車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月20日 イイね!
【春風献上】 2017年 スタート!














年明けてすでに約3週間が経過。今年はもう残り345日です。早いですね。
ちょっと出遅れてしまったけれど、今年一発目のブログ更新です。

旧年は公私ともに とにもかくにも充実していて有意義な濃い時間を楽しく過ごすことができました。
環境に恵まれたこともあり爽快な一年でした。一年があっという間に感じられました。

体調面では順風満帆だったわけではないけれど工夫と対策でどうにか克服。結局、遊びはまったく自重しなかったですし、それどころか例年以上によく遊びました(笑) モットー通り、忙しいときほどよく遊ぶを実践。最後はよい流れに持っていくことができて結果オーライ。その辺のことは追々。

Myシルビアもよく頑張ってくれました。距離もたくさん走りました。これは良い主治医に巡り合えたことが大きいと思います。



さて、この正月の話。大晦日から急激に体調が崩れ、人生において過去最低の正月を過ごしました。熱が出たり眩暈がしたり指先と顔が痺れたりで、寝込んで家から全く出られずに正月終了; 予定はすべてキャンセルさせてもらいました。まさに寝正月。でも正月太りはしなかったです、ほとんど食事できなかったからむしろ痩せました。激しく体力消耗したせいで早々に帯状疱疹になってしまいましたが、いまは大分回復してきているのであとはスタミナが戻ればパーペキです。とはいえ今年はより慎重に過ごしていかないとならないでしょう。でも遊びを自重する気は一切ないですけどね(笑)
(ちなみにそれまでのワーストな正月は10数年前の現役時代のことで、元旦だけは休んで2日からトレーニング開始したら左手首を脱臼。シーズン開幕前から丸々一年を棒に振るという大惨事。)



年明け早々そんな状況のため予定がずれ込んでしまってしばらく慌ただしい日々を過ごしていますが、順次消化してもうじき落ち着くでしょう。今年も「やらねばならないこと」・「やりたいこと」がたくさんあるので、ひとつひとつ確実にやり遂げていきたいと思っております。

今年すでにお約束いただいている方々、走行会やイベントなどで再びお会いするであろう方々、これから新たに知り合うであろう方々。この一年、宜しくお願い致します。





この一年も全速力で駆け抜けたいと思います。

- G ! N -




Posted at 2017/01/20 22:36:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月29日 イイね!
【メンテ】 車高調のO/Hと仕様変更など (快適路線へ)














ダンパーのO/Hと減衰力の仕様変更をした。
先日UPしたブレーキキャリパーの修理と同時に作業進行。

(この画像はイメージです)

いままでは「舗装されていればどこでも走る」をコンセプトにしていたから、大型サーキット~ミニサーキット~群サイ~峠道~高速~普段乗り、のすべてを想定して最大公約数的な仕様を狙っていた。
しかしギャップ通過時の突き上げに角があってゴツゴツ・ドスンガツン・ズサーッ・ガガガッといった具合で、普段乗りや群サイではドライバーの体力が勢いよく削り取られていく。
(ズサーッというのは突然グリップが抜けてしまう様子、ガガガッはABS介入)


それに対し、今度は「コンフォート&険道ツーリング」路線を狙った。
サーキットなどでは中途半端な戦闘力でタイムが出ず、しかしターマックでは跳ねてタイムが出ない。逆に戦闘力が低くてサーキットでもターマックでもタイムが出ない。どちらもタイムが出ないのなら乗り心地が良い後者の方がいいよね、ってこと。

初回注文時はサスペンションビルダーと電話とメールで打ち合わせをしたけれど好みの特性には仕上がらなかった。なので今回ははるばる直接訪ね、打ち合わせをして仕様を決めた。
前もって作業予約し短日程で仕上げていただいた。いい機会なのでアッパーマウントのピロボールも新品に交換した。

ビルダーから新仕様ではサーキット(とくに筑波)は完全に諦めてくれと言われたけれど、サーキットは年に多くてもほんの数回しか走らないだろうからそれでよし。またサーキットを走り込みたいときが来たらそれ向けの仕様にすればいい。

このタイミングでタイヤも新調した。
そろそろDLのZ2☆の後継モデルが出そうな気がしていたからそれまで待ちたかったが、それだと峠アタック最終戦に間に合わないので手配した。しかしダンパーとブレーキのメンテを優先させることにしたのでしばらく寝かせてあった。



ついでにリヤのタワーバーも交換した。
いままでのはメインシャフトがスピーカーボードの上を通るタイプのもので、立ち上がった形状のブラケットが邪魔をして減衰調整ダイヤルに手が届きにくかった。今度のはシャフトがトランクルーム内を通る一般的な形状のもの。これならブラケットが邪魔にならない。せっかくなのでDRYカーボン製シャフトにしてみた。すごく軽かった。ロールバーのせいで後部座席の背もたれが手前に倒せないので、作業はたいへんだった;


今月中旬にあった群サイ・フリー走行で試走するために上記の作業を間に合わせたけれど、積雪で開催されなかったので群サイでのインプレはまた来春以降ということになった。

よって、いまは普段乗り・高速・山道を軽く流してる段階だけど、これまでとはクルマの動き方が明らかに違うので早くドライバーが合わせていきたいところ。険道ツアラーとしてのポテンシャルは感じる。概ね好印象。そんな仕様の足となった。(ただしこれでサーキットには行きたくない;)

仕様変更についての詳細などはまた後日UP予定。
いまは大幅に快適性UPした足でのドライブが楽しくて仕方ない。

ではまた。





Posted at 2016/12/29 21:53:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2016年12月04日 イイね!
【メンテ】 キャリパー修理&再塗装












前回 プラグホール内の清掃をしてしばらくは様子見ということにしたのだけど、どういうわけか一度だけ微妙に滲むことがあった。それ以来不安でクルマに乗り降りするたびに漏れがないか確認するのにウンザリしたし、不安を抱えたまま走行会に行くのは気分良くないし、走行会の途中でまた漏ってしまったらその一日が台無しになってしまう。そんなわけで今シーズンは早めに切り上げてメンテナンスに注力することにした。

思い切ってキャリパーを修理に出した。ついでに熱害と経年劣化で傷んだ塗装もやりなおした。色はどうしようか、青がいいかな赤がいいかなシルバーがいいかなと、画像を合成してシミュレーションまでした。オーダーするぎりぎり直前まで悩んだけど、今までと同じブラックにした。Myシルビアにはこれが一番似合うと思うので。業者さんに本当にいままでと同じ色でいいの? 変えるなら今だよ? と揺さぶりをかけられもしたが(笑) ついでに熱焼けが目立たない色も教わったが好みじゃなかったのでやはりブラックに納まった。



【シートカット】
プラグホール内のバリ取りをし、耐圧テストにも合格

Before

                       ↓ ↓ ↓
After




【再塗装】
ロゴも復活
 
Before

                       ↓ ↓ ↓
After




【ブリーダープラグ】
劣化が進んでいたのでこの機会に一台分・計8本すべてクロメート処理の再メッキ済みのものに交換した。
(画像はなし)



シーリング類は半年くらい前に交換したばかりだし傷みもなさそうだというので今回はそのまま。ホールの修理ついでの再塗装だったけど、再塗装のほうが費用かかったのは言うまでもない。
以上でキャリパーのリフレッシュ作業完了。


ではまた。




Posted at 2016/12/04 22:49:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2016年12月03日 イイね!
【峠×FR】 秋ドラ GO GO ♪ (後編)












【中編】 の続きです。



某日、某所、某時刻。

峠へ向かって登る途中、カメラを構えた人たちがいた。駐車スペースに余裕があったのでボクも割り込んでみる。こちらも便乗して撮影してみた。


どうやらこの山を狙ってたみたい。


付近から来た道を振り返ると...先ほどいた湖が眼下に見える。こっちの眺めもなかなかのもの。


峠にはすんなり到着~。某所と言いつつも、ここは金精峠(こんせいとうげ)。標高は1,840mくらいかな。かつては有料道路だったらしく、トンネルの表示板がグリーンなのはその名残らしい。




自分の運転で来たのは今回が初。前回は大学生のときで後部座席で爆睡してたので記憶になし。長らく気になってた場所だったからようやく来ることができて良かった。しかし先ほどの展望台での満足度があまりに高かったので心打たれるようなものはなかった。紅葉シーズンは渋滞するらしいのでズラしてきてみたのだけどそれでも交通量は多かった。もっとほかの時期や時刻に来たなら違った印象だったかもしれない。

車道の峠はトンネルになっている。ここを抜けて山の反対側へ向かう。
こちら側の道は交通量が少なかった。先ほどまでとは違って急に閑散とした雰囲気になった。こういう方が好き。


道路のすぐ向こうに大きくて綺麗な沼が続くのだけど道沿いの木々のせいでなかなか見晴らせない。


ようやく途切れた合間からの眺め。


湖畔へ降りてみる。ところどころで紅葉&黄葉があった。



温泉旅館かな。宮崎駿作品に出てきそうな佇まい。


先ほどの日光・中禅寺湖の付近とは打って変わって物静かで閑散とした雰囲気だった。


『犬神家の一族』のあのワンシーンを思い出した・・・。真夜中に見たら怖いよね、きっと。


では離脱する。とても好きな雰囲気の場所だったな。


ワインディングをゆっくりのんびり走って麓に向かう。

ここら辺はかつてスキーに来た時以来だ。雪のない時期にきたのは初だし、当時の記憶とはだいぶ違った。当初の予定ではこの橋を渡ってまた次の山間部に入っていくつもりだったけれど、今日はだいぶ時間が押してしまったし疲れも出てきてしまった。さらには橋の向こうの雲行きも怪しいのでここで断念した。この先はまたいずれということで。となると来春以降かな・・・。


代案として用意しておいたコースに向かう。ここは、とあるジャンルのマニアの間ではあまりにも有名な橋。それにしても幅が狭くて、人や自転車とですら擦れ違うのは大変そう。明るい時間でも噂通りなかなかのアレな雰囲気で納得せざるを得ない。夜には来たくないな(笑)


では渡ってみる!(笑)
対向車も後続車も来るなよ!と念じながら進入する。あとは運。




渡り切りました。


渡った先の道は・・・狭い・高低差あり・落ち葉・コケ・枝・土砂だらけ。事前に仕入れておいた情報通り。Myシルビアでは物理的に通行不可能っぽい。写真は撮り損ねた、そんな場合じゃなかったから。狭い場所で強引に方向転換をし、再度渡って帰る。ここでの方向転換が本日最大の難関ポイントだった; もしここでUターンできなかったらこの橋をバックで戻らないとだから。今日は運が良かったということで無事走破。

堤体を渡って、帰路に向かう。


収穫の時期。


ここから先はしばらく楽しいワインディング区間。テンションも上がる。軽快に走っていると前方にフェアレディZの後姿を捉えた。

もしや?

というのも、いろは坂の麓のパーキングで一緒だったフェアレディZとは途中で何度も抜きつ抜かれつだったのだ。こちらがどこかで休憩や写真撮影などで停車しているとZが追い抜いて行き、またまたZが停車中にこちらが追い抜いて行く。これの繰り返しだった。いろは坂からここまで基本はずっと同じ路線だったようだ。

ツーリングの最後のワインディングで再び並ぶとは嬉しい(笑)


ところがところが・・・!後続のMyシルビアを意識したのかどうかわからないけどペースがどんどん上がっていく。で、ここで疑問が。本当に同じZなのか? 同じドライバーなのか?

実はいろは坂の麓で一緒だったZのドライバーはご老人なのだ。見た目、70歳付近か。若くとらえても65歳はゆうにいってる感じ。Zから降りてきたときも明らかに足腰に元気がないような印象だった。

ええ~? このペースでの走行をあのご老人が??? にわかには信じられないのだが; しかしそういった類のことは自分自身もこれまでたくさん実践して覆してきたから普通はとか一般的にはとかという先入観でとらえてはいけない。

これはもう確かめるしかないと思うんだ。追撃追撃~(笑)

それにしても速い。ここ公道なんですが・・・(ボソッ)。あとの詳しいことはここでは書けないので察してほしい。その走りを後ろから観察するに、この道をかなり熟知しているようだったし、車両の乗りこなし方も素晴らしい。ワインディングが終わる麓までストーカーのようについていき、Zがパーキングに入ったので自分もついて入る。Zからはちょっと離れたところに停車し、ドライバーが降りてくるのを待つ・・・。正解はどうなのだ? どきどき、わくわく。

そして・・・

がーん!
やはり今朝のご老人です!(笑)(笑)(笑) ぐぬぬ、信じられん!
やはり足腰に元気がないようで降車するのも非常にしんどい様子です。そろりそろりとトイレへ時間をかけて歩いて行かれた。

ボクはけっこうな衝撃を受けた。そしてめちゃくちゃ嬉しかった。感激。
くぅーっ!いいですネ!(笑)



秋の陣'16 2nd. season   ~FIN~   

ではまた。




Posted at 2016/12/03 21:04:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年11月24日 イイね!
【晴天パノラマ】 秋ドラ GO GO ♪ (中編)













【前編】 の続きです。




某日、某所、某時刻。

トンネルを抜け、ふたたび青空と緑のコントラストの中のワインディングを快走する。ご機嫌モードで、すんすんすーん♪


これから一気に標高を上げるが、その前に麓のパーキングで小休憩。スポーツ系の車種が数台いた。フェアレディZ、ロードスター、インプレッサ。ホイールや車高、シートや追加メーター類、見るからに弄られた様子のクルマたち。類は友を呼ぶ、そんな感じだろうか。なんか微笑ましい瞬間。
でも驚いた・・・。見た感じ、みな50~60代のドライバーなのだ。もうちょっと上に見える方もいらした。その年齢になってもそのようなカスタマイズされたクルマに乗り、ワインディングロードへやってくる。嬉しい光景。自分も将来そうありたいものだ。

