車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月20日 イイね!
近頃の若いモンは…。 まだ駆け出しのヒヨッコだった頃には
身のほど知らずで失敗する度、先輩や上司に
「これだから最近の若いモンは・・・」と
お叱りを受けたり文句を言われたりしたけど
いつの間にやら赤ちょうちんで酔っ払い
「本当に今時の若い連中は・・・」なんて
愚痴ってる側になってしまいました ( ̄O ̄;)


屈託のない笑顔の可愛いお嬢さん
現役早稲田大学の学生、南谷真鈴さん
こんな姿を見ると何処にでもいそうな
今時の女子大生で、おじちゃんドキドキ ♫

真鈴さんは今、日本で一番"熱い"
女子大生かもしれません

ほんの一週間前、北極点を踏みしめた
彼女は20歳という若さで7大陸の最高峰と
南北両極点に到達するって偉業
「エクスプローラーズ・グランドスラム」を
成し遂げちゃったのです! d(^_^o)〜♫


2015年1月 にアルゼンチンのアコンカグア
に登頂したのを皮切りに、7月にタンザニアのキリマンジャロ登頂、8月に西欧の
モンブラン登頂に成功、のわずか二ヶ月後の
10月ネパールのヒマラヤ山脈のマナスルに
挑んで登頂しちゃいます
そのまま夏場の南半球に飛んで12月に
オーストラリア・コジオスコに登頂
さらに同月、南極大陸の最高峰である
ヴィンソン・マシフに登ってしまいます
年明け早々に南極点に到達した真鈴さん
2月ニューギニアのカルステンツに登頂
3月ロシアのエルブルスに登頂し
5月のエベレストに日本人最年少の記録を
打ち立てて登頂に成功、最後の最高峰は
植村直己さんを飲み込んだ北米のデナリ
(マッキンリーの方が耳馴染んでますね)
を征してしまいます
そして今年の4月、ついに北極点到達して
グランドスラムを達成しちゃうのですよ!

4000mを超える登山の過酷さは常人の
想像をはるかに超えるものだそうで…
某バラエティ番組の中でも

女性芸人イモトアヤコさんが体当たりで
その壮絶な登山の様子をお茶の間に届けて
くれて大人気のコーナーになってますよね


日本女性として初の偉業を成し遂げた
南谷真鈴さんとはどんな女性なのでしょうか

父親の仕事の関係で幼い頃には海外で
生活していたそうです
13歳の時、上海で初登山を経験して以来
山登りをライフワーク?趣味?として
今日に至っているようですね d(^_^o)


こんな風にプロフィールを拝見すると
「お金持ちのお嬢さんの道楽…かよ」なんて
へそ曲りなイメージを持たれそうですが
実は彼女、今回の立て続けの登山に関して
一切、親御さんから資金援助は受けなかった
とインタビューで答えています

エベレスト登山などでも知られるように
彼女が登頂したような山登りには大掛かりな
装備や物資とガイドや物資運搬のシェルパ等
大所帯で挑む事になり、かなりの軍資金が
必要なはずですよね〜 ( ̄O ̄;)
うわさ話かもしれませんが、クレバスに
架けられた簡易ブリッジを渡るだけでも
「おいらが作ったハシゴだから」と
通行料を求める現地の人が居るのだとか…
これだけの資金を真鈴さんはいかにして
調達することが出来たのか?


当時、学生さんだった真鈴さんは
授業が終わった後や休日には、1000通を
超えるメールや電話を企業などに送り
自らの挑戦を「企画」として売り込み続け
独力でスポンサーを探し回ったそうです

今回のメインスポンサーとなった
「ユニクロ」に対しては既存のウェアを
登山にも流用出来ることを提案、さらに
実際の使い勝手を考慮した新たなジャケット
などをプレゼンし採用させちゃうくらいの
バイタリティーに溢れる才女の一面も
兼ね備えたパワフルな女性なのですよ

