車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月30日 イイね!
たまには丸タイヤでガクンガクンガクン。
走り出してみると後輪がなんか嫌な感じ。水元公園の小砂利の道を走っているから、へんな振動がくるのか・・・。それとも、パンク? いや 出がけにパンパンに空気入れたし、走りながら後輪だけ跳ね上げてトントンしてみても空気圧は感じるからパンクじゃ無いよな・・・。リムの振れは多少あるものの私的には想定の範囲だし。ハブの回転周りじゃ神経に触る音がするだろうし、何だろう・・・。
そしてそのガクンガクンは、50km走り終わって無事トランポまで戻ってくるまでずっと付き合う事になりました。途中でハプニングが起きなくて良かったけど、結局原因はわからず。ただ、リムから頭出しているフレンチバルブが直角ではなく随分傾いている事に気付いたのでタイヤとリムがいつかズレちゃっていてそれが何か悪さしていたんだろうと思います。だからさっさとタイヤを張り替えておけば良かったんだよ>自分。


4Catsさんのクルスルートの完成お披露目は、私が埼玉に戻ってくる1週間前に行われており、今日はその試走に出るという事で、私も押っ取り刀で参加させてもらいました。埼玉ベースに置いといたレーサーのホコリを払い、タイヤに空気を入れてから、ちょっと持ち上げてから落としてみて異音しないからオッケーという程度で出発したのであります。だから実際に自転車に跨ったのは水元公園の駐車場でした。そして冒頭に書いた通りの状況で、流石にこれはヤバい感じがして、集合場所にたどり着いた時に、こりゃDNSだなと思ってましたが、久しぶりにお会いした4CatsさんとIさんと話をしているうちに、何とかなんじゃねと全く根拠のない変な自信が湧いてきてそのまま出掛ける事にしたのであります。おいおい・・・。
今日のコースは江戸川を遡上して、利根運河に飛び移り、以前猛禽類を見た鉄塔のあたりまで行って戻ってこようというルートです。帰りは流山のモンシュシュさんによって間に合えばモーニングをという目論見がありました。江戸川の空は青くてそして広い。気持ちの良いサイクリングでした。
・・・って往路の朝方は、ですけどね。




集合場所は、いつもの水元公園です。今朝は3台の自転車が集まりました。

たまには泥除けなし自転車ミーティングも良いでしょう。




江戸川を遡って、利根運河にトラバース。
運河駅前の公園には、鯉のぼりが掛かってました。5月だね~。

しかし、もうちょっと高い位置に鯉のぼり掛けた方が見栄えは良いはず。
折角やるんだったら、もっと・・・と思うけどいろんな都合があるんでしょうね。




利根運河沿いのCRもバーンと向こうが見えて広々と気持ちが良いです。






柏高校の前にの藤棚で一息つきます。

藤棚のパーゴラ(?)の部分に丸い穴がいくつも空いてます。そしてそこからはクマンバチがブンブン出入りしてました。自分で穴あけちゃったのね。穴から見え隠れする丸い尻がラブリー(笑)




北側を通り過ぎたオネーサンの良い香りがこちらに届きました。❤️

よーし、北側から風吹き始めたから、帰りは追い風かも!




そして、流山まで戻って来てモーニングにありつきました。

江戸川CRから比較的近いモンシュシュさんはモーニングは美味しいし、リーズナブル。そして何より朝早くからやってるので助かります。




再び江戸川に戻ったら、淡い期待は簡単にぶっ飛びました。

いつも通り、向かい風(泣)



それでも何とかスタート地点に戻って来ました。あー良かった。

4Catsさんのクルスルートと、Iさんのシマザキであります。
今日もご一緒いただきありがとうございました。



走行距離 概ね52km
Posted at 2017/04/30 22:56:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年04月23日 イイね!
江田島の最高峰へ行ってみたやっと辿り着いた頂上は、ちょうど海側の視界を確保するためか木が切られていました。おかげで、南側の展望がバーンと開けておりとても気持ちが良い!
江田島で好きなトンネルがある赤鼻曲までのエメラルドグリーンの海岸線が手に取るように見えて、そういえば3月に息子が広島にやって来た時に一緒に走った事を思い出しました。そしてその次の日に金比羅山に行ってぶっちぎられたんだった・・・と縦走トレーニングのきっかけとなった事のムカつきももれなく思い出したのでありました。



今回上ったのは、江田島で最高峰である宇根山(542m)であります。ここには広島でも17箇所のみ設置されている一等三角点と全国で48箇所のみ設置された天測点があります。なんか凄いところだったようで、この情報は後からの付け焼き刃です。事前に調べない派ですが、後から実は・・・というのがお得感があって私は大変好きです。・・・面倒な事前調査をしない言い訳(笑) ところで、地図には宇根山と記載されていますが、そこまでのアプローチは野登呂山林道と書かれています。そして、頂上には板切れに野登呂山と表記されていました。そういえば現地では宇根山ってどこにも書いてなかったような・・・。で調べてみると、野登呂山は旧名で最近は宇根山と変わったようです。しかし、変える必然性は何だったのだろうか、って別に私にとって理由はどうでも良いんですけど。
尾根まで上った林道は、ところどころに展望所が設けられており、そこから見下ろす江田島湾の景色と共に下界から吹き上げて来る風がとても気持ち良かったです。今日も早起きしてやって来て良かったなぁと思ったのでありました。


本日のルートはこちら。

ルートラボを画像として貼り付けるにすると結構雑なルートを描画するな〜(泣)




今朝の広島、ちょっと肌寒い感じがしたものの晴れ渡っております。

自宅を7時前に出発しました。




宇品港 7:30発の三高行きに飛び込みました。
大体8時頃の便だろと適当に走ってみたら間に合っちゃった。
これも行き当たりばったり(笑)

向かいは安芸小富士がある似島へ行くフェリーです。




そしてこれが安芸小富士。

今日は近くまでやってきましたが、昨日の二葉山から真正面に見えます。




三高港に到着。信じらんないくらいの晴天。

暖かい船内から外に出るとちょっとピリっとした朝の空気です。




じゃ、スタート。

地元の人が歩いてるのんびりしたとこが島旅だということを感じさせます。




途中の高田港に宇品からきた高速船が立ち寄ります。

もう、どうですかこのキラキラ感。私の目の中もきっとキラキラしております。




そして、林道入り口に到着。

この道を通る度に、この看板が気になってました。




さっきの看板のところから村落の中、畑の中をジリジリと高度を上げていくと、また看板が! 

そして、ここが本当の入り口か。




さて、曲がって林道に入るかと思って足元を見ると、このプリント。

よーし、相手としては不足は無いではないか!




しかし、空は青いね〜。

御託ばかり述べてますが、この入り口からガッと上っていて多少怖気付いてます。




ひ〜、個人的ローリング作戦で上ってきましたが、キツイっす。

ルートラボで調べて見るとこの500mは 16%Aveだった模様。



そして、看板を見ると、ここから林道だと!
今までの激坂はなんだったんだ(怒)

しかし、ここからの林道は比較的普通の上りで助かりました。



でもコーナーでは自転車が後ずさっちゃうくらいの斜度です。



でも見下ろす景色は抜群。この湾内に3月に来た時は自衛艦が停泊してましたな。




ずるずると上ってきました。あの鉄塔がピークか!

林道は最初は北に向かって進み、そしてターンして南の頂上に向かう道になってますが、ターン後は尾根に出るのでそこからは楽チンです。路面は整備されてるし、空が近いので気持ち良い上りです。




そしてあっけなく林道は終点。ここからは山道を進めと。

えっ、鉄塔はどこにある???




ここから先は進入禁止のようです。



こんな映画でしか見た事ないような鉄条網のグルグルが置かれているなんて・・・・。




コーンを見ると、

どうも自衛隊の関連施設のようですね。じゃ、近寄るのはやめときましょ。




ということで、山道をすすみましょう。(自転車は入り口に放置)





ピークが見えて来たようです。歩いたのは10分もしませんでした。
これも普段のトレーニングの賜物か・・・って2回しかやってないじゃん>自分。




はい、到着。





じゃ、とりあえず喉を潤しましょう。

今回は、気合い入れてニッカー姿であります。




一等三角点があります。



ここの天測点は8角柱でした。
ところで天測点といえば我が埼玉には堂平山にあるようですね。
天測点については、こちらのページを参考にさせていただきました。




登頂記念のスタンプ箱がありますが、ここには野登呂山と記載されてます。

江田島では、観光協会が登山マップを配布しております。
それによると6つの山が紹介されてますが、あと1つクマン岳に登ればコンプリート!




そして、どうですかこの景色!

これは南側を見ています。




ズームしましたが、いつもはこの右手側を奥に走って行きます。



息子が広島に着た時にも走りましたね〜。




山頂をウロウロしておりましたが、そろそろ戻りましょう。
山道の階段下りもトレーニングのおかげでへっちゃらです(笑)

放置していたVM号が見えてきました。




私が林道の終点に降りてきて、また走り始めたら、3組の人々(自動車に乗ったカッップル。110CCのバイクに乗った男性、そしてハイカーのカップル)が続けざまに上ってきました。しかし、自転車は一台も無し。ちょっと残念。




今回VM号には、フロントバッグ用のひっかけアダプタをつけて来ました。

以前まではザオーを使ってましたが、ハンドル周りがゴチャつく感じがしたので広島レーサーに移し変えました。段差を乗り越える時にカタカタ言いますがそれ以外は全く問題無し。出がけに思いついたから、革ベルトが見つからなかったのでそこらにあったナイロンベルトで代用(笑)




林道をバビューンと下ってきました。

あの天辺に居たんだと振り返るのは好き。




いつも通り、一周して切串から帰ろうかとも思いましたが、なんとなく面倒なので三高港をめざして戻ります。

道端にポツンとある電柱というような景色も好き。




三高港に戻ると、宇品に渡る自転車軍団がたくさん居ました。
これから11:55の宇品行きに乗ります。朝練してさっさと戻るんでしょうか。

その中でも興味を引いたのが、私の前に居たbd-1号であります。このbd-1は綺麗にカスタムされていてカッコよかったです。このbd-1氏に、最新の形かと尋ねたところ、最終形だとのこと。もうbd-1じゃなくてbirdyと言うんだそうですね。私の初代bd-1のフレームのクラックやらハンドルポストが割れた話をしてちょっとちょっと盛り上がりました。(いや、bd-1氏は迷惑だったかも? ごめんなさい)




宇品港に到着です。これから正面の柱と柱の間にぴったり着岸します。

これはかなりの技だと私は思いますけど。




お昼は、anijuによってランチを頂きました。今日は鯖の竜田揚げ。

一人で食べるのは慣れてるけど、休み位は誰かと食べたいね。




平和大通りまで戻ってくると沿道の新緑がとても眩しかったです。

GWに開かれる広島フラワーフェステバルの準備も進んでるようですね。
このFFは、毎年GWのベスト3に入る催しだそうです。GWは広島はどうですか?
私は埼玉に帰りますけど(笑)


走行距離 概ね43km
Posted at 2017/04/23 21:26:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年04月22日 イイね!
丘を越えて ふたたび2週連続で歩いてみました。前回は結果的に途中で縦走路から下りてしまったので、今回は最後まで行ってみたかったのもありますし、一度歩いているから今回はちょっとギヤ上げて歩いてみようと思ったのであります。それほど、金比羅山だったり名栗の鍾乳洞での気付きがショックだったのであります。チキショー。一度歩いているから今回は先がわかるから安心してピッチをあげることが出来ました。どんどんぐんぐん進みますよ〜。そして最高点の牛田山についた時は結構楽勝で到着したと思ってましたが、そんなに時間は変わらず。おかしいなぁ〜。まだまだ加藤文太郎の域まで達して居ないということか(笑)


麓からみた、二葉山。ここからスタートです。この公園は桜咲く頃は綺麗です。





平和塔はいわゆる仏舎利塔ですね。

今回はちょっとショートカットというか道無き道というか斜面をよじ登ったのでこの角度でピークに到着しました。





前回は、無線のおじさんが座って居た岩です。

しかし、今回はちゃんとカメラを持ってきたけど、やっぱりカメラは撮ってても気持ち良いです。





次の尾長山もクリアに見えますね。






この稜線をぐるりと歩きます。

これは、広島アルプスって呼んでもいいんじゃないか・・・、ってそれほどでもないか(笑)





桜餅の葉っぱはこの桜のが使われるんじゃないかと。



桜餅たべたいな〜。





尾長山への登りがこの縦走路の一番であります。
当人比ですけど。





そして尾長山のピーク



二葉山もカメラで撮ると綺麗じゃないですか!





綺麗といえば、途中のシダの群生は光の加減で美しかったです。






そして、例の土管を全部撮ってみました。
これは1号ドカン。

2号ドカン

3号ドカン

4号ドカン

5号ドカン

6号ドカン

そしてドカンの中をのぞいて見ると・・・

穴は続いて無くて、ゴミが入ってました。これってゴミ捨てかよ?





気持ち良い尾根だからか、トレランコースなんでしょうか。
ピューって十人くらいが駆け抜けて行きました。






皆さんに問う。この場合どっちを通りますか?

私は前回は右のはしごの方を通りましたが、今回は左を通りました。
左の方が足首に負担がかかるような気がしてそっちを通りました。
何しろ、私の場合はトレーニングですから〜
足首がなんだか硬くなって来た気がする今日この頃(泣)





そして、牛田山ピーク







ピークにはミニーも待ってますよ〜。





こんな堂々とした看板が設置されるとは悲しいね〜。

広島でさえこんな看板が立てられちゃうんだから全国的な問題なのかな。
MTBで山を走りたいなら、オーストラリアにでも行っとけという感じでしょうか。





そして前回来ることできなかった見立て山。



眼下に広島の街が広がって気持ちE〜。





そしてこれは多分、ワタシ。

著者近影(笑)





見立山の下りで、発見。

んん、これは!

チーフリングじゃないか! カブスカウトで初めて締めるチーフリング。懐かし〜。





そして、牛田旭口に到着。

市街地に降りて来る関係で、最後は残念ながら階段であります。





意外な方向に降りちゃったので、しばらく市街地を歩いて先週と同じ、牛田駅まで歩いてアストラムラインで広島の中心街へ。





そして行きたかったのはここです。

広島にもモンベルショッップはあります。なんてったって、100万都市ですから〜。





買い物を済ませて、ランチを。



おしゃれな建物でしょう。ここの1階にカレーショップはあります。カレーも前回と一緒(笑)





前回のガリバーは、隣にみえます(笑)

普通の時間は外に列なす人気店なんですね〜。
Posted at 2017/04/23 00:46:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 見聞録 | 趣味
2017年04月19日 イイね!
丘を越えて行こうよこの前の、鍾乳洞へのアプローチもそうだったし、その前の金比羅山の奥宮へ行った時もそうでした。以前に比べて歩くのが遅くなったというか、そもそも登りに足も呼吸もついて行かなくなって来てるという事を感じたのであります。いや、これはとてもマズイ。自転車で走っているとは言え、よく考えるとそんなに負荷のかかったものじゃないし、これから年をとって動けなくなったら困るから、初心に帰って歩くトレーニングをしようと思った訳であります。ナイスな事に私の広島の家の裏には、小さな山が連なってぐるっと縦走できるようになっております。一番近い二葉山には何度か上った事がありますが、その裏には行った事ありません。それならこの日曜日ちょうど天気も良さそうなので行ってみる事にしましょう。


コースは、広島市のHPからダウンロードしたものです。

この赤い線のC地点に直登してから、そこから反時計回りに歩いて、ゴールの牛田新町のバス停の近くまで行きました。




今回のスタートは我が住処の裏側の公園であります。

それではスタート!




