこの時期ならでは?の余裕の半日貸切とあって

最近流行りのスーパーラップも希望者全員出走で
一応出走全車の3周分の最終コーナーのネタはあるので、後日にまとめられたらお出ししようかな…

もともと自分の妄想用に撮ってるので人に見せる代物じゃないけど
今回は凄腕カメラマン不在な感じだったので

今回は前回より観戦スタンド寄りの場所で…
安物デジイチの付属レンズじゃ望遠はしんどいので近寄って…要は手抜きですが(+_+)

タイム順に全車紹介


間瀬最速級の一台、AttivoさんのFD、ライバル不在のトップタイムも
SLと2本目はアタックせず、確実かと思われた自己ベスト更新は次回のお楽しみに?


今日一番試行錯誤を繰り返しながらアタックしていた感のあるコルト選手FD
一本目はターンインに苦労していたように見えて、終わってみれば見事に自己ベスト更新


T-SPORT黒FCさんは今日唯一となるスーパーラップでの自己ベスト更新
ウイングすら無いFCで2周のアタックをきっちり纏める強者

以下説明略で…(^^;













Posted at 2018/03/18 22:36:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 間瀬サーキット | クルマ
2017年11月06日 イイね!

11月5日ゴキミ間瀬最終コーナー観察日記

11月5日ゴキミ間瀬最終コーナー観察日記本文なし(笑)

トライする人、しなやかにまとめる人、悩める人達、それぞれに…

見てるのも飽きないけど走りたいね


Posted at 2017/11/06 10:03:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 間瀬サーキット | クルマ

プロフィール

mon-chanです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
2001年の春に中古購入して気が付けば15年超 普段の足として10万キロ以上 間瀬サーキ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.