• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白つがるのブログ一覧

2013年03月22日 イイね!

ED延命メニュー第3期その5-3 サイドステップOH

ED延命メニュー第3期その5-3 サイドステップOHというわけで、左サイドステップは変形、右は塗装剥がれという症状になりました(-_-;)

変形は脱着しないとどうにもならないのでともかく、問題は塗装剥がれ。
ディーラーに見せましたが、やはり部分塗装だとゴムプロテクタとの境目にマスキングによる段差ができて、そこから塗装が剥がれやすくなると。さらに、その段差は今後サイドステップを脱着してゴムプロテクタを新品にしたときに困る(個体差でゴムプロテクタとの境目線がずれて段差が露出してしまう)ということでした。
トドメは部分塗装も全体塗装も金額はほとんど変わらない(調色の手間は一緒ですし、一本塗りしても面積の少ない部品ですからね…)と言われ、もう部分塗装にほとんどメリットはありません。

だったら右も脱着して丸ごと再塗装してしまおうと。そこまでやるなら左も脱着ついでに塗り直しです。
気になるのはゴムプロテクタは両面テープなので再利用が難しく、また新品に交換しないとならないこと、そして再塗装するということは半年前に貼ったばかりの透明の保護プロテクタまで新品で貼り直さないとならないという無駄っぷり(-_-;)
元はちょっとお腹を擦っただけなのに、何でここまで大事になっているんでしょう…。

しかし、そんなこと言ってたらまた話が進まなくなるので、勢いでOHやってしまいました。
何だかんだで10年以上の酷使で近くで見ると思いの外小傷が多く、OH後の塗装面は見事な綺麗さです(^^)

が、しかし、塗装は良いとしても再度の部品脱着で思わぬ落とし穴が待っていたのでした…。
Posted at 2013/03/22 19:42:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | カリーナED | クルマ
2013年03月15日 イイね!

ED延命メニュー第3期その5-2 サイドステップ塗装剥げ

ED延命メニュー第3期その5-2 サイドステップ塗装剥げサイドステップの変形で凹んでいたら、何と塗装剥げまで発見してさらに凹みました(泣)

写真がそうなのですが、今度は右側です。パール塗装が剥げて白の下地が見えており、帯状に10cmくらいあるので結構な大きさ。
ただ、不思議なのがどうやってこんな位置が剥げたのか。サイドステップの下部ならどこかに擦ってできたんだろうと理解できますが、こんな上部の、しかも斜め上を向いた面だけが剥げているとは如何に…??

色々考えてみてあり得るのは…
・高速走行中、前輪で巻き上げた氷塊が当たって持って行かれた
・車体側面に張り付いた氷がドア開閉で剥がれる際に擦れた
・雪深いところを走ったときに混入していた氷塊が当たって擦れた
こんなくらいしか思い当たりません。

ちなみに、サイドステップが変形したのもそうですが、つい先日氷点下20度の高速走行してましたから、そのときについた可能性大。
特に上で二番目に書いた車体側面に張り付いた氷というのはこういうことです↓


本当に不思議な傷ですが、兎にも角にも傷が付いてしまったのは事実。
タッチアップしようにも、いくらサイドステップでそう目立たない場所とはいえ、10cmもあったら色違いがクッキリ…(-_-;)
かといって部分塗装を頼もうにも、すぐ上にゴムプロテクタがあるのでそれが邪魔(クリアランスは僅か1cm程度)。
地味に嫌~な傷つき方してくれました(泣)

前回の変形の話もそうですが、4WDだからといって雪や氷の中をあまり気持ち良く走ると、思いがけない車体へのダメージがあるようです…。
Posted at 2013/03/15 19:34:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | ED延命メニュー | クルマ
2013年03月14日 イイね!

