• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

オフアクシスのブログ一覧

2018年10月06日 イイね!

暑い暑いヒューヒューだよ JMSDF舞鶴地方隊サマーフェスタ2018 チャプター2(終)

暑い暑いヒューヒューだよ JMSDF舞鶴地方隊サマーフェスタ2018 チャプター2(終)チャプター1からの続き

ひときわ大きい艦艇は護衛艦ひゅうが




ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦
DDH-181ひゅうが 
排水量 満載19000トン
第3護衛隊 定係港 舞鶴


同型艦として2番艦「DDH-182いせ」があり
より大型で改良型の「いずも型」ともに
日本にあった旧国名が命名されることになっていて
「ひゅうが」は宮崎県の旧国名「日向国」に由来します




艦中央の格納庫から乗艦します




常時の搭載航空機は
哨戒ヘリコプター SH-60J/Kが3機
輸送ヘリコプター MCH-101が1機
ですが哨戒ヘリのSH-60なら11機の収容が可能です




立入検査隊の装備品展示

一般の船舶に乗船して積荷の検査 航行先の確認などを実施します
しかし相手が麻薬密輸やテロリスト 海賊だった場合は武装している場合もあり
防弾チョッキや拳銃 手錠などを携行します

その防弾チョッキ 試着体験がありましたが
頑丈で手が回らなく一人で着用することはできませんでした
重量もズッシリと重く追加で防弾板を入れることもあります




9mm拳銃の模型
手錠 伸縮式警棒


隊員は3等海曹以上で独身だそうです




ダミーの9mm拳銃を携行する隊員
弾倉装着しなくていいからホンモノ持ってたほうがいいのでは?




艦後方の第2エレベーターで飛行甲板へ上がります

幅が13mあり哨戒ヘリのローターを畳まずに昇降できます




エレベーター奥の艦尾側が整備区画
夜間に灯す赤灯が点いてました

光源があると敵に察知されやすくなるため
光が漏れないようにしますが 
もし漏れても赤だと波長が長く遠くまで届きづらいので
夜間は赤灯にします




飛行甲板を広く使えるように構造物は艦の右側に寄せる
アイランド型


構造物後方の窓があるのが航空管制室
上部には四角いフェーズドアレイレーダーが張り付けられており
国産のFCS-3で大きいのが捜索用 小さいのが射撃用
艦の前後左右4セットが取り付けられています




熱中症予防にミストを噴射してました

この場所だけは自衛官もTシャツにサンダル履きで案内してました




Mk.41 垂直発射装置 VLS

16セルと少ないのですが
対空ミサイル RIM-162 ESSM(発展型シースパローミサイル)は
1セルにつき4発収容が可能です
他には対潜ミサイル RUM-139 VLアスロックも搭載しています
こちらは1セルに1発




青空に映える自衛艦旗がカッコいい

十六条旭日旗
海上自衛隊では日章の位置が旗竿側に寄ったデザインを採用しています


後方はミサイル護衛艦みょうこう




12.7mm機関銃

艦尾の銃架に据え付けられていますが
他にも7丁搭載しています
発射速度は400~650発/分

ソマリア沖の海賊対処時に使用しました




艦の全長197mで飛行甲板も同じ長さです

ヘリコプターを同時に3機発着艦させることが出来ます

艦橋前の白い虚無僧の笠のようなものは
衛星通信アンテナのレドーム




艦載救難作業車P-25J

甲板で火災の際に使用される消防車です

近くで案内をしていたのは女性自衛官 
海自の女性自衛官は通称:WAVE


ひゅうがでは女性用区画もあり
約20名の女性自衛官が乗組員として乗艦しています




赤色の消火器と
黄色の消火器が搭載されていました

航空機には軽量化のためマグネシウム合金やアルミニウム合金が使われますが
燃焼中に水をかけると激しく燃え上がります
金属火災には黄色の消火器を使用します

赤色は普通火災 油火災 電気火災用の消火器です




高性能20mm機関砲 
通称:ファランクス

艦の前後に1基づつ搭載しています

砲 レーダー 火器管制装置が1つにまとまった
近接防御火器システム(CIWS)

赤外線カメラによる自動追尾機能搭載
航空機 ヘリコプター 高速ボート 浮遊機雷 艦対艦ミサイルに対処可能です 
発射速度は最大4500発/分
有効射程は1500mです



