• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

taboomのブログ一覧

2017年06月10日 イイね!

シクロジャンブル2017春

シクロジャンブル2017春私の友人のW氏はナイフマニアであります。それはランボーに出てくるような危険な感じのするものではなく、どちらかというと小ぶりの精密な感じの、閉じるとカチッて音がするようなモノが好きなようです。
「指は十本あるけど、みんな違った働きをするだろう。だから、同じナイフでしょって言われてもそれぞれ違う用途があるんだよ。」
このセリフは、W氏が彼の奥さんに、たくさんコレクションしているナイフについて問われた時に答えたというセリフだそうです。いや~、とてもいい話を聞きました。我が意を得たり!自転車だって同じ事、私も家人や知り合いに言われた時に、そのセリフを使おう・・・(+_+) \ バキッ!


6月10日のシクロジャンブルの為に、私は金曜日の内に大阪に移動してW氏の瀟洒なマンションに転がり混んだのであります。そこで、ウイスキーを飲みながらその話だったり新しいファニチャーを手にいれた経緯だったり、新しいアウトドアグッズの話を聞きました。久しぶりに会って飲む酒は進氏、話もじゃんじゃん進んで、気がつけば暦はシクロジャンブルの日になっていたのであります。




■前夜祭の部
ブラックニッカのなんたらリミテッドを飲みました。このウイスキーはスモーキーで美味しかったです。

最初に、アウトッドアで飲む用のカップが最初にならびました。




次に、トランギヤが出てきました。
そしてなんか不思議な棒を自慢のナイフで引っかくと火がつくという。



おおっ! ピシッと火が飛んで


すごい勢いで火がつきました。アルコールバーナは一時期凝った事ありましたが、これは火力が凄い。
今まであまり気にしてませんでしたが、これならトランギヤもアリかも!




新しく設えた素敵なフェニチャーです。

遠く熊本の工房でリペアしたら生き返ったそうです。これはナイス!





■シクロジャンブルの部
新大阪から電車に乗ります。






会場に到着すると、W氏は前回のシクロジャンブルでゲットしたBEAUTYにさっそく食いつきました!

前回購入したのは自分の生まれ年のもので、今回はそれよりあとの1970年のものだという(笑)




TAKOぼん氏は、日陰で陣地を確保されてました。

日向と日陰じゃ大違い(笑) しかし、二日酔いには日向の方が・・・。




これは掘り出し物でしょう

ピンクのミキストの方が後まで残ってましたが、いじるのはこっちの方が楽しいかも。




蛍゜さん のブース。苦節2年「蛍゜式サドルバッグアダプタ」の研究成果が見事に花開きましたね(祝!)

この方式はなかなかカッコ良いです。皆さん、同じような悩みを持っていたようで、次から次へと中々の食いつきようです。



そして、売り物だったりそうじゃなかったりで会場で見かけた自転車を。

トラスよりこっちの方にグッとくるようになりました。


この、AC(・・で良いかな?)はジュウマンえーん!


これ以外にもだるま自転車走ってましたね。


レニヤーノだったり、一番左は、ベニックス。これは渋いでしょう。


このブルーノに乗ってた可愛らしいオネーサンはペダルをカスタマイズしようとカンパのペダルを手にとって悩んでましたが、それはシャフト入ってない奴だからそんなの買っちゃダメよって念波を送っときました。


TAKOぼん氏のアルプス。ダイナミックのステムに自前のステンの引き上げ棒。キャンピングに引き続きこれも男らしい自転車でした。しかもパスハン車に前後ジュビリーセットが奢られていてその意外さがステキ。


例年通りのマイクロハリー軍団。・・・って思ってましたが、これは一人のオーナーのコレクションだそうです。私の愛用の16インチも所持されていて、しかも17にインチアップされているとのこと。オーナーはそれはもうマイクロハリーラブの方でした。


これは破壊力ありそうな自転車でした。ファットタイヤなんて呼ばれている自転車も踏み潰す勢い(笑)


今日見た唯一のTOEI。ちょっとホッとしました(笑)




最強の輪行マシーンであるグランテック(トラベゾーン)を今回は何台も見ました。密かに考えていたセンター引きを既に実現されてる人がいました。ちぇっ!





そして、面白いのに試乗されてる人がいました。



それはこれ、オフロード対応の車椅子・・・(+_+) \ バキッ!

これは南極を踏破するために開発されたとか。すげー!
それを聞いてたナニ銀さん、南極踏破よりどっちかというと南極2号の方が・・・(+_+) \ バキッ!


南極2号と来たなら試乗してみようとW氏。



これはリカンベントというのでしょうか? 
私も試乗させていただきましたが、視点が高いので乗ってて愉快です。




あのビューティはどこかの方がゲットされた模様。

このようなものも流通してるシクロジャンブルはいいぞ~(笑)




そしてお腹すいて来たので会場を後に。

次回はW氏と、お店を開こうとゆるく(笑)誓いました。




緑地公園の駅ナカにある中華料理屋さんでランチ。酸辣湯麺。旨いよ。

そして、最初に飲んだビールが美味かった。




そして、私はこのユニフォームで参戦しました。

わははははは。



W氏のマンションに戻って戦利品の確認。

アドホックのインフレータ、テクノミックの長いピラー、マファックのギドネット、ユーレーのサクセス、ソービッツのダイナモ、サンツアーのスプロケ、カンパのFD、プロダイの最小歯用のアダプタ、それとベルとかライトホルダとかの小物です。真ん中のは、ミノウラのハンドルにボトルケージをつけるアダプタのようなもの(笑)


あ~、今回も楽しかったです。現地でお会いした方々、今日は1日ありがとうございました。
また宜しくお願いします。

冒頭の画像は、大阪のお土産です。今日は仕事じゃないので堂々と買いました。
Posted at 2017/06/10 21:59:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年06月05日 イイね!

そうだヨコハマに行ってみよう

そうだヨコハマに行ってみよう広島に来て、地図を眺めていた時に気がついた地名がありました。それは、「ヨコハマ」であります。我が家の裏山の向こう側に早稲田という地名があって驚きましたが、それとは別に、ヨコハマがどんなところか大変興味を持っておりました。この前、本物のヨコハマにBD-1で遠征しましたしね。しかしこのヨコハマ、近いようで中途半端に遠い場所にあります。というか、広島の海田市から矢野のあたり、国道がややこしいし車が多いというイメージがあってちょっと敬遠してました。赴任した当初に江田島から音戸の瀬戸、そして呉さらに北上してこの矢野のあたりでヘロヘロになって戻って来た時のイメージが強かったんでしょう。今回走ってみて、別の困難にぶち当たりましたが、道の問題じゃない事はよくわかりました(笑) 
ヨコハマは、横浜と書きます。この横浜は、いわゆる山下公園やベイブリッジ、そして相鉄ローゼン(笑)などというおしゃれな港ヨコハマではなく、どちらかというと、この前回った金沢八景から横須賀の浦を巡った時のイメージにちょっとだけ似てます。横浜の中心にある横浜公園は緑豊かというより、ちょっと小高いところにあるので、そこまで歩いて上ってくるのも一苦労(笑)。だから、緑に囲まれた公園は、喧騒や雑多な感じが無くて、とても居心地の良いところでした。

そして、私の珍道中につきもののトラブルは突然やって来ました。それはサドルの問題であります。いや、サドルじゃなくてこの前大阪で仕入れて来たショックアブソーバ付きピラー、いや、ピラーの問題じゃなくて、そのピラーの締め付けが緩かったからか、サドルの後ろ側がだんだん下がって来て、上向きになってしまったというものです。最初は我慢して走ってましたが、前立腺を大変刺激するものですから、もう辛くて辛くて・・・。だったらさっさとネジを締め直せばいいじゃんという事になりますが、なんと間抜けな事に、工具を忘れて来たという事実(泣)後ろのパニアバッグには一体何が入ってるの?と、LINEで近況を報告した家人にも呆れられてしまいました。
海田市にある自転車さんに駆け込んだけど、売っている六角レンチセットはハイクオリティな高級品。たかだかピラーを締め直すのに3000円近くも出せません。だから、近隣のホムセンを見つけて300円のセットで対処しました(笑)

