車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月14日 イイね!
久々の箱根♪なかなかプチツーに行ける時間が取れなくなったという
いうブログをこの前挙げたばかりですが、次のチャンス
は意外に早く回ってきました。

日曜日の朝に上の娘の習い事の練習の為、武蔵小杉に
あるスポーツセンターまで同行する予定が入っていたの
ですが、前日夕方になって急遽嫁と娘達だけ川崎在住の
義妹の家に前泊することになり、土曜の夜から予定外の
自由時間をプレゼントされましたw


 ここ最近というもの、仕事も終電続きで疲れてもいたので土曜はのんびりと晩酌をして、日曜は家で
ダラダラ過ごそうかとも一瞬考えたのですが、折角の暇を無駄に過ごすのも勿体無い。
なので土曜日の晩酌は缶ビール1本に留めて早寝し、日曜日は朝からプチツーをすることにしました。
行先は久々に箱根を選択。こちら方面であれば帰りがてら、午後には練習の終わった家族を川崎で
拾うという出かけることに対しての大義名分をも得ることが出来るので一石二鳥ですw

日曜日の朝は微妙な空模様。土曜の雨の影響か行きの首都高は所々ウェットでしたが、東名で
神奈川県に入った辺りから晴れ間も見え出し、箱根では霧が出たりで富士山はあまり綺麗に見えな
かったものの、路面は殆どドライで気持ち良く走る事が出来ました。

 こないだのジムカーナ練習会でアンダーオーバーの挙動を何となく体験できたのが効いたのか、
ワインディングでも色々なV36のFR独特の挙動が体験できたような気がします。
V36乗り始めて半年も経ってようやくかというツッコミはさておいて、FFばかり乗っていたFR初心者が
ジムカーナとワインディングで感じたFR車の感覚を備忘録として残しておきたいと思います。





◎FFの引張る感覚とFRの押し出す感覚


 駆動方式が違うのですから当たり前の違いなのですが、鈍い私はこの感覚を意識するようになる
のに意外に時間が掛かりました。FFはターンインまでにスロットルオフで進入姿勢を決めクリッピン
グからアクセルを開けて前から引張り上げる感じ。主に集中するのはフロントのグリップ限界を探る
感じ。LSDの入ったFF車は猶更この傾向が強いです。

FRの場合もターンインまでに姿勢を作るという基本は変わらないのですが、スロットルを入れた時に、
横グリップに比較的余裕のあるリヤタイヤで蹴りだすので結果的にアクセル入れるタイミングは早めに
なり、FFではアクセルオフでしか作れない挙動をアクセルオンでも作れるなど自由度が高い。

但しその分フロント+リヤ両方のタイヤのグリップバランスを意識する必要があり、どうしてもフロント
タイヤに意識を集中しがちなFF車特有の乗り方だとFRの場合乗り辛い。FRを運転するには当たり前な
事ですが、この感覚はジムカーナ練習会で初めて体験できた部分で、FF歴が長いと無意識に前輪
のみに意識を集中させる乗り方になりがちです。


◎フロントの挙動の違い。

CL7…車検証車重1,390kg 前軸重860kg:後軸重530kg 重量配分61.9%:38.1%
V36…車検証重量1,590kg 前軸重870kg:後軸重720kg 重量配分54.7%:45.3%

 上記のようにFF対FRで前後重量配分が違うのは一目瞭然ですが、CL7もV36もほぼ同じ前軸重量
なのにも関わらず、フロントの重心高がV36の方が低い印象を受けます。
エンジンの出力軸の高さが違う横置きジアコーサ式FWDと縦置きRWDのV36ですからこれも当然
なのかも知れませんが、特に右に左にの切返しの多い長尾峠などではこの印象が強いです。

具体的にどう違うかというとフロントのロール感が少ないような気がするのですが、スタビやバネレートを
上げてロール剛性を高めているというよりは、ロールの出方自体が違うような感じがするんです。

…って素人感覚なので合ってるか分かりませんがww

また、前後重量配分の違いに関しては、ブレーキング時のフロントへの荷重の集中感の差になって表
れていて、初めのうちはフロントに荷重を掛け切れていないような印象を持っていたのですが、これ
はFF車の制動時の姿勢バランスに慣れているから感じたことかも知れません。


◎パワステのセッティングによる操縦性の印象

 V36、今時珍しい油圧パワステ装着車です。ジムカーナの時に感じた挙動の分かりやすさという点は、
この機構が功を奏しているのかも知れませんが、操舵力に結構手応えがある上に、直進から漸進的に
拳2つ分程度ステアリングを切り足していった辺りから更に手応えが重くなりアンダーが強まってい
るような印象を受けます。
特に旋回時間の長い高速コーナーなどでその傾向が顕著で、このままアンダーになりそうな気がして
しまってイマイチ踏んでいく気が起こらず、これは欠点といえるかも知れません。

ただこれが、タイトコーナーの多い長尾峠のような道で、ステアリングを一気に切り込むような乗り方
だとあまり気にならずに、結構フロントはグイグイ入ってくれる事に気が付きました。
なのでこれは実際にアンダーが強いわけではなく、操舵力の重さがアンダーと感じさせるものでは
ないかと思うようになりました。

事実タイトコーナーの奥では、フロントがグリップ限界を迎える前にリヤが回り込むような挙動を感じ
ることもあり、徹頭徹尾のアンダー特性というわけではないようです。





◎5A/Tは意外にスポーツできる&VDCは頭が良い

 V36の前期は5A/Tです。登場時から今時5A/Tかよとツッコミが入りまくり、後期型では新開発の
7A/Tに換装された曰くつきの前期型V36のA/Tですが、これが実は峠道では結構塩梅が良い。

マニュアルモードにおいてレブリミッターが効くまできっちり各ギアのホールドが出来るというのも長所の
一つなのですが、シンクロレブ機能がついていて綺麗に回転を合わせてダウンシフトしてくれる上に、
4→3→2速のダウンシフトは結構な高回転域まで受け付けてくれます。

レシオカバレッジが4.58しかないとはいえ段数も5段しかないのですから各ギアがワイドなのではという
懸念もありますが、そもそも車重に対して充分な3.5Lのトルクがある上にエンジン自体高回転域まで
きちんとパワーがついてくる特性なので、むしろエンジンを味わうといった部分で不足はありません。
シフトチェンジの時間もトルコンA/Tとしては結構詰めてる印象で、流石にDCT並とまでは言いませんが、
スポーツ走行でも使えるA/Tだと思います(街中での燃費が誉められたものではないのは事実ですが…)

また2速のタイトベントの立ち上がりではVDCの作動ランプが暫し点滅し、出力を絞っているのを
感じますが、作動は最小限に留まっている印象で失速するような事はないので、公道を走る限りにお
いてはVDCカットはまず考える必要はないと思います。


◎CL7 vs V36


 このように何となくV36というクルマのことが分かってきたところで、10年近く乗ってきたCL7の走りを
無理を承知で比較すると、操縦性に関してはCL7はターンインの姿勢作りはFFのセオリー通りに丁寧に
操作する必要はあるものの、旋回に入ってからの挙動はステアリング、足の動き車体の挙動すべて
においてに非常に分かりやすく伝わってくるので旋回時間の長いコーナーではCL7の方が気持ち良い印象。

V36は実際には曲がれる余裕があるのに、操舵力が妙に渋くなる領域があり旋回時間の長いコーナー
では若干不安を覚え踏み切れないことがある。逆にタイトコーナーではパワートレインの重心高が低く、
前後重量バランスの良いV36の方が絶対的な車両重量が重いにも関わらず振り回して乗りやすく、
CL7は車重こそ軽いけどフロントの重心高がやや高く、フロントの静的重量がV36と大差ない為か、
このような場面においてターンインの姿勢作りに若干意識を集中させられるというまさにFF対FRの
駆動方式の特性差が顕著に表れる結果になっています。


エンジンに関しては、直4VTECのCL7がクロスレシオの6MTを生かして適切なギアを選択すれば
8,400rpm超まで素直で繊細でダイレクトなレスポンスを返してくれる絶品の気持ち良さを持っていた
のでV36はやや不利かとも思いましたが、酷評されている5A/Tが予想以上にワインディングでは
使えること、排気量なりのトルクでどの回転数からでも充分な駆動力を発揮してくれる上に、VTECの
ようなドラマはありませんが、こちらも7,500rpm超までパワー感を伴って綺麗に吹けてくれるので、
これはこれで面白いキャラクターだと思います。



こうして峠道をクルマなりに軽く流しただけでFFのアコードに比べFRのV36は挙動の一つ一つが
対照的で、FR初心者の私にとってもFRのV36の挙動は色々新鮮に感じます。どっちがダメでどっ
ちが良いという訳ではなく、どちらも優秀なクルマなのですが、やはり1トン以上の鉄の塊を振り回
すわけですから、物理の法則は走りの違いに如実に表れます。

今回FRのV36を選んだ目的は、今まで慣れ親しんだFFだけではなくFRの挙動を身体で覚えて
クルマの操縦に関する体験の引出しを増やしたいといったものが目的だったので、その意味ではFR
という駆動方式の特性が分かりやすく出ているV36という選択は悪くなかったのかもしれません。

こうやって今までと全然違うタイプのクルマを乗り出してみて、走ったり考えたりを繰り返しながら、
分かることがあるっていうのは面白いものですね。


 箱根のワインディングの駐車場に佇むフルノーマルV36。その姿は観光ドライブに来た中高年のサン
デードライバーか、暴走車両警戒に潜む覆面パトカーかといった感じで場違い感が半端有りませんが、
走らせてみるとスカイラインはスカイライン。骨太で信頼して走りに集中できる辺りはやはりスポーツ
セダンなんだなぁと感じさせられました。

峠道をさらっと流しただけでこれだけの挙動の違いを感じるということは、操縦にさらに集中できる
サーキットを走らせたらもっと色々な事が分かるのかも知れません。

…っていうか走りたくなっちゃいました。金も暇も無いのに…困ったなぁ(笑)





オマケ
この日は私の21歳(+300ヶ月)の誕生日。家に帰ってお祝いをして貰いました♪
この歳になっても行動パターンが10代の頃と変わっていません。。帰り道でピックアップした上の娘
に何処に行ったかを尋ねられ、箱根までただ運転だけしに行ってメシも食わずに帰ってきたと答えた
ところ『おかしいよ、病気なんじゃないの?ww』と呆れられましたが(最早嫁は何も言いませんww)
これは確かに病気なんでしょうね(笑)。


Posted at 2017/05/16 00:20:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドライブ・ツーリング | 日記
2017年05月08日 イイね!
GW終了基本遠出することもなく、家族やお互いの親族と昼間
から酒飲んでばかりというクルマとは全く無縁なGW
でしたが、なんとかクルマネタを作る為にも6日だけ
暇を戴きまして昔からの友人とプチオフをしました。

付き合いの長い友達ですが、彼らと会うのもかれこれ
10年振り位でした。会わない間それぞれ結構な大病を
患ったり大怪我をされたり生活環境の変化があったり、
過ぎた年月の長さを実感させられましたが、こうして
好きな事で再会出来るのは幸せな事です。

プチオフ会場は筑波サーキットのジムカーナ場。友人とは午後から会う予定で少しだけ時間があった
ので、筑波サーキットに行く前に久々に朝の筑波山に寄り道して行きました。こうでもして機会を作り
でもしないとなかなかプチツーに行くのも難しいですしね(笑)
最近朝のプチツーにもなかなか行けてなくて、スカイラインに買い替えて筑波山に来るのは初めて
でしたが、暑くも無く寒くも無くで窓開けてのんびりと気持ち良く楽しむ事が出来ました♪



…が、この日は本コースにてプロクルーズのサーキットクロスが開催されていたようで、お友達の
ノリティさんが参加されていたりウェランさんが応援にいらしていたのを後になって知りました(汗)
筑波山に寄り道しないで朝から来て本コースを見学しに行けば良かった…残念。。。

筑波ではNON団様主催のジムカーナイベントが開催されていて、そのイベントに友人が参加、私は
本当ならその見学だけの予定だったのですが、見ているととても楽しそうだったので、無理を言って
急遽当日の飛び入り参加をさせて戴いちゃいました。
走行予定が無かったのでヘルメットもグローブも借り物。迷惑をお掛けして申し訳無かったです。。

友人達のクルマはコンパクトスポーツのK12マーチSRに今が旬のサクシード。で私がV36スカイラインと
車種もジャンルもバラバラ。足踏みサイドブレーキのV36でジムカーナやる人も余りいないと思いますが、
不利なクルマでもなんでも無問題。どんなクルマでも思い切り本気で走らせるのは楽しいものです。
ヘルメット被ってクルマで汗かいて楽しむってのも久しぶりでした。



