• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

エナジー!のブログ一覧

2018年05月06日 イイね!

やはり。。

ーーーーーーーーーーーーー

Twitterより。(動画あり)

alt



ゴールデンウィークなどの連休あるいは日曜日、、こういうことがとくに多くて。

追い抜いてどこ行くのかなぁ、何のために? と思ってしまいますね。

本人は危険だという自覚がないものの、人に怪我させたり致命傷を負わせる可能性が高い。

センターラインを越える逆走という行為を、容易く考えてはいけません。

ーーーーーーーーーーーーー

「法定速度で走っているクルマを、逆走して追い越してはいけないのは、なぜか。」 (4/30)


会社の先輩が、正面衝突のもらい事故を受けたことがあって。
そのときに無事だったからよかったものの、もし亡くなっていたら
とあとから、じんわりと思うことがあって。
相手がスマホか何か、どうでもいいくらいに本当に些細なことで
起こした事故でした。
当然、多くの時間を奪われましたし、病院に通わなくてはいけなくなり
助かったことだけが何より。
本当に逆走というのはあり得ないです。


Posted at 2018/05/06 10:51:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月30日 イイね!

法定速度で走っているクルマを、逆走して追い越してはいけないのは、なぜか。


これを書きたくて。。僕が正しいとかそういうわけではないです。
ひとつの意見として考えるきっかけにしていただければと思います。


制限速度40キロ50キロ、法定速度60キロ

いろんな速度規制がありますが、これってどういう意味なんでしょう。


MT車でいえば、4速、5速、6速などシフトの目安となるものです。
(状況やリスクに合わせて、エンジンブレーキの効きを考えて運転する)


たとえば、歩道がなくて人や自転車の安全が確保できない場合。

見通しが悪く、カーブの先で何が起きるか分からない

信号や脇道の多さ、交差点の右左折、店舗の出入り、
道路の広さなど(路肩や車線の余白)、合流車線の長さなど


ちょっとくらいスピードを出しても平気だ。

何かあったら急ブレーキを踏めば間に合うだろう。

と思っていると・・・

alt

図は警察庁の資料です。

40キロを超えたあたりから、急激に、致命傷となる可能性が高くなります。

制限速度40キロに対して、急ブレーキを踏めば間に合うと思っていると
そうではなくて、ちょっとした飛び出しでも間に合わず、
とんでもない事故になってしまっているのです。

速度を抑えずに運転するというのは、
過信であって油断でしかないです

実は、速度40キロであっても、人の目(脳)はちゃんと認識出来ていないのです。

見落としがあって、発見が遅れたりするわけです。

おそらくそのために、自動ブレーキを欲する人たちがいるのかなと思います。
(人の目の方が予知予測ができますから優れていますし、
自動ブレーキでは誤作動はもあるし、はるか遠くの状況をみて「考える」ことは出来ません)


ちょっと脱線しましたけど、
本題に戻ります。

片側一車線の道で、前のクルマが遅いです。
それならどうするか。

車間距離を空けるのが一番です
なぜか。
後ろに張り付いて煽り運転するのは、危険でリスクが高く
そもそも煽られた車は、譲りにくいし、非常にストレスになります。


遅いから、追い越したいなと思うかもしれません。
それはとんでもなくリスクが高いです

片側一車線として逆走をして、60キロで走っているクルマの
隣を追い越すのに必要な時間はどれくらいか。

数秒あるいは10秒以上かかります。

そうすると何メートル必要になるか。

そして、一般道を80キロで走行すると、どれだけのリスクがあるか。

対向車がその瞬間にやってきたとします。
どこに避けるんですか?

仮に対向車が60キロとして、相対速度は60+80 = 140キロ

この140キロという速度差は非常に大きいです

遠くにいるように見えても実は、ものすごく速い速度で迫ってくるのです。

逆走は危険といえます。

高速道路の高速バスストップに立った経験がある方は分かると思いますけど、
追い越し車線はともかく、走行車線は80キロ程度で流れています。
それでも早いと感じませんでしたか?
高速道路を走っているクルマが一瞬で過ぎ去るのを目の前でみると
わかると思いますけど、速度が速いとなおさらコントロールは出来なくなります

だからこそ、
60キロのクルマを逆走して
追い越そうなどとは考えないほうがよいです

それを追い抜く必要があるのかないのか。

ないですよね。
よく渋滞すると言う人もいますけど、法定速度で走っているのならば、絶対にないです。
単に、安全運転をしたくないクルマが後ろについているだけです。
(煽り運転や、危険な追い越しをされるリスクがありますし、譲れるのなら譲った方が。)
けっして渋滞ではないのです。

煽る車は、遅いクルマが許せないと思ってそういう行動をしているのでしょうけど、
むしろ煽られたほうこそ、ひどいことをされていると感じています。

煽り運転というのは、まるで人に向かって、
石を投げているようなもの

そういうことをする人は、自分がどれだけひどいことをしているかが分からない。

いろんなタイプの人がいますけど、実は自分が気づいてないだけで
そういうひどいことをしている場合もあったりするのです。

よくクルマを運転すると性格がでると言われているので、
なおさら少しでも謙虚な運転をしなくてはいけないなと思います。

自分はトラックを運転するのが常ですけど、
赤信号になってブレーキを踏んでいて、そのタイミングで
車線変更して割り込んでくる。
すごく危険なんですけど、そういうことをする人たちは何も気づいていない。

自分がどれだけ危険な行動をしているかわかっていない。

後ろから10トン20トン30トンの塊が、突っ込んできて平気かな???(笑)
(しょうがないですから、それを予測するのがプロです)


よくオッサン、おじいさんが粋がって、免許取り立ての学生のように
やりたい放題で、猛スピードで追い越していかれますが、

その先に信号で止まっていたり、
コンビニやお店に入ったり・・・


道路を走る以上は、何かしら止まる必要があって。。

また同じように、普通の速度で走っているクルマがいますよね。

それを追い抜いたところで、
本当に早く目的地に行けるのか。

せっかちな性格は仕方がないですけど、
どうしようもないことを、どうにかしようとして、
まわりに嫌な思いをさせる、
あるいはケガをさせる、
のはとんでもないことだと思います。

仮にクルマの性能がどんどん上がっているのだとして、
運転の質に関しては、逆に落ちていっていると思います。

僕が免許をとってから10年も経っていませんが、どんどん運転しづらくなっています。

もうすこし、大人しく運転しませんか?

いつもこれが言いたくて、たまらないww(笑)


僕は、要所要所でていねいな運転をなさる方が好きです。
逆に、そういうのをめんどくさいと思われる方は、正直どうでもいいです。
一旦停止くらいちゃんと止まりましょうよ。安全確認をしっかりと。

たしかに僕も、どうしようもないことをどうにかしようとしているのかもしれません。

縁があって知り合った人たち、あるいはご家族が
一瞬の考えで過ちを犯すのは防ぎたいというのが自分の考えです。

運転していたら、誰でも間違えることはあります。それは一瞬の判断だからです。

取り返しのつかないことをしないために、
自分の運転に責任をもつ
そういう意識が必要だと思います。


新卒ドライバーあるいは高校生の自転車など、
5月や6月はとくに油断や判断ミスによる事故が多いそうです。
相手が運転に慣れていないのではないかと考えて
こちらが慎重に運転をするなど、出来ることはいくらでもあると思います。
誰が、相手が悪いとか、そういう話はナシにしましょう。




Posted at 2018/04/30 10:10:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月17日 イイね!

どうせ遊びに行くだけ。

ひとりごとですorg


レジャーの人たち勘弁してほしいな。
金曜日の深夜なので、国道52号線を
長野方面にむかう乗用車がたくさん。
ツールボックス?をルーフに載せている。


キチガイな運転。
つるんで100キロ走行。
煽り運転、危険な追い越し(逆走)


相手したくないので、譲りたい。

しかし対向車が危険に晒されるので、
安全が確保できるところで譲るのみ。

片側一車線に急に、対向車と逆走車が現れたら、どうしようもないですから。)
そういうことも理解できず、
不必要に煽る。
どんなときも車間距離を詰めて
走行する必要はまったくない。



いつも思うのだけど、
同乗者はおかしいとは何も感じないのだろうか?

無謀にスピードだして、クルマに負担かけて平気か?
(減速せずカーブを曲がるのでタイヤの減りが早い)

動物や人、落下物、落石、ガードレールとぶつかっても平気か?
(間違いなく、何かあっても止まれるスピードじゃないです。)


自分は事故おこさない、保険はいってるから平気だとでも思っているのか?

交通事故を起こし、相手に怪我をさせ
周りに迷惑かけてそれでも責任とれるのか?


昨日も速度超過で追い抜いていったクルマが、
交差点で信号を見落とし、正面衝突。
現場は悲惨。

おそらく運転手は自分が危険な運転をしていると思っていなかったのだろう。

自分は事故をおこさないと思っていたのではないか。
自分は運転がうまいと勘違いしていたのではないか。




速度を抑えて運転するのは
難しいことかもしれないけど、

運転に責任をもつという意味では
すごく大事なこと。

Posted at 2018/02/17 06:02:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月17日 イイね!

逆走車の対処法

今朝(夜間)の逆走車。
場所は、片側2車線の道路幅の広い国道です。

中央分離帯で
↑↑:↓↓のはずが
↑↓:↓↓という
おかしな状況。

一台の乗用車がメータ読み70-80キロで逆走していたためです。


そのときは、おかしいな。どうしよう。というのがまず浮かんだものの、手順が思いつかなかったので。
とりあえずハザードと、ゆるいブレーキ、クラクションで対処。

しかし、後続車からしてみたら、
前が見えず状況がつかめず、
故障かなにか、何なのか分からない

それで結果的に追い越そうという判断をしてしまう可能性がある。
そうしたら、逆走車と正面衝突。
二次被害のようになってしまう。
それを防ぐにはどうしたらいいのかと疑問。。
(ミラーでみていて、後続車が追い越そうとしたのが分かったので)


逆走車の対処の仕方を
あとから考えると。

まず、後続車のことを考えると、逆走車という危険が迫ったからといって、むやみに急ブレーキを踏まないことはもちろん。
危険があることを、後続車にうまく知らせなくちゃいけない。
少し左に寄せるなりして、ハザード三回で消して、等間隔でブレーキを踏むとか。
ブレーキを踏むと、後続が詰まってしまうけど、やはりそれなりにスピードを落とさないと危険。


逆走車に対しては、異常だと、おかしいことを伝えるには。。
夜間にほかの対向車がいる場合、
ライトのオンオフを繰り返して伝えたほうが、クラクションよりも伝わるのではないかと?
正面衝突寸前でどうしようもないとか、そうでない限り、絶対にパッシングは好ましくない。
眩しくて、運転操作を誤る可能性があるから。
Posted at 2017/11/17 07:09:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月14日 イイね!

同じ時間帯にツイてないことが重なる

昨日は二回も交通事故寸前。今ごろまだ病院のベッドで寝てたのかも、。
事故にならず、運がよかったと思うシカwww


片側1車線のバイパス道路で。
一旦停止の合流があって、そこに一台の乗用車が待機してて、
出てくるかもしれないと、すこし減速をかけつつ、
だが一向に出ない、
何秒かタイミングがあったのに、接近したところで、本線に合流。
したかと思いきや、、、、
あれ・・
なんで路肩にとまるの。

どうやら本人は危ないと感じたらしく
本線にはみ出して、路肩にとまってしまいました。
でも、その行動のほうがよっぽど危ないんです。
(相手は高齢者)

急ブレーキを踏みました。
だって片側1車線で対向車いて、目の前で、道路幅を減らされて、トラックはすんなり通れませんから。。
なんとか、スレスレで済んだんですけどね。
後ろに大型トラック何台かいるの、知ってましたが急ブレーキを踏むしかありませんでした。
最悪でしたよ。。
荷物破損したら、モノによっては、かなり高いものだと数千万円するんです。
だからトラックは安全運行なんです。。
そうじゃない運転手もいますが。
責任がありますから、容易く急ブレーキを踏むわけにはいかないんです。
トラックそのものが1千万円以上しますから、
フェラーリを動かしているのと変わりません。


そして。そのあとすぐ10 分後に。
対向車がセンターラインを超え、半分はみ出してきてしまい、正面衝突かと思いきや。
路肩をつかい回避できたのが幸い。
路肩がないとアウト。病院行きでした。
次の日、仕事できません。
それを喜ぶ人もいると思いますけど。。(笑)

大きくはみ出してからその運転手は気づいたらしくハンドルを回したのが見えました。
そのため後続車と事故にはならなかったようです。
まず反射でブレーキ、状況確認する間もなく、左ミラーみながら確認しつつハンドルをきる。すれ違いざまに右ミラーで接触しなかったかどうか、の確認。
もうヒヤヒヤでした。。

ただひとつ、そのときの反省点が、クラクションが鳴らせなかったこと。回避するので、精一杯でした。冷静に対処できれば、加えてクラクションをつかうことができたはずです。。



車線逸脱はともかく、判断が鈍いと思われるクルマにはよく注意を!



最近になって。危険な運転がどうしても目についてしまいます。

二車線以上のバイパス道路や高速道路。追越車線から一番左のインター出口へ。
ポールに接触したり、ゼブラゾーンを使ったり、かなりメチャメチャです。
このごろ一日に何回も見かけるようになってしまいました。
あとは工事で合流直前までいって、カラーコーンに当たりそうになりながら、強引に割り込んだり。。
イヤだなww
Posted at 2017/11/14 07:42:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「JAF、実写版 危険予知トレーニングに高速道路編など動画4本を追加
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180605-10315669-carview/
アタマで考えること、
想像力と車間距離の大切さ。
大丈夫だろうでは済まされない」
何シテル?   06/06 06:06
エナジー!です。よろしくお願いします! 完璧ではないですが、自分なりにクルマを大切にします。 クルマを壊したりタイヤが傷むような運転、あるいは当たり前で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

K&#39;spec GARAX LEDシフトゲートイルミネーション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/21 01:35:32
アクアブレーキ整備 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/20 04:32:09
フマキラー 虫よけバリア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/19 00:41:23

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アクア トヨタ アクア
スーパーホワイトⅡ ツーリングパッケージ エアロセットver.1 LEDスタイリ ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
*240S“ TYPE GOLD II ” ゴールド パールクリスタルシャイン * ...
日野 レンジャープロ 日野 レンジャープロ
5年が経つトラックですが、非常によく手入れの施された状態で、いうなら「新車以上の新車」と ...
日野 レンジャープロ 日野 レンジャープロ
一番最初に乗り始めて、愛着があるからと乗り換えを断ってきた、思い入れのあるトラック。 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる