• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

noa☆のブログ一覧

2017年09月21日 イイね!

夏休み♪独り旅②

夏休み♪独り旅②独り旅3日目。

前日は荒天のロングドライブに疲れ爆睡、お陰で5:30頃に目が覚めてしまいました(笑)

ホテルの窓からは 小樽港に係留中の小樽海上保安部の巡視船 しれとこ が見えます(下の画像)

ビュッフェの朝食を一番乗りで済ませ 朝いちでチェックアウト、またまた港周りをうろうろ(^_^)
 
港に隣接する鱗友朝市を覗き… 巡視船 しれとこ と記念撮影を試みましたが、係留してある 色内埠頭公園が工事中?で立ち入り禁止となっていたので断念(*_*)

そこから 今回の予定には無かったトコですが、祝津パノラマ展望台と言う所へ 朝の気持ち良い時間にと出向きました。
 
ココは前日の室蘭へのルートを教えて下さったかたが、小樽港に出入りする船舶の撮影に良く来られるトコのようですが、ホント小樽港の入り口部分が見渡せる素晴らしいビュースポットですね(~o~) 観光案内なんかにはあまり紹介されていませんし 朝だったせいか、私の他1人しか居なくほぼ貸切でした♪ 右画像の建物は文化財指定の小樽鰊御殿。 それにしても絶壁の上のホテルが凄い! 教えて頂いて感謝です☆

 そこから余市町を目指します距離で25km程、時間で約40分のドライブ♪
しかし この日も豪雨に見舞われる事となりました(>_<)
そして到着したのは今日の目的地の一つ目 ニッカウヰスキー余市蒸留所。 少し古いですが あのマッサンの造ったウイスキー工場です。
 
駐車場は工場の裏手にあたり、入場受付までは 300m程歩きます(*_*) あいにくの雨と低気温でしたが、ちょうどスコッチ発祥の地スコットランドをイメージ出来た感じ… とポジティブに♪

見学は事前申し込みによる ガイド付き見学にしました(^_^)
 
一番初めに案内されたのは蒸溜棟、お馴染みの?ポットスチルで蒸留を行う場所。 余市蒸留所では現在でも石炭直火蒸溜と言う石炭を使った加熱方式で 日本ではここだけ、今では本場のスコットランドでも珍しいそうです。 私の訪れる3日前から秋の仕込みがちょうど始り、実際に稼働中でした(^_^) 右は貯蔵庫、ココで数年から数十年熟成させます。

 
指定文化財となっている旧事務所 に       当時からの竹鶴宅(他所からの移築)

 
ガイドの尾根遺産の案内で当時の初物(1号)ウイスキー に 昭和40年頃の街宣カー(~_~)

 
竹鶴氏は多趣味で何にでものめり込むタイプだったそうで、釣りに狩猟にゴルフ… 魚拓は 30kg程のオオクチイシナギ、ヒグマの開き?も自分で捕った獲物だそうです(汗)
 とても楽しみにしていて勉強になった蒸留所見学。 ココも家族で来ていたら、絶対端折られるコースだったでしょね。

お次は おたる水族館。 

ココを訪れるのは今回で2回目、アザラシやセイウチ等の海獣系の充実した水族館です。

 
新潟の水族館には居ない 沢山のゼニガタアザラシ と でっかいセイウチ。 他にも数種類の鰭脚類(ききゃくるい)が展示されています。 

 
 ここに来たら絶対外せない トドショー。     大きなトドが凄い高さから迫力のダイブ!
ドド以外にも アザラシ・オタリア・イルカ・ペンギンのショーや、ペリカンの餌やりにカレイ釣り体験なんかも有ります(~_~)
 
