車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月17日 イイね!
大雪、大変でしたね~何年かに一度の大雪に見舞われた東海地方。
私の記憶では20年ぶり位じゃないでしょうか?
しかも自宅周辺の積雪は私の人生の中では暫定一位。
おかげで仕事の予定ほとんどキャンセル、
そのつけが今週、来週へと持ち越し、大変です・・・





で、仕事休みの本日。
2日間降った雪も止んでやっと晴れましたね。
しかし自宅周辺は残雪が凍りついており歩くのも危ない感じ。
このまま、まだ数日は雪が残りそうです・・・
本当はそろそろ、トレッキングかMTBでプチ雪山散策なんか行きたいな~なんて考えていましたが
自宅付近でこの状態では山行ったらラッセル地獄確定ですね(笑)
スノーシューなんかがあれば楽しいのでしょうけどね~。






てことで今日は山はあきらめて以前から気になってた物を購入しにいつものアストロプロダクツへ。





アストロは購入すると必ず週変わりのセール品の載った広告を入れてくれるので駄目ですね~
また来週か、さ来週に来たくなってしまいます(笑)



で、購入したものは・・







デジタルマルチテスター(一番の目当ての物)





3/8DR ラチェットハンドル(ほぼ衝動買い(笑))






オイルパン 7L(2番目の目当ての物)
オイル交換の時の廃油受けです。


これだけ購入して税込2452円
相変わらずお財布に優しい工具屋さんですね~。


一番の目当てだったデジタルマルチテスター、前回の正月に買い物した時にもらった広告で
目を付けていました。
というのは年末に友人K氏のジムニーに電装品の取り付けをしてあげたのですがその時に
むか~しから使用していたアナログサーキットテスターで抵抗値の測定が出来ないことに
気付いたからなのです。





こちらがむか~しから愛用していたサーキットテスター。
私自身アナログですのでこのテスターでちょうど良かったのですが・・・(笑)






さっそく箱から出して作動確認。
細かいところを見ると金額相応の造りですが使えればいいのです。
まあ、使う事といったら電源の確認と、アース等の確認で抵抗(導通)点検くらいしか
ありませんから・・





こちらは今回購入したラチェットハンドル(右)と数年前まで愛用していたスナップオンの
ラチェットハンドル(左)。ちなみにスナップオンは現在故障中。
永久保証なので無料修理対応していただけるのですが、なんせ20年ほど前に購入したもので
最近はスナップオンのバンセリングの方とも疎遠になっちゃってますのでそのまま・・・
なので最近はセット品の安物工具のラチェットとスナップオンのソケットを使用していました。






しかし今回購入したアストロのラチェット、すごくいい感じです。
ヘッドの大きさもスナップオンより小さく、しかしギア数は72でスナップオンより多いのです。
柄の部分も長く使いやすそうですね。





こちらは安物工具との比較。
安物工具もちゃんと使えますよ、問題なく・・

私の工具に対する考え方は「〇カとハサミは使いよう」って感じです。
なので極端な話100均工具でも使えるものはOK。
ただ、限界が低いのは事実。その限界を見極めれるかどうかって所が重要。
その見極めを失敗すると工具の破損もしくはボルト等対象物の破損などにつながります。

高級工具はその限界が高いのでより悪条件での作業にも対応しているのだと思います。
(悪条件とはボルトの錆び固着、作業しにくい場所にある対象物の作業等)
ただしいくら限界が高い工具でも使い方、力の入れ方などを間違えると本来の性能を
発揮出来ず、対象物を破損させる可能性もあります。


私はタイヤに対する考え方も同じですね、性能が良いに越したことはありませんが、
使い方を間違える、要は限界を越えてしまっては安物タイヤと同じになってしまうか
限界が高かった分その反動で安物タイヤの時より車への損害が大きくなってしまう
ことだってありえます。