正常な状態(笑)になったサドルシステムですが、ショックアブソーバーの効果はわかりませんでしたが、以前体重に耐えてギチギチギチギチ鳴ってたインペリアルは、あら不思議、静かになりました。段差でもギッという程度で済んでるから効果はあるようです。締め付けが緩かったのは私のせいなので、この組み合わせは良いかもしれません。ピラーの先が細いのがちょっと頼りない感じしますが、まあしばらくこれ使いましょう。



本日のコースはこちらです。

宇品港へ行ってから、広島湾を時計回りに回って、横浜を通って、坂のビーチ、そして呉ポートピアからフェリーに乗って江田島へ渡り切串の港から宇品までフェリーで戻ってくるという。やっぱりあの道を走って帰るのは嫌なので、それだったら金で解決しようじゃん(笑)




宇品港に到着すると、宇品外貿第1バースに青雲丸が停泊してました。



ところで、青雲と聞くとどっち思い出しますか?、お線香、それとも巨人の星(笑)




港で船見てから海岸沿いをブラブラ走っていたら、こんな感じになっちゃいました。

キン●マの裏がヒリヒリして痛いっす(泣)




今回は、久しぶりにデジ一眼のK3IIを持ち出しました。首から下げてましたがホントマジに重いです。(縦位置グリップつけてますからね(笑))普段はプログラム任せで撮ってますが、今回はシャッタースピードバリバリに上げて撮ってみました。
これは標準ズームなんですけど、ここまで背景ボケると思いませんでした。・・・(+_+) \ バキッ!

しかし、都合よく綺麗な花は咲いてません。




広島が誇る「海田大橋」またの名を「広島ベイブリッジ」。なんとなくヨコハマぽくなってきました。

ここは、ベイブリッジを見る為の、展望所なのでよーく見えます。
ちなみに正面の凸は黄金山です。




おおっ! こんなところに我が埼玉のキャラクターのコバトン!・・・じゃないか。

本家のコバトンはこちら




宇品港の反対側に回って来ました。

青雲丸も自動車輸送船もこっち側の方が良く見えたりしますな(笑)




海岸沿いを走るといろんなものが見えて面白い事この上なし。

タイミング悪くパラソル閉じられちゃったな~。




とてもカラフルなものが見えて来ました。これは港湾に浮かんでるブイですかね。



ミッキーもいるよ(笑)




そして、横浜公園。









もちろんヨコハマには、こどもの国もありますよ~。




小高い公園からこんな路地を下って港へ進みましょう。ちなみにここでは公園を超えるということは峠を越すのと同じ感じです。



ふと路地の左をみるとこんな激しい階段が!
この上にも家があったので毎日上ったり下ったりしてるんでしょう。ひ~。




半島の反対側の港に降りて来ました。
お~、この前遠征した横須賀の浦みたいじゃん!



そして、あじこぼ隊長!(笑)




小学校前の防波堤にずーっと絵が貼ってありました。卒業記念なんでしょう。
これからのヨコハマをどういう町にしたいですか?

空が青いよね~。




そして、つらつらと走って、坂のビーチに到着。

ここに来ると、炭酸のシュワ~って来る奴飲みたくなるんですよ。




呉ポーから、フェリーで対岸の江田島に渡りますよん。

13:00出港で切串発13:30の宇品行きに間に合うか!
切串には、呉ポーからの港と、宇品からの2つの港があるんです。
だからその間はブワーって走らないといけません。
1箇所にしてくれよ~って言うのはこっちの勝手な言い分ですけどね。




10分もすると対岸に着きました。

同じ船に乗ってた、マディーフォックス氏。 
ここでペダルに着目してしまいました。
このペダルは縦方向に長いのでとても勝手が良さそうだ。
これは何てペダルだろう?




無事、切串の乗り継ぎもこなして宇品港に戻って来ました。

Anijuさんで遅いランチを食べました。
宇品港では、フードなんとかフェアをやってるらしくて、仮設ステージではギター一本でカバー曲を歌ってる人がいました。しかし、わざわざ変な節回しで歌うので、オリジナルの良さが台無し(笑) 
しかも、風に乗ってAnijuさんまで音が流れて来るので・・・。




お腹イッパイになったので、元宇品をぐるりと回って帰りましょう。
海辺はもう夏。



今日は、満潮気味だったので、今日は潮干狩りはやってません(笑)



キラキラな1日。満喫しました。




移動距離 概ね55km(フェリーによる移動含む)
Posted at 2017/06/05 22:45:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年05月06日 イイね!

