• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

9911GT3stのブログ一覧

2018年06月14日 イイね!

カーグラフィック TV【2018年5月27日放送】  #1638「"奇跡"は2度起きるのか 最新のマクラーレンのへの期待 」

CGTV【2018年5月27日放送】 
#1638「"奇跡"は2度起きるのか 最新のマクラーレンのへの期待

登場車種:McLaren 720S Luxury
評価:☆☆☆☆☆★殿堂入り  
alt
感想:
新型ファントムのように、完璧すぎたモデルの新型は良くてあともう一歩ということがままあり心配していたので、合格点のようで一安心した.

日本では未成熟のマクラーレンブランド
ただでさえ恐ろしいと言われる下取りの低水準に拍車がかかったら目も当てられない所だった。

冷静な田辺さんにしては、憂いさえ感じさせるほどのドラマチックなバックミュージックに、メータークラスターの折りたたみと同時のカメラワーク・・・もうプロモーション以上のプロモーション映像。マクラーレン本国もあの映像買い取るべきだ。

カタログと広報の代弁から一ミリも出ない域の車番組もあって、あれこそ逆の意味でプロモーション映像に過ぎないが、硬派なカーグラフィック TVでは真の評論番組の内容に加えて、今回は田辺さんの特別な想いが滲み出た素晴らしい映像美だった。
冷たいほどの冷静さと客観性も見応えがあって好きだけれそ、たまにはこういう回があると面白い。

あの筋斗雲がビシッとフワつかずに制御されたような宇宙的なMP4-12Cの所作と比べると、新型の720Sは驚愕度合い13%落ちかな、、、とは予想していた。
でも田辺さん!あれ要る!?アルピナみたいで鷹揚過ぎて(それはそれは素晴らしい出来だが)少し飽きも感じそうだったんだけれど

20年以上前までのベンツの、水すましのような完璧な動きにも似ていて。

分かりやすい刺激は素人の低俗な欲求なのかもしれない。
ただ田辺さんの小さいけれど、鋭利なダメ出し(と読み取れた)とは反対の意見で、上の上澄み部分の刺激は一番嬉しい所で、これが無かったら買わなかったと思う。

得体の知れない凄いもの感や驚き、メカニズム的神秘性への崇拝という点からは、断然初めて12Cに触れた際のものが上だけれど、あれはスタートで、その角を鋭利に磨いていく過程で進化したのが720S、という意見は同じ.

段差を乗り越える時の華麗さは、720Sで一瞬あれ!?普通?となったことは確かだ。

* 評価基準

☆     閲覧回避  (基本的に無い)
☆☆    閲覧後削除 (再放送等)
☆☆☆   即HDD倉庫へ (展覧会取材等)
☆☆☆☆  2度見
☆☆☆☆☆ 3度見
☆☆☆☆☆★殿堂入り
Posted at 2018/06/30 12:43:26 | CGTV | クルマ
2018年05月26日 イイね!

GT3 RS 2018 with Mark Webber on the Nurburgring

マークウェバーによる美しい走り
どんな試乗記よりも説得力がある。
エンジンは基本的に前期型=991.1GT3RSと変わらない印象だが、吹け上がりの芯の太さ、硬質感が少し増したか。
GT3 RS 2018 with Mark Webber on the Nurburgring
Posted at 2018/06/30 12:48:08 | トラックバック(0) | 991GT3 | クルマ
2018年03月11日 イイね!

488pistaピスタ debut@Geneve2018

488pistaピスタ debut@Geneve2018直噴化以降V8はNAでも突き抜け感、硬質感がターボのようでいまいち・・・
alt

ハイブリッド前ラスト、ということなら488ピスタが大トリとなるか.
alt
エアロははっきり言ってランボルギーニ似でフェラーリとしてはピンとこないが、中身は相当煮詰めて来てるようなので期待大。
エクステリアは社内デザインになって以降、どれも限界来ていると思う。
458speciale→e

488pista→a
Posted at 2018/03/11 22:12:48 | 458spider | クルマ
2018年03月01日 イイね!

Mclaren 720S 1stインプレッション

Mclaren 720S 1stインプレッション総括:

オーナー目線でも悲しくなるくらいフェラーリ旗艦V12モデル(現行=812superfast)はおろか、ポルシェスポーツ部門の雄991GT3RSさえも霞む.

目移りしなくなる、上がりの車.

991GT3RSから実用性、GT的要素を取り除き、フェラーリからエンジン音を取り除いたもの。

逆にそれらが不要、経験済み、他で満たされるのであればもはや選択肢はマクラーレン以外ない。精度の桁が違う。圧勝.

持って生まれた輝き=運動神経、頭脳のずば抜け感がクルマの領域を超えている。

例えるなら電気の、血の気が引くような加速で新境地を切り開いたテスラモデルSの驚きを、ガソリン車で、且つその1.8倍くらい精度を高めてきた感覚。


競走馬の血統の如く、この世の物事全て生まれた瞬間からこれほどまでにも差があるという現実にただ圧倒される。

2ペダル化された事でGT3RSが多数呼び込んだ、ベンテイガ・991ターボ等オーナーら(の一部)、金満家達は喜ばなさそう、入って来なそうなホンモノ感がGood、現行2400オーバーの中では珍しくハードル低くはない、辛口.

