• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sz-8のブログ一覧

2018年06月09日 イイね!

入院中・・・

入院中・・・先日、オカマ掘られてオートクラフト京都さんに入院中のsz-8号

ナンバープレートが曲がった以外は、見た目は、ほとんどわからない程度のキズしかありませんが、ナンバープレートの上から全体的に押し込まれた感じで、エンドパネルの板金修理が必要となりました。(+_+)

これは、修復歴有りという査定になってしまうのだろうか? 
もっとも、この車を走れるうちに手放すつもりはないので、買取の査定額は気にしませんが・・・


止まっているところへの追突なので、当然、100%相手側の保険で直せます。


保険会社の調査員が実際に車の被害状況の確認に来たようですが、それほど目立ったキズのないバンパー部分も新品への交換が認められました。
しかし、もうマツスピバンパーを新品に替えることはできないので、純正バンパー部分は新品に交換して、下のエアロ部分は、補修・再塗装という形での修理方針となりました。

希望は、カッコイイ派手な社外エアロバンパーへの付け替えだったんですが・・・(笑)

・・・で、保険について少し調べてみたら、保険会社が修理費として認めた費用は、修理せずに現金でもらって懐に入れるのは、やましいことでもなんでもなく、全く問題なしで、直す、直さないの判断は、完全に被害者側の自由とのこと。ただ、直す場合は消費税分まで支払われますが、直さない場合は、消費税を除いた額が振り込まれるようです。

板金が必要な部分の補修とナンバーの付け替えは、キッチリやってもらいますが、既にサーキット走行による飛び石でフロントもサイドも小キズだらけになっている車、今更、リアバンパーの純正部分だけ新品でピカピカになってもなぁ。
大事に乗っていますが、キレイに乗ることは諦めてます。

幸い、曲がったナンバープレートさえ付け替えてしまえば、言わなければ気付かないレベルのキズ、歪みなので、結局、新品バンパーへは交換しないことにしました。


そして浮いたお金で、追加オイルクーラー投入!!


今までクーリングまで手が回らなかったのと、そもそも春から秋は、野球やゴルフの別の趣味が忙しいので(遊んでばっかり) サーキットは、冬限定の趣味として、4月~10月は、シーズンオフと決めていましたが、真夏のエイトリアンカップ鈴鹿には、やっぱり出てみたい。
最低限のクーリング対策として、今回の事故の前から、このオフの間に投入を決めていたものです。

そういう意味でjは、今回のもらい事故はちょっぴりラッキー?

ついでに、油温と水温の追加メータも取付済みです。


これで、夏でも走れるぞ!! (水温は心配ですが・・・)
どちらも、まだ写真もないので、詳しくは退院後に改めて・・・

更には、ついにA.C.E+のあの新商品も・・・
という話も進めているのですが、こちらもちゃんと決まってから・・・


Posted at 2018/06/09 00:09:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月02日 イイね!

カマ掘られた(T_T)

カマ掘られた(T_T)先日、細い道から大きな通りに進入する際、
一時停止線で止まったら、後ろからドンッ!!

やられました。

幸い、軽く当たっただけなので、身体へのダメージは全くなく、
車もバンパーに少しキズがついて、ナンバープレートが曲がった程度の軽傷で済みましたが・・・


タイトル画像は、事故後ですが、写真だとドコが?って感じですね。


相手も平謝りで、100%相手側が悪いことは明白なので、もめる要素がないのは安心なのですが・・・

とりあえず修理見積のため、いつものオートクラフト京都さんへ入庫。
昨日、相手の保険会社も直接被害状況の確認に来たそうですが、見た目はキズもわからないくらいですが、当たり方が全体で押し込んでいる感じなので、フレームも少し逝っていて板金修理まで必要かも・・・修理見積りは、後日バンパーを外して詳細調査後ということで合意できているようです。

