• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sorekara.のブログ一覧

2017年11月04日 イイね!

東京モーターショー2017(BEYOND THE MOTOR)

東京モーターショー2017(BEYOND THE MOTOR) 今年は例年より1ヶ月早い開催だった様ですね。年末だとと思っていたので余裕こいていたら、既に始まっていました。(テレビなんかの報道もありましたが、気が早いなぁ~なんて思っていました。)おかげでいつもは空いていそうな日を狙っていくのですが、相当な混雑が予想される3連休初日に家族4人で突撃して来ました。

 案の定すごい人出で子どもの面倒を見ているとクルマを見るなんて余裕はなく…マツダ→メルセデス→トラック・バスの大型車ブース→レクサス→三菱→スバル…を見たあたりで「もういいか…」という気持ちも出てきてしまいました。何とか気を取り直した所で西館へ向かったのですが奥さん、子どもの意向で4階のトミカブース、カーズコーナーに誘導されてしまったので、ここで今回のモーターショーは終了と相成りました。

 …という事で今年のモーターショーはあまりちゃんと見れなかったのですが、前回に続き「電気自動車」「自動運転」「先進の安全技術」…というテーマが前面に出ている様な気がして、ワクワクする様な展示がさらに少なくなった様に感じましたね。むしろ三菱ふそうやVOLVO、SCANIAのブースに近未来的なトラックが展示されており、子どもと一緒に「すごいね~このトラック…」などと盛り上がって観ていました。(PeterbiltやWesternStarも来てくれないもんでしょうか…)

 我らが三菱ブースは前回は「電気の力+SUV!」みたいな事を何度も連呼し会社のリソースをEVに注力していく行くと宣言しており、その行く末を案じていたのですが、この2年で危惧していた通りの結果となってしまいました。前回のパジェロやデリカ、RVRのコンセプトモデルもまるで何もなかったかの様に…

※写真はUDトラックスの「Quester」。子連れで行くと大型車メーカーのブースは人も少なめだし、展示のバスやトラックでくつろげて快適です…
Posted at 2017/11/04 11:54:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・遠征 | 日記
2017年10月20日 イイね!

IXY190(RE)

IXY190(RE) 仕事柄、現況写真を撮る事が多い為、デジカメは持ち歩いており多用しているのですが、現行の「IXY100」の液晶画面が壊れ、設定どころか撮影確認も出来なくなった為、急遽代替用の新マシンを購入しました。基本デジカメは壊れるまで使い倒しますので、今回も型落ちの機種をamazonさんで物色。価格と性能の程よい妥協点である「IXY190」を選定しました。色は前機種が鮮やかな「青」だったので、今回は「赤」にしました。(クルマやシロモノの大型家電などは、どうしても保守的にモノトーン色に逃げてしまいがちなので、小物では何とか攻めの姿勢を見せたい…という方針です。)

 手元に届いた「IXY190」は前機種と全く同じ使い勝手であり、性能的には少しずつ上回っていますので、日常使いには何も不満等はないのですが、何となく「塗装」の質がアクリル塗装仕上げっぽくて安っぽいのが気になります。(前機種の方が工場焼付塗装っぽくて高級感がありました。)又、「canon」のロゴがエンボス加工からただの塗装になってしまったのが減点対象ですね。この辺、クルマと同じでモデルチェンジでコストダウンされている箇所があり、必ずしも新モデルの方が上質ではない…という事でしょうか。

 最近では一眼レフカメラを持ち歩いている「カメラ女子」なんていうのも見かける事があるぐらいで、カメラもクルマの世界同様に間口は広いながら、相当に深い世界だと聞いております…が私にとっては仕事で、旅先で、子供の運動会で…と公私に関わらず、とにかく撮影出来ればよいツールですので、汎用機種で十分ですね。これまでPENTAXOptioS40→IXY70→IXY100→IXY190と変遷してきましたので、今回の「真紅のマシン」は5年…いや3年ぐらい持ってくれれば御の字でしょうか。

※写真は新旧のIXY。まるでスクーデリア・フェラーリの様な…
Posted at 2017/10/20 00:11:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | お買いモノ | 日記
2017年09月25日 イイね!

