• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

touge-mtbのブログ一覧

2017年08月14日 イイね!

乗鞍岳ドライブ&登山の巻

乗鞍岳ドライブ&登山の巻前回の東尋坊へのドライブに続いて嫁さんと乗鞍岳へ行ったドライブ&登山の様子をお伝えします。
登山の様子の詳細は私のもう一つのブログ「峠&林道探索」で紹介していますので気になる方はこちらをご覧くださいね。





午前5:30自宅出発。
前日の天気予報では天気は快晴だったはずですが天候は見ての通り厚い雲に覆われています。






東海北陸道に入っても依然曇り空です。



そんな東海北陸道でのとある出来事が・・・


それは下の画像をご覧ください・・・





こちらです、覆面パトカーに連行されるプリウスさん・・(走行車線プリウスの前方の車が覆面)

数ヶ月前の悪夢がよみがえります・・・

私は前回の出来事から今まで以上にクラウンには反応しちゃいます。
そんな中、インターから合流してくる黒いクラウンを発見、注意して観察してみるとやはり
ビンゴでした。
リヤウインドーにはスモークフィルムが貼られており、昔みたいな8ナンバーなんてわかりやすい
ナンバーではありません。
判断の仕方は追い越しざまに車内の人物を見るしかありません。
覆面パトカーであれば必ずヘルメットをかぶった高速隊員が乗っているのですぐ解ります。

なのですぐに走行車線に車線変更して80~90km/hで走行していました。
その後追い越し車線をプリウスとハリヤーが確実に100km/h超えの速度で抜いていきました。

その後間髪入れずに後方走っていたクラウンが追走していきます。
ハリヤーは背後のクラウンのただならぬ気配に気がついたのかすぐに走行車線に車線変更
していましたが、プリウスはそのままの速度で走行を続けておりその数秒後にクラウンの
ルーフから「パッカーン」と言わんばかりに回転灯が出ていました。

気の毒ですね、プリウスさん。私みたいに帰りの道中ならまだしもこんな早朝にやられちゃうとは、
もし遊びに出かける道中だとしたらその後、楽しめたかな~?なんて心配しちゃいます。








ひるがの高原のSAでトイレ休憩。さすがにここまで来ると涼しいですね。







SAからの山の景色。
天気もだいぶ良くなってきました。






その後のは天気は回復して青空も見えてきました。
正面の山にはまだ低い雲掛かっていますね。
あの山の山頂からは雲海が見えるのかな~。






飛騨清見インターを下ります。






国道158号線で朴ノ木平スキー場に到着。
ここからシャトルバスに乗り換えて乗鞍スカイラインで標高2702mの畳平へ乗せていって
もらいます。
以前はマイカーでも行けましたが今は規制されておりバスかタクシーでしか乗り入れ出来ない
のです。(自転車はOK)







駐車場で着替えなどの登山の準備をします。







シャトルバス乗り場でチケット購入。
看板には天候 晴れ 気温11℃ 視界良好 と書かれており非常に楽しみです。






定刻通りバスは出発します。







この先から乗鞍スカイラインに入っていきます。







途中、何台もの自転車を追い抜いて行きました。
この乗鞍スカイラインは自転車のヒルクライムレースも行われるルートだからか自転車の方が
非常に多いようです。








標高が上がってくると周りの景色も綺麗に見渡せます。






夏空に深緑の山、夏山の雰囲気ばっちりで楽しみです。







またもや自転車の人たち。
凄い荷物を積んでいたのでツーリングの様でした。
この登りは大変でしょうが楽しそうでしたよ。






ルートは完全に森林限界を超えた様です。






畳平に到着。
さすがに標高2702m 非常に涼しいです。
日陰は寒いくらいです。







ここからの登山ルートを確認します。


登山の様子の詳細はもう一つの私のブログにアップ中なのでこちらは簡単に紹介します。






まずはこの正面に見える標高2817m富士見岳へ向かいます。







富士見岳への登り途中から畳平のバスターミナルを見下ろせます。







登り途中、雲がどんどん迫ってきました。
本来であれば私の大好きな北アルプスの山々が見えるはずなのですが・・






で、富士見岳登頂した頃には周りはすっかり雲の中、残念!






その後乗鞍岳の最高点の剣が峰を目指して進みます。






眼下には雄大な緑広がる大自然が見渡せます。






そんな中に、雪渓もあります。






その雪渓の上に人の姿が見えます。
雪山登山の練習でもしているのかな?






よ~く見たら、スキーしている人たちでした。
8月に自然の中でスキーなんて凄いですね。






その後剣が峰への本格的な登山道へ入っていきます。





こんな天気ですが登山者は多く時折登山道が渋滞することもありました。







ひたすら雲の中を登り続け・・・







標高3026m 乗鞍岳剣ヶ峰に登頂。
やっぱり雲の中でした・・・残念!





下山も雲の中・・






畳平に戻ってみると朝は晴れていたバスターミナルも完全に雲に飲まれてました~。







シャトルバスで車のおいてある朴の木平まで乗せていってもらいます。
ちなみにこのバス、朝と同じ車両で同じ運転手さんでした。







朝は晴れていた乗鞍スカイラインも中腹まで雲の中でした。
やっぱり山の天気ってのはあっという間に変わってしまうのですね。





雲の中の景色、これはこれで神秘的ですね。







やっと雲の中から抜け出しました。






向かい側の山の斜面。雲のラインがはっきり見えますね。







かなりの濃霧でちょっと心配しましたが無事朴ノ木平スキー場の駐車場に戻ってきました。
濃飛バスさんお世話になりました。






その後は、嫁さんと私の本日のメインイベント「ひらゆの森」って温泉施設に到着。








ここは私が北アルプス登山の帰りに必ず立ち寄る温泉です。
露天風呂も充実しており硫黄臭のやや強いお湯はいかにも温泉って感じがして非常に好きな
温泉なのです。






湯上がりにはひらゆの森から車で数分の所にあるお食事所「あんき屋」さんで晩飯にします。






ここの飛騨牛鉄板焼き定食がとっても美味しいのです。
本当はここでビールをグイッといきたい所ですが嫁さんが許してくれませんでした。
登頂したら雲の中だった山頂と同じくらいざんねんな感じでした(笑)


終わり



Posted at 2017/08/14 21:54:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月09日 イイね!

ジムニーアクシデント盛りだくさんなパーツ取り付けの巻き

ジムニーアクシデント盛りだくさんなパーツ取り付けの巻き先日に引き続き私のガレージライフってやつの紹介をしますね~。
前回のブログでちょこっと予告していた友人K氏のジムニーへの
パーツ取り付けです。




取り付けるパーツは、ブースト計、水温、油温、油圧の3連メーター、ブローオフバルブ、
ステンレスインテークパイプ、シリコンラジエターホース上下、レーダー探知機、クラッチスイッチカットリレー。

書くとこんなもんですが、段ボール箱二箱に入ったパーツです~。(メーター類は除く)
その箱のパーツ見た私は「三日ちょうだい~!」なんて冗談を飛ばしますが、内心は
「今日中に終わるのかな・・・・」なんて不安が頭をよぎってました(笑)

で、やることいっぱいだった為あまり写真撮ってません。よってそれぞれのパーツ取り付けの
詳細はありません。
なのでとってもブログ的にはテキトーな感じですが、あつ~いガレージの中で熱中症寸前状態の
2人の作業はアクシデント多発である意味面白い内容かも・・・(笑)

ってことで興味ある方は暇つぶし程度でご覧くださいね。





まずはMyガレージにジムニーを入庫させます。
リフトアップに社外ホイール装着しているジムニーは軽とは思えないサイズ感ありますね。

今日は朝から上天気なので昨日のような涼しさはありません。
多少の風があるのがせめてもの救いですが・・・







ノーマルな状態。

はじめに追加メーターを取り付けます。






まずはエンジンルーム内に油圧、油温、水温、ブーストの各センサーを取り付けます。
水温センサーはシリコンラジエターホースに交換がてらの取り付けです。






ここで問題発生。
油温と油圧センサーを取り付ける為のサンドイッチブロックのセンターのボルトを締める工具
がありません。モンキーレンチでどうにか締めましたが規定のトルクは掛かってなさそう・・
私もロドに取り付けていますがどうやって締めたんだったかな?モンキーだったかな?
悩んだあげく、自分の車ならまだしもマニアックな林道好きの友人K氏の車です、緩んだりしたら
って事考えるとちゃんと締めなければと思い工具を購入しに行きつけのホームセンター
まで車を走らせました。






で、購入してきました。27MMのロングソケットです。
ここ以外ではあまり出番のなさそうなソケットですが気前の良い友人F氏が購入してくれて
我がガレージに寄付してくれました。「ありがとうございました~」m(_ _)m

これで、しっかり締め付け出来、安心してマニアック林道をかっ飛ばせますね(笑)







ラジエターアッパーホースに水温センサー取り付け。







ブローオフバルブは友人K氏が滝の様に汗かいて取り付けしてました。




インテークパイプも綺麗に光るステンのパイプに交換。良い感じになりました、が・・・・
後にこのパイプが原因であんなことになるとは・・・・・(怖・・・)





その後センサーの配線類を車内に引き込んでメーター電源と合わせて結線完了し、
レーダー探知機の電源(友人作業)、クラッチカットスイッチリレーも取り付けもします。

最後にメーター本体を車両に無事取り付け完了しました。
(メーターへの結線も色々ありましたが写真も無いので割愛します)



エンジン始動させて各メーターの作動点検します。



まずブースト計、OKです。





次に3連メーター。
油圧、油温、水温、すべて問題なし!
と、満足していたところ友人K氏から素朴な疑問が出ました。
「このメーターどっちが水温?」

その質問に一瞬固まります。
メーターにはTEMPと表記されたメーターが2つありますが水温、油温の区別なし。
各センサーの配線カプラーはピンクと赤色だったのは覚えあるのですがそれをどっちに付けたか
全く記憶に無いのです。

それで経験上「センサー位置の関係で油温計針の方が水温より動きはじめが早いので
それで判断してみて」ということでとりあえず終了・・・
(その日の晩にメーターの針が上がったところでどちらかのセンサーカプラーを外せば解るって
事に気づきましたが・・)


で、ガレージの片付けをした後、試乗がてら晩飯を食べに行くことにします。


ここからがこのブログのクライマックスに入っていきます。
(予想外の出来事なのでこの件も画像は少なめなのであしからず・・)

メーター類の作動は全く問題ないのですが、まず、ブローオフバルブの作動音がかすかにしか
聞こえない。それとターボが加給するとそれに合わせ「ビーン」と金属系のビビり音が聞こえます。

って事で再度ガレージに戻りブローオフの開弁圧を低めに設定して再度試乗します。
ブローオフサウンドはさっきよりは聞こえる様になったが依然、加給時のビーン音は謎のまま。

作業後に発生していることからブローオフバルブ取り付けに関わっている所に原因があると推測できます。

しかし目視確認では原因は見つけられません。
音は加給が始まると同時に発生するのでどこかから加給が漏れているのかもと推測し
私が作業した非常に取り付けしにくかったステンレスのインテークパイプ部のガスケットが
ずれているのかもって事でばらして見る事に・・・

で、これがドツボへの始まりです。




インテークパイプの取り付けボルト2本、シリコンホースを外し車両よりパイプを外してきます。


これがそのパイプ。
ガスケットのズレは全く無く残念ですが原因はここではありませんでした。
しかしそんな事より、このパイプをエンジンより外してきた時にその問題は発生しました。