一旦、車は引き上げて、後日、再入院後にバンパーを外して詳細調査、保険屋のGOが掛かればそのまま修理の予定となりました。

今回程度の修理費なら相手側の保険でちゃんと出してもらえそうですが、これが運悪く廃車並みの被害だった場合、10年10万キロを越えた車。たとえ、エンジンオーバーホール後、数千キロしか走っていなくても、どれだけチューニングにつぎ込んでいても、保険会社には、せいぜい数十万の価値の車としか見てもらえないんでしょうね。
万が一そんなことになったら、この趣味は、その時点で強制終了を意味します。
そんな納得のいかない終わらせ方だけはしたくないものです。

皆さんも気を付けてくださいね・・・
といっても自分が気を付けてもどうしようもないのが、わき見追突のタチの悪さです。


さて、修理上、問題となるのは、マツダスピードのリヤバンパー。
せっかくみん友さんから譲り受けたものなので申し訳ない感がありますが、それなりにキズも付いてきたし、新品に替わるならむしろラッキー。でも新品のマツスピバンパーは入手不可能だろうし、新品でもただの純正バンパーに戻されては納得がいきません。

いっそ、オートクラフトさんのかっこいいA.C.E+リアバンパー付けてもらえないかと思いましたが、こちらはマフラーも専用品に替えないとダメみたい。

さすがにマフラーも保険で替えてくれ・・・は、通用しないでしょうね(笑) 残念。
おそらく新品の純正バンパーにマツスピのエアロ部分を補修で取り付ける感じになるのかな?

さてどうなるかは、まだ方針が決まっていませんが、何にしても、しばらくエイトに乗れなくなるのがツライです。

ですが、タダでは起きません。
実は今回の緊急入院がなくても、やりたいことがあったので、ちょっとばかり入院時期が早まっただけ。
既に修理と同時作業で、あるものを発注してきました。詳しいことは、退院後・・・です。
Posted at 2018/06/02 02:44:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月13日 イイね!

シーズンオフ 2017-18シーズンを振り返る

シーズンオフ 2017-18シーズンを振り返る今シーズンのラストランから、はや2か月

シーズンオフの間GTウイングは、トランクごとランエボの羽に戻しました。

ネタもないので、ブログもすっかりシーズンオフですが、長いことサボってると、2度と書かなくなりそうなので、今更ながら2017-18シーズンを振り返ります。


2017年7月
エンジンO/Hのためオートクラフト京都さんに入庫。1か月間、軽のレンタカー生活



2017年8月
O/H+吸排気のフルチューン、各種社外パーツを投入し、お盆休み前に新生sz-8号復活!!
https://minkara.carview.co.jp/userid/2566857/blog/40251261/

ショップの指示通り、3,000kmの慣らし運転に突入。
100kmまでは、2,000rpm。その後は3,000rpmで1,000km走り、2週間で1回目のオイル交換


2017年9月~10月
ひたすら慣らし運転。500kmごとに、徐々に上限回転を上げていきます。
普段は片道7kmの車通勤ですが、仕事帰りに無駄に大阪⇔京都を往復し、毎日50kmを走る日々


2017年11月
O/H後3,000km到達で慣らし完了。
ECU現車セッティング後のパワーチェックでは、O/H前の152PSから223PSに大幅パワーアップ(^_^)v


そして翌々日、新生sz-8号のシェイクダウンに鈴鹿サーキットへ。
これだけパワーが上がれば、余裕で大幅ベスト更新と思いきや、結果はベストより約2秒遅い38秒台。(T_T)

確かに最高速は、10km/h近く速くなったけど、Sector1の連続コーナーがやたらと遅い。
夏の間も履きっぱなしの1年落ち71R 。しかも外側が極端に片減りしていたので、直前にウラ組みして臨んだタイヤが敗因のようです。パワーが上がったといっても、所詮は、ノーマルNA。直線だけで削れるタイムはそれほど大きくないことを知りました。


2017年12月
念願だったエイトリアンカップ初参戦。2月の鈴鹿まで待てずに、in OKAYAMA 5thでエイトリアンカップデビュー
前回の反省から、サーキット専用にホイールを用意し、タイヤサイズを245から265にUPする予定でしたが、ホイールが品薄で間に合わず、結局タイヤは1年落ちの裏組み71Rのまま。
それでも密かに初挑戦で入賞メダルGETを狙っていましたが、肝心な時にコースアウトし、結果は、MOREクラス8位(12台中)そんなに甘い世界ではありませんでしたが、1分55秒130で、一応、岡国での自己BESTは大幅更新。