いかにその工具、タイヤの性能、限界を見極めてコントロールするかってことが重要で
面白い所なんでしょうね~。

なんか、長々うんちく書いてしまってすみません。
私個人の考えなので深く突っ込まないで適当に聞き流してくださいね~。



終わり














Posted at 2017/01/17 17:30:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月02日 イイね!
初、MTB遊び?明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年初のブログは私の趣味であるMTBネタで始まります。
ちょっとマニアック&メカニカルな内容オンリーなので興味ない方は適当にスルーでお願いします。


そもそもの始まりは昨年にジムニー乗りの友人K氏の職場の方からの依頼でMTBのフレーム単体に
持ち込みの中古パーツを使って組んで欲しいとのこと。
期間を指定されなければOKってことで引き受けることとなりました。





このフレームにパーツを組み込んで完成させる予定です。
ちなみにフレームはカナダのメーカーで2000年位のモデルと思われます。
カテゴリーはダウンヒルバイク。

MTBのダウンヒル競技とは夏場のスキー場などでゴンドラでゲレンデ上部まで上がり
設置されたコースを下ってタイムを競う競技です。
冬のスキーのダウンヒル競技の自転車版って感じですね。
ちなみに私も2000~2006年頃にその競技をやっていましたよ。
なのでこれらのパーツは非常に懐かしく思います。

話はそれちゃいましたね・・・

続きをどうぞ。




これらのパーツをばらして組み込みます。






この部品取りのオレンジのフレームはマングース、アメリカのメーカー。
ちなみに私の現在所有のMTBもマングースなのです。






このフロントフォークも懐かしい。
当時はじめて見た時はあまりのごつさに衝撃的でした。






部品取りのフレームをメンテナンススタンドへ付ける為にシートポストを伸ばします。
ボルトの頭が錆びきってますね、ナメないように気を付けて緩めます。





ネジ緩めてもシートポストがフレームに固着して外れてきません。
潤滑スプレーで注油して暫く置いておいてなんとか外しました。
先が思いやられます・・・・

で、そこであることに気づきます。





シートポストの径がルイガノには合いません。
部品交換必要ですね~。





シートポストを元のフレームに戻してフレームをメンテスタンドへ取り付けます。






まずはフロントフォークばらします。
ブレーキキャリパーを外します。
ローターは完全に使い物になりませんね。






外したフロントブレーキの作動確認します。
リザーブタンクのキャップのビス、凄くちっちゃなトルクスです。
こんな工具持ってない・・・
調べるとトルクスT7、最低でもブレーキフルード交換必要なので工具を手配しないとダメなようです・・





フロントブレーキキャリパーのピストンの作動点検。
ピストン戻っている状態。





レバー握ってピストン出るのを確認。
作動は問題なさそう。ただし年数経っているのでシール類が心配。
フルード交換しているとシールから漏れるってこともあり得ます。





フロントアクスルシャフトを抜きます。





ハンドルステムのボルトも錆びがひどい・・・
出来たら交換したいな・・・





なんとかバラバラになりました。






次は部品取りフレームの装着部品の取り外し。
シフトの作動確認。






シフターを作動させるとかなり手ごたえが重いですがリヤディレーラーも作動しています。
これはシフトワイヤーの交換だけでなんとかなりそう。





リヤブレーキの作動点検。





アルミの定規を挟んでレバー握って確認。
こちらも意外ですが作動は問題なさそう。





しかしここで問題発覚。
フレームよりリヤブレーキを取り外すにはホースカットしないと外れません・・・





リヤスイングアームの上部に通っている黒いホースがブレーキホース。





レバー側でホース外しましたが、ホースの先端のフィッティングパーツもカットしないと抜けません。
ニッパーで潔くカットしてフレームより抜いてきます。





カットしたフィッティングパーツをホースに戻します。





こちらが戻したところ。
しかし、応急なので再度フィッティングは新品で組み直しは必須です。
しかもホースも折れている個所があるのでホースごとの交換が理想ですが・・・






とりあえずホースをレバー部に取り付けます。






念のため再度作動確認。
ピストンの作動OK。
ただしブレーキパットは残量ほぼゼロ、交換必要です。






次はディレーラーとチェーンを外します。





まず、チェーンカッターで完全にご臨終なチェーンさんを楽にしてあげます。
ちなみにこの工具アストロプロダクツ製です。
アストロには自転車整備用の工具もしっかり揃っているのです。





チェーンカッターでピンを抜きます。
もう再使用しないのでピンを抜ききって外します。







チェーンさん長い間お疲れ様でした。






ディレーラーもフレームより外しました。
こちらは再使用予定。






ペダルの取り外し。
専用工具使ってますが、たしか15mmのスパナでもいけたと思います。





シマノのDXペダル。
当時のDHの定番ペダルでしたね。
これは程度良さそう。






ちなにみこちらは私が現在使用中のタイオガのペダル。
ハードな使い方しているのがよくわかります・・・






次はチェーンリング、チェーンガイド、クランクの取り外し。





まず、チェーンガイドのローラー、完全にご臨終を通り越してミイラ化しています・・・





下側のローラーにいたっては土に還ったか?






作業中に上側のローラーが砕けてきました。
内部は奇麗なオレンジ色しています。
この色が本来の色なのです。
MRPのチェーンデバイスは当時のDHマシンの憧れの装備でした。
そのオレンジのローラーの輝きがいかにもDHマシンって感じでカッコ良かったのです・・





次はクランクの取り外し。
センターのボルトを外し、専用工具を装着します。






専用工具を閉め込んでいくとクランクが外れてきます。





左右とも問題なく外れました。





つぎはボトムブラケットを外して、チェーンデバイスも外します。
ここで問題発生。





ボトムブラケットを外す専用工具が私の工具には無いのです。
購入必要ですね。
ちっちゃなトルクスとボトムブラケットの専用工具、明日アストロへ行って購入してきます。






ってことで一旦本日の作業は終了~。






翌日の本日、
購入してきましたよ~。
アストロプロダクツ、新年のセールやってて気になるものいっぱいあったのですが衝動買いは
ガマンしてきました~(笑)






さっそくボトムブラケットを専用工具で外します。






あっさりボトムブラケット外れました。
チェーンデバイスも同じく無事外れました。






念のため外れたボトムブラケットをルイガノのフレームに仮で取り付けてみます。
古いグリスと砂をワイヤーブラシで奇麗に落としておきます。






ボトムブラケットをフレームに挿入してネジを慎重に締めて行きます。
ずれやすいので気を使います。





なんとかフレームに装着出来ました。






マングースのフレームはもう部品取り完了なのでスタンドから下ろします。
そして私、手持ちのシートポストをとりあえず取り付けしてルイガノのフレームをスタンドに付けます。
ちなみにマングースのフレームに付いているヘッドパーツ(フロントフォークとフレームを取り付ける
部分の部品)はルイガノフレームと今回使用予定のコーワーDH-Rには適合しないので取り外しは
していません。





次はタイヤを外して今回使用予定のホイールへ組み換えます。
DHバイクのタイヤはビード部がかなり固いので交換するときはタイヤレバーもしっかりした物が
必要です。
ちなみに今回使用したタイヤレバーは昔乗っていたオフロードバイクのタイヤ交換するときに
購入したバイク用のものです。
これでちょうどよい感じなのです。





無事外れました。





今回使用予定のホイールへタイヤ組み付け完了。
同様にもう一本も交換します。






次はブレーキの状態の再確認をします。
マスターシリンダーのリザーブタンクキャップを外してみます。
まずはリヤ側。






無事キャップ外れました。
本日購入したT7トルクスが役に立ちました。






タンク内部のダイヤフラムのラバーがタンクに固着しています・・・・
それはそうですよね~10年以上の年月が経っている代物なのですから・・・
無造作に引っ張ると裂けてしまいそうなのでスクレッパーで丁寧に剥がしていきます。







なんとか裂けることなく外れました。
タンク内のブレーキフルードは「やずやの黒酢」ばりに熟成されきってます~。
本来は奇麗なブルーのフルードだったと思われますが十数年の年月というのは凄いものです。






次はフロントのレバー。
タンクキャップのネジ、錆びているし、転倒した影響か削れているのか、錆び、砂等で頭が埋まって
いるのか、緩むか不安な状態になってます。







クリーナーかけてワイヤーブラシで奇麗にします。





なんとかキャップ外れました。
こちらもダイヤフラムのラバーヘロヘロになってます。
破らないように慎重に剥がしてみると・・・






やっぱりこちらもフルードは黒酢になってます~(笑)
とりあえず再度キャップして置いていきます。
ブレーキはホースとローター、フルード交換すれば再使用出来そうですが、ダイヤフラムのラバーで
分るようにゴム部品の耐久はもう限界にきている感じ。
ブレーキは一番重要なパーツ。特にダウンヒルは命にかかわります。
なので一新する方が良いと思います。
オーナーさんには見積もりを用意して友人から伝えてもらう予定。










で、最後に仮組みしたMTB。
完成はこんな感じになります。
完成が楽しみですね~。

ただし予算の都合もあるので現在は作業中断です。
完成させるまでの見積もりを作成して連絡待ちです。


一旦 終わり
Posted at 2017/01/02 19:20:16 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月30日 イイね!
忘年登山2016今日は私のもう一つの趣味の登山の様子をお伝えしますね。

地元の友人Y氏とF氏との毎年恒例になりつつある年末登山。
日頃はなかなか3人の都合が合わず私1人での登山が多いのですが
この年末は3人の都合はほぼ合うので忘年会を兼ねた登山なのです。
名付けて「忘年登山」(笑)

ここのブログにはちょっと場違いな気もするのでダイジェストでお伝えしますね。
詳細は私のもう一つのブログ「峠&林道探索」へ後日アップ予定です。

興味ある方は後日「こちら」を覗いてみてくださいね。




友人Y氏のJEEPで藤原岳登山口駐車場へ到着。
このJEEP、見た目のイカツさとは裏腹で乗ってみると乗り心地よくかなり快適な高級車なのです。







準備をすませ、いざ登山道へ。
登山道は神社の鳥居の脇を進んで行きます。
神社は正月の準備完了って感じで門松が飾られています。






落ち葉の積もった登山道を進みます。





4合目まで来るとうっすら雪化粧が・・






7合目ではさらに白くなってきます。






8合目到着。
かなりの積雪になってきました。
昨晩の積雪のようでふかふかの新雪です。






その後のルートは足滑らさないように慎重に登って行きます。





8合目過ぎると遠く雪をかぶった伊吹山が見えてきます。
はやい物ですね、ついこの間あそこでオフ会したのにね~。





藤原岳山荘付近まで来ると周りに樹氷がみられるようになってきます。







目指す藤原岳展望台は正面の丘のてっぺんにあります。
ちなみに藤原岳山頂は地図で見るとセメントの採石場方面あり登山道は無いようです。
なので皆、展望台って所を山頂として登山されているみたいです。






奇麗な青空に向かって雪道を登って行きます。





藤原岳展望台へ到着。






展望台からの景色。
遠く伊勢湾も望めます。






樹氷も間近で奇麗に見れます。





おっさん3人ですがせっかくなので記念撮影。






藤原山荘で昼食&休憩後天狗岩へも行ってみます。







天狗岩までの道中からの景色。
養老山脈の向こうに名古屋市街のツインタワーも確認出来ます。






その後雑木林の中を進んで行きます。







30分程で天狗岩到着。





天狗岩からの御在所方面の山々。
10分ほど、写真撮ったり、マッタリしてから下山としました。






下山後、麓のコンビニからの藤原岳。
先まであの山のてっぺんにいたのです。


ここからはいつもの・・・





温泉で冷えた身体を暖めて・・・・

次に、本日のメインイベント?の



ジムニー乗りの友人K氏も交えての焼き肉忘年会開催~!


