• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ばくちくのブログ一覧

2018年08月20日 イイね!

ヘッドライトとフレームをピンクにした結果

結婚と黄昏を見間違えちゃうのは少し慣れてきたけど─


優しいと夏を見間違えちゃうほど

お盆明けの関東は

夏の隙間のような
優しい日差しで透明な青い空の夏ですね──。



仕事終わりに汗臭くないの最高──♪





そーそー
お盆といえば──




ヘッドライトフレームに貼ったスモークフィルムが
いたく残念な結果になってしまったので

お盆休み初日に貼り直しをしました─





まあアレですね──。

70センチメートルのフィルムを90センチメートルまで伸ばして貼ると

センチメンタルになってしまうというコトみたいです──♪









バンパーの艶ツヤ黒に合わせないで

ガーニッシュのマットブラックに合わせて
マットブラックにしようと
せっせとモディカルシートを準備していたんですが─




シートの整理をしていたら箱の奥の方で眠っていた
透明ピンクのシートと
以前ヘッドライトに貼っていたコレらと目が合ってしまい──





夏特有の Love Affair みたいに
気持ちが激しく揺さぶられてしまい─




どーしても
我慢出来なくなって貼ってしまいました。


その結果──









この頃から感じていた

自然にまったく
似合わない
馴染まない
溶け込まない
釣り合わない
相応しくない
不適切なピンクハスラーを

軽く凌駕するエキセントリックなピンクハスラーが出来上がりました──












ズン──









透明ピンクのシート固くて固くて─



上手に貼れなくて上手く出来なくて夏~

なので

すぐに剥がしてしまうその前に──







記念撮影をしてきました─♪
















やはり
自然に馴染まないので
自然があまり写り込まないように
撮ってしまっている

自分がちょっとイヤになったので
自分が好きな空と一緒に撮ってみました─




















こんな風に

あっちの方で
どこか知らん顔している空に
溶け込ませるような甘いピントで
切り取ってあげれば


いい感じに馴染んでいるんじゃね─?
っと完全自己満足&完全自己陶酔──♪


馴染んでますよね──。ね。




でも、
自然には馴染まないと思ってしまうのに
空には馴染むと思ってしまうのはなぜなのか─?

っていう

どーでもいい疑問を解消すべく
いつもの妄想遊泳───




空と自然

自然と空










自然は自然でも


空は誰のモノでもない自然だから

馴染むのかなっと
意味不明な完全自己完結───♪

しました。




そう思ったら


空や海や太陽とかって具合に
誰のモノでもない自然の景色になら

馴染んで溶け込みそうな
半分アレなピンクハスラーと
このヘッドライトが

なんだか急に誇らしくなってきて─


信号待ちで先頭に停まった時や
信号待ち中にチャリな高校生の集団にジロジロ見られても


全然恥ずかしくなくなったんだよな───♪











って
そんな訳あるわけないので


次の休日に剥がしてしまい

予定通りマットブラックにしておきます──







#妄想話
#ピンクハスラー2018夏シヨウ
#写真を撮るきっかけをくれたヘッドライトカバーにありがとう
#深夜の虫の襲撃に怯えながらのブログ更新
#思いつきで話をされるのは嫌い
#月末にばくちく家この夏最大のイベント有
#空とピンクハスラーの間にあるモノ
#そろそろ自分を信じていい頃なのでアレのラッピングに挑戦します
#夏が終わる頃また写真を撮りに伺います
Posted at 2018/08/20 03:25:41 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年08月12日 イイね!

星降る夜と雲と雨─

人生には、二つの道しかない。
一つは、
奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
もう一つは、
すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

─アインシュタイン。









まばたきをすると
賑やかなキラキラが目の前に浮かんでくる
静かな山の上で

まぶしい夜空と逢いたくって─


光の糸に願いたくって─


ずっとずっとアイたくって─






今年もぐんま天文台で開かれた
ペルセウス座流星群の観察会へ遊びに行って来ました──☆



出かける前にTwitterで
ぐんま天文台さんのツィートを通知オンにして
逐一チェックしていたんですが─

現地は雲に覆われて星が見えていませんとか
雨が降ってきましたとか
空が霧に包まれていますとか

なかなかの絶望的なツィートが
しきりに送られてキていましたが─


日付が変わる頃には

きっと絶対に晴れると思ったし
きっと奇跡は起きたがっていると信じていたので


雨具の用意をして出掛けようとしたら─




皆さんお馴染みのあの嫁が─




「どこの世界に流れ星を見に行くのに傘を持って行く馬鹿がいるのよ!」

「雷が鳴ってるし、時間の無駄だからヤメときな😤」

だなんて




超が付く正論を振りかざしてきたので─



嫁の頭をポンポンって
やさしく叩きながら撫でてあげ─☆




「この前包み隠さずに話してくれたあなたの心配事が減ってゆくついでに、体重も減りますようにっていうお願い事をどうしてもかけたいから行くんだよ─😏」
(満月じゃなくて新月だけどナ*)


っと
ペッ、って吐き捨てた瞬間─


(コレクライデモ)
─ヤベ!!言いすぎたかも。

っと
また怒られる という危険な香りが
辺り一面を覆って来たので


嫁の顔色がみるみると変わる前に
とっととズラかろうとしたら─








「……………。ハイハイドーモ アリガト(ニガワラ)でも、明日おじいちゃん連れて泊まりに行くんだから、気をつけて早めに帰ってキテヨネ😳」





なんと──!?

あの!、その!!、この!!!、鬼嫁が

ばくちくブログ的には1つも全然おいしくなくて

にわかには信じられない
ちょっと素直な御守りを持たせてくれたので



そのまんま逃げるように

今夜はグズられたら困るので早く眠るようにと
昼間オトーサンにイヤになるほどたくさん遊ばさせられたのですでに夢の中の子供達の寝顔に手を振り

ピンクハスラーん乗って─♪

あの歌を歌いながら
一時間ちょっとのあっという間に
ぐんま天文台の駐車場へ到着──☆


えっ─??


霧雨が降っているのに星が見えてる──☆



───。



こういう時、奇跡なんて存在しないと思う人は

前代未聞とか、空前絶後の光景って言うのかも知れませんが─




ばくちくは


これは奇跡の光景だねって
これからも、いつまでも言いたいなって─。ね。








奇跡の光景を魅せられて
キラキラとワクワクを胸の中で弾ませて



長い長い登り坂の遊歩道を息を弾ませながら駆け上がり─☆

天文台に到着して
星空のコンディションを確かめようと


頭の上に広がっている夜空を見上げた
そのセツナ───☆


先に観察していた人達の
静かな大歓声とともに



☆イメージです。


偶然なんかじゃない奇跡の導きのような
本日1つ目の流星がいきなりお出迎え──☆





ちょっと広く感じた夜空が
ちょっと近く感じるほどの

ずっと探していた
星の欠片のような流れ星だったので


流れ星の世界にも随分と非常識なヤツが
いるんだなぁと─☆彡

ついつい
あのアニメの主人公と入れ替わった気分で──






ずっと何かを、

誰かを、

探しているような気がする。




っと思いながら













おトイレでオシッコしてから…☆








人の少ない場所を選んで
靴を脱ぎ捨て
芝生の絨毯の上に敷いたシートに
裸足のままで寝っ転がり─



暗闇に映し出された宙の地図を眺めながら
暗闇に照らされながら星の観察開始───☆



イヤホンから流れる
この日の為に用意したプレイリスト♪をウタイながら

音符のように弾む流れ星を楽しんでいると─


程なくして
空に少し雲がかかった時


天文台まで無事に到着したよ星見えてるよ
報告の返事が

最近
ちょっとナーバスな嫁から来たので
ちょっとやりとりをし、

その最後─




─明日の夜もまだ見えるから、宿泊先で子供と一緒に流れ星見るべーよ?

っと


「寒いに決まってんだから、イイカラ持ってキナ💢」って渡されたブランケットに身を包みながら

社交辞令ったら


ややあって


「流れ星の何がいいのか教えてみ?」

っと、

コッチは返事をずっと待っていたのに
なぜか質問が返って来たので─




ん~っと……

流れ星は
どんなときでも上を見なければ見えないから
どんなときでも上を向けるって、ところと


流れ星を見た時は嬉しいのに
流れ星を見た後は切なくなるトコロだよ──

っと


今日のブログの〆で使おうかなと思い

殴り書きでしたためておいた言葉を
惜しげもなく言ってあげたのに──




「ナニソレ?キモチワル!!」

「変な小説の読み過ぎじゃない?意味わかんないしもう寝よっ」

っと

こんな風に
ロマンチックの欠片もなければ
一緒に見るかどうかの返事もしやがらない嫁に謗られたあとの流星群が凄かったです──☆


一分以内に3つ流れたり─
ほぼ同時に2つ流れたり─


15分で25個見れた人がいたなんてツィートがあったり


ほぼ貸し切り状態のように
こぼれ堕ちる流れ星を見ていたら


生まれて初めて星に願った願い事を思い出しました。


その後もカケ・ホーダイで
たくさんのお願い事をしていましたが



いつしか、いつからか、いつのまにかから─

何千、何万年もの宙の旅を終える星屑達の最後の最後──を。

もっとずっと近くで見守っていたいと想うようになってた


この日の夜─


星屑達が
この世にはずっとなんてないんだよ──。

っていうことを
ばくちくに教えてキたような気がして─


なぜだか涙がこぼれそうになってしまい──



生まれて初めて自分のコトを



─とんでもないロマンチストだな。


っと思いました──☆




そんなことを考えていたら
流れ星の充電が満タンになり
心にも少し余裕が出てきたみたいで




家に帰って今日見た流れ星のかず分だけの幸せを


子供達の寝顔に願おう─♪

っていう

この夏一番のダジャレが浮かんだので






静まり返ったこの場所で
綺麗に身支度を整え



ぐんま天文台をあとにして
子供達の寝顔を思い浮かべながら



夜明け前の 夢みたいな帰り道を
黄昏と一緒に 走って帰ってきました──。













#流れ星を見るのは好きだけど
#流れ星を探すのが#下手っぴなばくちく
#この日のお願い事と決めた覚悟を忘れない
#生まれて初めて星に願った夢
#旅館でのんびりとあわてて書いたブログなので誤字脱字失礼
#暗闇だってちゃんと自分を#照らしてくれる
#昨夜の流れ星も色々あって良かったです
#また来年も流れ星を#充電させて下さい
#満月の時には減るコトのお願い事を新月の時には増えるコトでお願い事をすると叶う
#夜明け前の冬の星座で思い出す
#映画の中のカタワレ時は約2分45秒
#願い忘れたコト


#これから新潟まで出向き海食べて帰ります



Posted at 2018/08/14 20:17:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年08月07日 イイね!

蝉の笑い声のように

家族を幸せに出来ないヤツが
他人を幸せに出来る訳ない──!