魚類では、北の海や川を代表する…
 
パンフの表紙を飾る 人気のフウセンウオ に  最大3mになるでっかいカレイの仲間 オヒョウ。

 
      北の妖精オショロコマ と     真っ赤に婚姻色の出たベニサケ と 陸封型のヒメマス

 
     日本最大の淡水魚イトウ                  2m級のチョウザメが沢山


流氷の使者なんて呼ばれる クリオネ。 久々に見たなぁ(^_^)
お気に入りの海獣や珍しい北の海の魚tが沢山見れて大満足♡ 前回が20年程前でしたので懐かしかったですね☆

午後からは、帰りの船が17時出航なので16時過ぎには乗船手続きにターミナルに戻らなければなりません。 小樽市総合博物館も気になりましたが 水族館で数時間過ごした為、残り時間は港付近や運河付近の買い物で消化しました。
 
手宮付近の岸壁では小さなロックフィッシュが釣れていました。 対岸遠くに見えるのがこれから乗る 「らべんだあ」 です。 小樽の観光通りは平日も沢山の人ですね! そのあとノートに給油し 返却に行きましたが、トータル 500km弱の走行でした、燃費は15-16km/Lみたいでしたね。

そして夕方、名残惜しい出航の時(>_<)
 
乗船ギリギリにもターミーナルの脇で釣り見学(笑) 一番手前のアングラーは女性でしたが、慣れた手つきでテキパキとサビキを捌き サバを釣って居られました。 出航時にはいつものように職員のかた達が手を振って下さっていました。

復路の 「らべんだあ」 の船内。
 
内装はほぼ往路の 「あざれあ」 と一緒、左画像は4Fエントランスホール。 夕食は船内のレストランでジンギスカン風ブタ丼とビーフシチューをツマミに一人宴会♪ ココのビーフーシチューがわりと美味しくて、過去トータルで4回は食ってます(~_~)  復路でも露天風呂に入ってゆっくり過ごしました。

翌日朝。
 
いよいよ今回の船旅も終盤。朝の清々しい海風を浴びたくて少し早起きし5Fデッキで過ごし、入港の30分程前に またフォワードサロンから新潟港入港の様子を見ていました。
そして着岸。 最後に 長旅を終え 新潟港山の下埠頭に係留された 「らべんだあ」 を撮影し今回の4日に及ぶ独り旅を締めくくりました(~o~)

次に北の大地に来れるのはいつかな? また来年もどこかに独り旅に出させて貰えるように、毎日一生懸命働きます(笑)
Posted at 2017/09/21 10:50:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年09月18日 イイね!

夏休み♪独り旅①

夏休み♪独り旅①先月の 夏休み?の回のブログで、次回 後半戦は充実した連休を楽しみたいと言っておりましたが、この度珍しく5連休が取れましたので こんな事はもう暫くないだろうと、思い切って独り旅に出て見ました!
 行き先は 北海道。 平日の連休でしたし家族ともどうせ普段から休みは合いませんが、「どうぞ」との事でしたので 自分の好きなトコだけ行ける自由気ままなプランを立てての出発です(~o~)

旅の目的の一つは 今年新造・就航した 新日本海フェリー「らべんだあ」と「あざれあ」に乗船すること。 往路は6月に就航した「あざれあ」(タイトル画像)でした。
 
手続きを済ませ早速乗船、すぐに6Fのデッキから船の煙突部をパチリ。この部分だけで二階建ての住宅くらい在りそうです。 すぐに5Fのフォワードサロンのセンターを陣取り出航を待っていると、目の前で佐渡汽船のカーフェリーとジェットフォイルがすれ違います(^_^)

その後一旦4Fデッキへ移動。
 
出航時のドラを打つ風景 と 船が離岸して暫くは地上職員さんがお見送りの手を振ってくれます♪

今回取った部屋は ステートAツイン(アウトサイド)と云う、中間グレードの窓付き海側個室。
 
シャワー室とシャワートイレが付いていて もう十分ホテル並みです。 9月以降はツインなら一人料金で貸切可能になっていますので 今回はそうしました(~_~) 
ちなみに船内は一回30分、一日5回まで無料 Wi-Fiが使えますが、元が携帯電波らしく、結局陸から遠い場所では使えませんでした(T_T)

