シボレー コルベット クーペ

ユーザー評価: 4.32

シボレー

コルベット クーペ

コルベット クーペの車買取相場を調べる

日本車では味わえなかった満足感 - コルベット クーペ

マイカー

日本車では味わえなかった満足感

おすすめ度: 5

満足している点
外見。
スーパーやホームセンターなど、たくさんの日本車の中に止めてもまったく溶け込まないデザイン。どこにいても置いても目立つ!
車高など下げなくても初めから全高が低いし、どこから見てもかっこいいデザイン。
そして排気量!
7000ccのトルクがどれほどか?
排気音が大きいから、知らない人が聞いたら高回転まで回してるだろう、と思うのでしょうが、
普通に走れば2000回転を越えることが無いです。
6速使うとアイドリングくらいまで落ちます。
アイドリングの回転数で普通に走れちゃう。
というか、アクセル踏まなくてもギアチェンジしていくだけでも走れます(笑)
排気量が大きいと仕事量は少なく済む。
ベタ踏みフル加速は次元が違いすぎて怖い。
ライバルはフェラーリ、ポルシェなのも納得。

最初からアルミシャーシ、カーボン外装、トランスアクスル、ドライサンプ、バッテリーリヤ置きという車好きにはたまらない作り。

アイドリングと排気音!
2500rpmくらいからようやく「トルルルー」というコルベットのV8が聞ける。もう最高です!
不満な点
不満は無いが、始動時の音が大きいので気を使う。
早朝、夜遅くは無理、アイドリングさせず始動したらすぐ移動。
温まればそんなに気にするレベルじゃないんだけど。
総評
車を長く長く乗り続けたいと思うならアメリカや海外の車です。
日本車は純正部品がすぐ廃止になり、ヤフオクでバカみたいな高い値段で取引とかよくありますが、海外の車は違います。
廃業したり消えたメーカーの車は難しいですが、今でも存在しているメーカーの車なら部品は手に入る。
コルベットで言えば初代1960年代の部品が今でも買えます。
修理部品も日本車よりアメリカ車の方が安く、修理も日本車はAssy交換ばかり、でもアメリカ車は細かい部品が買える。
ATばかりの時代に今でもMT、FRを作るのはアメリカ車くらい。
そして日本車とは違い、数え切れないほどたくさん改造部品があります。

どこに行っても目立つし見られる、乗ってる人をまったく見かけません。
満足度は非常に高いです!
買って良かった!!


デザイン
5
車はやっぱり横のデザイン。
横から見て、車の厚みに対して窓が寝ていて面積が狭ければ全高が低く見えます。
低く見せるデザインはやっぱり海外メーカーがはるかに上。
そして幅が広い。
まさにスポーツカー、いやスーパースポーツです!
走行性能
5
純正の足だけど、ロールが少ない。
カップ2タイヤは冷えてると滑ります。
乗り心地
4
固いです。
タイヤの幅も大きいのでハンドルとられるときがあります。
積載性
5
シートの後ろがすぐトランクなので、室内からバッグとか荷物を置きやすい。
燃費
4
気にしてないのでまだ分からないです。
価格
5
流通量が少なすぎます。
手に入れるまでほんと待ちました。
故障経験
今のところ無し。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)