スバル XVハイブリッド

ユーザー評価: 3.81

スバル

XVハイブリッド

XVハイブリッドの買取情報を調べる

クルマレビュー - XVハイブリッド

  • マイカー
    スバル XVハイブリッド
    • Y.O.U.

    • スバル / XVハイブリッド
      ハイブリッド 2.0i-L アイサイト_AWD(CVT_2.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/01/21
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      Iモードでは低速時のハンドリングが妙に重く、しかしクイックでもない具合、そしてCVT特有の回転数が上がってからの加速が鈍重な感じを助長します。
      しかしSモードにするとこのあたりが解消されて素性の良さが顔を見せてくれます。この車をつまらないと思う前に普段からSモードで走ってみることを強くお勧めします。

      乗り心地

      やや硬めでリヤは突き上げ感があります。
      その分路面状況がつかみやすいという点でバーターです。
      また、シートが大柄な人向けに作られており、小柄な自分としては非常に疲れるものとなっています。

      燃費

      制限速度(メーター読み)で走るならばカタログ値の8掛け、普通に走るならば7掛けくらいでしょうか。
      通勤(10㎞以下)に使う場合、気温が低いとHVの恩恵があまりなく、当然のように10ℓ/㎞を切ります。

      積載性

      元々がインプレッサなので普通乗用車並みかと思います。通常使用なら何ら問題ありません。
      ただホームセンターで買った長さ180㎝の合板を載せたい! といった場合は前席のヘッドレストに立てかける形になり、ちょっと辛いです。そういう時は素直にルーフレールを使いましょう。

      故障経験

      特にありません。

      満足している点

      走破性が比較的高く、HVで重めな車にしては結構走り、それなりに積載性もあり、デザインも良く、アイストも気にならず、長距離運転もこなす……頭抜けてスゴイ! というのはないけれど、大いなる中庸にして欲張りセットな車です。
      アイサイトや視界の良さはスバル車共通ですが、1780㎜という幅は大きすぎず運転しやすいです。

      不満な点

      ヘヴィー…。
      正直ガソリン車の軽快感に比べると重い感覚です。
      以前先代のレクサスRX450h(これも重い)に乗ったことがありましたが、その時ほどではないにせよ、発進から巡航速度までが少し遠く感じられます。
      逆に同乗者にとってはしっとりとして変にスピードも出さない良い車かも?
      Iモードでは必要充分過ぎ、Sモードにして初めて本来の性能を取り戻す感があります。
      なお、燃費は郊外路・高速ではガソリン車の方が良いかと。

      総評

      色々書きましたが4年乗った感想として、スバル初のHVとしては良く出来ていると思います。
      ……本気でフォレスター並みの装備とターボ(あれ、HVは⁉︎)を積んだらメチャクチャ売れるんじゃないでしょうか。
      ただ、某国のZEV規制向けに作られた感が否めなく、まだまだ過渡期のHVであることを認識させられる車両です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    スバル XVハイブリッド
    • 81kuku

    • スバル / XVハイブリッド
      ハイブリッド tS_AWD(CVT_2.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2018/10/22
      使用目的:その他
    • 走行性能

      少し重いかな。

      乗り心地

      飛ばさないので十分。

      燃費

      然程。

      積載性

      普通。

      故障経験

      知りません。

      満足している点

      運転はしやすい。

      不満な点

      発進時のモーターからエンジンの切り替え時にショックがあり、不快。
      煮詰め不足か、CVTの設定か?わからないが、気持ちが悪いので検討外とした。

      総評

      ちょっと期待していただけに残念。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    スバル XVハイブリッド
    • 柚街道

    • スバル / XVハイブリッド
      HYBRID 2.0i-L EyeSight (2013年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/10/06
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      出力は高速や山道でも十分。
      モーターアシストを活かした燃費走行もできるが、高回転でもフィーリングがよい。
      パドルシフトは不要。
      足回りはやや硬めだが、どちらかといえばカーブの多い道における軽快感より直進安定性を重視した印象。
      最低地上高が高く、積雪路や轍のある未舗装路でも余裕で対応できる。

      乗り心地

      パワーシートは大き目で調整もきめ細かくできるので快適。
      長時間ドライブでも腰痛が出たことがなく、国産車のシートでは最高レベル。
      エンジン再始動時に振動が出るが、一旦走り出せば剛性感が高く滑らかな印象。

      燃費

      平均14km/L。
      将来的に車両価格が高くなっても、モーター領域拡大+PHVとして、大幅な燃費向上が図られることを望む。

      積載性

      トランクルームにバッテリーが備わるため深さはないが、実用上問題はない。
      リアシートが分割可倒式のため、スキーやボードを積むのに便利。

      故障経験

      ①前ドライブシャフトより旋回時に異音(13万km)
      ②エアコンガス漏れ(19万km)
      ③Fロアアームの振動(21万km)
      ④ワイパーモーター故障(22万km)
      10万km超を中古で購入する方は、保証に入っておくことをお勧めします。

      満足している点

      ①デザートカーキのカラーとボディスタイル。特に、タイムマシンのようだと言われるリアが秀逸(現行型にないもの)。
      デザートカーキは、融雪剤の多く撒かれる地域でも汚れが目立ちにくいが、洗車すると塗装の美しさが引き立つ。

      ②悪天候時の走行性の高さ。
      雨の日も雪の日も走らないといけない、毎日乗る車でこそ安心感に違いが出る。
      特に、雪氷路における発進性能及び加速度の高さは素晴らしい。
      比較的温度の高い(0℃前後)降雪時の走行において、フロントガラス右上部に付着してくる雪を溶かす電熱線や、素早く温まるシートヒーターが備わるので、寒冷地で使う人にやさしい。
      ウィンドゥウオッシャー噴霧の凍結対策(-3℃位まで)を強化してくれれば、もう言うことなし。

      ③黒塗りで敷居の高いディーラーが増える中、カジュアルで入りやすい店舗。

      不満な点

      ①ペダルレイアウトが悪い。
      ブレーキペダルのオフセットが左寄りかつ手前過ぎ。
      両ペダルを踏む支点が定まりにくく、長時間の運転ではかかとが痛くなる。
      現行型では概ね改良されている。

      ②CVTはさらなる熟成が必要。
      アクセル踏み始めの反応(駆動力の立ち上がり)が鈍く、少し遅れて加速度が上昇する癖があるため、停止からの加速が気持ち良い(スムーズ)とは言えない。
      減速→再加速の際、(昔の)CVTによく見られた「しゃくり」も出やすい。

      ➂サービス拠点が少なく、些細な点検や整備にも駆け込み(予約なし)で対応してもらえないことが多い。
      また、特殊なスポーツモデルでもないのにオイル交換6,000円以上と、国産車としては整備費が高い。
      但し、これは少量生産メーカーのためやむをえないところもある。

      総評

      普通車のグローバル化が進み、ボディが際限なく大きくなる流れの中で、このボディサイズで魅力的なSUVを作ったこと。
      300万円以下で、スバルらしい高性能な4駆システムとアイサイトを盛り込み、水平対向エンジンのHVという独自性を味わえること。

      派手過ぎず地味過ぎない、上手くまとめたボディデザインで、通勤用にも旅行の友としても満足できる。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • レンタカー
    • moguler8

    • スバル / XVハイブリッド
      ハイブリッド 2.0i アイサイト_AWD(CVT_2.0) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/06/18
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      車高の高さを感じさせないハンドリングはなかなかでした。加速時や坂道ではモーターのアシストが力強く車を進めてくれます。
      CVTも軽やトヨタの車のようなゴム伝達感は無く、ATに近い伝達フィールでしたので、違和感はありませんでした。

      乗り心地

      足は固められているようですが、乗り心地が良くないとは感じませんでした。音が静かです。

      燃費

      市街地と山間路で13kmくらいでした。
      EV走行はほとんどしません。

      満足している点

      モーターのアシストが結構わかりやすく、過給機の役割をしています。加速時や坂道で力を発揮してくれるので、運転はラクです。

      不満な点

      全体的にいいですが、それが故普通の車っぽく感じて、面白味に欠ける感じはありました。
      どうせならもっとスポーティに振ってもいいのかも。
      運転していて静か過ぎるとも感じました。

      総評

      レンタカーを借りて乗ってみました。
      以前乗ったガソリン車のXVと比べ、100kg以上重いですが、それほど重さは感じず、ストレス無く乗れる車だと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • その他
    • ユキスイ@GrpBP

    • スバル / XVハイブリッド
      ハイブリッド 2.0i-L アイサイト_AWD(CVT_2.0) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/07/29
      使用目的:その他
    • 走行性能

      EVモードへの移行が自然で感心。EVからエンジンへの切り換えでモタつかず、スムーズに加速していくのでストレスも感じませんね。特に走行中でエンジンが掛かる場合も音や振動が気にならない。

      又、条件が合えば積極的にEVモードに切り替わります。アイドリング中も自分で発電→充電してその都度モード切り換えをせっせとやりますね。アイサイトでの走行中も同じようにクルマが考えて切り換えします。エライ!


      ハイブリッドと言うよりかは「電機ターボ」的な色が強いシステムなので、そのアシストのお陰でエンジンパワーは普通に走るぶんには必要にして充分。

      新しいエンジンでロングストロークになった影響か、EJに比べて低速のトルクが増えてとても乗りやすくなりましたね。


      アウトバックとタメ張る200mmのロードクリアランス。アプローチ&ディパーチャーアングルがかなり稼げるので結構な勾配へのアクセスも難なく行けそうです。上記は走りだけでなく、乗り降りのし易さにも一役買っていますね。

      乗り心地

      通常のインプレッサより車高が高く、当然足のストロークも増えているハズですが、タダ柔らかいだけではなくてしっかり地面を掴んでいる感触。

      コーナリング中のバンプ/リバンプで少しフワフワした動きをしますが、これはタイヤの偏平率が高い影響かなと。足回りは腰砕けにならずに良く動いていたと思うので、タイヤのショルダー部分の剛性が高くなると大分違うかも?