翌週は、鈴鹿でオートクラフトさんの走行会に参加。
岡国に間に合わなかった9.5Jのホールも届き、早速、別途購入してあったタイヤを組み込みます。
今シーズンの勝負タイヤは、NANKANG AR-1 265/35R18 


縦溝が無く、見た目はSタイヤのインチキ?ラジアルのアジアンタイヤ。お値段は、4本でも6万以下で245幅の71Rの半額以下。果たして?

結果は、2分33秒960 なんと、前回の裏組み71Rから4秒以上もタイムアップ、自己BESTを大幅更新で自分でも想定外の33秒台に突入。
5年前、鈴鹿を走り始めたころ最終目標に掲げていた2分35秒切りを、あっさりクリアしてしまいました。


2018年1月
年明けは、鈴鹿チャレンジクラブGPからスタート
ここでも前回のベストをさらに更新し、2分33秒509 

ご一緒させていただいたエイト勢の中でも13台中2位という結果で、おおいに自信がつきました。

この日は運もあり、じゃんけんで勝ち上がって、昨年のGT300チャンピオンの谷口信輝選手の同乗走行まで体験でき最高の1日になりました。


2018年2月
そして、ついに待ちに待った、エイトリアンカップ鈴鹿 5年間の集大成。
ホームコースの鈴鹿で目指すのは、ズバリMOREクラス優勝
エントリーシートによると、前回出したベストタイムは、MOREクラスエントリーの中ではトップタイム。
前回の走りが出来れば可能性は十分ありますが、さらなる上積みを求めて、ここでGTウイング投入!!


・・・がこれが裏目に
最高速が伸びずストレートは遅くなる。肝心のコーナーもリアのダウンフォースが強すぎてアンダー誘発。どうやらウイングを立てすぎたようです。
こんなはずではと、焦ってミスを連発しコースアウトの繰り返し。結局、1周もまとめることが出来ずに、2分36秒台という結果に終わり表彰台も逃す惨敗

1月のチャレクラGPとは対照的に悔いの残る1日となってしまいました。
それでも、4位入賞で人生初の個人でのメダルをいただきました。



2018年3月
エイトリアンカップ鈴鹿の反省から、セッティングの大切さを痛感。
このままシーズンを終わるわけにはいかないので、ウイングの角度と車高を調整して鈴鹿にリベンジ
ウイングを寝かせたら最高速も戻り、それでいて高速コーナーでの安定感も実感でき、GTウイングの効果が確認できました。

そして、今シーズン最後は、美浜サーキットのスパイシー走行会
苦手意識のあるミニサーキットですが、タイムを出しに行った1本目は5LAP連続でベスト更新
昼からは、DSC OFFの練習、そしてラスト1本は、初めてDSC全OFFにトライし、1枠無事に走りきれたことで、また一歩レベルアップ出来たように思います。


そんなこんなで、今シーズンはいろんな経験もできたし、一喜一憂、密度の濃いシーズンとなりました。
現在は、来シーズンに向けてイロイロ思案中ですが、やりたいことが多すぎてお金が回りません。優先順位を決めないと・・・

当面何もないので、シーズンオフの間に5年間で溜まったパーツレビューも書いておこう・・・
感覚に自信がないので、有益なレビューは書けませんが・・・


Posted at 2018/05/13 02:26:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月08日 イイね!

