• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

RX-Rspec03のブログ一覧

2017年06月23日 イイね!

鉄馬で競馬。










と言えば、












オートレースになるとの解釈でよろしいのかな?




コース専用マシンが早いのは当たり前だけど、







モタード速えぇ~~!!!!!!











んで、本州最北の地は花札やポーカーに10円20円賭けるのが当たり前になっており、修学旅行中に新幹線の中で銅貨を積み重ねながら花札やってたら鉄道警察隊に連行されたとか、賭博から生まれたゴニンカンというカードゲームが御当地風物詩として今も受け継がれていたり、全国でも有数の博打好き文化なのですが、




オートレース場はもちろんのこと、競馬場もボートレース場もございません。






競輪場はあるな。



我が家の割と近くにw








ただ、地元人でも知らない人が多いんだけど、かつてはこの地に競馬場があったんですわ。

















これは閉鎖された直後くらいに撮影された航空写真かな?



戦前と戦後の極僅かな期間しか営業してなかったので知名度が低いのも無理ないです。







現在はどうなってるかと申しますと、よくある話ですが住宅地になってました。






でも、そういう場合って更地にして造成して・・・、




となるから、コースの痕跡は跡形も残ってない、





のが普通ですが、













地図を見るとオーバルコースがそのまま公道として使われており、それに沿って住宅が立ち並んでる?







なんだかイメージが浮かんでこない。



こりゃ行ってみねばなるまいて。











競馬場へ行くんですから、













鉄馬CBX125Fで行くのがマナーだよね。











と、意味のない基準を持ち出しながら現着しました。



ここはメインストレートのエンドあたりになるのか?



確かにそれらしく回り込んでるコーナーが行く手にあります。













そのコーナーを立ち上がるとバックストレートが伸びてます。


ホントにコースをそのまま残して土地を分筆したんだな。



たった2、3年で閉鎖に追い込まれた運営側の意地だったんかいね?













しかし、コースがすべて残っているわけではありません。


もう一方のコーナーは小学校が建てられ無くなってました。









そこから少し進むとコースに戻ってメインストレートへ繋がります。





この青森競馬場が存在していたのは昔あった松木屋というデパートの最上階と立体駐車場を繋ぐ連絡橋に昭和30年代撮影の市内航空写真がパネルで展示されており、それで知りました。




競馬には関心が無いし、この施設も当然リアルタイムで接した事は無いんだけど、昭和時代の痕跡を探して思いを馳せるってのが好きなので何時か来てみたいと思いながら20年以上の月日が経ってたんス。







こんな感じの近代史巡りはまだまだネタがあるので、機会があったらまたやってみたいです。











ちなみに、この時利用したYahoo!ナビ付属の運転診断は、











やっぱりコーナーリングが高評価(^^♪





Posted at 2017/06/23 21:47:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | 二輪話 | 日記
2017年06月16日 イイね!

穏やかな心。







近頃は年齢と共に「刺激」とか「コク」とか「濃厚」よりも、




すっかり「やさしい」、「マイルド」、「薄塩」など攻撃性の少ない味を好むようになってたのですが、













タマに何かの拍子に舌が童心返りしたりなんかして、こんなのをグイッっとやりたくなりまして。












ふとラベルを見ると、こんな特典が付いておりました。



まあ絵面から内容は大体察しが付いたのですが、




貧乏人の悲しい性で「特典は利用しないと損」が発動してしまいます(^^ゞ










ああ、予想通り昔話をブラック化。


小学生なら大爆笑なんだろうなー。













中年は世の中に揉まれて心がすっかり疲れてしまってるから、もっとこう優しい物を求めてしまうんよ。












ってなわけで古本屋から見つけて来た癒しの一冊。












コトノバドライブ








以前のブログで「カブ」という題名にすっかり騙されてしまった
と申し上げたのと同じ著者の作品ですが、







今回はドライブと言いながら、

















主人公はライドしちゃってます。





今回はイイ方に裏切られたのかな?(笑)





これはダックス・ホンダだね。



初期の6V車か?



まさか70ccの方じゃないよね。








ほんで、同氏の作品はもれなくマッタリが持ち味なので、













仕事帰りにダックスでコンビニに立ち寄りマックスコーヒー(作中ではマキシマムコーヒー)をクイっとやる、



なんて和むシーンが第一話に盛り込まれてます。







分かるな~、その瞬間の気持ちよさ。








イイよね、ダックスとかモンキーカブみたいな穏やかな単車でトロっと流しての一杯。












でも、オイラは、













VFRとか、













CBX125Fみたいなトンがったマシンに乗ってるからか、仕事帰りに立ち寄るのはコンビニではなく、













メカ・オタクが好む店で、





缶コーヒーではなく、












500ml缶のPOR-15とか、












GM-8300(ジーナス)を買ってしまうんですなー。













んでも今回使うのは、













トンがってるZではなく、















SUVとしてはマイルドなクロスオーバーKeiだったり。
















しかし、ホイールアーチの後端には穏やかではない事情が・・・。











塩カル、




いや、白悪魔!


許すまじ!





これは助手席側ですが、












運転席側はもっと破滅的な破孔が・・・。















車検の入庫予定まで二週間ほど。






これ、何とかなるのか?









オイラ、もっと穏やかな人生を送りたいのに・・・(TwT)

























Posted at 2017/06/16 21:46:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | 二輪話 | 日記
2017年06月09日 イイね!

微妙な道具。







「この役立たず!」








仕事とかでこんなこと言われたら凹むよね。






オイラ、人生の中で何回そんなバッシングされたかなぁ~?








でもさ、一見価値が無いように思える存在って案外どこかで誰かを元気付けてたりするんだ。





















どうだい?


なんかホッコリするだろ?

















そう、合理的、理想的、効率的ばかり追求するマシンな人間やってたら幸せになんかならないぜ。



















さて、本日のお題に該当するとは思いたくないんだけど、こんな物を入手いたしました。


















一見では何なのか分からないと思いますが、

















なんてこたぁない、ドライバーです。

















全部で7特+1ってとこかな?




よくあるマルチ・ドライバーってビットをいちいち付け替えなきゃならないんですが、コイツはただ起こすだけなので煩わしさが半分以下。














んで、最大の特徴はLEDマグライトが付属してるってとこ。



作業スポットを直接照らせるってぇ優れモンだ。













実はZのキャブ調整の時にエアスクリューが陰になってて見難いんですわ。


マグライトで照らそうにもドライバーの影が映ってしまって肝心な所に光が当たらなかったり。




でも、ドライバー自体に照明が付いていれば問題解決!















ありゃ~、ドライバーの長さがギリギリだ。


柄がブッ太いから作業性は微妙~。












でも今までよりはエアスクリューが回しやすくなった。


コイツをグローブボックスに入れとけば何かと役に立つんじゃないかな。














そして、




「クルマは室内が広いハイトワゴンにに限るぜ。ミニバン最高~!狭いセダンなんかに乗ってるヤツの気が知れねぇ~」


という世の中にあって、










無駄な存在でしかないとされるスペシャリティーカーのホンダZが歓迎される年に一度の祭典からご招待が届きました。















クラシックカークラブ青森ミーティングinこみせ2017



今年は7月16日(日)の開催です。



例年通りam10:00~pm3:00。


pm2:00くらいからはパレード。




前日はツーリングと前夜祭、ってのもいつも通り。









私の方は例の事情で出場が微妙なんですが、行けるように頑張ります!!!






Posted at 2017/06/09 21:24:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ホンダZ話 | 日記
2017年06月02日 イイね!

甘い爆音。




















「ぶんぶん💛」って、


ニンジャがお気軽単車に見えてしまう。





これはちぱるさんがカワイイから(^^♪


ではなく、全くビビる様子も見せず堂々と跨ってるから。





こりゃトップガントムクルーズもビックリ!?






そうりゃそうです。

オーナーさんなんですから。














他にもMP5型ミゼットも所有されてたりカウンタック乗りこなしちゃってたり小型船舶免許持ってたり、その辺の野郎どもが束になってかかっても返り討ちにされること請け合い。




惹かれるな~、カワイイだけじゃない女性って♡

















その一方で、先日とあるレーシング・ホンダZのチューナーさんパンパン菓子なるものを紹介されてたのですが、






その地方や時代によって呼び名が変わるのか、オイラはソレをポン菓子って名前と認識してました。









いずれにしても可愛らしい破裂音のネーミングなので昭和時代の懐かしさも手伝い"和みのスイーツ"、









と思いきや、




















製造工程は予想外に破壊技だったりします。




その名もバクダン







でも、出来上がったものはマイルドに甘くて美味しい♪







ねぇ、世界各国の戦争やら紛争もせめてコイツでやってくんねぇかなー。


白黒つけて焼け野原と屍じゃなくポン菓子が一面に広がってたら皆で食えて最高じゃん。













ほんでもって、コイツも爆音の名を頂きながら割と癒しの存在です。



















スズキ・バンバン



この個体は1970年代前半のモデルですが、何気にバンバンって200ccになってるけど今も生産が続けられてる現行車種なんですよねー。



ホンダ・モンキーさえ生産終了する世知辛い世の中にあって凄いよ。











で、トヨタbBの純正色に塗装し配線を繋ぎ直したらヘッドライトもウィンカーも点かなくなっちゃったってんで隣のバイク屋さんとこへ入庫してきたんですわ。



でもチェックした限りではどこにも繋ぎ間違いは無いんだよねー。







ん~、まさか原因は初歩の中の初歩なアレ?












ブハハハハハ、球が軒並み切れてやんの!



溶接したかバッテリー接続したかした時にショートさせちゃったんじゃないの?



んじゃ球を新品に換えて解決、



とならないのが旧車。




なんと6ボルト車なんですよ。



なのでその辺のホムセンやカーショップで簡単に手に入る球じゃないんですなー。












というわけで、唯一断線を発見したテールランプの配線をギボシ端子で接続し直して本日の作業は終了。




6Vのバルブってバイク用品店が無いド田舎じゃ、どこ行けば手に入るんだろうね?













さて、








簡単そうで案外ややこしかったKeiのシートヒーター&ベルト配線補修をアップしました。



今回も微妙レベルですのでツッコミはご自由に。









この記事は、おっちゃん パンクして無ぇで。について書いています。
Posted at 2017/06/02 22:15:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 二輪話 | 日記
2017年05月26日 イイね!

超マシン。














超音速マッハ1.5の速力を誇るスーパーヘリ、エアウルフ













AIコンピューターKITTによる全制御システム搭載のナイト2000









1980年代、多くの中・高生が目を輝かせながらブラウン管へ釘付けさせられたスーパーマシンの物語。







中年となった現代でも精密模型やレプリカで夢を追い続けている方々が世界各地で健在なようだが、












そのコンセプトを引き継いで制作された単車のドラマを懐かしむ人々はどれくらい居るだろうか?

















ストリートホーク



白バイ警官のジェシー・マークは親友の同僚と偶然麻薬組織の取引現場を目撃したために追われ重傷を負い親友は殺害されてしまう。

その後、特殊機関のエンジニアにライテクを買われ、新たに開発されたスーパーマシン・ストリートホークのライダーとして任務に就くことになる。




そのストリートホークは、



最高速度・480km/h

全自動高速走行システム・ハイパースラスト

レーザーキヤノン、ゴム弾、機銃、ロケットランチャー、赤外線カメラ、エアブレーキ、


そしてエアーヴァーティカル・リフトによりジャンプや空中ホバリングが可能。




ベースになってるのはホンダXR500のようですが、アクションシーンはCR250になってるとか。






なかなかに夢のバイクしてて設定としては完璧と思うんですが、残念ながらエアウルフやナイトライダーほどの人気は得られず13話で打ち切りとなりました。










やっぱバイクって元々が桁外れの起動性能を持ってるからストリートホークのような非現実的性能のモノを見せられてもピンと来ないのかもね。





















だって隣のバイク屋さんとこにあるカワサキGPZ1000RXからして十分スーパーマシンしてるもん。













コイツに全開くれてやるなんざ絶対できないからね。




人間が100%コントロール下に置ける単車の限界は125ccまでなんだってさ。




レーシングライダーでリッターマシンを駆ってる人が口を揃えて言うには「全開走行は運任せ」だとか。

それを見越して走らせるのがプロって事なのかね?
















そんなスーパーマシンでもトラブルは普通に起こります。


この度はクラッチが切れなくなってしまいました。


エアを噛んでしまったんでしょうが、ラインからオイルが漏れてるのか?


とりあえずエア抜きして無事路上復帰。













その勢いでリトルCBXもブレーキオイルの交換という流れに。











リザーブタンクを開けたら、



うわっ!



弩汚ねぇ!













そう言えばコイツを買ってすぐにオイル交換して以来全然見てなかったもんなぁ。



パーツクリーナーで奇麗にして、











隣のバイク屋さんからワコーズのDOT4を頂いてエア抜き。


おお、ブレーキフィーリングが劇的に良くなった(^^♪












オイラのライテクだとコイツだって操り切れるかどうか怪しいから、せめてメンテはキッチリやらなきゃな~。




さて、GW中に互換性見つけた♪とか言って喜んでた、










タコメーターのケーブル探しをアップしました。




微妙ですので適当に見流してください。




Posted at 2017/05/26 22:54:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「「ひよっこ」の旧車ラッシュ、時代考証にこだわってて楽しんでたんだけど、ここへ来てどうしてコイツが・・・。
昭和40年ではたとえ初代B20型だったとしてもタイムスリップなSFとなってしまうのです。
まあ映画・零戦燃ゆの中で堂々と走り回り爆破された過去があるから、実績が買われた?」
何シテル?   05/17 13:35
長い事ヴィヴィオRX-Rに乗ってましたが、この度19年間に渡る蜜月を終了いたしました。 これからは昭和48年式ホンダZ、昭和60登録ホンダCBX125F、昭和...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ろくのへ桜祭り・クラシックカーミーティング♪ ~その2~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/14 00:50:24
初物。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/22 20:31:25
RX-Rモータリング 
カテゴリ:ヴィヴィオ関連
2006/09/03 19:32:38
 

お友達

コメントのやり取りを全くした事がなかったり、当方のジャンルと全く接点が無いのに突然の登録願いはご勘弁願います。
特に数稼ぎの方はお断り。
55 人のお友達がいます
ダッツンサニーダッツンサニー JR120XEJR120XE
16輪生活16輪生活 どくりんごどくりんご
kikkorokikkoro YellowBirdYellowBird

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ Z360 ホンダ Z360
まだ二十歳前だった頃、憧れだけで手に入れ持て余し一年足らずで手放してしまったZ。 二十年 ...
ホンダ VFR400R ホンダ VFR400R
色々な車両の身請け話があった2013年。 保身のために全て見送っていたのに、なぜか一番身 ...
ホンダ CBX125F ホンダ CBX125F
はっきり言って当初はCBXなんて全く眼中に無かったです(全くの偏見ですが、ヤン車というイ ...
スズキ Kei スズキ Kei
友人と雑談してたら突然身請け話が纏まって当ガレージへとやってきたSUV。 ヴィヴィオと ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.