• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MakotoExigeのブログ一覧

2018年08月11日 イイね!

恐らく14年間放置されてきたブレーキ。。

恐らく14年間放置されてきたブレーキ。。
2004年式S2000、下回りがサビサビ状態であることは以前のブログで紹介しました。


スパ、ニュルと走ってきた感想は、さすがホンダのレーシングDNAが注入されたクルマであり、開発エンジニアたちの開発哲学やコダワリも伝わってきて感心させられました。(いろいろYoutube見ながら洗脳?されたかも-笑?)


ところが、ブレーキが甘すぎる、とおもっていた。。。新品レースオイルいれたにもかかわらず。


帰ってきてあけてみると、この通り。。。。。





リアキャリパー内側外部、両方のピストンのさびが特に醜い。おまけに押し戻しにスゴイ力いが必要だったので、グリスも賞味期限切れか。

パッドはすでに全輪終わっていた。

14年間の整備記録を見る限り、一回もパッド交換されておらず。ということは新車以来キャリーパーあけたのはこれが初めてか?

これはオーバーホール必須だな。新品キャリパーにするか?


とりあえず、パッドはFerodoのDS1.11(レース用パッド)を入れることにした。

コイツのいいところは低温からばっちり効き始めること。そして鳴かない。
ExgieではPFCのレースパッドを入れてますが、こちらも低温から効き始めるが、鳴きまくる。



オイルあふれそうになっているし(笑)。スポイトでMAX値までぬいときました。



Type R!
赤文字ってのがイイ。Civic Type R用の純正シフトノブ。
やっぱりボールタイプがシフトチェンジしやすいし、できるだけExigeと同じフィーリングにする予定。




Happy Lotus and Honda days!
Posted at 2018/08/11 17:12:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | S2000 AP1 | 日記
2018年08月07日 イイね!

S2000の開発故郷 -Nurburgring Nordschleife

S2000の開発故郷 -Nurburgring Nordschleife
Spaの翌日には、S2000の開発生まれ故郷である(?)ニュルへ行ってきました(というより19年ぶりでS2000を帰省させてあげた、といったほうがよいのかもしれない)。

私は今年初ニュル。3ラップしかできなかったが最後に走ったのが去年の10月なのでほぼ8か月ぶり。

ホンダのNSXはニュルでシャシー、サスペンションの開発が進められたことは有名ですが、S2000も同様の開発過程をたどった模様。

S2000はニュルで生まれた?、といってよいかもですね。

先ずはこちらの映像。



クルマに十分慣れていないのとノーマル足ということもあり、結構怖かったが、2004年製で14年たってもまだバリバリいける。

今更ながら、S2000のポテンシャルの高さがわかった気がする。

さすが、ニュルで開発テストされていただけありボディー剛性の高さはシロートの私でも感じる。

ホンダはこんなクルマを20年も前にだしてたとは!

たまたま2004年製にめぐりあい、今になってわかった、当時のホンダの凄さが。



そして、今更ながらS2000オーナーの方はすでにご覧になっている方も多いと思うが、

黒澤元治氏、開発ドライバーのプロトタイプでの走行。



プロは全然違うな。


19年前の黒澤氏ドライブのプロトタイプ、私のAP1からの改良シャシー、タイヤ新品AD08Rで、コーナリングスピード、その後の直線スピードが全然違う。。。。

プロの腕はやっぱ半端ではない、というのがとってもよくわかりました(笑)、またクルマの限界性能の高さもわかった。


あとはドライバーの腕か。。。。




Lotusのいない現代F1なんかつまらないと思いながら、急にHonda F1、応援しちゃったりして(笑)。

Happy Lotus and Honda days!


Posted at 2018/08/07 17:04:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | S2000 AP1 | 日記
2018年08月04日 イイね!

