• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

YOSSHIのブログ一覧

2021年10月10日 イイね!

RG量産型ズゴックを作ろう!(その1)

RG量産型ズゴックを作ろう!(その1)ひさーしぶりのジオン軍MS♪、ひさーしぶりの量産型♪
Hi-νガンダムを完成させる前に、先日プレバンから届いたRG量産型ズゴックを作りますっ!

一般販売でシャア専用ズゴックが発売された時はピンと来なかったのに、色違いの量産型を見るなり何故かカッコ良く見え。。。急に欲しくなったのはナイショです(汗)
色が違うだけで。。。不思議ですね~(苦笑)
早速開封し、仮組み仮組み♪



成型色違いと言う事で組み立て説明図はシャア専用の流用です。
量産型用としてシールの貼り付け&カラーチャート指示書が付いていました。


スイッチの変更で1/114シャアのフィギュアではなく一般兵のフィギュアが付いているのは拘りを感じましたネ~。


比較的初期のRGキットなので全身のフレームにアドバンスドMSジョイントが採用されています。
当初はスゲーと思ったものの、金型代が掛るのか、はたまた関節の設計技術が進歩したのか、アドバンスドMSジョイントの採用率は低くなりつつあるのでちょっと新鮮(笑)


そのアドバンスドMSジョイントをちょちょっと組んでまずはフレーム状態に。
この状態で既にズゴックっぽい。。。(笑)


パチパチっと外装を取り付けて仮組みを進めます。
ズゴックは塊感のある上半身がスゴーク好みなMSなんですよネ~。


RGにしてはパーツ数が少な目なので時間を掛けずに完成出来ました。
いやー、完成度が高くてこれで完成にしてもいいかなぁ。。。なんて思っちゃいましたが、取りあえず気になる部分を調整して表面処理まで進めます。
ズゴックは初期のRGキットと言うこともありゲート跡がモロに出るところが多数(汗)、調整より表面処理に時間が掛かりそう。。。


ズゴックと言えば、何と言ってもば両腕に装備されるクローが特徴的ですよね~。
ジムを一撃で串刺しにしたあのクローの先が丸くてはカッコ悪い(汗)
面倒でもココはツンツンにシャープ化します。


ひたすら削り込んで先を尖らせます~。


今回モノアイを自作しました。
MSサイレントレンズの基部パーツが余っていたので、中にキット付属のモノアイ用メタリックシールを貼り、上からUVレジンを流し込んで硬化させてレンズ化♪


それと。。。
ワタシとしては珍しくスジボリを追加しました。
ツルンとした頭部にそれっぽいスジボリをば。。。これが吉と出るか凶と出るか(汗)

この後ゲート処理を中心に全身をヤスって。。。


ここまで進めて今週の作業は終了~。
仮組みの状態と殆ど変わって見えませんが(汗)胸回りの面出し、パネルの合いの悪い部分の調整、手脚の関節アーマーに集中して見えるゲート跡の処理など、地味に手が掛かりました。


主な弄りポイントはこんな感じ~。



さてさて。折角量産型を買いましたが。。。サフを吹いて塗装しちゃいます(爆)
サフを吹いたらシャア専用買っても量産型買っても同じことになっちゃいますが、組んでいくうちに量産型ではない色にも塗ってみたい病が発動してしまい。。。(笑)

直ぐに塗っちゃうとお楽しみが終わってしまうので(苦笑)もうちょっと弄りを楽しんでから塗装に入ろうと思いますぅ~。
Posted at 2021/10/10 19:17:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | ガンダム | 日記
2021年10月03日 イイね!

竈門炭治郎を作ろう!

竈門炭治郎を作ろう!先日の劇場版の放送を見て、遅ればせながら「鬼滅の刃」にハマりつつあるYOSSHIです。

こうなるとどうしてもキャラクター玩具に目がいってしまうのですが(汗)、まだまだ知らない事ばかりで登場人物の名前すら覚えられない私(爆)、ここは手始めに主人公の炭治郎から。。。と前から興味のあった炭治郎のプラモデルをポチッ♪

この週末を利用して製作してみました~。



顔のパーツはバンダイの変態技術(笑)レイヤードインジエクション成型が採用され、特徴的なアザや眉毛、まつ毛などは塗装しなくても組むだけで炭治郎の顔を完成させることが出来ます。


瞳も同技術を採用、普通にスゴイですよね。


羽織の市松模様はナント塗装済み♪
これを塗装するのは至難の業ですから、塗装済みは本当に嬉しい~。
これなら誰でも「あの炭治郎」を完成出来ちゃう訳です。


サクっと仮組み♪
レイヤードインジェクションと塗装済みの羽織の恩恵もあり、組むだけでここまで再現!
色の足りていない部分はシールで対応出来ますが、今回は極力シールは使わず、部分塗装で完成させようと思いマス!


そのシールで気になったのが、耳飾り。「大人の事情」でデザインが変更となっています。


ここは老眼鏡と0.03ミリのペンを駆使してそれっぽく線を足しました。


もう一つ気になったのが顔。
怒りが満ちた表情にしてはマイルドに見えたので、


眉間に皺を足したり二重にしたりとチョッピリ追加して弄ってみました。
顔はこの後更に弄ることに。

改修作業が終わったら部分塗装をして。。。


完成です!
ニワカな私が作った炭治郎、ファンの皆さんにはどう見えますでしょうか。。。(ドキドキ)


顔は「鬼気迫る表情」に見えるよう瞳を一回り小さく調整、髪は劇中に近い赤毛に再塗装、羽織は塗装済でスゴク良いのですが、そのままだとプラスチック感が強いのでプレミアムトップコートで艶を消し、更にウォッシングをして使用感を出してみました。


使ったシールは耳飾りのみです。背中の「滅」の文字もシールを使った方が楽なのですが、


頑張って書きました!
(あ、「滅」のモールドはあったので実際は塗装した!です/汗)
羽織の裏地はライトグレーで塗装しました。




細かな塗装に関しては不明な部分もあってそれはそれはネットで炭治郎の画像を検索しまくって(苦笑)補ってます~。
(日輪刀の色は最後まで正解が分からなかった。。。)



ということで炭治郎のプラモデル製作記でした。
キットは初心者でも完成度の高い炭治郎が作れるので、コレを機に模型に興味を持ってくれるファンが増えてくれたら嬉しいですね~♪

鬼滅の刃は2期の放送が非常に楽しみですネ。
劇場版の放送は分からない所が出てくるたびに奥さんや娘に質問しながら見たので、2期は一人で見ても楽しめる様、もう一回予習して(苦笑)見ようと思ってマス~。
Posted at 2021/10/03 17:32:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 玩具大好き | 日記
2021年09月23日 イイね!

RG Hi-νガンダムを作ろう(その3)

今日は暑かった。。。久し振りの夏日和でしたネ~。

折角の快晴で洗車でも、と思ったものの、微妙に寝坊して(汗)機会を逃しました~~。

さて、まったり休日の今日も、製作中のHi-νガンダムをちょっとだけ弄りました。


モザイク柄が特徴のシールド。
ココで使われている「薄い青」のパーツがどうも浮いた感じがして気に入らない~~。

ということで、


こんな感じで塗り分け、


シンプルに見える様、配色を変更しました~。スッキリスッキリ♪


早速装着して宇宙へ飛んでもらいました(笑)
背負い物にプロペラントタンクが付くと重みで自立が難しいですが、スタンドを使えば無問題♪
宇宙を駆けるガンダムはカッコイイですね~。


そうそう、前回仮完成した時、目のサイズがちょっと大きくてイメージと違うかな。。。と思い始め、


今回細目に調整しました。
この微調整がまたシビアで、納得いくまでに小一時間掛かったのはナイショです(苦笑)


この次はスミイレをして、それが終わったら。。。一旦終了→次作に取り掛かろうと思ってマス♪

さーて、ナニを作ろうか。。。ナ?

Posted at 2021/09/23 17:48:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | ガンダム | 日記
2021年09月20日 イイね!

RG Hi-νガンダムを作ろう(その2)

RG Hi-νガンダムを作ろう(その2)この連休は「模型三昧っ!」と決めていたので(汗)
今日も朝からガンプラ製作~♪

昨日は下半身の組立まで終わっていたので、続く上半身の製作から進めていきました。
青と白を基調にしたカラーリングのHi-νガンダム、胴体もこの2色で構成されていますが、流石はバンダイの設計技術、パーツ同士の合いの精度が非常に高くて組むのが気持ちいい~。

胴体、腕と完成したら、


お楽しみの頭部!
奥行きがありνガンダムを更にブラッシュアップしたデザインがイケメン過ぎる♪
◎頭部のみ、先行でスミイレしてます。

この後ファンネルのコンテナも組んで。。。


Hi-νガンダム、大地に立つ!
いやー、ただ組んだだけなのにこのカッコよさ!ヤバイです(笑)

ここで一息ついてしまうと「もういいやー」と終わってしまうので(苦笑)


苦行のファンネル製作へと作業を続けます。
6本同時進行作戦で進める為、すべてのパーツを切り離し、


後はパチパチとひたすら組む!


組む!


出来たどー!(笑)
1本につき17個のパーツ、全てアンダーゲート仕様。。。結構な作業量でした(汗)
でも完成後のこのカラフルな姿を見ると、苦労も吹き飛んじゃうんですけどネ~(笑)

そして。。。


Hi-νガンダム、「とりあえずの」完成です♪
「とりあえず」というのは、実は専用水転写デカールの発売が12月の為、それまで真の完成とならないんですよね~。
キットと同時発売にしてくれたら。。。と思ったファン、結構いらっしゃると思いますが、仕方ないですネ。。。


まだスミイレをしていないのですが、それでも1/144でこの密度感、流石RGシリーズ。


背負い物を外しても十分過ぎるくらいにカッコイイ。


デカールの発売が待ち遠しいですが、それまでに残る武装類の製作ややスミイレなどを済ませ、来る真の完成を妄想しようと思います~(笑)
Posted at 2021/09/20 18:14:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | ガンダム | 日記
2021年09月19日 イイね!

RG Hi-νガンダムを作ろう(その1)

RG Hi-νガンダムを作ろう(その1)なんだか久しぶりのガンプラ製作ブログです♪

待ちに待った大モノキットの発売→ゲットと来て、この連休を利用してイケるところまで進めたいなぁ~と思いながらの製作スタートです。

今朝は台風が去り、ようやく晴れて塗装日和♪
今回は特に弄る所も無く、手早く完成させたいなぁ、ということで、



必殺ランナー塗装!
アンダーゲートが採用されているので、このような仕様だと必殺ランナー塗装の発動率が高くなります(笑)


ウェルドラインの目立つ金銀ランナーも塗装!が、成型色のママでも良い感じでしたね。塗装しなくても十分見栄えが良い感じでしたが、やっぱり塗装に勝るものはないのでキッチり塗ります。

手早く塗って一時間ほどで塗装完了~♪


午後からまったり組み立てへと進めました。
いくつものパーツが集合した脹脛周り、ミッチリとパーツが詰まって情報量が多くイイ感じ♪


スカート周りの裏側はナント1/144で2重構造となっています。チラっとしか見えないのにこのディテール、拘りを感じますね~。


夕方まで時間を使って下半身まで完成しました。
塗装をしただけでスミイレもしていない姿ですが、既にカッチョイイ~♪
金色の差し色がピリっと効いて、早く上半身も完成させたいところですが。。。

本日はここまで~(汗)

この後は明日、上半身を完成させて、次の週末でバックパック、というスケジュールで進めようと思ってマス。

明日も早起きして続きをガンバリましょう~(笑)
Posted at 2021/09/19 17:32:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@痛風とうつ さん サイズ、造形、塗装、全てにおいてパーフェクトなアイテム!ドッキリアイテムにも最適ですヨ~(笑)」
何シテル?   10/16 18:56
愛車アルトターボRSをシンプルメイクのドレスアップチューンで 楽しむYOSSHIと申します♪ 週末モデラーとして趣味の模型製作もエンジョイ♪ クル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2021/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

キタコ ボルトカバー(対辺12mm用) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/08 21:22:00
スズキ(純正) ドアハンドルエスカッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/05/25 00:56:56

愛車一覧

スズキ アルト ターボRS ピュンピュン丸 (スズキ アルト ターボRS)
発表直後に予約→2015年2月24日に契約。4月16日(大安)無事納車されました。 ネオ ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
2017年1月21日、我が家の一員になりました♪ 初めてのオープンカー、これからのカー ...
日産 ティーダ カナブン号 (日産 ティーダ)
契約の日に用意してもらった候補のハーベストイエローを目の前にし、 晴天の空に輝く黄金ボデ ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
約9年、大事に乗っていた愛車プリメーラ。 ネットを通じ、さまざまなOFFに参加、友達作り ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.