• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sevensのブログ一覧

2018年04月04日 イイね!

サクラ

サクラ今年のサクラ前線は駆け足ですねぇ。
本来なら4月中旬から下旬にかけて咲く伊香保付近がすでに見頃。










渋川総合公園
桜まつりは来週の土曜(4月14日)のはずですが、それまで花がもつのかな?





水沢うどん、もとい水澤観世音。
ちょっと下の慣性ドリフトコーナー(笑)は八重桜でしたかね、そっちはまだツボミでした。





船尾滝のヤマザクラ・・・かな?





ここはちょっと山に分け入った川沿いの谷間なので8分咲きでした。
お花見ドライブは今週末がよさそうです。

混むので私は行きませんけど(^^;
Posted at 2018/04/04 22:51:36 | コメント(0) | 情報 | 日記
2018年03月30日 イイね!

迷惑な話し

迷惑な話しご無沙汰しております。
あっという間に桜の季節になりました。

近所の桜も満開を迎え、週末には散り始めるんじゃなかろうかって勢いです。





さて、本題の迷惑な話しですが。
八千穂の最終日、パドックで休憩中にコースから戻ってきた車に側突されました。
加害者の車は同じジムニーの9型以降、念のために申し上げておきますと、知り合いではありません。

こちらは車の中で休憩しておりエンジンはOFF、加害車両はコースからパドックへ侵入、わき見運転でもしていたのでしょう、曲がるそぶりも減速もせずに私の車にそのまま激突、気が付いた時にはすでにどうしようもありませんでした。

相手車両の右前方が私の車両の左フェンダー付近に当たり、私の車両は後輪を軸にして水平に30度ほど横滑り。
衝突時の速度はさほどでもなかったのと、下がつるつるの氷だったので横滑りしただけで横転は免れました





こちらの被害は概ね写真の通り。
ライトのステーは全て折れ、へこんだフェンダーとバンパーに挟まれて嵌っているだけ。
後で調べたところスモールとウィンカーバルブが衝撃で切れていました。

衝突の衝撃でグリルは外れ飛び、氷の上を滑って傷だらけ、右のライトもその時に傷つきましたが、こちらは傷以外は問題なし。


これだけならまぁ氷上走行ではよくある事なのですが、管理人さんに状況説明をしていたところ、加害者が体調不良を訴えてうずくまり、話し合いどころではない状況になったので休ませることに。

管理人さんが様子をみることになって、私は自分の車で待機。

1時間事務所の中で休むも体調は回復せず、車で横になりたいと言い出したようなので、重篤になると困るので医者に行った方がいいんじゃないかと加害者に伝えるも、保険証も治療費の持ち合わせも無い、横になれば治ると言っているとのこと。

それでさらに一時間待機することになり、雲行きが怪しくなってきたなと考えて出した頃、ようやく回復したとのことで事務所にて話し合いを再開。


そして加害者の口から出てきたのは「お互い直しで」のセリフ。
そちらがぶつけて来た100%そちらの過失による事故ですよ?と問いただしても同じセリフを繰り返すのみ。

お互いがコース内で走行中ならばともかく、この状況では私に非はありませんので、重ねて修理代を出すように伝えても
「金が無いので払いたくない」「お互い直しで」
終いにはお前(私のこと)の態度が気に入らないだの、管理人さんと私が組んでボッたくるつもりだの言い出す始末。

呆れましたよ、年齢までは聞いていませんが30代か40代ぐらいのいい大人が、まるで拗ねた子供のようなことを言いだすんですから。

これでは埒が明かないので、任意保険に入っていれば保険屋同士の話し合いで決着がつくかと思い、任意保険の加入状況を尋ねると返答は無保険・・・勘弁してほしいもんです。

呆れ果てたので私は退席させてもらい、管理人さんが対話を続けることに。

結局どんな経緯でそうなったのかは知りませんが、ある程度の額なら「分割」で支払うとのことで決着。
正式な謝罪などもちろんなく、加害者様は不満げな顔でお帰りになりました。

そして後日、車屋に破損した車を持ち込み、こんな事情なので実際の修理依頼は出来ないかもしれない、と頭を下げて見積りを出してもらうと、やはりその額では修理不能・・・全く足りない。
どちらかと言えば安さが売りの修理屋さんなんですけどね(^^;







加害者が分割で支払い終わるまで、車は壊れたままって訳にもいかんので、結局DIYで応急修理です。
ライトステーの修復は特殊な工具が必要なので、コストを考慮してユニット交換。
切れたバルブも発注。
フェンダー、バンパー、グリルは再生することにします。

