• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moro2014のブログ一覧

2018年12月07日 イイね!

スキー板のワックス剥がしとXBEEのスノーブレードリヤ用取り付け

スキー板のワックス剥がしとXBEEのスノーブレードリヤ用取り付けここ暫く続いている、寒くなったり、12月とは思えないくらい暖かくなったりの気温の乱高下。
ワイドショーで苗場スキー場の様子を映していましたが、まだ雪は無く、人工降雪機で作られた道のようなコースと思しきものがあるのみ。このような状況でありながら、今週土曜日にオープン予定とのことです。
この辺りでオープン時期の早い神楽スキー場でも同様な状況で、オープン予定が雪不足で遅れ、今週土曜から一部のコースのみでオープンの予定だそうです。

しかし、明日あたりから強い寒波が来襲し、北海道や日本海側で大荒れの暴風雪になる模様。吹雪・大雪になる可能性もあり、いよいよというかようやくスキーシーズン到来か(また温かくなるともいっているけど)という状態になりそうですね。
で、このようなニュースを見ていて、XBEEの冬支度はしたものの、スキーの準備を全くしていないのに気付きました。
あと少しで、近場のスキー場も全面オープンになりそうなので、最低限の板についてワックス剥がしを敢行しました。

1)兎も角、テレマークスキー用の板1枚と、これだけしか持っていないアルペンスキー用の板に、エッジの防錆とソールの酸化防止の目的で、たっぷりと塗っていたワックスを、剥がします。
先ずスキー板用アイロンを高温に加熱し、キッチンタオルで分厚いワックスを溶かしながら吸い取ります。そのあと、スクレーパーで削り落とし、金属ブラシ、ナイロンたわしで擦ってしっかりと余分なワックスを取り除きました。


2)更にシャープナーでエッジを整え、先ずは最低限必要な板のワックス落としが完了。ほぼ10年選手の板達ですが、幅などの形状、性能的にはスキー場でまったり滑るのには十分なので今シーズンもこれ中心で使います。


3)キャリアを取り付けてからまだ板を乗せて確認していないので、今回の2セットを乗せて見て、ガタ等無いか確認しました。




XBEEでは、まだいろいろな状態の雪路を走っていないので、先ずはスノードライブから楽しみたいと思っています。生活四駆と、電制AWDのKUGAや直結四駆のジムニーと比べて雪路での安定性がどのくらいのものなのか、走るのが楽しみです。

そして、XBEE用のリヤスノーブレードが入荷したと注文していたDラーから連絡が入ったので取りに行き、帰宅後通常のものと交換しました。

4)イエローハットに適合品が売っていなかったので、アマゾンで探したものの、互換品はちょっと怪しい(ジムニー用に購入したものは中国製で、品質が悪かった経験あり)し、スズキ純正部品だと販売価格が安くないのと、送料が掛かったり、入荷がクリスマス前後になると書かれていたので、Dラーで注文しました。10%引きで、こちらの方が安く購入できました。


5)通常ワイパーと交換しました。全体がゴムで覆われており、金属むき出し部分がなく、凸凹していないので雪の付着は少なくて済みそうです。取り付け後ウォッシャー液のふき取りを確認しましたが、拭き取りムラはありませんでした。




これで冬支度は完了です。
寒波が抜けた後スキー場の雪の状態を見て滑りに行こうかと考えています。
以前は土日しか出掛けられなかったので、車が動けないような大雪でもない限り、パウダー食いに出掛けていましたが、今は降雪の中滑る気にはなれないので、晴れの天気を狙って出かけることにしています。
椎間板ヘルニアはまだ完全に良くなっていないので、転んではいけないと医者に言われており、まだバックカントリーに出掛けられそうもないので、今シーズンもスキー場でまったり滑ってお茶を濁すことにします。
Posted at 2018/12/07 17:50:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月26日 イイね!

XBEEのワイパーをスノーワイパーへ交換

XBEEのワイパーをスノーワイパーへ交換本日も昼間は温かだったですが、明日は更に温かくなるようなので、中々季節が進まないなぁと思ってしまいます。
そのような状況ですが、やはり例年通りスノーワイパーを装着することにしました。

本日ディーラーへ行ってXBEEの異音対策をしてきましたが、作業に1時間程必要という事でしたので、その時間を利用してすぐ近くのイエローハットで冬用ワイパーを購入しました。

1)XBEE納車時に装着されているノーマルワイパーです。
Ford KUGAではフロントウィンドウに熱線が入っていたので、ワイピングしていて凍り付いても簡単に溶かすことが出来ましたが、ジムニーの場合は熱風を当てていてもだんだんと凍り付き遂には掻取れなくなる状況が多々ありました。XBEEでも同様と思われるので、掻取力の高いスノーワイパーに交換することにしました。


2)通常のワイパーをU字ソケットから取り外しました。そして本日購入した冬用ワイパーに交換します。


3)スノーワイパーを取り付けました。


4)雨の場合、スノーワイパーはブレードが固い分ウィンドウの曲面に沿いにくく、拭き残りが発生しやすい傾向がありますが、ウォッシャー液で試した限り1往復させると拭き残りが無いことが確認できました。




以上で、交換は終了。リア側はイエローハットで適合するものが販売されていなかったので、本日は購入できませんでした。後で、純正オプションを購入することになりますが、まあ、リアは普通のワイパーでも良いかな。
Posted at 2018/11/26 21:47:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月26日 イイね!

XBEEの異音への対応

XBEEの異音への対応登坂時アクセルを踏み込むと、カラカラとかチリチリと言う音が聞こえていましたが、平坦路でも音が聞こえるようになったので、先週ディーラーで技術の方に同乗頂き、音の確認をしてもらった結果、ノッキングではなく、ドライブベルト周りから発生している可能性があるという事で、関連部品を手配してもらいました。

本日、部品が入庫したのでディーラーへ行ってきました。
Vベルト2本、オートテンショナーユニット、アイドラプーリーがその部品となります。
キュルキュルと言う音ではないので、ベルトからの発生音では無いと推測されましたが、ベアリングもしっかりシーリングされているので、泥がはいったとも思えませんでした。
外した部品を見る限り、ベルト含めて泥付きなど無く綺麗で、目視や手でベアリングを回した限り部品の異常は認められませんでしたが、実際回る条件で調べないとわからないようなので、まだ無償修理対象期間のため、新品部品に交換しました。

1)ドライブベルトとテンショナーユニット、アイドラプーリーを交換しました。




部品交換後、再び技術の方に同乗して(今回運転は技術の方にお願いしました)頂き、音を確認しましたが、カラカラ音は消えました。
その後自分でも1時間程走行しましたが、今の所カラカラ音はしなくなりました。
ベルトは元々綺麗だったので、犯人はテンショナーユニットのプーリーかアイドラプーリーのベアリングから発生していた異音という事になりますが、ガタも出ていないので、テンショナーユニットのセッティング状態によるものなのかも知りません。
すっきり腑に落ちたとは言えない状況なので暫く、車内で音楽聞くのを止め、耳をそばだてて状況確認を続けることにします。
Posted at 2018/11/26 18:40:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月24日 イイね!

国土交通省が施行する予定の新チェーン規制

所有車がXBEEに変り、それに合わせたスタッドレスを履いての実質的なシーズン突入を前にして、国土交通省が”チェーン規制”の意味合いを変更した省令を12月上旬より施行すると聞いて、以前から気にしていました。
どうやら、2017年の鳥取で発生した大雪による大渋滞等、他にも近年大雪による大渋滞が複数個所で発生している現状を鑑みての対策のようです。

パブリックコメントを11月15日から11月28日まで募集中とのことですが、ここまで来ても、規制内容は概要だけで、具体的な適用場所も見えていないのが気になります。
冬期道路交通確保対策検討委員会が2018年2月から設置されているわりには不明点が多すぎ、動きも遅すぎると感じてしまいます。
パブコメ募集が終わってこれだけ短期間に施行される状況を鑑みると、決めた内容の施行ありきで、パブコメで皆さんの意見も聞きましたという事実を作るために行われているようにしか見えないのは私だけでしょうか。

また、一部マスコミや国土交通省の”チェーン装着車以外走れない”などという報道や発表を聞いて、混乱している人も多いようです。
内容的には、従来用いられた”全車両チェーン装着規制”が新施行省令では”チェーン規制”ということになり、従来の”チェーン”規制を道路管理者に”冬タイヤ規制”などへ変更するよう要請するという内容のようです。チェーン必要の有無は分かりやすくなるので良いとは思いますが・・・・。
新施行省令による”チェーン規制”下ではどの車もチェーンを装着していないと走行出来ないようですが、新たに標識を作り、指定された特定の区間で適用されるとのことです。

