• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SPEED GROOVE @ yoshiのブログ一覧

2016年01月25日 イイね!

GT-R Magazine126 「レストアの意義」 Part2 ☆ R32GT-R Evolution





2016/Jan 交通タイムス社GT-R Magazine126号「レストアの意義」に載せていただきました。
職人を引退してもなお、このようにして誌面に登場できたことは担当編集者さんをはじめとした編集部のGT-Rへの熱意があってのことと思います。
そして、なによりも6年前に作業を依頼してくださり、この度の取材に快諾してくださったオーナーさんとの出会いがあってのことでもあります。
さらには、現役時代から応援してきてくださった皆さんの励ましがとてもありがたいことでした。
それは、かつて作業の依頼をしてくださった方のみならず、飲み会、珈琲会、東北旅、神戸旅といったオフ会等で出会った方々のクルマに対する思いの数々がぼくの想い出としてあるからであります。
今回のGマガ掲載は、このような経緯がベースになっているものです。
出会い、交友、ご協力に心から感謝いたします。



さて、このR32GTRは2009年にボディ補強をメインにしたレストアを行ったもので、R32GTRのボディを進化させたもの、Evolution Modelと位置づけて作ったものです。
その具体的なボディ補強内容は、以下のような感じです。
・サイドシル周りの補強一式
・リヤクオーター周り、インナーパネルのスポット増し、パネル追加
・R34GTR用フロントフレームアウトリガーの組込み
・ルーフ~ドア枠周り~ガラス周り全周のスポット増し
・R34GTR用ルーフレインフォースの組込み、インナーパネルへのスポット増し
・リヤバンパーレインフォースの軽量化



それに加えて、通常どおりのレストアメニュー(記憶のあるかぎり)
・下回りシーリング、チッピングコート仕上げ
・サスペンションブッシュ一式入替え 
・防錆剤の各部注入
その他いろいろ・・・



サイドシルは部分的に補強パネルを追加するのではなく、まず、フロントフレームの付け根にアウトリガーを組込み、そこからリヤクオーターまでのキャビン全体の下支えを補強する構造となっています。
特にフロント側は5枚のパネルを合わせてあり、エンジンとサスペンションを支えるフロントフレームとの一体感を向上させるよう考えて作ったものです。
それに加えて、ドア枠周りから前後左右のガラス周り、ルーフ周り、そしてリヤ周りとスポット増しはキャビン全体に及んでいます。
オーナーさんが誌面でインプレッションを伝えてくださっていますが、700馬力ものエンジンを活かすには、やはり、それ相応のボディが必要になってくるものでしょう。
この車両にはロールケージを入れていませんが、もし、サーキットでのレースをメインにするのであったとしても、このような内部パネルからの追加溶接、補強パネルの追加は有効になってくると思いますし、ボディ各部の見直し(錆修理など)を行った骨格があってこそロールケージもより一層効いてくるものと思います。



Gマガ誌面にて、スポット溶接における溶接不良のことが紹介されていました。
このことに関して少し補足を入れておきましょう。
スポット溶接は瞬時に溶接ができる大変便利な溶接方法であり、現在の自動車作りのメインとなっている溶接方法です。
しかし、自動車メーカーのラインで行うスポット溶接と町の修理工場の設備で行うものとではその設備が異なり、意外とクセモノな一面ももっています。
つまりは、溶接できているようでいて溶接されていないという「溶接不良が起こり得ることがあり、そのクセモノであるという理由は溶接後の外観からは判別がつきにくいからであります。
それというのも、いわゆるスポット増し、パネル交換をしないで溶接点数を追加する作業においての不十分な溶着を何度となく見てきましたし、自らも経験してきたことがあるからです。
外観からは溶接焼けがあり、打痕もしっかりとある・・・・ しかし、パネル間にタガネを突っ込んでみれば、1~2ミリ程度しか溶着がされていないために割と簡単に溶接箇所が剥がれてしまう・・・・。
これでは仮止めの点付け溶接と変わらない・・・・たいして強化になっていない・・・・そのようなケースが散見されたものです。
その主たる原因はパネル間の電着塗料や錆が電気抵抗となっていることが第一番目。
そして、工場設備の電力不足が原因となるケースも意外とあるものです。
その対策として、Gマガ誌面に書いてありましたように、溶接時の通電時間や加圧力の調整は当然のこと、工場内で他の電気機器を使用していないときに溶接作業をおこなうというような配慮もしてきました。
塗装ブースや作業用リフト、コンプレッサーなどが稼動していると、そちらに工場内に引かれた電力が分散されてしまうからです。
ただ、一般的な作業レベルでは、ここまでこだわる必要はないと思います。
なぜならば、多少の電力低下があっても、スポット溶接機の設定によって基準を満たす溶接強度はいちおう確保されるからです。
ですが、このGT-RはEvolutionというスペシャルな位置づけでレストアしていったクルマですので、それにあわせて作業のすべてをスペシャルにしたいと考えていったものです。
スポット溶接の一発一発に気合を入れ、可能な限りの「工場内で出せるベストの電力」でもって作ってみたかったということであります。
絶対にというほどに溶接不良は起したくなかったですし、追加パネルを組み込んだことと、そして、溶接強度自体を通常の修理作業よりも向上させたかったからです。
そのために、塗装担当者が塗装ブースを使っていない時間帯に溶接作業を行ったり、居残りや休日作業をすることもあったものですが、ある意味、会社員として​求められる作業効率を度外視していたからこそ出来たものといえるのかもしれません。



*参考1*
もし、アフターでスポット増しの施工を考えている方に、ひとつアドバイス的なことを記しておくとすれば、それは、パネル間の電着塗料を「焼ききる」ということです。
また、パネル交換の際の防錆剤をあらかじめ薄く塗っておくのもポイントといえるでしょう。
特に、刷毛塗りタイプの防錆剤は塗りムラになりやすいので注意が必要です。
その場合、溶剤で希釈することも一法です。
いずれにしても、アフターのスポット増し作業とおなじように溶接時にパネル間の塗料を焼ききることがポイントです。
そうでないと、十分に強度ある溶着は得られません。



*参考2*​
​アウトリガーの取付けにしても、サイドシル強化にしても、ちょっと気の利いた職人であれば出来ることです。
ポイントとなるのは、その取付けの精度、強度、耐久性、そして美観のバランスとなるでしょう。
どれだけ、その取付け方法にこだわっているのか、高次でバランスできているのか、もちろん、価格や納期との条件や関係性もあることでしょう。
ですが、職人の意識の基本としては、よりよいモノを目指すということになると思います。





【R32GT-R Evolution】
目指したのは、R34GT-Rの軽量バージョン。
R32の外観を崩さずにボディ補強をしていくこと。
ロールケージのような「見える補強」は行わずに、しかし、体感のできる確実な剛性向上を目指す。
そのためには、見えない部分での溶接強度にこだわり、見えない部分での補強パネルにこだわり、結果としてトータルでボディのレベルアップをしていったものになっていると思います。
一番嬉しかったのは、今号掲載のオーナーさんの、このインプレッション。
『アクセルを入れたときにボディがそれに直結するように反応する・・・・ その効果はコーナーでも感じられ、大きく荷重がかかっても操作に対して修正舵を入れる必要がなく、常に運転に集中できます・・・・』
これほどまでに成果を伝えてくださるとは思っていませんでしたが、それは、オーナーさん自身の持つドライビングセンス、鋭くも豊かな感性の表れであると思いますし、それだけクルマの挙動と感覚について「違いがわかる」オーナーであったということだと思います。
「違いがわかる」には、それだけの実践経験を積まれてきたからともいえるものでしょう。
クルマ好きな方には色々なタイプいますが、日ごろから「走る」ということに注力されている人であるからこそ伝えられるインプレッションであり、その感性とあいまって、ご自分のクルマに対する愛着を長く育まれてきたということを示しているように思います。