老眼と戦いつつ、なんでこんな苦労をせにゃいかんのかね、まったく。


バンパーはFRPで補強、フェンダーはプラスチックハンマーでひっぱたき、それぞれパテ盛りして整形を繰り返す。
フェンダーは折れて戻しきれない部分を補完しつつ面出し。
鉄の気持ちになって叩けといわれましてもね、プラハンマしか道具が無いではどーもならんのですよw

こんな事故の場合、FRPバンパーだと修理自体は可能ですが、ゲルコートに衝撃によるヒビが入っているので、広範囲に渡って塗装を削り、ヒビを埋めてやらないと塗装には進めません、結局バンパー全体の手直しが必要でした。

グリルも必要な補修を行いようやく塗装です。
面倒なパール塗装なのでソフト99缶スプレーを何度も根気よく塗らないと色が乗りません、パールなんか買わなきゃよかったと思う瞬間(^^;

クリアを吹き、乾燥させてから研磨+バフ掛け。

フレームも部分的に修正しなければなりませんが、DIYでできることなんてたかが知れてます。
ハンマーで叩いて直せる部分だけ修正するのみ。

一度に全ての作業はできないので、結局1か月近くを応急修理に費やし、仕上がりは・・・まぁいいかちょっと難あるけど。
そんなもんですよDIYですから(^^;

皆さんがこんなろくでもない事に巻き込まれないことを祈りつつ、あとは加害者が彼自身の為にも分割払いの約束を果たしてくれることを願うのみです。

約束を守らない場合、私は泣き寝入りするつもりはまったくありませんのでね。

Posted at 2018/03/30 23:29:24 | コメント(5) | ジムニー | 日記
2018年02月14日 イイね!

[八千穂氷上追加開催] 2018 八千穂レイク氷上走行会 たのすぴIce Vol.4

[八千穂氷上追加開催] 2018 八千穂レイク氷上走行会 たのすぴIce Vol.42018 八千穂レイク氷上走行会 たのすぴIce Vol.4
https://ameblo.jp/morinobo/entry-12352514935.html

【主催】: 森田登(もりのぼ)さん
【日程】: 2018年2月20日【火曜日】
【時間】: 受付6:30~7:00、走行7:30~13:30予定 ※
【参加費】: ¥14,000/1名
※参加費は当日受付時に徴収します。
【募集】: 15台
・希望者は同乗レッスンが追加料金なしで受けれます。

※写真はもりのぼさんではなく、こんなコースだという概念図です。




開催日まで一週間切ってますが、募集期間はさらに猶予が無く15日の0時までです(^^;

現時点であと2人集まれば開催決定!少人数で6時間走り放題!希望者には無料レッスン付き!

詳細については関連情報URLをご確認ください。
応募フォームはブログ記事の中程にあります。


[15日追記]

必要最少人数が確保されたので開催確定しました。
引き続き参加者募集中とのことです。

[16日追記]

満員御礼とのことで募集は締め切られました。
Posted at 2018/02/14 10:14:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 情報 | 趣味
2018年01月20日 イイね!

土手の上から2018

土手の上から201820日に長野方面へ行ってきました。

写真は美ヶ原、さすがに山の上までくると結構な量の雪があります。
気温は-7℃とここにしては暖かく、風もさほどではない・・・でも寒いこたぁ寒いんです(^^;








日の出。
残念ながら富士山は雲に隠れて見えず。





雪原の方にも行こうかなと思ってましたが、寒いし時間もないので断念(^^;





雪はこの時期としては少ないかなぁ、スノーシューが無くても登れそうでした。





山を下りて女神湖へ。
氷上に雪はまったくなし、つるっつるです。





外周路でコースアウトすると、道を見失うパターン(体験談)ですねこれは(^^;





次は八千穂レイクへ移動。
こちらには量は少ないものの一応雪がありました。

走行会に参加されているBuRaさんには撮影に寄ると伝えてあったのですが、参加台数が多い上に予想通りインプレッサだらけ・・・、ジムニーの型式ならともかくインプはそれほど詳しくない私には見分けがw

走行会に参加するわけではなく、単なる見物人ですから氷上に降りるわけにもいかず、主催で忙しいアライさんやレイク氷上の管理人さんにお手数掛けるのもなんだしなぁってことで、一応見に来たよとご挨拶だけ済ませ、土手の上を歩いてプレハブ事務所の対面側へ。

角度的に良さそうなところに陣取って撮影開始です。





しかし私のビデオカメラはファインダーの無い安いモデル、昨今では老眼も進んでおりまして(^^;
元々眼鏡をかけなきゃ見えないのに、眼鏡をしているとビデオカメラの小さい液晶にピントが合わんw

