• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

赤の乗り手のブログ一覧

2018年08月18日 イイね!

堰分不足から新豊根ダムへ~静岡ダムクラスタといっしょ~

堰分不足から新豊根ダムへ~静岡ダムクラスタといっしょ~どもども!ベロたんです(●ゝω・)ノ

1か月のゴム沙汰←


いやね、ここんところダム行ってないよなって思っていたんですが、先日の滋賀ダム巡り以来行っていないことに気づきまして。

んで、実は今回行くことにした「新豊根ダム」は、今年の「もりみず」の時は行きの経路上に崩落が発生してしまった関係で、もりみず期間中のイベントはなかったのです。
しかし、解消して、その代わりとして設定された(?)のが、8月18日!

去年行ったけど、最近ダム行っていないし!

って思って嫁を誘ったけど…


「いかない」(。´・ε・`。)

ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!



…最近特にイベント系を嫌がる嫁。
また、「去年行ったし」という理由で断られました。

何回行ったっていいじゃない…(´・ω・`)ショボーン



で、夏休み中のイベントも行けないだろうから、しばらくお休みかと思っていたのですが、このブログにもたびたび登場しているノイケたん、そして、山下大将、かずあさんが一緒に行ってくれることとなり、ワシの車でしぞーかから拾いつつ現地入りしました。


地図はもう何回も出てるからいいよね…(笑)

3時間ほどの道のり。



朝6時半に家を出て、みんなを拾って…






はいつきました。

大体予定通りだけど、ちょっとはやかっかな?

ちなみに、去年同様、湖面巡視体験企画もあったのですが、出遅れたために予約は満員。
しかし、今年は堤体見学が予約制ではなくなり、いつでもOKという事。


ヤッホーポイントでくつろぐ静岡ダムクラスタ衆…




しかし、混雑もありそうだし、朝一から行って正解。
ヘルメットの数に制限があったので、後から来た人たちは待ち時間が出来ていましたね。

受け付けはこの国土交通省のテントのところで




そう!このダムは国交省の管轄なのね。
でも、J-POWERさんの佐久間ダムと揚水発電で水をやり取りしているのね。

ヘルメットを借りて…



さて、早速エレベーターでゲート室につながるキャットウォークまでおります。

ちなみにこのダムはもともとエレベータがなかったので、後付けでキャットウォークへ直結させるための斜め掛けエレベータとなっているのよ!



これが中の様子




そして、キャットウォーク!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ





下から見上げるクレストゲート!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ




見下ろすと、堤体と同じく、アーチ型の副ダム!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ






ふりむくとこう!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ





そして、途中にこんなものが…ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ???




これって、ゲートから水漏れしないように圧着させるゴムで、本来はゲートの幅くらいある長いやつなんだけど、交換していらなくなったやつを細かく切ってあるのね…

…何のため?

…くれるのかね?(*´・д・)(・д・`*)


しかし、くれるとは一言も書いていないのでスルーしましたが、後で聞いたら、やっぱりくれるために切ってあったそうですwww


さて、ゲート室で説明を受けます。




ぶっちゃけ、去年もお伺いしたのと、あまりマニアック質問をしたがらないワシは真剣に聞いているふりをしていましたが(←おい)、のいけたんはいくつも質問していたわ!


さて、戻ってきました。

さっきはあそこに行っていたのよ。




あと、今日はお昼過ぎから「放流」ならぬ、「抜水」イベントがあるの。

くわしくは省略するわ!←おい


さて、続いてクレストゲートの上にあるゲートピア(?)に行きます。




ここで、改めてヘルメットを借りるのですが、なぜかここにあるヘルメットは全部子供用でした。


やばい!!(゚△゚;・・・!! (゚△゚;・・・!!


山下大将もワシも、頭回り62センチある巨顔体質なのよ!

入らないんじゃない!?

っておもったら、あっさりかぶれましたw




ほら、子供用って。。。


さて、18日当日は日差しは暑いものの、幸い風が涼しく、ゲートピアは涼しめ!




ちなみに、提高116.5mの上にさらに伸びているので、結構高く、高所恐怖症の方はやばめ。

のいけたんは怖がっていたわ…





そして、去年も言っていたけど、あと、アーチダムを上から見ることができるといつも感じることだけど、上から見ると、堤体の大きさに対して、厚みが薄い「アーチダム」の特徴がよくわかるよね




さて、賢明な読者諸君はお気づきのことと思いますが、さっきから一緒に来ているはずのかずあさんの話題が出てきませんね。

かずあさんはいつも非常にマイペースにご自身の見たいところを確認しながら見学するので、一緒に行っても一緒にいない時間の方が長いですw


ところで、この日は丸山ダムを愛してやまぬ我らが丸山マイスターよっしーさんもお越しでした!

ホントに穏やかな素敵な方なので、お会いできてうれしかったわ←相変わらずきちんと話さないけどな


そして、お昼過ぎの抜水イベントまでしばし休憩。

こちらは、管理所内に用意いただいた休憩室に展示されていたダムカレー見本



そうだ。

また、レストランみどりのダムカレーを食べていない!
過去3回アタックして3回撃沈(店休日)しているわ!


そして、そうこうしているうちに…

迎えた12時過ぎ!


うっかり出遅れたので、結構な人手の展望台は逃しました。

しかし、かろうじて堤体脇のゲートが見える位置を確保。

そして、12時15分になったら、アナウンスが

「それではみなさん、カウントダウンをよろしければ一緒に。10!9!8!…」


はや!Σヽ(゚Д゚○)ノ

アナウンスから間髪入れずにカウントダウンスタート!w

そして…





キタ━━( ´∀`人)( ´∀`人)( 人´∀`)━━!!!!


わかりにくいですが、放流開始と同時に、去年の同イベントでお披露目となったペンギン娯楽企画さんの放流ファンファーレがかかりました。




だっぱ~ん!!


はいアップ!!




はいもっと!




ずっぎゃ~~ん!!←





そして、もともと放流ではなく、ゲートにたまっている水抜きなので、そんなに量もないためそこそこの量を吐いたら終了…


放流後のアップ…





さて、一通り堪能したので、帰路につきますよ!

しかし、朝早かったし、昼は過ぎているのでおなかペコペコ!


きょうこそ、豊根村役場のところにあるレストランみどりさんのダムカレーを食べるのよ!!


…っておもったけど、案の定お休み。

そして、やむを得ず(←おい)ゆ~らんどパルとよねで食事にしました。





そのあと、堰とかを見ながら帰ろうかと話していたのですが、もともと風邪気味だったワシは体調がすぐれず、みんなを各所に放流してお開きに…

うむ。


でも、久々のダム体験はよかった!

つぎは嫁と来たいね!←


去年はココからハイペースでダムに行っていたのだけど、今年はどうかなあ…

では股!ヽ(*´ー`*)ノ
Posted at 2018/08/21 23:18:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム巡り | 日記
2018年07月14日 イイね!

滋賀県未踏ダム巡りの旅~3連休にして日帰り選択~

滋賀県未踏ダム巡りの旅~3連休にして日帰り選択~どもども!ベロたんでっす(●ゝω・)ノ 


さて、ここの7月14~16日は暦上の3連休。
ワシら夫婦も暦通りの業務ですので、久しぶりの連休という事でワシだけ勝手に色めき立っておりました。

…ええ、嫁はそうでもなかったわけですが
(´・ω・`)

でも、あらかじめお出かけしたいと伝えておき、いざ前日の13日になったら、嫁は「女子会」で帰りが遅くなりました(爆)

候補として考えていたのは、「日帰り滋賀の旅」「美濃加茂市ミュージアムのダム展」「川崎市民ミュージアムのかこさとし展」でしたが、せっかくの連休だし、いい天気だしという事で、ダムにしたいと思っていて、夜遅く帰ってきた嫁に伝えると、
「行こう」というので、即寝!

朝4時半に起きて出発することとします。


なにしろ、滋賀までは早くついても3時間半くらい?


そのうえ、目的地としては、

青土ダム→野洲川ダム→蔵王ダム→永源寺ダム→宇曽川ダム→犬上ダム
と盛りだくさん!!

ホントに暗くなる前に帰るつもり!?

とにかく、途中、渋滞が予測されるため、早く出るに越したことはありません。





では、おやすみなさい!Zzz…(*´~`*)。O○









はい、つきました←




いやまさかそんな…

出発の描写もなく到着なんて…


でもね、朝早く出るつもりが結局6時くらいだったり、途中で案の定渋滞にはまって小一時間遅れだったりと、なかなかのネガティブスタートだったので、そこはすっぱりカットしたのよ!

みんなのために!←


というわけで、ここが第一の目的地、青土ダムです。

ここはね、ずっと来てみたかったダムなのよ。

なにしろ、特徴的なのが、ダム穴!
ダムカードによると、「常満クレスト(自動越流堰)」て書いてあるこれなのかしら?(←調べろよ)。

とにかく百聞は一見にしかず…


これよ!○´∀`)ノ





キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!



これが見たかった!

要は、常時満水位に達した分を超えると自動的にこの穴に流れ込んで、下流側に吐き出されるってわけだけど、このようなつくり、ほかでは見たことなくない!?


見て見て!←みてるだろ





うーん!たまらん!!(*゚∀゚)=3





動画もあるよ!





ちょっとアップにしてみるとこんな感じ…





そして、動画よ!






こらあいいね!(*゚∀゚)=3=3

ちなみに、この上にあるのが非常用の洪水吐ね




これは相当な高さ&でかさだから、まずここを越流するようなことはないんだろうけど。

ちなみに、青土ダムは1988年完成のロックフィルダムで、提高は43.5m、提頂長は360mあります。
滋賀県土木交通部の管轄という事です。




ちなみに、こちらが洪水吐き




天気も良いし、水もきれいな色で、念願の越流も見られた!
幸先良いよ!!

ちなみに、ダムカードももらえますが、土日は近くの「青土ダムエコーバレイ」という施設でもらえます。




さて、気が付くともう11時半過ぎ。

朝早かったので、おなかも空いたし、次の野洲川ダムに行く前に、野洲川ダムのすぐ近くの「かもしか荘」さんで食事にすることとします。

かもしか荘…嫁と共に、カモシカの可愛さに参っているワシらとしましては、心ときめく名前の施設ですが、名前だけでなく、大変素敵な施設でした。

かもしか感(笑)は入り口のはく製ぐらいしかないですが、綺麗で、接客も大変丁寧。

ワシは、せっかくなので野洲川ダムカレーをいただきました。



もうひとつ、青土ダムカレーもありますが、嫁はいつものように、普通のメニューを選択
…(´ω`)

カレーは、1,500円とよいお値段がしますが、サラダバー、スープ、ドリンク付きで、添え物の野菜やシカ肉のカツなど、丁寧なお仕事で、決して割高感はありません。

…でも、ルーはレトルトだったので、ちょっと残念…

さて、おなかも満たしたし、野洲川ダムへ行くよ!




はい、着きました←




越流してる!!(*゚∀゚)=3=3

まずは、直下の管理所にやってきましたが、野洲川ダムはこの時期はあまり越流していないものと伺ったように思いますので、大変うれしく思います←手紙か

ちょっとアップで!