1)新たに作られる標識です。




過去に大渋滞が発生した一部の場所や、5%以上の坂などの限定された一部地域の新たに指定された特定区間から適用し、順次拡大するそうです。
国土交通省は、チェーンを履かないと進ませない、というスタンスではなく、本来除雪で全面通行止めとなるケースに於いて、除雪前にチェーン装着車のみ通行可とか、除雪完了後にチェーン装着車から通行開始し、そこから状況によってチェーン装着の規制を解除してゆくなどを想定しているとのことです。
いずれにしろ、ここまで来て適用される場所が明示されていないのには困ったものです。雪の状態によってはチェーンを装着するよりもスタッドレスの方が走りやすいという状況もあり、私の様に遊びに行く先で規制を受ける可能性があるというのならばともかく、そこで生活している人によっては大変困った規制になる可能性もあるので、規制適用時に適切な判断がなされることを望みます。

そして、首都圏ではどうなるのでしょう。ジムニーを所有していた時でさえ、都内に大規模な降雪があった時は外出しないと決めていました。これは、ジムニーは問題無く走行できるとわかっていても、降雪時に対する知識が乏しすぎる人や、状況判断力に欠ける人が、夏タイヤのまま出掛けて、結果的に引き起こした渋滞や事故に巻き込まれたくないからでした。
都内では”全車両チェーン装着規制”は不要(規制したら大混乱を引き起こす可能性さえあり)と思いますが、夏タイヤで走ってスタックや事故を起こす困った人たちが減るよう処罰付きの”冬タイヤ規制”をしてもらいたいとは思います。
因みに今回の”チェーン規制”は道路法46条に基づいているので、違反車両には6か月以下の懲役や30万円以下の罰金が科せられる可能性がある(道路交通法の反則金制度は適用外)ので注意が必要とのことです。
規制状況告知がリアルタイムで運転中のドライバーに適正に行えるか等疑問等多々ありますが・・・・。
Posted at 2018/11/24 11:27:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月20日 イイね!

XBEEの緊急用予備スタッドレスタイヤセットを追加で購入しました

夏タイヤと同様、予備のスタッドレスタイヤセットを1セット作る為、タイヤ屋さんとディーラーでスタッドレスタイヤと純正ホイールを購入しました。
純正ホイールについては、XBEE用純正ホイールをスズキに納入しているメーカーが1社だけでないため、その仕上がりに違いがあり、並べると違いが判ってしまうので、現在履いている現物を見て確認してから購入した方が良いというディーラーの忠告に従って、実車を持ち込み確認のうえ注文しました。納入メーカーはホイールの裏にある刻印でわかるそうです(部品番号が一部違うのでそれを見ても判るそうです)。

先のブログでも書いたように、緊急パンク修理キットでの雪中修理はとてもじゃないけどやる気が起きないのと、テンポラリータイヤは駆動輪に使用できないので、パンクしたタイヤの場所によっては、二度の交換が必要で、これも雪中では嫌だし、何よりテンポラリータイヤを履いたまま長距離走り続けると、ロータリーブレードカップリング(ビスカスカップリング)にダメージを与える可能性がある(後輪も駆動状態のまま走行が長時間続くと、カップリングの内臓オイルが発熱で劣化し、最悪故障となるらしいのです)ため、雪中の林道走行はするつもりがないけれど、夏タイヤと同様予備を1セット積んでおくことにしました。

実際に履くと、ミシュランXI-3+と比較しiceGUARD6の方が、フニャ感が大きいので、もっとしっかり感が欲しいなどとタイヤ屋さんで話すと、既にジュネーブモーターショーで発表済みのオールシーズンタイヤ”ブルーアース4S”を紹介されました。今履いている夏タイヤを交換するときは、これの選択はどうですかとのことでした。
店頭ではすでにディスプレーされていますが、まだカタログ等は無く(XBEEに適合するサイズはラインアップされているとのことです)、発売日も未定とのことですが、夏タイヤ履き替えのタイミングで検討の一つかなと言う感じです。
オールシーズンタイヤと言えば、国内では現在グッドイヤーの”ベクター4シーズンズハイブリッド”が独占状態ですが、” ブルーアース4S”は冬シーズン寄りとのことなので、今後更にスキーへ出掛ける回数が減るようならば、チェーン携帯という条件で、あり得るかなと思いました。