航海中には…
 
出航して 1.5H程の時に 新潟県北端近くの粟島沖で苫小牧航路の「らいらっく」とすれ違いました。 またこの日の日没時刻 17時19分(秋田県付近)に合わせ左舷デッキから海に沈む夕日をパチリ。 暗くなった後は レストランで夕食を摂り、大浴場の露天風呂に2回入り 寝酒にビールを飲んで就寝しました♪

翌日。
4時30分には小樽港に到着するのですが、今回は車の持ち込みをしておりませんし、ツアーでもないので 時間を持て余します(*_*) ですが 7月から希望者には 「ゆっくり下船」 と云う7時まで乗船していて良いサービスが有りましたので、それを申し込んで置きました。 それでも時間を持て余すので、レンタカーショップまでの約2キロを散歩がてら歩いている途中…
 
小樽港に流れ込む勝納川河口 勝納埠頭では サケ釣りをしている姿が見られましたし、早朝の運河をゆっくり見学する事も出来ました(^_^)

レンタカーで日産ノートのe-4WDを借り目的地の室蘭市を目指します、距離は 150km強ですが、みんカラでファン登録させて頂いているかたから情報を頂き 下道の最短距離を行く事にしました。 しかし、当日は前が霞む程の強雨(石狩地方には大雨警報が発令)に、国道393号樺立 トンネル内での大きな交通事故 と重なり思ったより時間が掛かってしまいました(*_*)
 
途中には蝦夷富士と呼ばれる美しい羊蹄山が有るのですが、ガスで写真無し(汗)ようやく撮れたのは 車窓からの洞爺湖とSAでの有珠山の画像のみです。

時間が押し 虻田洞爺湖ICから高速を使っても、一つ目の目的地の地球岬に到着したのは 出発から3時間ちょっと経った11時過ぎとなりましたが、そのお陰で雨は上がり ほぼ快晴に♪
 
キレイな絶景でしたが、足のすくむ断崖…         地平線しか見えない雄大な景色!
正直もう少し しょぼいんじゃない? なんてちょっと思っていましたが、逆に想像より美しく素晴らしいところでした(~o~)

近くの室蘭港をぶらぶら…
 
岸壁では チカ と云う10cm程の魚が沢山つれていましたね。 すぐ脇の岸壁に係留中の室蘭海上保安部の巡視船 れぶん と記念撮影。

お昼は手軽なラーメンを頂きました。

室蘭はカレーラーメンが有名なようでしたが、スマホで検索したところ 清洋軒と言うお店の塩ラーメンが美味しそうでしたので そこへ。 手打ち麺を使ったコシの有る麺と澄んだスープの美味しいラーメンでした。

お昼を済ませ2つ目の目的地 市立室蘭水族館へ!
 
昭和の雰囲気満点の外観。 館内もそんな趣満点! 道内最古の水族館です。
 
室蘭水族館を代表する展示魚 「アブラボウズ」。 成長すると2m近くになる深海魚です、ここのマスコットキャラクターにもなっていますが、最初ジンベイザメ?かと思いました(笑)  他にも北の海を象徴する タラバガニや…
 
            ホッケ                        ニシン
 
            ホタテ貝                       スケトウダラ(幼魚)       
 
    しぐさが可愛かったゼニガタアザラシ   ここの売店名物ツブ焼きも頂きました♪
市立室蘭水族館は 最近の豪華でお洒落な大型水族館とは違い、私たち世代が遠足や家族で訪れていたような懐かしい雰囲気を持つ、今では数少ない貴重な水族館です。またGW~10月の第一週程度までの営業(冬期間休館)と言う制約もありますが、皆さんもチャンスがあったら是非(^_^)
 
室蘭はかつて捕鯨や精錬所で栄えた港町ですが、現在の人口は1970年の約半分に減っているそうです。 水族館には捕鯨銃やクジラの骨格も展示して有ったり、室蘭港の入り口には 鉄鋼の街を今でも誇るような巨大な鋼製吊り橋「白鳥大橋」が架かっています。 私も以前は鉄鋼建築建設業に携わっていたので、この吊り橋を見るのも楽しみでした。白鳥大橋は東日本最大となっており 規模は横浜ベイブリッジよりデカいみたいです。 余りの高さにビビリましたが、興味で二往復してしまいました(笑) ←写真は専用の展望台からです。

疲れたので帰りは道央道を使って2時間コースで小樽へ戻り…
 
今度は予定より少し早く戻れたので、フェリー埠頭で 朝乗って来た「あざれあ」が新潟に向かって戻るのを見送ってから、夜の小樽の街へ。

宿泊ホテル近くの繁華街やお土産屋さんを見て歩いたあと…
 
ライトアップされた小樽運河を散策し、近くのジンギスカン専門店で 独りジンギス♪ いつもは海鮮物や ビアホールのハムの様にスライスしたラムを食べていましたが、生ラムとラムステーキがめっちゃ美味しかったです(~o~)

今回はここまで(~_~) 次回は旅の後半をアップしたいと思います☆
Posted at 2017/09/18 13:55:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年09月13日 イイね!

☆2017.8月 釣果☆

☆2017.8月 釣果☆前回のブログでも触れましたが 今年の8月は雨の日が多く、リバーシーバスのハイシーズンは濁流に悩まされる事となりました(>_<)

濁りのちょうど良くなった頃に また大雨…
結果 川での釣果は思ったようには伸びず、淋しい釣果となりました(*_*)


それでは8月分の貧果のご報告、旅先のフェリーの船上からのアップです♪

月初め…
 
真夏のピーカン日中パターンで良く跳ねた元気なスズキ君、サイズは 60サイズがほとんど。 左画像は 夏定番の外道エソ君、今年は大型が多く 45-50cmくらい。 普段は海底に潜んでいる筈の魚ですが、見掛けに拠らず鋭い瞬発力の持ち主で 着水直後のルアーに飛びついて来ます(汗)

中旬のお盆ころ…
 
久々に少し大きいか? と思っても 70.5cmと 69cm (>_<)

他にも…
 
アジ サイズのワカシ (こちらではシオノコなんて呼びます) と 嬉しい外道のヒラメ君、サイズはちょうど 50cm。

下旬の降雨の後…
 
増水で濁ったサーフでサイズは小さいですが、丸々と太ったスズキ君と 濁りの取れ掛かった河川で 75cmと66cmを連発! 久し振りに他にもバラシの有る活性の高い夜でした(^_^)

そして月末の荒れた海から…

雨も降っていて貸切のサーフ、ずぶ濡れになりながらのうれしい渾身の1匹となりました。

今回 中旬に釣れた獲物のヒラメとスズキはお刺身にし…
 
もったいなくて取って置いた みん友さんの sontaさんから頂いた群馬のお酒をキンキンに冷やし 美味しく頂きました♪ スズキの旬は夏ですが、ヒラメは冬が旬で 夏には産卵後で美味しくなくなる為 「猫またぎ」 なんて揶揄されます。しかし 今回のヒラメはそんな事も無くとっても旨かったですね。 白身のお魚に辛口の冷酒、sontaさん お酒ご馳走様でした~ (~o~)

今年は ちびアオリが好釣みたいですが、例年チビッ子いじめは自粛しています。ちょっと型も良くなって来たみたいですし、そろそろアオリ狙いに出撃してみようかと思っています♪

お! フェリーは津軽海峡に差掛り少し揺れ始めました(*_*) 出航時の新潟港は波高1mとの事でしたが、こちらは2mの予報、ただでさえ海峡付近では船体の揺れる事が多いのですが、 同乗のお客さんは大丈夫かな? ちなみに私は波高5mでも船酔いしないので大丈夫です(笑)
Posted at 2017/09/13 22:39:53 | コメント(5) | トラックバック(0) | 釣り | 日記
2017年08月31日 イイね!

今年の夏の総括

今年の夏の総括
8月と云うか、もう夏も終わっちゃいましたね。

今年の夏は35度を超えるような日は殆ど無く、都心のように 雨が多く 夏らしくない夏となってしまいました (*_*)



子供たちは夏休みと言っても毎日部活動ですし、活動以外の時間も仲間とつるんでお出掛け。 家内もお盆に3日程休みが有っただけでしたので、私と休日がダブったのは1日のみ (+_+)
13日の仕事終了後に みんなで実家の仏壇には手を合わせに行きましたが、お墓参りも 送り盆の16日となってしまいました(汗)

その道中、渋滞の列のローリーに写ったV50号♪

運転している姿を見る事ってなかなかないですよね。不思議な感じでしたので、スマホでパチリ
(渋滞で停車中です)

その後お墓参りを済ませた墓地周りで いつもの昆虫探し♪ 
オオシマザクラの根元に キマワリが、幹にはトホシカミキリが ゴソゴソと走り回っていました。
また、帰り道の自販機前に大きな蛾を発見!

ヤママユガ科のオオミズアオイ。 残念ながら寿命間近なのか 羽も痛んで飛べないような感じでしたが、まともな姿は 薄水色のマントを広げたような綺麗な容姿の大型の蛾です。

数日後の家のベランダのゴーヤ棚では…
 
この時期にしては大きい オオカマキリと、タイトル画像のヒマワリの葉に見た事の無い虫。 この虫はヒマワリによくつく アワダチソウグンバイ という害虫だそうです(汗) 撮影後 殺虫剤にてお引き取り頂きました。

夏の終盤は恒例の地元の花火大会(~_~)
 
長男は部活仲間と河川敷へ、お姉ちゃんは当日放送していたMステSPを見ながら部屋で一人ライブ状態…
今年も 老夫婦2人でビール片手に自宅ベランダでの見物。 今回はアウトドアチェアと扇風機を配線し、快適な環境での花火観賞でした(^_^)

最後はボランティアに行っている施設で秋を感じさせる植物。
 
庭の隅っこで小さな花を付けていた萩と、実り始めたイネ。イネの品種はコシヒカリ、収穫は9月末から10月の頭頃になるのではないでしょうかね(~o~)

お天気の良い日でも8月末になると朝夕は日の角度が低くなってきているのが実感出来るようになってきていました。 もう秋です☆
Posted at 2017/09/01 10:49:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | | 日記
2017年08月10日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【孫市屋】

みんカラ:週末モニターキャンペーン【孫市屋】Q1. 今後、孫市屋に期待する新製品はありますか?
回答:光の安定性と耐久性

Q2. もしくは、孫市屋に何かご要望がございましたら教えてください。
回答:モニターキャンペーンに当選したことが有りません、よろしくお願い致します(笑)

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【孫市屋】 について書いています。

※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2017/08/10 17:26:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用

プロフィール

「夏休み♪独り旅② http://cvw.jp/b/1560198/40428913/
何シテル?   09/21 10:50
noa☆です、よろしくお願いします! 850→V70→V50 とボルボを3台乗り継いできました。 小回りの利くボディーにターボで楽しく走っています♪ 車歴...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/04 19:22:12

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ V50 ボルボ V50
ボルボ V50 2.5T クラシック に乗っています。 2011モデルのT-5 R-D購 ...
ボルボ V70 ボルボ V70
海に山にと大活躍、850譲りのデザインがお気に入りでした。ベーシックモデルの2.5でした ...
ボルボ 850エステート ボルボ 850エステート
憧れの850エステート。発表から5年後にやっと買うことが出来、嬉しかったのを覚えています ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
20代の頃に10年程乗っていたクルマです。 ステップアップを繰り返し、最終的にはTD-0 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.