S2000 vs. Spa Francorchamps

S2000 vs. Spa Francorchamps
さっそくS2000をサーキットで試してみました。

場所はSpa Francorchamps。
気温30度。アツい。

仕様はタイヤがAD08R以外ドノーマルで、さすがに純正ダンパー&スプリング、ブレーキでは物足りないモノを感じるが、やっぱFRは面白い!

エンジンがイイ。
ボディーバランスがイイ。
でも、重すぎる。。。。


当日のベストは3:10.45、Exigeのベストは気温-4°で2:53.69なんで17秒も遅いが、このクルマの良さはやっぱり、その9000RPMエンジンとサウンド、そしてハンドリングだと思うなあ。

ようやく動画編集完了。
こちら↓








今後足締め上げて、軽くしていって、空力まで手を加えたら相当面白くなりそうですね、コイツ。。。

なんかヤバい予感がする(笑)。

この翌日ニュルにもいってるので、後日アップします。

Happy Lotus and Honda days!

Posted at 2018/08/04 18:49:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | S2000 AP1 | 日記
2018年08月03日 イイね!

S2000 AP1 足回りのサビ具合を見てみる

S2000 AP1 足回りのサビ具合を見てみる
先月UKから持ってきたS2000。

オイル交換のためにジャッキアップし、下回り、足回りのサビ具合を改めて診断してみる。

購入時に予め下回りにサビが出ているのはわかっていたが、ここまで進行していたとは、想定外。

鉄製のウイッシュボーンは勿論、サブフレームの一部、シャシーの一部、エンジンルーム内の一部、足回りパーツのほぼすべてのパーツがさびている。。。


前オーナーは60代の紳士でセカンドカー、ガレージ保管と聞いている。
恐らく初代オーナは通勤にも使っていたと思われる。UKは雨が多く、おまけに冬には塩まいた道路も走っていた可能性は高いと思われる。






ウイッシュボーンはショットブラスト+パウダーコートするとして、それ以外のパーツは全てレースパーツに交換予定。サビはRust-converter(塗ると黒くなる液体)処理、できるだけはずせるパーツは塗装してゆきたいと思います。 その工程はこのブログにて報告してまいります。




しかし、このオイル、どこから来たんだ?
S2000先輩でお分かりの方ぜひご教示を。
フロント下部からリアまで行ってる。両サイド同じ症状出てます。


Happy Lotus and Honda days!
Posted at 2018/08/03 04:45:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | S2000 AP1 | 日記
2018年07月10日 イイね!

S2000 気になるヨーロッパでの中古相場

S2000 気になるヨーロッパでの中古相場
私が最近、買った、S2000。

エンジンを買ったのか、クルマを買ったのか、いまでも答えが出ない。

確かにMR2時代にS2000にサーキットでぶっちぎられたり、ついていけず、いつの間にか憧れのクルマになっていたのは確かである。

そのスタイリングは必ずしも私の理想系であるリアミッドマウントエンジン系デザインでないが、FR車としてはまあカッコいいという部類には入る。

やはり、私はF20Cエンジンがほしかったのだと思う。その9000回転、VTECサウンド。
のってるシャシーがたまたまFR駆動のS2000だったということだろうか。



フロントミッドマウントエンジン、50・50ウェイトバランス、FR駆動、Rev limit 9000RPM =なんともかりたてられるものがある。同フロントミッドマウントFR駆動のBMW3シリーズより全然面白いことは断言できます。

エンジンもシャシーもいずれも専用設計。しかしホンダ、今になって分かってきたが、よくこんなクルマ作ったよね。

なにかしらの価値を認めているひとたちがいるから、S2000の中古相場は日本では下がっていないのか。その価値とはいったいなんなのか。それとも、単純にほかにオープンツーシータスポーツの選択肢がすくないからか?

それはここ、欧州でも同じなのです!

むしろ最近のクラシックカー、ヒストリックカーブーム、いや、S2000もモダンクラッシックカーブームに乗ってS2000中古車相場は上がっているのか?