ED延命メニュー 第3期その5-1 サイドステップ変形

ED延命メニュー 第3期その5-1 サイドステップ変形長らく中断して溜まっていたED延命メニューですが、ED熱があるうちに少しでも書いておきます(^^;)

今回は純正サイドステップOHのお話ですが、長くなるので分割してお送りします。

まずは表題にもあるとおり、サイドステップが変形したのが事の発端。
真冬の温泉行きから帰ってきて洗車していたところ、サイドステップ前側が微妙に膨らんでおり、サイドシルとの間にあるゴムプロテクタから飛び出していることを発見。
タイトル写真がその状態で、一見するとわかりにくいですが、写真の両端だとゴムプロテクタがサイドステップの上にかかっているのに対し、写真中央だとサイドステップが横に膨らんでいるためにゴムプロテクタからはみ出して隙間が出来ています。

中に氷が詰まっているようだったので、お湯をかけて解凍したら柔らかくなったものの、肝心のゴムプロテクタが上手く嵌りません。やむなく翌日ディーラーに持って行ったところ、右側はピンを使ってゴムプロテクタを引っ張り出すことで直ったものの、左側はピンでゴムプロテクタを引き出しても、サイドステップ自体が膨らんでいるためにすぐ元に戻ってしまうとのこと。
これを直すには一旦取り外して修正してから付け直すしかない…との診断でした(泣)
変形していることよりも、サイドステップの端が露出していることが問題です。写真でもその症状が出始めていますが、端の部分から塗装剥げてくるので。

何でこんなことになってしまったのか…。
思い当たる節は二つあります。

まず雪国の方だとよくわかると思いますが、雪道を走っていると前輪がかきあげた雪がサイドステップ前側の底に付着して地面近くまで垂れ下がります。
暖かければ柔らかい雪のままですが、真冬であれば凍結して固い氷に。
百聞は一見にしかずで、以下がその状態です。


サイドステップが変形したと思われる日に撮ったので、まさしくその原因と思われる証拠写真です。氷点下20度にも達する走行だったので、氷はガッチガッチ。

この状態で下を擦った記憶があるんですね。
お店の駐車場から出る際、車道との境目にあった凸状の段差に引っかかって、ガリッ!と派手な音がしました(-_-;)
普段なら何ともなくとも、こんな固い氷を垂れ下げたまま強打したんですから…。

そしてもう一つ。
変形を発見したとき、パンパンに膨張していたサイドステップがお湯をかけることで見違えるように柔らかくなったことから、中に氷が詰まっていたのは間違いありません。
ということは、サイドステップの裏側から侵入した水や雪が酷寒での高速走行で冷やされて凍ってしまったのではないかと推察されます。

そんな氷でパンパンに詰まっていた状態で、前述の垂れ下がった氷とともに下から強い力がかかり、詰まっていた氷が下から圧迫されることで横に膨張した…というのが自分なりの推測です。

昔純正サイドステップを後付けするときに冬のダメージが心配でしたが、今回初めて直面することに。
ただ、もう10年以上冬に乗り続けているのに何で今更…とも思ったのもまた事実。
第1期でサイドステップを付け直して隙間を解消したことがありましたが、もしかしたら今まではボディとサイドステップに盛大な隙間があったから気が付かなかっただけじゃないかと思うようになりました。
取付クリップが割れていたのも、自然劣化ではなくそのせい(冬に腹を擦るなどで圧迫された)だったのかも…。

ひとまずサイドステップ裏側から水や雪が侵入するのはどうしようもありませんが、底に張り付く氷に関してはこまめに除去しようと思います。
Posted at 2013/03/14 02:38:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | ED延命メニュー | クルマ
2013年03月13日 イイね!

結婚後の車生活

先日アテンザの試乗の話を書きましたが、最後に値段を聞いてビックリしました。
NCとほぼ同額かちょっと安いくらい。

え、このクオリティでプラスチッキーなNCと同価格??
こんなに広くて一台で何でもこなせる車と同じ!?