最近の若いモンって、おいら達おじさん
世代が考えてるよりデキる奴が多いかも?
厳しい現実世界と途方もないネット上の
仮想世界を巧みに行き来してそれなりに
バランスを保ちながら自分を確立させて
ガンバってたりするもんね ( ̄O ̄;)"
(中にはマヂにダメダメなのも居るけどさ)
おいら達も若い頃には苦労して、やっと
一端の口を叩けるようになってるけど
"今時の若いモン"も今の時代なりに
苦労してるんだろうね
もうすぐGWを迎えますが"五月病"で
志半ばで燃え尽きる新人さんがいなければ
イイんだけどなぁ〜 (^◇^;)
Posted at 2017/04/20 18:34:05 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月18日 イイね!
不謹慎なネタかも…  ( ̄O ̄;)" かねてからボツボツと燻り続けてきた
「北朝鮮情勢」が、ここ数日で一気に
炎を上げて燃え上がりそうな雰囲気で
ニュースから目が離せないですね


第一空母打撃群と呼ばれる米空母
「カールビンソン」を主軸とする複数の
護衛艦などで編成される、文字通り
有事を想定した艦隊群がまさに"火に油を
注ぐ"ように北上を続けていますね
(大勢の読みでは"実力行使"ではなく
"デモンストレーション"的行動?)

依然として「根拠の伴わない強硬姿勢」を
貫く北朝鮮と「直情型のトランプ米国」が
かつてない程の緊張状態に突入したのは
歴然とした事実で、その事態を悪化させて
いるのが「のらりくらり中国」だったり…
最悪の場合に真っ先にとばっちりを喰う
韓国と日本なのが大問題 ( ̄O ̄;)

北朝鮮と地続きの韓国では危機感は最高潮
ガスマスクの売り上げが5倍に達したとか
個人向け地下シェルターが予約待ちだとか
"今、そこにある危機"へ戦々恐々
それに比べ我が国は…未だに"対岸の火事"
を傍観してるようなぬるま湯感が漂ってます

シリアへの問答無用の空漠を承認し
「IS壊滅!」と叫び"全ての爆弾の母"
な〜んてあだ名の巨大爆弾を投下させたり
慎重さを欠いたようなトランプさんの決定力
相手の出方次第では、次に何をするやら…

先に行われた北朝鮮の軍事パレード


相変わらず異様なまでの人海戦術で
次々と行進する軍用車両と舞台の隊列
そんな中で一際専門家が注目したのが
「コールドランチ」って一段と技術進歩
したミサイルの発射システムですね
液体燃料式とは違い、いつでも発射可能な
ミサイルがトレーラーに乗せられアチコチに
移動出来るのですから厄介な代物です

「核戦争へのカウントダウン」って
メディアが騒ぎ立ててる中、先日安倍首相は
記者会見で異例とも言える"生物化学兵器"
を使用する可能性があると明言
これはインパクト大でしたよね ( ̄O ̄;)


北朝鮮は「在日米軍基地も標的」と
鼻息荒くアピってますが…
北陸地方には、スクランブル発進率No.1の
航空自衛隊小松基地や舞鶴の港湾施設
さらに報復攻撃時に標的となる確率の高い
志賀原発や敦賀の原発群が存在していて
日本列島を横断して首都を攻撃するより
目の前の的に一撃を加える方が効率的だって
どんなヘボな軍師でも思いつきますよね

もし、北の方から飛んで来るのが
核弾頭でなくても被害は甚大だろうし
噂の生物化学兵器だったとしたら… ( ̄O ̄;)
それがちゃんと目標に向かって飛べば
良い(?)のだけど、命中精度も怪しげだし
ドコへ着弾するか分からないのも脅威です
ガンバって日本海上空で迎撃してもらう
しかありませんよねぇ
マヂに"予断を許さない状況"は
どのような決着をみせるのでしょうか…?

まぁ、ここまでは池上彰さんに聞かずとも
だいたい皆さんもご存知のお話で d(^_^o)

ここからが今日の本題
米空軍が発表した驚きのニュースでは
世代交代で旧式となって来た「F-16」を
無人化し自律航行させてミッションを遂行
させる実験に成功したと発表しました

航空機の無人化に関してはこれまでにも
老朽化した機体を"遠隔操作"して
訓練の標的に使用するなどはありましたが
今回は軍民共同開発によりロールアウトした
無人F-16は、外部からの操作に頼らず
自らが自律的に飛行経路を選択して
標的に向い、地上への攻撃を行ったのです
さらに作戦遂行中に敵機の脅威に遭遇
しても、それに対応し、作戦行動を続けた
ようです

これまで「無人攻撃機」と言えば
近年、話題になっている「ドローン」が
代名詞となっていますが…

映画「シン・ゴジラ」でも、終盤の
"ヤシオリ作戦"において消耗戦の
攻撃機として大量投入される姿が印象的
ですが、これらは言わばラジコン機で

こ〜んな操縦室から遠隔操作してます
(この操縦士を主人公にした映画も製作
公開されるそうで気になります)
全く人間に頼らず、無人の戦闘機が自分で
考え自在に飛び回って戦うなんてSF映画も
真っ青なお話ですよね ( ̄O ̄;)
10年くらい前に「ステルス」って
完全AI搭載の戦闘機が暴走する…って映画が
ありましたが、現実になるなんて驚きです

今回の無人機の開発はさらに奥が深くて
将来的には、有人の最新鋭戦闘機F-35と
複数の無人F-16がチームを組んで
作戦に携わる事を目標にしているようで

作戦空域で敵の戦闘機の攻撃を受けた際に
無人機が"盾"となり、有人機のF-35を
守らせてミッションを遂行させるらしいです
戦闘機の場合、パイロットの身体的限界で
急旋回や垂直降下などではリミッターが
かかってしまうのですが、無人機では
それを超えた機体限界ギリギリまでの能力を
発揮出来るのですから、理論上は無敵かも…

数年前までは想像も出来なかった技術の
進歩、この話題は軍事目的の開発ですが
数年もすれば民間に向けてフィードバック
されて、各社の新型車両に搭載されている
「自動運転支援」が「自立運転」へと
飛躍的に進歩しちゃうかもですね
(カーナビのGPS利用が元は軍事目的って
事は周知の事実ですから…)
Posted at 2017/04/19 18:40:43 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年04月16日 イイね!
おいらは何を弄ってるんだ?…。 おいらの出勤はちょっと早くて
日の出の頃なんですよね
夜明け間際はまだ冷え込んでます ( ̄O ̄;)
"花冷え"とは言えないんでしょうがね
ところが帰る時間帯になると、これが
春そのものの暖かさになっているので
着るものに困ります

さて、遅々として進まないグリちゃんの
「デイライト加工」の進捗状況のご報告っす
( ̄^ ̄)ゞ 相変わらずの鈍足で… ゴメン!


フォグランプベゼルに穴を穿って
接続基部を接着、開口部にパテで装飾を
施しました
加工の際の傷消しの為に表面の処理です
「ソフト99・うすづけパテ」を塗りたくり
ヤスリがけ→プラサフ吹き→パテ埋め→
ヤスリがけの地味な作業の連続 ( ̄O ̄;)"

プラサフやパテの硬化を待ってる間に
並行して次の作業もはじめます

ホームセンターで買ってきた「配電箱」?
おおよそクルマ遊びじゃ見かけないブツ…



エーモンさんのロッカスイッチを
取り付ける為に開口しちゃいます d(^_^o)


この箱には蓋がないので作っちゃいます
材料は今回のLEDユニットなどを製造する
のに使った低発泡ウレタン板です
中に配電関連を集約するので、極力
防水能力を高めるべく蓋には"フチ"を
付けようって魂胆、別パーツを切り出して
ライターで炙って曲げ加工しました
のっぺりとした表面じゃ寂しいので…
CDケースのアクリル板を切り出して
ちょっとしたアクセントも用意しました
イメージはジープなどに積んである予備の
燃料を入れるジェリ缶って感じ