ばくちくの心の中にずっと響いている
いつかどこかで誰かに訊いたコトのある
夏はじめました。っな蝉の笑い声のような話──









ばくちくの微かな記憶の中では


平成がまだ始まった頃ってのは

ブログに写真を載せて
離れて暮らしている人に見て貰える
なんてコトが出来ないドコロか


気軽に写真を人に見せることすら難しかったんだよね─





今やそれが

気軽に写真を撮れて
気軽に好きな色に染められ
気軽に文字やイラストをつみ重ねあげた写真を

瞬時に何十枚も
離れた人達に見て貰えることが出来るなんて─

っと

終わりかけの平成の夏に
ちょっとモノ思いにふけってみたり──







SNSやらが出来たり
ブログに写真をたくさん載せられるようになったのは



自分の痛み*を共有して欲しいとか
他人に何かを自慢したいとかの
野心からじゃなくて─







普段会えないで離れている人と

一緒に同じ景色を眺めたかったり
一緒に幸せや喜びを楽しみたくって
一緒に笑っていたいという

一生懸命な人の気持ちから生まれた
機能なんだろうな──♪

っというのが


思いふけった結果の出てきた答え──



誰かが違うと言っても、そう思っていたいし──そう想う。っよ。っね。








何年かの後
このブログと夏を振り返った時に

思い出す思い出は─


大喧嘩した翌日だったので
言葉少なめに子供を挟んで離れて歩いていた
思い出ではなくて─




最も熱い本気の夏に

転がって泣いていた子供の目線までしゃがみ
夏まる出しな強い日差しに負けない
優しい眼差しで見つめながら教えた

転んだ後の立ち上がり方のような─


思いやりがたくさん溢れていた
思い出でばかりだといいなって思いました──。




近頃じゃ夕食の話題でさえも平成最後の~
っと

そこかしこにあふれている

平成最後の~って言葉を付けたいんだけど

平成最後の~は使わないと言ってしまったので







ばくちくブログ最初で最後の

残暑お見舞い申し上げます───。















#残暑お見舞い
#立秋
#気温39℃の日
#夏の自由研究のような1日
#夏遊び
#12日はぐんま天文台で流星群観察してます
#13日は猿ヶ京に宿泊がてら流星群観察してます
#この夏は泣き虫と強がりを克服しような
#夏の1日は長いのにひと夏は短い
#すべて晴れますように
#妄想話
Posted at 2018/08/07 14:22:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年07月23日 イイね!

涼を求めたら

苦手な朝に負けないでお弁当毎日作るね─♪


たくさん働きたいから
おかえり*は無理かも知れないけど
いってらっしゃい*は毎日するね─♪



嫁とばくちくがまだ恋人だった
古きよき時代の嫁の口癖のような約束──




うん。

全然守れてないね──♪




でも─


もしも結婚して子供が生まれてきてくれたら
自然が好きな子供になるように育てようね──

っていう

ハナ歌みたいな約束は
キチンと守ってくれてるね─。




おかげさまで先週は

大層早くの時間から
波の音より
波の中の音の方が好きな娘に
海へ連れられ







今週は

大層早くの時間から
カブトムシとクワガタが大好きな息子に山へ連れられて




いかにも正しい小学生の夏休みを
子供達と一緒に楽しく過ごせたよ──
(海に行った日は夏休みじゃないけど)






初めて波にのまれたのに笑顔で海から顔を出す娘と
初めて波にのまれた後は怖くて浅瀬でしか遊べなくなった息子─






クワガタを見つけた時の興奮が
初めて虹を見つけた時の興奮とそっくりだった息子と
探し始めたらすぐに飽きてしまった娘─



性格は真逆だけど、
真っ直ぐ育ってくれていると信じてます──。












昨日も暑かったね─。



クワガタを捕まえたら家へ帰る約束を
娘としていたのに


榛名山まで行けばもっと大きいクワガタがいるかも知れないから行こっか─♪

って
急に嫁が
アサガオみたいな顔で息子に言うもんだから──


息子が
弾んだ呼吸を整えるよりも先に
ひまわりみたいな顔で
「うん!行こう!!連れてって!!!」

っと
言い出してしまったので

嫌がる娘をNoahの中でなだめながら





緑の影の隙間から木洩れ日が揺れる
鬱蒼とした古い森のような

榛名湖の畔の森の中へ──






結局クワガタは捕まえられなかったんですが






針葉樹から出るのはヤニだの
広葉樹から出るのはミツだの

この木の名前はなんちゃらだの

嫁が一生懸命色々と教えてました──










ふわりと涼しい風が頬を撫でてくれ
とても心地よい榛名湖─




娘の機嫌も直り
水際で少し楽しんだあと帰ろうとしましたが─









下界は38℃越えの予報が出ていたので


太陽から逃れようとする嫁が

結婚する前に行った北軽井沢の
あの滝まで行こうよ──

っと言ってきたので


行くのが義務のような夏休みの過ごし方みたいに




浅間大滝まで行くコトに──




足場は悪いんですが
滝の目の前まで行ける浅間大滝─





マイナスイオンと

「結婚前は優しく手を取ってくれたのになぁ」っという嫁のイヤミを浴びたので



─結婚すると“愛”は“情”へと変わるからそりゃ仕方ないよね。

っと


いつ滝つぼに落とされてもおかしくない位
一触即発の和気あいあいを楽しみながら







浅間大滝と



すぐ近くの魚止めの滝で涼んで楽しみました──♪







楽しんだあと




Noahまで帰ってくるときに嫁が
急に真剣な表情になり──


「ねぇ?そういえば気付いた?なんで浅間大滝に行くまでの道には塩がずっと撒かれてたんだろうね?」

「しかも粗塩だよ!なんかアルのかな?」

だなんて
スピリチュアルなコトを言ってきました─


最初は聞くともなく聞いていたケド─

考えれば考えるほど


心がきゅってなり
鳥肌ってしまったので

これ以上の涼しい思いは懲り懲りなので
暑い下界へ帰るコトにしました──。







そしたらなんと──!!!




今までただの一度も乗り物酔いをしたことの無い嫁が
まさかの乗り物酔い───



ええぇぇぇ──!!!!!っと
ちょっとだけコワくなったんですが



ばくちくがこの日 本当に怖かったのは────



















ばくちくは今までただの一度も
浅間大滝へは行ったコトが無いってことでした──










#涼をどうぞ
#独学育児
#大洗サンビーチ
#嫁の過去は気にしないタイプの人間です
#ばくちくはお出掛けをしない家で育ったので沢山どこかへ連れて行ってあげたい
#ばくちくはもっとヒドイ勘違いをしたことがアル
#もう一回くらい海行こうね





Posted at 2018/07/23 23:12:57 | コメント(6) | トラックバック(0)
2018年07月13日 イイね!

バンパーやら樹脂パーツを丸ごと全部ラッピング

失敗と成功があるんじゃなくてさ
失敗と成長があるんだよ──



あれっ??

失敗と書いて成長と読む だったかな─?



まあ、そんな

誰かに訊いた言葉を思い出しながら

春の終わりだったか
夏の始まりだったかに手掛け始めた

樹脂パーツのラッピングがようやく一段落しました──♪



失敗してやり直すたびに
涙のない泣きっつらをいっぱい浮かべたな──


なので
失敗と書いて成長と読むっていうコトバと
涙と書いて成長と読むっていうコトバの意味が
今はよく分かります──。

─セイチョウシタカドウカハ ベツトシテね。


──。


避けて通るコトも出来なければ
見てみぬふりも出来なかった



白く波打つように妬けてきた樹脂部を
いつもの黄色で全部ラッピングしちゃえ─♪

っと

思いたったんですが─


色と面積が色と面積なだけに
全部イク前に
一度自分の目でちゃんと見て決めたかったので

簡単に貼れるフェンダーのみを黄色くしていました──





──。


間違いでは無いと言い聞かせたんですが
正解では無いなの方がマサったので


危うく黄色は却下─。




ビビットな(ォッ)
ピンク 黄色 黒の3色で奏でている
ばくちくのピンクハスラー


閃いた第4の色に目がいくも─





やっぱり黒で行こうと思い
つやつや黒のモディカルシートでラッピングするコトに決めました

が─。



嘆きの叫喚と
死闘の予感しか浮かんでこない
パーツ達を眺めていると

なかなか手が出せなくて

頼りないイメトレの日々を重ねるも──

上手く貼れるイメージが全然浮かんでこなくて



いつしかイメトレをするはずの日々が

貼れない理由を探しながら
貼れない言い訳を考えるだけになり

やがて

ほおづえつくだけの日々に追いやられてしまいました─






──でも、ある時を境に…


俺も頑張ろう─!
俺も頑張らなきゃ─!と

一発奮起だか一念発起──

バンジージャンプのようにみる前に飛べ(貼れ)─!!っと
思えたので

上手く貼れた後のワクワクと
上手く貼れないドキドキを胸の中で踊らせ

新しいドアをノックもしないで自分からこじ開けてラッピング開始──!!