さらに倍!(≧∀≦)ノ←倍じゃねーだろ




はい、動画もどうぞ!




んでね、この後、天端側に行くのですけど、どうやらあとから聞いたら、管理所わきのフェンスを開けてもっと近くまで行くことが可能だったのだとか…

実は、そういうケースってままあって、大体が「獣除け」なのよね。

だから、嫁と、「あのフェンスは獣除けでつけたんだろうけど、もしかしたら以前は中まで行ってもよかったのかもね」と話しており、勝手に「行けない」と決めつけていたので、後から聞いてがっかりしましたよ、ええ、ホントに←


はい、天端側に来ました。




野洲川ダムは、1951年完成の重力式コンクリートダム。
提高は54.4m、提頂長は142mと、中程度のサイズ。で、1978年と2010年に施設の改修が行われ、今のきれいなダムに生まれ変わっているそうです。

…ちなみに天端は立ち入り禁止。




なんですが…

この日は、次から次から勝手に中に入っている人がたくさんいました。




いやでも、「立入」が「禁止」だし…(゚ω゚;)

やっぱり、ルールに敏感なワシらと何組かは、躊躇して入れませんでした。


ちなみに、堤体脇からの越流




動画もあります




ちなみに、この後は越流・放流はなかったので、動画はここまで~

じゃ、蔵王ダムに移動しますよ!





はい、着きました!(*´-`)




蔵王ダムって名前のダムは、山形県にもありますね。
そちらは、数少ない中空重力式ダムなので、なじみ深い静岡民としてはいつの日か訪れてみたいですが、なかなかどうして(笑)

ちなみにこちらはロックフィルダムです




なかなかの洪水吐もありますね

ダム湖側…




反対側w




で、脇にある管理所でダムカードがもらえるのです。




いつものようにインターホンで…

ピンポーン♪(*・・)σ【





…(ι゚д゚;)返事なし

もしかしたらお昼時だし?


残念だけど、あきらめて次に行こうかと嫁と話し、車に向かっていたら、後ろから「なに~?」って!
Σ(゚ω゚)


管理所の方が出てきてくださいました。

ダムカードをお願いすると、すぐに取り出してくださいまして、静岡から来たことなどを伝えると、「連休だからか!」ってw

「でも、日帰りです」っていうと、苦笑いしていました…(´-`;)


さて、では次行ってみよう!

しゅっぱーーーつ!!ヾ(`Д´ヾ)







はいここです(〃´ー`)←




ここは永源寺ダム。

なんかね、途中道々に「永源寺ダム周辺大型車離合困難」「注意!」って何回も書いてあって、焦りながら来たのだけど、どうやら、ちょうどダムの天端横あたりがピンポイントにすれ違い困難なだけで、もっとやばい道かと思ってドキドキしたけど、大丈夫でした。


カードは、ダムより上にある管理所でもらえます。




永源寺ダムは1972年完成の重力式コンクリート+ロックフィルダムというつくり!
重力式の端っこにロックフィル部分があるのね…

写真の向かって左側が少し違うのがわかるかしら…



これもあんまり見ないよね。

提高は73.5m、提頂長は392.0mで、滋賀県農政水産部のダム。

じつは、もしかしたらクレスト放流していないかな~って期待して来てみたのだけど、さすがに甘かったな…
(ダム湖はひたひただったけど)




でも、ワシとだいたい同い年の永源寺ダムたんは渋い、いいダムだった!

かっこいい!




では次!(*・∀・)ノ゙



はい!宇曽川ダムです!





宇曽川ダムは1979年完成のロックフィルダムで、提高は56m、提頂長は192.8mと、今までめぐってきたロックフィルの中では若干小ぶりかな。

上流に砂防ダムが当て、水遊びの人気スポッツだそうで、行ってみたら、激混みだったので、すぐ引き返してきました。…写真撮ってない。

…写真といえば、天端には特徴的な展望台があるのだけど、施設の写真は撮り忘れました…



もうね、このころは寝不足と暑さでだいぶグロッキーだったので…

でも、眺めはよかった!



ちなみに、洪水吐は蔵王ダム同様、結構立派なものがあったね。




はい、下流側




ところで、ここもダムカードがもらえるはずのダムなのですが、土日は配布がありません。

でも、管理所には、切手を貼った返信用封筒を送れば、カードを送ってくれると書いてありました。
しかし、ただ送ってもダメみたいで、実際に訪れた人で、管理所が開いていなかった時の対応用という事らしく、管理所の張り紙には「暗証番号」が書かれていました。これは、頻繁に変わるそうです。

事前にふもとのコンビニで返信用切手と封筒を用意してきていたワシらは、お願い分と共にポストに返信用封筒を入れさせてもらってきましたが、果たして…


さて。

だいぶ疲れてはいるけれど、位置的には結構北上しているので、ここから静岡へ帰るには、さらに北上して名神高速に乗ることとなるので、最後の予定地にも、予定通りいくこととします。


犬上川ダムです





ここってば、直前の1キロくらいの道が結構不安になる感じでした。
途中までは結構道幅もあり、前をバスが走っていたのですが、バスがいなくなってから一気に狭い住宅地を抜ける道→林道チックな舗装も傷んだすれ違い不可な道。

…でも、幸い車どおりも少なく、無事往復できました。


犬上川ダムは、1946年完成の重力式コンクリートダム。
提高は45m、提頂長は135m。かなり古いなりの趣もある、かっこいいダムです




赤いゲートっていいよね…(//∇//)




天端は幅も狭く、ゲートも、すぐ近くに感じます。




天端から覗き込むと、特徴的なカーブを描いていたのだけど、写真ではいまいち伝わらない感じ…




古いダムはええのう…




ゲートは、独特の形状。

越流時の流木とかの流出防止用かな?




う~ん、また来たいね!

今度はハムさんの車で!←




さて、この後は、予定通り北上して名神高速経由で帰ってきました。

幸い、帰りは大した渋滞もなく、20時過ぎには帰宅。

日帰りのプランとしては上々の充実ぶりのツアーだったと思うわ!


滋賀も、ダム以外でもまた訪れたい魅力ある土地だけど、最近はダムばかりで←さじ加減では


さ、いよいよ28日から「森と湖に親しむ旬間」がやってくるわよ!

みんな、どこのダムにするか決まった!?


うちはね…:∵(;´∀`Aゴニョゴニョ←



では、股!.+゚*。:゚+(人*´∀`)才ャスミ冫+゚:。*゚+.
Posted at 2018/07/15 23:18:07 | コメント(7) | トラックバック(0) | ダム巡り | 日記
2018年07月08日 イイね!

オクシズでどっきり!激レア放流体験の旅

オクシズでどっきり!激レア放流体験の旅どもども

ベロたんです。


この週において、西日本を中心に大変な天候による災害がありましたね。

現時点で、まだ継続して被災されている地域もあることと存じます。
一刻も早く、元の生活に戻れることを祈ってやみません。


一方で、この大雨、東日本にはさほど大きな影響がなかったのもあります。
今年も渇水が心配される奥利根あたりのダムも、水源地にはあまり降らなかったことと…

静岡はどうかというと、幸いにして、被害が出るほどの大雨にはならず、土曜日には雨は上がっていました。

そして、本日日曜日は朝から晴れ。

家の近くの大谷川放水路も、水害を防ぐために敷設されたものですが、大雨の後は大変な水量になるのですが、今朝も水は少な目。

しかし、どうやら、昨日から井川ダムがクレスト放流していた様子。
雨、たくさん降ったっけ?

また、その奥にある世界でも最も高いといわれる中空重力式ダムの王様、畑薙第一ダムが今朝からクレスト放流をしているという情報がありました。

しずみちインフォで調べても、雨による通行止めもない。

天候もよさそうだし、もし危険があればすぐ引き返すこととして、井川…もしできたら畑薙ダムを訪れることとして、家を出発しました。


本日、いければ行きたい最深部の畑薙第一ダムは、先日も田代ダムへ自転車アタックをしようとしてワシ一人、惨敗し、一人泣きながら帰ってきたあのダムです。
このブログにもよく登場するので、そろそろ皆さん覚えてきたかしら?





まずは、井川ダムへ向かいます。




はいつきました←




はっきり申し上げて、雨の後という事で、井川へ向かう人が少ないせいでしょうか、道も荒れてなく、対向車がないのでいつもより走りやすかった。
じつは、個人的には、この先の畑薙へ向かう道の方が道幅も広く、落石さえなければ、かえって走りやすい道なので、井川までがあっさり到着できたので一安心でした。


さて、事前の情報通り、井川ダムがクレストゲートから放流しています。





キタ♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ♪

井川ダムは中部電力のダムで、発電用ですから、普段なかなかクレストゲートから水を吐くことはなく、今回、初めて見ることが出来ました。

しかも、よく見ると3門吐いています

残念ながら、これ以上の角度がないので、右岸側のゲートの放流はこれが限界…




では、動画を…





いや~待ちに待った日ですよ。

かっこいい!


そのあとも、より良いポジションを探してみますが、やっぱり3門全部は見えない…




ダム湖はこんな感じ





天端に行ってみますが、逆に放流は見えない…

音はすれども、壁に阻まれています…


でも、隙間があるけど、ここにカメラを差し込むとどうなっているの?








Σ(*・∀・*)あっ!!





見えた!

ゲートの上からの放流!!

動画もあるよ!





キマシタ――。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜――!!!


テンションは高まりますが、やっぱりこれ以上のアングルはなく、また、この先の畑薙第一ダムがもし放流しているとしても、うかうかしていると終わってしまうかもしれないので、出発することとします。


またね!





…で、やはり道は井川までより広いとはいえ、慎重に進みますが、そもそも道も乾いていて、落石もいつもと変わらないので、幸いなことに、安全に進むことが出来ました。


そして…。








みえた!!

いま、白いのがちらっと!?



あ…






キタ━━━(≧∀≦)ノ━━━ !!!!!



吐いてます!




1門とはいえ、強烈レアな畑薙第一ダムのクレストゲート放流!!




ずっと見たかった放流がついに!! (*゚∀゚)=3ハァハァ


はやる気持ちを抑えて向かいますが、実は、これ以上近づいても、これ以上正面に近い角度では見られないのですが…

堤体に到着…





いい天気。

暑いです。


やはり、近づくと、堤体と放流を一緒に見るのは難しい…

それでも、覗き込めばまた別の迫力!




動画もあります




125mの提高から吐き出される放流の迫力!

独特の導流部もいい感じで水を送り出します。


そして、ここのダムは、なんとダム湖側を覗き込むと、実はゲートが見えるのです!

ほら!!





そして、動画も…




ここのダム湖は、普段水のきれいな時に来るとグリーンの何とも素敵な色合いなのですが、今日はコンクリートカラー。

かなりグレーに濁っていますね




左岸側からもパチリ!




ちょっと前に回り込みますが、樹が邪魔…




でも、アップに…





そして、動画





また天端に戻って!




限られた視野の中で、できるだけいろんな角度から体験しようと必死ですw

そして、今日はいつも(すみません、月一くらいですが…)夫婦でおじゃましてる「まんげつや」さんのご主人が畑薙第一ダムのクレストと聞きつけ駆けつけられ、天端ではじめましてのご挨拶となりました。

ダムがお好きなのがあり、twitterでもときどきやり取りをさせていただいているのですが、今までは身元を隠してお邪魔していたので(笑)、今回が初めまして。まあ、ご主人はいつも厨房におられるので、ワシらの顔はホントに初めてご覧になったと思いますが…

お話しながら、ゲートを見ていたら、「なんかまわっている」と気づかれたのです。



どうやら、遠隔操作でゲートを操作していたらしく、その直後に放流量が一気に減りました。


ほら、さっきより少ないのがわかります?




天端を駆け回り、撮りまくり、さてどうするか?

「畑薙第二も絶対吐いているので、行ってみますか?」

と、ご一緒することに…

出発よ!!



はい、つきました←

とはいえここは、ゲート裏




でも、真ん中のゲートが明らかに高くなっています。




開いているのは一門だけぽいですが、これだけ違うと、大きく水を吐いているはず。


さっそく移動よ!



はい、つきました←




ここは昔の白樺荘があった場所で、ここに車を停めて移動します。

おとなりはまんげつやさんのご主人の車…

意図せず、「赤の乗り手」がそろいました(笑)



さて、嫁は険しい道とか嫌いなので、男性2人で向かいます。




どうかな…





!!!w(*゜д゜*)w





すっごい!

やはり吐いているのは一門ですが、ゲートが大きく開いているため、スキージャンプ式の洪水吐きから水が大きくうねって実際にジャンプしています!




すごい水しぶきで、瞬く間にびしょ濡れ!

しかし!ダム汁気持ちいい!


動画も…




かっこいい…




さて、ここでまんげつやさんとお別れ。

また、お邪魔します!ヽ(・∀・)ノ



…んで、この後どうしようかと思いましたが、もう一か所のレアめの放流をしている長島ダムへ行きます。



はい、着きました←





長島ダムは、いつもは、減勢工の脇にあるところから放流しているのですが、今日は、堤体正面にあるオリフィスゲートから吐いているのです。

でも、上からや横からではよく見えないので、直下にあるしぶき橋まで行きましょう…





はい。

んで、正面に行くと…





オオ━Σ(。・д・ノ;)ノ━ッ!!


たしかに、見かけない場所2か所から!

動画もね







あの中にゲートがあるのよ!





アップにして、ギリギリ見えた!




はいこれで打ち止め!ヽ(〃▽〃 )ノ


実は今回のダムは全部大井川水系なのですが、なかなか見られないレアな放流がいっぺんに見られて、ホントに良かった。

帰りはのんびりと延々山道を帰ってきました。

車少なくて走りやすかった…


大井川水系は素敵ダムも多いので、またこなくちゃね。


さて、次は「もりみず」かな!?←わからない人は検索して!


では股!ヽ【*'皿'*】ノ
Posted at 2018/07/09 00:47:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム巡り | 日記
2018年06月24日 イイね!

【激レア!】下久保点検放流2018~4門放流&カドタッチ体験マイスターと共に~

【激レア!】下久保点検放流2018~4門放流&カドタッチ体験マイスターと共に~どもども!
ベロたんです(* ゜∀`*)ノ


みなさん行きましたか?


どこへって、下久保ダムですよ!←おい

この23,24日には一大イベントが催されたのですが、メインとなったのが、下久保ダムの点検放流!

この点検放流、今回はクレストゲート2門とオリフィスゲート2門の合わせて4門での放流が行われるのですが、これがかなりのレア!

…でもね、ワシがきちんと理解してるわけでもないのに、ダムにあんまり興味がないみんカラのお友達にその意味を伝えるのは困難なので、とりあえず「8年ぶりの満水」であり、しかも、この時期に満水になるのは「19年ぶり」という非常にレアだという事だけお伝えします(笑)
満水でないと、クレストゲート放流が出来ないのね。

とにかく、次いつになるかわからないくらいレアな体験だという事なのよ!


これは行かなくちゃだわ!!(*゚∀゚)=3


しかも、今回は水資源機構さんも地元のさまざまなところと共同でたくさんの企画を盛り込んだ一大イベントとして企画されたのです!

23日は前夜祭的なイベントがあり、24日には放流と様々なイベント、および、指定ホテルへの宿泊をした人だけのイベントも!



…ええ、でもね、嫁は乗り気でなく

宿泊どころか「人が集まるならいかない」と…


ワシも一人でこれだけ遠出はなかなか厳しいと思っていましたが、そこに現れたのが当ブログでもおなじみ、静岡のダム友達ノイケたん。

ここんところ出費が多くてどうしようかと思っていたところらしく、利害関係の一致(笑)から、一緒に行くことにしました。でも、24日だけね。


渋滞なしで大体4時間弱のみちのりです。

ノイケたんとは4時に某所で待ち合わせ、ベロたん号で向かいます。







ではしゅっぱーつ!!ヽ(゚∀゚)ノ






はいつきました←



到着は7時半ごろ。

基本の集合場所である三波石峡駐車場はすでにほぼ満車!

放流は10時からよ!?

みんなどうしたの!?←おまえもな



そして、少し離れた直下まで移動してみると、すでに結構人の列が…




仕方なしに並んでみますが、どうもね、並んでいるのは基本的に「発電所見学」のための順番取りで、イベントが始まったら別に列は関係なさそうだったのだけど、日本人ですし(笑)

すでに4門のうち1門からはいております



まだ薄曇りで、結構涼しいですが、本日は晴れて真夏日になると思われ…

日焼け対策と、日差し対策を施してのぞんでおります。


んで、9時半になったら、物販などのスペースがある場所のゲートが開いたので、発電所見学に行く人は橋を渡り、そうでない人たちは物販テントの前へなだれ込みます。


大好きなマニアパレルさん、ダム漫画の井上よしひさ先生の本日のために書き下ろされた薄い本(←同人誌の呼び方)、ダムソングで人気のペンギン娯楽企画さんなどがあり、すでに長蛇の列が。

並んでいるうちに放流が始まってしまう懸念がありますが、買いたいのならば今のうちに並ばないと後々後悔するかも…

こうしているうちにもどんどん列が伸びているので、並んでいますと、明らかに顔丸出しのヒーローらしき人がいます。



ダムセイバーさんらしいのですが、この方は後程、車の呼び出しも顔を出したままアナウンスしておられましたので、おそらく職員さんかと。


よくみると、先日田代ダム(ワシは失敗)で同行させてもらったダムマイスターのかみさとさんが写真を撮っておられます。



かみさとさんは、このイベントにも大きく関わっておられる様で、新しいダムカードの写真撮影も担当されるそうです。




そして、やっぱり並んでいるうちに放流開始です(笑)

前日のイベント絡みで、10分所長を任命された方の合図で放流開始!





…まだかな



あ!






うえーい!!ヾ(・∀・)ノ゚





ざっぱーん!!

しばらく並んで、なんとかいくつか物品を購入。

しかし、ペンギン娯楽企画様のCDが本日限定の仕様であったのを後から知り、超後悔。
しまったなあ…なんでチェックしなかったかな…。
うわっついていたのだな…

んで、気が付くと案の定、3門目は空いていて…
※滝沢ダムの回参照w




でもなんとか、4門目が開くところは撮れたり…




今回は、普段twitterで交流させてもらっているけどまだお会いしたことがなかったたくさんの方とご挨拶ができてよかったわ。(来ていたようだけど会えなかった方もたくさんいたけど…)


さて、4門開いたし、買い物したし、どうする?

って思っていたら、下久保ダムといえばこの人!

町田奈桜さんと出会えました。

何回かお会いして、ワシも面識はあり、今回着てきた下久保ダムTシャツもなおさんデザインのものですが、実際は超シャイなワシ(笑)ですのであまりお話しできたことがなかった。
でも、ノイケたんがそのコミュニケーション能力をいかんなく発揮して、おしゃべりするうちに、なんとこの後下久保ダムの特徴である「カド」にタッチするハイキングに同行してくれることに。



「下久保ダムの角?」(゚д゚)


おや、皆さん困りますね…

以前、2016年の「ダム!ダム!シルバーウィーク!その1」で下久保ダムのことを書いた時にご説明したはずですが、では今一度…

ダムは、基本的に川をせき止めて作るのですが、下久保ダムはまっすぐの普通の形のダムを造っても高さ56mのダムしかできず、1200万立方メートルくらいしか水を貯めることができなかったために、ダムの右岸(埼玉県側)にある尾根をコンクリートで嵩上げし、奥の尾根と縦横でつないでL字型のダムにした!
こうすることにより、1億3000万立方メートルもの水を貯めることができるのです!



そして、そのために、このように折れ曲がった特殊な「カド」のあるダムになったのです!!


そして、なおさんはその「カド」の特徴と魅力にいち早く注目し、カドを愛してやまず、「カド愛」を唱えてこられた偉大なダムマイスター!

そのカド愛の師匠とカドを愛でに行けるので、これは大興奮ですわ!





でも、先ほどの写真でいう、本来せき止める位置だった場所まで行くので、まあまあ登るわけです。

やはり体力のなさには自信があるワシだけに(w)早い段階から無口に←いつもか?


途中、駐車場が見えたけど、ベロたん号の赤い色は写真では飛んじゃった…




みちみちでいろんなことを教えていただきながらだいぶ進むと…

堤体が見えた!





もともと歩いているこの道自体が普段は立ち入り禁止なのですが、さらに普段は閉じられているフェンスが本日は開けられています!




「カドにタッチ!」 (*´ェ`*)ポッ←


堤体沿いに進んでいきます。




何か所か階段を上り下りして…









そして…











カド、キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!



これです!

ここがカドです!!(*゚∀゚)=3ハアハア



われらがカドマイスターもご満悦!(ご本人いわく、「アタシはフリー素材」との事なので顔隠しなしで)




非常に多くの方がここまで来て、カドを写真に撮ったり、タッチしたりしています!






ワシももちろんタッチ!




かっこいいな…

そして、いい体験だな…


気が付くと、若者にカドの解説を始めているなおさんw




やんばダム見学会でも同じように、みんなと同じ参加者なのに解説をしているそうですw

さすがよ!

んで、戻り道の途中でお会いした水資源機構の方に、なおさんと一緒にいたおかげで少しお話しでき、「展望台はぜひ行くべきです!」と言っていただいたので、もちろん行きます!





・・・あ!






キタ---(○+'□`从)♪゚.+





なんという「素敵広場」!


かっこよい!

いい天気!

放流!!


なんという…(≧∀≦)←なんだよ


この距離!




ゲートは見えないけど、素敵すぐる!

そういえば、あそこ…





ダムではおなじみ、堤体に草が生えていて、放流にさらされていました
涼しそう!←


これと…




これね






さて、満喫して、直下の広場に戻る最中、何人かお仲間と合流でき、談笑しながら歩いていたところ、ワシは気づいてしまったのです…



あ…






部長!Σ(゚◇゚;)

※ダム漫画の八田かなん部長






先ほど、正体は秘密じゃないか気になるヒーローですら顔出ししていたのに、部長は全身タイツ(←)にマスク(←)でこの坂道を日差しの中上がってきます!


みんなで励ましましたが、あのあと倒れなかったのか心配です←


ところで、今回の点検放流はフラッシュ放流も兼ねていたそうです

みて、川の色が…




下側は茶色くなっているでしょ?




これは、ここの場所に置いた砂利などと一緒に放流して、ダムにより流れが弱くなったりして川にたまりやすい苔などの川の汚れを水の勢いと砂利の流れで一気に洗い流す目的なの。




これをフラッシュ放流っていうのよ!←説明、大丈夫か?

…間違っていたらごめんね←


さて、気が付くと放流も4門でなくなっており、午前の部の終了が近づいております。




わしらも、今日が日曜日だけに、明日に響かないよう、早めに帰路につくこととします。

思いがけず、カドマイスターとの素晴らしい体験もさせてもらえ、写真にあまりこだわらないでダムを体験した久しぶりのイベントだったように思います。


ダムが皆に理解され、愛される存在であることは、今後のエネルギー需要などの観点からも大切。

でも、すいているダムが好きな自分としてはちょっとだけふくざつな気持ちもあったわ←


だけど、イベントの大成功をお祝いします!
主催の皆様と、お会いできた皆さんに感謝!感謝!


帰りにお昼を食べた道の駅上州おにしですが、大分盛況だったようで、ダムカレーは品切れでした
※写真は、代わりに食べた「カドっこラーメン」







さて、次は嫁とダムに行かなくちゃ(笑)


どこにいけるかな~?


では、股!(;。・`ω・。)ゝ
Posted at 2018/06/25 19:04:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム巡り | 日記
2018年05月27日 イイね!

1ウィークエンド2放流見学!~滝沢ダムクレスト放流~←

1ウィークエンド2放流見学!~滝沢ダムクレスト放流~←どもども!

ベロたんです!ヾ( o´∀)ツ


さて、お気づきでしょうか?
ワシ、今週末2回目のアップであります←しらんよ


さて、いったい今回のダムは!?



なんと!滝沢ダムです!

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ



え?ご存じない?

そんなはずは…(´・ω・`)←「みんカラ」だからな


え~、一応解説。

滝沢ダムは埼玉県秩父市にあるダムで、2008年完成の重力式コンクリートダム。
ダム直下には2つの橋で構成されるループ橋があって、素敵な景観をなしているのよ!





さて、そんなダムがこのたび、ゲートの点検を行うのだけど、今年は雨も多かったので、なんと満水!そのため、クレストゲートからの点検放流となる、えーと・・・たしか6年ぶり?
('ω')←調べろよ

そんな貴重な放流見学会が開かれると聞きつけ、「片道3時間なら近いっしょ」というダムクラスタ感覚を利用して、嫁を説得いたしました。←

…たびたびご紹介しておりますが、もともと、ダムにはまったのは嫁が先。
いまでも、嫁の熱意は衰えておりませんが、何しろ「めんどくさい」「寝ていたい」「人ごみが嫌い」な人なので、「見学会」的なものに連れ出すのに、苦労する時が…

今回も、なんとかOK。


では、しゅっぱーつ!!ヽ(●´▽`●)ノ












はい、着きました(*・ω・)←




いえね、いくらなんでもそんなに何事もなく到着したのではないのですが、実は、ここんところ、関東のダム見学会では「大盛況」が続いたのです。

「やぎならふじ」(矢木沢・奈良俣・藤原)と、薗原ではどちらも1000人超!

ダム見学が趣味って言って恥ずかしい時代は終わった!


…ことはないと思いますが←、でも、ずいぶんと認知され、人気も高まり、イベントも大盛況だったようで、もしかして今回も?という懸念はあったのです。

そのため、10時半からだけど、9時には着くようにと6時には出発しました。

しかし、道中、Twitterでチェックすると、「もう上の駐車場は埋まった」という情報が!!


出発前に見たとき、確か堤体脇の駐車場は台数に限りがあるので、近くの「レイクビューハウス」を利用してくださいと案内に書かれていたはず。
ここでいう「上の駐車場」ってのは、地図で見たときに「確かにダムよりも上に上った場所にある」と認識していたレイクビューハウスの駐車場のこと!?って思ったので、焦ります。

現地入りすると…


「滝沢ダム放流見学会駐車場」と書かれたその駐車場には誰も停めていない…

まさにベロたん号1台のみです




若干不安に感じながら、駐車場を出て、丘を下り、ダムへ向かいます。

1.4kmほどあるその駐車場からの移動…

おかしい。あまりに遠いし、暑いし、あまりにほかの車が停めにこない…



しかし、水資源機構の人たちはそこここにいて、案内してくれるので、この後、ワシらに続いていっぱいの人が来るのだと思っていました…




結論から言うと、「完全にワシらだけだった」匂いを感じます(笑)

なんと、ダム堤体脇の駐車場は結構キツキツで縦列駐車などをして停められたらしく、「レイクビューハウス」なんてなかったかのような扱い…

みんなからも「なんで上に行ったの?」って言われました
ガ━━(゚д゚;)━━ン!!



まあいいや。

さて、早速直下までエレベーターで移動します。


どーん!

提高132m、提頂長424mのダムなので迫力あるわ!





日差しをよける場所もあまり多くないし、結構人もいますから、早く始まらないかな~って思っていると、サイレンが!

放流開始の合図ね!?

時間も10時半だし!

さっそくカメラを構えます!

放流開始の瞬間を逃してたまるか!!(`・д・´)ノ


しばらくカメラを構えていると…

「あの・・・」という声が後ろから。

振り返ると、制服を着た男性。

「放流量は一定でして、今、目の前から出ているバルブ放流と調整して放流しますから、バルブ放流が収まらないと放流が開始しませんよ」
とのこと。

なるほど!って思っていると、

「ずっと上を見いて構えているの大変だと思うので…」というのです。



では、バルブ放流に注目しているかとカメラを下して、目線を落としていたところ…


「さー」





ガ━━━ΣΣ(゚□゚*川━━━ン!




放流始まってるよ!!


え!?なんなの!?


振り返ってもさっきの人はいません…

完全にやられた…llllll(-ω-;)llllllガーン


なぜ職員の人に罠にはめられなくてはならないのか…


失意に駆られていたところ、嫁がやってきます。

事情を話すと、「このくらいなら何とか」って言って見せてくれたのがスマホの写真…





でかした!(T-T*)ウウウ


しかし、まだ1門とはいえ、なかなかの迫力です!






さて、そうこうしていても、最初に聞いた話では、15分おきに点検しながらゲートを開けるという事でしたので、なかなか次のゲートが開かないので、対岸に渡ってみます

バルブ放流はかなりの勢いなので、橋の周辺はすごいしぶき!

びしょ濡れ必至です!





とちゅうで橋の真ん中からパチリ




びしょ濡れになりながら対岸に渡ってみると、みんなカメラを構えて堤体に向けています。

みんな熱心だなあ…(*⁰▿⁰*)

なるべくカメラに入ってしまわないように頭を低くしてみんなの前を通り過ぎて、顔をあげてみてびっくり!





2門目空いてるよ!!

ヽ(゚Д゚;)ノ!!



何なの!?

これは呪いなの!?←なんのだ


泣く泣く、ダム直下左岸に配置されていたダムガードマンをパチリ…





さて、今日はTwitterをやっているお友達がたくさん来ているはず

しかし、なかなか出会いません。

顔を知らない人はもとより、知っている人もまだ…

Twitterをチェックしながら対岸に戻りますが、どうも電波の調子が悪い。


docomoが厳しいのかな…

softbankの携帯を引っ張り出してみると、4Gが通じている。

よし!

って思って顔をあげたときにそれはありました…






工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工


全開ですよ奥さん←誰が奥さんか


もうね、ホントに何かの罠か呪いとしか…



…あの時の?(゚ω゚;)←おい


こうなったらもう閉じるときを!


って思っても、もう、お分かりですよね。
(´・ω・`)

大体うまくいきませんでした。


かろうじて終わる瞬間が取れたのがこれ…





なんかね、先日の小渋みたいに、放流されているのをいろんな角度から見て回る。しかも、案内してもらいながら。っていうのとは違って、あくまで「点検」を公開してくれているだけなので、こっちはそのまったり間に戸惑いながら一喜一憂していましたw


でもね、結論から言うと、楽しかったのでよし。

なかなか見られないものに共感してみんながあつまって盛り上がって。

これでいいのよ。


…空(す)いている方が好きですがwww


きがついたら、放流後のダムを撮っていない失態もありますが、終わりかけのダムはあったので、それでお茶を濁します←





個人的には撮影は失敗しまくりですが、写真に命かけているわけでもないので、この目で見れたのでよしとします。

帰りには、静岡ののいけたんとかずあさんと「エデン」で食事してから解散。

18時前には帰宅しました。



1ウィークエンド2放流なので、だいぶ疲れました。
延べ2日間の走行距離は830キロくらいかな…

腰いたい・・・


さて、来週はダムはおやすみ

家庭の用事がありますので…


6月後半の下久保のイベントも行きたいなあ…



では、股!ヽ(´∀`)ノ

Posted at 2018/05/27 22:56:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム巡り | 日記

プロフィール

「堰分不足から新豊根ダムへ~静岡ダムクラスタといっしょ~ http://cvw.jp/b/1957756/41861858/
何シテル?   08/21 23:18
CX-5は今は亡きベロシティレッドマイカに乗っております。 一年の長きに渡りただ大事に乗った後、思い立って初めてみんカラに登録しました。 週末だけ広い駐...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

炎上? 不買運動? 牛乳石鹸 意味不明が意味不明 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/20 01:56:44
5/28(日) ランチ&カラオケオフ予定 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/27 01:01:06
備忘録 (インパネ外し) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/03 19:17:37

お友達

DIYもできない(-ω-;)

スピードも出さない(-ω-;)

あまり遠出しない(-ω-;)


でもCX-5大好き!

アル子たん可愛い!!


まったりとすすめていきます。

よかったらお友達に。

まずはネットから(笑)
193 人のお友達がいます
岡山しげさん岡山しげさん * アライグマのアライアライグマのアライ *
triarch (トライアーク)triarch (トライアーク) * FJ CRAFTFJ CRAFT *みんカラ公認
マクレーンマクレーン cx-5が好きcx-5が好き

ファン

78 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-5 ベロたん (マツダ CX-5)
平成24年8月オーダー→同年10月納車 アクセラスポーツからの乗り換えです。 その前 ...
スズキ アルト ターボRS アル子たん( ・ε・) (スズキ アルト ターボRS)
新嫁カーヽ(・∀・)ノ 小さくても力強く、白と赤とメッキのコンビネーションもカッコいい ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
嫁のクルマが車検切れで買い替え。 CX-5がでかいので、小回りが利くクルマでちょっとは ...
トヨタ プリウス ぷりんぷりん物語 (トヨタ プリウス)
お仕事中用…(ーωー) この子にいいねはつけてくださらなくて結構ですわよ♪
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.