お漏らし対応

お漏らし対応 ここ最近、2~3か月に1度ぐらい立駐デッキ上のリアデフ下部付近に黄色いオイル滲みがあり、経過観察をしておりました。傾向としては降雨後や湿度が高い日の後にリアデフオイルが「一滴」だけ落ちているのかナ…という感じで精神衛生上は良くないのですが、緊急性は低そうなので定期のEgオイル交換と一緒に対応するか…という事で様子を伺っていたのですが、随分前に「リコール対応」とリリースされていた「ワイパーモーター交換」の連絡が今更ながら三菱Dから来ましたので、まとめてやっつけるか…という事でDに入庫して来ました。

 担当者に事情を説明しリフトに上げてもらい、一緒にアウトランダーのフロア下部を見上げたのですがリアデフの「フィラーボルト、ドレンボルト廻り」「デフケースのガスケット、シール部分」からのオイル漏れ跡は確認出来ず…。何となく「怪しい」と「プロペラシャフト」のグリス滲みを指摘されましたが、お漏らし跡からは結構離れた箇所…という事で、Dからは「問題ないと思います」との見解を頂きました。又、自分の目で確認した事で納得しているのですが、ここは「安心を買う」という意味で前回交換から約16,000kmと少し早かったのですが「リアデフオイル交換」「フィラー、ドレンボルトガスケット交換」を合わせて実施しました。当面はこれで様子見ですが「デフケースのガスケット、シール更新」という事になるとデフの分解、再組立て、周辺部品の取外し等、結構な作業量、作業時間を要しそうなのが伺い知れるので、これでお漏らしが無くなってくれれば…と思っています。

 …ともあれ、新車納車から丸10年を経過して来ているので、ボチボチ壊れるトコロが壊れて来る時期に突入しているのだと感じた所ですね。

※タイトル写真はリアデフ廻り。お漏らしの跡は確認されず。むしろ綺麗なぐらいで…

おまけ:お漏らし跡
Posted at 2017/09/25 14:54:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス他 | 日記
2017年08月27日 イイね!

雨滝(鳥取・島根遠征)

雨滝(鳥取・島根遠征) 今年の夏休みは鳥取・島根をセットにして山陰方面をツーリング。夏の旅行は観瀑が目的の一つになるので今回は「日本の滝100選」から「鳥取県・雨滝」を軸にして「鳥取砂丘」「出雲大社」等の他の観光地を旅程に組み込み、VITZ(後期型)(レンタカー)を駆って初日をコナン空港→雨滝→鳥取砂丘・砂の美術館→三朝温泉、2日目を三朝温泉→足立美術館→松江城→玉造温泉、3日目を玉造温泉→日御崎→出雲大社→縁結び空港(でVITZを返却)と2泊3日で400km以上を走破、ハイドラCPを70箇所ぐらい獲得しました。

…という事で満を持して臨んだ旅行だったのですが、初日まさかの寝坊で予約していた飛行機に乗り遅れるという、あってはならない痛恨のミスでキャンセル待ちの為、羽田で足止め(予約していた便は沖止めで駐機していたので、まとめてバスで乗り込む為、早々に搭乗を締め切ったとか)…。結局、次の便で私と子ども二人、次々便で奥さんがフライトしてバラバラに鳥取入りするという予期せぬアクシデントがあり、予定を変更し父子3人だけで「雨滝」で観瀑して来ました。駐車場から滝まで歩いて10分弱だったのですが、先月奥多摩で沢遊びをさせた事で、沢遊びを覚えてしまった2人を引っ張り滝壺まで連れて行くのに骨が折れ「日本の滝100選」にも選ばれる落差40mの直瀑を楽しむ余裕はなかったですね。かなり滝に近寄れるので涼んだ後に奥さんを迎えに空港に戻りました。

 終わってみれば寝坊してしまったせいで予定変更を余儀なくされたものの、概ね見たかったポイントは周る事が出来ました。なかなか訪れる機会は少ない山陰エリアですが、砂丘(特に丘を下りきった谷付近)は異世界感がありますし出雲大社は日本人の心に刺さる雰囲気があります。他にも松江城はストリートファイターⅡのリュウステージのモデルになっており、おっさんの涙腺に訴え掛けて来たり見どころの多いエリアだと感じた次第です。次回はもう少し掘り下げてみたいと思いますね。

※写真は雨滝。滝壺に容易に近づく事が出来、周囲で沢遊びも可能。観瀑後は近隣のとうふ工房で休憩可能でした…。
Posted at 2017/08/27 23:22:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年07月24日 イイね!

Cars3(カーズ/クロスロード)

Cars3(カーズ/クロスロード) 夢の続きでもあり、新たな人生でもあり…カーズ/クロスロードがいよいよ公開です。既にマテル社のミニカーを始めとした各種グッズも発売され、テレビCMも流れており長男、次男の気持ちもいやがおうにも高まっています。

 いつもの通り最寄りのシネマイクスピアリで鑑賞。内容としては劇中では半ば伝説のチャンピオンとなっている主人公ライトニング・マックイーンの斜陽を描いた作品で、見る前は2005年、2006年シーズンの「ミハエル・シューマッハ=落日の赤い皇帝」を思い起こさせるウェットなストーリーだと思っていましたが、物語の終盤で(本人の心理的な葛藤はあまり深く描かれていない為)傍目には簡単に後進に道を譲ってしまい2007年シーズンのM.シューマッハ→F.マッサ(もしくはK.ライコネン)の様な禅譲、世代交代劇まで行ってしまいました。果たしてこの終わり方だと続編はあるんでしょうか…。とはいえ、前作の「カーズ2」がカーズの世界観を舞台にしただけの「スパイ映画」だった事を思えば子供、大人が楽しめる内容でしたね。

 また、映像や演出は圧倒的でこれまでコレ系のディズニーのアニメ映画はDVDやテレビでしか見た事が無かったのですが、街並みや自然の背景が実写と見紛うばかりか、キャラクターのボディの映りこみ具合が半端でなく、1,2作目もこのクオリティだったのならば、改めて劇場で観てみたいと思うほどでした。(押井監督作品の様なクオリティで、果たして子供向けの映画でここまでやる必要があるのかは疑問ではありますが…)

 長男はこれが映画館デビューだったのですが、最初は暗くて嫌がっていたものの、いざ本編が始まるとずっと集中してエンディングまで観ており満足し切っておりました。(次男の方はDVD/BD発売までお預けです。)私としましては自分の武道系趣味の引き際(おおげさ)はどうしようか…等と余計な事も考えさせられましたが、前作よりもマックの活躍が多かった事、チョイ役とはいえキング、ダイノコ社長、チック、ジェフ、ダレル、ボブ…といった名脇役たちの出番があった事が良かったです。…取りあえずマテル社のクルーズ・ラミレス(No.95)とジャクソン・ストーム(No.20)のミニカーでも探しましょうかね…。

※写真は東京メトロのスタンプラリーで獲得したクリアファイル。暑い中頑張りました…
Posted at 2017/07/24 01:25:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記

プロフィール

「ポチっとな…と…」
何シテル?   07/21 22:11
鋭意準備中です。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

都下近県の方、気楽にお誘い下さい。
7 人のお友達がいます
タクピータクピー kazu3939kazu3939
MonK3YMonK3Y youkeyouke
東京男児東京男児 いたランダーいたランダー

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダー 三菱 アウトランダー
趣味車だったプリメーラからの乗り換えです。30代前で結婚等の今後のイベントを考えて趣味車 ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
いわゆるⅡ期型のMT車です。(Ⅱ期型のマイナー後のモデルで天井材等がコストダウンされてい ...
ホンダ フィット3 ハイブリッド ホンダ フィット3 ハイブリッド
実家の新しいアシとして就役したフィットハイブリッドです。 コンパクトで扱い易く、燃費も良 ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
実家にて運用しているP12プリメーラです。2002年に実家の前車HP10(AT)の代替え ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.