• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しげさん’sのブログ一覧

2017年08月14日 イイね!

「しげさん's水産」始まる… ( ̄◇ ̄;)

「しげさん's水産」始まる…  ( ̄◇ ̄;)いやぁ〜、お盆になった途端に夜風が
一気に心地良くなって来ましたねぇ

さて、8月の頭に花火鑑賞を兼ねて温泉宿に
宿泊した際に、カミさんを釣りに連れて
行ったら… どうやら気に入ったようで
「ヒマがあったら釣りに行きたい!」
などと言い出す始末で ( ̄▽ ̄;)"

それから数日後に釣り具屋へ行って
チョ〜初心者向けの釣竿を買わされました

3mほどの投げ竿と短めのモノ、どちらも
お粗末ながらリール付き d(^_^o)
あとコマセ釣りや投げ釣り、落とし込みなど
仕掛けも数点に必要最低限の小物と合わせ
一万でお釣りがくる程度って代物

しかし…最近の釣り道具って以前に比べ
格段に進化してましたねぇ〜♫
仕掛けなどの基本は変わらないみたいですが
その品数に圧倒されちゃいました
さらに小物類は"至れり尽くせり"の
充実っぷりで、見てるだけでも楽しいですね


ところで、おいらの"釣り経歴"って
言うと… 親父が大の釣り好きで、子供の
頃に半ば強制的に連れて行かれたのが
そもそものきっかけで、若い頃には主に
夜釣りの五目狙いばかり
当時、クルマを持って無かったので
最終の路線バスで港まで行って、一晩中
釣り糸を垂らし、翌日の昼頃に帰って爆睡
そんな休日を過ごしたりもしました
二十代の後半には"釣り熱"もすっかり冷め
親父のお下がりだった古ぼけた竿なども
全て処分しちゃって、足を洗ったのだけど
この歳になって再び竿を握るとは… ねぇ

で、先日カミさんを「初夜釣り」に
連れて行きました


時々、ポツポツと雨が落ちる悪条件の中
当然おいらが段取りの一切を準備し
カミさんに竿を渡す係 ( ̄◇ ̄;)


この日の釣果は、カミさんの竿にカワイイ
フッコ君が2本とオマケのフグが数本
おいらは… ボウズ :(;゙゚'ω゚'):

これでおいらの"釣り熱"が再燃!!
たった一日しか取れなかった「お盆休み」に
朝から釣り場へレッツゴ〜!
5時間くらいでコマセから落とし込み
ダイソーで買ったルアーまで色々試し

カミさんのと同じようなフッコ君と

唐揚げにしたら美味しそうなサイズの小アジ
が10本ほど
お盆期間中なので"殺生"はおあずけ
全てリリースしてあげました
「大きくなったらまた釣れてね〜♫」
で、落とし込みでかかったのが

チビのくせにタオルに噛み付くほどの
暴れん坊のギンポの子供 ( ̄◇ ̄;)""
この姿と色… ちょっビビっちゃいますね


一応、竿と仕掛けは揃えたし…
今度からおいらの活動に「しげさん's水産」
まで加わって益々多忙になっちゃいました。
Posted at 2017/08/14 21:23:50 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年08月04日 イイね!

ちょっと贅沢な一夜を…

ちょっと贅沢な一夜を…遅れてた北陸地方もようやく梅雨が明けて
"夏本番"になりま… って連日の酷暑続き
ですでに充分夏を味わってますけどね

一足早く「夏休み」を取ったおいら
(…たった二連休ですけどね ( ̄◇ ̄;))
カミさんと休みを合わせてお出かけです
ここ数年、恒例となってる花火大会を見に
能登半島の入り口である七尾へ向かいます

今日も朝から元気一杯の太陽さんの予感…
勢いを増す前にザザッと洗車してから出発
のと里山海道を北上、途中で寄り道したのは
千里浜海岸近くにに先月OPENしたばかりの「道の駅・のと千里浜」へ…

波打ち際の砂浜を乗用車で走れる唯一の海岸
"千里浜"は夏場には海水浴客でも賑わい
この道の駅も朝から大勢のお客で盛況でした


外には足湯もあるので海からの帰りにも
便利そうですね d(^_^o)


道の駅をぶらりと素見してから再び北上
しかし、時計の針は10時を過ぎたばかり
花火が打ち上がるのはまだまだ先…なので


能登島大橋を渡って能登島へ上陸し
島を横断し外海に面した側にある
「のとじま水族館」へ向かいます
とは言え、今は夏休みの真っ只中なので
水族館は家族連れで一杯だろうし…
目的は水族館に隣接した自然の釣り堀
「のとじま海釣りセンター」での釣り〜♫

護岸から海へ突き出した枡形の桟橋で
手軽に海釣りが楽しめる施設で、貸竿や餌も
充実していて、手ぶらで行っても大丈夫!

売られているエサはオキアミorイソメで
この時期はキジハタやチヌ、小アジなどの
釣果が望めるようですよ
ちゃ〜んとライフジャケットを着込んで
イザ!仕掛けを投入!!
時間的にお昼近くなので厳しいかな?と
不安を吹き飛ばすように入れた途端に
竿先にビクビクと"アタリ"が伝わったので
慌てて引き上げたら…エサが無い
どうやら魚影は濃いのかも?とウキウキしたのは"ぬかよろこび" ( ̄◇ ̄;)
オキアミだろうがイソメだろうが、入れた
直後にザコ供が群がって跡形もなくエサを
喰って逃げて行きますよぉ ∑(゚Д゚)"
入れ食い状態を期待したのですが、実際は
魚たちにとって"食べ放題"の格好なエサ場
なようですねぇ〜
まるで手際の良いマジシャンのように
エサが付いた仕掛けは海中に落とした瞬間
エサだけが消えて無くなりますぜ!
・エサを付けた竿をカミさんに渡す

・一瞬でエサが消えて無くなる

・エサを付けた竿をカミさんに渡す
・・・延々とこのルーティンの繰り返しで
おいらが竿を握るヒマもないくらい 汗!
そんなこんなしてても、時々カミさんの
竿に"まぐれアタリ"がチラホラと…

以前から「釣りしたい〜!」と言ってた
カミさんは小さなベラにも大はしゃぎ ♫


結局、2時間ほどの"エサやり体験"中に
偶然?針に引っかかったマヌケな魚は
ベラとフグに加え15cmくらいのメジナ君
…え、おいらの釣果ですか?


豆粒のようなベラちゃんが一匹 ( ̄◇ ̄;)
今回は潮の巡りがイマイチで ねぇ 苦笑!
一応、海釣りセンターさんの名誉のため

こ〜んな大漁だって夢じゃありません!


思いっきり指先を"イソメ臭く"させて
能登島から撤収〜 σ(^_^;)"
花火大会の会場でもある和倉温泉へ

一昨年、初めて和倉の花火大会を見て感激
昨年はある方のコネで旅館の屋上で鑑賞
そして今年は…
ついにお宿に宿泊して、帰り道の混雑を
気にせずの〜んびりと花火を堪能する事に


和倉温泉の代表格「加賀屋」さんの姉妹館
その名も「加賀屋別邸 松乃碧」が今回
お世話になるお宿です

"美術館に泊まる"をコンセプトにし
館内に漆芸作家角偉三郎氏の作品を集めた「角偉三郎美術館」を併設しており

随所に角氏の輪島塗の器や調度品が
飾られています
いゃぁ、おいらのような育ちの卑しい者には
場違いな雰囲気ですなぁ… ( ̄◇ ̄;)

チェックインを済ませ、ロビーで一服すると次に庭にある茶室でおもてなしの茶席に
案内されました

江戸時代後期の前田家所縁の茶室の一部を
移築した茶室で裏千家の先生がたてて下さる
お抹茶が心に沁みます

部屋に案内されたら、一息つく間も惜しみ
まずひと風呂浴びて、昼間の汗とイソメの
匂いを洗い流したい! ( ̄◇ ̄;)
早速、大浴場へレッツゴー!

前に加賀屋の本館に泊まった際には
多くの宿泊客で"芋洗い状態"だった浴場
松乃碧さんは5階建ての大きな旅館なのに
客室は30室程度と少なめの設定で
花火大会当日で満室との事ですが、不思議な
くらい他の宿泊客と出逢う事が少なくて
大浴場も毎回2〜3名程度でゆった〜りと
入浴出来て、本当に心地良かったです ♫
七尾湾と能登島が一望出来るお風呂は
海の隣って事もあり塩泉で塩っからい!
けど、お肌スベスベ〜♫

花火大会の時間があるので風呂上がりに
そのまま夕食の会場へ向かいます
食事処は海の眺望が贅沢なカウンター席と
隣接するボックス席、この他に完全個室が
あるようで…おいらとカミさんは個室に
案内されましたよぉ σ(^_^;)""