1)まだ発売されていないとのことでしたが、既に展示されていました。


2)パターン形状はグッドイヤーの”ベクター4シーズンズハイブリッド”と似ています。


3)サイドウォールにはM+Sの他、スノーフレーク記号も刻印されているので、高速道路でのチェーン規制(全車チェーン装着規制ではなく)なら適合となっています。ゴムの硬さはスタッドレスタイヤの様に柔らかくなく、通常の夏タイヤと同じ感じです。これなら高速道路も違和感なく走れそうです。




それでは、今回組んでもらったセットをラゲッジへ放り込んでおき、予備タイヤとして使用することにします。

4)新たに純正ホイールに組んだスタッドレスタイヤはXBEEのラゲッジに次回の夏タイヤ交換まで入れっ放しにしておはます。ゴムの匂いは気になりますけど・・・・。




本当はKUGAで使用していたミシュランのX-ICEを履きたかったのだけれど、合うサイズが無いため、エクスプローラーとジムニーで履いていたジオランダーでのつながりでお世話になっているタイヤ屋さんでiceGUARD6を購入しました。
フニャ感は、X-ICEと比べるとそれなりに大きいですが、まあ、こんなものかなと言う感じです。XBEEの性格を考えると、高速でぶっ飛ばすということは無いので、許容の範囲です。

それにしても、X-ICEに合うサイズが無かったのが残念。
氷上性能が悪い、スタックしたなどと言われることがあるX-ICEですが、XI-2、XI-3と3台のKUGAで使ってきて、周りに立ち往生している車が多数あっても、滑って困ったとか、坂道を上れなくなったことなどは皆無だったので、必要十分な雪上・氷上特性があるうえに、路程の9割近くがドライの高速道路走行となる都内在住の私とKUGAの性格には高速走行安定性がベストマッチのスタッドレスタイヤでした。
滑り出す速度域が低めでも滑り出しが穏やかなので、サンデー&サタデードライバーの未熟な運転技術の私でもリカバリーしやすいタイヤでした。

5)XBEEが納車されたのは3月初めだったので、雪道はまだ数日しか走れていませんが、iceGUARD6ではドライ路面での高速走行が多少不安定になるものの、スタッドレスタイヤとしては十分な安定性があると感じました。




iceGUARD6は、3月初めに履いてからまだ数日しか雪道、アイスバーンは走れていませんが、滑り出しはX-ICEよりは速度域が高いものの、急に発生する感じがしますが、ゆっくり走ると肝に命じて走れば問題はなさそうと感じました。
2年ほど前までは、仕事のストレス発散の意味もあり毎週スキーに出掛けていましたが、椎間板ヘルニアになってからは、テレマークスタイルでの滑りがしにくくなったこともあってかなり減ってしまいました。

今後はアルペンスタイルに変えるなりして、回数が相当減っても老骨にムチは打たず、まったりとは続けて行きたいので冬タイヤは、まだまだ必要ですね。
Posted at 2018/11/20 13:23:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「スキー板のワックス剥がしとXBEEのスノーブレードリヤ用取り付け http://cvw.jp/b/2154124/42270780/
何シテル?   12/07 17:50
moro2014です。よろしくお願いします。 今までは、フォードクーガと、林道での遊び道具として、近場の買い物の足として、スズキジムニーに乗っていました。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

JAOS マッドガードⅢ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/25 00:29:08
KUGA Morning Cruise 5th at Mt.Fuji Return にXBEEで参加しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/21 21:44:54
CCAテスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/13 21:28:29

お友達

今度のメイン使用車となるクロスビーは、色々な情報が巷に出てくると思います。皆さまとお友達になって、色々情報交換させて頂ければと思います。

33 人のお友達がいます
グゥマッハグゥマッハ * ブルーベリーなカーライフブルーベリーなカーライフ *
パッピィパッピィ * くまモンNo7くまモンNo7
波乗り整備士波乗り整備士 がっちょ!がっちょ!

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ クロスビー スズキ クロスビー
小型で楽しい車を探していたところ、新たに発売されたクロスビーを見て気に入り、乗ったら楽し ...
フォード クーガ フォード クーガ
フォード クーガに乗っています。 フォードのSUVは2000年の初期型エスケープ(V6 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
過去所有のエクスプローラーのサブとして購入しました。高速道路走行、渋滞時走行を想定してA ...
フォード エクスプローラー フォード エクスプローラー
初期型クーガから乗り換えました。 販売を知って、スタイルを見て、これしかないという気持ち ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.