• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Alan Smitheeのブログ一覧

2018年11月11日 イイね!

ポールに会いに行って来た、ヤァヤァヤァ!

ポールに会いに行って来た、ヤァヤァヤァ!










えーっと…大変お久しぶりの更新です。って言っても1ヶ月も空いてないか(汗

さて、10月中旬から月末にかけて超ロングな秋旅を満喫してきたばかりですが、
そちらの旅レポも全く手つかずのまま、気が付いたらもうポール師匠の来日(爆


そして、先日…11月8日、ついにナゴヤドームへポールに会いに行けました(涙
ほんと、名古屋公演の実現が悲願だったんですよね。東京じゃダメなんですよ。

そんな、夢のような地元名古屋での公演でしたが…3日経ってもまだドキドキ(笑

そりゃそうですとも…

あのポールが地元に、それも近所にいたんだから!

alt



ってなワケで、未だ興奮冷めやらぬ私ですが、劣悪極まりないスマホ画像と共に
拙い感想なんかを交えて、備忘録として当日の感動をちょっとだけ語っておきます。

多分、ビートルズの話を始めたら、30年はかかるから生きてる内には無理です(笑


まずは…名古屋公演のセットリストを。東京ドームや国技館とは若干異なりますが、
基本的には今回のワールドツアーのセットリストは大きな違いは無いようです。
どの曲も大なり小なり、思い入れがありますが…語りだしたら止まらないので割愛(汗

01. A Hard Day's Night
02. Junior's Farm
03. Can't Buy Me Love
04. Letting Go
05. Who Cares
06. Got to Get You into My Life
07. Come On to Me
08. Let Me Roll It
09. I've Got a Feeling
10. Let 'Em In
11. My Valentine
12. 1985
13. Maybe I'm Amazed
14. I've Just Seen A Face
15. In Spite of All the Danger
16. From Me to You
17. Love Me Do
18. Blackbird
19. Here Today
20. Queenie Eye
21. Lady Madonna
22. Eleanor Rigby
23. Fuh You
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude

Encore:
01. Birthday
02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
03. Helter Skelter
04. Golden Slumbers
05. Carry That Weight
06. The End

…以上、全37曲。およそ2時間45分に渡る圧巻のステージでした。



それでは、サクっと(?)当日のレポートをば。
現在私はもうプロの音楽家でもライターでもなくなったので1ファンとしてね(笑

また、画像はiPhoneのみで、会場内の撮影は特に粗悪ですのであしからず。


この日は3か月も前から休暇にしていたので、前日にはしっかりと睡眠を(笑
おかげで18時半開演の5時間以上前に会場に元気よく歩いて到着です(汗

今回会場となったナゴヤドームは自宅から比較的近いのでありがたいです。
しかし、11月上旬にも関わらず、まさかの25℃!半袖1枚でも汗ダクでした(涙

alt

この時はまだ周辺も比較的混雑してなかったので、余裕を持って記念撮影など(笑


しかし、入場ゲート付近では物販に1000人以上もの列が出来てました…(ガクブル

alt

こりゃもう並んでたら開演時間になっちゃいそうだよね?ってことで、ひとまず退散。


終演は22時頃になってしまうと思われるので、超早めの夕食(昼食?)を矢場とんで。

alt

こちらもまだ開演まで時間があるせいか、普段通りで座席も余裕ありました。
とは言え、周囲を見渡すと3分1くらいはポールファン?っていう状況でした(汗

因みにポールはベジタリアンなので、名古屋名物は何1つ食してなさそう…(涙



腹ごしらえを済ませて、とりあえず時間はたっぷりあるので、今回は我慢をして
物販の列に並ぼう!と決意。普段30分ですら並ぶことのない人間なのに…(笑

alt

13時から物販開始でしたが、早くから並んでた人たちの購入が済んだせいで?
並んで10分もしないうちにサクサク動いてくれて、20分足らずでグッズをゲット!


alt

しかし、ゲット出来たらラッキーと思ってた限定ハッピは既に全色完売…(泣
他にもパーカーとか一部のTシャツが売り切れ始めてる状況。恐るべし。


んでもって、先に…今回の戦利品をば。

alt

これは是が非でも欲しかった名古屋公演限定のツアーTシャツ。Mでもデカい。
因みに、開演直前になってコレに着替えましたよ、ええ(笑


そして、一番定番であろう今回の世界共通ツアーTシャツ。

alt

限定Tシャツと同じサイズにも関わらず、実寸がまるで違うというミステリー(汗
もう1枚はMでもデカいのに、こちらは同じMなのに自分には小さすぎ…(涙


そして、コンサートでは必ず購入するであろうツアーパンフ。これ、3500円也!

alt

ローリング・ストーンズとか、これまで買ってたのは比較的安かったですが、
ポールのツアーパンフはしっかり製本されてるし、広告もほとんどない上に
全編オールカラーで豪華絢爛。そうなると3500円というのは妥当かなぁ、と。


ウチの嫁さんにはあまり興味無さそうでしたが、とりあえずバンダナ買いました。

alt

この頭の悪そうな直訳…「リフレッシュする」というのがあまりにステキです(笑


そして、これらを収める為の?トートバッグも購入。大きいので普段使い出来ます。

alt

私はコレクターではないので飾ることはせず、早速翌日からフツーに使ってます(笑

他にも欲しいモノがありましたが、今年はあまりに散財しまくって超財政難なので
この辺でヤメておきました。家電とか新車とか旅行とか…何百万円と使ってるしね(爆

グッズ購入後でちょうど15時半くらいを迎えていたので関係車両ゲートへ移動します。


因みにナゴヤドームの関係者用ゲートはイオンとは正反対で、ドームの南東にあります。

alt


普段はこのように施錠されてますが、開催時は開錠されています。
狙い目としては、ここから100m西にあるナゴヤドーム南交差点までですかね。
東京や大阪は知らないですが、ナゴドは道も狭いので間近で見られるチャンス(笑

そして、15時半頃になって宿泊するヒルトンホテルを出たとの情報が飛び交い…
他のファンも一斉に?南口へ走っていきました。

alt


偶然なのか、同じタイミングでアドトラと呼ばれる大型宣伝トラックもナゴヤドームに到着。

ポール師匠、iPhone8で撮影しながら品川ナンバーの黒塗りレクサスに乗って颯爽と登場!
しかし、ナゴヤドーム南交差点の赤信号で停車したおかげで?ファンが殺到し始めたので
SPが下りてきてダッシュで誘導されながらゲートへと消えていきました…(遠い目

ほんの一瞬でしかなかったので、iPhoneなんかで撮影なんぞ出来るワケもなく残念ですが、
確実に元気そうなポール師匠が会場入りしたのを確認できたのでひと安心ですね、ええ(笑


16時近くに会場入りしてるので、ほんと、サウンドチェックはギリギリだったかも…?
ちょうど会場入りした直後からドーム入場ゲートでは音漏れリスナーが集まってました(笑

会場のすぐ隣に関係者用の駐車場があるんですが…コレ、機材車…ですよね、きっと(汗
因みにU2はこのサイズの機材車が100台近くありましたよね…駐車場が心配です(爆

alt



16時半を回ったところで、我々も会場入りするべく、入場ゲートへと急ぎます。

alt

18時半開演予定で16時半開場なんですが、17時前で既にこんな人だかり(汗
もう物販スペースなんて、コミケ並みに混雑と行列でカオスと化してました、ええ。

私は今回、哀しいかな…アリーナS席でもかなーり後方なので、慌てることなく入場。
施設内でも物販はありましたが、そこにも大行列が出来ていて身動き取り辛いです。
やはり、早めに物販でグッズをゲットしておいて大正解でしたね、うん。

因みに、会場入り直前にお隣のイオンナゴヤドーム前店へチラっと寄ったんですが、
これでもか!っていうくらいの混雑っぷりでした。フードコートは野戦病院さながら(爆



そんなこんなで、いざ入場。

alt


最近滅多に野球観戦にも出かけてないので、かなり久々のナゴヤドームです。
会場内にはアンビエント音楽が延々と流れてました。ステージ卓から出してたかも。

開場になってまだ3~40分なので、アリーナの観客は見ての通りまばらでした。
こういうコンサートの場合、A席の人がS席の方へ覗きに行ったり来たりするのは
ご法度になるケースが多いと思うんですが、今回は開演時間までは好きに動いて
良いってことだったので、自分の席を確認したらすぐ、最前列へ一目散…です(笑


…と、その前に。以前私はミュージシャンだけでなく、音響監督なんぞもしていたので、
同業者…と言ったらおこがましすぎるのですが、やはりまずはPAをチェックせねば(笑

alt


…と思ったらPAのオッサン、リハが終わって本番前の休息中でした…(笑
隙あらばいろいろ質問でもしちゃおうかと思いましたが、そっとしておきました(汗


…んで、こちらが最前列の眺め。もうね、これだけでも感動しちゃうんですよね。

alt


最近もう音楽の仕事から離れて長いので、最新鋭の機材が全くワカリマセン(大汗

とりあえず下テのギタリスト、ラスティにしても上テのギタリスト、ブライアンにしても、
めちゃんこ良いヴィンテージギターを贅沢に使ってるなぁ、という…そんな印象(笑
アンプは以前から変わってないですね。2人とも知る人ぞ知る「÷13」を使ってますね。
ある意味マイナーなメーカーですが、彼らによってメジャーになった気もしますよ、ええ。

ポール師匠のベースアンプについてはもう20年くらいメザブギーを使ってるようですが。
ギターアンプについては何だろう?やっぱりVOXなんでしょうかね?詳細不明です(汗


ポール師匠、76歳ってことで正真正銘おじいちゃんなワケですが…
気が付けば、バックバンドの連中もそれなりにおじいちゃんですよね。
ブライアンは63歳、若く見えるラスティでももうすぐ還暦。鍵盤のウィックスも62歳。
ドラマーのアベちゃんこと、エイブだけ若い。何故か私より若い…47歳だそうで。

そんな連中が繰り出すサウンドは、正真正銘のライブサウンド。ここがミソですよ。
話によると、ほとんど同期演奏とかやんないらしい。確かにドンカマとか見当たらない。

最近のバンドはアルバムの演奏を再現できずにすぐに同期演奏に頼りがちですが、
ポールは最小限のメンバーで、最大限のサウンドを作ることを相当意識してるようです。
れっきとした、正真正銘のライブ演奏。だからこそ、凄いんですよね。箔がつくワケです。


最前列からステージ間のセーフティゾーンも見てみましょう。

alt


この手前のギミックは見覚えあります…っていうか、以前使ってましたしね(笑
スモークマシンですね。どこでどう使うかは…まぁぶっちゃけ知ってますけどね(汗


ちょっと離れて…最前列で記念撮影しまくる人を激写(笑

alt


いやね、ほんと…羨ましいですよね。こんなド真ん前で演奏が見られるなんて。
でも、ぶっちゃけ音だけで言えば、最前列ってバランス最悪なんですよね(爆
たまに、なんでもっと前の方で見られるようにしてくれないの?って尋ねられますが、
ハッキリ言って、それ以上前に行ったら…な~んも音が聞こえなくなりますよ、ええ(爆

alt

ライター時代、予算削減の為に自分でアーティスト写真を撮影してたんですが(汗
ステージ写真を撮る際、カメラマンは舞台の真下から狙ったりしていたんですよね。
でも、音が全然聞こえなくて…ベースのブーっていう振動のような音で潰れまくってるし。
それなのに、「最高の演奏だった!」とか書かなきゃいけない仕事を恨んだものです(笑


さて、今度は一番理想的な場所へと移動しましょう。それは…

alt


はい、今回の会場で言うBブロック~Cブロックですね。Cブロックの後ろがPAブース。
音の定位も含めて、これくらいの距離だと遅延も気にならないし、ちょうど良さげです。
最前列から数えて…3~40列目くらいでしょうか。メンバーの顔は見えづらいですけどね。


そして、今回一番残念な場所も確認してきました。それは…


alt


そうです、同じ最前列でも、もはやここまで端っこだと、音も画もクソも無いです(涙
せっかくの巨大スクリーンも、これだけ鋭角では…とてもじゃないけど見られません。
勿論、ステージのバンドマンも基本の立ち位置にいたのでは全く視界に入りません。
PAのフライングスピーカーがスタンド席用に向いてるのだけが唯一の救いですかね?

これでS席はちょっと無いんじゃね?って思うんですけど…実際のところどうでしょうね。
チケットが送られてきて、ブロックAで1列目なんてあったら狂喜乱舞しちゃいそうですが、
会場に入ったらまさかこんな落とし穴があったとは…ってなると、あまりにムゴい…(涙

そう思うと、私なんかはかなり後ろの方でもスクリーンもステージもギリ見える範疇だし、
まだ良かったのかな~なんて思う今日この頃…って!いかん!グダグダすぎる…(爆


因みに…
最前Aブロックの一番最後の座席、前から15列目でもようやくこんな景色でした。

alt


ウチの嫁さんも以前、某ライブでこのような座席だったようで、「絶望席」と呼んでます(汗


しかし、嫁さんにとっては、今回の名古屋公演チケットの座席も、絶望シートと言ってました(爆
そんな絶望的な座席からのステージはこんな眺めになります、はい(汗

alt


うーん…なんとかステージが見渡せるかな?っていうレベルですかね…。
目の前の人が立ち上がっただけで、もう背が低い人なんて絶望しかありません(爆

正直、私はステージはもっと底上げしてるもんだと思っていたんですよね。
何故なら…アリーナは床に傾斜も何も無いから、見上げるしかないですもんね。
しかし、実際には…思っていた以上にステージが低かったです。いや、こんなもんか?


アリーナやスタンドを徘徊した後、PAのオッサンがどうやら目覚めたようなので再び。

alt

うーん、当然っちゃ当然ですが、コンソールは全てフルオートメーションですね。
昔のコンソールと思うとボタンやスイッチの数は減りましたが、操作が難しそう。
電池交換レベルな超機械音痴な私は本当に苦労しましたし…電源どこよ?とか(爆

予めほとんどサウンドメイクをPCに読み込ませちゃってると思うので、
今のPAの人は本番はそれほど動かなくて良いんだろうな…。


そういやPAと言えば、必ずこういうフィギュアとか卓上に並べちゃうんですよね。
サージェント時代のポールとゴジラがいろいろ。左の建物は…武道館でしょうか。


alt


ま、多分に漏れず…私もやってましたけどね、ええ(大汗



さて、今回の名古屋公演ですが…座席に着くと、こんなモノが用意されてました。

alt


どうやら名古屋公演では、サプライズをやろうとしてるようです。
他の公演ではどうだったんでしょうかね?イマイチよく知らないんですが(汗

まぁ日本ツアーの最終公演でもあるので、こういうのがあっても不思議じゃないよね。

さて、先ほどから開演時間直前になって、アンビエントな音楽からビートルズナンバーの
メドレーに変わってきました。原曲もあれば、カバー曲もあったりと…様々です。

18時半開演予定ですが、お約束の如く…押してます、激しく…押してます(汗


というか、18時半の時点では、まだかなりの空席が目立ってました(大汗
そりゃ、こんな状態ではスタートできるワケがないですよね…ある意味親切心ですよね(笑
チケットが売れていないのではなく、平日だし、仕事帰りに来る人も多いだろうから
きっと開演ギリギリじゃないと来られない人たち…なんだと思います。


で、18時50分になったところでようやく空席もほぼ埋まった様子。

alt

会場内に流れる音楽も変わって、いよいよ開演しそうな雰囲気です。

スクリーンにはポールのトレードマークとも言えるバイオリンベースが登場。
一気にオーディエンスのボルテージが上がっていきます!


…といったところで、結局ダラダラと長くなってしまったので、続きは後日!(爆
Posted at 2018/11/12 06:26:38 | コメント(5) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2018年10月16日 イイね!

初体験!N'blue 4Season モニターレポート

初体験!N'blue 4Season モニターレポート








…というワケで、先日の続きですが、タイヤ交換を済ませてきたので早速ですが
ネクセンタイヤの「N'blue 4Season」というオールシーズンタイヤについてレポを。

alt


まずは…これまでのVWゴルフHLのタイヤの歴史を振り返ります…(笑


2014年2月に納車した私のゴルフ7HLが履いていた純正のタイヤは
ピレリのチントゥラートという極々フツーのサマータイヤだったんですが、
それからたった半年で静粛性の高さで定評のあるミシュランに交換しました。
いずれ交換の時期が来たらミシュランだな!と言った矢先の懸賞当選でした(笑

そして、2017年2月の初回車検時に、まだ3分山ほど残っていましたが、
当初の静粛性も失ってきたし、ついでなので…ミシュランは2年半でお別れ(汗
そこで、再び半年ほどしか使っていない純正タイヤのピレリに戻すことにしました。


同年12月、約1年も経たないうちに今度は生まれて初めてスタッドレスを装着。
3ヶ月間、ダンロップのスタッドレスを履いた後、3月から再び純正タイヤへ交換。
それから今月中旬まで、約半年間使った後、まだ4分山近く溝も残ってましたが、
納車時からのタイヤで、少なくとも5年経過しているタイヤってことで泣く泣く処分。
誰かにタダで譲ろうと思ってたんですが、中古タイヤなんて誰も要らないしね(汗

そんな私のスタッドレスも、譲ってもらった中古タイヤなので、もう次は厳しそう…。
これから迎える冬はどうしよう?スタッドレスに交換するのも難儀だなぁ?
先日買った車の方は既にスタッドレス履かせる予定だし…う~ん…(悩


そうぼんやり考えていたところに、今回のモニタープレゼントのメッセージが!


しかも、スタッドレス&オールシーズンタイヤの2種類。


普段、滅多に懸賞応募なんてしないヤツですが(実際みんカラでは3回程度)、
とりあえずブログやコメントもマメに書いてるので大丈夫かなぁ、と思ったら…
おかげさまで当選させていただけたので、今回の拙いド素人レポとなります(汗


当初、譲ってもらったスタッドレスタイヤに付いてるホイールへ装着しようかと
スタッドレスを希望しようとしたんですが、こういう時期だし、確実に多そうなので、
私は敢えて、生まれてこのかた1度も試したことのないオールシーズンを希望。

文字通り、夏だけでなく、冬も一応OKなタイヤなので、夏用よりは安心ですよね。
というか、降雪時にサマータイヤは原則として交通違反になりますからね、ええ。



名古屋市内の場合、積雪といってもせいぜい年に2~3回、降雪も5~6回程度。

ましてや市街だと24時間交通量がそれなりにあるので、どれだけ凍結していても
ありがたいことに?チェーン装着車や大型車がアッという間に解かしてくれるので(笑
そんなにスタッドレスが必要か?って言えば、正直ほとんど不要だと思われます。

なので私も、30年以上…1度もスタッドレスを履いたことがありませんでしたしね(爆

そもそもタイヤチェーンも、2~3回巻いた記憶があるかどうか、っていう次元です(汗


そこで、今回のオールシーズンタイヤは…まさに名古屋人にとっては御誂なのです。
因みに、私はゴルフで冬山に衝動的に行く事を想定してチェーンは用意してます(笑



タイヤ交換は1本約1000円で交換から調整、廃棄まで全てやってくれる
近所の修理屋でちゃちゃ~っとやってもらいました。ディーラーは高くて無理です(汗

alt




1本あたり10分…計40分足らずで4本交換終了。

alt




未使用タイヤはヒゲがボーボーでいけませんね(笑

alt




近くで見ると、オールシーズンタイヤって自分にはわかんないんですが…

alt


逆に遠くから見ると、溝の切り具合で、サマータイヤじゃないって判りますね。



ぶっちゃけ、オールシーズンタイヤなんて数年前に初めて知ったくらいなので(爆
何の知識もウンチクもあったもんじゃないですが…タイヤの溝をアップで見ると、
スタッドレスタイヤのような細かい溝とかあって、一目瞭然なんですね~。

alt



で、新品のタイヤ交換したら先ずは皮むき!…らしいので、近所を軽く走行。

何せ、交換してからまだ100キロも走ってないので、皮むき最中の段階で、
アレコレ書いても信憑性にも欠ける気がするので、あくまで参考程度で…。



静粛性については、正直、特別高いワケでもないし、低いワケでもないですね。
ミシュランはほんと、履いてから最初の1年は明らかに静粛性の高さが判ります。
しかし、最初の1年だけで、2年目以降は正直、もう静粛性は随分失われました。
同じタイヤを履いた新車に乗ることで音を比べましたが、残念ながら判っちゃいました。

しかし、ロードノイズが純正のピレリと比べて増えるのか?というと、そうではないです。


グリップについては、今のところは全然問題の無いレベルだと思います。
まぁどうしても直前まで履いてた3~4分山のピレリと比べちゃうので仕方がないです。

そもそもピレリは思ってたよりもグリップ力が高いって感じがしなかっただけに…(汗


また、幸いにも?交換直後に結構な雨が降ったので、雨天時走行も体験しましたが、
これも、言われないとわからないレベルで、安心して走行することが出来ました。

これから寒くなって路面凍結や積雪シーンも多少はあると思うので、いずれ再レポを。



あくまでオールシーズンであって、冬用とかではないので、過信は全く出来ませんが、
私が住んでいる環境下であれば、スタッドレスじゃなくても十分かな、と思います。
寧ろ、1年中サマータイヤで十分って考えている人の方が大半だと思うんですが、
まぁオールシーズンタイヤは、万が一の積雪やどうしても車移動しなくちゃいけない
っていうケースに於いての…言わば保険みたいなもんですね、うん(笑


それと、これから近畿、山陰、中国、北陸…と、10月末あたりまでお出かけするので、
長距離走行、高速走行、お約束の?林道など様々なシチュエイションが待っています。
タイヤの皮むきをしつつ、このネクセンタイヤの本領も発揮してくれることでしょう~。

寧ろ、この超長距離ドライブに合わせて直前のタイヤ交換にしたんですけどね(笑


因みに…

今回のオールシーズンタイヤは、ショップで1本25000円くらいでした。
思っていたよりも随分高価ですね…これまでのミシュランやピレリと変わりません(汗



期待する点としては…

一応エコタイヤみたいなので、燃費向上…でしょうかね。
スタッドレスだと燃費は落ちるんでしたっけ?向上は無理でも落ちないと嬉しいです。

あとはやっぱり…耐久性でしょうかね。どれだけ長持ちさせられるんでしょうかね?

ミシュランのプレマシー3は、びっくりするくらい減るのが早くて唖然となりましたしね。
それは…異常にアップダウンとストップ&ゴーが多いから、というのが理由でしたが、
いくらなんでも3年程度しか持たないっていうのはどうかな、って。
距離にしても、実際走行していたのは3万キロチョイでしたからね…。
友人に、夜な夜な埠頭でゼロヨンやってんのか?とか言われちゃうし…んぐぐぐ(謎



最後に…

このモニター懸賞に応募するまで、ネクセンタイヤ自体を知りませんでしたが(大汗
実はフォルクスワーゲンにも純正として採用されていたりとか…初耳でした。

今回は長期モニターテストではないのですが、自分にとっても興味があるので、
長旅から無事に帰ってきたら、時間を見てパーツレビューの方へ投稿する予定です。



何はともあれ、よろず屋としては様々なメーカーのタイヤを試せるのは面白いですネ(笑
Posted at 2018/10/16 18:53:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | ゴルフ7 | クルマ
2018年10月13日 イイね!

口と財布は“諦める”が得。

口と財布は“諦める”が得。









相変わらず忙殺されまくってますが…数日後には中国地方にいる予定な私(汗
今回は出発ギリギリになっても旅の予定が出揃っていないという異常事態です。

恒例の秋のドライブは最初は3~4日程度で長旅って言っていましたが…
気がついたら10日以上、2週間近くも旅をしまくるお遍路さん的な要素も加わり、
さらには毎日登山したりとか、もう何がしたいんだかわかんなくなりそうですが(笑

今回は西日本…大阪、兵庫、岡山、広島、山口、島根、鳥取、京都、福井、滋賀と、
10日以上に渡って10県の観光スポットなどを訪れるセミロングドライブとなります。

去年は北海道まで足を延ばしたので4000キロに及びましたが、今回はその半分。
実際には現地でウロウロするので、まぁ実測2200キロくらいになるのかな~、と。

1日1000キロとか移動してると麻痺しちゃって…今回はとてもラクに感じますね(爆


ルートはこの春ブログに書いていた構想の通りで、ほぼ変わりありませんが、
実際には諦めかけていた津和野とか、蒜山や福井の方までガッツリ訪れるので、
これよりもさらに複雑にはなりますが、基本的には美しいひと筆書きとなりました。

alt

私の場合、基本的に目的地が複数の場合、海外旅行でも国内旅行でもひと筆書きです。
登山の場合も、目的地が1箇所だけならピストン(単純往復)でも構わないんですが、
複数になった場合は、あらゆる可能性を考えて、ひと筆書きにするようにしています。



それはそうと…。



10月に入っても相変わらず冴えない天気が続いていましたが…

alt


少しずつ秋っぽさが空模様にも現れてきましたね。御嶽山も雲がない日であれば
必ずってほど窓辺からしっかり見えるようになってきました。冬支度も目の前です。


今日は珍しく土曜日でしたが久々に仕事はオフ。というか、出発前のラスト休日(汗


なので、嫁さんにも仕事を休んでもらって、あらゆる用事をまとめて済ませて来ました。
結局は…それでも全然時間が足りなくて、タイムアウトとなってしまい困り中ですが(涙


もう食事の準備や片付けの時間も惜しいので、ここ最近ほとんど外食ばっかりでした。

alt


毎日食べてもきっと飽きない、行きつけのネパール料理屋は定番です(笑



alt


寿司屋は良いですね、時間がかかんないので(笑



alt


フードコートも良いです、時間がかからないので忙殺中にはありがたい(笑


夫婦揃って仕事が忙しくなると、夫婦揃って仲良く家事放棄…とお決まりです(笑



そして、ようやく先月みんカラの企画で当選した懸賞のタイヤも交換して来ました。


…が、一応今回もモニターレポートがあるので、旅に出る前に投稿する予定です。
というか、今日交換したばかりなので、今日書いてもあまり大したことがないので…(汗


alt


で、ついでにディーラーで…改めてVWゴルフを物色してみたり。


今、現実的に気になるのは…コレだろうなぁ。

alt


そうです、コスパ抜群…ゴルフのコンフォートライン、テックエディションです!

コレってナビとかフル液晶メーターとか標準装備の特別仕様車?でしたよね。



あと、ゴルフ7からマイナーチェンジして、何が一番ステキかって言えば…これ。

alt


正直、ゴルフ7CLの内装はHLと比べると、露骨に高級感が異なるんですが、
新しい7.5のCLだと、寧ろHLよりも良いくらいです。薄いシルバーのパネルが
ガンメタ調の艶ありパネルに変更されてます。テックエディションだけかしらん?

あと、ドアのところや助手席のコンソール部分のパネルも高級感があってステキ。

そして、個人的にはCLのエンジンが一番自分にはマッチしてると思うので、
このハイテク仕様にこの内装ならもう文句無し…かもしれません。
これが5年前にあったらもう何もオプションなんて付けずに即買いしたかも…。


んで、コレですよ。

alt


オプション設定だらけのインチキ299万円じゃないですよ、正真正銘299万円(笑

この他につけるオプションなんて、そんなに大したモノじゃないだろうから。
ちょっと見積もってもらうと、衝撃的プライス…昨今の高額軽自動車と変わらない(爆

・・・そんなアホな!!(笑

もはやカローラスポーツがどれだけ絶賛されようが、CLでしょう!間違いないです。
カロスポはフツーに見積もってもらってもどう頑張ってもCLより高かったですからね(爆


それでアフターサービスやら何やらって考えたら、やっぱりVWは悪くはないだろうし。
あ、そうそう。燃費も良いよね。HVにしなくていいよ、遠出したら20キロ行くんだし(笑

そこらへんも、昨今のエコエコな軽自動車より下手したら良いくらい。
結局軽自動車なんて、非力すぎるもんだから無意識に走ったら燃費最悪ですからねぇ…。




あと、今日忙しかったのは…数日後の大旅行の準備もそうですが、買い出しもその1つ。


今回の旅のメインテーマの1つ、中国地方唯一の日本百名山、伯耆大山への登頂です。

alt

前回の東北~北海道旅行では毎日登山という、とんでもない苦行?が原因で
ウチの嫁さんは膝の負傷で全治6か月という…さすがにもう山は無理だろうと思い
大山は紅葉最盛期に訪れて眺めるだけにしようかと思っていたのですが…

何をどう思ったのか、ケガが治った嫁さんが…

鳥取に訪れて大山登らなかったらアホみたいやし!…って(爆

いや、アホではないと思うけどね、うん…鳥取、もっといろいろあるしね(汗


私も登山は初心者ど素人なので嫁さんのこと言える立場じゃないとはいえ、
ウチの嫁さんはそんな私よりもはるかにクソど素人です…間違いなく…(汗

だいたいね、お互い孫がいても全然不思議じゃないジジババ年齢なんですから。


…で、説得したんですが…去年あれほど嫌がってたクセに、今回は異常に前向き。

なので、もう反対せず…嫁さんの分も登山道具を一式揃えることにして、買い出し。


ぶっちゃけ、去年まで100円ショップで買った雨合羽着て八甲田山登ってたし(爆


今月はクルマも1台買ってるし、毎日外食してるし、で…とーんでもない散財祭り。

登山道具って、たったの5万や6万とかじゃまともに揃えられないですしねぇ(汗
靴だけでも3~4万とかザラな世界なので…お金持ちな人はいいでしょうが(遠い目

しかも、ウチの嫁さんの場合は私についてくるだけで、登山にはサラサラ興味無し。
そんな人が本格的に道具一式揃えるのもバカらしいし…いっそレンタルにするか?
とも考えたんですが、「どうせ来年も私は登らされるから…」と一言…(大汗

なので、ちゃんとしたグッズで揃えることにしました。

大袈裟に言えば、命を預ける品々なので…そこはケチれないですもんね。



しかし、私のショボい月給の大半を注ぎ込んだは良いけど…当日の天気次第では
登頂は諦めることになるので、そうなったらもう…笑うしかないよね、うん…。


ってなワケで、いつものように10日間天気予報や山アプリなどで予報をチェック。


若干雨マークが混ざってますが、ほぼ2か月前に私が予測した通りって感じかな~?

alt



…因みに関西方面も。

alt


こちらはパーフェクトですね、あくまで今のところ…ですが。


あらゆるデータと経験を踏まえて日程を割り出しているので、当然っちゃ当然ですが、
言っても相手は「自然」なワケで…台風が1発来たらおしまいですからねぇ(汗

また、1週間以上の長旅ともなると、全日快晴とか…まずあり得ませんもんね。



まぁ何とかさらにこの後の週間予報でも晴れマークまみれなことを祈るばかりです。



これから仕事の合間や寝る時間を少し割いて…約100か所に渡るブックマークを
1つずつマップコードに変換して、Discover Proにドライブツアーを組んでいきます。

そう、今回も訪れるだけでも軽く100か所を超えるので、とても覚えられないのです(爆


四国八十八か所巡礼が…めちゃくちゃラクに感じます、はい(笑


予定も天気も完璧に算出できない無いので出発直前にも関わらずテンション低いですが
タイヤもピカピカの新品に交換したし、先日はオプションてんこ盛りで新車も買ったし、
メインのWindowsパソコンのメモリもメモリてんこ盛りにしたので上がるハズですけどね(笑

alt


8GBメモリ、1つ3~4000円くらいで買えると思ってたら1万円もしやがった(涙

…そうなのです。

最近、GoProを買って4K映像を撮影するようになったので、メモリ不足が深刻でした。
8GBなんかじゃとてもじゃないけど、いくら当時超ハイスペとは言えダメダメです…(涙

動かないことはないですが、余裕がないんですよね。マルチタスクが出来ません。

1台のパソコンから、27型モニターと17型モニターと60型TVに常時出力だとね…(汗


一瞬、このWindowsマシンも6年目だし、買い替えるか!?とも一瞬過ったんですが…
たった5年しか使ってないし、というか、5年以上経っても爆速マシンには変わりないし、
勿体ないから止めました。メモリ増設時に中も見たけど、埃もなくピッカピカなんだもん(笑

そんなお金があったら…フルサイズのデジイチを買いたいものです、ええ…(遠い目



因みに、電池交換くらいしか出来ない機械音痴ですが、メモリ増設は超絶簡単でした。
PCのフタを開けて空いてるところにブッ挿すだけですもんね。ものの1分で終了です(笑



さて、さて…。


そんなところで、今週中には出発してしまうので、またまたしばらくブログもお休みです。
そのまま退会しちゃってたらごめんちゃい、ってことで。<おぃ

あ、でも懸賞で当選したタイヤのレポートはしますよ、最低限2回くらいは…(汗




ところで、ブログのタイトル…漢字が間違っとるやないかい!って思われそうですが、
財布の紐も発言する口も締めずに諦めたんだ、って話を今回書いてるだけです…。
そこは…釈迦に説法ってヤツですので、念の為…(笑
Posted at 2018/10/14 02:17:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2018年10月04日 イイね!