先にスイッチ用の穴を開けた箱にも
気休め程度ですが"ヒサシ"を付けて
スイッチ部分に水がかかるのを予防しました

蓋の裏側には補強のパーツを加えて
ネジ止め用の穴をドリっておきます
こちらもこれからパテ埋めしてから
塗装する予定でございます

これから先も地味な作業が続きそう
他のみん友さんの整備手帳みたいな"華"が
ほぼ皆無な状態 ( ̄O ̄;)
明日は久しぶりに単独のお休みなので
冬場一度も洗車してなかったろくちゃんを
洗ってあげられれば…と思ってるのですが
イマイチ天候が怪しげな"雨男"の
しげさんの近況報告でございました。
Posted at 2017/04/16 22:56:31 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年04月11日 イイね!
"無限軌道"は漢の浪漫〜♫「花散らしの雨」でしょうか…
今日は一日中、ぐずついた空模様でした

昨夜、いきなり届いたニュース
フィギュアスケーターの浅田真央さんの
現役引退はちょっと驚かされました
来年に迫った「平昌オリンピック」に向け
真央さんの復活を期待していたファンも
多かったと思うので、選手生活にピリオドを
打つという彼女の決断は並大抵の想いでは
なかっただろうと思います
オリンピックと言う"晴れ舞台"での
記録は残せなかったけど、世界中の人々の
心の中に浅田真央は記憶としていつまでも
輝かしく残されていく事でしょうね

そんな大ニュースの陰に隠れるかのような
小さなコラムで見つけた記事が…


明日12日から開催されるニューヨークの
「オートショー」でお披露目されるクルマ
日産のエクストレイルの欧米輸出仕様車
「ローグ」に、な〜んと"無限軌道"を
装着したヘビーデューティな多機能車です
その名も「ローグトレイルウォーリアー」!

何かの冗談?と思わずにはいられない
その異様なスタイルにド肝を抜かれます

"究極の冒険クルマ"のキャッチコピーは
決して軍用や特殊な用途に特化して製作
されたモノではなく、一般のユーザーに
向けてセールスするようですぜ ( ̄O ̄;)"
あの都会的に洗練されたスタイルが
高評価だったエクストレイルのフロントに
ウィンチ、屋根にはルーフキャリアを装備
その正面に連装された前照灯もインパクト大
ですが、圧倒的な存在感を放っているのが
極太のタイヤ… ではなく"無限軌道"
(一般的な"キャタピラ"って商品名で
無限軌道が正式名称なんですよね〜)

家族でアドベンチャーを楽しむのが目的
らしいのですが、皆さんの最大の疑問?は
「一般公道を走ってイイの?」でしょう
まぁ、作った日産さんはいたって本気な
ようなので、その点はクリアしてると…
(快適なスポーツ走行を期待するのは
見るからに無理がありますよね)

おいら個人の想いなのかも知れませんが
"無限軌道は漢の浪漫!"ですよね〜♫

でも、普段の暮らしの中で"無限軌道"
なんて基本「働くクルマ」以外じゃ目にする
機会は滅多にないですよね〜



ちょっとばかり、その理屈について…
その名が示す通り無限軌道とは
"履帯"と呼ばれる1片づつの小さな
レールを数珠繋ぎにして次々と進行方向に
敷設しながら、その上を進む方法です


戦車などが最もイメージされます
どんな荒地でもお構いなしに重い車体を
動かすのに最適なわけです

その重量ゆえ舗装路などでは路面を傷めぬ
ようにゴムカバーを付けたりします
方向転換などは左右の駆動輪の回転数を
変えて行います、時には左右で前進と後進を
行い、その場で回転する"局地旋回"って
荒技が出来たりもしますが、あまり履帯に
負担をかけると外れてしまい修復が大変!

タイヤ交換とは訳が違います ( ̄O ̄;)

無限軌道を駆動方式にしているモノには

履帯だけで走行するモノの他に


ハーフトラックの様な"舵輪"と区別
しているモノもあります

大戦中にはオートバイにだって無限軌道を
組み込んだ車種もありましたよ
(ドイツのケッテンクラートでございます)



最近の流れとしては四輪駆動車に
オニギリ形状の無限軌道を組み込むのが
ポピュラーなようで↑ハイラックスサーフも

このような車種があちこちに見られるのは
やはり優秀な悪路走破能力の高さゆえです

最新のエクストリームスポーツの中に
「セグウェイ」風な無限軌道マシンまで
登場しているからビックリです
今回の「ローグトレイルウォーリアー」
近所のコンビニの駐車場に停まってたら
さぞかし違和感あるでしょうね〜 d(^_^o)



このシルエットを見てたら昔の映画を
思い出しましたよ

40年ほど前のB級SF映画で、核戦争後の
荒廃した世界ってベタな設定 (-_-;)"
軍が極秘裏に開発していた特殊車両
ランドマスター号に乗って生存者が北米大陸
を横断するって話、道中で異常気象や山賊
突然変異の人食い虫に襲われて大騒ぎ…
作品自体は大コケしちゃいましたが
劇中に登場したランドマスターがメッチャ
格好良くってねぇ o(^-^)o

今回のネタ"無限軌道"ではありませんが
巨大なタイヤが3本オニギリ形状に配置した
駆動輪が回転してどんな悪路もなんのその
水陸両用なんだもんね〜♫

このフォルムが現代の無限軌道車両と
似通っているのがご愛嬌でございます。
Posted at 2017/04/11 23:41:33 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年04月09日 イイね!
みよし野は右往左往の花見かな…d(^_^o) この週末はアチコチで絶好のお花見日和
だったのではないでしょうか… d(^_^o)

我が家の"お花見"は昨日、おいらの
帰宅を待ってのお出かけになりました


向かった先は、金沢のお花見スポットで
ド定番な「兼六園界隈」です

満開目前の兼六園は8日から恒例の
無料開放なので、観光客はもとより地元の
花見客も大挙して押し寄せ大賑わいでした

周辺でも様々なイベントも開催されていて
親子連れなども思い思いに楽しんでいますね







皆さんが「兼六園」のイメージといえば

霞が池を背景にした"徽軫(ことじ)灯籠"
が最もメジャーですよね〜♫
でも、霞が池の周りには桜が植わって
無いので人影はまばら…
まぁ、おかげでじっくり撮影出来ましたよ

霞が池から少し降った所にひっそりと
「噴水」があるのですが、これがタダモノ
じゃないんですよねぇ〜 d(^_^o)

約150年前に造られた日本最古の噴水で
もちろんモーターなどの動力じゃありません
先に紹介した霞が池から石管で水を引き
"サイフォンの原理"で池の水面の高さまで
噴水が吹き上がるって訳なんですね〜

ついでにもう一つ、兼六園トリビアを

園の奥まった所に「日本武尊像」があります
そのゆわれは「西南の役」の郷土戦没者の
慰霊碑で明治13年に建てられました
これは上野の西郷さん像より早い
日本最古の屋外建立の銅像なんですよね
戦時中の金属供出の難も免れ130年
5mほどの銅像なのですが、建立以降
一度も糞害を受けた事が無いのだそうです
長年に渡って謎だった"鳥が寄らない
日本武尊像"の秘密が近年になり解明され
ました!

この像が造られたのはお隣、富山県の
高岡市だそうで、当時の高岡銅器の鋳物職人が持てる技術を集めて造られたようです
しかし、その時代の鋳造技術では銅を
溶かすために"ヒ素"を用いており
日本武尊像の製造では大量の銅を溶かすべく
一般のものより5倍のヒ素を混合させた
ようです、この異種金属間では「電位差」が
生じ微量の電磁波が発生するらしいんですね
この電磁波を嫌ってハトなどの野鳥が
日本武尊像には近づかない原因なのだそうで
この事実を突き止めた金沢大学の教授は
後に「イグノーベル賞」を受賞してます

ちょっと長い脱線をしちゃいましたが…

兼六園から金沢城公園は花見客で
ごった返し ( ̄O ̄;)


おいら達も「花より団子」で茶店で買った
お花見団子をいただきながら、宵闇が迫り
ぼんぼりに明かりが灯り情緒ある風情


このお花見の時期には兼六園では
夜間もライトアップされて夜も観桜を
楽しめるのですが…
おいらとカミさんは次の目的地に向け
歩き始めます


室生犀星・泉鏡花・徳田秋声ゆかりの
文学の小道と称される「白鳥路」を通り抜け
東の茶屋街へと


大店の旦那衆が人目を忍んでお茶屋へ
通うために降って行った"くらがり坂"
この先には憧れの芸妓さん遊びの場
お茶屋さんが立ち並ぶ主計町と東の茶屋街

友禅流しで有名な"をんな川"浅野川も
昼と夜では趣きが一変します


今回のおいら達の御目当ては
「浅野川園遊会」の一環で開催される
越中八尾おわら踊り流しの観賞です

「越中八尾おわら風の盆」は三百年を
超える歴史ある地域芸能です、この継承に
多大な献身をしたのが、金沢の茶屋街で
芸妓たちの踊りを指南していた若柳流の
初代だったとの所以により、初春の茶屋街で
踊り流しが演じられるようになったのです


三線と太鼓に加え、胡弓が奏でるどこか
もの悲しげなおわら節の音に合わせた
"かかし踊り"の男衆


"四季踊り"の艶やかな女衆の演舞が
茶屋街に彩りを添えて実に幻想的な雰囲気


一般的な盆踊りの類いとは違い
所作に華が感じられるのは、やはり芸妓の
踊りに通じているからでしょうか

目抜き通りを流し終えてから
観客も加わり輪踊りが始まります

盆踊り大好きおばさんのカミさんも
いの一番に輪の中に加わり夢中で踊ってる…



夜の桜とおわら踊り流し、どちらも
妖艶さをたたえた美しさでした。

ちなみに、我が家の桜"よしの"ちゃん

まだポツポツの三分咲き程度ですねぇ。
Posted at 2017/04/09 21:28:41 | コメント(1) | トラックバック(0)
プロフィール
「幻想的な「越中八尾おわら踊り流し」を
観に東の茶屋街へ来ています。」
何シテル?   04/08 19:40
 不遇のパジェロJr”リンちゃん”から デイズのハイウェイスターに乗り換えたカミさんですが  おいらは相変わらず満身創痍のポンコチックな主力戦闘車 プレオ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
jusby ドアストライカーカバー&#160;  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 18:40:23
タワーバーで剛性UPしちゃおう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/10 21:49:23
カーボン調シート貼り 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/11 20:07:02
お友達
おいらの愛車はポンコチックなスバルのプレオと
カミさんの日産 デイズハイウェイスター Xで遊んでます

快適装備満載の今時のクルマと
ちょっと不具合もあるけど面白いクルマ
どちらもカワイイ我が家の一員ですよ
気軽に声かけて下さね~♪
27 人のお友達がいます
ksjetksjet * みちじゅうみちじゅう *
ティアナティアナ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
たけぢぃたけぢぃ * 紅い眼鏡紅い眼鏡
ファン
17 人のファンがいます
愛車一覧
スバル プレオ ろくちゃん (スバル プレオ)
不安になるほどの安値で購入 ほぼ一目惚れ状態なんで 多少のアバタもエクボに思えちゃいます ...
日産 デイズハイウェイスター グリフォン (日産 デイズハイウェイスター)
新たなカミさんの相棒として 様々な期待を一身に背負ってやって来ました♪ グレードは”X” ...
三菱 パジェロジュニア リンちゃん (三菱 パジェロジュニア)
大昔、パジェロに乗っていたカミさんの希望で 中古ですがリンクスを入手しました 主にカミさ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.