あちらさんからの視線がMyシルビアに向く。かなり関心を持たれている様子。でもこちらからは目を合わせないようにする。追いかけてきてもいいけど、話しかけてこないでね~、今日は時間に余裕ないから(笑)

では、リスタート。
ここはあまりにも有名なワインディンロード。某所と言いつつも、ここは日光の第二いろは坂。一方通行路なので左右どちらの車線を走ってもOK。でもほとんどのクルマが左車線を走っていた。普段の感覚が身に染みついているから、ここでは来ないはずの対向車が意識から離れない(笑) 右車線のままコーナーに入っていくときの不快感がすごい;


何か見えてきた。


ロープウェイステーション。駐車場が満車のようで車線まで詰まってた。お、S14。



大きな鳥居。赤城を思い出す。青空と赤い鳥居のコントラストを活かした写真を撮りたかったけれどクルマの通行量が多くて諦めた。


人造ではなく、天然の大きな水溜り。ダム湖ではない。標高は1,270mくらいかな。


絵に描いたような左右均等末広がり~。登山者多数らしい。拡大したらどこかに写ってたりして。


寺。このいかにも観光地でございますという様子が苦手(笑)


湖畔で。いいとこだー! でも湖面からの風が冷てぇぇぇYO!


秋だなー。


湖畔からまたワインディングを走って標高を上げる。この日一番楽しみしていたところだ。その途中からの眺め。二枚目は俯瞰アングルで試し打ち。



一気に駆け上って山頂の展望スポットに到着~。標高はおよそ1,600mくらい.清涼感Good!


見晴らしサイコー! 天気サイコー! ワインディングサイコー!




つなげてパノラマ化してみた。


謎の俯瞰アングルで。


到着した時は台数少なかったのに、いつの間にかたくさん集まってきた。


しばらくして先ほどのいろは坂でごぼう抜きした観光バス数台がやってきた。そのバスから降りてきたのは大人数のリトルギャングたち・・・。遠足か~。Myシルビアに何人か群がってる・・・さっきのクルマだとか言ってる。これはあかん。バスを無難に抜き去ったつもりだったけれど注目されてしまっていたようだ; すっ呆けながら景色撮影を続け、人が捌けるのを待つ(笑);

では下山する。先ほどの湖まで戻る。


湖畔の駐車場まで戻ってきたが、偶然にも先ほど停めたときと同じスペースしか空いてなかった。ここで小休憩。


そしたら先ほどのバスがまたやってきてMyシルビアの両側に停車・・・。Oh、マイガーっ!今度はボク乗ったまま リトルギャングたちに囲まれた; 俺氏、ピンチ。

ちょっとしたら引率の教師らしい人がやってきて追い払ってくれたが、今度は手持無沙汰になったバスガイドがやってきて話しかけられる; ゾッキーやヤンキーと思われなかっただけマシか。
ここは関東屈指の観光地、老若男女さまざまな人が集う。

では移動する。本来ならここから第一いろは坂で下りて、ふたたび第二いろは坂で上って来たかったのだが。寝坊して時間の余裕がなくなってるから仕方ないね~。

湖畔沿いの道路をゆっくり進む。交通量が多くて多くて・・・これが天下の日光か。



チョンマゲ時代に大きな合戦でもやった場所なのかと、ずっと思ってた。


寄り道して牧場。みんな同じ姿勢だな・・・。


次の湖にて。木道が風景に溶け込んでいてよい雰囲気。この周辺も人とクルマが多くて多くて・・・。


では、あの山に向かってヒルクライム。日本百名道にもなってるそうな。とテンション上げて楽しみたいところだが、交通量が多くて多くて・・・かなりゲンナリ気分; でも自分の運転で来るのは初、明るい時間に来るのも初なのでちょっと楽しみ。


To be continued...

ではまた。




Posted at 2016/11/24 23:00:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
プロフィール
【BALANCE is ART.】 信条 : 終わりよければ全てよし 出身地 : 埼玉県トトロの森(の舞台になったところ) 生息地 : どこか...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
Myファン登録ぜひ
55 人のお友達がいます
アキラ先輩@ND2号車アキラ先輩@ND2号車 * canoncanon *
Y.J.M.Y.J.M. * 団長めろん団長めろん
BFA-KBFA-K なべっち@S15なべっち@S15
ファン
67 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
neuromax silvia
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.