ここから先は、贅を尽くした料理が次々と
運ばれて来て、カミさんと二人で器に感心
味に感激… 至福のひととき ♫




"豪快盛り"と銘打った焼物では
鮑の肝焼き・鬼海老の塩焼き・能登牛
そして石川の代名詞のどぐろまで盛られて
大満足の一皿です
普段はあまり飲酒しないおいらとカミさん
ですが…こんな美味しい料理に"お茶"
じゃぁ勿体無い!って事でビールから日本酒
ワインにサワーまで飲んじゃいました ♫
ここ「松乃碧」ではインクルーシブシステム
を導入しているので、宿泊中の飲食は
全て料金に組み込まれているので、どれだけ
浴びるよに飲んでも問題無し!
(飲まない人はちょっと損なのかも?)

ほぼ二時間に渡る夢のような宴を終えると
ちょうど花火大会の開催を告げる花火が
打ち上がったので、中庭に設けられてた席に
陣取って花火を堪能しました




う"〜ん、何度挑戦しても花火の写真は
上手く撮れないですねぇ ( ̄◇ ̄;)

海に浮かべた台船から打ち上げられる
色とりどりの花火、中でも圧巻なのが
打ち上げず台船上で炸裂する三尺玉は
海面に広がる半円の花火と水面に映る姿を
合わせると一つの丸い花火に見えるのです


そして、大会のフィナーレを飾るのは
頭上高く打ち上げられる三尺玉も見応えが
あります
他の花火大会より近くで打ち上げられる
和倉の海上花火は"しだれ"の火の粉が
間近まで降り注ぐくらいです
なので三尺玉くらいの大きさになると
「ドン!」と炸裂した瞬間の空気の振動まで
直に感じられ、桁違いの大迫力でした ♫

昼間は酷暑でも陽が暮れると風も涼やか
まして海からの風を長く受けた身体は
ひんやりジットリ ( ̄◇ ̄;)
こりゃ、お風呂でさっぱり温まって来ねば!

大浴場の湯船の真ん中に"島"があり
ゴロリと寝転んで寝湯を楽しめます
昼間の疲れに酔いが加わり、ついウトウト…
30分も湯船に浸かってフヤフヤになった
55歳のオヤジほど情け無い生き物はいない?

普通の温泉旅館ならここらで定番のカラオケ
や温泉卓球なのでしょうが…
ここでは"何もしない贅沢"を五感で
愉しみます
バーラウンジでラム酒のロックを頂き
先ほど花火を見上げた庭で椅子に身を沈め
星を眺めながらチビチビと味わってみたり


部屋に戻ってゴロゴロしたり…
結局、何もしないって事に慣れてなくって
身の置き場に困り時間を持て余す凡人

ふんわりと身を包むベッドの上に寝転び
スマホを握り、みんカラの「何シテル」に
投稿しようと思いながら夢の中へ… Zzzz

身についた習性で、いつも通り夜明け前に
パッチリ!目覚めちゃう自分が哀しい!
こうなったらやる事はただ一つ
"ひとっ風呂浴びてこよう"
昇る朝日を露天風呂から眺める風流 ♫

貸切状態の風呂で時間を潰し、朝食まで
仕方がないので部屋でいつものように
テレビのモーニングショーを観てたり…

帰りは何も予定がないので、朝食は
ゆっくりでと予約してたので、小腹が
グゥ〜グゥ〜と催促する始末 ( ̄◇ ̄;)"
コーヒーやお茶菓子でごまかしつつ
時間が来るのを待つしかないっす
で…やっぱり最後にやるコトと言えば


合計四度目のお風呂タ〜イム σ(^_^;)
きっと今のおいらは程よく"塩味"がついて
美味しいだろうなぁ…

さぁ、お待ちかねの朝ごはん ♫

朝は七尾湾を眺められるカウンター席で
まるで夕飯かと思うほどの品数が次々と
運ばれて来ますよぉ〜
普通の旅館の朝食、温泉卵・味付け海苔に
焼き魚って"三種の神器"がちょっと恋しい

気づけば至福の時間も幕を閉じる時
チェックアウトです
( ̄◇ ̄;) お会計…は○○○○○円也
宿泊料金を高いと思うか、安いと感じるか
それは個人の感じ方でしょうね


松乃碧の名を象徴するかのような
庭の松に一瞥をくれて、中居さんや支配人に
見送られながらグリちゃんのハンドルを
握り、現実世界へと戻って行きます…。
Posted at 2017/08/05 22:10:09 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年07月30日 イイね!