ジムカーナは20年以上前、サーキット走る前に少しだけ体験した事があるんですが…その頃はミス
コース大王なんて有難くない称号を頂いていた私。ダブルミスコースなんて黒歴史も多々。。
パイロンコースはどうにも頭に入らず結局挫折してミニサーキットに転向したという経緯があります。
上級者の方にはパイロンの間に最速のラインが見えているようですがホント尊敬しちゃいます。

20年振りのジムカーナでもその鳥頭っぷりは相変わらず…どころか加齢により更に悪化した模様で、
360°ターンをした途端に行き先が分からなくなる始末。。カーナビが次のパイロンを教えてくれれば
良いのになんてアホな事を考えつつ、タイムアタックは早々に諦めVDCオフでクルマを振り回し挙動を
体感する事に重きを置く方向に切り替えますw



今までほぼFFしか乗ったことないのにも関わらず、いきなり重量級300馬力オーバーなんてFR車を
買っちゃったので、サーキット走らす前に一度広場で振り回してアンダーオーバーの挙動の出方を
体感してからじゃないと話にならないと前々から思っていたので丁度良い機会です。その目論見通り、
好き勝手クルマを振り回したことでグリップ限界域での基本的な挙動と、その挙動のドライバーへの
伝え方という基本中の基本且つ重要な体験をすることが出来ました。こうしてクルマとちょっと対話が
出来たおかげでサーキットを走れる自信も少しはついた気もします(いつになるやらw)

車の挙動的には典型的な入り口アンダー出口オーバーな動きなんですが、アンダー出る感覚やリヤ
が流れ出す感覚を割と分かりやすく伝えてくれるタイプで、振り回す状況下に於いて乗りやすく感じ
たのは意外な印象でした。この辺りのフィールはスポーツセダンの面目躍如といったトコでしょうか。
それに純正のビスカスLSD仕様とはいえ、やっぱり振り回すとFR車ってのは楽しい♪

ただ流石に動きの重さを感じたりアンダーが出始めると止まらなかったり、ターンインのアプローチは
アコードより難しそうだったりアクセル操作に対する反応にムラがあったり色々欠点も見えてきましたが、
長所短所や乗り方の課題etc色々な事を発見できたのはとても大きな収穫でした。

オマケに表彰式で『ミスコースだらけだったけど楽しそうにサル走りしてたで賞』的な賞まで頂いちゃい
ましてホント恐縮することしきりです(汗)。



そんなこんなで久しぶりの友達と色々語ったり、クルマを本気になって走らせたりと楽しめた上に色々
と勉強になった半日のジムカーナ体験でした。ただ、アンダー/オーバーが出る感覚が何とな~く体感
できたというだけで、挙動のコントロールが出来ているという領域には程遠いので、機会があればまた
こういった広場系の練習会には是非参加したいですね。

…その時はもう少しマトモにコース覚えるよう努力しなくちゃ(脂汗)。

当日色々ご無理を言って参加させて戴きましたNON団様、何から何まで大変お世話になりました。
お陰様でとても楽しむことが出来ました。ありがとうございました!
Posted at 2017/05/08 20:20:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 走行会 | 日記
2017年05月01日 イイね!
久々にプチツー半年近くのご無沙汰です。

年末から公私共に割と多忙で、平日は帰りが遅く、
土日は家の用事でPCを開く機会が減り、かといって
スマホでブログって気にもなれずROM専化してましたw

そんな生活を送っているので車ネタも何もなし(笑)。
今まで土曜日だけだった子供の習い事が日曜日にも
掛かる事が多くり、ドライブもすっかりご無沙汰です。

世の中はGWになりましたが、昨日は珍しく子供の習い事が何もなく、家の用事も無かったので、この
チャンスに久々に家族でドライブに行く事にしました。とは言っても、子供達も私達夫婦も暦通りで、
月曜日と火曜日は仕事の為、去年と同じパターンで近場のツインリンクもてぎに遊びに行きました。

GWの子供向けイベントがやっていたこともあり、場内は結構な混雑。モビパークにある乗り物も軒並み
1時間待ちとかになっていたので、今回は今まで行った事の無かったハローウッズに行って森の散策
をして遊びました。子供達がすぐ飽きるかと思いましたが、普段自然に触れる機会があまりないので、
里山というものが新鮮だったようで、走り回って結構楽しんでいました。



森の中の所々に変わった形の鳥の巣箱がぶら下がっていますが、中にはこんな面白いものも。



初代バモスと巣箱を掛けた『バモ巣』だそうです(笑)。なんでもハローウッズと本田技術研究所の
コラボ企画の『Hondaバードハウスプロジェクト』という企画らしく、間伐材を再利用して面白いモノを
作ろうというものらしいです。こういう発想のユルさというか自由さはHondaの良い点ですよね。

