• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シャアジムのブログ一覧

2018年04月08日 イイね!

ジムニーで久々お久にソアラ林道へ

ジムニーで久々お久にソアラ林道へ今日は天気が回復したので久しぶりにソアラ林道へ廃探索に行きました








昨日は風も強くて夜はストーブをつかうほど寒かったですが今日のお山は晴天でした



途中の峠にあった工場の廃墟ですが



螺旋階段がいい感じでした



山に向かう途中にかなり古い軍用?トレーラーが野積みされていました


トレーラーの上にまたトレーラーが逆さに積まれてました





ヤブに覆われてますがここにもトレーラーがあり全部で5台ありました



そして林道に入って久々にソアラと再会しました




以前来た時はボンネットが開きませんでしたが ロックが腐り落ちたのか手で簡単に開きました 
エンジンルーム見るのは初です


今回はソアラ林道よりさらに上のソアラ高地 山頂付近の石切場跡に向かいました



途中にあった滝ですが1枚岩盤を流れる滝でした


途中で倒木がありジムニーを置いて石切場跡を目指して登山しました
がれ場を少し歩くと崩壊したかつての作業小屋がありました

10年位昔来た時はここまでジムニーで登ってこれ 作業小屋も老朽化してましたが倒壊してなかったのですが大震災あたりで崩れ落ちたのかもしれません

休憩時に飲んだと思われるコーラ瓶が落ちてました


スズキの原付きバイクです ふもとに買い物に行く当時の足だったのかもしれません


さらに進んでいくとヤブに包まれた広場があり日産の旧車が放置されていました




ウッドハンドルが良い雰囲気です


この石切場跡広場昔来た時は見晴らしが良かったのですが月日が流れ周りの木々が育ったため展望が悪くなってました



この広場の周りは急斜面で昔切り出した大きな岩に囲まれているのですが これをさらに登って行きます


途中に爆薬保管庫らしきものがありました


5分位登ると大型重機がヤブに埋もれてました




コマツのユンボでエンジンも健在でした




さらに登ると岩に囲まれて埋もれたように見える重機もありました






50年近く前の日本製鋼所のユンボで名盤を見ると14トンで空冷エンジンでした
骨董品的価値がありそうです


ほとんど頂上近くなのでかつては見晴らし最高の場所で作業をしてたんだと思いますが 1970年代に廃山になって木々が生い茂りまるでジャングルのような場所で眠りについている旧車や重機達でした


久々と言えば先日mikiさんが神奈川からsj30で遊びに来ました 今年福島スノアタで遊びましたが 茨城で会うのは1年ぶりくらいでした
ミシュランのタイヤXZL7.50の履き替えをしてからお昼ご飯を食べに行きました


去年位にオープンした水戸のいきなりステーキというお肉のチェーン店に連れて行ってもらいました
初めて行ったのですが美味しかったです
Posted at 2018/04/08 20:04:51 | コメント(6) | トラックバック(0) | 廃道 廃墟 廃車 | 旅行/地域
2018年04月01日 イイね!

樹齢600年の桜咲く

樹齢600年の桜咲く今日は午前中クラブの友達のsj40にタコメーターを装着してから北に桜を見に行ってきました








昭和のジムニーらしい内装がいい感じでシートの色など良い雰囲気です


シートは同年代の軽のsj30と比べるとヘッドレストの取り付け部分など違う感じです



タコメーターなのですが昔はホームセンターでよく見かけたバーグラフタイプの物です


当時物なのでちゃんと国産タコメーターでした


エンジンを掛けるとこんな感じです


アクセルを踏み込んでいくとナイトライダー風にメーターが動きます


それとSJ40はポイントエンジンで始動性が少し悪かったのですが 少し前にワコーのCDIを装着したら効果テキメンで物凄く始動性が良くなり吹け上がりも良くなりました



作業後北上して桜を見に行ったのですが天気が良かったせいか桜見物に来た車で大渋滞で驚きました ほとんど他県ナンバーでした


渋滞してたので離れた場所に車を置いて徒歩で向かいました


かなり大きなエドヒガンザクラです





6部咲位とのことで満開ではありませんでしたがそれでも樹齢600年のエドヒガンザクラは綺麗でした


桜を見たあとは山に向かいました
隠れた名所の滝を見に行ったのですが竹林に崩れた廃屋があり


その廃墟脇に椎茸がスクスク育ってました 昔住んでいた人が育てていたようです


崖を降りて川に着きました



その少し先に岩肌に囲まれた滝がありました







今日は眩しいくらいの天気でしたが 両脇が岩壁なので薄曇りのときなら洞窟内に居るような感しに見えます


水もきれいで滝壺は深淵な緑でした


桜は人が凄かったですがこの滝は私以外誰も居なかったので しばし滝飛沫とマイナスイオンを堪能して帰宅しました
Posted at 2018/04/01 19:24:15 | コメント(7) | トラックバック(0) | ジムニー | 旅行/地域
2018年03月24日 イイね!