今シーズンラストラン Part2~美浜・スパイシー走行会~

今シーズンラストラン Part2~美浜・スパイシー走行会~2日連続でサーキット三昧

今シーズンラストランは、美浜サーキットでの
もろまえ改め、スパイシー走行会

スパイシー走行会自体は、毎月行われているイベントですが、
中でも、3月(と11月)は、エイト軍団が大挙押し寄せることが、
恒例となっているようで、私も昨年から仲間に入れてもらいました。


昨年と比べると、今年はちょっと控えめな数のエイト軍団でしたが、
それでも、団体エントリーで11台+他にも2台のRX-8が参加していました。

実は足回りの異常で、このスパイシー走行会も、一旦は、キャンセルしかけたんですが、
既に、キャンセル料が必要なタイミングになっていたので、ならば、とりあえず行くだけ行って、
走れなくてもカレーを食べに行けばいいか(笑) ってことで、キャンセルはしませんでした。

あのとき、キャンセルしなくてよかった(^^)/


今回、初めてタイヤ4本を積んでの遠征です。

遠征といっても前日は実家に帰って、そこからは、40分で着くので実はメチャ近いです。


この日は、もちろん昨年の初参加のベストタイム更新を狙いますが、
そのことよりも、今回はDSCを切って走る練習をしようと以前から決めていました。

国際レーシングコース専門?の私は、ミニサーキットが苦手です。
5年間の走行歴は、鈴鹿21回、岡国3回、富士1回に対し、ミニサーキットは、昨年の美浜1回のみ

昨年のベストタイムは、49.471秒 さて今年は?


写真は、この日はじめましての かず-さんからいただきました。ありがとうございます。



1本目 (AR-1(265/35R18) DSC ON)

取り敢えずこれまで通り、DSC ONで昨年のベストタイム更新を狙います。
タイヤは今年のアタック用 265/35R18のNANKANG AR-1

3周目に49秒台に突入するも、ちょっと詰まったりしてポジション調整、6週目にようやく昨年のベストを更新。
そしてここから怒涛の5Lap連続ベスト更新

 6週目 49.429秒 (-0.042) 
 7週目 49.314秒 (-0.115)
 8週目 49.198秒 (-0.116)
 9週目 48.971秒 (-0.227)
10週目 48.841秒 (-0.130)

昨年と車のスペック差を考えると、まだまだ全然物足りないタイムですが、このベスト更新はチョー気持ちいい。
なんだかうまくなった気分です。

ミニサーキットでも安定して走れるようになり、苦手意識は克服。
今日は、これだけで大満足です。



2本目 (AR-1(265/35R18) DSC OFF)

気温が急激に上がってしまったのと、1本目で十分満足できたので、ここからはイロイロ試していきます。
まずは、タイヤはそのままDSC OFFの練習。DSCを切って無事最後まで走り切ることが出来るのか?

結果は、スピンしかけた周もありましたが、なんとかコースアウトはせず、無事走り終えました。
無理せず安全マージンを残しつつも、2本目のベストは、1本目とほぼ同等の48.964秒
DSC切っても、そこそこ走れる自信がつきました。


2本目を終えたところで、タイヤを交換
この走行会では、1日中絶え間なくコース上を車が走るので、昼からはUNKが付きまくるのを昨年、経験済み。
AR-1は、来シーズン初めに、もうしばらく頑張ってもらうため、ここで温存。

もうタイムは狙わないので、極端に片減りした後に裏組みした内側がツルツルの、71R(245/40)に履き替えます。
とっくに限界を超えたタイヤですが、最後に使い切るために持ってきました。
これならUNKがついても気にならない。


そしてスパイシー走行会のお楽しみ カレータイム
1万円のカレーを食べに行くと、もれなくおまけでサーキットが走れちゃう走行会。
というくらいカレーが主役な走行会です。

おいしくいただきました。


3本目 (RE-71R(245/40R18) DSC ON)

お昼の後は、リバースタイム。逆走です。
慣れない逆走ですが、なぜか逆走のほうが走りやすくて好きなので、ここはDSC ONで攻めます。

・・・が、昨年も、今年も、ストレートのパイロンシケイン後にブレーキが遅れてタイヤバリヤに激突寸前でした。
来年からは、逆走でムキになるのはやめよう・・・。


こちらの写真はhiromiさん いつもありがとうございます。


4本目 (RE-71R(245/40R18) DSC OFF)

すでに終わっているタイヤで、もう一度DSC OFF。
予想通りUNKだらけになり、ガタガタで走りにくいですが、何とか昨年ベスト並みの49秒457


5本目 (RE-71R(245/40R18) DSC 全OFF)

そしてラストの5本目。調子に乗って、DSC 全OFFを試してみます。
DSC OFFはこれまでにも試していましたが、全OFFにするのは今回が初めて。
全OFFは途中で戻せないので、覚悟が要ります。

ちょっぴりビビりながらもコースイン すると

なにコレ?ヤバい・・・



チョー楽しいんですけど!?


DSCやABSのガコッガコッとかゴゴゴゴという不快な感触がなく気持ちよく走れるのと、
絶対にミスできないという緊張感

最近、良くも悪くもサーキット慣れしてきて、これほど集中して走ることがなくなってました。

初めての全OFFで調子に乗るとやらかしそうなので、意識的に安全マージンを多く取り
49秒934 という平凡なタイムではありますが、また、ミニサーキットで全OFFを試したくなりました。

そんなこんなで2017-18シーズンも無事終了。

早く来年の冬が来ないかな・・・(笑)
Posted at 2018/03/08 22:26:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月06日 イイね!

今シーズンラストラン Part1~鈴鹿でGTウイングの効果確認~

今シーズンラストラン Part1~鈴鹿でGTウイングの効果確認~先週末は、自身初、2日連続でサーキットへ

冬場しか走らない(走れない)私は、今シーズンの走り収めです。

今回は、イロイロ試したいことがあり、
タイムよりも、課題を持って臨みました。




当初の予定では、今シーズンの走り収めには、sz-8号のパワーアップ記念に、
富士スピードウェイに遠征し、自己最高速チャレンジを行う予定でしたが、
エイトリアンカップ鈴鹿の後、足回りに違和感を感じていたので、大事を取って遠征はキャンセル

しかし、異常の原因がわかって解決したので、もう一度鈴鹿に走りに行き、自宅には帰らず愛知の実家へ。
翌日は、そこから美浜サーキットのスパイシー走行会へという予定を組みました。



1日目 3/2(金)は、いつもの鈴鹿チャレンジクラブのフリー走行

数日前から急激に暖かくなりましたが、この日はそれほど気温は上がらない予報で、昼でも10℃ぐらい。
今シーズンは、本当に天気に恵まれました。



この日の目的は、GTウイングと車高調整の効果確認

前回のEカップ鈴鹿では、初めて投入したGTウイングが裏目に出て、
ストレートの最高速は大きく落ちる、コーナーではアンダーがきつく曲がらない。
という状態になってしまったので、GTウイングの角度調整とリアの車高を調整して臨みます。

GTウイングは、いただいたアドバイス通りに、ほぼ水平に。
そして、リヤに寄った前後バランスを前に移すため、リアの車高を約10mm上げてみました。

実は、この車高調整時に違和感の原因が判明。車高調のロックナット(スプリングシート?)のゆるみでした。
突き上げショックがかなり激しくなっていましたが、車高を上げて締め直したら、治まりました。
完全に車高調が逝ったと思っていたので、また大出費を覚悟しましたが、とりあえず良かった。
サーキットでは物足りない脚なので、替えたいところではありますが・・・。

この日は、2枠のHクラスと3枠のBHクラスを走ります。
2枠とも30台以下と、比較的すいていて、チャレクラでは、久々に走りやすかったです。



1本目 まずは、GTウイングを外して走ってみます。


最高速の低下は、プラグやコイルの点火系のトラブルも疑ってみては?というアドバイスもあったので、
そもそもウイング外したら、1月のチャレクラGPで出ていた最高速207km/hが出せるのかを確認。


GTウイングが無いとき~♪


メーター読みで210km/h出たので、やっぱり前回の最高速の低下は、GTウイングの影響だったみたいです。
後で、ロガーで確認した最高速は、205.5km/h。
207km/hには届きませんでしたが、チャレクラGPの時との気温差を考えればこんなもんだと思います。

