車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月30日 イイね!
ロータリー旧車ミーティング 2016 in 淡路今年はいつもイベントに誘ってくれるみん友の方々 + 香川から初参加の



FCの方で行って来ました



ロータリー旧車ミーティング 2016 in 淡路。
今年は去年よりFCの参加台数が多くて、全体的には







こんな感じでした。
それとロータリー以外も



スカイランを筆頭に結構集まっていたように思います。
それにしてもFCの参加台数が増える一方



オリジナルの外観仕様が多くなってきたような・・
日増しに私のFCが異端児に見える今日この頃です(笑
Posted at 2016/10/30 21:37:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント関係 | 日記
2016年10月16日 イイね!
油温が・・広島7dayに行く途中水温が110度、油温が130度を超え、これでは駄目だとアンダーパネルを取り付けたのが淡路7dayの後。
これで大丈夫かな?と思いお盆休みにテスト走行を兼ねて



京都の世界遺産巡りへ。
でも水温はある程度落ち着いたものの油温は相変わらず130度超え。
オイルクーラーのサーモを温めて動作確認をしても



問題ないので、PAOからエステル系のオイルに交換して10月10日に



山口県の萩へ。
でも瀬戸大橋を越えた辺りからまた油温が130度超え。
引き返すわけにもいかないから速度を80kmに抑えて昼過ぎに



ようやく萩に到着。
帰りは大事を取って有料回避片道400km(笑
翌日再度オイルクーラーのサーモを確認してみるとヒートガンで暖めても動作せず。
すぐに部品を発注して



取り付け後高速でテスト走行をおこなうもまだ115度。
少しは下がったように思えるけど走った距離が高松西から坂出までの16.1km。
擦りまくる



ディフューザーを始め直さなきゃ駄目な箇所が山ほどあって大変です(笑
Posted at 2016/10/16 22:12:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ RX-7 (FC3S) | クルマ
2016年09月14日 イイね!
シルバーウイーク間近G/Wを乗り切ったと思えばあっと言う間にお盆が来て、気が付けば今週末からシルバーウィークです。
大型連休前はいつもの事ですが、S/Wまでに納車の事を考えると胃が痛くなります(泣
本当ならもう少し余裕を持って仕事をこなせるはずでしたが、例のDR30が原因でFCに乗る事も弄る事もなく秋になってしまいました。

そう言えばDR30は一度ECUを外して中身の点検と撮影をして元に戻すとエンジン不調が酷くなったので、まさかと思い交換してみるとあっさりと直りました。
今回はブログのコメがヒントになったので、コメをくれた方々ありがとうございました。

FCは広島7day前に



MAKO'Sさんを真似てマッドガードを付けてみたり、淡路7dayの後に





FDキャリパーを塗装してから取り付けて、かつべーさんとの話で出てた



アンダーパネルを取り付けたぐらいしか出来ていません。
広島7dayの時にチョッとした事故で凹んだ



ドアパネルの交換など夏の間にやる予定だった板金塗装などが一切出来ていない上、交換する予定で用意していたダッシュボードなども埃を被っている次第です。
あぁ今年は手を付けれない予感が・・
Posted at 2016/09/14 22:01:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ RX-7 (FC3S) | クルマ
2016年08月21日 イイね!
スカイラインRSターボのトラブルに関して車関係の仕事をしていて恥ずかしい話ですが、S60年式スカイラインRS-Xターボ(DR30)の抱えているトラブルについて何か思い当たるところがあればどんな些細な事でも良いのでお力添え下さい。

症状は文章で表すのが難しいのですが、無負荷の状態で始動数分後にアクセルを踏み込むと2000回転以上吹け上がらずにマフラーから爆発音を伴い、走行中も2000回転以上アクセルを踏み込んでも吹け上がらずにノックを起こしたような状態になります。

逆に言えば始動直後であれば普通にレーシングが出来、走行中も2000回転以内であれば普通に走行が出来ます。

この車両は25年間倉庫に眠っていた車両で、私の所に入庫した時はエンジンブローした状態でした。
なのでエンジンはO/Hを行った痕跡のある中古エンジンを使用しています。
圧縮は



1~4番まで11kg/cm2(基準値は12kg/cm2)で揃っていて、オイルシールやガスケットは新品を使用しています。
エンジンの始動は普通に出来て、暖気後の排ガス数値は



COが0.44%でHCが130ppmで問題無いのですが、症状が出ている時はHCのみが9000ppm辺りまで上昇します。
燃料が詰まって希薄燃料になっているのかと思い、



燃料タンクの錆落しを始め、内部が錆びていたフューエルデリバリーパイプなど



画像の物を交換して、燃圧は



2kg/cm2と基準値を示しています。
ヒントになりそうなのが、



始め付けていたプラグを見ても



交換後のプラグを見ても2番と3番の電極が白くなっています。
なので失火して未燃焼ガスが出ているのかと思いプラグコードを始めディストリビューターなど



画像の物を交換しています。
※この車両はプラズマスパーク点火なのでコイルなどの中古は手に入りませんでした。
簡易測定になりますが



電極部位で2万ボルト以上は出ています。
各センサーもエアフロを始め



画像の物は付け替えてテストしていますが変化は見られませんでした。
エアフロは



ポテンショメーターを弄ってみましたが、根本的な症状の変化はありませんでした。
ディーラーに相談してもデーターが無い上扱った事がある人がいないので分からないと言われ、FJ20に強いお店でも分からないと言われて困っています。
始めにも言ったようにどんな事でも良いのでお願いします。

追記
燃圧はアクセルを踏み込むと2.0kg/cm2から2.4kg/cm2辺りまで上昇し、プレッシャーレギュレーターのバキュームホースを抜くと2.5kg/cm2(基準値)になります。
それとフィードバック点検も基準値内でした。
しかしアイドリング回転が僅かに高く現在は1000rpm前後です。
点火時期はそれ以上回転が下げれないので28°BTDC/1000rpmに合わせています。
最後にマニホールド負圧は-500mmHg でブースト圧も0.4kg/cm2掛かっています。
走行テストも短時間であれば時速100km/h以上も可能です。
Posted at 2016/08/22 00:17:09 | コメント(7) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2016年07月17日 イイね!
淡路 7day 暑かった!2週連続で7dayです。
今回は22C Works West様主催の淡路7dayで、雨は降らなかったけど超蒸し暑かったです。
参加車両は



SA22Cを筆頭に





RX-8からFC3S、それと



ロケットバニーを始めとするFD3Sと多種多様でした。
その中で初めて実物を見たのが



このPandem Boss FD3S。
とくにRX-3をイメージさせる



このフロントは圧巻です。
それと



初めて見る仕様のキャブターボと日頃見れない物ばかりで結構楽しかったです。
今回主催された方々、暑い中お疲れ様でした。
また何かあれば参加させてもらいますね。
Posted at 2016/07/17 22:43:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント関係 | 日記
プロフィール
「ロータリー旧車ミーティング 2016 in 淡路 http://cvw.jp/b/1410958/38777410/
何シテル?   10/30 21:37
今まで使っていたニックネームのLieEX(りぃえっくす)は「何て読むんですか?」とよく質問されるのでH27/10/8からSOARS(そあーず)に変更しました。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
SOARS AUTO SERVICE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/11 22:26:06
 
Work report of SOARS AUTO SERVICE  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/11 22:22:48
 
お友達
誰でもお気軽にどーぞです!
65 人のお友達がいます
チャレンジャーT/AチャレンジャーT/A * 500s500s
ばくおんばくおん saku-7saku-7
サッチモ!サッチモ! 棚里棚里
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ サバンナRX-7 マツダ サバンナRX-7
■エンジン ・KNIGHT SPORTS ハイフロータービンキット ・フロントパイプ U ...
ホンダ ジャイロキャノピー ホンダ ジャイロキャノピー
そろそろ整備しなくては。。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.