使い込んだマキシスグルービング

使い込んだマキシスグルービング今日はかなり久しぶりに東京からKO.PAAさんが右手にマキシス 左手にスイーツ持って遊びに来ました






7.00-16のマキシスですがそろそろセンターブロックが消えかかってヤバそうだったのでKO.PAAさんがグルービング作業しました



右が持ってきた時の状態で左がグルービング後です サイドブロック脇のラインはもう2ミリ位深く彫れる感じでしたが おしゃべりしながらだったので深さ調節忘れて適当に彫ってからお昼ご飯を食べに行ってきました 



いまヤフオクに泥最強と言われた昔のオフロードタイヤ スーパーオールトラクションが出てるのですが 見た感じ5部山ちょい位ですがこのタイヤも結構深くグルービングできるので気になるタイヤです 
昔6.00は履いていたのですが これは7.50とデカイので欲しくても履きこなせないので見ているだけです
Posted at 2018/03/24 19:51:52 | コメント(8) | トラックバック(0) | ジムニー | クルマ
2018年03月18日 イイね!

ハイキング・ア・午~後~

ハイキング・ア・午~後~今日は天気が曇で今一つでしたがジムニーで午後から廃キングに出かけてきました






山に向かう前に明治時代に造られた隧道も見てきました


かなり古い赤レンガの隧道でいい雰囲気でした



中に訪問者の落書きがたくさんあったのですが1番古いので1963年の訪問記録でした もう55年以上前に彫られたようです




途中で見かけた廃橋ですが梅が綺麗でした





目的の山のふもとにジムニーを置いて山登り廃キングしてきました


沢の脇に昔の旧道があるのですが何十年も廃道状態で橋が落ちてたり倒木が多数でした


頂上付近に昔の集落跡がありました




どの家もかなり昔に廃墟になったようで倒壊してたりヤブに埋もれてたり近づくのも困難でした


潰れた家の周りにビール瓶や当時の生活道具が散乱してました











壊れた壁から家の中を覗くと竹がたくさん生えてました




 この集落車は登ってこれないしフモトまでかなりの距離があるので不便で廃集落になった感じです 落ちてたノートを見ると当時学生さんも住んでいたみたいです


帰路で立ち寄った廃墟に廃車が3台ありました
懐かしの車です



別のところにも86?が朽ちてました

手前の建物の奥によく見ると竹やぶの中にも古い廃墟もありました


ここはたまに通る場所だったのですが今まで廃墟と86に気が付きませんでした
最近草刈りと伐採したみたいで姿を表したようです
これがストリートビューで同じ場所ですが廃墟はヤブに埋もれてて見えないし 86はかろうじてボンネットが見えるくらいでした



今日の山歩きはぬかるみや急斜面が多く疲れましたがいい運動になりました
Posted at 2018/03/18 19:17:32 | コメント(8) | トラックバック(0) | 廃道 廃墟 廃車 | 趣味
2018年03月03日 イイね!

ジムニーで奥茨城村里山探索

ジムニーで奥茨城村里山探索昨日は天気の良い休日だったので午後から奥茨城村の里山登山をしてきました







奥茨城村役場として有名な変電所跡で 120年近く前に造られたそうです


赤レンガがいい味出してます







かつてあった施設の遺構です







変電所跡がある山に幻の滝があるので登山することにしました



こんな感じの山道を登ります


途中の山道に崩壊しかけてる廃屋がありました 


落ちてた新聞を見ると1982年だったので人が居なくなって36年位経つようです




滝は普段枯れていて大雨の後あとに運が良ければ現れる幻の滝です
今回晴天続きで枯れてるかと心配しましたが チョロチョロと水道の蛇口全開位の水量でしたがなんとか滝が見れました 
 

滝の上10m辺りからの眺めのせいかかなりミニマムにみえました 
 

滝からさらに頂上を目指して登山しました
狭い尾根沿いを登っていくのですがロープにしがみつきながら急斜面を登ったり 整備されていないので結構時間がかかりました


標高200m位の低山なのですが遠くまで見渡せる眺めは気持ちよかったです




ここは抜景とかバッケと言われている名所なのですが 茨城のなまりで崖っぷちのことをバッケということから名づけられたそうです
手前に見える岩肌や見晴台は崖っぷちで真下を見ると200メートル位の絶壁で怖いくらいです




久々にした登山はいい運動になりました
Posted at 2018/03/04 18:46:09 | コメント(8) | トラックバック(0) | ジムニー | 旅行/地域

プロフィール

「@ランクルマニア さん うっすら雪化粧でした」
何シテル?   01/30 11:32
昭和56年式のsj30Fに乗っているシャアジムです お友達募集メッセージには以前から書いてあるのですが いきなりのお誘いはお受けしていませんので何度かコメント...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

大洗に10式戦車来たる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/15 19:50:28

お友達

お誘いして頂けるのは嬉しいのですが いきなりのお誘いはお受けしていませんので 何度かコメントのやり取りをしてからお願いいたします 
 基本的にイイネ返しはさせて頂いてますが お友達数増やしだけの数優先の方のお誘いはお断りさせていただくことがありますがご了承ください 
85 人のお友達がいます
CatDogCatDog * 銀狐銀狐 *
はたぼー爺と愉快な相棒達(元JTS)はたぼー爺と愉快な相棒達(元JTS) * enchienchi *
三戸三戸 * ムカムカ

ファン

155 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
20年以上前からジムニーが好きで乗り継いできましたが 数年前にマニアなみん友さんに譲って ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.