インテークパイプのボルト穴にボルト一本残った状態で持ち上げるとガスケットはパイプにくっついて
来ていました。
ズレが無いかおそるおそるパイプの向きを変えて覗いたと同時に「カランッ」という音とともにパイプ穴に引っかかっていたボルトがエンジンルームのどこかへ落ちました。

いや~な予感がしながらも音がした付近のエンジンルームを二人で探します。

しかし、何処見てもありません・・・汗

って事はそのいや~な予感の所しか残ってません。


それは、下の画像をご覧ください。



そのいや~な所ってのはターボのコンプレッサーハウジングへとつながる配管です。
画像のダーボ横にあるアルミの大きな配管です。
そこに「ホールインワン」しているとしか考えられません。
しかし、LEDライトで中を照らし覗いても全くボルトは確認出来ません。
もちろん手や指なんて全く入らない所。

「どうしよう~・・・」
二人で考え込みます。
まず、やってはいけないこと、エンジン始動はもちろん、クランキングも危険です。
で、やらなければいけないこと、ボルトとワッシャーを救出すること。

ボルトが中にあるかどうかも定かではありませんが消去法で行くとここしか考えられないので
解決策 1)   磁石のピックアップツールを配管に突っ込んでみる。
         
          しかしここであることに気づきます。それはボルトはステンレスで磁石には付かない
          ってこと・・・

解決策 2)   ターボのコンプレッサーハウジングへのアルミの配管をターボより取り外してボルトを
          摘出する

          一度取り外しを試みたものの物理的にターボ本体を下ろすか手前にあるウォター
          ポンプを取り外すかどちらかが必要になるので今日中には完了は無理。


解決策 3)  解決策 1)のピックアップツールで先端が磁石では無くUFOキャッチャー的な
          爪の物があるのでそれを使い配管からダイレクトに摘出する。
          (以前そのタイプのツール持っていたのですが現在行方不明)


って事で、そのタイプのピックアップツールを購入してダメ元で摘出を試みようと思い、午前中行ったホームセンタ-へ再度足を運びます。





これが購入してきたピックアップツール。
これを配管の中に差し込み全く見えない所にあると思われるボルトをつかんで摘出しようと思います。
これで駄目なら、ターボかウォーターポンプの脱着が必要になると思われるので修理屋へ
入院させるしかありません。


で、おそるおそる配管へピックアップツールを入れていきます。
限界まで差し込んだところであるであろうボルトの摘出をイメージして手元でツールを操作します。

ん?・・

なんか手応えあり?・・・


おそるおそる配管からツールを抜いてくると・・・・


やった~!!!


出てきました!ボルトとワッシャーもそのままダイレクトにがっちりつかんだ状態です。

奇跡が起きました。

全くもって見えないボルトを、そこにあるかどうかさえ解らないボルトを、がっつりワッシャまで
一緒に取り出すことが出来ました。





これが摘出されたボルト&ワッシャー。
これで一安心です。




こっから再度急いで組み直しします。
2度と同じ過ちをしないように配管には軍手をかぶせて作業します。






組み上がって再度エンジン始動出来た頃は外はもう真っ暗になってました・・・(笑)


因みに、加給時の「ビーン」音はブローオフバルブ本体の取り付けステーが締められていなかったのが原因だったと翌日に友人からLINEで連絡が入ってきました。

ん?

待てよ・・・・  

そのステーの取り付けは・・・・

俺じゃね~ぞ~~~!


まあ、原因も分かってすべて丸く収まったので良しとしましょう(笑)



終わり
Posted at 2017/08/11 01:04:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月08日 イイね!