今年一年お疲れさまでした~!

また来年もいっぱい遊びましょ~~!!

って感じで、ビール飲んでお腹いっぱい焼き肉喰って締めくくりました。


終わり








Posted at 2016/12/30 23:47:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月27日 イイね!
年の瀬に思う事早いものでもう2016年も終わりですね~。

そんな年の瀬に今年一年の遊びを振り返ってみて思う事を思いつきで書いてみました。
興味ある方は暇つぶしに読んでやってください・・







今年前半は登山、後半は車に没頭した感じでした。
登山は2014年頃から徐々にハマって行き今年は念願だった北アルプス、槍ヶ岳を2度目の
チャレンジで登頂出来ました。






一度目は7月、悪天候のため山頂目前で登頂を断念。
二度目は9月、雨のち晴れというドラマチックな展開で悲願の登頂をはたす。

私のもう一つのブログ「峠&林道探索」に詳細アップされているので興味ある方は「こちら」をどうぞ。
(最近はこっちのブログメインになりつつありサボり気味ですが・・・)




7月、近所の山は暑くて登山、MTBには辛い季節になり車の遊びへと移って行きます。



このみんカラでスターダストというチームに参加させていただきそこで知り合ったへーきちさん
達とのツーリングやオフ会に参加するようになり暫く眠っていた私の車遊びに火がついちゃいました。




それまでハマっていた、もう一つの趣味のMTBでの林道探索をもうちょっと行動範囲を
広げたく思い来年の春くらいには中古のオフロードバイクを購入しようと貯金をしていました。
しかしその中途半端にたまったお金のおかげで、ロードスター弄りにも火がついちゃいました(笑)


9月「ドアパネルダブテイル 体CAN」装着



10月「カービング、リヤタワーバー」装着



同じく10月「サード、メタルキャタライザー」装着




これまた同じく10月「クスコ LSD Type RS」装着

こんな感じで連続で以前から欲しかったパーツの装着をしてしまいました~。
人間中途半端にお金があるとダメですね~、あっという間にバイク貯金底を尽きました(笑)




12月、ロードスターオンリーの鈴鹿サーキットフルコースでの走行会「ロドBAKA」参加の為の
準備をします。
タイヤ4本交換、ブレーキパット前後交換、フロントハブベアリング片側交換。




12/16 無事「ロドBAKA2016]終了。3年前のタイムを見事約2秒短縮成功。

一年の遊びの締めくくりとしては満足出来た結果でした。



そして、思う事・・

登山に車・・

対照的な遊び、趣味です。


槍ヶ岳と鈴鹿サーキット・・・

双方、私にとってはあこがれの場所。

そして双方共通するものがあると・・・

槍ヶ岳を代表とする北アルプス登山はまず近所の1000m級の登山とはスケールが違います。
それはそうですよね、周辺の山々はすべて3000m級なのですから。
なので登頂するにはしっかり計画と立てて、抜かりない準備が必要となります。
しかし実際歩いてみるとルートはしっかり整備されているところがほとんどで想像するより危険個所
は少ない気がします。(夏山の話)
マイナーな鈴鹿の山の登山道の方が危険個所は確実に多いと思います。

ただし、危険個所のスケールも1000m級の山とは違うので一つ間違えば確実に天に召される所は
随所にあるので油断はできません。



鈴鹿サーキットの国際レーシングコースもミニサーキットとはスケールが違います。
5速全開を続けられるコースなんてそうあるものではないですよね~。
なのでトラブルなしに走行を続けられるようにしっかりとした車の準備、整備が必要です。
しかし実際走ってみるとコース幅、エスケープゾーンも広く中途半端なミニサーキットよりは
危険は少ない気がします。

ただし、何かミスったりトラぶった時は速度域がミニサーキットとは違い危険も大きくなる
ので油断できません。


そんな感じで、双方思い付きでチャレンジ出来るところではないのですね。
必要な装備、トラブルの対処等を事前にしっかり考えて計画を立てる。
体調管理、メンタル面も重要な準備です。
それがすべて整わないと良い結果は出ない。
そんな所にチャレンジする面白みが共通するような気がします。





また来年も北アルプスにチャレンジしたいな~。





そして、ロドBAKAも。
2017も開催するとオリーブボールさんも断言されていたので・・・


ただし、鈴鹿サーキットフルコースにはもっとパワーが欲しいと思う今日この頃・・

それにはお金が必要ですが・・・

来年は上の息子が大学受験・・・・

そんな状況で私が今のように遊びに夢中になれる状況なのか?


年末ジャンボ買うの忘れた~!(笑)


終わり












Posted at 2016/12/27 17:11:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月20日 イイね!
車de山遊びin滋賀今日は友人と久しぶりに車で山遊びへ出かけました。

車で山遊びとは車で行く私の好きな林道探索ってことなのです。
ちなみに写真の車は友人K氏のジムニーです。



実はこの友人K氏根っからのジムニー乗りなのです。
このジムニーで3台目。
1代目はJA11V 2代目はJA22W を乗り継ぎ現在に至ります。





この画像は在りし日の2代目ジムニー。
(廃道マニアの間では有名な矢〇川峠を果敢に攻めている様子)



1代目はKKTの下りで攻めすぎた結果横転後山の斜面に激突しご臨終。
(ドライバーは私でした、すみませんm(. .)m)

2代目は今年8月にエンジントラブルにてご臨終。
(エンジン以外は問題なかった為転売、新オーナーがエンジン大手術の末、復活させているそう)

この3台目は今年9月新車で購入。
で、オーナーのK氏は私に勝るとも劣らない林道好きなのです。
この新車購入後まだ林道探索に出かけていなかったので行きたくてウズウズしていたとのこと。
ってことで天気はあいにくでしたがまずは何度も行ったことのある滋賀の林道を行ってみようと
いうこととなりました。





舗装林道を快調に進みます。
ちなみに今回は一人じゃないので写真少なめなのです。
行程は適当なのでご了承ください。






こちらは山中にある廃村脇で見つけたなんか不自然な「公衆便所」
あんな案内看板の書かれたトイレも珍しいですね(笑)





トイレのすぐ脇に「科学技術庁 多賀高感度地震観測施設」なるものがあります。






辺りを散策しているとなにかの強い視線を感じそっちを見ると、なんとキツネさんがこっちを
ガン見しているではありませんか。
ひと気のない集落でキツネに睨まれる、なんかちょっと恐ろしい感じもします・・・





で、気がつくとなんと!いつの間にかキツネさん車のそばまで来ています~

なんで!?





しかも座ってくつろいじゃってます~?





悠々と車の前を横切って・・・





こっちをじっと見つめます。
目を合わせると何か化かされてしまうんじゃないかって気になってしまうほど座った目で
見つめてきます・・・






私たちが車に乗り込むまでずっと車の脇で座っていましたよ~。

たぶん何か食べ物もらえるのを待っていたのでしょう・・・






その後も林道探索を続行します。






途中の景色。
天気良ければ琵琶湖も望めそうですが、今日は全く見えません。
しかし、雲海が広がっているような下界の景色です。
これはこれで神秘的な感じで良いですね。






これは、とある廃村へ入ってきてあまりの激狭の激坂で前進はあきらめてバックで戻る様子。





超狭い急坂をバックで下がって行きます。






しかしあまりの激坂でバックでブレーキ踏んでもタイヤがロックしたまま車がずり落ちてきます。
路面がコンクリート舗装でその上に苔&キクラゲのようなヌルヌルした物がこびりついており
雨でぬれて非常に滑りやすいのです。






バックオーライしていた私も慌てて、ずり落ちてくる車を手で止めていました。






その後なんとか、ヌルヌル激狭激坂をクリヤーして広場に停車。
K氏曰く「いきなり車、壁にぶつけるかとおもた~」っと冷や汗かいてましたよ(笑)

ってか、新車で攻めすぎ~。

私はあの激狭激坂を登りはじめる所で「マジで~!!」って言ってたんですけど・・

無事クリヤー出来たので良しとします。






その後、鳥居をくぐって進む林道を探索。





想像はつきましたが、てっぺんには神社がありました。





その後地図上では通り抜け出来る林道でしたが残念ながら通行止め~っだったり・・・






幾つかの廃村を通り抜けたり・・・
ここで一つの疑問が・・
この辺りの廃村付近に約20年ほど前に来た時に廃校がありその廃校の中を探索したことが
あったのです。
その廃校は2階建てで、2階が体育館になっていたのです。
それが衝撃的でいまだに忘れません。
その廃校は数年後に訪れた時にはもう取り壊されており石碑だけが残っていた記憶がありました。

この付近を走っていればいつかはその場所にたどりつくだろうと走ってましたが見つけられません。







かすかな記憶をたどってもう一度朝来た道へ廻って戻り探してみることに・・・






朝来た道に戻ってきました。
すると朝は無かった倒木が道をふさいでいます。





結構な大きさの倒木です。
車から降りて路肩へ除けます。
風も強く吹いていないのになぜ?って考えながら除けていたら木の枝の下に40cm程の大きな
落石がありました。
たぶん、落石がHITした木が倒木となり斜面から落ちてきた様子。
やっぱり落石は侮れません、あんなのが車に当たったら一発廃車かも・・







で、やっと見つけました、小学校跡地の石碑。

そしてびっくりしたのは、ここは、なんと朝キツネさんに出合ったところだったのです。







後ろに見える公衆便所がその証。

朝はこの石碑の存在に全く気が付きませんでした・・なぜ?

もしかしたらキツネに化かされたのでしょうか~・・・なんてね(笑)


ちなみにその公衆便所は旧校舎の端にあった便所だけを残しているそうです。
良く見るとそんな感じに見えますね~。
どうせなら便所だけじゃなく校舎全体を保存してほしかったな~。






陽も傾いた廃村を抜けて進みます。





狭い林道を抜けて行きます。







途中、地図見て休憩中。
新車がエエかんじに汚れています、ジムニーって感じで良いですね(笑)






夕暮れの林道。






ここからも奇麗に雲海のような景色が見渡せます。






やがて林道は下界の集落へと下りてきます。






下界は霧に覆われていました。
この霧が山の上からは雲海のように見えていたのですね。
天気はあまり良くはなかったのですがなかなか見られない景色を見た感じでよかったです。





その後、若いころからよく来たなじみのラーメン屋で晩飯をいただき、ここで本日はお開き~。
お疲れさまでした。






今日の走行軌跡。
トータル走行距離、不明・・・
すみません、人の車で、ずっと助手席でナビしてただけですので・・・


おわり


Posted at 2016/12/21 00:19:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「大雪、大変でしたね~ http://cvw.jp/b/2393094/39190762/
何シテル?   01/17 17:30
touge-mtbです。よろしくお願いします。 スーパーカーブーム世代の私はスポーツカーはリトラクタブルヘッドライトじゃなきゃ駄目だというポリシーで免許取...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
みんカラ初心者です。
よろしくお願いします。
25 人のお友達がいます
jet74744jet74744 * NERV(ネルフ)NERV(ネルフ) *
beniyafactorybeniyafactory * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
オラ99オラ99 sirugamisirugami
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家のメインカーです。 ここみんカラではやはりロードスターが主役にはなっていますが、私 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
基本天気の良い日にしか乗らない贅沢な車です。 私NAロードスター歴は約8年程。 この ...
アメリカその他 その他 アメリカその他 その他
私のもう一つの趣味のMTBです。 ’10 マングース テオカリ COMP  2011 ...
日産 シルビア・ガゼール 日産 シルビア・ガゼール
免許取得後このS-12型シルビアを3台乗り継いできました。 1代目は50周年記念限定車の ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.