スバル トラヴィック

ユーザー評価: 4.27

スバル

トラヴィック

トラヴィックの買取情報を調べる

クルマレビュー - トラヴィック

  • マイカー
    • Scotch782

    • スバル / トラヴィック
      Cパッケージ(AT_2.2) (2003年)
      • レビュー日:2021年5月18日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    ミニバンとしては過剰と思える動力性能。
    外観はコンパクトながら積載性に優れているところ。
    不満な点
    内装は質素で、古くなると劣化が目立つ。
    適合する消耗部品が少ない。
    総評
    高速道路や、ワインディングロードで他車をごぼう抜きに出来るスポーツカーのような動力性能とコンパクトな外観のボディに人も荷物も十分に載せられるパッケージが魅力。
    未練があるのか、気になるのか、トラヴィックのページを何度も見に来る元ユーザーがいるように、一度乗ると離れがたい魅力がある車です。
    デザイン
    4
    飽きのこないデザインで、長く乗っても古臭く見えない。
    窓ガラスが大きく、開放感がある。
    走行性能
    5

    170kmで巡航出来るよう設計された車で、抜群の直進性を誇り、スピードを出してもあまり怖さを感じない。
    車の姿勢が安定していて他車がブレーキを踏むようなカーブでも突っ込んでいける。
    乗り心地
    4
    足回りは硬めだが、不快ではない。
    エンジン音は静かで振動なども少ない。
    積載性
    4
    座席のアレンジが多彩なフレックス7を採用し、乗車人数に合わせて荷室の広さを変えることが出来る。
    燃費
    3
    動力性能からすれば、十分な燃費だと思う。
    不調は燃費に表れるというので、ずっと記録しているが、30万キロ超えた時点でも燃費が悪化するどころかむしろ向上している。
    価格
    5
    総額240万円で購入した車で、コスパは抜群だった。
    故障経験
    私の場合、6ヶ月はもちろん、12ヶ月点検も行わず、車検もユーザー車検や格安車検で済ましてきたが、一度もドナドナの経験は無い。
    定期的なオイル交換など基本的な管理をしっかりと行ない、乱暴な運転をしなければ長持ちする車だと思う。
    エンジンやオートマは丈夫だが、電装品やプラスチックなどの品質は国産車より劣るかもしれない。
    エアコンのコンプレッサーやラジエーターが故障した。
  • 過去所有
    スバル トラヴィック
    • hi_*

    • スバル / トラヴィック
      Sパッケージ(AT_2.2) (2002年)
      • レビュー日:2021年5月5日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    ミニバンではオーバースペック気味な走りと剛性。
    不満な点
    年々かさむ維持費。
    総評
    走る・曲がる・止まるの基本を押さえたいい車でした。
    デザイン
    5
    未だに飽きのこない内外装。
    走行性能
    5
    いざとなれば追越車線をひとりじめ?
    乗り心地
    5
    家族も酔わない、安心して眠れる乗り心地でした。
    積載性
    5
    3列目を尺取り虫のように折り畳めば広大なラゲッジスペースでした。
    燃費
    3
    10行くか行かないほど。
    レギュラーガソリンが救いでした。
    価格
    5
    安全性込みで考えると安いぐらいでした。
    故障経験
    大きなトラブルはありませんでした。
  • 過去所有
    • じぇーむず

    • スバル / トラヴィック
      Sパッケージ(AT_2.2) (2003年)
      • レビュー日:2021年3月13日
      • 乗車人数:7人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    アウトバーンで鍛えた走り、大人7人が余裕で乗れるパッケージング
    不満な点
    特に不満無し
    ただ、スバリストからは水平対向エンジンじゃ無いし、FFだし、スバルの皮を被ったオペルとして人気はなかった
    総評
    比較的コンパクトなサイズの3列シートミニバン。
    2.2L直列4気筒DOHCエンジン搭載。駆動方式はFF。
    OEM車ながら「本家」オペル・ザフィーラより100万円安かった。
    デザイン
    5
    車体全体を滑らかな形状とし、安心感と安定感のあるデザインを追求。Sパッケージはエアロパーツを纏い、Cd値0.30とミニバンとしてはかなり優秀
    走行性能
    5
    トラヴィックはGM傘下のサターンが開発したオールアルミ製の2.2L 直4 DOHC【Z22】を搭載。
    ・エンジン:直列4気筒DOHC、2198cc
    ・最高出力:147ps/5800rpm
    ・最大トルク:20.7kgm/4000rpm
    2001年当時、世界最速ミニバンと言われていた。
    乗り心地
    5
    Sパッケージは205/55R16タイヤ&アルミホイール、スポーツサスペンション、エアロパーツなどが装備され、スポーティに仕上げられた。
    足回りはフロントにストラット式、リアにトーションビーム式が奢られた。
    スバルが日本の道路に合ったダンパーチューニングを施していた。
    ハンドリングはシャープで、ドイツ車らしい硬めな乗り心地の味付けだった。
    積載性
    5
    7人フル乗車時は小型スーツケース2個程度だが、積載量が多い場合は、2列目シートを前に出すことで最大640L、さらに2名乗車時に2列目シートを折りたたみ3列目シートを格納することで、最大1705Lのカーゴスペースを確保。
    3列目シートには、未使用時は床下に収納できる「フレックス7シーティングシステム」という便利な機構が採用されていました。
    燃費
    3
    ・燃費:10.0km/L(10・15モード)
    実燃費
    街乗り8km/l
    高速12km/l
    価格
    5
    224万円(2001年式 Sパッケージ)
  • 過去所有
    • LEN吉

    • スバル / トラヴィック
      SLパッケージ(AT_2.2) (2002年)
      • レビュー日:2021年2月5日
      • 乗車人数:7人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格4
    満足している点
    FFミニバンながら、ハイスピードで狙ったラインをトレースできるハンドリングが持ち味で、アウトバーンを200km/hで疾走できる。
    全長4.3mのコンパクトボディながらも大人7人乗車が可能。
    ドイツ出張時、ベース設計車ザフィーラのタクシーに乗り、アウトバーンで180km/h近くの速度を体感したが、安定した走りで全然不安感はなし。
    不満な点
    内装は、ドイツ大衆車らしく簡素で素っ気ない感じ。

    ブレーキの効きは良いが、欧州車のご多分に漏れず、ブレーキシューダストでホイールが汚れやすい。

    ウィンドウに歪みがあり、ワイパーがビビりやすい。対向式の左右ワイパーのタイミングがずれ、衝突破損したこともある。
    総評
    設計オペル、生産GMタイ、企画販売スバル、の国籍不明車。
    元はオペルの中堅ミニバンザフィーラのOEMだが、スバルが独自チューン追加。
    ドイツの合理的設計と走りのスバルが融合した、ハイスピードミニバン。
    日本のメーカーには作れないであろう車造りの思想の違いを感じさせる、走りに妥協しない基本性能。
    クセが強いので、積極的におすすめはしません。

    ☞LEN吉の愛車「スバル トラヴィック」

    ☞スバル トラヴィックというクルマ
    デザイン
    5
    卵形の張殻高剛性ボディで空力特性も優れる。
    走行性能
    5
    高速コーナーで狙ったラインをトレースできる。
    スノーモード(3速発進)、アクティブトラクションコントロール、電子制御ABS を装備し、雪道走行性能も高いが、高トルクが災いして雪上の坂道発進はやや苦手。
    乗り心地
    4
    ポルシェがチューンに加わったと言われるサスペンションは、ロングストロークなバネと高減衰力のダンパーで、路面に吸い付く走りを実現。
    反面、ミニバンらしくない硬い乗り味。低速時ほど段差通過のショックが大きい。


    ドアヒンジには、厚さ6mm以上のアングル材で加工された蝶つがいが全周溶接される。国産車にはない圧倒的なボディの剛性感を生み出す理由の一つ。
    積載性
    5

    シートはレカロかと思わせる秀逸な座り心地。
    最後までヘタることなくパンとした張りを保つ。

    多彩なシートアレンジで積載効率がよく、3rdシートを畳むと、大型スーツケース5基搭載可能。2ndシートも畳めば、長尺物も積載できる。
    燃費
    3
    オペルZ22エンジン搭載。
    最大出力;147PS/5,800rpm
    最大トルク;20.7kg-m/4,000rpm
    街乗り; 8リットル/km
    高速 ; 11リットル/km
    価格
    4
    装備と走りに比べればお得感は高い。
    ヤナセ販売のザフィーラより、スバルは50万円も安く価格設定したため、ヤナセの高利益が露呈され、オペルの日本販売撤退に追い込んだ逸話あり。
    故障経験
    初期故障; パワーウィンドゥ不動、ホイールナット固着
    経年劣化; オルタネータ不動、マフラー穴開き、エンジンオイル下がり
    (12年間で22万7323キロを走りました)
    対向式ワイパーの衝突、破損
  • その他
    スバル トラヴィック
    • ykoma

    • スバル / トラヴィック
      Cパッケージ(AT_2.2) (2003年)
      • レビュー日:2020年10月6日

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    3列シートのミニバン、でも走りは譲れないですよね。
    そう思いながら早30年⁉
    不満な点
    トラはいろいろ壊れたけど、いい車でした。まだ乗っている人が多いのは分かります。今の愛車はプレマシー(crew)ですが、次はcwを狙っています。
    総評
    壊れなきゃ、トラ最高。しかし無理なので、代わりの車を物色中ですが、プレマシーのcrewからcwが順当な選択と思っています。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース