• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゆ~き0053のブログ一覧

2021年12月06日 イイね!

筒頭

ついにKX250FのエンジンOHの最終章、
シリンダーヘッドに着手します。



バルブ周りの備品達...

まあ、今どうのこうのって話ではないんですが、
そもそも問題が起こってから着手するもんではないですからね。
あと、パワーダウンしてる気もしないではないですし...
(ここはサイレンサーに付けている追加バッフルのせいもあるでしょうけど)
すでに一年前くらいからちょいちょい準備していたんで動けなくってもすぐに修理できるように、いざ開始した時に走れない期間を最小限にとどめるために進められる部分は進めたいと思います。

エンジンオーバーホール編最後がヘッドとは、通常と逆の順序ですね(笑)

やることは新規に用意した1年後モデルのシリンダーヘッドに塗装を施して丸ごと交換。
新品バルブにWPC処理を施して交換。
年式を変えたことによってエアダクトも交換になります。
ハーネスはおそらく長さが足らなくなるであろうからそこは現物加工。
このために、この変更に関わる部品をパーツリストと回路図、サービスマニュアルで比較して十分検討しました。
最悪スロットルボディとECUが交換となります(汗)
まあすでにシリンダーは交換してるので問題ないでしょう。

すでにバルブは業者に送っております。
チタンバルブは、調べると当たり面を出すためには、タコとコンパウンドでバルブをパンパンできず、ヘッド側のシートを切削することになるそうですが(あれ?普通のバルブも同じじゃなかったでしたっけ?少なくともKLXはそうでした)
車体出荷時は個々にそんな加工やってるんでしょうかねえ。
もしそれが不要ならバルブコンプレッサーがあるんで自分でも組めそうですが...
ちなみに塗装をするに当たって、塗装された状態のヘッドを組んでくれるかどうかを某ショップに相談したら断られました(汗)
ですのでいつもの塗装業者の方に相談をしたら関連の店を紹介してもらえました。
おそらくバルブを組むことだけを依頼してタペット調整は自分でやることになります。
正規の組み合わせではないですからね。ちゃんと組んだはずなのに動かないなんてことになれば向こうに迷惑がかかるので...

WPC加工についてですが、調べるとチタンバルブは耐久性を上げるために特殊なコーティングをしてるそうですが、大丈夫でしょうか。
一度その点については問い合わせはしてるのですが、念のためにステム部だけへの施工にとどめました。業者の方は何度もモトクロッサーに対して施工経験はあるんで大丈夫かと思いますが...
一度この段階でエンジンを動かして走らせて、その後でタペットやカムホルダーにも施工しようかと思ってます。
クランクシャフト、ミッション、シリンダー、ピストン、ピストンピンに
全て処理をしているのでこれで主要機関には全てやったことになりますね。
総額を考えたくない(汗)個人でばらせないと絶対できないです。

塗装についてもこれでエンジン全塗装となります。
本当はフレームも塗りたいんですが...

ここまでやってるモトクロッサーも珍しいですね。
おかげで乗り換えをする気が完全に無くなります(笑)
Posted at 2021/12/06 21:44:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | KAWASAKI KX250F 2012 | クルマ
2021年11月23日 イイね!

泥沼化

大改造です。



初めて後輪を外しました。まあ特に何という事もない
ここはオフ車と手間は変わらずですね。
ただ、フレームを上から吊り下げているということは



スイングアームも外してしまいました。
スイングアームピボットはちょっと複雑な機構でした。
ただボルトとナットで挟んでるわけではないんですね、オンロードスポーツって。
まあ、クランクケース貫通でない点もオフロード車と違います。
フレームを下からジャッキで支えているのはなんとなく不安でしたので補助です。
にしてもいびつな形状のスイングアームですね。平行直角がわからない(汗)

ついでに前回リンクプレートを交換した時に触っていなかったタイロッド?のフレーム側ピボットをグリスアップ。
ビフォー動画撮り忘れましたが動きが激変...



何が悪かったのでしょうか?逆にこっちが悪いのでしょうか(汗)
オフ車に強い店では新車のリンクをばらしてグリスアップして
納車するところを何店か知ってますがやっぱりこの作業は最初にやるほうがいいのかもしれません。





超鏡面のアルミの塊!

各ピボットを全てグリスアップして早速取り付け開始。



スイングアームのコーティングやチェーンアジャスターの焼き付き防止グリス塗布等の前もってできる事前準備をしてなかったので丸一日仕事でした。

2.2kg軽くなりました。持つと重さは全然違います。

走るとゴツゴツガツガツドドドドって感じ(笑)



とりあえずイニシャルアジャスターを最弱にセットし直して次回確認します。
この展開は確実にリアサスの交換とセッティング沼方向ですね...

Posted at 2021/11/23 23:23:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | KAWASAKI ZX-25R 2020 | クルマ
2021年11月16日 イイね!

7→10

約10年ぶり?パソコン買い換えました。

何年間もMACを買おうと試みておりましたが、結局Windowsを選びました。

そして、安くて性能の良いノートあるいは、コンパクトデスクトップモデルを探していてそういうPC専用メーカーを色々物色していた結果



前回と同様富士通WEBマートから購入しました。
画像左のモデルです。
アウトレットモデルに好みの色(ま、言わなくても画像見れば明白かな)
があったので100000円と少しで高性能なものが買えました。

その代わりメモリが4GBなんで近いうちに最大容量まで一気に上げてしまおうかと。
というのも、普通にネットしてるだけで消費メモリが4GB前後あります。



サイズは13.3→15.6インチと、一回り大きくしました。
13.3が小さくて不満というわけではなかったのですが、大きい方がコストパフォーマンス的に有利なので大きくしました。
唯一の不満は嫌いなテンキーがあること。これのおかげで
キーボードとタッチパッドが左に寄ってます。
あと、確かこのモデルってONKYOスピーカーの表記があったはずですが
なんで無くなったかなあ(笑)

使ってみての感想はまずはお約束、いらん機能の削除から。
最初に設定する時、ネット環境が設定されていないと面倒ですが
建物共有のWiFiがあったので楽でした。
ソフト関連は相変わらずというか更に磨きがかかって、いらん機能が押し付けがましいこと山の如しですねえ。いちいちパスワードを入れないと
PCが開けないですけど、パスワードではなくて「PIN」って一体何なん?

ただいま色々設定中ですが、やっぱりメモリがちょっと足らないので
本格的運用はメモリを増設してからというわけで今はパラレルツイン運用中。
Posted at 2021/11/16 23:18:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家電,AV,PC,アイテム | クルマ
2021年10月24日 イイね!

膝つっかえ棒

先日ネックブレースを買いまして、



2回目も使用しましたが、完全に違和感が無くなりました。
これがあるから操作の邪魔をしてかえって危険、
ということはないので次回のレースで安心して着用できます。



チェストガードとの相性問題もあると思ってましたが



胸と背中のこの部品を外すことで干渉は無くなります。
その代わり、ネックブレースのパッドが直接体に当たるので
衝撃を受けた時に鎖骨で受けることになるのはどうかと思いますが...

今使っているTLDのチェストプロテクターは結構長く使っているのと
あの忌まわしい怪我で一部破損してるのでネックブレースと同じメーカーで
次に買おうと思ってましたが、しばらく使い続けようかと思います。

ところで、最近よく練習している仲間は、モトクロスを始めたての結構早い段階でニーブレースを使っており
その話題をちょくちょくしていたので気にはなっていて、いずれは購入するつもりではいましたが、チェストプロテクターを継続しようと決めたので
次のレースが無事に終えた時点で買おうかと考えております。



これも自分のネックブレースと同じメーカーですが、よく見ると膝を補強する関節が片サイドにしかありません。
膝の外側のみです。これはニーグリップする時のことを考慮した造りのようですが



自転車のCANNONDALEのLEFTYのフロントフォークみたいなもんです(笑)
仲間が使っているのは、



PODっていうメーカーで、この手のパイオニアだそうで
一番有名で使用率も高いようです。
自分の履いているパンツは結構タイトなサイズですのでできれば
動きやすさを優先したいのでLEATTが候補かな(そもそも安全性は問題ないはず)。

ニーブレースの必要性、効果について何の文句もありません。
使っている人に対しても当たり前ですが何も文句も無いですが薦めている人には
色々言わなければいけないことがあります。
最近ニーブレースに関するこんな記事がありました。

いや、わかりますよ。誰に聞いても必要だと言うでしょ。
でもね、ニープロテクターを「皮膚を守る程度」等というのはいかがなものかと。
それと一番肝心な部分が抜け落ちていて、
ニーブレースで膝が曲がってはいけない方向に曲がるのを防ぐことには絶大な効果を発揮するのは構造上わかりますが

膝靭帯を破壊するほどの衝撃は一体どこへ行ったのでしょうか?

ってことです。これがヘルメットでしたら帽体が割れることで衝撃を吸収すると言われてます(本当のところ検証しようがないんでしょうが)。
自分の怪我の時はバイクのダメージは、ラジエーターがグニャリと凹んでましたが
それによってフレームへの衝撃を幾分か逃がしたかと思います。
最初の方にも書きましたが、ネックブレースへの衝撃で、頚椎を守った代償に
鎖骨を折ることになるかもしれません。

当然ニーブレースでも同様のことが起きますがそれは間違いなく
ニーブレースの上下端の部分の骨です。下端はブーツに連結してますので
おそらくは上端の太もものど真ん中の骨を折ることになるでしょう。
運が良いとニーブレースが折れることで収まることもあるでしょう。

じゃあ次に話題になるのが太ももの骨を折るのと膝の靭帯を壊すのと
どっちが良いか?です。
ネックブレースが頚椎を守って鎖骨を折るのならどっちが良いか?も同様です。
自分は専門家ではないですがおそらく、靭帯の再生と膝構造の複雑さ
からすれば太ももを折る方がマシなのは容易に予想できます。
でもそれを伝えずに買わせるのはまずいですね。

その点の解説が抜けている点と、もう一つは具体的にどのシチュエーションで
ニーブレースが効いてくるか?膝を壊すか?ということの説明がないことです。

この二点の解説がないのにニープロテクターは皮膚を守る程度
なんて暴言を言うのなら、だったらニープロテクターの販売者を批判してから
ニーブレースの必要性を訴えるのが筋かと思います。

ニーブレースを買わない層にはいくつかパターンはあるかと思いますが
中には酒を我慢するとか節約系でちょっと無理してお金出せば買えるけど、
安い金額でニープロテクターの存在があるから
「そこまではまだ不要かなあ?」とそっちを買ってしまう人が一定数いるはずです。自分もここに分類されるでしょう。
そういう人達を怪我から守るために「ニープロテクターは販売してはいけない!」と言うべきです。本当にニープロテクターしか買えない人がいたとしてもそんなものが無くても多少の切り傷で済むわけですから「ニープロテクターは無意味、むしろ本来必要であるはずのニーブレースの定着を阻害している有害な商品」です。

自分なら、

「ニーブレースが無いがためにこういうシチュエーションで靭帯切りました」
という実例をいくつか挙げる。

「だからニーブレースが必要になる、ただし例えば太ももを折るデメリットはある。
でもトータルで、ニーブレースがあったほうがいいでしょ?」
「それでもお金が無い、もしくは始めたはいいけどすぐやめてしまうかもしれない。そういう人でも安全に楽しむ方法はいくつかあります。

ニーブレースが無くて膝を壊した人の例から分析して
やってはいけない走りを分類分けする(結果できなくても分析はする)。

「始めたばかりの人はニープロテクターを付けてください。ただし、こういう走り(例えばジャンプ)、こういう場所へ行くのはやめて下さいね(漠然と安全に気を付けるというのではなく、具体的な例を挙げる)。
上手くなってきて(ハマッてしまって)それをやりたい、そこへ行きたいという場合は絶対付けて下さい。」

と書きます。この記事を読んでると漠然と怖がらせて売り付けたい意図が見えます。
って言われてもしょうがないです。というか発想が安易です。
自転車業界で言うと例えばヘルメットの話にも同様のことが見られます。
このことは前に書いたかなあ???

上記のことをひっくるめて自分の場合、それでも必要という判断です。
話を戻しましていざ買うとなれば、サイズ選びに関しては試着しないと不安です。一応計測方法は載ってますし、
そもそもサイズラインナップが少ないので選びようもないんですが
SIDIブーツも愛用してますし一度「関東」にある「西の木」へ行ってみたいですねえ。
Posted at 2021/10/24 22:54:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | ウェア、アクセサリー | クルマ
2021年10月22日 イイね!

トラポン

本日は急遽平日オフトレ。もちろん行きつけのコースで。



(こういう写真を撮っていて最近ふと気が付きましたが
ちょっと前と比べて空が青くなってる気がしてきました。)

最近ここしか走ってません。
音量規制のためマフラーにエンドバッフル付けているのと
社外マフラーを使いたいというのもあって他のコースも行きたいんですが
次戦以外のことは考えられない(汗)



で、宣言どおりトランスポンダーを買いました。
機械と年間契約で約10000円。



ちなみに25Rで使おうと企んでましたが、オンロードサーキットでは
別の機械が必要とのことでした...統一してくれよ。

早速使おうとしましたが充電が必要ということを考えてなくて
コースの事務所で充電してもらったので昼から計測。
予想どおり本番の走りにはほど遠かったです。
スタッフの方とも話をしたんですが路面コンディションの影響もあるということでした。確かに今日は荒れてましたし本番はベストをなるべく維持してくれておりますし。
ただそれですと他の人も同じ条件ですのでやっぱり本番パワーでしょうねえ。
自分の中ではかなり冷静でしたので集中力の問題なんでしょうか。
その緊張感を自由に引き出せたら最高なんですが。
スロットルの開度についてはもう慣れました。
これについては問題なくクリア。それによって山一個飛ばしのジャンプの成功率が上がってきました。
だとするとタイムが縮んでいるはずですが・・・やっぱりモトクロスはコーナリングテクニックが左右するのか。

残り少ない練習ですが、分析をしようかと思います。差し当たっては
周りから自他共に認める体力お化け(?)ですが、一日走ってラップタイムがどう変わっていくのか興味ありです。

まあなるべく計画的に安全に進めていきます。
Posted at 2021/10/22 22:55:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | KAWASAKI KX250F 2012 | クルマ

プロフィール

「@パッツン@専らチャリ
どこかで聞いたような(笑)」
何シテル?   08/12 16:36
車も人も軽量高剛性
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
5 67891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

カワサキ KX250F カワサキ KX250F
モトクロッサーです。
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
2017年納車。 17年落ち15万km超のCELICAのフューエルリッドのヒンジが壊れた ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
可変バルブリフトのSS-2です。可変する瞬間はほとんど体感できません。 この車の最大の特 ...
カワサキ KLX250SR カワサキ KLX250SR
シクロクロスを優先して一度バイクから降り、2年ちょっと。 バイクが欲しいと相談されていた ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.