やっぱりNCって贅沢な車だと改めて痛感しました。
そう、結婚生活に使ってみると不便なんです。
今は毎週スーパーに買い出しに行きますが、トランクが浅いので長ネギがそのまま入らず、いちいち取り出さないとならないし、買い物袋に満載にすると、トランクの蓋と干渉するのでやはり荷物を崩さないとなりません。
それに、食料品だけならいいですが、それ以上に別の物も買ってしまうとトランクに入る??と考えなきゃいけなくて。
位置が高くて決して積み卸しのしやすいトランクではないので、重量物を扱うのも気を使いますし。
長くて開けにくいドア、低いフロアに傷つきやすい本革シート&内装パネルで乗り降りもしにくく(乗降性はNAよりも若干悪化してます)、こうも日常に入り込んで使うとそれらが煩わしくもなってきます。毎回毎回こんなに気を使っていられないというのが正直なところ。

独り身の時は助手席使い放題だったのに、二人乗り前提で使用頻度が上がった途端にこの不便さ。
夫婦二人でこれなんですから、子どもまでいたらそれはもう…(-_-;)
週末だけ車に乗る生活ならまだいいんですが、毎日車にどっぷり生活ですから。

その点、EDならリアシートに乗せるだけでいいし、大きな荷物だって全然余裕。
ドアは短く、フロアの低さだってNCから見たら十分まっとうな車なので、駐車場での乗り降りも楽々です。
フォーマルでどんな場面でも通用するセダンの長所も有り難かったり(NCもNAよりはフォーマルですが、やはり普通の車よりは確実に目立つので)。
楽すぎて夫婦ともども暖かくなってNCに戻れるのか?と戦々恐々だったりします…。
嫁さんもEDの買い物や乗り降りの楽さはお気に入りの模様(本来実用性は二の次の車なので、そういう褒められ方は複雑な気分なんですけどね)。

それに、あのタフさ、工業製品としての品質の高さはNCにはないのです。
NCは綺麗で格好はいいけど、どうにも華奢で…。
やっぱりED凄ぇ…と今更ながらに惚れ直しているところで(^^;)


…と、散々NCをこき下ろしましたが、まだ続きがあります。
営業さんにNCって贅沢な車だと話したところ、「NCは一度手放したら買い戻しにくい車だと思います」と。
なるほど、それは思います。これだけの価格帯ですからねぇ…、遊び車としてそう気軽に買ったりできません。私も今手放したらまた買える気が全くしません。

で、この話で思い当たる節がありまして…。
結婚後に嫁さんに聞いたら「結婚後ならNC買うのは絶対許可しなかった」と(滝汗)
「いくらオープンが良くても、こんな生活に役立たない車にそんな大金は出せない。レンタカー借りてもいいんだから。スポーツカーは一度乗れればいい。生活はまた別の話」と(大汗)
「仮にNAをあのまま乗り続けたとして、そう遠くないうちにボディの寿命が来て、もしかしたらオープンカーでの買い替えも許可したかもしれないけど、出してもせいぜい50万」とも言われ、NCは絶対無理。良くて安いNB?お手軽セカンドカーのコペンも無理ですね。

独身のうちにローン組んでしまえばどうにもできまい!作戦は見事成功したわけですし、NCを手放せとは一度も言われたことはないんですが、それでもここまで言われてしまうと背筋が凍ると言いますか(-_-;)
車(オープンカー含む)に理解ある嫁さんでもこんなことを言うんですから、世間の現実は厳しいですね…。
既成事実作り(ローンを組んだNC、修理費かけ過ぎて今更捨てられないED)は大切なことだと痛感した今日この頃です(汗)

そんなわけでとりとめのない話になりましたが、NCもEDもかけがえのない車となっております。
ただ、元々はEDを大事にするために足車としてNAを買い、そのNAが買うなら今しかないという口実でNCになったわけですが、生活環境の変化で二台の役割が変わっていきそうな気配です。少なくとも、夏はEDを完全に眠らせてNCだけというのは難しそう(というか、しんどい)。
EDがメイン、NCはお出かけ用の特別車という、車本来の性格に合った使い分けになるやもしれません…。
Posted at 2013/03/13 01:22:42 | コメント(1) | トラックバック(1) | NCロードスター | クルマ
2013年03月12日 イイね!