ここからのアプローチは住宅街を抜けて進むアスファルトの道路ですが、これがまた半端ない急坂であります。広島に赴任する際に不動産屋さんに、あの山の途中に住んだら景色いいだろねと言ったら、毎日が遠足になるからやめなさいと言われました。それは確かにもっとも(笑)




そして、広島駅の新幹線ホームから見える山の上にあるとんがり帽子がこれであります。

二葉山の平和塔であります。今年は桜が咲いてる時には行けなかったけど、この辺り一面は桜が咲くと綺麗です。




こんなに大きな岩があったりします。

なんか、この周辺は広島のパワースポットと呼ばれてるらしいぞ〜。




じゃ、そろそろ次へ行きますか。

次は向こうに見えるピーク(尾長山)まで行きましょう。



途中、チューリップを発見。こんなの咲く季節になったんだなあと思いつつ進みます。





結果的に、この尾長山の登りがキツかった。



さっきまで居た平和塔が見えますが、あちらから見たときは同じくらいのレベルかと思ってましたがこちらからの方が見下ろす形になってます。道理で登りが苦しかったんだ。




先に進みましょう。尾根道はとても歩き易いです。



途中で気がついたのですが、其処此処に土管がありました。もしかしたらマリオ・・・、




そして、1番のピークである牛田山に到着。広々とした気持ちの良い頂上です。私が到着したときには、先客がいて楽しそうにお弁当を食べてました。
ちょっと羨ましいですね。







牛田山の字を拡大すると、小さな牛田山の焼印が見えました。ナイス!




さて、あの太田川の方に下っていきましょう。

雲はあるけど、空は青いし、良い気分転換であります。




神田山荘口に到着。この階段を降りて来ましたが、この上もしばらく舗装の階段状の道が続きます。こっちから上って行くのはヤンなっちゃうね。

本当は、神田山荘口に下りないでもうちょっと山の中を進むことができたのですが、ちょっと失敗。




街まで降りて来たら、猛禽類を発見。住宅の上をグルグルと旋回してました。やっと発見してタンクローをクビにかけて来た甲斐があったというものです。

しかし・・・、あの日見た鳥の名前を僕はまだ知らない(笑)



このビール工房謹製のボトルを使って見ました。

これは、蓋を締めた時のキュッと感がなかなか良いです。




街に降りて来たら、アストラムラインに乗って中心街に行こー。




立町のカレー屋「ガリバー」で遅めのランチを・・・



ナスとベーコンのカレーであります。これは中々旨いな。


さて、腹も満たされたし、そんじゃ行くか〜。 えっ、何処へって、そりゃ P・・・(+_+)\バキッ!


で、結局再び歩き出したのは真っ暗になってからでした。ちゃんちゃん(笑)

懐も含めてリフレッシュ(泣) した日曜日でありました。
Posted at 2017/04/19 22:56:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 見聞録 | 趣味
2017年04月09日 イイね!
飯能の桜を見に行ったえーっ!どうしてこんなに差がつくの???

下を向いて地面ばかり見ながら歩いていたのですが、いい加減苦しくなってきて顔を上げたときには、前を歩いていたはずの乾し肉さんが居なくなっていました。ぬかるむ足元、しかも結構な斜度を登っているのに、こんなに差がつくなんてちょっと信じられませんでしたが、良く考えてみると彼は山道歩きのプロであります。スタスタスタとそれこそ平地を歩くように歩をすすめて行く姿が遠くの木陰に見えました。