何が写っているのか半ば感で撮影しているような状況で、BuRaさんのインプがどれなのかすら家に帰ってビデオを再生するまで確証が持てませんでしたw
そんな状態なので俺もしくは私の車がろくに写ってないぞ!って方がいたらすいません(^^;


※このブログにアップしたのは差しさわりのなさそうなシーンを繋いだ簡易版ですので、BuRaさんか私に聞いていただければ、ズームした映像の入った限定公開版のURLをメールでお知らせします。
っていうほど大した動画じゃないですけどね、ナンバーとかハッキリ見えて問題になるのも困りますので(^^;


これを書いている今まさに外は大雪警報発令中、0時ごろには雪もやむようなので、頃合いを見計らって雪かきしなきゃなぁ、朝には凍っちまうし{{{{( ̄△ ̄)}}}}
Posted at 2018/01/22 19:25:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年11月27日 イイね!

富士山をゆるりと一周

富士山をゆるりと一周富士山見物にはいい季節になったので、天気もいいしってことでドライブへ。

254で佐久へ抜けそこから南下、清里付近で強烈な横風に煽られおっとっと。
以前バイクでここを通った時は夜中の霧、さらに道の真ん中で鹿に出くわしてパニックブレーキ。
この付近とは相性が悪いのかもしれない(^^;





途中のファミマで辛いだけが取り柄のカレーライスを購入し、第一の目的地である三保の松原へ。
無料駐車場に車を止めて、具がほとんど見当たらないカレーをかきこむ・・・ムッチャ辛い。
体が温まったところで副作用の唇が腫れぼったいのを我慢しながら海岸へw

日の出に何とか間に合いました。
夏場だとこの距離では富士山が見えるかどうか運なんですよね、若干霞んでますが何とかミッションクリアということで(^^)





浜の入り口にある「神の道」

浜の松林を見たときから薄々感づいてはいましたが・・・、あぁ俺ここに来たことあるわw
具体的に来た記憶はないので小学校の遠足か何かで、神の道にも見覚えが(^^;





次なる目的地は、ふじのくに田子の浦みなと公園。
ここの高台から見る富士山が目的だったのですが、まさかの工事中(^^;
作っているのはシンボルタワーだそうです。





気を取り直して公園の入り口付近から見える富士山。
港と工業地帯をバックに、なんとなく高度成長期ぽい昭和な感じがしませんかね?(^^;





同じく公園内にある石碑ぽいなにか・・・風が強く寒かったので写真だけ撮影(^^;





上と同じく・・・何の船なんでしょう?
営業時間内なら係員さんがいて乗船できるようですが、早い時間だったので写真だけw





一気に移動して仁科峠へ。
ここも風が強く寒かったので、写真奥の山には登らず手前の丘へ、丘の方が山頂?が近いんですよ(^^;





名も無き丘(?)の上からの富士山。
富士山をバックに手前を走るのは静岡県道59号伊東西伊豆線。





丘の上で横風に耐えながら、富士山の雲が晴れるのを待つ。
唯一の風よけになったクマザサの間から覗く富士山・・・猟師がいたら熊と間違われて撃たれるかもw





仁科峠を後にして西伊豆スカイラインへ、同型の隼さんがいました。
自分にはこの気温の中をバイクでここまで来るのは寒くて無理、現役のバイク乗りはすごいな(^^;





宝永火口がくっきりと、登山道もうっすら見えます。
五合目で息苦しくなる私では山頂を目指して登るのは無理でしょう。
普通は五合目で30分ほど体を慣らして登るそうですが、私はその30分で息苦しくなったのでそそくさと山を降りました(^^;





仁科峠から西伊豆スカイラインの戸田峠まで。
ボンネットにカメラをつけて撮影しているので風切り音がひどいです(^^;

富士山を眺めながら稜線を走る峠、しかも無料で眺めも良い、最高ですね(^0^)





山を降りて沼津の富士山ビュースポット・西浦江梨へ。
大瀬崎半島と駿河湾を挟んで対岸には富士山、ここに至る県道17号はちょっと狭いですが見に行く価値はあります。





伊豆を離れて河口湖へ・・・のはずが御殿場で大渋滞に嵌り、手前の山中湖で日没を迎えました。
富士山をゆる~く一周した、と言うことにしておきましょう(^^;
Posted at 2017/11/27 02:24:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムニー | クルマ

プロフィール

「国道292号線 志賀草津高原ルート
噴火警戒レベル2への引上げに伴い終日通行止めとなりました。
20日から僅か2日で通れなくなっちゃいましたねΣ(゚Д゚)」
何シテル?   04/22 10:45
JB23W 9型に乗ってます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ファン

43 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.