散輪 横浜、横須賀、逗子あたり

散輪 横浜、横須賀、逗子あたりここから見える景色で、真ん中の半分より上が横浜で手前が横須賀、そして向こうに見える山のあたりが逗子や鎌倉のあたりなんです。
これは、六浦っ子さんが、ツキコヤさんの前の道から眼下に広がる景色を見ながら教えてくれました。今日一日徘徊したあたり全体をぐるりと見渡せたことで、いろいろなシーンが目に浮かびその充実した旅を反芻する事ができました。そして旅の最後にここをもってくる、あじこぼ師匠と、六浦っ子さんのお二人の粋な計らいにちょっとやられた感を受けたのであります。やるじゃん浜っ子(笑)


さて、今回の催しでありますが、いつもお二人で散輪されている様子が面白そうだったので、是非仲間に入れてもらってその一端でも味わせて戴きたいとあじこぼ師匠にお願いしたことに発します。それを受けたお二人が渾身のコース作りをして下さいました。ありがとうございました。そして今回実際に走ってみて、このエリア内は自転車で遊ぶところ、見所が沢山あった事と、そしてこれ一回じゃ足りないことも良〜くわかりました。また機会を作って是非再訪したいと思ってます。また行くよ〜。


5月5日の朝、私は50年過ぎの経歴の中で、あまり縁のなかった金沢文庫の駅に降り立ちました。7時過ぎのことであります。お約束の集合時間は8時30分なのに、あまりに嬉しくて早起きしてしまった結果、こんな時間に到着してました。バカですね〜。そして金沢文庫の駅で食べた立ち食いそばが美味かった。そうだよこれが立ち食い蕎麦だよと、そのまま広島に持ち帰りたいくらい(笑) 
その後は、自転車を組み立てて、ベンチでぼーっとしてました。道行く人々を見てると、さすが横浜という感じ、休日のカジュアルな装いにもかかわらず、なんか一味違う!もちろん、これは広島視点バイアスがかかってます(笑)

最初は日陰だったベンチにだんだん朝日があたって来て気持ちが良いなあと思っていたら、向こうからにこやかなおじさんが自転車に乗ってやってきました。六浦っ子さんです。初めてお会いするのにいきなり会話が弾むのも、ブログでやり取りさせていただいている事もさることながら、同級生ということ、何よりサイクリングという共通の趣味を持つということ、そしてそのお人柄なんだろなと思いました。そしてしばらく歓談してからあじこぼ師匠の登場。久しぶりにお会いする師匠もお元気そうで何よりでした。2年前のGWに比企丘陵を走って以来ですね。
じゃ、メンバー揃ったのでそろそろ散輪に出発!




本日のコースはここです。あじこぼ師匠のレコードをパクリました。
改めて見ると、行ったり来たりちまちまと立派な散輪をしております。




京急は駅前もこざっぱりしていておしゃれですな!





じゃ、スタート





ほどなく、六浦っ子さんオススメの国指定史跡 称名寺に到着しました。





山門をくぐると大きな池がありました。それをぐるりと回ります。
しかし、小さな祠に秘密があるとは気がつかなかったぜっ!



じゃ、次。金沢シーサイドラインの下を潜って野島を目指しましょう。



向こうに八景島の遊園地が見えます。手前の浜では勝手に潮干狩りしてる人も。




うへー。こんなに大きな掩体壕があるとはさすが軍都横須賀ですね。

以前宇佐で見た掩体壕のように、折角だから中を見せるようにしたらいいのに。




途中で一息いれるとすぐ談義が始まるのが散輪の良いところ。

うんうん、この雰囲気はいいぞ〜。




追浜の工場地帯の中を突き進んで行って、一番先っちょまで行きました。
しかし最後は、施設の敷地なので守衛さんにストップをかけられました。

止まれの文字が目に入らぬか〜!




じゃ次、行こう。
これは第3海堡の遺構の前。



六浦っ子さんにbd-1を試し乗りしていただいた。
これで、BD-1いいぞ!ウイルスに感染されたことでしょう(笑)




じゃ次、行こう。
こんな海岸沿いを進んで・・・





ボードウオークをガタガタ進む。



そうすると、そこは六浦っ子さんのお気に入りの場所。

か〜っ!ビール飲みたくなるね〜。




しかし、散輪中はアルコールはダメでしょ。

あじこぼさんの差し入れの虎屋の羊羹をいただきました。




じゃ次、行こう。
ここから先は、治外法権ですよ。

Yナンバーの車が出て来ました。



じゃ、次行こう。
ここからは、長浦港をぐるりと



糞害にもメゲずに頑張れT芝!




この#(シャープ? 井桁?)は何よ。



線路が平面直行してるものがありました。これをググってみるとダイヤモンドクロッシングというのだそうです。現役でいうと、愛媛県は伊予鉄道で見たことあります。JR松山駅前の通りをお城に向かって進んだところですね。




長浦港を後にして、田浦から逗子を目指しましょう。

・・・って、いきなり行き止まり。あじこぼも筆の誤り(笑)




逗子駅前の亀岡八幡宮にて一休み。



空の青さと木々の緑が目にしみるぜ。




そこから、バヒューンと坂を越したら、今日のお昼どころ。
アジフライをどんぶり飯で食べました。わはははは、喰ったね〜。





魚佐次さんで食べましたが、これは食後に撮ったもの。
大量の待ち行列は、もう一つの向かいのお店。ここも繁盛してるね〜。




30分くらい並びましたが、その間、あじこぼ師匠からこれを・・・

チリーズの師匠は、この三浦半島西側と広島湾の広島から呉までの海岸線が似てるという考察をされていて同尺の図面で説明してくれました。
確かにこれ見たら同じだな。さすが師匠!




腹もいっぱいになったので、海でも見ようということで再出発。





逗子マリーナですね。私は生まれて初めて立ち入りましたが、これってお金持ちの別荘マンション群でしょ?すごい世界があるんだなと舌を巻くばかり。




江ノ島の方角を望む。霞んでなければこの向こうに富士山が見えるはず。

海の白いのは波じゃなくて、赤潮ですね。トマトスープの様なのが浮かんでました。




太平洋をバックに佇むおっさん2人。





そして、逗子海岸にやってきました。

まだ、海開きしてないから自転車を砂浜に入れても文句言われないそうです。




最後のトンネルを抜けて、メインイベントのお茶に行きましょう。





最後のアプローチ、激坂をさけて階段を上り〜いの、でやっと到着。





ホイホイホイっと、最後の階段も足取り軽く上っちゃえ。



ごめんください。




特別に薄暗い茶室に通されて、至福のお茶時間。



アマイハウマイ。




お店の前の道に立つと眼下に、横浜、横須賀、そして向こうに逗子・鎌倉が見えます。




んじゃ、名残惜しいけど思い出胸に眼下の街まで下りましょう。



走行距離 概ね50km
Posted at 2017/05/06 18:56:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年05月04日 イイね!

大きな樹が無くなった

大きな樹が無くなった田んぼのカーブを曲がったところで、「おわっ!」って叫んでしまいました。
あるはずの物が無いのです。こうあるだろうと思っていた景色の中にそこだけぽっかりとピースがぬけています。それをどう理解して良いのか戸惑って冒頭の叫びとなりました。
あるはずのもの、それは大きな樹です。昨年の8月14日に千葉県の印西市にある大榎を見に行きました。もともとは、4Catsさんとティオさんが自転車でこの辺りを散策している途中で偶然見つけたものだそうです。田んぼの中の異形な大榎は見てるだけで酒が飲めそうな(笑)堂々とした枝ぶり、そして映画やドラマのロケでも使われたという佇まいがもうなんとも言えずにいい感じで惚れ惚れとしておりました。大榎といえば比企丘陵に権化のような存在がありますが、それに比べても引けを取らない存在だと思ってました。