ロードスターETC交換の巻

ロードスターETC交換の巻いよいよ楽しみにしているチーム スターダストの全国ミーティングが来週に迫ってきました。
それに向けてかねてから夏場に暑くなると調子が悪くなるETC本体を新品に替えた様子をお伝えします。
整備手帳にアップしようかとも思いましたが仕事が早い盆休みに入って時間もあるのでしっかりブログでお伝えしますね。






台風一過のこの東海地方ですが空は朝からまだ厚い雲に覆われており時折雨が降ったりしています。
しかし、気温はかなり下がって何週間ぶりかの涼しい朝を迎えました。
こんな日は車いじりにはベストなので早速ガレージを開けて作業に取りかかります。






購入したETC本体はパナソニック製です。時代はETC2.0が主流になりつつありますが我がロド
にはETCがついていること自体が凄いことなのでオーソドックスなETCで上等です(笑)。






こちらが今まで頑張ってくれていた三菱製のETC。
このETCなぜか夏場に暑くなるとエラーを繰り返すようになってしまいました。
そんな時はいったん電源線を抜き差しすれば直ったのでだましだまし使ってました。
しかし全国ミーティングに参加するにあたって炎天下の高速道路を何時間も走行するので
万が一ETCが使えなくなったら面倒なので思い切って交換しちゃいます。






旧ETC本体をサクサクっと取り外しちゃいます。
この三菱製ETCは電源はACCのみでOKなタイプなので運転席のP/Wメインスイッチから電源取って
おり取り外しもあっという間です。






これがP/WメインスイッチからIG電源の端子。
しかし今度取り付けるパナソニック製ETCは電源はACCと常時(バッテリー)を二つ取らないと
駄目なのです。






運転席足下付近で常時電源を探したのですが簡単にとれるところが見つからずあきらめて
オーディオ裏から双方の電源を取ることにします。






オーディオ裏のハーネス。
この黄色の線が常時電源です。空き端子を探しましたがすでに使われておりありません。










ちょっと見にくいですが赤色線のACC電源は空き端子があったのでこれを利用します。






これが新しいETCの電源線。
さっきのオーディオ裏の赤色と黄色の線にこの電源線を接続します。
赤色線はそのまま空き端子に差し込めばOKですが、黄色線は空きが無いので割り込み
端子を作成します。






まず、いらない配線を持ってきます。





次に適当な長さにカットします。






次にニッパーで配線のちょうど真ん中くらいの皮膜だけカットします。





次は中の導線の部分をねじっておきます。






あとはそれぞれ3つの先にギボシ端子を付けます。






こんな感じで割り込み配線端子のできあがり。
付けるギボシのオス、メスを間違えないようにしないとやり直しになるのでご注意を・・・








割り込み配線端子を使い赤黄線、結線完了。
エレクトロタップでも結線出来ますが私あまり好きでは無いのです。
なぜならかさばるし、接触不良の可能性も出ますし、脱着が面倒だし等の理由です。
特にオーディオ裏のスペースがきつきつなロードスターでは心配なアイテムなのです。






あとはアース線をシフトブーツをとめる10mmのボルトへ共締めします。

これで電源系の配線は完了です。






次に電源線のETC側の端子部を運転席足下の方に引っ張り出しておきます。







ここで引っ張りいだしていたオーディオを正規の位置へ収めます。
やっぱりオーディオ裏の配線がパンパンですんなり入ってくれません。
左手を奥に突っ込んで配線の束を奥に押し込みつつオーディオを装着します。

本来であればオーデオ装着の前に仮で配線をETCにつないで作動確認を行うのが基本ですが
絶対的自信が私にはあるのでそのまま作業を進めます。(ただ確認が面倒なだけ・・)

ちなみにその自信は何の根拠も無いので適当にスルーしといてください・・・(笑)