~随想~
​このGT-Rを作業していた頃に​、ガス溶接をやめ、ハンダ盛りをやめ、そしてMIGとスポット溶接をメインに切り替えていった​と思います​。
それは、新型の設備​や​機器という作業技術の進歩​という見方​もで​きるでしょう。
しかし、その一方では、古くからのやり方をしてきた職人たちを暗に否定することにもな​っていたのかもしれず、​であれば、​ときに、彼らのキャリアあるプライドを傷つけることにもなって​いたのかもしれません。
どこの職場でもあることとは思いますが、職人と職人の水面下でのライバル意識というものは、仕事に対してのこだわりが強くなればなるほど、その意識の高まりは熾烈になってくるものなの​でしょう​。
それが、お互いの技量を伸ばす方向に昇華​していくのであれば理想​的な関係となるのでしょうが、そうはならないことも少なからずあ​ることであり、それもまた、なにかの縁というものなのでしょう。
高度成長期、今よりもずっとクルマが夢であり憧れであった時代に、ぶつけて壊れたクルマ、廃車になるようなクルマを救っていったのは当時の職人達の知恵と努力のおかげです。
彼らの意志​と技術​なくしては​自動車修理業の発展はなかったはずです。
ある意味、礎となり、その土台を担ってこられたのだと思います。
​しかし、時代というものは進化し続けていくことを​​求められ​、けして留まることはできないもの​なの​でしょう​。
​新しい方向へと進んでいくことが​、​より多く​の人にとって​幸せを感じるものにな​っていくのであれば、その進化の流れにのっていくことが自然であるように思うものです。



それは、ぼくにとっても同じことで、だから、持ち続けてきた職人のプライドのようなものは手放して​いきたい​​。
ぼくがやってきた​ような​ことはアタリマエの時代になり、遥かに超えていくことが​、ある意味、​進歩のひとつのカタチである​と、そう思っています。
それは、喩えれば、「食っていくためには仕方​が​な​い」​というような​ハングリーな時代からの成長でもあることでしょう。
そして、自己表現の楽しさや、分かち合い、広く幸せのためにという、人と人のつながりを創っていく・・・・そんな時代に移りつつあるように思う​も​のです。
もしかしたら、いまが、まさにその葛藤のさなかにいる状況なのかもしれません。
各地で頻発する、主義や信条の争い​ごともそうですが、ひとりひとりが出来るところからの対処、もっと小さなレベルからの、身近な​人間関係から見直してい​くことによって、そのような、つながりの意識は広がっていくのではないでしょうか。



もし、それが旧来の常識を否定することによって​成り立っていくものだとすれば、一時的にでも葛藤のプロセスを経験していくことが然るべきことなの​かもしれません。
自動車修理でいえば、イ リュージョンテクニックも溶接にこめた一発一発の熱意も、アタリマエのこととなっていく。
そして、もっと容易で、もっと綺麗で、より完璧な作業がそこらじゅうの町工場でアタリマエになっていく・・・・。
そうであってこそ、日本の自動車修理業界全体のレベルがあがっていくことになる​と思いますし、クルマ好きな人達が安心してクルマ趣味を愉しみ続けていくことができるのではないかと思います。
だから、これからの自動車修理職人は、ぼくがやってきたようなことを踏み台にし、むしろ、蹴っ飛ばすくらいであって欲しい。
「ああいう仕事は、どこでもアタリマエにやっていることだよー」、そんな日が来てくれることを願っています。
外観の見てくれよりも強度​やオリジナリティ​を重視し、万一のときにも可能な限り踏ん張ってくれるような、そんなボディ作りや事故車修理がアタリマエの時代となることを。
​そして、さらには、もっともっと個性的な仕事、一台一台が輝く作品のように仕上がっていく仕事、そんな時代になって欲しいと思っています。​



先日、オーナーさんに言われた​ことがあります。
『あの頃のヨシヒサさんは鬼気迫るものが感じられていましたよ・・・・。』
自覚は​ありませんでしたけど、言われてみればそうだったかもしれ​ません。
​そのように感じられたのは、それは、ぼくがクルマを直すという仕事そのもの以外にも​抱えていることが​他にも​​あった​からなのかもしれません。
でも、だからこそ、クルマに真剣に向き合おうという気持ちが高まっていたのだとも思います。
こういってはなんですが、いま振り返ってみて、​あの環境​下​でのベストは尽したと思います。
​完璧には至らなかったとしても、少なくとも持てる​限界まではやってみたつもり​です​。
​だからこそ、​ここまでやらせてくれたオーナーさん​を​​はじめ​、協力してくれた工場の仲間、社長には心から感謝しています。
​修理技術のパフォーマンスと、完成度をどこまで高めていけるのか・・・・、その挑戦、チャレンジであったと思います。
ときには、無理をかけたりしたこともあったと思います。
良くも悪くも、チャレンジするということの裏には、そういった側面も少なからずあるものなのかもしれません。
ですが、いずれにしても、人それぞれに、さまざまな思いをのせて、一台一台が仕上がっていくものだと思います。
このたび、約6年越しに、その結果が実り、幸運にもGTRマガジンという有名な専門誌に掲載していただけたのだと、そう思っています。
それは、読者の方々にしてみれば、たった一台のGTRのレストア記事であるかもしれません。
でも、このようなレベルのGTRを完成させるのに、裏で、どれほどの思いを積み重ね、またぶつけあってきたのか・・・・。
それは、GTRというクルマに惚れ込み、悩んだ末に作業を依頼し、海のものとも山のものともわからない職人と向き合ってこられた人でないと、その真意と価値のすべては伝わらないものなのかもしれません。
また、それは、作業を行ったバックヤードの職人達に対しても同じことだと思います。
オーナーがどれほどの思いをもってオーダーしてくるのか・・・・、その真意を理解するよう努力しなければなりませんし、そして、なによりも、その技術に価値を見出してくれているということを、もっと受け取っていく必要もあるのだと、そう思います。
つまりは、完成したクルマの背景にある、そういった見えない部分での「思い」の結実。
結果とは、そういうものであるように思います。



あとは、質実の充実したオリジナリティを追究している職人にバトンを渡していきたい​。
​いまは、技術の片鱗をネットで自由に見ることができるようになってきています。
そんな意志ある​職人達にとって、ぼくのサイトが、なにかしらの参考になればと思うものです。
そして、これからも、GT-Rをはじめ、クルマを愉しまれている方々に、せめて気持ちだけでも寄り添っていけたならばと思っています。
yoshi



Tuned by T.R
Power:718PS Trq:80kgm (Dyna Pack)
N1ブロック
純正クランク
ニスモF112メタル
Brian crowerコンロッド(I-beam)
HKS step2 鍛造ピストン(87Φ)
ARP コンロッドボルト
Tomei ガスケットキット
Tomei オイルラインオリフィス
Tomei オイルパンバッフルプレート
燃焼室加工(Hi-boost対応)
バルブガイド入れ替え
バルブシートカット
Tomei Procam 270°IN/EX
Tomei バルブリフター
バルブクリアランス
スペシャルバルブタイミング
点火時期
ポート研磨
Reimax オイルポンプ(対策品)
N1ウオーターポンプ
GCG GTX3582R タービンキット
800ccインジェクター(海外品)
燃料ポンプ(海外品)
BNR32純正イグニッションコイル
BNR32純正パワトラ
HKS F-con Vpro
HKS スーパーパワーフロー
ワンオフインテークパイピング
Trustインタークーラー spec-R (L=710mm)
ワンオフフロントパイプ
amuse R1チタンマフラー(90Φ)

【駆動系】
BNR34 純正ゲトラグミッション
Tomei 3.692ファイナル
ATS トリプルカーボンクラッチ
Nismo 純正LSD OHキット
Hicasレス

【ボディ関係 】restored by Mr.yoshihisa
ボディ3次元計測
レストア/補強/全塗装
サイドシル交換・1.2mm補強板追加
リアフェンダー左右交換
ルーフ交換
各部スポット溶接追加
フロントフレーム補強板(34用アウトリガー)追加
ルーフ補強板(34用)追加
前期ドア
NISMO 補強バー(トランク内リア)
リア周りフロア補修、軽量化

【足回り関係】
NISMO アーム/ブッシュ、フル交換
NISMO サーキットリンク
NISMO スタビライザー
NagisaAuto フロントアッパーアーム
クスコ ピロテンションロッド
クスコ リヤアッパーアーム
クスコ リヤトラクションロッド
MF-R 強化タイロッドエンド
OHLINS DFV(F:10k R:8k)

【ブレーキ】
Brembo Fr:F50(343mmRDDローター)
Rr:34後期(322mm)
Pad: ENDLESS MX72

【ホイル/タイヤ】
RAYS TE37 SL 2012limited 18inch 10.5j+22
ADVAN sports v105 (255/35/18)

【セキュリティ】worx auto alarm

上記スペック一覧:オーナーさんのサイトより引用させていただきました




                     【Special Thanks】

                     GT-R Magazine

                     hiro@R

                     
                                                    
Posted at 2016/01/25 17:35:55 | コメント(1) | トラックバック(1) | GT-R Magazine | 日記
2016年01月08日 イイね!

GT-R Magazine126 「レストアの意義」 Part1



【謹賀新年】
みんカラでつながりのある皆さん あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします  yoshi

さて、今号のGTRマガジンのメインテーマは「レストアの意義」となっています。
憚りながら、ぼくも少し登場していまして、ありがたい記念となる号となっています。
その記念の勢いでもって、あらためて書こうと思っていることもありますので、これから2回にわけて掲載していこうと考えています。

【レストアの意義・カナザワボディーリペア編】
まずは、カナザワさんのページから見ていきましょう。
ここで感心した言葉は、「手を入れたところは手術をしたところと同じで弱くなっていたり体力(強度)が落ちていたりします・・・」とカナザワさんが言っているところでしょう。
このようなネガティブな部分をサラって言えてしまうのは、円熟した職人ならではの言葉だと思うものです。
このページ全体を通して感じられてくることですが、そこにはハッタリや脅しがなく、ありのままの事実と現実、そして限界を表していると思います。
おそらく、カナザワさんのファンの人たちは、カナザワさんのそんなスタンス、自信あるのに自信満々でないところが素敵過ぎるくらいにカッコイイのではないでしょうか。
とかく経歴の長い、いわゆるベテランの頑固職人さんにありがちなことですが、権威的なといいますか、ある意味、ものすごく腕に自信がありそうな言葉の数々を聞かれた方も、なかにはいることでしょう。
そのような職人さんは、たしかに経験豊富であり、その頑固さゆえに確立された作業スタイルは職人芸の域となっているものかもしれません。
伝統も仕事においての大事な要素でしょうし、信頼の裏づけにもなるものと思います。
ですが、だからこそ、機器や材料は時代と共に進化していくものでもありますから、それにともなって技術も対応させていくことが、その時代のベストを尽すということになるように思うものです。
カナザワさんは、こう言っていますね。
「あれから8年が経過して、当時とは異なる新しい手法や対策術もあります。過去に仕上げたクルマを見せてもらって、その結果を踏まえ、手を加えたり調整して、あの当時よりも長く乗るためによりよい方法が提供できると思います」
カナザワさんが人気であり続ける理由は、このような謙虚で堅実な考え方、マジメな仕事の姿勢にあるのでしょうね。



「もし、ぼくもRオーナーだったら、カナザワさんにお願いしたいと思うくらいだな・・・」と、以前、職人を引退してからカナザワさんご本人に会ったときに冗談半分に言ったことがあります。
そのとき、多くは話しをしませんでしたが、同じGTR修理業でやってきた者として、どこか爽やかな気持ちの通じるようなところが感じられたものです。
Rオーナーって、それだけ熱い思いを秘めている人が多いものなんですよね。
大切にしたい、いいコンディションでありたい、カッコよく綺麗でありたい・・・
しかし、周囲から目立って、そんな思いを主張するようなことはなく・・・・。
そんなクルマにたいしての世界観が、ぼくが関わってきたGTRオーナーにも共通するところかもしれません。
それでは、最後にカナザワさんのこの言葉でしめていただきましょうか。
「わたしがGT-R専門と謳っているのは長く大切に一生乗りたいというオーナーの気持ちが琴線に触れ、その気持ちに応えてあげたいと考えているからです」
見事なくらいに、GTRオーナーの心にズシッと響くものがありますね。
(それにしても、カナザワさんって男前ですよね~)


【R32の定番となる病巣部位】
P19に掲載されていますR32の錆やすいポイント一覧は、まさにその通りですね。
オーナーさんにとって、とても参考になるものと思います。
つまりは、どの32GTRにも多かれ少なかれあてはまるということでして、たまにはチェックしてみるといいでしょう。
ちなみに、リヤワイパーベースの錆は、酷くなるとナットの取り外しができなくなります。
レストア等でリヤガラスを外すのには、リヤワイパーモーターを先に取り外す必要があるのです。
そうなると、その錆びて腐食した部分を削ったりして(つまり破壊して)リヤワイパーモーターをガラスから外すことになります。
もし、ワイパーのナットが腐食して外せないような状況になっているオーナーさんがいましたら、代替のワイパーモーターを新品ないし中古品でもいいので確保しておくといいでしょう。





【フードヒンジの錆*R33GTRに多い事例】
ボンネットヒンジは、その表面よりも、内部が酷いケースがありますので注意してください。
特にR33は重点注意箇所です。
年数が経過すると、パネルの隙間から入った雨水等によって内部パネルが錆びてくるケースがよくあります。
表面パネルはエアブローで飛ばすことができても、内部パネルばかりは仕方ないですね。
レストア計画で、あわせてみておきたい部分になるでしょう。
参考までに、かつて僕が行った作業の画像をつけておきます。






こんな感じです。
作業手順としては、切開、内部パネルの錆除去、縫合(切開の逆)という感じです。
仕上がりは切開跡のわかりにくい仕上げ、特許申請未定の「イリュージョンテクニック」になります ・笑・ハッタリかましてるかな・・・(^^)





【R33GTRの鬼門封じ*シーリングの前に対策】
純正仕様ではゴム剤でしっかりとシールしてあるのですが、それも経年劣化で収縮したりヒビ割れしていくもののようです。
そこから水分がパネルとパネルの隙間へと入っていき、いずれは年数を経て錆びが広がっていくのでしょうね。
そこで、錆の酷い箇所の分析を行い、シール剤の劣化を見越して、また、水分の流れを考慮し、ブレージング(ろう付け・金色)を行ってあります。
それは、一番やっかいな錆かたをするパネルとパネルの隙間や段差を滑らかに埋め、水分を外側へと流す設計となっているものです。
もちろん、33Rの純正仕様で当該部分に取り付けられている小さな補強板と同等のパネル板もご覧のように製作して入れてありますから、外観は純正仕様と変わりありません。
「安心してください、はいってますよ!」って感じでしょうか・・・(^^)
さて、さらにAピラー(ドア側)部分には純正仕様っぽいMIG溶接をあえてわかりやすく入れてあるのも狙いといえば狙いです。
ですが、そのような細かなことはともかく、一番伝えておきたいことは、錆対策として純正仕様以上にシール剤を充填して耐久性を向上しようとするにしても、まず板金作業の段階で、こういった錆対策をしておくこともできるということです。
そのほうが、後で行うケミカル的な錆対策よりも、より根本的、構造的な錆対策となりますよね。
ま、当時そんなふうに考えてやってみた作業です。





修理作品サイトへのリンクは以下になりますので、もっと見てみたい方はこちらをどうぞ。
Auto Repair Gallery *R33GTR錆修理→ http://www.yoshihisa-style.com/arg/026-11r33.html


            ******************




【レストアは下地が命・ガレージヨシダ編】
ガレージヨシダさんの電着塗装が今号でも取り上げられていました。
(ヨシダさん!がんばっていますね~)
まず、ぼくが思うことは電着以前の剥離作業、さらにその前提として「程度のいいボディ」であったということになるでしょう。
つまりは、今回のケース車両が事故歴や修理歴、大きな凹みや酷い錆が無いボディで行ったということです。
おそらく今後は、受注している作業車両においての板金作業や錆修理との兼ね合いがテーマであり、Gマガ誌面でも見せ場となってくるのでしょうね。
もっと程度が劣化しているGTRのほうが、たぶん多く流通していると思いますので、それなりに凹みや修理歴のあるGTRをどの程度あらかじめ板金作業で復元しておくのか、というところがポイントになるのではないでしょうか。
そして、その後、まさに電着塗装の威力発揮となるものでしょう!
もしくは、先に電着塗装を行い、それから板金作業を行うという流れももちろん考えられますが、できるならば先に板金を済ませておくほうがいいように、ぼくは思います。
電着塗装を使ったレストアで一番有効なのは、融雪剤や塩害等でパネルの隙間から腐食しているようなケースになるのでしょう。
といいますのも、塩害車両の部分的なレストアほどたいへんなものはなく、錆の取り残し、錆止め剤の入りきれない場所が多いからです。
ウエットブラストでフレーム、下回りを吹き付け剥離し、それから本体ごと電着層に浸けることによって、手作業でのレストアではカバーしきれない部分が改善される可能性があるように思います。
それでも今号で報告されていますように、フレーム内部や袋状になった部分には剥離しきれない、電着塗装しきれない部分や錆が残るような部分もあることでしょう。
しかし、ここでだいじなことは、けしてモデルケースの車両のような完璧さとはならなくても改善はされるということであり、手作業でのレストアの限界を超えることは確かなことだと思います。
いまはまだ見えてきていない電着を使った作業の組み合わせや、あらたな発想もいろいろと考えられるでしょうから、これからもヨシダさんの作業が楽しみですね。
日本には塩害で朽ちていくクルマが、かなりありますから、こういった作業が行えるということが、もっとポピュラーになっていって欲しいと思います。
(ハチロクとかも復活させたいよね~)




【夢*そのために望むことは・・・】
・熱い思いと腕のある職人が増えること
・製造廃止部品の復活と部品価格の値下げ
・おまけにガソリン価格の下値安定も
・さらには税金の軽減でしょうかね
・あっ、そうだ!高速道路も、もうちっと安くはならんかな・・・
・オービスも、あんまり意味ないんじゃないかな~ 撤去撤廃の方向で
・ついでに、なんの恩恵も優遇もない非エコカーオーナーにバラマキ3万円を・・

 ことしは選挙、こういった鼻先のニンジンに惑わされないようにしないとね~



Part2では、あの32GTRを特集します。
それでは、また~ yoshi

*******************************
Posted at 2016/01/08 20:25:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記

プロフィール

「GT-R Magazine 7月号「情熱 R 人生」 http://cvw.jp/b/2033345/41561707/
何シテル?   06/03 21:22
元自動車修理職人 . . . . Speed Groove... speedに溶け込んでいった感情
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.