恋の涸沢ぎ~日本一の紅葉スポットへ。

恋の涸沢ぎ~日本一の紅葉スポットへ。









さて、前回の続きです。面倒臭くなってしまう前にサクっと?投稿します。
クルマのSNSなので、絶景とか紅葉とか誰も興味ないとは思いますが…(汗


みんカラを始める前から旅好きで、気が付けば世界一周を果たしていた自分。
その為に、若くしてホームレスになるという、とんでもない道を選んだ自分。
どうせ親も死んでしまって1人きりだったら、どこにいたって変わらないさ、と…。

かれこれ30年以上も前の話です。


おそらく、世界遺産や観光スポットなど、数千か所は実際に足を運んでいます。
途中、誘拐されそうになったり、強盗に遭ったり…旅の終わりにはすっかり慣れっこ。
感性の赴くままに、地球を歩いていく…なんて壮大な!自由な!…そう思いました。


勿論、そんなでも、まだまだ行ったことのない国や見たことのない景色は圧倒的多数。


そして、ここ数年の話。VWに乗り換えたのをキッカケに日本一周の目標を立てました。
世界は見てきたけど、日本人のクセにまだまだ知らない日本が多すぎたからです。

今回は途中で飽きたり乗り換えたりすることなく、そこはブレずに達成出来そうです。

VWゴルフで出かけたスポットだけでも、気が付けば1000か所以上になりました。


これだけ多いと、ブログで投稿出来るのは、その中のほんの一部だけ…ですが。


ここ数年の紅葉シーズンだけを振り返っても…


初めて訪れた宮城県の鳴子峡の紅葉とか…

alt



北陸は三方五湖レインボーラインの紅葉ドライブとか…

alt



記憶にも新しい、去年訪れた乗鞍高原の紅葉巡りも独り占めでした。

alt



みんカラではお馴染みのメタセコイアの並木道では、たった1台で撮影大会。

alt



長野県の中川村では信州好きのお墨付きまで頂きましたね(笑

alt



南アルプスに登れば、日本一の富士山と日本二位の北岳の共演。

alt



甲斐駒ヶ岳ではまさに絵画にしか見えない見事な紅葉と山容が…。

alt



山梨からはゲーム画面のような富士山の朝焼けを迎えたりもしました。

alt



リベンジで再訪した栗駒山は、見事な紅葉絨毯を見ることが出来ました。

alt



北海道の猪渕地方では、七色の紅葉グラデーションも奇跡的に観れました。

alt



そして、秋田駒ヶ岳ではファンタジーな世界を満喫することが出来ました。

alt


…と、こんな調子で1000個所以上も訪れて、どれも素晴らしい思い出ばかりです。


もう、ほとんどの著名な景勝地は行き尽くしたかのように思われてるのですが…
どうしても、行けずに泣きを見てきた場所がありました…それが、「涸沢」なのでした。

毎回いろんな絶景ハントをして来てますが、その度に「もっとスゲェのが見たい!」という
欲求が出てきてしまうのが人間の「性」なのであります…(汗


まず、紅葉の最盛期は台風シーズンでもあり、秋雨前線も活発なシーズンなので、
天候に恵まれる可能性がとても低く、ただでさえ連休すら取れない仕事の都合上、
前以て計画を立てることが出来たとしても、その日の天候なんて神のみぞ知るです。

おまけに、前回のブログにも書いたように、とてつもなく…遠いんです、ええ。
日帰りで行くにはさほど険しくはないとは言え、山道を往復30キロ以上は酷です。
若ければ勢いで行けるだろうけど、人間の寿命を3分の2も使い果たしたジジイには
とてもじゃないけど、体力的に自信が持てませんでした…。

さらに、世界の絶景百選でも、数ある絶景の中で日本一の紅葉として選ばれていて、
一目見ようと見物客も殺到するスポットだけに、登山客でごった返すのは必至…。


…となると、どうしても行ける気がしません。


なので、ずっと後回しになっていたんですよね。そして、数年前から登山を始めて、
ジムに通って鍛えたりして、ひょっとしたら行けるかも?と思うようになりました(笑


そして、先日…念願の日本一の紅葉、涸沢カールをこの目で拝むことが出来ました(涙


"涸沢の紅葉を見ずして穂高を語ることなかれ"

昔からよく言われている言葉です。まさに私は紅葉を語ることが出来ませんでした(汗

しかし、実際に涸沢の紅葉を見たら…この言葉の意味がよくわかりました。



…というワケで、涸沢紅葉ダイジェストです。


当日のルートは途中寄り道もありましたが…おおよそこんなところ。

alt


往復約30キロちょっとの山道ですが、標高差は1000mも無いので比較的楽ちん。

しかし、当初の予定では標高第3位の奥穂高山頂直下にある山荘へ宿泊予定で
2日間で40キロ程度の道程を計画していたので、日帰りとなると…キツいのです。

因みに、去年槍ヶ岳へ登頂した際は、2日間の往復で45キロ足らずでしたからね。


普段300m離れたコンビニにもクルマで行ってしまう脆弱ジジイですが果たして(汗



前回の続き…

alt


上高地のバスターミナルに5時半すぎに到着後、とりあえず朝食をとって、
ちょうど6時近くなった頃から登山計画通りに出発します。

今回もスントの時計が大活躍でしたが…途中で記録に不備が出ました(涙


河童橋付近には早朝なので、サルの親子があちこちで寛いでおられました(笑

alt


もう人間に慣れてるんでしょうね。一緒にいても何とも思わないくらい。
子供を連れてるので威嚇でもしてくるかと思いきや…とてもユルいです(笑

登山や日本一周を初めて以来、毎度のように野生動物たちと一緒になってるので、
もはや私にとって、目の前にサルとかクマとか出没しても何の不思議もないです(笑


最初のポイントは…徳沢です。コースタイム2時間のところ、約半分の1時間で到達。

alt


この日の朝も穂高の山頂では雪が降っていたくらいなので、麓の吊り橋でも
霜が降りていてツルッツルに滑りました…ある意味絶壁を渡るより怖い…。

早くも目の前に穂高連峰の一部が見えてきて、テンションは当然上がりっぱなし。


おまけに、本来ならめちゃくちゃ人出で賑わっているであろう場所に人影もなし(爆


alt


さらに1時間弱歩いて、槍ヶ岳とのちょうど中間距離にあたる横尾まで到着。
写真を撮ったりしながらちょっと急いで2時間ちょうど。標準タイムでは3時間ちょい。

まずまずのペースなので、ここで2度目の朝食とします(笑


ここから横尾大橋を渡ると涸沢~穂高方面になりますが、相変わらず人影まばら。
おかげでベンチやテーブル、トイレに並ぶこともなく、超快適としか言いようがない。


そして、ここから本格的に登山がスタート。

横尾までは観光目的として誰でも散策出来ますが、ここからはいよいよガチ登山。
とは言っても、危険な個所はまるでありません。足を滑らせればアウトですけどね(汗

ただ、そんな場所なので…帰りの際、とんでもない事故に遭遇することになります…。


横尾を過ぎるとすぐに左手に屏風岩、そして、目の前に穂高連峰が見えてきます。

横尾から1時間弱歩くと、本谷橋という大き目の吊り橋のある休憩スポットがあります。
時間がないし、先が読めないので、5分ほど休んだだけですぐにリスタートします。

さらに先へ行くと、Sガレと呼ばれる崖崩れしているポイントがあり、そこをトラバース。
そして…見えてくるのがこの絶景です!

alt


うぉー!!!なんちゅー色鮮やかさ!!4KテレビのCMみたい!(笑

もう、周囲にいる少ない登山者たちも、この光景にいきなり目を奪われています…。

日本に、しかもこんな近くにこんな素晴らしい光景が広がっているとは!!
そりゃね、みんな無理してでも行こうとするわなーって、思いましたね、ええ。


Sガレを超えたところで再びプチ休憩。もう美しすぎて溜息ばかり出てしまいます。
他の登山者たちと、本当に今日キャンセルせず頑張って来て良かったね!と…
思わず健闘を称え合ってみたり、まぁとにかく…素晴らしいとしか言いようがなく。



さらに少し険しい岩場をひたすら登っていくと…

alt


標高3000m級の穂高が目前に現れます。そして、何たる絶景…!!

ナナカマドも見事なまでに真っ赤に染めあがっています。

あまり人もいないおかげで、もう完全に初めて東京へ出てきた中学生の如く、
周囲をキョロキョロしまくりながら、ヘトヘトになりながらも登り続けていきます。



そして、ついに…!!

alt


やった~!夢の涸沢カールの紅葉だ~!

もうね、ジジイは年甲斐もなくガッツポーズって感じでしたね、ええ(笑

写真でしか見たことのなかった景色が目の前に!

本当に昨日まで土砂降りで明日には台風で嵐になるとは信じがたい、超快晴!
しかも、こんなでもここ10年で比べると紅葉の具合は芳しくはいそうです…(爆

いや~、もうこれだけでも十分です。一生に一度は見ておきたい絶景というのは
紛れもなく本当でしたね。もうこれからは紅葉の事を少しくらいは語れそうです(笑


とりあえず、よく絶景写真集で見かけるポイントを探して…パシャリ!

alt


いや~、もう絵画にしか見えません!実際はこれより数段キレイですからね(爆


今回は、写真を撮る余裕もないかも?ってことで、常時GoProで4K撮影してます(笑
最悪、写真が撮れなくても4Kで映像撮影してたらそこから切り取ればいいかな、って。

実際、帰宅してからGoPro映像を60インチの4Kテレビで確認しましたが…

alt


いや、もうね…アホみたいにカラフルで、もはや笑うしかない…って感じでした(汗

せっかくこんなステキな4K映像が撮れたので、動画編集ソフトでも買わないと…。



さて、他にも目を配ります。こちらは涸沢ヒュッテから見た涸沢小屋。

alt


この脇にちょろっと見えてる溝が…梓川の源流でもあり、千曲川、信濃川へと
流れていくワケです。つまり、この先は新潟市、日本海に注がれるワケですね。

なんだかとっても感慨深いです。


それにしても、イロトリドリな紅葉です。真っ赤ではないですが、個人的には
こうやっていろんな色がある方が好きですね。ほんと、虹色のようにカラフル。


勿論、途中テント場を抜けて…涸沢小屋へも向かいます。そして…

alt


サイコーのシチュエイションで、サイコーのソフトクリームを食します!

いや~、こんな最高なアイスはこれまでの人生には無かったね、ってくらい。

alt


そりゃもう、めちゃくちゃ美味しかったです、はい(笑



そして、涸沢ヒュッテでも…

alt


とんでもない贅沢な紅葉を眺めながら、テラスのテーブルで1人優雅にランチタイム!

本来なら大満員になってもおかしくない涸沢ヒュッテのテラスもガラガラです。
みなさんそれぞれ「本当に今日来て良かった…」と、あちこちで語られてます(笑



それにしても、今日はひっきりなしにヘリコプターが荷物を運んできてます。

alt


やはり、明朝の台風到来に備えて、普段以上に荷揚げをされてるようでした…。

ヘリコプターって乗ったことないんですよね、飛行機は数えきれないほどあるのに。
でもまぁ…来年スカイダイビングする時にイヤでも乗ることになるのでまぁいいか(汗


そんなワケで、涸沢のファンタジーな紅葉を思う存分満喫、写真も頑張って撮って…
気づいたら13時を過ぎていました…え?あと3時間ちょいで帰れるのか!?<爆

因みに、標準コースタイムだと5時間半です、それも…一切休憩せずノンストップで(爆

もはや完全に紅葉に目を奪われすぎて時間を忘れてしまった超ミステイク!!


慌てて戻ることにします…距離にして15キロ、街中で15キロ歩くのだって数時間。
それも、7キロ以上の重たいザックを背負って岩だらけの山道を行くなんて…(大汗



…そして、軽く走りながらヒィヒィ言いつつもひたすら上高地へ向かいます…。
14時を過ぎると、高い山に囲まれた沢沿いの登山道は一気に暗くなっていきます。



Sガレを過ぎ、本谷橋で一服しようとした時…事件が起こりました。

キャー!!!

隣にいた女性が…まさかの滑落…でした。

岩場に真っ赤な血が噴き出て真っ逆さまになている女性を周囲で休んでいた人たちで
助けに行きます。1人の女性がタオルを沢の水で濡らして当てがおうとしてましたが、
細菌の侵入の恐れもあるので止めてもらい、ウェットティッシュを差し出しました。
女性は眼球や頭部から出血をしていて、眼球の血管破損はすぐにわかりました。

幸いにも意識もあり、骨折した様子も見受けられなかったのでひとまず安心しました。
救援ヘリを呼ぼうとしましたが、この日泊まるのがこの先の横尾山荘ということで、
あと3キロほど自力で歩くと言い張っていたので、その意思に周囲も従いました。
それに、幸いにもこの女性グループは看護師たちだったので、話は早かったです。

これが断崖絶壁だったら、間違いなく即死でした。ガレ地帯の沢で助かりました。

ちょっとした気の緩みで、いくらでも大けがをしてしまいます。

美しい光景とは裏腹に、一歩間違えばそこに「死」があることを忘れてはならない。


とりあえず自分も先を急がねばならないので、後はグループの人たちに任せて先へ。



ほぼ走るように下山をしたおかげで?標準で5時間半のところを3時間で下山…(爆
河何とか無事に河童橋までたどり着くことが出来ましたが、ヘロヘロになりました。


そんなヘロヘロになっているところを嫁さんがネット上のライブカメラで見てました…(爆


alt


黄色っぽいウェアを着て座っているのが自分です…途方に暮れてますね(笑

っていうか、恐ろしい社会ですね、ある意味…こうしてネットでバレバレなんだもの。
これじゃウカウカとしていられません。いや、しちゃいますけども(汗



実はこの直後にも、再び近くにいた人が転倒して、骨折した騒ぎがありました…(汗
ほんと、下山時はどうしても油断してしまうんでしょうね、気が緩むというか。
実際、この涸沢カールも、美しい景観とは裏腹に毎年のように死者が続出してます(涙

それでも私は行きたい。何でそうまでして行きたくなるのか…正直もうよくわかりません。



何とか時間までに戻ってこられたので、バスターミナルまで行くまでに土産など購入。
ちょっと余裕ぶっこいちゃいましたね。今回、シンドかったには違いないんですが、
去年ジムで鍛えた上で登頂した槍ヶ岳を思うと、単純な筋肉痛だけで済んでました。
ひょっとしたら、あちこち山に行ってるうちに…登山靴が馴染んできたのかも?


そして、河童橋付近から夕暮れの山容をいくらかテキトーに撮影。

alt


まるで湯気が上がってるような雰囲気を醸し出す西穂高岳周辺。
山頂付近はちょうど見ごろな紅葉ですね、影になっていて見えにくいですが。


河童橋の上からも撮影してみました。中央付近が奥穂高岳の山稜ですかね。
あの遠方の山の向こうからダッシュで3時間でここまで戻ってきたのは奇跡…です(爆

alt


右手に見えているのは明神岳です。いくつも峰があるので最高峰がどれか
イマイチわかんないのですが…ちょうどアベントロートを迎えたので撮影してみます。


ババ~ン!クソど素人なのでよくわかんないですが、カッコイイ感じで撮れました(笑

alt


登ってみたそうな感じですが、どうやらこの山は登れるルートが無さそうです、残念。
夕陽に染まった森林と岩肌、草原…いろいろですね。なんだか不思議な色合いですね。

絶景すぎてもうCGにしか見えませんね(笑



因みに、この下山時から十数時間後…翌朝のライブカメラではこんな具合でした。

alt

台風接近で雨だというのに…結構大勢人がいますね。みんな下山組でしょうかね?
この時期だと、まだ上高地周辺は全然色づいてません。あと1か月ほど先でしょうか。

この後は無事に最終バスのチケットを買って乗り込んで、さわんど駐車場へ戻りました。
駐車場に到着した頃にはほぼ完全に日没ってて周囲は真っ暗でした。

勿論、お約束の登山後温泉掛け流しも忘れちゃいけません、しっかり入ってきました(笑
ただ、時間が時間だったので、今回は手近な沢渡温泉の露天風呂でまったりしました。


前日仕事が終わって仮眠は取ったものの、家を出てからかれこれ20時間が過ぎてます。
さすがに眠くなってきそうだったので、どこかで夜食を…と、いつものことなんですが、
ここは北アルプス…観光スポットっちゃスポットなんですが、そんな店なんぞありません。

ガソリンスタンドも、ナビで検索すると、最寄りで50キロくらい先しかありません…(汗

結局、ようやく麓まで下りてきて上松町のセブンイレブンであんまん1つ買っただけ(爆
車内でそいつを食べながら、お腹空いた…と思ってるうちに爆睡してました、3時間ほど。

alt


でも、これだけ余裕ぶっこいているには理由があります。


何故なら…元々奥穂高で1泊するつもりだったので、翌朝仕事は休みなのです!(喜
なので、最終バスにしても、最悪間に合わなければ小屋に泊めてもらう気満々でした。


結局、この後眠気も飛んだおかげで安全安心な一般道でのんびり3時間かけて帰宅。

相変わらず山へ出かけると、カタログ値よりも燃費が上がります、私のゴルフHL(笑
普段と何ら変わらない運転なんですけどね。でも地元だと10キロしか伸びない…(悩



そして最後に、この日のヘルスケアを参照すると…

alt


52468歩でした!登山を始めてからでは最高記録かな?
大抵日帰りの登山ってなると、30000歩くらいにしかならないですしね。
実際には、この数値よりももっと多いと思いますけどね。

でもまぁ、今度エベレストへ行く時は約500000歩あるので…(爆
逆に言うと、今回の山行を10日連続すれば、エベレストに行けちゃうって話ですよ。


…ちょろいもんです、エベレストも(嘘


そんなヒマラヤで雪男を探そう!エベレスト計画も同時進行中でして(笑
言葉の問題とかありますが…とりあえず終始「ナマステ!」で押し切るつもり(爆

その為にはまだまだネパール料理屋に通わないとイカンですなぁ、ええ(笑

alt

…いや、もう通いすぎてるんですけどもー(大汗


そんなワケで、まだちょろっとしか確認してませんが、今回撮影した写真や動画も
これから秋の大旅行までに編集できると良いなぁ…ってか、無理かなぁ…(汗

alt


毎回、さらなる絶景を求めて日本中を奔走してますが…

このぶっちぎりな涸沢カールの紅葉を凌駕する絶景は果たして見られるのだろうか…。

個人的には紅葉の「西の横綱」として、四国の剣山や鳥取の伯耆大山を挙げてますが、
剣山は天候不良で直前キャンセル、鳥取の大山は来月下旬の予定としているんですよね。


さすがの私も百発百中ではないですからね…って、ほぼ当たってはいますが(笑


うーん…どうなることやら。



秋の大旅行…出発まであとわずかだってのに、宿泊先が決定しただけです、はい(爆
Posted at 2018/10/04 01:44:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域
2018年10月03日 イイね!

恋の涸沢ぎ~9月のダイジェスト。

恋の涸沢ぎ~9月のダイジェスト。









なかなか更新する余裕も持てず、アッという間に10月に入りましたね(汗
仕事は相変わらず忙殺気味ですが、それなりに遊び倒してはいます…(笑

ようやく酷暑も過ぎ、秋めいてきたので、気分的には最高潮に向かってます。

そして!いよいよ集大成となる、日本一周~秋の大旅行も出発まであとわずか。
毎年、これでもか!ってくらい天気図を見て自ら長期予報を立てているおかげで
あり得ないくらい快晴続きで満喫しているのですが、果たして今回は如何に…!?



ってなワケで、サクっと近況報告なども含めて備忘録。



とりあえず、食欲の秋!ってことで、毎年の定番…

alt


栗きんとんは欠かせません。これを食べずして秋など迎えられません。
因みに、一般的に川上屋すやの2大巨塔ですが、私は断然「すや」派。
理由は、川上屋は水飴多めだから。因みに本命は良平堂なんですけどね。

最近は地元の栗きんとんも食べるようになりました。自然な甘さが一番です。


そして、寒くなってきたら美味しくなる…

alt


はい、いつものひつまぶしですね。そこそこ食べまくってます…ツケで(汗

alt


長焼きも大好きですが、私はお出汁と薬味で食べるウナギが好きなんです。



そして、秋と言えば…松茸ご飯とか、栗おこわ…ですよね。

alt


ますます秋を感じさせてくれます(笑



そして、デザートも…

alt


まさに…栗尽くし!




次に…9月7日は、ポール御大の新譜発売日でしたね。

alt


随分多く先行PVで流れてたけど、アルバム通して聴いてみると、
ちょっとしたコンセプトアルバムで、正直、昨今声も出なくなってるし、
さすがに枯渇気味なのでは?と思いきや…想像以上に良かったです。


頭にしっかり残るメロディ。76歳の等身大って感じで、さすが御大です。


早速VWゴルフの中ではヘビロテなう、ですが…

alt


F**K YOUな歌なのに、ジャンルがクラシックって…シュールすぎる(涙


恐らく来月の来日公演では新譜からは数曲しか披露されないだろうけど、
ここ最近のおじいちゃんポールの作品の中では個人的ベストかもしれない。

alt


しかし、先日引き取りに行った名古屋公演の座席は極悪でした…(号泣

もうこれ、マサイ並みの視力を持ってしてもステージのポールが偽物でも
気づけ無いレベルじゃん…って、嘆いていたら隣で嫁さんが一言。


76歳のじいさんをガブリついて見てどーすんのよ?


…いや、ポール御大は違うから。そこらのジジイと一緒にしないで頂きたい(涙




それはそうと…9月はいろいろありました。ありすぎるくらいありましたね(遠い目



喜ばしいニュースとしては…



ガジェット好きには気にならずにはいられない、毎度の新作iPhone。

alt


しかし、既に言われてますが…コレと言って斬新な変更点もなく、
単純にデカくなっただけ、お値段もあり得ないほど高騰しただけ…

最上位モデルだと16万円オーバーですよ。さすがにあり得ないでしょ。
そうでなくても、去年のiPhone Xでも最上位モデルは14万円なんだから。

そこまで出すならもうデスクトップPCを新調した方が豊かになりますね。
あと、アップルがやらかしたせいで始まったバッテリー交換プログラムの件。

てっきり無償交換だと思いきや、管理画面でバッテリーの最大容量が、
80%以下?にならないと、有料でも交換はできない…らしい(爆

いやいや、これからあと2年は使うぜ!って人だと、90%程度でもイヤですよ。
3200円で交換してもらえるなら是非!と思ってたのに…あまりにも残念。
ただ、2年以上ガンガン使ってバッテリーがこれだけ劣化しないでいるなら、
あと2年くらい使えるのかな?とも思えたり…うーん、非常に悩ましいところです。



それよりも!今回、iPhone本体はどーでもよくて、iOS12がイイ感じですね。

alt


とりあえず2~3日待ってからアップデートしてみました。


今回の目玉は…これに伴って、Apple CarPlayがグーグル対応した点!

alt


今乗ってるVWゴルフは残念ながらカープレイ未対応で使えませんが、
次に乗る車には間違いなく対応しているので、今からとても楽しみです。

日本全国走りまくっている上に方向音痴で、普段の地理関係の情報元を
グーグルでほぼ一括している自分にとっては、これはもはや事件です(爆


実際の画面は、PCやスマホから見るのとインターフェイスが若干違いますが…

alt


カープレイ対応のナビでちょっと試乗してみたところ、まずまずって感じ。


それに、航空写真が使えちゃうところがもう…嬉しくて仕方がないですね。

alt


アウディが数年前にフルモデルチェンジでデジタル液晶メーターになった際、
グーグルアースが使えたことに、ひどく感動したのを思い出します…(遠い目

方向音痴じゃない人からしたらどーでもいい話かもしれませんが、
私のように、病的なまでに方向音痴なクセに日本全国走り周る自分にとっては
少しでも解りやすくて場所の判断がしやすい表示がとても重要になるのです。

VWゴルフがもしも7インチのカーナビだったら…きっと乗り換えてませんし(爆



あと、iOS12の中で、超実用的かも!?と、嬉しい新機能が…こちら。

alt


iPhoneに標準アプリとして搭載されている「計測」アプリ
正直、ほとんど使った記憶すら無かったんですが…今回はVRを利用して
カメラを通して点と点の長さが測れるので、模様替えとかケーブル長とか、
何かにつけて役立ちそうです。多少の誤差はあるみたいですが十分です。



んでもって次は…一応?みんカラ的な話題です(笑


随分前から悩みに悩みまくっていた車購入の件…。


もう悩みすぎて一時はどーでも良くなったりもしていたのですが、ついに決断!

嫁さんを猛烈に説得して、人生で2度目の…セカンドカーライフとなりました(爆

alt


もうディーラー各所には申し訳ないくらい話が二転三転してました(大汗


VWゴルフを契約する際も、2枚の契約書を作成してたんですよね、仮で。
1つは今のオプションモリモリのHLだし、もう1つはオプションはナビだけのGTI。

ほとんど価格差が無かったんですが、この時は嫁さんからの意見もあって、
結局今のHLにしたんですけどね。まぁどちらを選んでも正解だと思いましたが(笑


今回も、全くジャンルの違うクルマを競合してるので、店側からしたらきっと、
この人何がしたいんだろう?って感じだったに違いありません、ええ(汗

私も、刻々と思考や嗜好が変化していってますしね、特にこの数年は。


とりあえず、これから造るらしいので…納車は来年です…(爆


それまで、カスタムパーツとか何やらいろいろ楽しもうかな、と思っています。
VWゴルフの時も、8月に契約して…結局納車したのは翌年の2月でしたが、
今回もそんな感じ…ですかね。ま、ゴルフは手放さないのでいいんですけどね。


祝・貧乏脱出…?<笑


因みに我がゴルフは好調なようで、次の車検の見積額も11万円くらいでした。
まぁその程度であれば…車検受けますよね。何1つ変えなくて良いらしいです(笑
あ、オイル関係は当然変えてもらいますけどね、ほぼサービスなんですが(笑


また、ぼちぼち当選したタイヤの交換もしなくてはいけません、大旅行の前に。
モニター懸賞なので、タイヤ交換して旅行前にブログ投稿予定でいます。

因みに、タイヤ交換はいつものお店で4000円でやってもらう予定です(笑
ディーラーだとさすがに1万円くらいかかっちゃいますからね…(貧



みんカラはこの秋のシステム変更だったり、停滞アカウントが増える一方で、
これ以上一方的に続けていても不毛かな、というのもあり離脱予定ではいますが、
来年納車したら、あまりの嬉しさに?新規アカウントで再開するかもしれません(汗


さて、契約した日の夜は…契約祝いに?ステーキを食べに行きました。

alt


うーん…コレじゃ全然貧乏脱出してませんね…残念(涙


しかし!いきなりステーキ、ついに禁断の肉カードまで作ってしまった(笑
当然、主食は野菜、他は一切不要。ひたすら肉だけ食せるのが良いです。




そして、悪いニュースも沢山ありましたね…特に、台風多すぎ!秋雨長すぎ!

alt


もう、明らかに梅雨シーズン以上に雨と曇天が多かったですよね…。

ここまで天候不順では、秋の大旅行に対する不安が募る一方です。
一応、自己分析ではありますが、晴天率は70%くらいと出してるんです(汗

何せ、今回もまた10日間くらいかけて何千キロと旅するので、2~3日は
雨に降られても仕方がないかなぁ、とは思ってます。雨の多い地域ですしね。



それにしても、次から次へと台風がやってきますね…。

猛威を奮った台風24号がまだ上陸する前から次の台風が発生してるし…(爆

alt


名古屋地方は、先月の台風21号で地味ながら各地で被害が出ました。

alt


今回の台風24号は、完全に名古屋上空を通過していきましたが、
逆にそのおかげで吹き返しも弱く、雨量もさほど多くなくて助かりました。

そう、台風って近づけば近づくほど危険というワケではないんですよね。
結局のところ、台風による秋雨前線の影響とか、地盤とかの方が重要。


恐らく皆さんはしっかり防災対策されてるので、今回も大丈夫だと思いますが。


我が家は屋根の一部が破損して修繕する前に台風24号が到来しちゃいましたが
今回の台風は急速に過ぎ去っていってくれたせいか、被害はなく安心しました。
一部地域ではまたしても長時間の停電が発生してるようですが…(汗

やはり、停電の可能性が高い地域では、万が一の蓄電機が必要不可欠ですね。
以前もブログに書きましたが、我が家もぼちぼち購入予定です。



さすがにもう上陸は無いだろうと思いきや…ついてきますね、台風25号…(爆

alt


それも、見事に台風24号と同じ形跡を辿ろうとしています、はい(汗

…おまえはついてこんでええって!

この分だと、またしてもこの週末は大雨と暴風に見舞われそうです…
さすがに立て続けにやってこられると…我が家のような古家は持ちません(涙



そんなこんなで他にも腐るほど予定を抱えていたせいでバッタバタしまくり、
9月はさすがに山なんか行けないよな~とは思いつつも、1ヶ月くらい前から
紅葉スポットの情報や天気図を参照して、紅葉最盛期を自ら割り出して、
忙殺されまくる中、半ば強引に有給休暇を取得したのが先月の28日でした。


週間予報などではほぼ絶望的な天気で、数日前には台風24号までも発生…(爆
しかも、山行予定の28日には台風が九州付近に接近する…という最悪な条件。
前日の朝も、東海地方や信州は土砂降りでした…。

相次いで登山ツアーは中止、山小屋のキャンセルも相次いでいたようですが、
気象条件的には狙った通りで大丈夫だろう!と、自己分析を信じて自宅を出発…。
台風到来直前に訪れる前線の緩んだタイミングを狙います。



今回の目的地は、念願の日本一紅葉スポット、北アルプスの涸沢カールです。

世界の絶景百選にも選ばれるほど、とんでもない紅葉が見られる紅葉の名所です。



すると…


alt


まさに狙った通りの天気に変化しました。大勝利!!

しかも、2018年の涸沢紅葉は27~28日が最盛期と発表されています。
紅葉の最大ピークと雲ひとつ無い快晴と、1ヶ月前に抑えた有給休暇…。

これらが見事に合致する確率は…果てしなく低いハズですが、ラッキーです(笑


いつもの感じで未明から名古屋を出発して、木曽路を北上して上高地手前まで。

alt


さすが上高地に近づくと、肌寒くなりますね。私はTシャツ1枚で平気ですが(汗



上高地はマイカーで入れないので、手前のさわんどバスターミナルに駐車して、
ここから上高地へ約30分かけて上高地の玄関口へ向かうのですが…
バスよりもタクシーの方が早くゲートを入れるということで、タクシーを使いました。
本来だと軽く4000円以上しますが、他の登山者とワリカン乗車しました(貧

上高地へ到着すると…周囲は真っ白で、湿度も高くベッタベタになりましたが…(汗

alt


思っていた通り…台風の影響もあってか平年と比べてガッラガラです。

やっぱり私は行列とか混雑や渋滞とは無縁な人生が送りたいようです(笑


ちょうど6時頃から上高地を出発します。始発のバスはまだ到着してません。

alt


因みに、今回の登山計画は…過去最大の無理難題を含んでいます。


何故なら…

通常だと、一切休憩もせず、食事もせず、登り続けて往復12時間要するからです(爆
まぁ12時間くらいどーってことないんですが、問題は…上高地は夕方になるとゲートが
閉まって、最終バスも16時55分までしかないので、戻ってくる時間が限られるのです…。

alt


いつものヤマレコで登山計画を作成して長野県警に提出する際、悩みました。

一番左は、絶対にあり得ませんが、ノンストップで12時間あるき続けた場合。
最も早く上高地に一番乗りしてソッコーで出発することが大前提なのですが…

それでも、予定通りだと17時42分となり、1時間も遅れてしまいます。


で、画像の中央にあるスケジュールは、本来の休憩や食事の時間を考慮して
ごく一般的な登山計画として捻出したものですが…夜20時を回ってます(爆


じゃあ、16時55分の最終バスに間に合うにはどうすれば…
ということで、コースタイムを大幅に削って、0.7倍にしてみると、16時半下山。

この速度って…若干走るくらいの速さなんですよね…絶対無理じゃん!!(涙


おまけに、そこらじゅうでデジイチ取り出して撮影するだろうし、トイレもあるし…
ってことで、半ば諦めかけていたんですが、嫁さんから直前に後押しをされ、
結局、このジジイには無理難題そうなプランで提出して出かけることにしました。






…というワケで、話題の途中ではありますが、続きはまた時間のある時にでも(汗




それはそうと、我が敬愛するシャンソン歌手、シャルル・アズナブールが逝去されました。
去年94。つい先日、来日して話題になっていたばかりでした。ご冥福をお祈りします。


大好きだったこの曲を最後に。

Posted at 2018/10/03 14:53:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ

プロフィール

「ついにユーチューブも待望の?有料化!
これでウザい広告が無くなるなら月額1180円は安いかも?
とりあえず3ヶ月無料トライアルは申し込んでおくか〜!(*゚∀゚*)」
何シテル?   11/14 10:35
2014年2月からVWゴルフ7に乗っています。 いろんな車に乗ってきたワリには車に疎いですが、 特定車種に限らず、クルマは大抵何でも好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

VWゴルフで行く日本一周の旅、いよいよ完結。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 05:04:17
フィエスタで行く山口・島根海岸美堪能ドライブ2015 ~3日目 角島-青海島周遊編~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/23 05:58:58

お友達

コメントやイイね!、ブログ更新等が暫く無い方は
事情に関わらず定期的に整理しています。

私的な記事はみん友さん限定公開としています。
また、突然のお誘いは基本的にお断りしてます。
27 人のお友達がいます
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム * アーモンドカステラアーモンドカステラ *
赤ベェー赤ベェー * 渥美格之進渥美格之進
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 のり@CLのり@CL

ファン

127 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) GOLF7 (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年7月初旬、たまたま立ち寄ったVWディーラーでひとめぼれ。 8月には購入意思を固 ...
日産 キューブ 日産 キューブ
我が人生に於いて一番長く乗っていた愛車です。 新車購入から11年目を迎えても故障はほぼ皆 ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
生まれて初めて自分で購入した愛車です。 中古で購入しましたが、1か月後には玉突き衝突に巻 ...
トヨタ クラウンハードトップ トヨタ クラウンハードトップ
それまで乗っていた日産ローレルを事故で廃車にしてしまった為、 事故車両を知人の修理工場に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.