もがくこと数分でオーディオ収まりました。
しかしいつものことですが左手の手首付近ががキズキズになってしまいます・・・







次はETCアンテナ兼スピーカーをフロントガラス上部に貼り付けます。







アンテナの配線をヘッダーの内張の中に順番に押し込んでいきます。







アンテナの配線をAピラーの内張内を通して運転席足下まで持ってきます。







ここでアンテナ線つないでやっと作動確認します。
OKです。






あとは、余った配線を束ねてステアリングコラム下部にまとめて縛っておきます。





ETC本体を貼り付ける金具をコラムカバー下部に取り付けます。
両面テープで貼り付けでも良いのですが、熱ではがれてくるといやなのでビス留めしておきます。






本体を金具に取り付けて再度配線を接続して取り付け完了です。






あとは、シフト周り、コラム下部のパネルを組み付けて完成です。

これで、夏の高速道路のドライブも安心ですね。

あとはエンジンオイルの交換や空気圧のチェック、それと洗車もしなければ・・・


しかし明日はジムニー乗りの友人K氏の車にこんな物を取り付ける予定なのです。



ディフィーのブースト計、と水温、油温、油圧、の3連メーターの取り付けです。
なかなかやりがいのある仕事になりそうなのですが、今日の午前中みたいに
涼しかった良いのな~・・・・



終わり







Posted at 2017/08/08 14:50:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月07日 イイね!

夫婦水入らず?ドライブ(後編)

夫婦水入らず?ドライブ(後編)丸岡城をあとにして車を走らせること約20分で本日2つ目の目的地到着。
はい、かの有名な東尋坊です。
少し前にワイドショーを賑わしていた松居さんの旦那の船越さんおなじみの場所ですね(笑)







まずは駐車場の看板を目指します。







駐車場の誘導のおじさんに言われるがまま車を駐めて歩いて行きます。
看板にある東尋坊タワーってのが気になります。





こちらが東尋坊タワー。
昭和の香りが漂いますね。







両側にお土産物屋や食べ物屋がある商店街のような所を進んで海岸へ向かいます。
それにしても暑い!
氷って文字に反応してしまいます・・・

5分ほど人混みの中を歩くと海が見えてきます・・・・






じゃ~ん!





綺麗な海です!

ま~暑いの何のって感じですが海は綺麗に見えるので良しとしときます。







岩壁を海上から眺められるクルーズ船もあります。






せっかくなので岩壁の際まで行ってみます。






いや~、やっぱりそばまで来ると怖いですね~。






その後あまりの暑さに炎天下での長居は禁物ってことで来た道を戻ることとします。

そこで気になる看板を発見!





それは、ここです。
ス○バ・・・?いや・・・・?

「IWABA CAFE」 イワバ カフェ ・・・

なんか 世界的有名な某カフェのような佇まいですが・・

単なる岩場にあるカフェのようですね・・・(笑)





あまりの暑さに結局、海眺めてたのはほんの数分で車に戻って次の目的地に向かいます。







東尋坊から5分ほど走ると到着です。
「食事処 田島」ってお店。
東尋坊の商店街でも随所に食べる処ありましたがそこには目もくれず
事前に食べログで調べておいたお店に来ました。







早速、中に入ってみます。





混雑を避けるために14時に到着しましたが、この時間でも満席で空席待ちをします。
普段食べ物屋さんで待つことはほとんどしないのですがここまで来たので今日は我慢します。






有名人のサインなんかもいくつか飾られていました。






20分ほどで席へ案内されました。
こんな暑い日はとりあえずビールで乾杯ですね。
もちろん、ノンアルなのでご心配なく(笑)




オーダー後5分ほどで運ばれてきました。






私はガサエビ丼。
ガサエビとはこのあたりでとれるエビで足がはやい(すぐ傷む)のであまり流通はしない珍しい
エビだそうです。






嫁さんはこのお店一番人気の海鮮丼です。
具だくさんでかなりゴージャスですね。

で食べた感想は・・・

期待通りの新鮮な魚介類で非常においしく頂けましたよ。
東尋坊へ来たなら是非ここでお食事されることをおすすめします。
ただしお昼時の待ち時間は想像を絶する物がありそうですが・・・・





食後は道を挟んだ向かい側にあるこのお店のお土産物屋さんへ向かいます。






入ってみると、想像していた観光客向けのお土産物屋さんではなく、ガチな魚屋さんのようです。
生の魚やエビが並んでいますが地元の魚屋で並んでいるような魚じゃありませんね。
その中にも土産用の干物などもおいてあります。
親切なお店のおばさまに色々案内して頂き実家と我が家用に干物をいくつか購入しました。






これが今回の我が家のお土産、魚屋のおばさまのおすすめのメバルの一夜干し。
メバルの干物なんて初めて見ました、おいしそうですね・・。








お土産購入後は国道305号をひたすら海岸沿いに南下して敦賀まで向かいます。












綺麗な海を横目に信号もない快適なルートを進んでいきます。






途中、以前から見てみたかった所に来ました。
車を駐めてあまり乗り気では無い嫁さんと見に行ってみます。





それは何かというと・・
上の画像でなんとなくおわかり頂けると思いますが海岸沿いの岩の斜面に大きな穴が開いて
いますよね。
平成14年にトンネルの新道が出来るまであの天然の岩の穴のトンネルを国道305号線が
通っていたのです。
現在は崩落の可能性があるということで通行は出来なくなっています。





現国道は左手の新トンネルへ進んで行きますが、旧道の岩場トンネルは右手へ進んでいきます。
旧道の国道の舗装が一部残っておりセンターラインがかすかに確認出来るところがあり、旧道
廃道マニアでもある私はテンション上がります(笑)






暑い中旧国道を歩いて進んでいきます。





岩のトンネルは呼鳥門と呼ばれているようです。





看板にうんちく書いてありますので興味ある方はどうぞ・・・





・・・
今や車どころかひとけも無くひっそりとたたずむ旧国道・・

国道として多くの車が往来していた当時に思いをはせます・・・

が・・・

暑いので早々に立ち去ることとします・・・(笑)





その後も国道305号線で南下します。






国道8号線の看板が見えてきました。やっと敦賀に到着です。







敦賀から北陸道で帰るつもりでしたが海水浴帰りの車で高速は大渋滞、料金所から国道まで
大渋滞になってます。
なので、海水浴の帰りによく立ち寄った日帰り温泉施設で汗を流してゆっくりします。






温泉でゆっくりしてから外に出てみると夕日が良い感じでした。

結局、高速はまだ渋滞していたため国道8号線を使い下道で帰宅しました。


日帰りのドライブではありましたが天気にも恵まれ非常に楽しめました。

で、今夜はめばるの一夜干しでの一杯が楽しみです・・・(笑)

終わり




Posted at 2017/08/07 15:50:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月07日 イイね!

夫婦水入らず?ドライブ(前編)

夫婦水入らず?ドライブ(前編)久しぶりのブログアップです。

先月中旬に予定していた穂高岳の登山計画が仕事の都合でボツになりここ最近テンション下がり気味の日々を過ごしていました。
そんな中久しぶりに嫁さんと休みを合わすことが出来たので1年ぶりくらいでしょうか、二人でドライブへ行ってきた様子をお伝えしますね。




梅雨明けしたはずなのですがすっきりしない天気が続いてる東海地方。
自宅付近は雨降ってませんでしたが出発してすぐに路面濡れてます。
雨降っていた様子。




その後数分走ったところでいきなり集中豪雨喰らいました。

ちなみに本日のドライブはビアンテなので集中豪雨でも平気です。
(スパルタンな我がロドは家族に不人気なのです・・・泣)





豪雨も上石津付近で上がり・・






名神高速に入ったところで青空も見えてきました。





北陸道では夏本番の空模様になりドライブ日和なりました。






自宅より高速使って約2時間で、本日一つ目の目的地「丸岡城」に到着。







この丸岡城は「現存する日本最古の天守閣」だそうです。
私、学生時代は歴史なんて物には全く興味ありませんでしたが最近は歳のせいか古い物に
興味が出てきて、歴史なんかにも少しずつですが興味が出てきました。
ってことで、早速お城見学へ向かいます。





まずは階段上って行きます。






チケット売り場で入場券購入。






その後、坂道を歩くこと1分で天守閣が見えてきました。

良いですねこのお城は。
いままでいくつかのお城見学してきましたが大概のお城は天守閣まで凄い登りを歩いたり
かなり長い距離を歩かされたりしますがここはこじんまりしたお城なのですぐに天守閣に
たどり着けます。