これで刺激が足りないって言ってしまうと、それは刺激的な領域まで踏み込めてない・・・と自認するようなもの。
力量を問われ、常に試されている感じがする昔ながらのスポーツカー
alt
プラス評価:

劇的にスムーズ、自然、傾きがない=まさに車のガワの存在が消える

フェラーリの最新12気筒旗艦812Superfast、ポルシェのシンボル991GT3RSが「何それ!?車トカイウモノ?」と思えてくる、激しさと優しさの幅が宇宙並み且つその行き来が筆舌に尽くし難くスムーズ

ポルシェのターボエンジンは未だに絶対受け入れ難いが、脳天突き刺す刺激ととろける様な撫で越しの柔らかさを継ぎ目なく行き来するマクラーレンのターボエンジンは文句のつけようがない、こっちの方がいい。

RSを超える!!812と同等か僅かに上。技術の粋を極めるとはまさにこのこと。
技術オタク集団ポルシェ頑張れ、RS負けてるぞ!オーナーとして次回作991.2GT3RSに期待!

後方視界が格別に良好、加えて前方視界もそれ以上。
バイク乗りの方達とどこか通じ合うものがあるクルマ。
alt

慣れを要する点

電動シートのスイッチが物凄く感覚とずれる、運転中の操作で変更するのが絶望的、手が入れにくい
グローブボックスなし(正確にはなけなしの1個2個?)
ブレーキペダルが踏力を要する
ペダル類が、かなり足を伸ばした状態で踏ませるドライビングポジション

Posted at 2018/03/01 21:38:59 | McLaren | クルマ
2018年01月06日 イイね!

ヴェラール インプレッションIIー2000Km、Velar 1st Ed.V6 3L (debut2017.7)

ヴェラール インプレッションIIー2000Km、Velar 1st Ed.V6 3L (debut2017.7) 2017.7 DebutVelar
BMWエンジン搭載の第3世代レンジローバー(ヴォーグ、当時はスポーツがなかったため単なるグレード名)以来、約15年ぶりの衝撃的かつ革新的な出来栄えに、ただただ感激する.

その完成度はロールスロイスの最新車DawnRaithに勝るとも劣らず、991GT3RSをも凌ぐ程だ。


何より感嘆せずにいられないのは、手のひらの指の付け根から感じ取れる、緻密かつ自然なステアリングフィール、これと絶妙にリンクした車体の傾き、動き・・・どれも悪路を走破するために必須の微細なロードインフォメーション、操作性を車に与えることを任務としてきた
SUV専業メーカーだからこそ実現しえた乗り味、操作性だ。
加えて、乗り降りの際自動的に40mm下がる機能は見晴らしの良いSUVと乗り降りのし易さを両立していて使いやすく素晴らしい!ステップいらず。
alt
ベントレーベンテイガW12、ポルシェ カイエンターボ・GTS、同マカンターボ・GTS、メルセデスベンツG63、同GLE 、ジャガーF-Pace、ボルボXC90、レンジローバーSports.

ベンテイガ始め、全て現実的候補として試乗を繰り返した結果、今も、これからも何度でもヴェラールを選ぶと思う。

全てにチョイ乗り以上の比較試乗をして言えるのは、今本物且つ最新基準のSUV(自然かつ軽快なハンドリング・ドライバビリティ、乗り降り等扱いのし易さ、安全装備)が欲しいならヴェラールしかない!!


ベンツらしさが薄いGL系以外、上記SUVはどれも車としてかなり完成度が高く魅力的であることは大前提として。

alt
究極の悪路で安心感を備えた走りとはこういうものだ!と久々に再確認できるのは、人間の動態感覚に優しい(=入力に対するフィードバックの正確性と反応速度・態様の自然さ)ハンドリングとシャーシ設定の妙にある。

ランドローバー社、レンジローバーシリーズの中にあってヴォーグ、スポーツに次ぐミドルサイズSUVとして位置付けられるヴェラールだが、次男レンジスポーツと末弟イヴォークの全て良い所を併せ持っているから、はっきり言ってモデルを統合した方がいい、、、というかどっちも売れなくなるのではと心配になる。

燃費はガソリンV63Lモデルで都内一般道で8Km/l、高速10Km/l程度。

難点を挙げるとすれば、レンジローバーの最上位モデルVogueほどエアコン、シート関係のおもてなし装備が標準で備わっていない点ぐらい。

ヴェラールの最上位グレードであるオプション満載の1stエディションでさえ4ゾーンフルオートエアコンがつかないのには驚いたが・・・逆にそこらへんドイツ製は抜かりないから一般人受けするんだろう。

alt
しかし、そんなオモテなし類など、車の本質の出来栄えがこれだけ突出していれば全く問題にならない。

車で感じる最上のくつろぎは、無理に矯正された無音の揺れない空間=動く応接間では決してなく、心地よく調律された揺れと音=クルマの空間なのだと気付かされる。alt
初期ロット故の個体差かもしれないが、V6モデルの試乗車HSEだかSEのエアサスとは比べ物にならない程1stEdのシャーシは路面を緩やかに舐めるようで秀逸に感じられる。

シャーシ関係の違いはテレインレスポンス2とコンフィギュラブルダイナミクスぐらいなので、その違いか個体差かは不明。


もっとも、Velarのコンセプト自体の素晴らしさからどのグレードでも価格の数倍以上の価値があると思うので、一度乗ってみて乗り味さえ気に入ればグレード問わずお勧めしたい.

Posted at 2018/01/06 09:05:21 | LandRover | クルマ

プロフィール

I'm 9911GT3st. Nice to meet you.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

ランドローバー レンジローバー ランドローバー レンジローバー
Autobiography 2013.3〜 代々乗継いでいるが、先代BMWエンジンモデル ...
フェラーリ 458スパイダー フェラーリ 458スパイダー
2012.10〜 一時的にダブついていた中国向枠により、発注から5ヶ月という比較的短期で ...
フェラーリ F12ベルリネッタ フェラーリ F12ベルリネッタ
2014.7〜 本国発注後2ヶ月ちょっとで納車。 ずっと8ヶ月〜1年と言われた納期に買 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
991.1GT3 2013年12月都内PCにて発注、 2014年3月生産枠→5月納車予 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.