そしてコーナーリングは・・・最初の先導走行中でも分かる位に、完全にオーバーステアになりました。

今まで乗っていて、オーバーステアと感じたことはなかったので、実際の挙動は、よくわかっていませんでしたが、
簡単にリアが逃げて車が内側に向こうとしていく。
おおっ、これがオーバーステアかっ・・・と、ある意味感動。

ウイング装着時のアンダー解消のため、ウイング外した時には、
オーバーステア傾向になるぐらいまで、変えておきたかったので、狙い通りではあります。

それにしても、今までに、これだけリアの挙動が不安定だったことはないので、
単なる飾りと思っていた前のエボウイングでも、結構ウイングとしての効果は得られていた気がします。


結局、1本目ベストは2分36秒5 
とてもタイムを出せる状態ではなかったので、途中でタイムは諦め、
最高速のデータ取りと、挙動の確認に専念しました。



そしてGTウイングを付け直しての2本目
ウイングをほぼ水平に調整したことで、最高速の低下をどこまで抑えれるか?コーナーリング時の挙動はどうか?
気温は、1本目とほとんど変わらない9~10℃で、比較するにはもってこいです。


GTウイングが有るとき~♪


Eカップの時は、ウイングが立っていたせいで、199km/hまで落ちてしまった最高速ですが、
1本目と同じくメータ読みで210km/hが確認できました。ほとんど落ちていない!!

そして挙動は?・・・安定感がまるで別物。高速コーナーに安心して突っ込めます。
鈍感な私でも、ウイングだけでここまで変わるか?ってくらいはっきり違いは分かりました。

後でロガーで確認した最高速は、205.8km/h
アレ?ウイングレスよりも上がってる!?

当然、抵抗にはなるので、GTウイングをつけたほうが遅いとは思いますが、
1コーナーの進入でかなり奥まで突っ込めたのが、
結果的に同等以上の最高速につながったということだと思います。
ウイングレスは1コーナーと130Rが怖かった。

それにしても、角度を少し変えただけで、ここまで変わるとは・・・改めて空力の奥深さを実感です。
ただ、肝心のタイムは、2本目ベストが、2分34秒5。自己ベストよりも、ちょうど1秒遅い。

ロガーによると、1コーナーと130Rは、今回のほうが少しだけ速い。
しかし、S字からデグナー間が、まんべんなく遅れていく感じです。

前後バランスは、一発で割とイイ線までいったようで、正直この後、どちらに調整したらよいかわかりません。
ベスト出せなかったのは、そろそろタイヤが劣化してきたということにしておこう(笑)


これで、今シーズンの鈴鹿は終了。でも、まだ翌日は、美浜サーキットでスパイシー走行会。

スパイシー走行会の模様はまた後日・・・。
Posted at 2018/03/06 23:33:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[パーツ] #RX-8 ラムエアーインテーク https://minkara.carview.co.jp/userid/2566857/car/2119298/9264098/parts.aspx
何シテル?   06/14 01:59
sz-8です。よろしくお願いします。 5年前に中古でRX-8 typeSを購入。 エイトで念願のサーキットデビューを果たしました。 主に冬場の鈴鹿サー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

みなさんよろしくお願いします。
特にエイトでサーキットを走っている方、
いろいろ教えてください。
37 人のお友達がいます
MrScaryタケMrScaryタケ みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
SilverLineSilverLine スレンダー軍曹スレンダー軍曹
青パチ@第3偵察隊隊長青パチ@第3偵察隊隊長 m@sum@sum@sum@su

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-8 SZ-8号 (マツダ RX-8)
RX-8でサーキット走行を始めて5年目突入 車は10年10万キロを突破し、かなりお疲れ気 ...
三菱 ランサーエボリューションV 三菱 ランサーエボリューションV
先代の車 ファミリーカーから趣味の車復活第一弾!! マフラー、エアクリ以外はノーマルのま ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目は、S14後期シルビアを新車で購入。 NAでしたが、最初の車がATだったので、MT ...
日産 シルビア 日産 シルビア
人生最初の車 壊れるまで乗り続けました。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.