仁田山峠を越えてから名栗街道に下りて来て、さあ後は下り基調の県道をフラフラ走って帰ればおしまいだと油断してたときに、前を走る乾し肉さんが何かを発見したようでした。それを確かめにちょっと戻ると、県道からちょっと入った沢沿いにその看板は立ってました。「尾須沢鍾乳洞」。ここから500mとあったので、ひゃー!500mを登り返すのか!と口に出してしまいましたが、冷静な乾し肉さんに、普通そうじゃないでしょう、距離ですよね、と諭されてしまいました。ふーん、だったら行きましょうと軽い気持ちで応じたら、その斜度半端なし。いや、普通にヒーハー言いながら登るのであれば行けると思いますが、なにしろ前を行く先達の早い事早い事。あっという間に取り残されてしまいました。毎日山の中を歩く仕事の人は違うわ・・・。それでもなんとか到着したら、そこには大きな岩に大きな穴が開いていたのであります。普段怪しい「なんとか沼」とかには積極的に飛び込む(・・・(+_+) \ バキッ!)私でありますが、暗い穴は怖いです。しかし、ここの穴は何と無く行けそうな感じがしたので中まで入っていきました。だって一人じゃないんだもん(笑) 日原鍾乳洞や大岳鍾乳洞、養沢鍾乳洞などの管理された鍾乳洞のように電灯は灯っていませんが、入口はこちらの方が格段にでかいです。低い天井を気にしながらズイズイと入ってみると、いきなり広い空間に出ました。天井の方はかなり高くて、よじ登る技量があれば、割れ目からさらに奥に進んで行けるような気もします。でも、まあちょっと覗いてみるべ〜という姿勢で来たのでこのあたりで勘弁してやろう(笑)とそそくさと退散。しかし、埼玉県にこんなナイスな資産があったとは知りませんでした。まだまだ埼玉県いろんなものがありそうです。レッツディスカバー埼玉!


この週末は、京王閣でフェスティバルが開かれるという事を聞いてたので、広島からボンノーの塊になって勇んで帰玉したのであります。しかし、その黒いボンノーエネルギーをどこからか嗅ぎつけて見かねたのでしょうか、山林の精である乾し肉さんに、飯能の山に桜を見に行かないかというありがたいお誘いを受けたのであります。ボンノーに犯されていた私の目から鱗が落ちました(笑) 誰かと走る事は何物にも代えがたいということと、雨模様の心配を天秤にかけましたが、それでも飯能の方は大丈夫という乾し肉さんの力強い言葉に乗って出かけたのであります。

本日のルートです。


飯能駅まで輪行して、走ってからまた再び輪行して帰るというとてもスタンダードな輪行サイクリングであります。我が駅清瀬から飯能までは鈍行で40分もかからないのでお手軽です。もちろん距離もそんなに無いので若い頃は走って行った事もありますが、あの交通量の多い道を走るのはナーバスになるので、輪行を使うというのはとても合理的でしょう。そんじゃ、自転車も組み上がったのでレッツゴー。



輪行するのも久しぶりだったのでしたが、今回はSEMASをバラしました。

当たり前のようにフォーク抜きます(笑)




雨は確かに降ってるとは言えないレベルでしたが、湿った飯能駅を出発しました。

久々のSEMASは、ペダルのクリップが拾づらくて何度もモタモタしました。履いてるメレルのジャングルモックの底がツルツルになっているのとミカシマユニークの蹴返しのやらしい位置に辟易です。




飯能河原の橋までやってきました。ここの橋は歩行者用なので歩いて渡ります。





河原を見下ろすと桜が咲いてますが、この天候、花見客はいませんね。




県道を避けて、裏道を進みます。





桜を見つけるとその都度止まって見上げるからなかなか距離行きません。
が、私はこれが嫌いじゃありません。




飯能のこの辺りは、製材所がそこここにあって走っているととても良い香りがしています。



西川材 という呼び名は、「江戸の西の方の川から来る材」だからなんだそうですね。




子の権現や竹寺への道と分かれて、仁田山峠に向かう林道に入ります。

比較的緩い上りで進んで行くことができますが、ここでも乾し肉さんは早い早い。




この林道の一番のピークに到着。
ここからの見晴らしが良いとのことでしたが、周りはガスっていて視界が全く効きません。

しかし、来てよかった。湿った空気の中、ゼーハーゼーハーすることで体の中に溜まっていたボンノーが清浄化されたような気分になります。
・・・いや、それは気のせいですかね(笑)




じゃ、下りましょう。仁田山峠はこの先です。



同じくらいのペースで右に左にと下るのは気分いいです。



そして、仁田山峠。



峠は尾根の鞍部になっていて、右から左へと尾根筋が続いてました。




ここからの下りがハイライト。途中から桜並木が出て来ます。





まだ、ちょっと早いかな。天候の加減によっては来週まで楽しめるかもです。




乾し肉さんの愛車は、お城で生まれた例の奴です。

スタンドは急ごしらえ(笑)




県道に出て来てから、こんな看板を見つけちゃったんです。




じゃ、行ってみよー。



登山道の途中まで自転車運んで置いてから歩きます。
最初はこんな距離感(笑)




やっと入り口が見えてきました。







そして中に入って大きな空洞を見上げた後に生還。




鍾乳洞の外壁の岩場は、ロッククライミングのゲレンデのようです。
今日も練習してるパーティがいました。

所々ハーケンやら金具が打ち込まれた跡がありました。
ここは昔から使われている岩場なんですね。




自転車のところまで戻って来ました。




県道を走っていると、いきなりクジラ(笑)

この道はいろんな意味で見どころが沢山あって飽きないです。



そして、乾し肉さんおすすめのランチ場所。
ここは隠れ家的でなかなか良いです。使えますよ〜。





私はチキンカレーを食べました。
カレーは結構パンチあって美味しかったです。



食後に再び走り出しましたが、桜をみては止まって、お寺の縁起があればそれを見る。




途中で見かけたこれは何の意味があるんでしょうか?
竹の竿を3本で縛って立てるのを何セットも重ねています。

もしかして、アート?




そんなの見ながら、県道の側道を進みます。





側道を狙っていると、こんな感じの良いダートも見つかったりします。
しっとりとしていい感じの道だな〜。




行きに見たはずなのに、帰りも同じ桜にひっかかってしまいます。
見る方向によって桜の雰囲気が違うのです。





ここのお寺が、今日一番の桜の見どころだったかな。




再び戻って来た飯能河原。朝方はもっと霞んでいましたが、何組かの花見客がでてました、




東京を越えて千葉の方に帰る乾し肉さんとお別れして、私は所沢で途中下車。

Mako10さんやユンカー★さん、そしてS先輩に魅せられたボトル(ビール入り)を購入してきました。


結局、湿っぽい1日でしっとりしてしまいましたが、嫌になる雨は降らずに過ごすことができました。怪しい天候の中これはかなり奇跡的だったんじゃないかと思います。乾し肉さん今日は1日ありがとうございました。またご一緒しましょう。

それにしても、自転車はともかく、最近歩くのが格段に弱っているような気がします。この前の金比羅山といい今回といい・・・、これからしばらくは歩きのトレーニングしなきゃだよなぁと思ったのでありました。

走行距離 概ね42km








Posted at 2017/04/09 01:58:58 | コメント(6) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
プロフィール
「たまには丸タイヤで http://cvw.jp/b/1311688/39691318/
何シテル?   04/30 22:56
埼玉県出身ですが、2014年4月から広島に住んでおります。広島というより埼玉以外を知らないので、広島を中心にこれからいろんな所を回ってみたいと思います。どうぞよ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
シクロジャンブル2015が開催されるようです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/16 14:50:51
今週も台風が来ると言うので・・・・・。  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/12 20:24:35
旅はいいな〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/04 04:08:37
お友達
広島で自転車生活を送りたいと思ってます。自転車遊びの仲間に入れてください。よろしくお願いいたします。
16 人のお友達がいます
a-watera-water * 白板四郎白板四郎 *
toshiharutoshiharu 4Cats4Cats
ひろずひろず ティオティオ
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンに乗っています。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.