それがもう、見事に無くなっていました。切り株のスッパリ具合が見事なくらいです。うーんどうしたんだろうと、3人ともしばし絶句。しばらくして、まあいろいろと都合もあるんだろうと何とか納得してからそこを後にしましたが、帰宅してからググってみると、驚愕の事実が! それは、昨年の8月22日に直撃した台風9号の折にボッキリ折れてしまったそうです。オーマイガッ! だとすると8月14日に見た大きな樹は最後の姿だったという事になります。間に合って良かったと思うかどうか・・・、そしてそれは奇しくも発見者のティオさんと最後に走ったコースでもありました。いろいろな物だったり事柄だったりが関わる事でより強く印象に残るのであればこれもまた大事な記憶の箱の中に入れときましょう。









手賀沼をスタートしました。

GWということで沼の周りは釣り人が沢山います。




いつもの端にやってきました。
右から2本目の橋げたが段差になっていて端を渡ってはいけないという事になってます。

コブハクチョウの艦隊も朝の給餌が終わったかもう既に散会してるようですね。




今回はTOEI号でやってきました。手賀沼に来るときはTOEI号の出番が比較的多いです。
巡り合わせかな(笑)ところで、後輪のところに咲いてるオレンジの花はご存知ですか?
CRだったり山里の道だったりの脇によく見かける花ですが、これヤバい奴だそうです。

ナガミヒナゲシというのだそうですが昨日家人からネットで駆除すべきというパンフレットが出回ってるよと教えてもらいました。




鯉のぼりっていえば、やっぱり風に泳いでいるのが気持ち良いですね。

だらんとぶら下がっているのはどうも・・・。




そして、田んぼの中を走っていくと





おわっ! なっ、無い!



スパッと、逝ってます。




ビフォー



アフター





ビフォー



アフター





いや〜、もうガックリだ。







だったら、利根川の空を飛ぶグライダーを見上げて



和たやさんの天丼食べて帰りましょう。




手賀沼のコブハクチョウも健在でした。

今ならひなどりを引き連れているのを、そこここで見る事できますよ。


走行距離 概ね64km
Posted at 2017/05/04 07:31:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年05月01日 イイね!

多峯主山から天覧山ハイキング

多峯主山から天覧山ハイキング連休の合間、家人と新緑を愛でに行こうという事で5月になった初日に奥武蔵に散策に行く事にしました。予定では、東武竹沢から小川町まで金勝山・官ノ倉山を歩こうかと思ってましたが、天気予報をみると午後からとんでなない自体が起きそうなので、近隣の飯能の散策路にすることにしました。

コースは、飯能駅→飯能河原→多峯主山(とうのすやま)→天覧山→飯能駅です。
実際のマップはこのページが参考になります。



たかだか、271m(多峯主山)と197m(天覧山)の2つのピークなので、いつも広島でトレーニングに使っているコース並みではありますが、今日は1人で黙って歩く訳じゃないので、きっと楽しい行程・・・、いや、また違った緊張感があります。それは、トレーニングで歩いている事を家人には話しているので、上りの途中で置いて行かれてしまうと面目丸つぶれです。息子にやられて、家人にもという事であれば、俺は一体どうしよう・・・。彼女は最近体を動かす事を習っており、体幹や筋肉を鍛える事、動かす事をやっております。しかも、もともとが山育ちのDNAを持っているし・・・。

結果的には、私がゼーハーゼーハーしつつ登っていても、軽やかな足取りで私の後をついてきました。もしかしたら私を立ててくれたのかもしれません。そう考えるとありがたいやら情けないやら。ぎ〜。広島に帰って山歩きのトレーニングをしないといけませんね。

以前、自宅から自転車でブラブラと走っていたら、なんだか知らないうちに山道を自転車担いでいたという多峯主山でありますが、今回歩いてみてこんなところよくSEMAS を担いで登ったなという、そのバカバカしさに改めて自分を褒めてあげたい気持ちになりました。

多峯主山は、小学生の遠足の一団で大賑わい。山頂ではヤッホーヤッホーヤッホーの大合唱で喧しい事この上なし(笑)。一回ヤッホーって言ったら、コダマが戻ってくるまで一呼吸待ってなさいよと家人は呟いてましたが、ヤッホーの目的を取り違えているのは明白です。だって、眼下の飯能の街に向かって叫び続けているんですから(笑) 




家を出発するタイミングで、釜石に住んでる長男が戻って来ました。

父親よりカッコ良い自動車に乗ってます。うっ羨ましい!




駅で電車を待つ間に、靴の紐を縛る家人の図。

ちょっと古いのですがスカルパの靴はしっかりしてて、これもまた羨ましい!




最寄りの清瀬駅から飯能駅までは、たかだか30分くらいで着いちゃいます。
この前、乾し肉さんと自転車で走ったコースのプロローグ部分を歩きます。



飯能河原も本番前という感じですね。




吾妻峡のドレミファ橋を、吾が妻が渡ります(笑)

しかし、吾妻っていえば、何て読みますか? 
私は「あがつま」だと思ってましたが、これは「あずま」だそうです。




そして、山道に入る前に、エムピーさんオススメの四里餅(しりもち)を買っていきましょう。



がーん、月曜日は定休日だと・・・。




山道に入ります。



ひんやりした空気の中、足取り軽く進みます。・・・最初はね。




山中にいきなり池がありました。雨乞池だそうです。

しかし、息を止めて池を7周するなんて出来ないだろとは思いますが、それで雨が降るならやりますか?




ちょっと高いところから見下ろすと、この雨乞池はハート型に見えませんか!

これはまた、言い訳つけて何かの聖地になっちゃうんじゃないですか(笑)




そして、ヤッホーヤッホーの叫び声が交差する頂上に到着。



四里餅が買えなかったので、コンビニでみたらし団子を買って来ました。
これは、甘さ控えめでとても美味い。これはツーリングのオヤツに使えます。




なんて、味わっていたら、パラパラパラと雨が降って来ました。えーっ予定より早いじゃん。

遠足の子供たちも慌てて着替えてます。




大人は傘さして行きましょう。



しかし、下山をはじめるといきなり鎖場が続く・・・。




一旦谷筋まで降りてくると、入り野谷津田が広がりました。

周りは林で囲まれて静かな雰囲気でいいねって思っていたら
さっきとは別の遠足の一段がやって来ました。
すれ違う度に、こんにちはー、こんにちはーと挨拶してくれます。
何度もなんども挨拶してると、こちらは三波春夫になった気分(笑)




そして、登り返して天覧山に到着。





頭上を横田基地の方から輸送機が飛んで行きました。
ただの飛行機でも時節柄何処に飛んで行くのかちょっと気になりますね。




ツツジが咲く山頂を後にして、飯能の街に降りましょう。





麓まで降りたら、なんやら銅像が・・・




銅像は、アトムでした。

アトムの銅像は、世の中でここ唯一だと看板に書いてました。本当か!




お昼として狙っていた、お寺にあるうどん屋さん
これは散歩の達人に載ってたところです。

しかし、残念ながら月曜日はお休み(泣)
月曜日に休みの仕事って結構あるもんだなと改めて認識しました。
そういえば、宇品のanijuさんも月曜日休みって言ってたな・・・。




仕方ないので、商店街にあった長寿庵さんに飛び込みました。



蕎麦もめちゃくちゃ美味しかったし、カツ丼も満足しました。家人は天ぷら蕎麦を頼みましたがこちらも、ごま油の香りが香ばしくて美味かったそう。蕎麦や丼モノ以外にも、カレーやオムライス、焼き飯などバラエティに富んでいて選ぶのに困りました。このお店は飯能に来た時は使えますよ〜。


食事した後は、再びポツポツ来ましたが、そのまま飯能駅まで歩いてゴール。
13時過ぎの電車に乗って帰りました。
Posted at 2017/05/02 01:54:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハイキング | 趣味

プロフィール

「シクロジャンブル2017春 http://cvw.jp/b/1311688/39915611/
何シテル?   06/10 21:59
埼玉県出身ですが、2014年4月から広島に住んでおります。広島というより埼玉以外を知らないので、広島を中心にこれからいろんな所を回ってみたいと思います。どうぞよ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

シクロジャンブル2015が開催されるようです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/16 14:50:51
今週も台風が来ると言うので・・・・・。  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/12 20:24:35
旅はいいな〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/04 04:08:37

お友達

広島で自転車生活を送りたいと思ってます。自転車遊びの仲間に入れてください。よろしくお願いいたします。
16 人のお友達がいます
4Cats4Cats * a-watera-water *
ひろずひろず * toshiharutoshiharu *
白板四郎白板四郎 ティオティオ

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンに乗っています。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.