• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ダイナマイト豊春のブログ一覧

2020年04月03日 イイね!

ホイールのハブ側の測定(AWポロ向け・ご参考)

前回、個人的にフィッティングテストをした「MAK VINCI」の16インチホイール。
リアのブレーキキャリパーキャリアがホイールに干渉する事例が多数あるため
阿部商会側で適合をとったものを装着して確認しました。
微妙なクリアランスで逃げていることだけは確認できましたが、
「MAK VINCIはちゃんと付いた!」では面白くないので、VINCIのハブ面を
測定して絵にしてみました。



ザックリ描いてますが、思うにポイントは…
①ハブに直接接触する面の直径。
 →VINCIはφ140なのでブレーキローターのホイール当たり面より小さい
②ハブ面からスポーク側への角度
 →VINCIはφ140→φ156なのでスポークまでのテーパー角度が28.4°となっている
③ボルト穴からハブに直接接触する面外円までの距離。
 →12㎜程度ならおそらく当たらない可能性が高いが15㎜超えるとダメっぽい

こんな感じでしょうか。

これはしっかりとした設計図面から引っ張ったものではなく、測定から出した
ものです。

くれぐれも…

このデータを信用する場合は自己責任にてお願いします!!

この資料に関するクレームは一切受け付けませんのであらかじめご了承ください。
Posted at 2020/04/03 15:57:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年04月01日 イイね!

ホイールフィッティングテスト(AWCZP)

ホイールフィッティングテスト(AWCZP)AWポロGTIで意外にもネックなのは“ホイール”
契約書にハンコ押してから一番悩んでいた部分です。
オイラの場合、ヘビーなスキーヤーですのでスタッドレスは必須です。
それも11月末~5月のGWぐらいまでスタッドレスを履きっぱなしです。

そんな中皆様の情報を拝見させていただいていたところ…

社外アルミホイールだとリアブレーキキャリアが当たることが多い!

ということでした。

今回、運よく「MAK VINCI(ヴィンチー)」を入手しましたので
フィッティングテストをします。

●詳細
・MAK VINCI (6.5J-16 100-5H +42)
※ホイールのみでタイヤの装着なし。
 スタッドレスで195/55R16を装着予定

GTIにインチダウンの16インチなんて邪道じゃ~!
ボケェ~~~~!!

…という方もいらっしゃるかもしれませんが
スルーさせていただきます。

一応インチダウンの理由は明確にしときます。
まずはタイヤ代の低減です。215/45R17よりも195/55R16のほうが
安いという点は見逃せません。
ご家族がいて小遣い制の方ならわかる話だと思います。
次いで高い扁平率ならではの雪道コントロールの高さです。
これは個人的に非常に重要で、タイヤのサイドウォールのたわみが
比較的大きく出やすいので雪道のコーナリング時でグリップが失われる
までに時間がかかります。
結果的にはサイドウォールがたわんでる間にコーナリングが
終わる…という感じです。55扁平ぐらいならそういう扱いやすさは
失われていないと思います。

さてさて。

早速フィッティングテストしてみます。

問題のリア…


↑絶妙にホイールのハブ~スポーク部分が避けています!
たぶんクリアランスは3㎜程度。




温度で膨張して干渉することはないと思うので十分に避けていると思います。

オフセットも純正のホイールから若干うちに入るぐらいであまり変わらないかな。

そしてフロント。


↑余裕のクリア

但し、気になるのが…
ホイール内側リムとフロントショックのクリアランス




ホイールとショックの凹み(一応チェーン装着時を想定した避けだったと聞いたことが…)の間が約33㎜でした。
実際にタイヤを組み付けると空気圧でもうちょっと近づくと思うのでおそらく
はもうちょい近くなるはず…。
たぶんゴムチェーンは厳しいと思います。
手間はかかりますが金属チェーンなら入りそうです。
(内側のケーブル太さが10㎜程度なのでおそらくは避けてくれる…と信じている)

というわけで文句なしにVINCIで行けます。



Posted at 2020/04/01 13:29:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2020年03月29日 イイね!

大雪で…。

とあるスキー場で用事があったこの週末。
昨日までは雪がなくて、来週末まで持つかなー
という話でしたが…。

今朝の朝イチの光景が…




季節外れの大雪。
もうちょい少ないと思ってました。



↑友人から貰った画像。

夕方には雪は無くなって無事帰宅。

疲れました。




Posted at 2020/03/29 20:00:50 | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年03月26日 イイね!

みんカラ復活~乗り換えました~


お久しぶりです。
前回の更新はロードバイクを9速(18速)から11速(22速)に乗せ換えたという
自動車にはあまり関係のない話題でした。
その後ロードバイクもTREKのままカーボンフレーム
(Emonda SL5/2019y リムブレーキ)になりました。
だいぶ余談ですが。

ヴィッツRS(NCP131)では購入初期で”スーパーライトチューン”をやってから
あまり弄りませんでした。
足回りは同じサスキットを2セット使い、タイヤは夏タイヤS.Driveを3セット、
冬タイヤ ミシュランX-ICEを4セット、ブレーキパッドも2回入れ替えました。
それで走ること新車から7年6か月で11万4000km。




この7年半でいろいろありました。
地方転勤から転職、独身から既婚へ。
一人でクルマを楽しむ…という環境ではなくなってきました。
ATじゃなきゃいけないという状況になったのもここ数年。
MTだと何でもかんでも自分が運転しなきゃいけなかったので、結構大変だった。
(買い物も週末にまとめて買うしかなかったので…)

走行距離は地方転勤から前職退職までの1年3か月で3万5000km。
地方から実家のある関東への往復が多かったことや毎日往復40km近い通勤
だったこともあり一気に距離が伸びました。

そんなこんなで、いろいろと伝手があってヴィッツはとあるレース参戦者に
譲りました。
正直ディーラーや買い取り屋ではイマイチでしたが、レース関連だと割と
手ごろなベース車だと思ったとのことで買っていただけました。

そんなこんなでヴィッツRSの話はこの辺にしておきます。

かなりイレギュラーなタイミングですがVW Polo GTI(AWCZP)に乗り換えました。
自分名義では…
①初!AT車!
②初!3ナンバー車!!
③初!輸入車!!!
と初モノ尽くしでございます。




そんなこんなで復活です。

…基本、フルノーマルベースですので面白い展開は期待しないでくださいね。


Posted at 2020/03/26 18:28:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月01日 イイね!

ロードバイクのコンポ換装顛末記~②

さて、ロードバイクの分解とフレームの洗浄とコーティングまでを前回終えてます

その続きですな。
今回のコンポ換装はShimano Sora(3400系)から105(5800系)です。
大きな違いは…
①リアの変速段数が9速から11速になる
②BBがJISのカートリッジBBからホローテックⅡ規格になる
③全体的な耐久性UPと軽量化
④止まる・走るのパフォーマンスアップ
…ということですね。
部品調達はネット通販と友人の伝手をフル活用しました。

↑調達品リスト

今回は9速→11速への変更ですのでリアホイールまで変えなければなりません。
(エンド幅は決まっているのでハブとフリーボディの使える長さも決まっている)
9速ホイールには11枚のスプロケットは入りません。
フリーボディというスプロケットを付けるスペースに11枚分の長さがなければならない。
ということでホイールを物色した結果…
ちょっと贅沢(?)してShimano Ultegra (WH-6800)にしました。
当初はCampagnolo Scrocco35(リムが35mmディープ)で考えてましたが、
スペアチューブの兼ね合いや、スピードを乗せられない貧脚には無用の長物どころか
単なる負担ということが判明したのでWH-6800にしました。

見た目は地味だけど、アルミクリンチャー(チューブラと兼用だけどね)の5万円以下で
買えるホイールの中では軽量の1645gというありがたや…な仕様。
リアホイールはほとんど使ってないというのが友人宅で在庫されてたのでそれを譲
ってもらいフロントホイールのみ新品。
そこそこ汚れてたホイールを洗剤といらない歯ブラシでゴシゴシ洗って汚れ落とし
たら割と新品と変わらんぐらいのレベルまで仕上がる。
さて、前置き長くなりましたが…