新型アテンザ試乗

遅ればせながら新型アテンザ(ディーゼルAT)試乗してきました。

セールス攻撃がうっとうしいので試乗というのは本気で購入考えてる車しかしないつもりでしたが、担当の営業さんなら買わない(買えない)のを知ってるので、別件のついでに電撃試乗することに。

ただ、営業さん同乗のうえ(やっぱり会話に注意力取られます…)、試乗コースは流れの悪い幹線道路だけだったので、走りの方はあまりよく味わえませんでした。
とりあえずディーゼルとは思えぬ静かさはわかりましたが、走行フィール自体は踏み始めからしっかりトルクが出ているものの、正直期待していた強烈なトルク感という程の感触は味わえず。踏み込めば驚けたのかも知れませんが、やはり試乗コースが悪かったようです。
ただ、乗り味はガッシリしていて高級感は感じました。

それよりも印象的だったのは内装の質感の高さ。
特にステアリングの本革の触り心地は今までの中で間違いなく最上で、営業さん曰く、メーカーではアウディを持ってきて同じ素材使っていますとアピールしたそうですが、確かにこれは素晴らしい。惚れ惚れする感触です。
最近は2Lクラスでもプラスチッキーな車が多い中、アテンザはソフトパッドを多用していて、本革だけでなく内装全体にクオリティを感じますね(インパネに透明パネルを多用していたのは気を使いそうで抵抗ありましたが…)。
さらに助手席のドアトリムがEDよりも明らかに遠く、広いなぁと(その代わり走っていてもボディサイズの大きさは感じます)。
これでFFというのが不思議なくらいの車格を感じました。

しかしながら、営業さんが真っ先に嘆いていましたが、今回のアテンザから4WDがなくなっています。
初代も先代も4WDあったし、他社のこのクラスはみんな4WDグレードを持っているので、そこは売りにくいだろうなと感じます。
ディーゼルにMT設定する男気に惚れる反面、4WDを割り切られてしまったのは雪国ユーザーとして正直寂しいですね(泣)
ディーゼル、4WD、MTが全て揃うのは依然としてエクストレイルGTしかないわけです。

ちなみに、アテンザのデザインはEDと通じる物があり、初代からずっと気になっていた車でした。実際、昔E2の掲示板を見ていてもアテンザに乗り換えた話は結構聞きました。
初代は4WDターボのマツダスピードがあって熱い視線を送っていたし、先代はデザインが一番好みだったこともあり、4WDにMTがあれば本気で購入候補に入れていたと思います(この当時はオープンカー買うなんて全く頭になかった頃ですし)。
そこからすると、実は今回のアテンザは良い車だけど自分の中では遠くなってしまった存在です。車幅1800mmを越えると家の機械式立駐入らないし…。

まあ、好みのモデルチェンジしてくれても買える余力などあるわけないんですが(^^;)
EDが動かなくなったら、このクラスを真剣に検討する日が来るんだろうか…。
Posted at 2013/03/12 01:47:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他車種 | クルマ

プロフィール

「@Griffith@日本語版
無事で何より。お疲れ様でした!

何シテル?   09/03 01:46
今更感がありますが、車の情報まとめるために登録してみました。 メインはST205カリーナED。マイナー車なうえ、古くなってきていよいよ同車種の人が減ってきまし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

青いロードスター 後編(NC、ND) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/30 06:52:32
貴島さんインタビュー NCにVTEC?ありえない!(D-2) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/30 06:52:22
トヨタ(純正) リヤスポイラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/18 22:30:35

お友達

同じ車種の方、車好きの方、良かったら絡んで下さい。あまりマメに更新する方ではありませんが、よろしくお願いします。
25 人のお友達がいます
burnerburner * にっしー☆にっしー☆ *
ゆうたパパパゆうたパパパ Griffith@ヴェールスペシアルGriffith@ヴェールスペシアル
東消厚11東消厚11 ♪都市のカリーナED_TWINCAM16♪都市のカリーナED_TWINCAM16

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カリーナED トヨタ カリーナED
デザインと4WD+MTに惹かれて購入。ST205のMTは希少だったので、結構探しました。 ...
マツダ ロードスター 白つがる (マツダ ロードスター)
悩みに悩み抜いて、NA6CEからの乗り換えました。 人生初の新車、思い入れたっぷりです。 ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
足車を探していたところ、いい話があったので知り合いから購入。一度オープンやFRに乗ってみ ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
免許取って最初の車。親戚から譲ってもらいました。外装、内装共にくたびれていたのでその辺は ...

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.