隊員の説明付き作動展示です





艦中央のアイランド付近には
航海科員による らっぱ吹奏 手旗信号の展示が行われていました


航海科は 航行 操舵 見張り 信号 等を行う職種です



信号らっぱ

起床の際の「総員起こし」
国旗・自衛艦旗を掲揚/降下する際の「君が代」
艦内を見回り始める際の「巡検」
を吹奏していました





手旗信号の展示

カタカナをイメージして遠く離れた艦艇などと通信します

解読はけっこう難しいです




飛行甲板から格納庫へと降りるため
艦前方の第1エレベーターに乗ります

幅は10mで後方の第2エレベーターよりやや小さめです





見学者がエレベーターに乗り切るまでの時間に
隊員さんがいろいろと解説してくれました

話が上手いです




艦艇の公開以外に基地内では
模擬店が出てました
暑いので冷たい飲み物やかき氷が非常によく売れてて長い列が出来てました




海上自衛隊と言えばカレーライス

長い海上勤務だと景色が変わらず曜日感覚がわからなくなるため
毎週金曜日の昼食は地上・海上勤務に関係なくカレーライスが出されます

各艦艇ごとにレシピがあり
作り方や具材に違いがあります

そこで3食少量づつ味わうことのできる
食べ比べチケットが販売されていました

10か所ほどの中から食べたい所のカレーを選べます





シーフードカレーや隠し味にワインを使ったカレー
牛ヒレ肉を使ったカレーを食べました



この後日陰のテント内で休憩した後
基地をあとにしました


半袖 短パンで行ったので
後で日焼けの跡が凄かったです
風呂入ってもヒリヒリするし・・・


サマーフェスタ関係者の皆さん暑い中お疲れさまでした


Posted at 2018/10/06 23:28:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自衛隊・ミリタリー | 旅行/地域
2018年10月05日 イイね!

暑い暑いヒューヒューだよ JMSDF舞鶴地方隊サマーフェスタ2018 チャプター1

暑い暑いヒューヒューだよ JMSDF舞鶴地方隊サマーフェスタ2018 チャプター1海上自衛隊 舞鶴基地(京都府舞鶴市)
2018年7月21日


日本海側を担当する海自の最重要拠点です
イージス艦やヘリコプター搭載護衛艦などを配備する
第3護衛隊などが置かれています


危険物や持ち込み禁止品がないか
持ち物検査 金属探知機によるチェックがあります

舞鶴など京都府北部はかなり気温の高くなる地点なので
団扇も配布されていました





近隣には舞鶴海軍工廠を引き継いだ
ジャパンマリンユナイテッドの舞鶴事業所があり
艦艇の定期点検 修理 改装などが行われています


海上自衛隊 あぶくま型護衛艦
DE-232 せんだい
排水量 満載2500トン
第14護衛隊(舞鶴)

小型の護衛艦(DE)で
他国海軍だとフリゲート(FF)にあたる艦艇です
2桁護衛隊に配備され主に沿岸警備を担当します

あぶくま型の艦名は河川名から命名されるため
「せんだい」は九州の川内川に由来する「川」シリーズ4番艦
1991年に就役したベテラン艦です





こちらも修理中の艦艇


はつゆき型護衛艦
DD-130 まつゆき
排水量 満載4200トン
第14護衛隊(舞鶴)

「雪」シリーズの護衛艦9番艦
1986年に就役して2018年現在 護衛艦最古参グループですが
護衛艦の定数を増加させるため延命工事を実施し
しばらくは現役にとどまるそうです





自衛艦が一直線に並ぶ珍しい形状の北吸桟橋
艦艇の公開もしていました


こんごう型ミサイル護衛艦
DDG-175 みょうこう
排水量 満載9485トン
第3護衛隊  定係港 舞鶴


こんごう型は山岳名から命名し
「みょうこう」は新潟県の妙高山に由来
こんごう型の3番艦です


艦首先端に主錨があるのは
錨を水中に降ろした時に艦首下部から突き出たバルバスバウ内にある
ソナーとの干渉を防ぐためにあります




艦中央部から乗艦します




対艦ミサイル RGM-84ハープーン

4連装発射筒を右舷と左舷に1基づつ装備しますが
1発降ろして3連装になってますね

発射時はロケットブースターで短時間だけ加速して
その後ジェットエンジンで目標まで飛翔
相手のレーダーに探知されづらい超低空で飛びます
ミサイルとしては音速以下と遅いのですが
ジェットエンジンなので100km以上の遠距離まで飛ぶことが可能です




イージス艦の特徴
8角形の平板レーダーアンテナ
SPY-1Dレーダー

艦橋構造物の左右前後に1面づつ計4面で
360度全周を捜索することが出来ます
最大感知距離500km以上
同時に追尾できる目標200以上
1面につき4350個のアンテナ素子が並んでいます




Mk 41垂直発射装置(VLS)

多数・多種類のミサイルを発射装置・保管容器を兼ねるミサイル・セルに装填し
短時間に複数のミサイルを発射することが出来ます

前部甲板には29セルあり
艦隊防空ミサイル スタンダートSM-2
弾道弾迎撃ミサイル スタンダートSM-3
対潜ミサイル VLアスロック
が装備されています




主砲は54口径127mm単装速射砲

対空 対水上 陸上 照明弾発射に使用
1分間に最大40発発射することが出来ます

連射すると砲身が過熱して命中精度が落ちるため
射撃時には砲身の周りに水を通す水冷式で
先端から排水されます




砲塔は強化プラスチックで砲塔内は通常無人です

点検ハッチが解放されていて内部を見ることができました

砲塔は自動式ですが故障時に手動で動かすためのハンドルがありました
砲塔旋回はハンドル1回転で1度未満だそうです




訓練用砲弾と装薬
重量は砲弾32kg 薬莢で18kg
手で持つことが出来ましたがズッシリと重かったです

製造は「うるるとさらら」でおなじみの空調機器が有名な
ダイキン工業


ガンダムのザクが持っていたマシンガンは口径120mmでほぼ同じ
薬莢が人間並みにデカかったし・・・



※参考画像 ザクマシンガン 排莢  
1桁大きい 1200mmぐらいありそう





旋回・俯仰の
動作展示を撮影しました





水上発射管 HOS-302

潜水艦を攻撃するための短魚雷を発射出来ます
打ち出す時はあらかじめ45度艦外に向け
圧縮空気によって魚雷を発射します
口径は324mm




後甲板にも垂直発射装置があり
こちらは数が多い61セル


熱中症予防のためホースで散水してました




構造物に張り付けられているプレート
以前から気になっていた7番目の「サメに注意」とあるので対策はあるのかと
近くにいた自衛官に質問してみたら
サメは自分より大きいものは襲わないということで
ベルトなどで身長を長く見せるようにする と言っていました

あとは落下者の周りに小銃で弾幕を張るとも言ってました
宇宙戦闘艦「木馬」の艦長が好きな弾幕・・・

しかし海自は年に1度ほどしか小火器の射撃訓練をしないそうで
小銃の扱いには慣れていないそうです





艦尾には風になびく自衛艦旗

航行中は常時
停泊中は午前8時から日没まで掲揚することになってます




来場者が多いので甲板上のみの公開でした

下船して艦尾へ ラッパ状2つの装備は
曳航具4型 対魚雷デコイの発射口

敵魚雷に対して自艦のスクリュー音やエンジン音を発した
デコイ(囮)を曳航してそちらに引き付けて誤爆させます

こんごう型は4隻建造されましたが
みょうこう以前の「DDG-173こんごう」と「DDG-174きりしま」には
発射口はありません




船や岸壁から転落者がいないか
隊員たちがゴムボートでパトロールしてくれてました




港内を海上から見ることの出来る体験航海もありましたが
事前応募制です 

こちらは曳船(タグボート) ですが




小型の特別機動船の体験航海もありました
迫力ありそうです




陸上自衛隊の車両も展示してました

87式偵察警戒車
第3偵察隊 千僧駐屯地/兵庫県伊丹市

あえて敵と交戦してみて反撃してくる相手勢力や装備などを探る
威力偵察を主任務にしています




96式装輪装甲車
第3戦車大隊 今津駐屯地/滋賀県高島市


小銃弾や砲弾の破片程度の防御力のある装甲に囲まれ
8輪のコンバットタイヤを装備しパンクしてもある程度の距離は
走行できます 乗員は10名

公道を移動するときは
画像のようにガラス製の風防が取り付けられます




長くなるので次回に続く


Posted at 2018/10/05 00:14:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自衛隊・ミリタリー | 旅行/地域
2018年09月13日 イイね!

芸術の ヤマハコミュニケーションプラザ

芸術の ヤマハコミュニケーションプラザヤマハ発動機の企業ミュージアム
ヤマハコミュニケーションプラザ(静岡県磐田市)


二輪車を中心に ボートや船外機のマリン製品 四輪車のエンジンなど
およそ200点の展示があります

ヤマハ発動機の二輪車はデザイン性が高く
「芸術のヤマハ」の異名があります





1階は主に現在発売されている製品を中心に展示しています






NIKEN(ナイケン)

前二輪 後一輪の三輪オートバイ
ナイケンは前2輪を2つの剣に例えてのネーミング

水冷直列3気筒DOHC4バルブ847cc 115馬力
車両重量263kg




後二輪のトライクと違い通常の二輪車と同様に傾けることでコーナリングします
そのため特定二輪車の扱いになり
二輪免許が必要なのとヘルメットの着用義務があります




特徴として
濡れたマンホールや砂地など滑りやすい路面でも
どちらか一輪がグリップしていれば影響が少ないため
転倒のリスクが減らせます

横風によるふらつきが軽減できます


フロントフォークが片側に2本の片持ち式
タイヤは15インチです

自立機構が無いため
停車時は足で支え
駐車時はスタンドを使わないと倒れます



機構が非常に気になるバイクでした






YZF-R1(2016年モデル)

400ccなどの中型並みの車重に1000cc 200馬力のハイパワーエンジンを搭載
クロスプレーン4気筒エンジンなので独特の音がします

バンク角によって出力を調整するトラクションコントロール(TRC)
横滑りを防止するスライドコントロール(SCS)
ウィリーを防ぐリフトコントロール(LIF)などの電子制御も多数装備

水冷直列4気筒DOHC4バルブ998cc 200馬力
車両重量199kg


隣はネイキッド版で扱いやすさを重視して
出力を下げたりライディングポジションを上げ気味にした
MT-10

水冷直列4気筒DOHC4バルブ998cc 160馬力
車両重量210kg






トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発した車両
トヨタ2000GTとレクサスLFA




トヨタ2000GT(1967年)


生産はヤマハ発動機
完成検査はトヨタ自動車が担当


当時の価格で238万円はクラウンが2台 カローラなら6台買えるほど
高価だったそうです




トヨタ・クラウン用の直列6気筒SOHCエンジンに
ヤマハ発動機が設計・製造したDOHCシリンダーヘッドを装着


水冷直列6気筒DOHC2バルブ1988cc 150馬力
車両重量1120kg






レクサスLFA(2011年)


日本が世界に誇るスーパースポーツカーとして開発
トヨタ熟練の職人の手作業により1日1台 500台限定で生産されました






展示車両はプロトタイプ
量産車とは細部が異なります

ラッピングシートでV10エンジンやリアトランスアクスルの
パワートレインを再現してあります




1LR-GUE型エンジン


V型10気筒のLFA専用エンジン
ヤマハ発動機が開発・製造しました


「天使の咆哮」と称されるように
楽器のようなとても美しいエンジン音が特徴

車内に聴こえるエンジン音は
楽器メーカーのヤマハが担当しました




エンジンを組み立てた職人のネームプレートが貼付されていました


水冷V型10気筒DOHC4バルブ4805cc 560馬力
車両重量1480-1580kg





ロードレース世界選手権(モトGP)用
ヤマハファクトリーレーシング車両
YZR-M1(2018カラー)




タイヤに溝の無いレース専用のスリックタイヤ

カーボンコンポジットブレーキを装備してます

割れを防ぐためか
穴あき加工してませんね




軽量化のためカーボンファイバープラスチックが多量に使用されています

タンクはライダーが伏せた状態でもヘルメットが当たらないよう
くぼみができてます





水冷直列4気筒DOHC4バルブエンジンは
レギュレーションぎりぎりの1000cc
出力は公称240馬力以上とのこと

開発が進むともっと出るんでしょうね





市販車と違い無垢の金属(アルミ?)からの削り出し加工されたエンジンブロック

切削加工された刃具のスジが見えますね





二輪車に跨って試乗することが出来ます

日本でも2014年から白バイとして導入されている
FJR1300P


フルカウルなので本田のCB1300Pよりも大きく見えます




海外の白バイ仕様プロトタイプでしょうか?


スピードメーターが取り締まり用ではありませんでした




2階はヤマハ発動機の歴史や当時の代表的製品を紹介しています


楽器を製造していた日本楽器製造(現ヤマハ)で大日本帝国陸軍の
軍用機に装備されていた木製プロペラを制作していた技術力を元に
分離してオートバイなどを製造するヤマハ発動機が発足しました




ヤマハとヤマハ発動機はシンボルマークを共有してますが

ヤマハのほうは3本の音叉が円の中に納まるのに対し
ヤマハ発動機の方は円から突き抜けています

またアルファベットの「YAMAHA」も微妙に違いが見られます





ロードレース世界選手権(WGP)に出場していた
ヤマハワークスの歴代マシン達が展示されていました




V型4気筒2ストロークエンジン
シートカウルから突き出たサイレンサーがカッコいい




YZR500タンデム仕様(2002年)

実際のワークスチームが使用していた車両をベースとして
スポンサーの依頼によりアトラクションとして記者や観客を乗せるための
後部座席とタンクにグリップを設置した特別仕様

水冷V型4気筒2ストローク499cc 180馬力以上




この時は特別に試乗することが出来ました
同乗者と密着ですね・・・




フォーミュラ1用に開発したエンジンが載った
ジョーダン192(1992年)




ヤマハOX99
水冷V型12気筒DOHC5バルブ3498cc 600馬力以上

主流は吸気・排気共に1気筒あたり2バルブづつの4バルブエンジンですが
ヤマハの得意な1気筒あたり吸気3 排気2の5バルブエンジンです
バルブ開口面積が広がり高回転化に有利になります





3階はプラザカフェ

展示物を詳しく見てると結構な時間が経ってしまうので
おなかも空きます




アンケートに記入して
会計時に提出すると10%OFFの割引サービスが受けられます






コミュニケーションプラザは
ヤマハ発動機の本社ビルに隣接しています




それと本社敷地内には
サッカーJリーグのジュビロ磐田
ラグビーのヤマハ発動機ジュビロがホームスタジアムにしている
ジュビロスタジアムがあります



コミュニケーションプラザは
ヤマハのバイクのみならず各メーカに乗ったライダーが多く来場してましたね

駐車場も広いし展示物も多いので
いい施設でしたね



ヤマハコミュニケーションプラザ
静岡県磐田市新貝2500

開館日時
平日 9:00~17:00
毎月第2・第4土曜日と翌日曜日 10:00~17:00
入館無料



Posted at 2018/09/13 23:45:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ バイク | 日記
2018年08月15日 イイね!

今も現役 アーケードゲームの名機たち 天野ゲーム博物館

今も現役 アーケードゲームの名機たち 天野ゲーム博物館天野ゲーム博物館(愛知県西尾市)

主に80年代~90年代のテーブル系アーケードゲームが設置してあるお店です




入口付近には張り紙がいっぱい

営業時間は午前9時から深夜0時まで
年中無休でやってるごく普通のゲームセンター




レトロゲームなのでブラウン管は液晶と比べて発熱が多いからか
暑さ対策でしょうか?
照明はほとんど点いてませんでした




館長さんは80歳を超えてますがまだまだ元気

マニアックな話をしてくれました
それと あと20年は続けるということでした


電脳戦機バーチャロン/オラトリオタングラムを修理中で
近々設置予定なのですが
2本レバーが特殊なのでパーツを取り寄せるのが大変なのだそうです



以前私が訪れた大阪・新世界のレトロゲーセン「ザリガニ」の店主から相談をされることもよくあるそうです





セガ ハングオン(1985年)


セガの体感ゲーム第1弾
オートバイレースゲームでいかに早く目的地まで到着するかを競うゲームで
順位の概念はありません

ここにあったのはライドオンタイプで本物のバイクのように筐体を傾けて
左右に進行方向を操作するというものです

当館にある数少ない大型筐体ゲームですが
残念ながら修理中でプレイすることはできませんでした




店の奥にも修理中のゲーム機が何台かあって
ブラウン管を持つのは重いので常連のお客さんと一緒に修理することもあるそうです





ゲーム機は古い基盤の負担を減らすため
最初の客がスイッチを入れて遊ぶようになってます
一度電源を投入したらあとはそのまま点けっぱなしにしておきます


任天堂 スーパーマリオブラザース(1985年)


キノコ王国がクッパ率いるカメ一族に侵略され
キノコ王国の姫ピーチがさらわれ
配管工のマリオとルイージ兄弟はピーチ姫を救うため
クッパが率いる敵を倒しクッパがいる城を目指します




ファミリーコンピューター版に移植されて
社会現象まで引き起こす大ヒットになり
メインキャラクターの「マリオ」は
ゲームキャラクターの認知度世界一でギネスブックにまで掲載されました


オリジナル版は難易度が高く
4-2ステージのワープゾーンでは8ステージに直接行くことが出来ませんでした

仕方なくステージ6に進むも激ムズ
ディスクシステム版「スーパーマリオ2」並みに難易度が高く
クリアできずにゲームオーバーになってしまいました




タイトー T.Tスペースインベーダー<カラー> (1978年)


直訳すると宇宙侵略者
自機の移動砲台で上方から迫り来る宇宙人(インベーダー)を撃ち落とし
全滅させることでステージクリアとなる

社会現象にもなる空前の大ヒットになり
日本中から100円硬貨が足りなくなり日本銀行が増産
集金でも硬貨が重く4トントラックのサスペンションが壊れるというエピソードがあります


シューティングゲームだけど連射が出来ないのでかなり苦戦しましたね




タイトー バブルボブル(1986年)


泡はきドラゴンを操作して敵を倒していくゲーム
泡で敵を閉じ込め 上から泡を踏んだり 背中のツノで刺すと敵を倒すことが出来ます
2人同時プレイで協力しあうこともできます




当時 私はそんなに得意じゃなかったけど
上手い友人は1コインで長時間プレイ出来てましたね


天野ゲーム博物館では各ゲームの音量は大き目にしてあるのですが
バブルボブルはひときわ大きく 特徴のあるBGMは耳に残ります




セガ テトリス(1988年)


ジャンルは落ち物パズルゲーム
この種の元祖的な存在
ソビエトの科学者が開発しました

4つの正方形をくみあわせたブロック「テトリミノ」を左右90度単位で回転させるか
左右に移動させるか高速で落下させて横一列を隙間なく埋めると消滅して
上のラインが落下してくる 
横ラインが消滅せず上まで詰まりテトリミノが落ちれなくなるとゲームオーバーになります
シンプルな操作方法ですが
ゲーム性が高いです




初期型のは側方の壁に近いとブロックが回転しなかったり
Tスピンのボタン判定が渋かったりと難しかったですね

おかげでステージ早々にゲームオーバーとなり
出現するキャラクターのチンパンジーにバカにされました・・・




ナムコ F/A(1992年)


縦スクロールのシューティングゲーム
現実の戦闘機 F/A-18の名称と同じく
対空戦と対地戦が主戦闘になります




使用できる自機キャラクターは
各国の主力戦闘機で日本のF-15J F-4EJ改
アメリカのF-14 F-16 まだ試作戦闘機だったYF-22 
イギリスのハリアー
スウェーデンのJA-37ビゲンなど

2人同時プレイで協力することもできます

シューティングゲームは得意じゃないけど
ミリオタで実際の戦闘機がキャラクターということで
当時このゲームは結構やりましたね

BGMがテクノなのでカッコよかったです




ナムコ アサルトプラス(1988年)


2本のレバーで自機の戦車を操作する
上から見下ろすタイプの任意スクロールシューティングゲーム




レバーが特殊で取り寄せが困難なため
現存する筐体は少ないと思われます

操作方法が特殊で左右のレバーで戦車の履帯(キャタピラ)を動かすもので
レバーを2本とも前に倒すと前進 後方に倒すと後進
片方だけ倒すと旋回 2本前後逆に倒すと超信地旋回が出来るのは
ブルトーザーや油圧ショベルと同じ



しかし2本のレバーを外方向に倒すと起き上がり
遠方射撃モードになったり
2本を横に同方向倒すと横転したりと
面白い操作方法が好きで
これも当時結構やった記憶があります




ナムコ 源平討魔伝(1986年)




登場時は和風のグラフィックや音楽が斬新でした
プレーヤーのライフはロウソクの本数と長さで表され
得点表示は漢数字




スタート時やコンテニュー時に出現する老婆キャラ
安駄婆(あんだばあ)が不気味に笑います





別室には貴重なゲーム機がある
会員制のVIPルームがあり
専用のカードキーが無いと入れません




住所 氏名 電話番号 それと簡単なアンケートを記入し
運転免許証などの身分証明書を提示すると会員になれますが 年齢制限があります
館長の話ではあまり若い人だと血気盛んなためゲーム機を壊される可能性があるので年齢制限を設けたそうです




館長の審査も通り VIPルーム内部に入ることが出来ました

大型筐体の珍しいゲーム機も置いてありました




タイトー ダライアス(1986年)


横スクロールのシューティングゲーム
ブラウン管を3画面連結させて シート下にはボディーソニックが内蔵されて
重低音がズンズン響きます
3画面の内 左右の2台が筐体下から反転表示でハーフミラーで反射させて投影
中央の画面は通常表示にしてつなぎ目のない横長3面表示の凝った造りになってます




セガ スペースハリアー(1985年)


セガの体感ゲーム第2弾
航空機と似た操作法の操縦桿で空中を飛行する主人公
超能力戦士「ハリアー」の人型キャラクターを操作し 
障害物をよけながら敵を攻撃していく疑似3Dシューティングゲームです




主人公が左肩に腰かけているロボットは
「機動戦士ガンダム」に出てくるモビルスーツ「ドム」に似たキャラクターなんですが
実はこちらの名称も重機動モビルスーツロボット「ドム」と言います

バズーカを持っていたり滑るようにホバリングしながら出現したりで
今となっては訴訟に発展しかねませんね


爽快感のあるBGMでセガのゲームミュージックは名曲が多いですね




ナムコ マッピー(1983年)

喫茶店でテーブルとしても使用できるようにガラス天板の中に
ブラウン管が仕込まれたテーブル筐体




ネズミの警察官「マッピー」が「ニャームコ」達に盗まれた品物を取り戻す設定のゲームで
トランポリンでフロア間を行き来したり ドアを使用して敵を倒したりでわかりやすいゲーム性です


任天堂 ファミリーコンピュータの初期ソフトとしても大ヒットしましたね
ステージクリアに時間がかかると「ご先祖様」が出てきて苦労しました

このゲームミュージックも耳に残りやすい名曲です




タイトー アルカノイド(1986年)


当時すでに古典的だった「ブロック崩し」にパワーアップアイテムや
敵キャラクターを出現させるなど新たな手法を取り入れた傑作ゲーム




特徴的なダイヤル型コントローラーで
バウス(ラケット)を動かしエナジーボールをはじき返して
破壊可能なスペースウォール(ブロック)をすべて破壊するとゲームクリアという
単純明快なゲーム


ドラえもん(第2期)の声優 大山のぶ代はこのゲームの虜になり
自分の別荘にも設置していたほどの熱心なプレイヤーで
腕前も相当なものです





ナムコ ゴルゴ13(1999年)


漫画 ゴルゴ13を原作としたガンシューティングゲームです




筐体に直付けされたM16ライフルの模型に乗せられているのは
本物の照準器が使用されていて
目を近づけすぎると見えません




各ステージのスタート前には
原作の漫画が引用されていて
デューク東郷が狙撃の依頼を引き受けます


スコープの調整が狂ってる店が多くそのままでは全くゲームになりませんでしたね

天野ゲーム博物館のスコープは定期的に調整をしてるようです




セガ アフターバーナーⅡ(1987年)


当時 アメリカ海軍の主力戦闘機F-14トムキャットをモチーフにした
戦闘機をメインキャラクターにした疑似3Dの体感ゲーム




ココにあったのは汎用筐体の「シットダウン筐体」ですが
当時他には大型筐体で左右に動く「クレイドル筐体」
前後左右2軸で動き頭上まで完全に覆われた「ダブルクレイドル筐体」もありました

映画「トップガン」の影響を強く受けたゲーム性と
ハードロック調のBGMは爽快感抜群




エンディング画面もトップガンそのもの


私が非常に好きなゲームの一つです
でもコンテニューしないとオールクリアー出来ないんですよね
もっと上手くなりたい





古いゲームなので故障が絶えないそうで
特にブラウン管は数日に一台は壊れるとか
液晶に替えることも検討してたようですが
レトロゲームにはブラウン管が合うということで
こだわりを持っていました

それと年々ゲーム基板が少なくなっているけど
レトロゲーム人気のため購入価格が上がってるそうです

しかしまだまだ続けてほしいものですね


懐かしいゲームがいっぱいで全国からゲーマーが集まる
天野ゲーム博物館でした


車で行く場合は土日祝日と平日15時以降は近くの三菱UFJ銀行と
西尾信用金庫の駐車場に停められるそうです



愛知県西尾市高砂町41
営業時間 午前9:00~午前0:00
年中無休



Posted at 2018/08/15 07:45:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | ゲーム | 趣味
2018年08月11日 イイね!

タイガースを黄炎(おうえん)だ 伝統の一戦 ウル虎の夏2018

タイガースを黄炎(おうえん)だ 伝統の一戦 ウル虎の夏2018阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)


阪神電車 甲子園駅から目の前にあるのですが
国道43号線や阪神高速道路の高架が横切ってるため
球場の姿はほとんど見えません




チームショップアルプス
タイガースグッズ売り場

試合開始までかなり時間があったので
ゆっくり買い物ができます




リニューアル工事のため一旦刈り取られて
2009年に再び植栽された蔦もだいぶ復活してきましたね





真夏に開催されるイベント
「ウル虎の夏」

タイガースのイメージカラーである黄色に染めようということで
普段は緑色の案内板も黄色になってます




記念撮影用の梅野選手 鳥谷選手のパネル
選手は黄色のユニフォームを着用してプレイします




外野スタンド下にある
球場や高校野球 タイガースの歴史や関連物品が展示されている
「甲子園歴史館」




館内の撮影は可能なのですが
ブログに掲載禁止ということです

阪神タイガースや高校野球を沸かせた名選手のユニフォームなどの用具類
当時の映像などで結構楽しめました




伝統の一戦
阪神タイガース vs. 読売ジャイアンツ

ビジターエリアを除き
ウル虎の夏で黄色く染まっています




来場者にはウル虎の夏レプリカユニフォームが配布されていました

私も着用してタイガースを応援しました




グラウンドの整備をする阪神園芸のスタッフも黄色のユニフォームを着用しています

イレギュラーを防ぐため入念な整備をしていて選手からの信頼も厚いです
柳沢慎吾の「ひとり甲子園」でも演じられていますね




タイガースは0点に抑えられていて劣勢
逆転を信じて7回裏の「ラッキー7」ジェット風船発射準備よし

スタンドに並んだ風船は圧巻です




ファンファーレの後 一斉に飛ばす
夜空に舞うジェット風船




8回まで完璧に抑えられていたけど
9回裏に追い上げムードでこの日一番盛り上がりました

しかし逆転かなわず試合終了
同一カード3連敗を喫してしまいました
勝利の六甲おろしを歌いたかったな


ペナントレース中盤を折り返したけど
まだまだ分からない 優勝を目指して頑張れ阪神タイガース
Posted at 2018/08/11 06:32:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | スポーツ

プロフィール

「Aldious/夜桜 新ヴァージョン

https://www.youtube.com/watch?v=Czx0su8Kt5Y
盛り上がる定番曲」
何シテル?   10/12 19:28
オフアクシスと申します HNの由来はオートビレッジに登録の際 日産ルネッサのグレードで オーテックジャパンのコンプリートカー 「アクシス」に乗ってた...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

大阪KINGS 
カテゴリ:スキー スノーボード トレーニング施設
2016/04/27 23:49:54
 
神戸KINGS 
カテゴリ:スキー スノーボード トレーニング施設
2013/09/06 19:41:19
 

お友達

スキー スノーボード 等 雪山滑って 飛んで 転んで が好きな人はぜひ

それ以外の方も大歓迎です
よろしくお願いします
75 人のお友達がいます
ざとざと * ととろパパととろパパ *
しゅりゅうしゅりゅう * スキー猫スキー猫 *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 あかんあかん *

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NV350キャラバン 日産 NV350キャラバン
ゲレンデエクスプレス寝台車にすべく 後部の広いキャブオーバー1BOXにしました 雪山出 ...
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
2012年式 CV5W 12型 ゲレンデエクスプレス仕様 最近は人手不足なのかスキー ...
日産 ルネッサ 日産 ルネッサ
マイナー車魂 オートビレッジ(現みんカラ)見ていろいろ工夫してました オーテックジャパ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.