作業に入ります。
分解作業と逆の手順…とは行きませんが以下の手順でやりました。
①BB取付
②クランク取付
③前後ディレイラー取付
④前後ブレーキキャリパー取付
⑤STI取付
⑥ワイヤリング
⑦前後タイヤホイール取付
⑧チェーン取付
⑨ハンドルバーのワイヤリング位置決め

バーテープはいちばん最後の作業なので調整完了後に巻くのでここでは割愛。

まず、BBから。
今回はSM-BBR60に交換します。
これまで付いてたRPM BB-7420のカートリッジBBと比較するとえらく軽いw
左右のクランクをつなぐロッドがカートリッジBBに内蔵されてるので重さが半端ないw
その点、BBR60は左右のベアリングをつなぐ管が樹脂性なのでそれだけでも非常に
軽い。



固着防止のデュラグリスを塗ったくってBB取付。
ホローテックⅡ専用のレンチでは大きいのでBBR60付属のスペーサーを工具にかませて締付け。
ほどほど締めれば大丈夫やね。



そして、クランク。
5800系105のクランクは中空のロッドが溶接されているし、何せアルミ製なので今までの
クランクと比較してもかなり軽い!
(FSA Veroは鉄、105はアルミ。105のアルミクランクにはケイデンス計測用のマグネットが
くっつかない)



結構叩きこむ…なんて話ありましたが、ちょっとグリグリやったら簡単にはまりましたw
左側のクランクをさしこんでキャップボルト2本締めて、抜け止めのプラスティックを入れて完了。

ディレイラーは付くようにしか付きませんが、フロントはクランクの向きに平行に
合わせて、チェーンリングのとの隙間を3mm程度とって固定。固定前に向きとクリアランスを
何度も確認しました。



前後のブレーキ取付。
フレームに固定するボルトの長さで前後を判別。
長い方が前、短い方が後。
かなり剛性高そうなキャリパーだことw
…でも、このとき、罠が仕掛けられてたことは後にわかるw



その後、STIを取り付ければ各種ワイヤリングが可能になるので軽くワイヤを引く。




ST-5800はブレーキ・シフトワイヤがセットになっているのでこれを使えばOK。
太い方がブレーキ、細い方がシフト用。
また、ワイヤの長さにそれぞれ違いがあるので前後の判別は比較的簡単。
基本は短い方が前、長い方が後ということになります。
ブレーキのアウターワイヤーは切った時の切断面がつぶれても復旧が楽ですが
シフトぐらい細いと広げるのが大変w
ということで前後のワイヤリングをします。
ここまで終わるとホイール取り付けてメンテナンス台からバイクを下ろして作業が
できます。

その後はチェーンを取付。
この辺はShimano社のマニュアル参照。
あとはバーテープを巻くこと考えてバーテープ内側に入るワイヤの位置を決めて絶
縁テープで固定。
というわけで取付はここまで。

次回は調整です。
Posted at 2016/08/01 22:13:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「所用で外出して帰宅したら届いていた季節外れのスタッドレス。」
何シテル?   04/05 00:12
ZC32Sに乗換えを機にみんカラ始めてみました。 好きなプロレス団体はDDT、冬になると週末は不在で群馬or長野界隈のどこかでひっそりと雪を楽しむのが趣味です。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ダイナマイト豊春さんのフォルクスワーゲン ポロ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/05 00:36:48
批判覚悟で書きます。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/04 08:26:04

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
ヴィッツRSより乗り換えました。 ●テクノロジーPKG ●セーフティPKG ●Disco ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
10/27(土)からの車両です。 【MOP】 ・ヘリカルLSD ・寒冷地仕様 【DOP】 ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
あまりに普通。でもやってることが胡散臭いことだらけで怪しいので画像はメーカーのノーマル画 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2012年6月2日(土)契約 2012年7月2日(月)生産(?) 2012年7月4日(水 ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.