• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たまさののブログ一覧

2018年11月04日 イイね!

2018ビギナーズジムカーナin筑波 最終戦

早いもんで2018年のカレンダーもあと2ページ。
全6戦続いたビ筑もいよいよ最終戦です。

2018年ビ筑公式カレンダーの5月(だったかな?)に載ってる人。
たまさのです。(←追記:3月でした)

会社のデスクに置いてるから確認できないけど、そのカレンダーももう残り2ページと思うとちょっぴり残念・・・
(ビ筑公式カレンダーは前年度のシリーズ入賞者の写真が入ります)


・・・いやいや、今年が終わるなら来年のカレンダーに載ればいいじゃない!
というわけで、シリーズ最終戦前のポイント状況は・・・?

■ビ筑SF2クラス シリーズポイント
1位:BR乙(63pt) 5戦 優勝確定
2位:DLスバルBRZ(42pt) 4戦
3位:maasa選手(39pt) 3戦
----------------------------
4位:ロドンパ選手(36pt) 4戦
5位:たまさの(32pt) 4戦
以下略

(ビ筑シリーズは全6戦中、有効5戦分のポイントで決定。同率の場合は上位入賞回数の多い方)

2位入賞はかなり困難。
3位滑り込みを狙うならmaasa選手、ロドンパ選手より上位かつ順位差が必要と、こちらもかなり困難ではありますが、不可能ではないレベル。
地味に毎回4位、5位あたりでポイントを貯めてきた甲斐あって、ちゃっかりこんなポジションにいたりしたのでした(笑)

他の人の順位なんて自分がどーこーしたところでどうしようもないので、とにかく優勝の20pt獲得を目指して頑張るしかありません。

まずは前日練習会。
秋も深まって肌寒くなってきたというのに、提示されたコースは



「汗かきコース」

寒さに負けず暖まれよというオフィシャルの優しさを感じるコースですね!(違)

スタート直後からのテクニカルはあるものの、比較的高速レイアウトなFR有利のコースのような気がするこのコース。
エイトの高速コーナリング性能とパワーを生かしきれれば、ライバルのBRZ、ロードスター軍団よりも有利に立てる可能性もワンチャンあったり無かったり?
いつに無くライン取りに頭を悩ませながら作戦を組立てて、いざ実走。



ターンがいつになくへっぽこなうえ、最終スラロームはホイールベースの長いエイトにはかなりキツい。
ちょっと前に柔らかめに変更したスプリングの影響なのか、サイドターンのタイミングが合ってない感じでしょうか。ヨーが立ち上がる前にロックしてしまっていてターンが出来ないような感じ?
さらに接地性が良くなったのかスライド開始してもアクセル介入が遅いとすぐ引っかかって止まるような感じもあり、今までと同じタイミングでは思うように車が動いてくれません。
(かわりにタイヤがしっかり路面にくっついてる感はあるのですが)

なんとかターンのタイミングを修正したいところでしたが、体に染み付いてしまった経験をあっさりリセットできるほど器用ではないたまさの。
ブーンっと突っ走ってはつんのめり、クラッチ蹴りで誤魔化してドリフトもどきの走りで誤魔化すという、なんか以前にもあったような状況は見た目は派手なんだけどそうじゃないんだよー・・・(^-^;)

それでも高速セクションをガンガン踏んでいったおかげでタイムとしてはまずまずの結果。
高速セクションの攻め方だけは間違っていないはずという自信だけを頼りに本戦に臨みます。


そして迎えた本戦。
2018シリーズを締めくくる大トリはこちら。



ハイスピードはより長く、テクニカルもあるけどそこまで細かくないってことで、またしてもエイトに若干有利なレイアウト。
ターンのキレに不安はありますが、高速セクションで稼げる分、そっちは抜かりなくしっかり抑えていきたいところ・・・

作戦とエイトの性能がマッチしたのか、練習走行ではなんとかギリギリトップタイムでのゴール。
クラスメンバーにプレッシャーを与えつつ、それを超えなければという自分へのプレッシャーも感じながらの本番一本目。



中間までの高速セクションで稼いだ甲斐あって、テクニカルで多少つんのめったものの逃げ切りトップタイムでゴール。
正直自分でもなんであんなパイロンから遠いターンなのにトップタイムなのかちょっと謎(笑)

でも、ターンがしっかり回せればまだまだタイムは縮められるという分かりやすい改善点も見えてるので、2本目できっちり修正してさらなるタイムアップを狙っていきます。

優勝逃げ切りをかけた2本目。



トップタイム更新!
なんであんなに引っかかりまくってるのにタイム縮んでるの?w
なんかもう良くわかりません(´・ω・`)

そして続く後続メンバーの走行が終わって聞こえてきた実況は・・・



「SF2クラス、たまさの選手が暫定Winnerとして走行終了となりました!」







!!!



なんとまさかのSF2クラス昇格後、最終戦で悲願の初優勝Getです(・∀・)!

そして、累計52ptとなったたまさの、滑り込みで2018シーズン3位に滑り込み入賞!!
やってやりましたよ!!!






・・・と、喜ぶべきところ・・・んでもって勝っておいてこんなん言うのもアレなんですが、正直あまり「してやったり」感がありません(´・ω・`)

勝てるタイムはしっかり出した。でも自分ではなんか納得いく走りじゃない。
そしてなによりランキング争いとなるはずだったmaasaさん、ロドンパさんが不参加だったこともあって、シリーズ3位を勝ち取ったって感じよりも、掠め取ったという感じがして煮え切らない感じなのですよ(´・ω・`)
だってあの人達ホント速いし、いたらどうなっていたか分からないんだもんw

いや、一応今まで全然敵わなかったトップ組のBRZ 2台に生タイムで勝ったっていう事実は嬉しいんですが、自分の実力だと胸を張って言える走りだったのかなと不安っつーかなんつーか・・・(^-^;)


まぁそんな自分勝手なことあれこれ考えても今回一緒に戦ったメンバーに失礼なのでドヤ顔しときますが(違)
勝負は時の運と言うし、全部ひっくるめて勝ちは勝ち。
あんま気にしてもしゃーないので深く考えないようにします。

ランクイン阻止できなかった人達はとりあえず来年のビ筑公式カレンダーを見て悔しがってください(開き直りすぎ&現時点で載るかどうか不明。つーか本当にシリーズ3位でいいんだよね?)


と、いうわけでちょっとモニョりましたが2018ビギナーズジムカーナin筑波シリーズも無事に終了。
クラスを上げての厳しい戦いの中で色々と得るものも沢山あったと思います。
来年の参加クラスはどうしようか悩むところですが、ビ筑イベントはまだフェスティバル戦も残ってるし、走り納めも来シーズンの開幕もまだまだ先。
時間はたっぷりあるし、色々考えてみようと思います。

一年間同じクラスで戦ってくれたエントラントの皆様、運営してくれたオフィシャルの皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m
また来シーズンもよろしくお願いしますね!

ではまた筑波ジムカーナ場でお会いしましょう!


※余談つーか宣伝
なにやら来シーズンはビ筑とは別に「超ビギナーズジムカーナ」的な本当にビギナー向けのイベントも併催するようです。
このブログ記事を読んで「こんなコース、ビギナー向けイベントじゃねーよ!」と感じていた方も多い・・・というか全員じゃね?と思っていたりするんですが、そこにオフィシャルもとうとう気付いたようです(笑)
(自分的には「こんなコースを完走してやったぜ!」的な順位とか関係ない達成感は得られると思うのですが)
全日本ドライバーからの指導やら車のセットアップやら色々とサポートもあり、富士スピードウェイでの開催も検討中とのことなので、この記事を読んで興味が沸いた方は是非参加してみてください。

これをきっかけにジムカーナ人口が増加してくれることをいちエントラントとして期待します。
Posted at 2018/11/05 00:20:24 | コメント(8) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2018年10月23日 イイね!

白サバカップ(LINKサーキットフリー走行)

朝夕の冷え込みが厳しくなってきました。
毎年言ってるけどエンジンには嬉しい季節。
・・・対して中の人には厳しい季節が徐々に訪れて来ています。(暑いのも寒いのも苦手・・・)

一足早くジャパニーズトラディショナルホームヒーターKOTATSUを出しました。
こたつから手の届く範囲で生活が完結できるたまさのです。


今日は馴染みの某店の定休日である火曜日。
ってことで、白サバンナ170Styleさんほか、常連さんチームでLINKサーキットのフリー走行に突撃してきました。
会社サボっての車遊びとは・・・まったくけしからんぜ!(最高です)



何度か定期的にやってるらしい「白サバカップ」(勝手に言ってる)ですが、ここ最近は仕事も落ち着いてきてて、有休も結構自由に取れる感じなので今回は問題なく参戦。
2年ぶり、2度目となるLINKサーキットですが、相変わらずキツい傾斜と狭いコースで、まるで峠道みたいなサーキットにちょっとビビります(^-^;)
まぁホームストレートから後の連続ヘアピンはエスケープもあるし、案外安全といえば安全なんですが、やっぱこの高低差といい、最終コーナーの迫力は2度目とはいえやっぱ怖いっすよ・・・

とかいいつつ、使用タイヤは練習用Acrova。
こないだのTKGでいい感触だった街乗り用ミシュランでも良かったんですが、なんかこのコースだと盛大に削れそうだったんで、あくまで街乗りのミシュランは温存。
Z3は勿体無いから絶対サーキットでは使わないw
あれはジムカーナ本番用なのです(´・ω・`)

タイヤがしょっぱいとはいえ、デフやらなにやらの仕様は以前から変わってるし、腕前的にも成長している・・・と期待して、前回Z2☆で出したタイムくらいは狙っていきたいところ。

・・・そしてなにより、マシントラブルやらなんやらで今まで一度もご一緒できていなかった白サバさんのFCとの新旧ロータリー対決がようやく実現。
昭和ターボ対平成NAの因縁の対決に期待は高まります。
適当にフリー走行を楽しんで暖まってきたところで、いざバトル開始!

たまさののタイヤもアレなAcrovaですが、白サバさんのタイヤもPotenza S001。
どちらもトレッドウェア280で性能的にはほぼ互角(トレッドウェア≠グリップ力ではないとは思いますが)
カタログ馬力もほぼ互角とはいえ、やはりターボのトルクと軽い車体の加速は強力で、ストレートでは思うようについていけません。
しかしエイトの高性能ABSと車両バランスのおかげで突っ込み勝負はこちらが優勢。
まるで某豆腐屋マンガのようなターボvsNAの攻防戦が繰り広げられました。


バトル動画4周、最後にベストラップ1周の構成。

なんとか最後まで食らいついていくことができたってことでたまさのの勝ちでいいよね?w

それにしてもブレーキングのたびにタイヤの白煙を上げながら曲がるFC。
ABS任せのたまさのには出来ない芸当ですわ・・・
やはり白サバさんも変態ですね☆

バトルも楽しかったですが、そのイキオイに乗ってベストラップもちょこっと更新。
多少狙っていたとはいえ、実際更新できたとなると結構嬉しいw
リンクサーキット上級者と言われる(らしい)1分切りにはギリギリ届きませんでしたが、いいタイヤ使えば十分切れそうな気もするし、なによりZ2☆のタイムをAcrovaで塗り替えられたというのはなかなかの収穫でしょう。

・・・ただ、アホみたいに突っ走ってたおかげでブレーキは見事に黒コゲw
せっかくの耐熱塗装でキレイな赤だったキャリパーが台無しになってしまったのは痛恨の失態です(^-^;)



やっぱこのコース、ブレーキきっついわw
まぁ遅かれ早かれこんな使い方してれば塗装なんてダメになるのは当たり前なので、気にせず次回のキャリパーオーバーホールの時にでも塗りなおそうと思います(´・ω・`)
車体のキレイさはたまさのの譲れないこだわりなのでw

とにもかくにも充実した有休消化でした。
平日にも関わらず集まった某店の常連さんチームもおつかれさまでした。
またそのうち走りに行きましょう。



来週末はビ筑の最終戦。
ジムカーナパッドに付け替えて、最後の戦いに向けて気合入れて行くぞー!
Posted at 2018/10/23 21:04:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2018年10月15日 イイね!

2018 TKGジムカーナ(秋)

日が落ちるのもすっかり早くなり、コタツを出そうかどうか悩む季節がやってきました。
季節の変わり目に南国に行ってたせいでめっちゃ風邪引いてます。
たまさのです。

こんな季節は出張行って帰ってきて風邪引くまでがワンセットと化してるのがツライ(笑)

でもツライツライとも言ってられません。
出張前にサイドステップ修理に出していたエイトちゃんを受け取って、すぐに来るTKGジムカーナ(秋)に向けて戦闘準備!

・・・と、行こうと思ったのもつかの間。
何シテルに書いたように、サスペンションのバネが切れるというトラブル発生で緊急再入院。
え?バネって切れるの?と驚きましたが、切れてましたねー・・・
しかも左右後輪どっちも・・・



白いのが破断面。錆が原因か?



バンプラバーもパックリ割れてるけど、これは今回やらかしたんじゃなさそう・・・


とにもかくにもギリギリ自走はできるけどスポーツ走行なんてできる状態じゃありません。
でもTKGジムカーナはエントリーしちゃったし、残り時間はもう1週間もない・・・
今回はDNSかと諦めかけましたが、いつもの某店の皆様がプロジェクトXばりにサポートしてくれて、なんとか修復が間に合いました(・∀・)!
いやホント、こういう時に馴染みの店があるってのは助かりますね。
ありがとうございました!



交換したバネは納期優先でTEINの汎用スプリング。
ちょっとスケベ心出してレートをF8k, R6kに下げてみるなんて実験もしてみたりw
(TEIN MONO Sportの吊るしスペックはF10k, R7k。ちょっと下げた方がトラクション稼げるかなーと思った)
さすがにバンプラバーとダストブーツは間に合わないので未交換ですが、どうせショックもダメなので、来年くらいまでの間に合わせ仕様です。
レート落としたのに自由長変えなかったせいでストローク短くなるという失敗もしましたが、間に合わせってことでキニシナイ。
いーんです、こういう失敗も知見も今後に生きてくるだろうから(笑)

こんな直前のドタバタもありましたが、無事に出走できることになった本番当日。
提示されたお題はこちら。



9月のTKG練習会でやったコースとほぼ同じなコテコテコース。後半のターンレイアウトが変わり、所々規制パイロンがいやーな感じで設置されてて挑み甲斐がありますね。

まずは練習走行。
バネを含めてマシンコンディションが色々変わっちゃってるので探り探りの走行ですが、良さげな減衰を探しながら走ること数本。
なんとなくそれっぽいところも見つかり、タイムとしてもベストで56秒台でトップと1秒差圏内。
バネ柔らかくしたことが正解だったかな?なんて感触も得て、悪くない感じです。

あとは本番でこれを超える走りができれば、EXクラス初の入賞も狙えるか?なんて、スケベ心に拍車もかかり、モザイク無しでは見れないような心理状態で迎えた本戦1走目・・・



あれ?パイロンに寄せられない・・・
練習走行から2秒落ちというひでー結果にちょっと焦る。
スラローム手前でちょっと滑らせすぎたか?とも思いましたが、やっぱり目立つのは終盤のぐるぐるターンセクションの回せなさ。
気負って突っ込みすぎてるかと思って、しっかり減速を意識しながら次で立て直したいところ・・・

しかし続く2本目も同じく58秒台。
やっぱり回せない後半セクション。
なんだか夏のTKGの時のようなスランプ感。

なんとか挽回したい3本目・・・



ダメでしたーw

紫エッセさんに「まるでドリフトみたいだ」と言われてしまった後半ぐるぐるセクション。
リキみすぎてしまったんでしょうか・・・なんだか全然小回りできませんでした(´・ω・`)
ぐぬぬ・・・

そんなわけで相変わらず叩きのめされたTKGジムカーナ最終戦のこの秋ステージ。
色々と頑張ってくれた某店のスタッフの皆様に申し訳ないと思いつつも、練習走行でそこそこいいタイムが出せている以上、セッティングは間違っていないはずなので、この結果は完全にドライバーの責任です。
もっと練習してエイトちゃんが全力を出し切れるようにしてあげなければ・・・

来シーズンはなにやらドラパレ以外のステージもあるような事を匂わせてましたし、常連エントラントの皆様も着実に腕前を上げてきてるのもあって、楽しみであると同時にまだまだ頑張らないとと感じる最終戦でした。

東北エリアはぼちぼちジムカーナイベントも終了に近づいてきていますが、自分は関東エリア遠征も含めてシーズンオフ無くやっていくつもりです。
来シーズンを迎えたときにエントラントの皆様をあっと言わせる走りができるように、この悔しさをバネに・・・切れない程度に頑張っていこうと思います(笑)


今シーズン支えてくれたオフィシャルの皆様、エントラントの皆様、お疲れ様でした!


参加賞で貰ったミニのぼり旗。竹細工で出来てて素敵。


※おまけ1
何シテルにちらっと書きましたが、街乗りタイヤも新調しました。



ドリキンも絶賛のミシュランPirotSport4。
排水性が抜群に良く、コントロール性も非常に高いんだとか。
・・・と、なればコントロール性を試してみようではないかと、おまけ走行で実戦投入。
滑らせて遊んでみたら確かにコントロールしやすく、思いのほか面白い。

ってことで、わりとマジメにドリフトトライアルしてみちゃったり。


ケータイで撮ってもらってたのを貰いました。

今までドリフトなんてマトモに出来なかったんですが、このタイヤだとかなりやりやすかったです。
グリップ低いってのもあるけど、急な変化も無く、グリップとスライドの境目が分かりやすい。
中々いいタイヤだと思います。

ドリフトクラスで参戦?
いや、それは無理だろw


※おまけ2
噂のドリアンキャンディ。


早速配ってみましたが案の定大不評w
プロパンガスみたいな匂いが長々と口の中に残るひでーアイテムですw

完全に悪意の塊みたいなコイツですが、TKGのエントラントの皆さんは人がいいのか拒否せず受け取って食べてくれるのでなんだか逆に申し訳ないような罪悪感に苛まれました(笑)
(極一部の人には全然ダメージ与えられませんでしたが・・・)

まだまだたくさん残ってるので、どことは言いませんが別のイベントでも配布したいと思いますw
Posted at 2018/10/15 21:10:13 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2018年09月18日 イイね!

2018コクピット走行会(秋)

近所のホームセンターの扇風機コーナーがストーブコーナーに変わり、すっかり秋を感じる今日この頃。
エビス西でコクピット走行会(秋)でございます。

秋の味覚では舞茸の天ぷらが好きです。
たまさのです。

普段お世話になっている某店・・・と、いつもいつも書いてますが、もうイベント名がアレなのでバレバレですね。
ええ、普段お世話になっているのはブリヂストン系列のショップ、コクピットでございます(´・ω・`)
全国展開の系列店なんだけど、あれこれ無茶も聞いてもらってるし、量販店では手に入らないNUTEC製品も取り扱ってるし、店員さんも変た・・・(自粛)なので、すんげー助かってます。
毎度アザーッス!

で、前々回くらいから名前を変えたこのイベント。
自分は相変わらずのチャレンジBクラスでの参戦ですが、ビギナークラスの新設やら、エキスパートクラスの模擬レースなど、新たな試みにも色々と挑戦していて非常に好感の持てるイベントです。
毎回100台超のエントリーが集まるのも納得できますね。



お天気も予報が外れた晴れ模様で絶好の走行会日和。
前日のNoLimit練習会でばっちり練習もしてきたので、気持ちよく走れそうな予感。
チャレンジBクラスのエントリーがいつもより少なく10台ちょっとというのもあって、久々にクリアラップ取り放題のサル走りができそうですwウキィw

タイヤはもちろん前日から継続のPotenza RE003。
毎度このイベントはRE003でどこまでやれるかチャレンジと化していますが、溝も終わりかけなので、この走行会で使い切って新調する予定。
ちなみに新調する銘柄は・・・ごめん、いったんBSやめます(苦笑)
(だってハードな走りするとブロック飛ぶんだもんw)
まぁ何にするかはその時のお楽しみ(?)ということで。

まずは第一ヒート。
様子を見ながら怒られない程度に2コーナー、最終ヘアピンでサイド使ったスライド走法を試してみますが、電子制御1段階解除ではスライドの途中で制御が介入してきてエンジンが吹け上がらない・・・
感触としてはイケそうな気はする。
顔見知りの人から「目茶目茶オーバーステアだったけど大丈夫!?」なんて心配されたりもしましたが、むしろノリノリの絶好調です(笑)

続いて電子制御フルカットで挑む第2ヒート。
タイヤもブレーキもいい感じになってきた頃合で残念ながら赤旗中断。
クラッシュしたドライバーさんに怪我は無かったようで何よりですが、ちょっと残念・・・

そしていよいよラストの第3ヒート。
いい感じに前を走るチェイサーさんと86さんとも競り合えそうな距離感でテンションも上がり、必殺技が決まったらワンチャンあるんじゃね?なんて無謀なことも考えながらの走行。


1周目サイドなし、2周目サイドあり
過去のRE003のベストタイムから0.3秒落ち

一応その日のベストタイムをたたき出しましたが、サイド使わないほうが良かったんじゃね?w
立ち上がりで思ってたよりも回転数の落ち込みが大きく、狙ってた「エンジンのおいしい所をキープして抜ける」というコンセプトは完全にハズレ。
(ジムカーナのスピードレンジとレイアウトだったら出来そうな気はするけど・・・)
進入で向きが変わるのはラクでいいんですが、さすがにこの危なっかしい走りを後方確認もせずにやるのはアレなので、色々確認してライン変えてってやるのは無駄が多いですね(^-^;)

でもグリップ力の低いタイヤでガマンせずに向きが変えられるってのは使えなくなくなくもないような気がしないようでもない(微妙)

つーかそれ以前に裏ストレートからのS字やら最終シケインやらの失速っぷりをなんとかせーやって言われたら返す言葉もございませんが・・・
やっぱなかなかハイスピードな状況に対する慣れってのは一朝一夕では身につきませんわ。。。

まぁやってる本人としては楽しめてるのでなんやかんやアリってことで。
怒られることもなかったし、無事に走りきれたからOKでしょうw

あと、マシン的なところの話では、バッテリー移設での冷却性能UPの効果はサーキットではバツグンに感じられ、今回の走行会では一度も水温、油温が100℃を超えないという状況でした。
もういつまでも走ってられそうな感覚は初めてで、温度アラートに邪魔されない走行はホント楽しかったです(・∀・)
おかげで調子に乗ってたらキャリパーの塗装が黒こげになりましたけどねw
(ブレーキは全然フェードする様子も無かったので、単純に塗装が焦げただけ)

そんな感じでサーキットマシンとしてうちのエイトもかなり完成されてきたような気がします。
走りは狙いからハズレちゃったかもしれないけど、車のコンセプトは狙い通りって感じでちょっと嬉しい。

その後、エキスパートクラスのアツい模擬レースやら、迫力のドリフトクラスの走りやら、某店のメカニックさんのパラリラ走行やら、丸一日楽しませていただきました。
次回、来年の春のイベントも楽しみにしています。
参加された皆様、オフィシャルの皆様、お疲れ様でした!

Posted at 2018/09/18 21:00:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2018年09月17日 イイね!

NoLimit基礎練習会

久々に祝日が休みな3連休!
ウチの会社ってあんまり祝日が休みじゃないので結構レアです。
働き方改革的なアレが微妙に良い方向に影響してるのを感じなくもないたまさのです。

というわけで連休初日は走り方改革ってことで、しばらくご無沙汰だったNoLimit基礎練習会に参加。
残念ながら今年はこれが最初で最後となりそうですが、年明けにもやろうかって話も出てるので、興味のある方は良かったらご一緒しましょう。

今回のコースレイアウトはこちら。



ある意味いつも通り、ジムカーナというよりはサーキット寄りなオーバル基礎連レイアウト。
翌日がエビス西のサーキット走行会ってことで、小さな定常円をエビス西の2コーナー、最終ヘアピンあたりにイメージしながら練習してみようと思います。

サーキット走行会前日なので、ブレーキパッドはサーキット用のACRE Formula 800C、タイヤは練習用Zestinoを持ってきたものの、雨が降ってて交換めんどくさかったので、街乗りPotenza RE003のままで走行。
本番もRE003使うつもりだったので丁度良い練習になるかな。

走行開始直後はほどほどに水溜りのあるウェットコンディションだったものの、太陽神ガーコーさんの力なのか、お天気は急変して一気に晴れに(゜ロ゜;)
晴れ男パワー恐るべし・・・

でも、ウェット、セミウェット、完全ドライとコンディション変化もあって練習的にはいい感じ。

とりあえず練習は進入ラインを変えてみたり、試しにサイド使ってみたりとあれこれ試行錯誤しながらトライ。
やっぱりジムカーナ慣れのせいなのか、ちょっとサイドできっかけを作ってからのスライド走法がラクな感じで、車体の向きの変わりっぷりとエンジン回転数的にもこういう走り方も悪くないような気がする。
ホントはサイド使わずにこの動きができればいいんだけど、それはまだまだ難しい・・・
カウンターもちょいちょい当て気味なので、フルグリップで走る速さを上回るにはまだ練習が足りないですね(^-^;)

マシンとしては、やっぱりリヤのトーを緩めた効果は大きく、スライドコントロールはこのセッティングの方が簡単。
チャリチャリ音もしなくなった(と思う)ので、車両はひとまず修復完了かな。(一部を除いてw)

いつも通り少ない参加台数でマイペースにやってたせいもあって、動画も写真もまったく撮ってないってことでブログ映えしない内容となってしまいましたが、やってる本人としては結構練習になったので満足です(笑)


今回はいつもラディカルな やんかどさんがFDに乗ってきていたので、この機会に運転させて頂いたりもしました。
何かと比べられるRX-7とRX-8。そして大体ディスられるRX-8(笑)
実際その違いを体感したことは無いので、じゃあどんだけいいモンか味あわせて頂こうじゃないか!

結論:すんごくいいモンですが、エイトとは別物でした(笑)

いやホント、ターボの加速はもちろんですが、全ての動きがクイックで、ステアも切った分だけスパっと曲がる・・・そしてスパっと滑る(笑)

設計的にはエイトの方がヨーモーメントも小さく、剛性も高いのでコーナリング性能は上なはずなんですが、全然FDのほうがクイックでシャキシャキ動く感じです。
そこにロータリーターボの加速力が加わったらそりゃすげぇパンチ力ですよw
切れ味の鋭さという表現がよく使われる理由が良くわかりました。
うん、こりゃほんと鋭いわ・・・

でも、ターボに乗りなれてない・・・というかNAロータリーに慣れすぎてる自分としては、やっぱりブーストのかかるタイミングの変化っていうのはちょっぴり違和感。
レシプロと比べてそんなにドッカンな加速じゃないロータリーターボ(偏見?)であってもやっぱり気になるし、クイックな挙動は悪く言えば変化がつかみ辛いってことでもあるので、良くも悪くもじゃじゃ馬な印象。

その点エイトは下から上まで変化なく回るNAロータリーに安定した車体特性で、非常に扱い易い。
悪く言えば・・・面白く無いと言われたら、そうですねって返すしかない感じはあります(笑)

少なくともあのステージではタイムという視点で見れば確実にエイトで走ったほうが乗りなれているというのもあって圧倒的に速いはずですが、えっちらおっちらフラフラと走ったFDでも十分以上に楽しさを感じられたので、刺激的かどうかという視点で見たらFDにはエイトじゃ敵わないなと感じました・・・
いや、エイトは優等生すぎるというか素直で良い子なんですよ?
でも多分そういう感覚的なところでの評価がエイトがディスられる結果なのかなという気がします(^-^;)

ロータリーエンジンに素直なフィーリングや独特のサウンドを求める人にはエイトが高評価で、軽量コンパクトなどこまでも回るロータリーロケット!って感じの爆発力を求める人には不評っていう、ロータリーに求めるもののイメージの違いがこんな評価の差を生んじゃったんじゃないかな?

まぁこのへんはもともと分かっていた部分というか、あちこちで書いてあることそのままなので、「あ、やっぱり?」って感じではありますが、同じ人馬一体を目指した車であってもここまで違いがあるモンなんだなーってことを身を持って実感しました。

でも人馬一体感はエイトの方が絶対上ですw
あと、エイトだったら誰が乗っても速いっていう事じゃない(と思いたい)から誤解しないよーにw


と、いうように練習以外でも色々と刺激のあった今回のイベントですが、先にも書いたように少人数でマイペースにやれる練習は色々と気楽でいいです。
この経験を早速翌日にお試しってことで、メンバーとの反省会にちょっぴり後ろ髪を引かれながらもエビス西コースに向けてそそくさと北上するのでした。

つづく

Posted at 2018/09/17 21:46:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「結局攻めのOdysseyから安定のCAOSに変更(´・ω・`)」
何シテル?   11/17 20:07
シルビア(S15 Spec-S)、ミラージュ(CJ4A CYBORG-ZR)と乗り継ぎ、 現在は相棒のRX-8(後期型TypeRS)とともに毎日必死に生きて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

OSL4輪ジムか~な!? 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:36:12
 
わんうさレーシング(TKGジムカーナ) 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:35:18
 
もっと!お気楽ジムカーナ 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:34:19
 

お友達

クルマ好きはみんな友達!
コメント、メッセージ、友達申請、どれでもお気軽にどうぞ。
54 人のお友達がいます
ねこはねこぜねこはねこぜ * yohei nishinoyohei nishino *
てっちん@てっちん@ みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
じろうさんじろうさん みの~みの~

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-8 SKY悪てぃぶRX-8 (マツダ RX-8)
街へ、山へ、海へ、サーキットへ! どんな所へも気持ち良く走って行ってくれる現在の相棒です ...
日産 シルビア 日産 シルビア
社会人になって初めて買った車。 とあるゲームで使っていて、憧れのようなものもあったS15 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
高速道路で大破してしまったシルビアを引き取りに来てくれたレッカー屋から格安で譲ってもらっ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.