相変わらず暑いっすねぇ〜 ( ̄◇ ̄;)

相変わらず暑いっすねぇ〜  ( ̄◇ ̄;)7月もあと一日、ほとんどの地域は梅雨も
明けて"夏本番"のようですが…
北陸では未だ梅雨明け宣言がなされず
連日ジットリ湿度の高い重い空気に包まれ
暑さが一段と骨身にしみます ( ̄◇ ̄;)"

この暑さが堪えるているのは人間だけでなく
我が家のネコたちも… ほぼ溶けてます

昼間寝てる分、夜になると大運動会だし!
こ〜んなネコたちに新しい仲間が…


"サクラ耳(去勢済みの証)"のノラネコが
夕飯の頃になるとフラリとやって来て
エサをおねだりするようになりました ♫
かわいい声で一所懸命に「お腹空いたよ〜」
アピールして来るのでカミさんはメロメロ
ちゃっかり夕飯をゲットしますが
まだナデナデさせてもらってません

ご近所にいるのはノラネコだけじゃ
ありません d(^_^o)
数日前に降った豪雨が運んで来た

… ノラザリガニ σ(^_^;)
まだ大自然が残ってる田舎なもんで 笑

こうも暑いと台所で食事の支度が億劫に
なるって気持ちは痛いほど分かります
(我が家では夕飯はおいらの担当っすから)
お手軽料理が増えちゃうし…外食の比率も
おのずと上がってしまいます ( ̄◇ ̄;)

今夜はイタリアンレストラン
「キャナリィ・ロウ」でピザ&パスタ

(小洒落た店内で雰囲気もイイなぁ〜)

注文したのは特製カルボナーラのセットで
食べ放題の前菜とデザートにチョイス
出来るピッツァ、メインのカルボナーラ

お客さんの目の前で仕上げるパフォーマンス
大きなパルミジャーノレッジャーノを
削って熱々パスタに絡ませてくれます
鼻腔をくすぐる香ばしいチーズの香りに

粗挽きブラックペッパーが効いて美味!♫

専属のパティシエさんが作るデザートは
一般的なバイキング料理のそれとは明らかに
レベルが違うんですよね d(^_^o)

( ̄◇ ̄;)う〜ん、どうも夏場はエンゲル係数
が高いんだよな… 8月の頭には恒例の
花火鑑賞も待っているし。。
Posted at 2017/07/30 20:54:02 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年07月24日 イイね!

進化は続くよ、ドコまでも…?

進化は続くよ、ドコまでも…?

進化の過程でいくつかの種は躯体を大きく
することで"生き残り"を図った恐竜たち…

化石好き・恐竜好きなら一日中でも過ごせる
くらいに充実した「福井県立恐竜博物館」
まだまだ続けられそうなネタの宝庫ですが
今回で最終ってことで、終盤のエリアを
ご紹介していきますね〜♫



館内の見学ルートはちゃんと計算されてて
緩やかなスロープでいつの間にか上のフロア
へと導かれて行きます

恐竜たちが主役だった「古生代」から
もう少し視野を広げて地球そのものの歴史を
学ぶところから進んでいきます

今では誰もが知っている地球内部の構造
マントルとかコアとか… 誰も見てないけど


「進化論」を唱えたダーウィン
「大陸移動説」を発表したウェゲナー
ダーウィンは教会から異端児の烙印を受け
ウェゲナーは学会の笑い者になっちゃいます
現在、ほとんどの研究の"礎"となっている
これらを見出した彼らに人の叡智を感じます

無限とも思える広大な宇宙空間に生まれた
小さな星の卵、激しい誕生の過程を経て
やがて"生命の母"となる海が形成され
無機質の中から生物が発生し…

海に命が満ち溢れていくのですねぇ
「シーラカンス」や「カブトガニ」など
当時の姿のまま進化せず生きながらえた
種もいますね


こんな口の奴が今でも生きてたら…
きっと、海水浴なんてこんなにメジャーに
なってなかったかもね〜 ( ̄◇ ̄;)


ネッシーやガメラもこの時代からの生き残り
なんて妄想が膨らむ姿ですね

甲羅のアップ!この"造形美"!
神様の美的センスもかなりのレベルですね


何を獲物にしようと思って、こんな口に
なったんでしょうか?




海に生きる連中の方が逞しいんじゃないか?
と感じてしまうくらい過激な口の連続!