建物は有名所の城と比べると小さい感じがしますが趣がある天守閣ですね。






しかしこの城へ入るにはこんな急な石段を登っていきます。






暑い日なので階段登り切る頃には汗だくになってしまいました・・汗





お城の中を見学します。
写真がいっぱい展示してあったり、歴代の城主の家系図や・・





こんなジオラマなんかが展示されていました。





このお城は3階立てなので、次は2階へ上がってみます。
どこのお城でも階段は急ですがこのお城は格別ですね。
見ての通りロープが下がっています。
ロープは使わなくても上れますが気分は本棚を上っていく感じですね。





2階からの外の景色。
2階には特に何もなかったのでそのまま3階へ行ってみます。





またもや本棚のような階段を上っていきます。






ロープを使い上ってくる我が嫁さん。
井戸から這い上がってきたさ○子ではありませんのであしからず・・・(笑)






3階は四方を眺められるようになっています。





外の景色を見ながらぼーとしていると涼しい風が吹いてきます。

その後しばし景色を眺めた後、お城を出ました。



ここでこのお城の城豆知識を2つほど紹介します。


まずは、石垣。
このお城の石垣は野づら積みと言われ。自然の石をそのまま積み上げて作られているそうです。







つぎはお城のシンボルしゃちほこ。
昭和15年頃の城の改修時に銅張りの物をこの石製に替えられたとのこと。
戦時中の金属不足のためっだたらしいです。
詳しく知りたい方は下の画像をみてね。










その後資料館でおきまりの刀や鎧甲などを見学しました。(写真はありません)





駐車場に戻りここでの一番の目当てである(嫁が・・)ある物を購入します。






はい!ソフトクリームですね~。
本日駐車場に到着したときから目をつけていた様子でした(笑)

色んな種類があって迷います。







で、私も嫁も一緒の物を選びました。
それは「コシヒカリ」、外は暑いので早速車に戻って車内で頂きます。




で、食べた感想は・・・・

さっぱり系で今日みたいなチョ~暑い日でもおいしく頂けましたよ~(^^)/

しかしやっぱり今日は暑すぎます。
天気良いのは良いのですが見てください外気温の表示を!
37度cですよ~!!
体温より暑い外気温です、もう殺人的暑さですね・・・


ソフトクリームを食べ終えてから次の目的地に車を走らせます。




水田の中を走り去る白い列車。
地元以外を走る列車ってのは新鮮に見えますね。
走行中の車内からの撮影でしたが良い感じに撮れました。





ナビのルートガイドをミスったおかげで偶然見つけた綺麗な並木道。
メタセコイヤ並木のようですね。

そんな感じで次の目的地に向けてのんびりドライブで進んでいきます。


次の目的地は後編でお伝えしますね~(^^)/




Posted at 2017/08/07 13:15:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今でも大好きな車 http://cvw.jp/b/2393094/39752555/
何シテル?   05/10 19:02
touge-mtbです。よろしくお願いします。 スーパーカーブーム世代の私はスポーツカーはリトラクタブルヘッドライトじゃなきゃ駄目だというポリシーで免許取...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

みんカラ初心者です。
よろしくお願いします。
36 人のお友達がいます
オラ99オラ99 * type-16stype-16s *
★akira430★akira430 * たまご@NB6C/Atたまご@NB6C/At *
黒淡@NB2黒淡@NB2 * とみお@RoadSterとみお@RoadSter *

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家のメインカーです。 ここみんカラではやはりロードスターが主役にはなっていますが、私 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
基本天気の良い日にしか乗らない贅沢な車です。 私NAロードスター歴は約8年程。 この ...
アメリカその他 その他 アメリカその他 その他
私のもう一つの趣味のMTBです。 ’10 マングース テオカリ COMP  2011 ...
日産 ガゼール 日産 ガゼール
免許取得後このS-12型シルビアを3台乗り継いできました。 1代目は50周年記念限定車の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.