それにしても、メーカーの本職のデザイナーさんが手がけた作品だけあって、プロポーションがとても
リアルです(笑)。他にも純正用品のGathersと巣をかけた『Gatherっ巣』なんてモノもあったりしてなん
かウケました(笑)。

そんなこんなで散策したりご飯食べたり工作したりしてるうちに結構イイ時間になってきていたのですが、
上の子が絶対にやりたいと言っていたのがコレ。3月に出来た『迷宮森殿』なる5階建ての立体迷路。



CMか何かで見たらしく、これだけは譲れないと言い出したのですが、出来たばかりで人気らしく、夕方
近くになっても1時間待ちの長蛇の列。

下の子は女の子のくれに乗り物好きで、はたらく車を見に行きたいと意見が分かれたので、2対2で
分かれて別行動。私は上の娘と一緒に迷路に。

アトラクションの体験時間30分程度と書かれていたので、大したことなかろうと侮っていたのですが、
いざ挑戦してみると結構難しい。方向感覚を見失ってガチで泣きが入っている子供もいる位、上の階
に下の階と歩き回ってスタンプポイントを探すだけでも結構大変なのですが、小さい引き戸や隙間を
屈んで抜けたり乗り越えたりすり抜けたり・・・普段あまりしない姿勢と動きを強いられるのですが、
すっかり体が硬くなったオヂサンには結構辛いモノがありました(笑)。

結果、迷路内の混雑もあり、30分どころか1時間も掛かってやっとクリアする有様でもうヘトヘトです。。

下の娘は嫁と一緒に働く車を堪能。中でもトラクターとユンボとバスが大のお気に入りだったようです。
鉄ヲタでもあり働くクルマにも興味を示す女の子ってのも何だかオカシイですね(笑)。

本当なら、遊び終わった後コレクションホールにでも行ってから帰ろうと思っていたのですが、迷路で
難儀しているうちに閉館時間になり、見学することが出来ませんでした。企画展見たかったなぁ。。



そんなこんなで、サーキットに行ったのにクルマネタが何もないという週末でした(笑)。
5月中旬からは、上の娘の日曜日の習い事がさらに一つ増え、今以上に暇が減る事が決まったので
これからも遊びに行く時間はますます減る一方ですが、またぶらっとドライブに行ければいいなぁ(笑)。
Posted at 2017/05/01 22:06:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ・ツーリング | 日記
2016年11月18日 イイね!
秋の行楽 V36スカイライン Debut Run11月は私たち夫婦の10年目の結婚記念月です。
去年の11月には、娘達を実家にお願いして、夫婦
で日帰り温泉に行ってきたのですが、毎週土曜日
は子供達の習い事がある上に、日曜日にはその
習い事の大会などの予定が入っちゃったしていて
今年はどこも行けそうにもありません。。
などと思っていた先週火曜日のこと、11月14日の
月曜日は埼玉県民の日とかで子供達は学校休み
という情報を得ます。それに加えて私たち夫婦も
比較的仕事の手が空く時期で休みが取れそうな感じ。

それなら土曜日に子供の習い事を普通にこなしても、この日曜は予定もないし、月曜まで一泊でどこ
かに行けるじゃん!このチャンスを逃したら勿体無い!みたいな話になり、上の娘からも『紅葉を見
に行きたい』というリクエストがあったので、三日前の水曜になって急遽一泊での家族旅行の計画を
始めました。幸い、直前の割には、日曜宿泊ということで宿も簡単に予約することができました。

紅葉の綺麗そうな行先を色々考えていたのですが、岡谷にあるプリンス&スカイラインミュウジアム
が11月13日の営業をもって冬季休業に入るということを知り、スカイラインオーナーになったのにス
カイラインの事を何も知らないのでスカイラインのお勉強をする為にスカイラインミュウジアムへ行っ
てみることにしましたw

計画では、往路は中央道で諏訪まで向かい、翌14日はビーナスラインを経由して軽井沢辺りまで抜
けようかと考えていたのですが、金曜日の晩に天気予報をチェックすると14日は天気が悪いという予
報。折角なら天気の良いビーナスラインを愉しみたかったので、予定を変更し上信越道で佐久まで
出てビーナスラインから諏訪まで下ることにしました。



13日は朝5時出発。渋滞などに巻き込まれる事もなく朝9時には美ヶ原高原へ。夏に来た時には天気
が悪くて散策が出来ませんでしたが、リベンジ成功です。雲一つない絶好の散策日和でした♪
美ヶ原周辺には、路肩や日陰部分の所々に雪があるような状況でした。もう少しするとビーナスライ
ンも冬季通行止めです。



ビーナスラインの景色を楽しみながら諏訪方面に下り、お昼頃にはスカイラインミュウジアムのある
鳥居山やまびこ公園に到着。天気も良く暖かかったので、手前のコンビニでお弁当を買って諏訪湖
の見える芝生の丘でピクニックして、その後はお目当てのスカイラインミュウジアム。娘達も、初めの
うちこそクルマを眺めていましたが、案の定すぐに飽きた模様。でもこの公園、子供の遊べる遊具も
いっぱいあるので安心です。それからは子供は公園、私はスカイラインのお勉強と、暫しの間の別
行動。お父さんのHappyTimeですw
展示物の写真の中に、懐かしいCASHIEWロゴ入りのR31を発見。実物が見たかったなぁ。





スカイラインミュウジアムを出て家族と合流してからは、サイクリングなどをしながらのんびりと公園
で遊び、午後4時にはその日の宿の諏訪湖温泉『朱白』へチェックイン。
諏訪湖で宿泊するのは初めてですが、部屋も綺麗で雰囲気も良く家族全員大満足♪
食事の信州牛も美味しくて利き酒セットの日本酒が進んで夫婦で聞し召していましたww
この日はスーパームーンの前日、露天風呂からの明るい月と諏訪湖の眺めは素晴らしかったです。





翌日はこれまた娘達のリクエストで、遊覧船に乗ったり、ガラス細工の体験工房へ行ってみたりした
後、お昼頃に諏訪を出発。この日の予定は特に決めていなかったのですが、何とか夕方までは天気
が持ちそうな予報になったので、折角ならと草津方面まで足伸ばしてみることにします。
この日は平日。長野道はあまり走ったことが無いので、お仕事モードでかっ飛ばすプロボックスやハ
イエースに露払いをしてもらいながら順調に進みます。
上田菅平で高速を降り、国道144号で草津を目指しますが、途中で嬬恋パノラマラインの看板を見つ
けたので、国道を外れます。4年前の夏に下の娘がお腹の中にいた頃に通ったことのある道なんで
すが、とても気持ち良い道なんですよね。





以前は嫁と二人で立ち寄った愛妻の丘。今度は家族4人で来ることが出来ました♪
山間が赤く染まっている景色は見事で、下りコーナーを抜けた先、橋の袂の深い山間の景色がパノ
ラマで視界に入った時には感動で思わず家族全員揃って『わぁ~!』と歓声を上げちゃいましたw

草津温泉には14時頃に到着。お昼ご飯を済ませていると、普通に小学校から下校してくる小学生と
かが湯畑の脇を歩いていて、今日が平日であることを思い出させますw
平日に家族でのんびりと観光するは初めての事なので、何か新鮮な感じですw
食事の後は、大露天風呂に浸かったり、湯上りに温泉街を散策したりして夕方までのんびりと過ごし
ました。草津の賽の河原大露天風呂は10年振りくらいに入りましたが、随分綺麗になっていました。





草津を出たのはぽつぽつと雨の降りだした18時近く。平日の夕方ということもあり、渋滞に巻き込ま
れることもなくスムーズに流れ、20時半頃には自宅に到着することが出来ました。

そんなこんなで、天候にも恵まれ、紅葉、外遊び、美味しい食べもの、美味しいお酒、温泉、ドライビ
ング、旧車、素晴らしい景色と色んなものを堪能できた700km弱の家族揃っての秋の行楽ドライブ。
スカイラインのDebut Runでしたが、家族4人乗せて快適に走ってくれました。高速6割山道4割の長
距離なのに燃費が10km/ℓを割ったのは地味にショックだったりもするんですが、まぁ良いでしょうww
さすがはポール・ニューマンも『Let's go For Lo~ng Dr~ive』って宣伝しているだけあって(いつの話
だww)、旅の相棒にはぴったりなクルマですね。



これからもヨロシク♪
Posted at 2016/11/18 21:02:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ・ツーリング | 日記
2016年11月16日 イイね!
Newマシン導入記ご無沙汰しています。

アコード売却のブログを挙げてから3ヶ月。嫁さんの
スイフトを使わせてもらう日々が続いていましたが、
予想外に予定がバッティングすることが多く、色々と
不便を感じる事が多くなりました。
また、嫁の不在時に子供の塾やスポーツクラブの送迎
にクルマを使う事が増え、そういった点でも多少不便を
感じるようになり、維持費の削減を目的に売却した経緯
とは矛盾しますが、やはり自分の車が無いと不便。。

まぁ、そういった利便性の理由に加えて、やっぱりクルマ馬鹿が自分のクルマを持てないっていうの
は少々寂しいっていうのも本音の部分にあったりするのも大きい理由ではあるんですが。

なので、アコードの売却代金から当面の費用を差引いた金額で買える中古車を探すことにしました。
FBなどをご覧の方は紆余曲折あった事をご存じだとは思いますが、メンドクサイのでここでは省略w

車を探すにあたっては、子供を乗せることもあるので、とりあえず4人乗れることがマストの条件。
強いて言えば、今までFFの4気筒車ばかりを乗りついできたので、それとは違うタイプのクルマに乗
りたい。ちょっと前までは、次はライトウェイトのFRをなんて考えていた時期もありましたが、そもそも
4人乗れる軽いFRは思い当たらないし、軽い車に行く前に6発のクルマにも一度乗りたい気もする。
予算も2桁万円台とかなり心もとないので、それ以外の条件はあまり欲張らずに探す事にします。

で、実車確認と試乗を何台かさせて頂いた上で選んだのがこのクルマ。V36スカイラインのセダン。
スイフトを買ったのと同じ系列の販社のトヨタの中古車センターで見かけたこのクルマ。初度登録は
2007年7月なので、アコードよりも半年くらい新しいクルマです。走行距離は2万4千キロと年式を考え
るとかなり少な目のワンオーナー禁煙車。ディーラー系なのでメーター巻きの心配は無いでしょう。



外装の程度は年式相応というか、ライトの上面に黄ばみが出ていたり、ホイールのガリ傷があった
り、前オーナーがワックス派だったのか、ボディ全体にヘアスクラッチやワックス滓がこびり付いてい
たり、内装も塗装が一部剥げていたりで、正直見た目の印象はあまり良くはありませんでした。



ただこの個体、前オーナーの点検記録簿が全て揃っていたのですが、12ヶ月点検と車検だけではな
く、6ヶ月点検も欠かさず受けていて、その度にオイル交換がされているような、過保護な扱いの個
体だという事が判明。年間平均2000~3000kmしか走っていないので、1000~1500kmに1回、少ない
時には半年450km程度のスパンでオイル交換とかされていて勿体無いお化けが出るレベルですw

試乗をした感じも悪くなかったし、ディーラーも色々とサービスをしてくれて、トヨタの保証を2年延長し
ても予算内に治まったので、内外装の程度はある程度妥協し、このクルマに決めることにしました。

まぁボディとヘッドランプは研磨すればなんとかなるかも知れないし、内装はいざとなったら自家塗装
でも良いし、ホイールのガリ傷はまぁ何とか我慢できそうなレベルだし。



で、納車当日。現車確認しに行った時と何か印象が違う。なにが違うのかと思ったら、ヘッドランプが
綺麗に透き通ってます。なんでも納車整備の段階で、レンズ内部に若干の結露が見られた(私は全
然気が付かなかった)のでヘッドランプユニットは左右共に新品に交換をしてくれたという事でした。



その他にも、リヤのショックに若干のオイルの滲みがあったから交換、ブレーキパッドも、前所有者
の整備履歴に交換を推奨するコメントがあったので前後共交換と、色々やってくれていたようです。
これだけで結構な費用が掛かってると思うのですが、この念入さは流石ディーラー系って感じです。

納車後すぐにみん友のターさんに磨きとコーティングをお願いして、まずこれでかなり見れるように。

ボディが綺麗になるとホイールの傷が気になるようになり、何気なく近所の中古パーツ屋に行くと、
たまたま程度の割に安い純正アルミ(インフィニティマーク付きw)を見けたので、とりあえず確保。

タイヤは5年落ちのルマン4を履いていて、とりあえず溝は5分山程度はあったので、当面交換の予定
は無かったのですが、折角綺麗なホイールをゲットしたことですし、低年式ではありますが、折角の
走行距離の少ない個体。クルマが多少なりとも新しいうちに、新車に近い性格のタイヤを履かせて
本来の状態を確認してみたいと思い、思い切ってタイヤも交換をすることにしました。

と、ここで問題発生。V36の新車装着サイズはフロントが225/50、リヤが245/45の前後異サイズの
18インチなのですが、フロントの225/50というサイズが曲者で、プレミアムスポーツ系のタイヤの選
択肢が無い。またフロントは設定があってもリヤの245/45の設定が無いパターンも。
事実上、スポーツ系のタイヤで選べるのはポテンザS001と新型のピレリP-Zero、アドバンスポーツ
は型落ちのV103の3種類の中からしか選ぶことが出来ないようです。

結局、P-Zeroは大幅な予算超過、V103も結構高く、近所のタイヤ館にふらっと立ち寄ってS001の見
積もりを出してもらったら、工賃にサービスで4輪アライメント調整までやってもヒラノタイヤ価格よりも
安かったので、思い切ってS001を奮発することにしました。久々のBSタイヤです。
タイヤ館って値段が高いっていう先入観があったのですが、今はそうでもないものなのですね。

剥げ剥げだった内装、パワーウインドゥスイッチのパネルは塗装をしようか考えたものの、近所の
日産ディーラーで部品価格調べてもらったら4枚1万円ちょっとで新品が買えるようなので交換。

と、一通り手を入れて、気持ち良く乗れる状態に。ここまでやっても何とか予算内で収まりました。



ということで新しい相棒になったスカイライン。まだあまり乗れていませんが、アコードと比べると色々
な部分が違っていて、新鮮な感動を受けています。アコードのような車重を感じさせない操縦性やエ
ンジンを回し切る楽しみは失ってしまいましたが、その代わりに鬼のような剛性感と豪快な吹け上が
りのエンジンを手に入れることが出来ました。パワーバンドをきっちり使い切れる6M/Tを操る楽しみ
は無くしてしまいましたが、イージードライブとスポーツ性を両立した5A/Tを楽しめます。

長いカーライフ、こうしてがらっと今までと状況を変えて楽しむというのもまた面白いかと思います。
軽いクルマが羨ましくなる状況もありますが、その時は嫁さんのスイスポ足入りのスイフトで楽しむこ
とも出来ますから、重量級FRをスカイラインで楽しんでみるのも良いでしょう。

正直、このクルマ、公道では持て余すと思いますので、余った純正ホイールにまたアジアンハイグリ
ップタイヤでも履かせて、まったりサーキット走行・・・なんてプランもあったりなかったりww

維持費を削減するためにアコードを手放したのに、アコードより燃費も悪くて税金も高いクルマ買う
とか、馬鹿かアホかといった感じで、自分自身ちょっと呆れていますが、買っちゃったものは仕方ない
ので暫くはこの2台体制で楽しんでいきたいと思います。



家の車がシルバーのスイフト+スカイラインと2台とも覆面パトカーのような車になってしまいましたww
Posted at 2016/11/16 21:04:40 | コメント(5) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記

プロフィール

「武蔵野線終電乗車中。接続待ちで20分停車とか。。勘弁してよ(;´д`)」
何シテル?   05/25 00:48
クルマの運転が大好きです。 過去にはミニサーキットで遊んでたこともありますが、 メカやチューニングにはてんで疎いです。 どちらかと云えば目を吊り上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

CL7のリアサスジオメトリーと挙動の関係 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/24 01:01:07
CL7のリアサスジオメトリーと、挙動の関係 : その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/24 00:52:35

お友達

お気軽に声をかけてやって下さい♪
65 人のお友達がいます
RS-hiroboxRS-hirobox * 猫屋敷ちゃたろー猫屋敷ちゃたろー *
ウェランウェラン * 4nzigen4nzigen *
Kei SatoKei Sato * 朝霞の種馬reborn朝霞の種馬reborn *

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
スカイライン350GTタイプS ブリリアントシルバーメタリック 2016年10月中古 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
スイフト1200XS スターシルバーメタリック 2015年 8月中古購入 妻の通勤& ...
カワサキ Ninja1000ABS カワサキ Ninja1000ABS
カワサキNinja1000ABS キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ...
ヤマハ JOG YV50Z ヤマハ JOG YV50Z
ヤマハJOG50 ニューシルバーダスト 2000年 9月新車購入 坂が多く、自転車で ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.