やがて生存競争の激化した海から大地へと
歩みを進める種族が登場し、進化は一気に
加速していき、先の恐竜たちの時代へと
時は流れていくのです


子供の頃の図鑑などでは恐竜扱いされてた
一部の種族ですが、近年の研究では
骨格の違いなどから違うことが判明
それどころか、恐竜たちは恒温動物だった
と言う学説が有力で…爬虫類ではなく
鳥類へと進化した説は覆らないようだしね





もちろん、陸上の覇者として巨大化した
恐竜の他に、大空を目指し翼を得たものも…
ちゃんと時系列で展示されていて進化の様子
がよく解ります d(^_^o)

"進化は偶然と必然の葛藤"
そんな言葉が理解出来ちゃう化石が…

一度は陸に上がったけど、再び海へ戻って
↑がクジラになるって、信じられませんが…

そう言われれば、似てる?のかなぁ〜

陸上の覇者たちの時が過ぎ、肥沃な大地が
氷に覆われた時代を経て、再び大地に生命が
満ちた時"進化の女神"は哺乳類を新たな
覇者に選びました



う〜ん ( ̄◇ ̄;) 「モンハン」に出ても
不思議じゃないのもチラホラ出ましたが…




ようやく"見覚え"のある動物の姿に安心!



展示エリア最後の展示は「人類の進化」
未だ進化の過程の最後のピースが発見されず
"ミッシングリンク"とされていますが…



広大な展示エリアに加え、博物館内には
定期的に発掘調査を行なって発見した
化石のクリーニング作業の様子を見られたり

恐竜たちの身体の不思議を体感出来る
「ダイノラボ」などのブース、レストラン
お土産売り場も充実してます

敷地内に「化石発掘体験」を楽しめる
コーナーもあるので、挑戦してみるのも
イイかもですね
(もしかしたら…世紀の大発見しちゃう?)



いやぁ〜、3連続での「恐竜博物館」レポ
お付き合いくださりありがとうございます

知識欲は満腹になったので、今度は
空腹を満たさねば〜 d(^_^o)
・・・ はぃ、続きます。
Posted at 2017/07/24 17:42:46 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年07月21日 イイね!

「化石(いし)の記憶」

「化石(いし)の記憶」前回に引き続き福井県は勝山にある
「福井県立恐竜博物館」見学のレポートです



入館する前に、ちょっと予習 d(^_^o)
ここ福井県北部から石川県、岐阜と富山に
またがり「手取層群」と呼ばれる
中世ジュラ紀から白亜紀にかけての古い
地層が隆起している地層があり、数多くの
貴重な化石が発掘されてることで有名です
山を超えた石川の白山市桑島地区も
国内屈指の発掘好適地で恐竜に関する
施設があるのですが… こことは雲泥の差

館内の展示物はそれなりですが、屋外の
モノは… 古めかしい"怪獣"っぽい
イメージそのままで、今となっては
子供もダマせない代物 ( ̄◇ ̄;)




山腹一帯を利用した広大な敷地には化石の
「発掘体験」が楽しめるエリアもある
複合施設で、一際目を惹く銀色の巨大な卵状
の建物は建築家"黒川紀章"氏の作品

1階のエントランスからエスカレーターで
一気に3フロア降って行きます
地中深く潜るような演出に期待が膨らみます


狭くて長い通路の両脇には何点もの化石が…
好事家ならココだけで時間を取られちゃう?
いよいよメインホール!!

・・・え〜っと ( ̄◇ ̄;)… 忘れちゃった
まぁ、ご覧の通り 発掘されたままの姿で
展示されている恐竜の全身化石!
ここまで完全体で発見されること自体希で
死後経過により"腱や筋肉が萎縮"するので
恐竜たちは海老反りな状態で見つかるコトが
多いそうですよ

40体を超える恐竜たちの全身骨格が並び
部分標本を含めると膨大な展示物の数
恐竜ゾーン、鉱石で知る地球の歴史ゾーン
生命誕生から哺乳類への移行をたどるゾーン
大まかに3つのエリアで構成されてる館内
一つずつ紹介してるとキリが無いので…まだ見てない方々の為にも早足でご紹介します


館内の中央、一際目立つポジションに鎮座!
恐竜と言えばティラノザウルス君
野外に居たレックス君もよく動いたけど…
こちらの方が細部まで生々しい動き方です


彼を囲むように恐竜について基本的な
知識が学べるような展示がされてます
骨板に違いで「獣脚類」と「竜脚類」に
大別されるコト、食性の違いで頭蓋骨や
歯の形状が大きく異なる点など細かく説明
されていますが、子供達は一刻も早く先に
進みたがるでしょうねぇ ( ̄◇ ̄;)