イイ出物はネット広告あっという間に消えてしまいます。。

Lotus Exige S1相場は希少価値もありむしろ上がっている。S1 Eliseの中古相場も下がっておらず、むしろ上がり傾向、S2 Exigeも全く下がる気配を見せていない。

ちなみに、私がS2000購入したイギリスの中古車屋さんにフェラーリF355があって、これがなんと、オーストラリアで売れたらしい。。。その価格はGBP75000(約11,250,000円)で10年前はほぼ半値だったそうです。輸送費かけたら、スゴイ値段になりそうすが。。。

S2000欧州での相場はというと、高走行AP1は価格低い、低走行でも比較的低いながら、AP2(といっても欧のみF22Cは搭載されておらず、F20Cのまま)の相場は日本同様に高くなる傾向にあり。


もうばらしちゃいます!

私が最近購入した2004年式 AP1 130型(F20Cエンジン) 60000kmは

13,725ポンドで購入。約206万円。(これはUKでの相場価格で、特別に高くも安くもないです。)

AD08R新品付。改造一切なしのどノーマルで全オーナ―さんは60代の英国紳士らしい、ガレージ保管。サーキット走行の形跡なし、ホンダディーラの新車納車から定期メンテ全記録付(これまたメンテ記録追っかけるのがたのしいんだな、)。


だいたいの同年式、同走行距離で各国比較すると、

日本の場合、カーセンサーで検索 約290万円前後、

ドイツの場合、なんと370万円前後!


時間ある方は、参考ウェブサイト、こちらをご覧ください。Lotus、Race carもあります。
GBPポンド表示は150掛け、EUR表示は130掛けでだいたいの日本円になります。

(Mile表示は1.6掛けすればKmになります)


英国の場合。(相場は欧大陸、日本と比べ格段に安いです)

Ebay UK
https://www.ebay.co.uk/sch/i.html?_from=R40&_sacat=0&_nkw=s2000&_sop=10

Pistonheads UK (Lotusはもちろん本格的Race carも売りに出てます)
https://www.pistonheads.com/classifieds?Category=used-cars&M=368&SortOptions=Mileage


欧州大陸の場合(ドイツ)。(相場は相当高くなります、日本より高いかも)

https://suchen.mobile.de/fahrzeuge/search.html?cn=DE&damageUnrepaired=NO_DAMAGE_UNREPAIRED&isSearchRequest=true&makeModelVariant1.makeId=11000&makeModelVariant1.modelId=18&pageNumber=1&scopeId=C&sortOption.sortBy=searchNetGrossPrice&sortOption.sortOrder=ASCENDING

いかがでしょうか。UKでの価格が比較的低いのがお分かりになると思います。

てなわけで、右ハンドル全く問題ない私は当然UKから購入というなるわけです。
さらにGBP相場はEURに比較して安値推移してますし。

ちなみにExige はUK仕様右ハンドル車をドイツで購入したので、比較的安く入手できました(右ハンドル車は長く買い手がつかなかったようです)。

というわけで、最近私のExigeも軽量化チューンにはまってますが、サイフの軽量化も急激に進んでまして(笑)、いい買い物ができた!と自身納得させてます(笑)。


今後、この相場上がってゆくのか、下がってゆくのか、投資目的で買ったわけではないが、見てゆきたいとおもいます。


では、Happy Lotus & Honda days!
Posted at 2018/07/10 07:25:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | S2000 AP1 | 日記

プロフィール

オランダ、アムステルダム在住makotoです。 2014年5月にExige S2 UK仕様をドイツにて購入。 2018年6月にS2000 UK仕様をUKにて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
通勤用。 週末はExigeです。
ロータス エキシージ ロータス エキシージ
オランダ、アムステルダム在住makotoです。 2014年5月にExige S2をドイツ ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
AP1 130型 UK仕様 2004年  Moonrock Metallic 購入時60 ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
MR2最終系V型のNAです。 最初はいじるつもりはなかったのですが。。。。 いつの間にか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.