まずは
フロントバンパーから

一枚貼りは
あまり意味が無いので左右 分けて貼りました─





左右とも失敗を繰り返し
三回貼り替えましたが


青─赤─白の順番で貼るより

赤─青─白の順番の方が首尾よく貼れました─

☆一回目の直貼りで心折れ 二回目以降は母体側にだけ水を吹きかける水貼り















その昔
ネットに載せた写真のボンネットに写っていた風景のせいで
人物と家の特定までされたアワレな人の話を思い出すほどのピカピカの写り込み具合が
とてもいい感じで気に入ったので─




ノックもしないでこじ開けたドアを
そぉ~っと閉めて帰って来るなんてコトもなく


残りすべてのパーツを貼りきるための
この上ない程の 理由になりました─♪





ラッピング優しめなフロントとリアのフェンダーモールには
エンボス仕込みで貼りハリ──♪





続いてリアバンパーへイク前に

カーボンシートを貼っていたガーニッシュを
マットブラックのモディカルシートで貼り替え─











幾千人モノ 心を折って喰らってきた
忌まわしき入り隅のトコロは
貼らないで挿し色として楽しむコトにクツした──♪


がっ─

その場所の
縁の切り方が汚くなってしまった挙げ句

水抜きが甘く(?)貼り終えて30分もしないうちに気泡(水泡?)だらけになる始末──

なので

蚊のいなくなった秋ぐらいに
シワが出てきてしまっているフロントのバンパーガーニッシュと共に貼り直しをします─。
(マットブラックと艶々黒の違い分かります?)








続いて

あなたのお名前なんてぇーの─?







なんて言ってられないほど
包み方をどうするかを一番悩んだ

この罪なヤツは──









外から見える場所重視で

普段見えないドアを開けた時に見える場所は
くしゃくしゃっとシワで貼ってしまったのが恥ずかしいのでチャイルドロック掛けて勝手に開けられない対策を施して終了──♪♪



──…。





続いて
リアバンパー

ナンバープレートで隠れる裏側を境に左右に分けて貼りました─




赤─青の順番で水貼り

突起の所は水貼りや、貼り直しをすると
後日このように無惨にも浮いてキテしまうので



緑のラインから右側は水貼りをしないで
シワや気泡を抜くための貼り直しは無しで






赤─青の順で一発で貼りあげ
最後に下場を仕上げました(シワシワ)







バンパーの貼り方の姿勢は─

貼らない側を椅子の上に乗せ
貼る面を座り込んだ自分の膝と太ももの上に乗せて



電源を入れたままのドライヤーをスタンドにセットして
座っている脇に置き─


バンパーとシートの間に右手の中指と薬指を挿し入れ

シート粘着部に挿した中指と薬指の指の腹をそっとあてがい

傷つけないように優しく導くように張りあげ

熱したい時にだけ 貼りモトへ熱を吹きかけてやり

左手の指先と手に取ったタオルで
突起部の付け根をじっくりと時間をかけて擦りあげ

絡めるようになめらかに撫であげながら貼ってあげました──





うーーん─。

言葉足らずなばくちくなので
言葉だと上手く伝えられないので

図解を用いて解説させていただきます─
















つまりは、こんな感じです──────♪







山あり谷ありと
ラッピングには向いていないリアバンパー



貼っては後日浮きを確認して貼り直し─
っを2回ほど繰り返し
最終的に貼り直しは左右ともに4回だったかな?






4回目で上手く行ったと手応えを感じるも
最後の最後ここをやらかしてしまう始末─

モディカルシートの在庫も残りわずかだったので
貼りナオしをするとバックドアの下のアレの分が無くなってしまうので




とりあえずな二枚 分割重ね貼りで─





切れ目あまり分からないのでとりあえずいいかなと─




そのほか
トコロどころ浮いてきてしまった場所や細かいトコロすべてお見せして詳しく話をするとなると

この倍以上の長文になってしまうが故に

そのすべてを編集するの
暑いし無理なので割愛します───








次はサイドモール(??)





付いているキイロイのを
ハズすのは大変なのでそのまんまで貼りました─



10センチ幅に切ったモディカルシート をマステに合わせて外側からポン付けして
見えるトコロはシワの無いようにスキージーでゆっくりキイロイ奴のトコロまで貼り

外側が貼れたらドアをゆっくりあけて

内側にペタリと折り倒して終了──











両端の処理は息止めてフリーハンドで

デュクシ─!!


デュクシ──!!!



最後バックドアの下のアレも貼って
樹脂部フルラッピング(とりあえず)終了──♪


















見ると触れたくなる煌びやかな艶々黒に
カーボン柄が浮かされてしまった感が否めないけど──

ピンクハスラーに乗るのが更に楽しくなりました──♪



恋の名残のような泥除けの赤いモールは
御守り代わりでこのままに──









リアバンパーガーニッシュの挿し色に合わせてサイドミラーの此処を黄色からシルバーにしてみました──











息子がカサの先を当てただけで傷付いてしまう程モディカルシート薄いので








今後は
冗談を飛ばしながら
荒野をどこまでも走れなくなりましたが

今年の短い夏は走りきれそうです──♪










使用したモディカルシート
48㎝×15㍍ /@1㍍ 1058円
(必要最小面積48㎝×約7㍍)

ラッピング作業時間/約25時間
(パーツ外し復旧時間含む)









#ただの言い訳ブログ
#48㎝幅のモディカルシートで最大50㎝幅のバンパーを貼る
#独学ラッピング
#疲れたとは言わないで頑張ったと言おう
#こんなブログを読んでラッピングに興味を持つ人が1人でも増えたら嬉しい
#ラッピング好きな人と繋がりたい
#口さがないので#エンボス柄は公開しないタイプの人間デス
#下場は誰にも見せない
#失敗と成長
#終了後「たいしたコトなかったよ」って言えなくて夏
#基本的にラッピングする時間は日曜日のお出掛け前の僅かな時間とお出掛けしない日曜日
#色々と浮いてきているのでゆっくり貼り直しをしながら完成させます
#我ながらいい出費をしたもんだ













貼り終えた後に思ったラッピングのコツのようなモノはですね─♪





上手に貼れない自分にイライラするんじゃなくて


上手に貼ろうとする自分にドキドキワクワクすることデス─♪


Posted at 2018/07/14 20:52:23 | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2018年08月13日 03:33 - 04:37
36.59 Km 1 時間 3 分
行きは夏の星座をくぐり帰りは冬の星座をめがけ38の流星とハイタッチ、バッジ夏の思い出を獲得」
何シテル?   08/13 04:43
ピンクハスラーがばくちくに教えてくれたこと! 車に乗る楽しさと一体感 車を弄る楽しさと難しさ 仲間との出逢いと支え逢い 運転中に思わず笑みがこぼれて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ドアハンドル白化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/17 20:28:20
ホルツ 特注カラーペイント 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/12 04:57:36
クォーターパネル✨ボディラッピング⑥ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/24 20:37:46

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ハスラー スズキ ハスラー
言いたいことはもうどうでもいい事 言いたくない事は気付いて欲しい事 言えない事は言っちゃ ...
日産 エクストレイル 鬼嫁イル (日産 エクストレイル)
嫁の車ですがハイドラ用で登録♪
トヨタ ノア トヨタ ノア
嫁がぶつけて、ばくちくに八つ当たりしませんように…!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.