骨格展示のエリアは四方八方"恐竜まみれ"
ちゃんと近類種ごとに区別されて親切です


ここでもレックス君が人気者オーラ全開!
ちゃんと一頭ごとに説明の看板と復元した
モデルを添えてあるもの嬉しいです

こ〜んな歯並びで迫られたら…ひとたまりも
無いだろうな ( ̄◇ ̄;)


映画じゃ主役級のラプトルは小柄なので
存在感はちょい薄め


数フロア分を吹き抜けにした高い天井に
届きそうな首長竜たちのコーナー

長〜い首を支える為に、頚椎の各々に
"つっかえ棒"の役割を果たす骨が伸びて
筋肉の無駄な疲労を抑える仕組みなのが
よくわかるようになってます

ここで恐竜博物館トリビアを一つ!

展示されてる全身骨格の多くは他の博物館
などにあるオリジナルから型取りした
精巧な"複製"なのですが…

(写真は少し分かり難いんですが…)
中に数点、明らかに標本の保持が違うモノが
見受けられます d(^_^o)
これらは、ここ福井県の博物館にしかない
オリジナル"本物"の化石なのだそうです
もし、世界のどこかで似た化石が発掘された
場合は、このオリジナルと比較して分類する
こともあるのだそうです
数本の保持材で支えてる複製の中に隠れた
慎重に保持されてる貴重なオリジナルが
どこにあるか?探すのも面白いと思いますよ



貴重…と言えば、ここには地元で発掘され「新種」と認定された化石も展示されてます




ラプトルの一種が太古のこの周辺を走り
回っていたんですね〜 ( ̄◇ ̄;)


勝山周辺では今でも大々的な発掘作業が
続けられていて、次々と新たな発掘があり…
最新の発見が「フクイベナートル」
これは現在の研究により同種の恐竜たちには

ウロコではなく羽毛に覆われていた?との
説が有力なのだそうですよ d(^_^o) ♫

恐竜と言えば今までは

ご存知のトカゲ風な色合いが一般的でしたが
近年の研究では、オスなどはもっと鮮やかな
体色だったのでは?とか、羽毛を持つ種類が
もっと多かったのでは?など様々な新説が
発表されています
おいらたちが子供の頃にはゴジラのように
直立二足歩行姿を信じていたけど… 今は
体幹を水平にしてバランスを保つ姿勢が
常識になりましたからね
もしかして数年後には常識を覆すような
大発見があるかもしれませんよ〜 d(^_^o)


こんなに紹介して来たのに、まだ1/3程度


まだまだ面白い展示物が山のように残って
いるので… ( ̄◇ ̄;)
博物館レポートは続編へと続きます。
Posted at 2017/07/21 18:23:26 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「釣〜♫ なのか"エサやり体験"だったのか
とりあえずボウズは免れた d(^_^o)」
何シテル?   08/03 15:01
 不遇のパジェロJr”リンちゃん”から デイズのハイウェイスターに乗り換えたカミさんですが  おいらは相変わらず満身創痍のポンコチックな主力戦闘車 プレオ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

Amazon詐欺にかかりました(*T^T) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/09 21:21:17
母の日のプレゼント~ ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/15 11:00:14
jusby ドアストライカーカバー&#160;  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 18:40:23

お友達

おいらの愛車はポンコチックなスバルのプレオと
カミさんの日産 デイズハイウェイスター Xで遊んでます

快適装備満載の今時のクルマと
ちょっと不具合もあるけど面白いクルマ
どちらもカワイイ我が家の一員ですよ
気軽に声かけて下さね~♪
29 人のお友達がいます
紅い眼鏡紅い眼鏡 * み~ろんみ~ろん *
P.UP.U * かねごんパパかねごんパパ *
フミャフミャ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スバル プレオ ろくちゃん (スバル プレオ)
不安になるほどの安値で購入 ほぼ一目惚れ状態なんで 多少のアバタもエクボに思えちゃいます ...
日産 デイズハイウェイスター グリフォン (日産 デイズハイウェイスター)
新たなカミさんの相棒として 様々な期待を一身に背負ってやって来ました♪ グレードは”X” ...
三菱 パジェロジュニア リンちゃん (三菱 パジェロジュニア)
大昔、パジェロに乗っていたカミさんの希望で 中古ですがリンクスを入手しました 主にカミさ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.