      GH系インプレッサの時から言われていた、リアのタイヤハウス内防音(雨の日なんかは跳ねた水がタイヤハウスに当たる音が結構したんですよね)がかなり解消された様子。克服か?と思いきや、今度はフロントタイヤが跳ねたモノがフロアにパチパチと当たる音が少し気になる。

      燃費

      ちょっと頑張って走っちゃったのでゴメンなさい、全く参考にならない数字になっちゃいました……ww

      元々のアベレージも低かったと思うので尚更アテにならないや……w

      積載性

      レガシィ譲りの造り方で、荷物もバッチリ積めます。5人乗りとハッキリ割り切っていると言うのもあるかも。スキーやボード等はオプションのルーフレールの上にラックで積んだ方が似合いますね~!

      流石に荷物がっさがっさ積むワケには行かなかったので、そこはオーナー様のリアルな話を参考にして下さい(爆)

      故障経験

      実際に故障はしてませんが、とかくハイブリッドやEV車で言われるのがバッテリー自体の耐用年数。そしてバッテリー劣化に伴う交換作業の金額がどれくらいまで上がるのか?でしょうね。

      車体の価格差を燃費の差で元を取るには一体何年先になるの?と言う点も冷静に考える必要はあるかと。

      満足している点

      流石にシートの出来はちょっと期待して居なかったのですが、やっぱりスバルはスバルでした。そこそこの時間運転しても疲労感が少ない。ビックリです。アクティブギアとして使うなら、もう少しサイドサポートが高いと私的には◎

      レヴォーグに乗った時も思いましたが、ステアリングの太さと形状が私的にとてもイイ。程よい太さで握りやすいし、安心感がある。チルト&テレスコピック機能があるのも素晴らしい。コレはスバルとマツダを他銘は見習うべき。


      【アイサイト】
      Ver.3に進化してカラー化され、ブレーキランプ認識が可能になったコトで急激にポテンシャルが上がりましたね。悪天候だと使えないと言うデメリットを補って余りあるメリットの数々。正直この手のデバイスの中では頭一個抜きん出ているとさえ思います。
      かなり手前から先行車をカメラで視認出来ているみたい。左右にくねった道だと先行車をロストしてしまい、設定した速度まで加速しようとして先行車発見→ブレーキ……と若干ちぐはぐになってしまうのが惜しい!

      車間距離の調整がちょっとヘタ(爆)
      後ろから見てると「なんやコイツ運転下手くそやなぁ」と思われるかも?

      しかし、車間距離が少し詰まると直ぐに減速の信号が行くと言うコトは、それだけステレオカメラのポテンシャルが高い証拠でもあります。下手すると人間の目より高い深視力を持ってるワケですから。

      不満な点

      とても使い勝手がイイクルマです、が!
      その車高を活かせるような道をガンガン走っちゃうぞ!とは中々行かないですよね。ちょっと勿体無い気がして(^_^;)

      なので、ボディ下部をぐるっと覆う樹脂製のクラッディングが安く交換出来るとイイよね!
      コペンのようなボルト止め構造で簡単に外せて安価に交換出来ればこのクルマの可能性は相当拡がると思います。

      折角頑張って出したハイブリッド、もっとアピールしても怒られないんじゃないかな?
      他銘と同じようにブルーレンズにしてみたりじゃ弱いなぁ!コスト掛かるから現実的ではないだろうけど、バンパーのデザインをガラッと変えるとか、黒いモール(クラッディング)をボディ色にしてみるとか……?


      【アイサイト】
      物凄く賢いアイサイトですが、まだ改良の余地はたくさんありますね。走行支援装置として考えたら高ポイントではありますが、クルマ全体の制御で言うともっともっと良くなるハズ。車間距離の調整で頻繁にブレーキを踏んでしまう点なんかはアレが無くなれば相当自然。

      総評

      総評もクソもねぇ!←
      とゆーかココに書くべきであろう内容も全部違うとこに書いてあるから、それに目を通してもらえればOKかなと!(爆)

      元々見た目は好きだったXVですが、中身は未知数でした。ウケたかウケ無かったは走ってる台数を見れば明らかですね。丁度イイサイズ感で、運転していても大きすぎる感覚もありません。


      しっかり乗ってみてわかった!
      こりゃあ売れるワケだ!


      あとは物凄い地味なところで……今のクルマって、あんなにワイパーって静かだったっけ……?(爆)
      ラバーがガラスを滑る音しか聞こえない。ちょっと自分が置いていかれてるかもですが、地味に驚いたんですよ……w

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ123456789次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース