• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たっくん@DC2 specRのブログ一覧

2017年11月20日 イイね!

活動休止宣言

以前から悩み続けましたが、ついにサーキットを走る趣味を、活動休止にしようと思います。

つまりは、鈴鹿のライセンスを切るということです。

鈴鹿のライセンスを切ったからと言って、他のサーキットも走れなくなる訳ではありませんが、私にとって鈴鹿はずっと憧れてきた聖地です。学生時代から峠で腕を磨き、インテグラに乗り始めてすぐにミニサーキットを走り始め、いつかは鈴鹿を走りたい夢を描いていました。

別に鈴鹿だってお金を払えば誰だって走ることはできます。しかし単に走るのではなく、鈴鹿を攻略するだけのセッティング技術とドライビングテクニックを身に付けて臨みたいという目標を持っていました。そして自分の中である程度のレベルにまで達したのではないかと思い、2008年の4月に鈴鹿デビューをしました。

人生で初めて時速200kmを出した日。

S字でボディーがこんなにねじれるのかと驚きました。

同時にコースアウト≒廃車というリスクと隣り合わせになった日でもあります。


すぐに鈴鹿のライセンスを取得し、定期的に通うようになりました。

鈴鹿はミニサーキットでの低速域で旋回を高めるセッティングと異なり、高速で安定したコントロールができるセッティングが必要となりました。横Gがかかった状態でブレーキングをするとリアが流れやすいため、スピンやコースアウトをせずに上手くコントロールしてクリッピングポイントにつけるよう練習が必要でした。

そして自分がずっとコダワリ続けてきことは、タイヤを太くしてタイムアップを目指すのではなく、純正サイズの16インチのラジアルタイヤを使いこなし、サスペンションセッティングでタイムアップを目指す事でした。

一大イベントとしては、子供が産まれる前に最後の贅沢!?(笑)として結婚前に貯めてあったヘソクリを使い、予算100万円でショップにエンジンのオーバーホール(ギア比とデフの仕様変更含む)を依頼して、N1仕様に準拠したB18Cレース用エンジンを組んでもらいました。

鈴鹿専用としてセッティングをし、その後も鈴鹿を走ることを楽しんでいました。

しかし、DC2の年式が古くなっていき、あちこち不調や劣化が進んできましたが、次第に部品の供給も少なくなってきて、本気で走ってもしクラッシュしても修理ができるのだろうか!?できないことはないだろうが、時間がかかったり、ワンオフで高額になるのではないかという心配が出てきました。

鈴鹿でタイムアップを目指すのなら、ドラテクだけでなく、度胸と勇気も必要です。お金のこと、家族のこと、部品供給のことなどのリスクを考えると、全開で突っ込むことができなくなってしまいました。
さらには、平日休みの特権として鈴鹿を走ることができていましたが、次第に仕事も忙しくなり、鈴鹿の走行スケジュールに合わせて休みを取ることが難しくなりました。

「サーキットを走る趣味は十分楽しんだ。」そう思うようになり、2輪に手を出してしまい、その楽しさを覚えてしまいました。サーキットを周回してタイムを追及することはもう十分やってきたので、これからはバイクで行ったことのない様々な土地を訪れて見聞を広げたいと思うようになりました。、

そんな様々な事情から、一時的にサーキットを走ることを休止しようと思います。鈴鹿のライセンスを切っても、年会費を払えばまた再開できるし、いつでもスパ西浦には行けますし。

もちろんインテグラは維持します。今年はまだ1000km弱しか走っていませんが、これからもっと寒くなってきたら、バイクよりもインテグラに乗りたくなると信じています(笑)

現在は高性能な電子制御された車が出ていますが、90~2000年台の車には、今の時代では味わえない操作する楽しさがあると思います。だからインテグラを手放そうとは思いません。

ちょっと休憩するだけです。数年たったらまた走りたくなってウズウズするかもしれません。インテグラは私と共に人生を歩んできたので、これからも一緒です(*´▽`*)



Posted at 2017/11/20 00:38:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年09月04日 イイね!

カングーに高級エイルを!? & オイルのお話

最近、重整備はお店に任せてしまっていますが、簡単な整備は車もバイクも自分で行っています。
今回は自分が今まで経験してきたことから、オイルについて書いてみようと思います。

私のインテグラは14万キロ走行した時にオーバーホールをしました。ご縁があって、あまり一般では知られていませんが、プロ・アマ問わずに公式戦等に参戦されている方のメンテナンスを主に行っているエンジン専門(K-TECHさんのような)のお店でオーバーホールをして頂くことができました。

お店と言っても看板を出したり、一般ユーザーには宣伝をしていません。またエンジン単体での持ち込みです。

コンピーターのセッティングも、かつてCPUの魔術師と言われたA氏が関わってくれました。
東海地区では浜コン、CPUの魔術師といえば走り屋の間では有名でしたが、分かる人はもう少ないかなぁ(謎)

そのような方にオーバーホールをして頂いたため、メンテナンスについてもいろいろとご指南いただきました。

オイルも当初はニューテックを2種類ブレンドして使っていましたが、高価な上、サーキットを走るとオイル消費して補充が必要なため、多めにストックしておく必要がありました。

そこで、エステルベースのノンポリマーのオイルをチョイスするようになり、それを使っていました。
しかし、インテグラも乗らなくなってしまい、半年に一度程度オイル交換をするだけ。

20リットル缶で持っていますが、もうすでに2年半程経過してしまっているので、使わなければ勿体ない。そこでカングーに入れました。



上の缶はマジェスティとカングー入れている安物です(笑)
結局のところ、高級オイルをカングーに入れた所で、何が変わったのか分かりません(^^;)

よくフィーリングが変わると言われますが、自分は体感できたことはありません・・・

オイルについてネットで調べると3000キロ交換だとか、油温が1○○℃を超えると油膜切れを起こしてナンチャラとかいろいろ書かれています。

実際のところはどうなんでしょう!?

自分はオーバーホールするまでは、とりあえず100%合成油を特に銘柄にこだわりなく使用していました。サーキットをガンガン走っていた頃は、油温は130~140℃まで上がっていたし、オイル消費が激しかったため、トータルで1リットル追加補充した時にオイル交換することにしていました。1リットルの追加補充に要する期間は、サーキットの全開走行して正味2時間程です。フリー走行なら、4回くらいです。

レースは大体2時間なので、全開走行2時間は問題なくオイルが持つとお店の方から言われたたため、それを目安に交換するようにしていました。また耐久レースでは4時間とかオイル交換せずに走り続けますからね。

そのようなシビアコンディションで走っていながら、14万キロまでノートラブル。オーバーホールした際もシリンダー内のホーニングは必要なく、圧縮を上げるためにヘッド面研のみ実施。ピストンもノーマルサイズを使用しています。

オイル交換はメーカー推奨の交換時期ではエンジンが傷むというイメージが強いですが、そもそもオイルの成分そのものが原因でエンジンにダメージを与えるということは少ないと思います。

自分が経験したり、周囲で起きたエンジン等をダメにした事例として


①B型エンジンはオイル消費が激しいため、減っていることに気づかず走り続けると、コーナリング時にオイルが吸えなくなってエンジンが焼き付く。


②シフトミスによりオーバーレブして数字のない所までメーターが回ってしまう。これが最もエンジンにダメージを与えると思います。慎重にシフトダウンしましょう。またレースやタイムアタックなどのここイッパツというときに、レブリミットに当てて走ってしまうことがありますが、B型エンジンは9000回転以上回すとピストンが微振動するらしく、シリンダー内を傷つけて圧縮低下を招く恐れがあるそうです。コンピューターチューンだけでレブを上げるのは注意が必要です。


③オイルの入れすぎ。サーキットを走る時は少し多めが良いと言われますが、オイルを入れすぎるとコーナリング中に白煙を吹きます。またフリクションロスにもなってパワーダウンしてエンジンにも負担をかけます。オイルの適切な量の測り方は、エンジンをある程度回した後にゲージの目盛りを読むのが正しいです。


④ガソリンが少ない。高速コーナーでタンク内でガソリンが寄ってしまうと燃料ポンプがエアーを吸ってしまい、ガス欠症状が発生します。ポンプはガソリンを使った油冷式なので、頻繁に繰り返すと焼き付いてしまいます。安全タンクを使わないレース車両は、タンク内に仕切りを造設したり、スポンジを入れて対策をしているそうです。少しでも軽くするためにとガソリン少な目で走ると、ダメージを与えてしまいます。


⑤サンドイッチブロックの緩み。これも要注意です。油温・油圧計のセンサー取り付けのために、オイルフィルターとの間にサンドイッチブロックを挟みますが、この取り付けねじが緩むとオイル漏れもそうですが、その状態で全開走行すると油圧低下によりエンジンが焼き付きますので注意が必要です。定期的な増し締めを。


と、いろいろありましたね。私は専門家ではないので間違っている部分もあるかもしれませんが、これらの点と、特にオイル量に注意していれば壊れることはないと思います。実際自分がそうでしたので!(^^)! オイルを気にされる方は、定期的に交換しますから、何万キロも交換しなくてヘドロのようになるなんてことはあり得ませんしね。

ちなみにバイクはエンジンオイルがミッションの潤滑も兼ねているので、交換するとミッションの入りがよくなってフィーリングの変化が体感できます♪
Posted at 2017/09/05 00:11:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | メカニック | クルマ
2017年09月04日 イイね!

サーキットは走らないけど。

トレーサーを購入してから始めた中部地区の道の駅スタンプラリー。伊豆半島を除いて静岡県内の道の駅はほとんど制覇しました。



富士山周辺を走った時に寄った富士スピードウェイ。

嫁さんにバイクでサーキットを走るのは絶対にやめとくれと言われています・・・走る気はないですが。職場でも「バイクは危ないからやめな」と口を揃えて言われます(-_-)



4月だったかな!?嫁さんとインテグラで山梨に寄った時に撮った写真。



バイクでは朝晩の走行が寒くなってきました。
もう少し寒くなったら、インテグラの出番かな(^^)

Posted at 2017/09/04 02:05:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年08月07日 イイね!

風を切って

車齢が間もなく20年となるインテグラ、あちこち部品の消耗が進んで維持費がかかるようになってきました。部品の供給も徐々に終了しており、サーキットを走るにしても、高速代、ガソリン代、タイヤ代、油脂類の交換とけっこうな出費となります。

これ以上タイムアップを望むセッティングは経済的にも厳しく、もう十分サーキット走行をしたという達成感に満ちており、これからは街乗りメインで保存していくことに決めました。来年の鈴鹿の会員更新をどうしようか悩んでおります・・・

しかしインテグラでドライブをするにしても、段差NGで行ける場所は限られます。そこでバイクを増車してしまいました。



ヤマハMT-09トレーサー 845ccの大型バイクです。ツーリングを主としたスポーツツアラーで、荷物の積載性やウインドプロテクションに優れています。

しかしヨーロッパ市場に向けて開発され車両のため、シート高が845mmと高く、足つきが悪いです(+_+) 購入時に15mmローダウンしてもらいましたので、何とかつま先はつきますが、神経を使います。

車重は210㎏で最高出力が116馬力なので、GT-Rよりも速いです(笑) 最初はロケットのような加速でアクセルを開けることができませんでしたが、慣れというものは怖いもので、今では「うん、速いね」という感覚になってきました(爆)







伊豆に行ったり、長野に行ったりとあちこち旅をして楽しんでいます。車のように道の幅や対向車を気にせずスイスイ走れるし、とにかく「もう少し加速して」とか「遅い」という概念から完全に離脱することができてストレスなく走れるのがいいですね。



そして、新たな趣味として、ツーリングをしながら中部圏の道の駅を全制覇することを始めました。中部圏には道の駅が120か所ほどありますので、2年くらいで制覇できたらいいな♪
Posted at 2017/08/07 16:11:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月17日 イイね!

より速く、より遠くへ②

前回のつづき

みんカラでいろいろな場所へドライブに行かれ、車のある風景を撮影されている方がいらっしゃいます。そんな方々のブログを拝見し、「近場にこんな隠れたスポットがあったんだ!!自分も行ってみよう」となり、新しい発見をさせて頂いています。

そして、同じ場所を周回してタイムを追及するよりも、これからはコースから外に出て、いろいろな場所に行ってみたいという想いが日に日に強くなってきました。

インテグラは鈴鹿を走ることに焦点を絞って今までセッティングをしてきましたが、ある意味自分の中では最終形態にまで至ったという達成感を得ています。

まだまだタイムアップのためにできることは残っていますが、それに費やす作業時間や、部品供給の面に制約がある中で、そこまでしてタイムを追及したいという意欲が次第に湧かなくなってきています・・・

しかしコツコツと仕上げてきた車なので、これからも大切にしていきます。ただ、ドライブをするとしてもストリートビューで事前に段差の有無をチェックする必要があり(笑)、どこへでも気軽に行けるという訳にはいはいかず、舗装された平坦な道しか走ることができません。そのため、バイクに乗る機会が増えました。

マジェスティはビッグスクーターでありながら、メーカーのサイトでは「上質なスポーツセダンのような・・・」と謳われており、コーナリングなどは非常に安定感があってスポーティーでありながら、傘も入ってしまう荷物スペースが確保されていて、普段使いにもツーリングにも使える万能なバイクで、非常に気に入っております。ただ、200㎏近い車体に250ccのエンジンなので、走りはモッサリしているし、高速道路ではメーター振り切りそうな状態で軽自動車並みの加速と最高速です。

また、自分はマイカーとしてルノーのカングーとインテグラの2台を所有していますが、カングーはそれこそ家族が快適に移動するための車で、全く速くありませんが日本車にはない特徴が多くて気に入っており、これからも大切にして乗りつぶすつもりでいます。

一方、インテグラは普段乗りには難がありますが、準競技車両としてスポーツ走行に完全特化させた仕様なので、カングーにはない部分を補ってくれてこの2台でバランスが取れています(笑)

確かにマジェスティは便利ですが、位置づけとしたらカングーです。インテグラの部分を補ってくれる何かがあれば? ? ?













?














??



















???



































2児の父親がこんなことをしてしまってスミマセンm(__)m





バイクを増車してしまいました(+_+) 

先月は誕生日だったのですが、嫁さんから「誕生日に何か欲しいものはある!?」と聞かれたので、「バイクを買う許可が欲しい」と言ってみました(笑) 


これからは、より速く、より遠くへツーリングを楽しめたらと思います。もちろん安全運転で♪
Posted at 2017/06/17 01:47:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

穏やかな性格で、マイペースに趣味を楽しんでいますが、 かなりマニアック路線です。 やっていることと乗っている車は、性格と真逆であると 周りから言われま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

いろいろ情報交換してください(^o^)

お友達のブログ更新を楽しみにしており、更新時には必ず訪問させていただいております。ただ携帯からの閲覧が多く、足跡残してコメント残さずが多いですが、ご勘弁くださいm(_ _)m
58 人のお友達がいます
《 ジャック 》《 ジャック 》 * h<O>th<O>t
TEC-DB8TEC-DB8 10969@ブラウンGP☆でぃしぃつー10969@ブラウンGP☆でぃしぃつー
モリスケモリスケ はらぺこであ~るはらぺこであ~る

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ INTEGRA DC2 98spec (ホンダ インテグラ)
移動手段ではなく、「操作する」ことを楽しむ。 スポーツカーではなく、準競技車両である(笑 ...
ルノー カングー KanGoo (ルノー カングー)
初の新車です。 マイナーチェンジ後のMT車 色はブルーアルジョン のんびり走ってカーライ ...
ヤマハ マジェステイ4d9 ヤマハ マジェステイ4d9
家族が増えて増車を考えた時、軽自動車を選択するよりも、趣味も兼ねて二輪車に乗ってみたくな ...
ヤマハ MT-09 TRACER ヤマハ MT-09 TRACER
2017年式 MT-09トレーサー チビのくせにトレーサーに憧れ、15ミリローダウンして ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる